この手法を使って平均月利17.5%で資産爆増中!

リップル(XRP)最新情報まとめ

  1. 2024年2月10日
    1. 仮想通貨市場の概要
    2. リップルがSECに勝利した記念すべき年
    3. 第4四半期 世界の規制動向
    4. 徹底分析: XRP市場
    5. XRP Ledgerの現状
    6. 悪用されたXRPウォレット
    7. リップル社のXRP保有量
  2. 2024年1月19日
  3. 2023年11月14日
  4. 2023年11月10日
  5. 2023年11月7日
  6. 2023年11月4日
  7. 2023年10月20日
    1. 弁護人。元連邦検察官ジェームズ・K・フィラン氏
    2. リップル社の共同創設者兼会長クリスラーセン氏
    3. リップル社CEOブラッドガーリングハウス氏
    4. リップル社法律最高顧問スチュワートアルデロティー氏
    5. ジェレミーホーガン弁護士
    6. ジョンディートン弁護士
    7. 弁護士デジタル資産愛好家ビル氏
    8. 暗号通貨の法律顧問サービスHodlLaw運営:フレッドリスポリ氏
    9. アメリカニュースチャンネルフォックスビジネスのジャーナリスト:エレノアテレット氏
    10. 最新情報
  8. 2023年10月12日
    1. 可能性1:SECは個々の被告(ガーリングハウス氏およびラーセン氏)に対して来年4月に裁判を進める。
    2. 可能性2:SECは個々の被告に対する訴訟を和解させ、リップル社に対する最終判決の手続きを進め、その後上訴する可能性がある。
    3. 選択肢3:SECはリップル社と個々の被告に対する全ての訴訟を和解する。
    4. 最後に、私が考えもしなかったことが起こるかもしれない。
  9. 2023年10月8日
  10. 2023年8月23日
    1. 9月2日 速報:リップル社は SEC の中間上訴認定の申し立てに反対意見を提出。
    2. 8月24日 委員会は、2024年4月、5月、6月に裁判を行うことができる、ただし、4月15日から4月19日、5月1日から5月7日、5月27日から5月31日は例外とする。
    3. 8月24日 リップル社には欠席日はなく、2024年第2四半期を通じて裁判を受けることが可能です。
    4. 8月23日 ブラッドガーリングハウスとクリスラーセンのXRP弁護団は、2024年第2四半期の裁判に出廷できない旨をトーレス判事に伝えた。
    5. 8月19日 XRP速報:SECは中間上訴認定の申し立てを行いました。
    6. 8月18日 裁判所は、SECが提出を求めた中間上訴許可の申し立てについて、弁論日程を設定した。
    7. 8月17日 XRP 速報:リップル社は、SEC が予定している中間上訴許可申請に対する異議申立書を提出。
    8. 8月10日 トーレス判事は公判前日程調整命令を出し、” 裁判所は陪審裁判を2024年第2四半期に予定するよう求める “と述べた。
  11. 2023年7月16日
  12. 2023年7月14日
    1. 弁護人。元連邦検察官ジェームズ・K・フィラン氏
    2. ジョンディートン弁護士運営CryptoLaw
    3. リップル社CEOブラッドガーリングハウス氏
    4. リップル社の共同創設者兼会長クリスラーセン氏
    5. リップル社法律最高顧問スチュワートアルデロティー氏
    6. 取引所コインベース
    7. コインベース法律最高顧問ポール・グレワル氏
    8. 取引所コインベース
    9. リップル社CTO技術責任者デイビットシュワルツ氏
    10. 集団訴訟弁護士ジョンディートン氏
    11. ジェレミーホーガン弁護士
    12. アメリカニュースチャンネルフォックスビジネスのジャーナリスト:エレノアテレット氏
  13. 2023年7月12日
  14. LBRY社
  15. ジェームズフィラン氏
  16. ジョンディートン弁護士
  17. LBRY社CEOジェレミーカウフマン氏
  18. ジェレミーホーガン弁護士
  19. ビルモーガン弁護士
  20. 2023年7月11日
  21. 2023年7月8日
  22. 2023年6月29日
  23. 2023年6月21日
  24. 2023年6月19日
  25. 2023年6月17日
  26. 2023年6月14日
    1. ヒンマンが、ETHの地位や現行法について、仲間の役人からもらったアドバイスのいくつかを無視していた
    2. これは、今朝のヒンマンメールの中で、最も良い取り上げ方と思われる。これは「何もないわけではない」のですが、決定的なものでもありません。
    3. リップル社のGCアルデロティが分析し、新しいヒンマン文書の情報提供ビデオを公開しました。
    4. 誰がヒンマンに影響を与えたのか、なぜ対立(あるいは少なくとも対立の外観)が無視されたのか、なぜSECは「より大きな混乱」を引き起こすと知りながらこの演説を公表したのかを理解するために調査を行う必要がある。
    5. リップル社の公正な通知に対する防衛策については、爆弾発言はなかったが有効であったというのが、私が法律関係者から聞いているヒンマン社の文書に関する意見の共通点のようである。
  27. 2023年6月12日
  28. 2023年6月10日
  29. 2023年6月8日
  30. 2023年6月7日
    1. SECの主張
    2. Coinbaseの主張
    3. 著名人の見解
  31. 2023年6月6日
    1. SECの主張
    2. バイナンスの主張
    3. 著名者の見解
    4. 最新情報
    5. 6月9日 BinanceUSによると、米ドル預金を停止し、銀行取引先が早ければ6月13日にも法定通貨(米ドル)引き出し手続きを一時停止する準備をしていると顧客に通知しています。
  32. 2023年6月5日
  33. 2023年2月2日
  34. 2023年1月3日
  35. 2023年1月2日
  36. 2022年12月29日
  37. 2022年12月27日
  38. 2022年12月25日
  39. 2022年12月23日
    1. 12月23日 SECは、略式裁判の申し立てに伴い提出された一部の文書の封印を求める申し立てを行いました。
    2. 12月23日 リップル社は、略式裁判の申し立てに伴い提出された一部の文書の封印を求める申立てを行いました。
  40. 2022年12月22日
  41. 2022年12月21日
  42. 2022年12月20日
  43. 2022年12月19日
  44. 2022年12月17日
  45. 2022年12月16日
  46. 2022年12月15日
    1. 12月12日 リップルが沈めば、全世界とWEB3にとって損失となる。
    2. 12月13日 暗号コミュニティは、SECに対してXRPリップルの支持者として結集する必要があります。
  47. 2022年12月13日
  48. 2022年12月10日
    1. 結論
    2. YOUTUBEリンク
    3. 私の予想は結果の可能性に基づいて行われます。
    4. リップル社勝訴の可能性
    5. SEC勝訴の可能性
    6. 引き分けの可能性
    7. 考えもしなかった展開の可能性
  49. 2022年12月9日
  50. 2022年11月29日
    1. リップル対SEC訴訟略式判決スケジュール
    2. 最新情報
    3. 12月8日 ”この分野の起業家は、海外に拠点を置くにせよ、海外の業者にサービスを提供するにせよ、法律を回避しようとすることを選んだ-それは選択だ”SECゲイリー・ゲンスラー委員長の言葉です。
    4. 12月8日 反論者ですら認識しているのは嬉しい。しかし、リップル社の法的立場を論破しようとするならば、少なくとも最初にそれを理解することだ🙄
    5. 12月7日 私たちの個性的なスチュワートについて、いくつかの新しい楽しい事実をここで学びました。
    6. 12月6日 ビル・ヒンマン氏がリップル社の幹部に対して、2019年にXRPは証券であると意見を述べたことをご存知でしょうか?私も知りませんでした・・・。リップルSEC負け後の未来に備えよう
    7. 12月6日 もしSECが勝ったら、何が起こるか見せてあげましょう。
    8. 12月3日 SECは、略式判決に対するリップル社の異議申し立てに対して、再編集された回答書を提出しました。
    9. 12月3日 速報です。リップル社は、リップル社の略式判決申し立てに対するSECの異議申し立てに対して、修正された返答を提出しました。
    10. 11月29日 略式判決のすべての書類は早期に提出されました。 このため、修正された回答は今週金曜日(12/2)中に提出されることになります。
    11. 過去情報(9月~11月)
  51. 2022年11月27日
    1. 今後のSEC対リップルの略式判決スケジュール
    2. リップル社が保有するヒンマン氏の電子メール
    3. ヒンマン電子メールとは?
    4. 12月5日に準備書面(ヒンマン電子メール)公開か?
  52. 2022年11月24日
    1. 暗号を規制しなければ、経済が崩壊する
  53. 2022年11月22日
  54. 2022年11月20日

2024年2月10日

コンプライアンスやアンチマネーロンダリングといった重要なテーマを第一線へともたらした暗号の第4四半期の出来事、主要な規制やライセンスの獲得、そしてXRP Ledgerの統合に関する最新情報を詳述しています。

https://ripple.com/insights/q4-2023-xrp-markets-report/?utm_campaign=&utm_medium=organic_social&utm_source=twitter

仮想通貨市場の概要

ビットコインETFの承認を引き延ばそうとするSECの総力戦にもかかわらず、11の申請に対する前倒し承認が軒並み承認された。

取引初日、ビットコインETFの累積取引高は45億ドルを超え、ブラックロックやフィデリティなどの優良企業が取引高を独占した。

まだ初期段階ではあるが、これは暗号業界にとって運命の分かれ道であり、機関投資家による採用と高度な投資家による需要の高まりを示す信号であった。

CMEはまた、建玉の大幅な急増(第4四半期に約300%増の60億ドル)を見ており、現在、先物では最大の暗号デリバティブ取引所となっている。

CMEの取引が急増しているのは、ETF承認参加者がポジションを※ヘッジしている可能性が高いが、これは暗号資産の別の市場に風を吹き込み、資産分類のさらなる評価に貢献している。

XRPのスポット取引量は第4四半期に力強く回復し、1日の取引量は6億ドルに達しました(第3四半期の最低値から75-100%上昇)

これは、BTCの取引量が前四半期比88%増、ETHの取引量が前四半期比140%増となった市場の他の部分と一致している。

※CME・・・シカゴ・マーカンタイル取引所

※ヘッジ・・・現在保有している現物の価格変動リスクを回避又は軽減するために、先物・オプション取引において現物と反対のポジションをとる取引をヘッジ取引といいます。

リップルがSECに勝利した記念すべき年

2023年、米国で重要な勝訴がXRPの法的地位を明確にする転機となりました。

7月13日、リップル社はSECとの苦戦を強いられた訴訟で決定的な勝利を収め、裁判所はXRPそれ自体は連邦法上の証券ではないと判断しました。

裁判所はまた、暗号取引所におけるXRP取引を含め、リップル社のXRPの販売と配布の大部分は投資契約に該当せず、したがって合法であるとしました。

リップル社はその重要な勝利を祝う一方で、裁判所がリップル社が機関投資家向けに行った特定の過去のXRP販売は投資契約であり、したがってSECに登録されるべきであったと判断したことも認めている。

今後、リップル社とSECは、機関投資家向け販売に焦点を当てた訴訟の「救済」段階に入る。今年3月から4月にかけて法的準備書面が提出される予定で、その後、裁判所はどの救済措置を適用するかを決定する。

裁判所の7月の判決以前から、リップル社はXRPの販売方法を変更しており、今後はリップル社の販売が裁判所が明示した法的基準に適合するようにします。

リップル社は今後もコンプライアンス、倫理、透明性の水準を高め、この分野で成長を続けながら、法律の遵守を確保するために必要な資源を投入していきます。

第4四半期 世界の規制動向

国際的には、ドバイ金融庁(DFSA)がドバイ国際金融センター(DIFC )内でのトークンの使用を承認するための申請を受け付け、業界は引き続き前向きな勢いを見せています。

XRPはDFSAによって承認された最初のトークンの一つであり、DIFC内の認可を受けた企業はXRPを仮想通貨サービスに統合することができるようになり、より迅速で効率的なグローバルな価値交換が可能になる可能性があります。

本日、ドバイ金融庁(DFSA)はXRPをその仮想通貨制度の下で承認し、ドバイ国際金融センター(DIFC)の認可を受けた企業はXRPを仮想通貨サービスに組み込むことができるようになりました。

詳細はこちら:https://www.businesswire.com/news/home/20231102179532/en/DIFC-Champions-Dubai-as-a-Global-Crypto-Hub-with-Approval-of-XRP-Under-its-Virtual-Assets-Regime

ドバイの規制当局は一貫して技術革新に積極的な姿勢を示しており、今回の発表はその最新の例です。

リップルは暗号に対する規制が明確な地域でさらなる拡大を続けていきます。これが私たちが今年ドバイで#RippleSwellを開催する重要な理由です!

DubaiFintechSummitのステージでお話ししたように、リップルはドバイで拡大しています。私たちの顧客の20%は中東・北アフリカ地域を拠点としており、明確な規制体制が整備されていることから、ドバイが暗号技術革新の重要な世界的金融拠点として発展しつつあることは驚くことではありません。

徹底分析: XRP市場

本レポートにおいて、リップル社はCCData、Bloomberg、Refinitv Eikonを含む公開情報源からの市場指標を使用しています。

図表 1: XRPの変動率は、90日間の最低値である約45%に達した後、着実に上昇し始め、11月中旬にはほぼ倍増しました。

この主な理由は、BTC ETFの可能性に対する期待の高まりを反映し、10月と11月の暗号通貨市場全体が反映したXRP価格の大幅な急騰であった。

第4四半期はXRPスポット取引において取引量が増加した。第3四半期の1日平均スポット取引量は$300-450Mであったが、第4四半期の取引量(ADV)は11月に倍増し、年末には約$600Mに落ち着いた。全体として、第4四半期のADVは第3四半期の最小値から75-100%増加した。

XRPの取引量はBinanceからbybit、Upbit、Coinbase、OKEXなどを含む他の取引所にゆっくりと移行している。

XRP Ledgerの現状

第4四半期、XRP Ledger (XRPL)でXLS-30のバリデータ投票手続きが開始されました。

この修正により、XRPLの分散型取引所(DEX)の本来の機能として、非管理型の自動マーケットメイカー(AMM)が追加されます。

低い取引手数料と高速性というXRPL固有の利点を持つXLS-30は、流動性収集機関として機能し、事前に設定されたアルゴリズムに基づいて資金を利用可能にすることで、流動性と市場効率の向上に貢献することができます。

悪用されたXRPウォレット

先週、リップル社の共同創設者であるクリス・ラーセン氏の複数のウォレットからXRPを移動させる不正取引が多数発生しました。

法執行機関はすぐに出動し、取引所はアドレスに印をつけ、送金を凍結するよう通告されました。

XRPL財団は、状況に関する関連データを追跡、共有、分析することで助け続けてくれました。

これは単独の事件であり、リップルのウォレットは侵害されていません。

リップル社のXRP保有量

リップル社は、四半期初日と四半期最終日にXRPの保有情報を報告している。

その保有量は2つのカテゴリーに分類されます:

一つは現在ウォレットで利用可能なXRP

もう一つは今後42ヶ月間毎月リリースされる予定の台帳上のエスクロー・ロックアップの対象となるXRPです。

この後者のカテゴリーでは、エスクローが毎月リップル社にXRPをリリースするまで、リップル社はそのXRPにアクセスできません。

放出されたXRPの大部分は毎月エスクローに戻されます。

2023年9月30日
リップル社が保有するXRPの合計: 5,258,162,324
台帳上のエスクロー・ロックアップの対象となるXRPの合計: 41,300,000,005

2023年12月31日
リップル社が保有する XRP の合計: 5,077,658,695
台帳上のエスクロー・ロックアップの対象となる XRP の合計: 40,700,000,005

*本レポートは最新の情報を反映するために更新されています。

2024年1月19日

リップル社

リップルCEOのbgarlinghouseは、火曜日午後4時20分(中央ヨーロッパ標準時)にダボスで開催されるBloombergHouseで、CFTC委員のCarolineDPhamとともに「Crypto at a Crossroads」に登壇します: デジタル資産の将来性

ライブ中継をご覧ください:https://www.youtube.com/channel/UC7UFcUbAd8oyCBWCogVpJ6g

※ブルームバーグ(Bloomberg L.P.)は、経済、金融情報の配信、通信社、放送事業を手がけるアメリカ合衆国の大手総合情報サービス会社

リップル社ブラッドガーリングハウスCEO

いくぞ! 2024年は大きくなる

多くの場合、投機的な事例が目立つのですが、投機的でない暗号資産の利用事例にはどのようなものがあると思いますか?

方針を作成する際に、どのように明確にするんですか?

>>

新しいルールの立案について話すことがあります。

技術に関するルールを作ることはあまりない。

一般的には、機能をめぐるルールや法律を策定することが多い。

例えば、KYCはお客様のことをよく知るということですが、それは変わりません。

暗号を使用しているからといって、マネーロンダリング防止法が変わるわけではありません。

暗号を使用しているからといってこのような法律を別個のものとして考える必要はないと思います。

率直に言って、バイナンスの和解で見られたように、それが適用されているかどうかを確認する必要があります。

米国では裁判所が動き出した。

米国の裁判所は規制当局よりも早く動いている。

そんなの普通じゃない。

つまり、私は裁判所が実際に動いていることをうれしく思っている。

でも、もっといい方法があるはずだ。

SECのことを主に言っているのですが、SECが実際に時間をかけて、訴訟を起訴するための新しい求人や仕事内容をウェブサイト上で公開したのを覚えています。

なぜ、英国がそうであるように、欧州連合(EU)がそうであるように、UAEがそうであるように、ヴァラもそうであるように、実際にどのように動くべきかを体系化するために人を雇わないのか。

ご存知のとおり、私たちはSamのOpenAIに「アメリカをどのように規制すべきか」と入力して、SECから得るよりも優れた回答を得ることができるかもしれません。

実際、まだ試していないかもしれませんが、とにかく試してみるべきです。

とにかく、驚くべきことは、私が本当に感じているのは、アメリカがこの市場でリーダーになり、多くの企業が先駆者である一方で、アメリカ政府がまだこの市場を支えるためのフレームワークを提供していないということです。

リップル社は、現在世界中で使われているものを大幅に改善するブロックチェーン基盤の金融インフラを構築することで、決済の近代化に着手した。 

暗号資産にとって決済は依然として最良の使用例なのか?

そして、他の使用例という点で、決済は何につながるのだろうか?

>>

私が入社した9年前には、社内に3つの異なるグループがあり、個人情報ソリューションと決済ソリューションに取り組んでいました。

そして3つ目はずいぶん前のことなので今は忘れてしまいましたが、私たちは本当に明確な、本当の問題を解決しているものに集中しようということになりました。

我々はその市場においてほんの少しだけ前進できたかもしれないが、それは巨大な市場だ。

今日、スイスのこの部屋に座っている多くの人が、海外送金を経験したことがあると思う。

しかし、海外送金はまだ摩擦が多く、エラー率も高い。

しかし、こうしたテクノロジーを活用すれば、KYCやAMLなどの基本原則を犠牲にすることなく、海外送金をよりシンプルに、より迅速に行えるようになります。

ですから、決済の機会は依然として非常に大きいと思います。

私が言いたいのは、リップル社も業界全体も、他にもさまざまなアプローチをしているということです。

ある者は消費者ベースのソリューション

リップル社は企業とそのインフラに非常に力を入れています 素晴らしい活用事例が他にもあると思います

米国でETFが承認され、Black Rockのような大手金融機関も参入していることは、それを後押しするものだと思います。

しかし、私たちは確実に実用性を重視する必要があると思います。

現実世界の資産をトークン化し、市場参加への機会を大衆化するという話は、この会場にいる皆さんも耳にしたことがあると思います。

それが商業不動産であろうと、私は非常に現実的だと思う。

また、IDベースのソリューションや、投票ベースのソリューションに取り組んでいるところもあります。私はそれらの専門家ではありませんが、ブロックチェーンベースのソリューションは今後も注目されるでしょう。

今後数年間で、より多くの現実的な使用例が普及すると思う。

AIに関して、お二人はAIがこの業界の発展にどのような影響を与えるとお考えですか?

>>

その件から始めようと思うのだが、私が思うに、非常に重要な技術を持っている場合はいつでも、その技術に注目する必要がある。

そして、これはダボス会議での暗号の例でも同じだ。

ダボス会議ではAiの話題で持ちきりだから、暗号はダボス会議ではつまらなくなった。

私はそれが実際、非常に有望で非常に興奮する新技術の自然な成り行きだと思う。

AIはその旅を始めている。

そして、そこには規制上の障害やハードルがあるだろう。

そして、何が本当の実用性なのか、どのようなビジネスモデルなのかを明確にする必要があると思います。

そして、そのビジネスモデルはどのように適用されるのか。

しかし、明らかに AIは非常に有望な技術だと思う。

私は、AIは「旅」のようなものだと考えている。

そして、テクノロジーの流行サイクルのようなものを、我々はまだその初期段階にいる。

そして、それこそが興奮とチャンスの一部なのだ。

昨年、それぞれの立場から私たちが学んだ最大の教訓は何だと思いますか?

>>

暗号を取り巻く状況は、リスク管理の面で自業自得と言わざるを得ません。

しかし、私は、暗号をめぐる今後の好機と、明確な道しるべを得ることの両方を考えています。

しかし、それは遅くて辛いもので、苛立ちを伴うものです。

米国で選挙が行われれば、何らかの変化が起こると思います。

私は、SECの現議長は政治的な権力を行使していると思う。

私は、政治的な課題を遂行してきたのであって、良い政策課題を遂行してきたのではないと思う。

そして、私は、それがいつ、どのように変化するかが問題なのだと思う。

2023年11月14日

弁護人。元連邦検察官ジェームズ・K・フィラン氏

トーレス判事は、救済措置の証拠開示と準備書面作成に関するスケジュールを決定した。

訴訟 1:20-cv-10832-AT-SN ドキュメント 924 Filed 11/13/23 Page 1 of 1

ニューヨーク州南部連邦地方裁判所 証券取引委員会
原告
-対 RIPPLE LABS, INC.
被告
USDC SDNY
ドキュメント
電子ファイル
DOC #:
提出日: 11/13/2023
20 Civ. 10832 (at) 命令
アナリサ・トレス(地方裁判官):

当裁判所は、2023年11月9日付の当事者の書簡を検討した。

従って

1.当事者は 2024年2月12日までに救済関連の証拠開示を完了するものとする;

2.2024年3月13日までに、原告は救済に関する準備書面を提出する;

3.被告は2024年4月12日までに反論を提出する。

4.2024年4月29日までに、原告は反論を提出する。
以上、命令する。

日付 2023年11月13日 ニューヨーク州ニューヨーク
аз
アナリサ・トーレス 米国連邦地方裁判官

ジェレミーホーガン弁護士

4 月の最終準備書面は、7 月の最終判決を意味する。

しかし、もっと重要なことは、事件の見出しを見ることである。被告はリップル社だけである。

弁護側は、この訴訟をかつての20%にまで縮小した。7月にどれだけ残っているだろうか?

そのためにトップクラスの弁護士を雇うのだ。

暗号通貨の法律顧問サービスHodlLaw運営:フレッドリスポリ氏

このタイムラインは、第2巡回区が2026年半ばまでに上訴を出す可能性がないことを意味する。J・トーレスによる2023年7月13日の判決は、非常に長い間、不変のものとなるだろう。

弁護士デジタル資産愛好家ビル氏

ビットコインの半減期を超える予定スケジュール

ジョンディートン弁護士

リップル事件で最大のニュースは、裁判官が裁判の最終段階の日程調整命令を出したことだ。

皆さんにご覧いただけるよう、この日程表を公開しておきます。ご覧の通り、2月12日に救済措置に関連する証拠開示が完了するよう設定されています。

そして3月13日、SECは準備書面を提出する予定で、そこでは彼らがリップル社に支払ってほしい金額を正確に裁判所に求めます。

そしてリップル社の反論は4月12日に提出され、4月29日にSECはリップル社の反論に反論することができます。リップル社が反論を求めなければ、最終的な準備書面は4月29日に提出されます。

通常は判決が出るまで90日というのは妥当でしょう。60日ということもありえますが、仮に90日だとすると、7月ということになり、来年の夏には最終的な判断がはっきりするでしょう。

2023年11月10日

弁護人。元連邦検察官ジェームズ・K・フィラン氏

両当事者は、損害賠償の証拠開示と準備書面に関するスケジュール案をトーレス判事に提出した。

2023年11月9日

トーレス裁判官殿
当裁判所による 2023 年 10 月 24 日付の日程調整命令に基づき、当事者は、救済のための証拠開示 および準備書面作成の日程を謹んで提案する。

両当事者は、許可される証拠開示には SEC の訴状提出前の期間に発生した事実が含まれることに同意する。

SEC は、救済に関連する証拠開示を行うため、裁判所によるスケジュール決定から 90 日を提案する。

リップル社は、その開示が訴状提出前の証拠開示に限定される限り、そのような提案に同意します。

SEC は、差止命令及び金銭的賠償請求に関連すると考えられる、訴状より後の特定の証拠開示を求める意向であり、リップル社は当該証拠開示に反対する全ての権利を有します。

SEC がそのような証拠開示を求め、裁判所がこれを許可する限りにおいて、リップル社は、証拠開示期限の延長を裁判所に申し立てるすべての権利を有します。

両当事者はさらに、スケジュール決定後 45 日以内に、リップル社は SEC に対しアンソニー・M・ブラッコ氏の報告書案を提出し、スケジュール決定後 90 日以内に SEC はブラッコ氏に対する証人尋問を行うことに合意する。ブラッコ報告書に関する申し立て手続きは救済段階まで延期される。

SEC は、ブラッコ氏の報告書に反論するため、反論の専門家報告書を提出する権利、または略式証人の宣誓書を提出する権利を有し、リップル社はそのような報告書に異議を唱える権利を有する。

SEC が求め、裁判所が許可した場合、リップル社はさらに、連邦民事訴訟規則で認められている当該専門家または証人に関して、宣誓供述を含む証拠開示を求める権利を有し、また、反論報告書が提出された場合に証拠開示期限の延長を求める権利を有します。

両当事者は、この証拠開示は第一審では第三者に提供されないことに同意するが、連邦民事訴訟規則第45条に基づき、第三者の証拠開示請求を提供する許可を裁判所に求める権利を有します。両当事者はまた、そのような開示請求に反対する権利を有する。

SEC は救済措置に関する準備書面をいつでも提出することができるが、遅くとも救済措置の開示期間の 30 日後までとする。リップル社はその後 30 日以内に反対意見を提出し、SEC はその後 15 日以内に反論を提出する。救済準備書面は、関連するすべての点において規則 III に従うものとする。

弁護士デジタル資産愛好家ビル氏

その予定では、次のビットコイン半減と予想される強気相場の開始後、少なくとも2024年5月までかかります。もし和解が成立しなければ、来年3月に開催される@wave_of_innov XRPゴールドコーストカンファレンスで、現在進行中の案件としてまだ話すことができます。

ジェレミーホーガン弁護士

これは、外国の主権がかかっていることに等しいので、注目される。

連邦最高裁判所は、リップル社の販売は「米国内」、あるいは少なくとも米国の取引所でなければならないとしている。

SECの専門家はどうやってそれを逃れるつもりなのだろうか?

米国と同様、諸外国も国内の証券取引所とその領域内で発生する証券取引を規制している。そして他国の規制は、何が詐欺にあたるか、どのような情報開示が必要か、どのような損害賠償が認められるか、訴訟においてどのような証拠開示が可能か、どのような個々の訴訟を1つの訴訟に参加させることができるか、どのような弁護士報酬が認められるか、その他多くの事項について、しばしば我々の規制とは異なる。例えば、Brief for United Kingdom of Great Britain and Northern Ireland as Amicus Curiae 16-21を参照のこと。オーストラリア連邦、グレートブリテンおよび北アイルランド連合王国、フランス共和国は、本件においてアミカスブリーフを提出した。また、国際商業会議所、スイス銀行協会、ドイツ産業連盟、フランス経済連盟、国際銀行協会、欧州銀行連盟、オーストラリア銀行協会、フランセーズ・デ・エントレプリズ・プライヴェ協会などの国際機関や外国機関も(個別に、あるいは共同で)この訴訟のアミカスブリーフを提出している。彼らは皆、$10(b)の海外適用がもたらす海外証券規制への干渉を不満としており、その結果を回避する明確なテストの採用を強く求めている。我々が採用した取引テストは、売買が米国内で行われるかどうか、あるいは国内の取引所に上場されている証券を含むかどうかであり、この要件を満たしている。

ジェレミーホーガン弁護士

また、もしSECが米国外にまでその範囲を広めることを試みるならば、イギリス、フランス、オーストラリアはモリソン事件の時のように法廷準備書面を提出するのだろうか?

それは恥ずかしいことだ。

もしそうなら、オーストラリアは@Belisarius2020を代理人として雇うのだろうか?

暗号通貨の法律顧問サービスHodlLaw運営:フレッドリスポリ氏

これはすべて深読みに過ぎないが、私にはこの書簡にはこれまでの書簡のような辛辣なトーンは感じられない。当事者はいくつかの点で合意さえしている!私は、この件はSECが見せかけているよりも解決に近づいていると信じ続けている。

ブラッコ氏とは?

ドニー・ブラッコ、ギャングスター

待って、ごめん、違う人のこと考えてた…。

アンソニー・ブラッコは損害賠償に関するリップル社の専門家証人です(XRPの売上詳細、事業費など)。

2023年11月7日

ジョンディートン弁護士

リップル社の裁判でSECは五分五分の勝利を収めたと議論してきた人々は💯間違っている。むしろ90対10でリップル社に有利だった。もしリップル社が2,000万ドル以下を支払うことになれば、それは99.9%の法的勝利だ。

ジェレミーホーガン弁護士

昨夜、妻とちょっとした口論をした。つまり、今朝は「損害賠償」について考えている。

私にとっては、彼女を連れていくべきさまざまなレストランを検討することだ。

リップル社とSECにとっては、事態はもう少し複雑だ。

ご興味があれば、小さなスレッドをどうぞ。

1/

法律では、SECは「損害賠償」、罰金、利息を求めることができる。

損失賠償は、ルール違反者(リップル社)から利益を「取り上げる」ことである。裁判所は、機関投資家へのXRPの約7億7000万ドルの販売は不適切であるとした。

リップル社にはいくつかの主張がある:

第一に、SEC対Liu事件(2020年)は、基本的に、損失補償は公正な救済措置であり、”公平 “であるべきだと述べている。 そして、この文脈における公正とは、違反者の利益を総額ではなく、純額とすべきことを意味する。

つまり、リップル社は合計額から営業経費を差し引くことになる。

次のページ

最近第2巡回控訴裁判所で支持されたように、損害賠償額は “被害者のために与えられる “ものでなければならない。

“被害者 “とは、投資で損失を被った個人/団体を意味する。

つまり、XRPの購入者が0.30を支払い、価格が0.60になった場合、その購入者は被害者ではないので、損失補償は行われない。

余談だが、SECが未登録証券の販売で企業を訴え、その訴訟中に「証券」の価格が上昇するというのは、どれほど珍しいことなのだろうか?

非常にまれだ。そしてそれは、「その証券」が…証券ではないことの、もうひとつの証拠かもしれない。

話がそれた。

最後に、SECはXRPの購入者と米国との間に何らかの因果関係があることを証明しなければならない。

言い換えれば、リップル社がXRPを米国と関係のないドイツの投資会社に売却した場合、SECはその売却について管轄権を持たない。

その「因果関係」の問題は興味深い。

SECは?

SECは、具体的に損害賠償額を証明する必要はないとする判例に頼るだろう。

SECは大まかな推定額を裁判所に提示し、そうでないことを示す責任は被告に移る。

SECはまた、法律違反を助長するために行われたリップル社の経費は、「純」利益の計算においてリップル社の事業経費に算入されるべきではないと主張する。

これらは2024年に当事者間で争われる問題である。

結論として、補償金は7億7,000万ドルにはならない。

主な “損害 “問題についての理解は深まっただろうか。

では、チョコレート・フォンデュの美味しいレストランをリサーチしに戻るので失礼する。

ジョンディートン弁護士

また、いくつかの準備書面では、XRPの売上は95%が米国外である可能性があると言及されている。もしこの数字がリップル社の売上(🤷‍♂️)7億7,000万ドルから7億3,150万ドルを差し引くと、3,850万ドルしか残らない。それから合法的な経費を差し引くと、私が前に言ったように、機関投資家の売上のほとんどは、XRPが0.25セント以下だった初期の頃のものだ。結局のところ、SEC はリップル社が罰金を支払ったとしても、この件に費やしたリソースを妥当だと判断することはできないだろう。彼らは@LBRYcomから14万ドルを得た。この事件を起こすには別の動機があったのではないかと思われますね。 🤔

では、実際の金額を推測するとしたらどのくらいになるのだろう……?

ジェレミーホーガン弁護士

多くの手続きや 情報がまだ出てきていないが、私が聞いたいくつかの数字が本当だと証明されれば、1億ドル以下だ。

2023年11月4日

リップル社法律最高顧問スチュワートアルデロティー氏

今週もまたSECが敗訴した。第2巡回控訴裁は、SEC対Govil事件において、SECは「投資家」が実際に金銭的損害を被ったことを証明することなしに、損害賠償を求めることはできないと判決を下した。つまり、損害なしなら罰金なしということだ。

ジェレミーホーガン弁護士

アルデロティがこのケースを強調しているのは、彼らが「損害賠償」の局面にあるからだ。

そして、この訴訟は、リップル社が責任を負うためには、XRP保有者がXRPで損失を被らなければならないと言っている。

そして、もしあなたが現在の価格以下でXRPを購入したのであれば、あなたは損害を受けていない-少なくともリップル社によって。

Govil氏は控訴審で2つの主要な主張を行った。

第一に、ゴビル氏は、米国法律集第 15 編第 78u 条(d)(5)または第 15 編第 78u 条(d)(7)の下では損失補償は認められていないと主張している。

当法廷は最近、SEC v. Ahmedにおいて、連邦証券法第78条u(d)(5)および第78条u(d)(7)の下で認められる損失補償の請求は、公正原則によって制限されると判断した。

SEC v. Ahmed, 72 F.4th 379, 396 (2d Cir. 2023) (“[W] 我々は、¶78u(d)(7)に基づく制裁金は、Liu [v. SEC, 140 S. Ct. 1936 (2020)]で認められた伝統的な公平の制限に従わなければならないと結論づける”)。

Liuで確認された公平の制限の1つは、損失補償は「被害者のために与えられなければならない」というものである。

Liu, 140 S. Ct. at 1940. 詐取された投資家が金銭的損害を被らなければ、公平目的上「被害者」ではないため、連邦地裁は、ゴビル氏が詐取した投資家が損失補償を与える前に金銭的損害を被ったと判断する必要があった。

連邦地裁が本件の判決を下した後にAhmedの判決が下されたとはいえ、連邦地裁は、そのような前提的判断なしに懲罰を与えたことは裁量権を逸脱している。

従って、連邦地裁の判決を取り消す。
1Cf. Garcia v. Garland, 64 F.4th 62, 69 (2d Cir. 2023) (「連邦法の支配的な解釈は……まだ直接審理が可能なすべての事件において、完全な遡って効果を与えられなければならない。(引用:Harper v. Va. Dep’t of Tax’n, 509 U.S. 86, 97 (1993)を引用)。
4

つまり、基本的に、もし多くの人々が累積的に赤字よりも黒字になった場合、SECは打つ手がなくなり、和解以外の選択肢はない。 他の唯一の選択肢は、リップルズ側に圧倒的に有利な状況で上訴を試みることです。 私の解釈は正しいだろうか?
弁護士ジェレミー

ジェレミーホーガン弁護士

リップル社は、7億7000万ドルの損害賠償のうち、リップル社が責任を負うのはそのごく一部に過ぎないと主張するつもりだ。

損害賠償の対象となるのは、その売上だけだから、損をしたのは機関投資家の「投資家」だろう。

そうだろうか?

庶民への無差別販売は含まれない。

ジェレミーホーガン弁護士

正しい。 そしてそれはXRPを0.60セント以上で買った機関投資家だけだ。

※1セントは1ドルの100分の1

理解できない。3回読んだけど、まだ理解できない。

ジェレミーホーガン弁護士

SECは、リップル社がXRPを販売した際に人々をだましたと言っている。

しかし裁判所は、もしその人がXRPで損をしていなければ、損害賠償は発生しないと言っています。もしあなたがXRPを買った後、XRPの価格が下がっていたら、リップル社は損害賠償金を支払わなければなりません。 しかし、価格が上がった場合は違います。

では、事件が終わる前にXRPが史上最高値を更新したとしましょう、その場合、損害はほとんどないのでしょうか?

ジェレミーホーガン弁護士

そうだ。実際に、すでにそのようなことを意味している。

2023年10月20日

弁護人。元連邦検察官ジェームズ・K・フィラン氏

速報:ブラッド・ガーリンハウスとクリス・ラーセンに対する訴訟を取り下げ

自主的却下の申し入れ

上記訴訟は、連邦民事訴訟規則第41条(a)(1)(A)(ii)に従い、被告ブラッドリー・ガーリンハウス、クリスチャン A. ラーセンに対し不利益を与えることなく、また費用を負担させることなく、自主的に却下されることを、当事者および/またはそれぞれの弁護士によって合意する。証券取引委員会が提出した文書。提案された文書は、事務局スタッフにより検討および処理される。
(添付書類 # 第1号 任意解約に関する合意書–機関投資家向け販売幇助の請求に関する部分的なもののみ)。(テンレイロ、ホルヘ)(10/19/2023付)

ECFおよびEメールにて
アナリサ・トーレス
ニューヨーク州南部地区連邦判事
Re: SEC v. Ripple Labs, Inc. et al., No. 20-cv-10832 (AT) (SN) (S.D.N.Y.)
親愛なるトレス判事


原告証券取引委員会(以下「SEC」)は、被告クリスチャン・ラーセンおよびブラッドリー・ガーリン グハウス(以下「被告個人」)に対する SEC の係属中の請求の合意による棄却について、謹んで当裁判所に 通知する。

当裁判所の2023年7月13日付命令(ECF No.874)(以下「命令」)は、被告個人がリップル社によるXRPの「機関投資家向け販売」で1933年証券法第5条に違反する行為を幇助したというSECの主張を裁判にかけることを決定した。

注文書 30-34; ECF No.884、917 も参照。連邦民事訴訟規則第 41 条(a)(1)(A)(ii)に従い、当事者はこの請求を棄却することに合意した。

この自主的な棄却により、この請求について予定されていた裁判の必要性はなくなり、2023 年 10 月 3 日のスケジューリング・オーダー(ECF No.917)は無効となる。

SEC と Ripple 社は、XRP の機関投資家向け販売に関する Ripple 社の第 5 条違反行為に対してどのような救済措置が適切であるかという本件の懸案事項に関して、想定される準備書面のスケジュールについて会合し協議する意向であり、謹んで 2023 年 11 月 9 日までにそのようなスケジュールを裁判所に提案するか、当事者が合意できない場合は、争う形で裁判所に準備書面のスケジュールを求めることを丁重に要請します
敬具

リップル社の共同創設者兼会長クリスラーセン氏

この3年間、私たちは悪徳行政機関を目の当たりにしてきた。

このような根拠のない主張につながった利益相反の調査だけでなく、何千もの雇用を海外に移転させ、技術革新の本拠地としての米国の世界的地位をいかにして積極的に崩壊させたのか、その責任を問われる必要がある。

もうたくさんだ。

リップル社CEOブラッドガーリングハウス氏

今日はさらに良い日だった。
リップル 3
SEC 0

真面目に言うと、クリスと私は(詐欺や虚偽表示の主張を伴わないケースで)SECの標的にされ、私たち個人と、多くの人々が10年以上かけて懸命に築き上げた会社を破滅させようとする残酷な攻撃を受けた。

SECは、SBFのような企業との密会を繰り返しながら、ボールから目を離し、米国の消費者と企業を守るために何度も何度も過ちを犯した。何百万ドルもの税金が無駄に使われたことだろう!
ようやく汚名返上できて気分がいい。

リップル社法律最高顧問スチュワートアルデロティー氏

SECはブラッドとクリスを個人的に追及したのは重大な過ちでした。そして今、彼らは降伏し、私たちの幹部に対するすべての告発を棄却しました。これは和解ではない。これはSECによる降伏である。

7月13日の「法律上、XRPは証券ではない」という判決、10月3日のSECの中間上訴を却下する判決、そして今回の判決を含め、リップル社は3連勝となった。

ジェレミーホーガン弁護士

訴えられるのは楽しいことではない。

夜も眠れない。いつも頭の片隅にある。

だから、ブラッドとクリスはとても幸せだ ─ そして、今はそれだけで十分。

リップル社が証券取引委員会(SEC)に支払う小切手の額だけが法的な問題として残るためです。

さあ、私は言った。 あなたはもう満足ですか?)

ジョンディートン弁護士

私が言ったように、SECは絶対にこの件を裁判に持ち込むつもりはなかった。

弁護士デジタル資産愛好家ビル氏

ブラッドとクリスにとって素晴らしいニュースだ。来年4月の裁判はない。これで私たちは罰金裁判の段階に移ることになる。そうなれば、誰が何を訴えるのかがわかるだろう。

事前提訴棄却とは、最終的かつ恒久的に棄却され、再提訴が不可能であることを意味する。/2

暗号通貨の法律顧問サービスHodlLaw運営:フレッドリスポリ氏

ここには多くの意味があり、この訴訟はまだ多くの可能性があります。

SEC にとっては悪いことばかりで、リップルにとっては「やや」悪いことばかりだ。本当に言葉で説明する必要があるが、私の考えをまとめると以下のようになる。

まず、SECgovが認めている棄却は、ただ…1/4

…BGとCLに対する訴訟はデタラメだったということなのか、それとも裁判所がSECをもはや一般的に信用できないと判断したということなのか。

前者は、賠償段階での長く苦しい準備期間と控訴を示唆している。後者は、最終的な和解が目前に迫っていることを示唆している。2/4

訴えられたBGとCLの気持ちはよくわかるし、早急に終わらせたいと思うだろう、彼らが訴訟に勝ち、SECの正体を暴くことは明らかだった、それなのに、なぜそれ以上のことをせずに(たとえ不利な条件であっても)自主的に却下することに同意したのでしょうか?

リップル社との最終的な和解は、より可能性の高い選択肢である。

レターには、当事者が救済措置の説明スケジュールについて協議していると書かれているが、私の推測では、私がこの文章を書いている間にも、和解金額が弁護士たちの間を行き来しているのではないかと思う。4/4

アメリカニュースチャンネルフォックスビジネスのジャーナリスト:エレノアテレット氏

リップル社の次のステップは?

SECがブラッドとラーセンに対する告発を取り下げた今、リップルの7億ドル以上の機関投資家向け販売に対する適切な罰金に関して、両当事者の間で罰金局面でのさらなる訴訟が起こることを想定します。

弁護士によると、リップル社は罰金を減額できる可能性が高いが、SECは自画自賛のために相当額を要求するだろうとのことだ。彼らは “大喧嘩になるだろう “と言っている。

しかし、SECはまだ$XRPの “プログラム販売 “と “その他の分配 “に関するトーレス判事の決定を不服とすることができることに注意してください。

トーレスは10月3日、SECの中間上訴請求を却下し、裁判が終わるまで待つべきだと述べた。現在、裁判は行われておらず、SECは罰金刑の後に上訴する可能性がある。

しかし、全体的に見れば、これはリップル社や#暗号業界全体にとっては大きな勝利であり、SECにとってはまた新たな敗北の山を築くことになる。

最新情報

2024年1月17日は重要な日である。コインベースMTDの口頭弁論である。多くの場合、裁判官はMTDに関する口頭弁論を行なわない。ほとんどの場合、MTDは書類だけで却下される。しかし、今回の申し立てはそれとは異なり、ファイラ裁判官はこの申し立てに相応の注意を払っている。

SECとの戦いで法廷が口頭弁論を承認し、コインベースにとって大きな勝利 – DailyCoin

https://dailycoin.com/big-win-coinbase-court-approves-oral-arguments-battle-sec/

当法廷は、被告の弁論準備書面に対する判決申立に関する口頭弁論の申立てを受理した。
この要求は承認される。

当裁判所の本年中の裁判および審問の日程に鑑み、両当事者は口頭弁論に出頭することを命ずる、
当事者は口頭弁論のため、2024 年 1 月 17 日午前 10 時、ニューヨーク州ニューヨーク、フォーリースクエア 40 番地にあるサーグッド・マーシャル裁判所 618 号法廷に出廷するよう命ずる。

さらに、両当事者は互いに、および傍聴を希望する法廷助言者(amici curiae)と会合を持ち、各当事者側の口頭弁論の時間および分担を含む合理的なスケジュールを提案するよう指示される。当事者は、提案された日程を含む共同提出書類を2023年11月17日までに提出するものとする。
裁判所書記官は、訴訟事件番号84の係属中の申し立てを終了させるよう指示される。

日付 2023年10月25日
ニューヨーク州ニューヨーク
命令
Hon. キャサリン・ポーク・フェイラ
連邦地方裁判所判事

昨日、CryptoLawUS TVでジェレミー弁護士とティエン-ヴー弁護士と一緒に言ったように、私はリップル、ブラッドガーリングハウス、クリスラーセンス氏とSECの間で和解に関する真剣な会話が一度も行われていないと考えています。

SECは怒っていて、恥をかいていて、7億7000万ドル相当の金を要求している。

人々が理解する必要があるのは、ペナルティ段階は、より多くの宣誓証言、尋問、文書、電子メール、銀行明細書、契約書、ODL取引などの提出要求を必要とする第二の訴訟のようなものであるということです。

リップル社は、ODL取引を除外し、給与、経費、コストなどを削減することで、7億7000万ドルを大幅に削減したいと考えている。

SECはLBRYcomに2300万ドルを求めた。

裁判官が最終的に13万ドルの罰金を科すまで、8ヶ月の間、追加の裁判が行われた。

複数の準備書面が提出された。

トーレス判事による最終判決は、早くても夏の終わりまで出ないだろう。控訴が提起されるまで、文字通り丸1年かかるかもしれない。

もしコインベースがMTDで勝訴すれば、SECは反暗号取引の方針を転換せざるを得なくなり、リップル社との和解の可能性が出てくると思う。

もしコインベースがMTDで敗訴した場合、和解は成立しないと予測する。

2024年1月17日はコインベースの申し立てに関する口頭弁論である。

判決はその60-120日後に出るだろう。

それまでは、リップル社は訴訟費用に数千万ドルを費やし、7億7000万ドルを大幅に減額するために戦うと思う。

※MTD(motion to dismiss)・・・《法律》原告の訴えを却下すべきだという申し立て、棄却の申し立て

私はリップル社が7億7000万ドルという数字を大幅に削減することに成功すると信じている。

これは詐欺事件ではない。

目的は、リップル社が他の連邦政府機関が “仮想通貨 “と宣言した新しい資産の状況で販売された未登録証券の販売として認められた取引に関与したことに対する適切な罰金に行き着くことである。

2013年、クリスラーセンはSEC、財務省、連邦準備制度理事会、CFTC、その他と会い、リップル社がどのようにXRPを使って銀行問題を解決しているかを説明しました。

2014年 米国政府会計検査院はXRPを “リップルという分散型決済システムで利用される仮想通貨 “と説明した。

2015年、FinCENとDOJはリップル社と和解し、XRPを ” 交換可能な仮想通貨 ” と宣言し、リップル社に証券法ではなく銀行法を遵守するよう強制した。

2019年のFSOCの年次報告書では、SEC委員長であるクレイトンや、ジェローム・パウエルや財務長官を含む、米国のすべての重要な金融リーダーが署名し、BTC、ETH、LTCとともにXRPは時価総額が増加している「仮想通貨」であると述べています。

もちろん、2018年にはヒンマン演説が行われ、内部メールでは、この演説が市場参加者に「より大きな混乱」を引き起こすと予測されていた。

また2018年、ヒンマンのスピーチの前日、SECの執行弁護士はXRPが証券であるかどうかを分析するXRPハウイーメモを書いた。

これらの執行弁護士は、リップル社にXRPの販売停止を勧告することも、強制措置を勧告することもしませんでした。

明らかに、彼らはXRPが有価証券であると判断できなかったのです。

実際、SECの執行弁護士は2019年までXRPを所有し、取引することができたとしている。

私は、トーレス判事がこれらの事実でリップル社を傷つけようとするとは思いません。

SECに対する “ブルースカイ “の異議申し立てを見過ごさないように。

Coinbaseはその12(c)答弁書(一般的に最も強力な主張をするところ)でそれを始めている。

リップル社が控訴した場合、この問題が第一に主張されるでしょう。

※ブルースカイ法は、国民を詐欺から守るために証券の募集と販売を規制する米国の州法(wikipedia引用)

A. 販売時点以降の契約上の約束が必要。
投資契約を認めた判例は、常に契約上の約束を含んでいる。Br. 6-10.2 この特徴は、この用語自体に明記されており、膨大なブルースカイ法の判例とHoweyに由来する。

~~~

2 SEC の提案(反対意見 1、10、12-13)に反して、コインベースは「正式な」「書面による」、あるいは強制力のある契約が必要であると主張したことはありません。

重要なのは、販売促進者が契約締結の印象を与えたかどうかである。

~~~

SECは、「契約もなく、購入者に与えられる権利もなく、発行者に課される義務もない”投資契約”」と主張している

ジェレミーは今やパーセントで有名になった。(ジョンディートン氏)

すべて終わった時 この事件はどう終わるのか(ジョンディートン氏)

私は、この事件を暗号法に関する史上初の事件と呼んでいる。(ジェレミーホーガン氏)

この事件はリップル社によるブルースカイの異議申し立てで終わり、第2巡回区はリップル社に同意する。(ジェレミーホーガン氏)

そして、リップル社は3つの販売カテゴリーすべてにおいて大きな勝利を手にする。(ジェレミーホーガン氏)

おっ、それは大胆な大胆な予測だ。カメラに近づいてそれをシェアしてくれるとはありがたい。(ジョンディートン氏)

51.6%の可能性で起こる(ジェレミーホーガン氏)

※ブルースカイ法は、国民を詐欺から守るために証券の募集と販売を規制する米国の州法です。これらの法律の具体的な規定は州によって異なりますが、すべての法律では、すべての証券の募集と販売、さらには株式仲買人や証券会社の登録が義務付けられています。各州のブルースカイ法は、適切な規制当局によって管理されており、そのほとんどは、証券詐欺によって被害を受けた個人投資家に対する民間の訴訟原因も提供(wikipedia引用)

2023年11月9日までに、当事者は賠償金に関する準備書面のスケジュールを協議し、その日程を決める。 当事者が日程に合意ができない場合、トーレス判事が日程を決定する。

当事者は2023年11月9日までに、賠償金に関する準備書面のスケジュールを共同で提案するか、当事者が合意できない場合は、準備書面のスケジュールを設定するよう共同で裁判所に要請するものとする。2023年4月16日の最終公判前会議および2024年4月23日の公判は中止する。裁判所の 2023 年 10 月 3 日付命令(ECF No.917)に記載された期限は無効とする。
以上、決定する。
日付 2023年10月24日 ニューヨーク州ニューヨーク
アナリサ・トーレス(ANALISA TORRES)連邦地方裁判官

令状末尾の “sine die “は “日なし “を意味し、公聴会を再スケジュールする予定もなく中止することを意味する。

例 “彼がティンダーで嫌な態度をとった後、私はデートをキャンセルした。”

速報:トーレス判事がブラッド・ガーリングハウスとクリス・ラーセンに対する訴訟を正式に却下する命令に署名

Fed. R. Giv. R. Giv. P.41に従い、以下の弁護士間で、被告リップルラボ社(以下「リップル社」)の「機関投資家向け販売」(ECF No.874参照)におけるXRPの提供および販売に関する1933年証券法第5条違反を助長したとして、原告証券取引委員会が被告ブラッドリー・ガーリングハウスおよびクリスチャン・A・ラーセンに対して申し立てた主張は、事前提訴の上、いずれの当事者にも費用または手数料を支払うことなく、全面的に却下されるものとする。

以上
日付 2023年10月23日
ニューヨーク州ニューヨーク

アナリサ・トーレス 米国連邦地方裁判官

リップル社対SECの訴訟は「あらゆる意味と目的において」終了した。

はい、今後数ヶ月の間に重要な公聴会が開かれるでしょう(最大7億7000万ドルの判決を決定することは言うまでもなく重要です)。

しかし、この裁判に手を焼く時期は終わった。私の考えでは🩳🧵

SECは残りの訴訟を却下したので、来年の裁判はない。 問題は解決しており、新たな事実や驚くような事実は出てこない。

つまり、裁判所は(おそらく)来年中に最終判決を下すということだ。 リップル社だけがそれを心配する必要がある。😛

もちろん、最終判決が出る前に和解する可能性もある。 そのことも一つの可能性である。

そうでない場合、SECもリップル社も控訴することができる。SECは控訴する意向を示している。では、統計的に控訴して勝てる可能性は?❓❓

幸いなことに、我々にはそれを教えてくれる統計がある!

以下の通り、SECが控訴審で勝ち取れるチャンスは14.2%である。14.2%.

そして、裁判官が書いた判決の内容(非常に事実に基づいている)は、少なくとも、SECの勝率を上げるものではないと言ってよいと思う。

では、もしSECが来年控訴し、2025年に控訴裁判所がSECの味方をしたらどうなるのか?

裁判官の命令書の書き方からすると、控訴審はさらに司法的な調査や判断を求めるために、この事件を下級審の裁判官に差し戻さなければならなくなる!

続きを読む

XRPの “その他の配布 “に関しては、18にあるように、裁判官はHoweyの2番目と3番目の条項に関して所見を述べていません。

それができるのは一審裁判官だけです。

裁判官はどのような判決を下すだろうか? 誰にもわかりません。🤷‍♂️ しかし、あなたは彼女がリップル社に判決を下す可能性があると考えなければならない。

従って、法律の問題として、記録はこれらの取引に関して第3のHoweyの条項を立証することはできない。前掲の§II.B.2と実質的に同じ理由により、Larsen
18 当裁判所は、その他の販売に関しては、記録は第一のハウイの要件を立証していないと判断しているため、第二または第三のハウイの要件が満たされているかどうかについては言及しない。
27

プログラマティック販売も同じだ。控訴審が SEC に同意した場合でも、この問題は裁判に差し戻され、さらなる判断が求められる。

FN20(例えば)は、判事がリップル社の公正通知の抗弁をある程度信用していることを示唆している。

20 当裁判所は、機関投資家向け販売のみが投資契約の提供および販売に該当すると判断したため、当裁判所は、その他の取引および取引方法に関する被告の主張する公正通知の抗弁については議論しない。当裁判所の判断は機関投資家向け販売に限定されている。なぜなら、本件の他の販売に関するSECの理論は、過去のデジタル資産訴訟における執行と矛盾する可能性があるからである。Upton v. SEC, 75 F.3d 92, 98 (2d Cir. 1996)を参照。
29

そしてその後、裁判官が第2ラウンド目の司法判断を下した後、控訴裁判所まで再び上訴することができる(今度はすべての争点について判決が下される)。

そしてその時初めて、SECは控訴審で勝利し、勝利とともに去ることができる!✌️

リップル社が最高裁に上告しない限り…😛。

だから、SECは次のことをしなければならない: 1. 和解しない 2. 上訴で勝訴する(可能性は14%) 3. より多くの公聴会を通過する 4. 別の上訴で勝つ。

といったところか。

議会法改正や政権交代など、私が思いつかないような可能性は考慮に入れていない。

だから、私は「あらゆる意図と目的において」この事件は終わったと言っているのだ。

テレビで見るのと違って、多くの訴訟事件は、主要な争点が確定した後、1年間も引きずって、うやむやのまま終わる。 そして、今回もそうなるだろう。

追記 Emojis(絵文字)について今知りました! 💡🙂

私は、控訴審での勝訴のチャンス、さらなる訴訟での生き残り、そして2026年までリップル社に対する訴訟を維持できる可能性を考慮し、計算を行いました:

SECが勝つ確率は2.367%である。

スーパーボールがジェッツに勝つのと同じ確率である!

ジェレミーは、SECがブラッドとクリスに対する訴訟を却下したのは、より早く上訴するためだと思いますか?

おそらくね。 しかし、残された裁判がいかに不利かを知っていたからでもある。

賢明な行動だった。

ランは、SECがブラッドガーリングハウスとクリスラーセンに対する訴えを棄却することを選択したため、SECによる上訴がより早く起こるというのは正しいが(2024年4月の裁判が起こらなくなったため)、SECがすぐに上訴できるというのは正しくない。
この裁判の罰則段階が先でなければならない。少し視点を変えてみよう:

LBRYcom事件の略式判決が下されたのは2022年11月7日だった。上訴可能となった最終判決は2023年7月11日に下された。控訴は2023年9月7日に提出された。

この8ヶ月の間に、質問状、文書(銀行取引明細書など)の提出要求、宣誓証言などの追加証拠開示が行われた。その後、準備書面の提出と口頭弁論が行われた。

LBRYでは、SECは当初2,300万ドルの罰金、罰金支払いなどを要求していた。しかし結局、SECは13万ドルの罰金を要求した。

2,300万ドルをめぐる議論には8カ月を要した。

リップル社のケースでは、7億7000万ドルについて話している。

リップル社は、ODL取引は合法的な事業コスト(給与、広告、旅行、保険など)とともに免除されるべきだと主張するだろう。

SECは7億7,000万ドル全額を要求し、役員に対する無実の告発を却下しなければならないなど、恥をかかされた埋め合わせをするつもりだ。

すぐに上訴することはないだろう。

最後に、SECがこの訴訟を却下したのは、より早く上訴したかったからではない。

勝てる見込みがなく、特定の人物に対する証人尋問リストが、控えめに言っても大変なことになりそうだったからだ。

NEW: 🚨SECに近い情報筋によると、ブラッドガーリングハウスとクリスラーセンに対する告発は取り下げられたが、XRPの全ての提供と販売を投資目的と分類することを含む、この事件の他の全ての部分はテーブルの上に残っているとのことだ。

ゲイリー・ゲンスラーは戦わずして倒れないようだ。

2023年10月12日

可能性1:SECは個々の被告(ガーリングハウス氏およびラーセン氏)に対して来年4月に裁判を進める。

ジェレミーホーガン弁護士

リップル社対SECの裁判で、裁判官が中間上訴を却下したことで、次に何が起こりうるのかに関して混乱が見られます。

そこで、私はあらゆる可能性を説明し、それぞれの可能性が起こる可能性と、それぞれにかかる時間を正確に提示した。それは

1/356

概要:裁判官は「略式判決」を下し、(前倒しの)上訴を拒否した。

SECは、裁判全体が終了した時点で100%控訴する権利を持っており、それは「最終判決」が出た時点で発生する。

おわかりのように、SECには本当に有利な選択肢がない。

可能性その1:SECは個々の被告に対して来年4月に裁判を進める。

可能性 39.456%

裁判官はこの事件の最も難しい部分だけを裁判に残している。

SECは裁判であっさり「敗訴」を言い渡される可能性があり、同時に汚れた汚点の一部が公開されることになる。

リップル社のCEOと共同創業者であるガーリングハウス氏やラーセン氏に対し、機関投資家に対するXRPの販売の責任を問う陪審員裁判が残っています(2024年4月に行われる予定)

もしSECが裁判に持ち込めば、控訴は2025年まで行われない。つまり、控訴審の判決は2026年まで出ない可能性が高い。

その後、SECが控訴審で勝ったとしても、訴訟はトーレス判事に差し戻される可能性が高い(添付参照)。

本件略式命令(Flo & Eddie, Inc., 2015 WL 585641, at *1)が「本件訴訟の遂行に重大な影響を及ぼす可能性がある」ため、本件命令が「重要」であるとするSECの主張については、本件命令は略式判決に対する両当事者の相互申し立てを決定するものではないことに留意する。令状は、プログラム販売およびその他の配布に関して、他のHoweyの条項には明確に触れていない。また、「外国取引所」での提供および販売について被告が略式判決を受ける権利があるかどうかや、プログラム販売およびその他の配布に関する被告の公正通知の抗弁など、その他の論点にも触れていない。仮に命令が破棄され、本件が差し戻された場合、裁判所は第一審でこれらの問題のいくつかを検討する可能性がある。

では、SECはこの訴訟全体を裁判に持ち込み、リップル社に対する判決の気に入らない部分を上訴したいのだろうか?

しかし、そのような状況で最も可能性が高いのは、2027年に最終的な決着がつくことだ。 正確には2027年6月14日だ。

幸運を祈る。

可能性2:SECは個々の被告に対する訴訟を和解させ、リップル社に対する最終判決の手続きを進め、その後上訴する可能性がある。

可能性その2:SECは個々の被告に対する訴訟を和解させ、リップル社に対する最終判決の手続きを進め、その後上訴する可能性がある。

可能性 32.113%

これがSECの最善の選択肢です。そのため、私は彼らがそれを行うかどうか疑ってる。

被告個人と和解することで、SECは控訴裁判に約9~12カ月早くたどり着くことができ、非常に困難で行き過ぎた訴訟を回避することで資源(と面子)を節約することができる。

個人の和解後、この訴訟は「救済」措置訴訟に移行する。

救済措置・・・法的救済は、司法救済または司法救済とも呼ばれ、通常は民法管轄権の行使において、裁判所が権利を執行し、罰金を課し、またはその権利を課すための別の裁判所命令を下す手段(※wikipedia引用)

さらに、「差止命令による救済、損害賠償、民事上の金銭的罰金」に関する問題を提起する可能性のある救済措置の検討期間、追加のドーバート・ブリーフィング、公判前訴訟(制限申し立てを含む)、および公判など、最終判決までに資源が必要な訴訟がこの問題には残っている。SEC Mem. このように、最終判決までには、複雑な事実上および法律上の問題が残っている。このような状況下では、「判決まで通常の手順で進め、完全な記録に基づいて控訴審の再審理を1回行う」ことによって、訴訟を最も迅速に進めることができる。Platinum Partners, 2022 WL 4357548, at *4.
当裁判所は、中間上訴が認められるか否かにかかわらず、訴訟が長期化する可能性があることを認識している。

救済措置の訴訟にはなお数カ月を要する(これが早期提訴が必要な理由であるSECの主張の一部であった)。

この選択肢はまだ2026年まで続く。正確には2026年8月14日だ。

選択肢3:SECはリップル社と個々の被告に対する全ての訴訟を和解する。

オプション#3:SECはリップル社と個々の被告に対する全ての訴訟を和解する。

はい、これは和解会議(下記の裁判官の要求のような)で起こる可能性がありますが、SECはこれまでほとんど妥協する意思を示していません。

4.2024年4月16日午後2時、全当事者の弁護人は、10007ニューヨーク州ニューヨーク、500パール・ストリートの米国裁判所15D法廷での最終公判前会議に出廷するものとする。

5.最終公判前会議に先立ち、両当事者の弁護士は、当事者自身とともに、少なくとも1時間、直接会ってこの問題の和解について協議するものとする。
以上、命令する。
日付 2023年10月3日 ニューヨーク州ニューヨーク

和解はSECにとって良い選択肢だ。また新たな “勝利 “を公表し、敵対勢力から多額の小切手を受け取ることができるのだ。

裁判官は、その判決がXRPに特定された事実にのみ適用されることを明確にすることで、彼らのためにこの道を開いた。

起こる可能性:18.987%

日付: 12/21/23

最後に、私が考えもしなかったことが起こるかもしれない。

最後に、私が考えもしなかったことが起こるかもしれない。

誰にも分からない。

実現の可能性:8.675%

おわかりのように、SECにはいくつかの長くて最悪の選択肢がある。一方、略式裁判はこの国の法律であり、早くても2026年まで変わることはないだろう。

2023年10月8日

弁護人。元連邦検察官ジェームズ・K・フィラン氏

速報:トーレス判事はSECの控訴申し立てを却下した。

https://www.dropbox.com/scl/fi/a1zks8vhptcf40vo6a7gc/Order-Denying-SEC-Motion-to-File-Interlocutory-Appeal.pdf?rlkey=v1gdwavgqwzi0bnxmmpqe0kgl&dl=0

連邦地方裁判所
ニューヨーク州南部地区

アナリサ・トレス 地方裁判官

原告である米国証券取引委員会(以下「SEC」)は、被告 Ripple Labs, Inc.(以下「リップル社」)及びその上級幹部である Bradley Garlinghouse と Christian A. Larsen の 2 名に対し、被告が 1933 年証券法(以下「証券法」)第 5 条(15 U.S.C. § 77e(a)、(c))に違反して違法な証券の募集及び販売を行ったとして、本訴訟を提起した。

訴状 訴状 9, 430-35, ECF No. SEC はまた、Larsen と Garlinghouse が Ripple 社の第 5 条違反を助長したと主張している。同上。

¶¶9, 436-40. 2023年7月13日、裁判所は略式判決を求める当事者の相互申し立てを一部認め、一部却下した(以下「命令」)。

SEC v. Ripple Labs, Inc. 10832, 2023 WL 4507900 (S.D.N.Y. July 13, 2023)を参照。

SECは現在、本注文の2つの判示について中間上訴認定を申請中である。ECF番号892、SEC Mem. 以下の理由により、SECの中間上訴認定の動議は却下される。

リップル社のCEOと共同創業者であるガーリングハウス氏やラーセン氏に対し、機関投資家に対するXRPの販売の責任を問う陪審員裁判が残っています(2024年4~6月期に行われる予定)

本来、控訴は、一審で行うべき審理を全て終えてから行われるものであるが、一審の審理が完全に終わる前に行われる場合を中間控訴と呼ぶ。今回そちらの申し立て許可申請が却下

ジェレミーホーガン弁護士

SECの中間控訴の申し立ては却下された。

つまり、この訴訟は4月に裁判にかけられるか、あるいはそのまま消えるかのどちらかである。

さらに、この命令により、判事は判決の一部をさらに詳しく説明することができるようになり、SECにとって上訴がより難しくなった。

SECにとっては災難である。

私はこの判事の明確な主張が好きだ

商品への投機だけではテストを満たさないことをSECに指摘すると同時にSECが立証できなかった「他者の努力」にも頼らなければならないことを、SECに再認識させた。

これは控訴できないという意味ですか?それとも不服申し立てを待つということでしょうか?

控訴できるのは、来年の裁判と陪審員の判決、裁判後の申し立てがあってからだ。

でも、裁判は機関販売だけを対象とするんでしょう?あとはすべてクリアですね?

いいえ、裁判は個々の被告に対してのみ行われます。

リップル社法律最高顧問スチュワートアルデロティー氏

裁判所の7月13日の判決は、昔も今も、この国の法律である。XRPは証券ではない。

弁護士デジタル資産愛好家ビル氏

素晴らしいニュース SECは粉砕された。中間上訴なし。裁判は2024年4月23日に確定。

XRPインフルエンサー:ラーソフカーネマン氏

そして、リップル社の機関投資家向け販売に関する残りの裁判の日程が決まりました:2024年4月23日です。

本件の裁判は2024年4月23日午前9時、ニューヨーク州ニューヨーク10007、パールストリート500番地の米国裁判所15D法廷にて開始される。

裁判所の公判前スケジューリング・オーダーに定められた期限は引き続き有効である。従って

2023年12月4日までに、当事者は制限付き申し立てを提出すること。制限付き申し立てに対する反対意見は2023年12月18日までに提出すること。

2. 当事者は2023年12月4日までに、民事訴訟における裁判所の個別慣行第V.B項、第V.C項、および第V.D項に従い、共同公判前命令案、起訴請求、評決書、および予備尋問質問を含む、必要な公判前提出をすべて提出するものとする。

当事者はまた、これらの提出書類のコピーをワード文書としてトーレス(NYSDChambers@nysd.uscourts.gov)に電子メールで送信するものとする。

2023年12月4日までに、当事者は、民事訴訟における裁判所の個別慣行第V.C.v項に従い、認容を求める各書類証拠資料のコピーを1部ずつ、あらかじめ印を付け(証拠資料シールを貼るなど)、ルーズリーフバインダーまたは証拠資料番号をラベル付けした個別のマニラフォルダーに順次まとめて、すぐに参照できるよう適切な容器に入れ、裁判所に提出するものとする。

2024年4月16日午後2時、全当事者の弁護人は、10007ニューヨーク州ニューヨーク、500パールストリートの米国裁判所15D法廷での最終公判前会議に出廷するものとする。

最終公判前会議に先立ち、両当事者の弁護士は、当事者自身とともに、少なくとも1時間、直接会ってこの問題の和解について協議するものとする。
以上、命令する。


日付 2023年10月3日 ニューヨーク州ニューヨーク
ANALISA TORRES 米国連邦地方裁判官

2023年8月23日

9月2日 速報:リップル社は SEC の中間上訴認定の申し立てに反対意見を提出。

速報:リップル社は SEC の中間上訴認定の申し立てに反対意見を提出。

https://www.dropbox.com/scl/fi/1pps3h1lh0zgoxpmx9pfp/Ripple-Opposition-to-SEC-Motion-to-Certify-Interlocutory-Appeal.pdf?rlkey=5j0upgw80wj1sgkjl1ubvie1e&dl=0

リップル社は、SEC の中間(暫定)上訴請求に対する反対意見を提出したところです。

私の考えでは、特に脚注は一読の価値あり😁。

5が個人的にはお気に入りです。

5 SECは(16頁で)、「ここでの原資産が固有の価値を持たないコンピュータ・コードに過ぎないという事実に関連するいかなる判決についても、控訴審での再検討を求めない」と述べている。

裁判所もそのような判決は下していない。

それどころか、議論の余地のない証拠として、国際取引を促進するブリッジ通貨としてのXRPの固有の有用性が立証された。

その代わりに、裁判所は、XRPトークンはそれ自体がHoweyの要件を満たさないため、それ自体は投資契約ではないと判断しました。

私のお気に入りでもある。

XRPには本質的な価値がないというSECのコメントについて、私は一週間ずっと叩いてきた。リップル社の弁護士がそれに対処してくれて嬉しい。

裁判官によるそのような判決はなく、いずれにせよHoweyテストとは関係なく、XRPの使用が価値を与えるかどうかとも無関係です

そして、それは価値がある。

8月24日 委員会は、2024年4月、5月、6月に裁判を行うことができる、ただし、4月15日から4月19日、5月1日から5月7日、5月27日から5月31日は例外とする。

SECはトーレス判事に対し、2024年第2四半期中の裁判が可能な日程を通知した。

トーレス裁判官
当委員会の裁判代理人は、2023年8月9日付の裁判所の公判前スケジューリング命令(D.E. 884)の第1項に従い、2024年第2四半期における裁判の欠席日程を謹んで提出する。

委員会は、2024年4月、5月、6月に裁判を行うことができる、

ただし、4月15日から4月19日、5月1日から5月7日、5月27日から5月31日は例外とする。

8月24日 リップル社には欠席日はなく、2024年第2四半期を通じて裁判を受けることが可能です。

※機関投資家に対するXRPの販売の責任を問う陪審員裁判が残っているため

リップル社の弁護人は、リップル社は2024年第2四半期であればいつでも裁判に応じられるとトーレス裁判官に伝えた。

トーレス裁判官
被告 Ripple Labs, Inc.を代表して、2024 年第 2 四半期の裁判に出廷できない日を裁判所に通知するよう当事者に指示した裁判所の命令に従い、本書簡を提出します。ECF No. 被告リップル社には欠席日はなく、2024年第2四半期を通じて裁判を受けることが可能です。

8月23日 ブラッドガーリングハウスとクリスラーセンのXRP弁護団は、2024年第2四半期の裁判に出廷できない旨をトーレス判事に伝えた。

弁護人。元連邦検察官ジェームズ・K・フィラン氏

ブラッドガーリングハウスとクリスラーセンのXRP弁護団は、2024年第2四半期の裁判に出廷できない旨をトーレス判事に伝えた。

弁護士デジタル資産愛好家ビル氏

つまり、2024年4月の最初の2週間が、彼らがスイッチを入れるときだ。😂.

つまり時間を稼ぐということだ!

8月19日 XRP速報:SECは中間上訴認定の申し立てを行いました。

弁護人。元連邦検察官ジェームズ・K・フィラン氏

XRP速報:SECは中間上訴認定の申し立てを行いました。

https://www.dropbox.com/scl/fi/i7ig6rniyf5znqeqcyyt1/SEC-Motion-to-Certify-Interlocutory-Appeal.pdf?dl=0&rlkey=1a7teoq0qmqcjicshn0lajxy8

米国証券取引委員会(以下「SEC」)は、米国法律集第 28 編第 1292 条(b)に従い、2023 年 7 月 13 日に出された略式判決に関する当裁判所の決定から、特定の判示事項を中間上訴として認めるよう、当裁判所に要請する。

中間上訴・・・wikipedia引用:米国民事訴訟法における中間上訴(interlocutory appeal)とは、裁判の他の局面がまだ進行中であるにもかかわらず、裁判の判決を不服として上訴することである。

ジェレミーホーガン弁護士

これは、SECが上訴を行うことを可能にするための要求である。

しかし、これは上訴そのものではない。

控訴なのか? いいえ!そうではない。

これは法的には不服申し立てである。

そして、控訴の性質もありません。

ありがとうございました。

弁護士デジタル資産愛好家ビル氏

そして、SECでさえも、資産そのものが証券ではないという事実に関連するいかなる判例に対しても異議を唱えず、上訴することを求めていないと述べている。

XRP情報をまとめてくれるシェリー氏

裁判官が中間上訴を認定するために満たすべき3つの基準点

合衆国法典第28編第1292条(b)に基づき、裁判所は、以下のような場合、命令を暫定上訴に認定することができる:
(1)「重要な法律問題を含み」、(2)「意見の相違に実質的な根拠があり」、(3)「命令に対する即時上訴が訴訟の最終的な終結を著しく促進する可能性がある」場合である。SEC v. Rio Tinto PLC, 2021 WL 1893165, at *1

チャンネル登録12万人Thinking Cryptoチャンネルユーチューバー

トーレス判事、それを否定してください!

XRPコミュニティ:アシュリー・プロスパー氏

トーレス判事には、SECからの中間上訴を却下してもらいたい。しかし、もし彼女が上訴を認めれば、SECは第2巡回区で大敗することになるだろう。そして個人的には、その日を心待ちにしている。
私たちに乗り越えられない嵐はない。我々はXRPの保有者なのだから。

8月18日 裁判所は、SECが提出を求めた中間上訴許可の申し立てについて、弁論日程を設定した。

弁護人。元連邦検察官ジェームズ・K・フィラン氏

裁判所は、SECが提出を求めた中間上訴許可の申し立てについて、弁論日程を設定した。 これは中間上訴が許可されたことを意味するものではない。 SECがそれを申請することが許可されたことを意味する。

8月17日 XRP 速報:リップル社は、SEC が予定している中間上訴許可申請に対する異議申立書を提出。

弁護人。元連邦検察官ジェームズ・K・フィラン氏

XRP 速報:リップル社は、SEC が予定している中間上訴許可申請に対する異議申立書を提出。

リップル社法律最高顧問スチュワートアルデロティー氏

我々は、SECの中間上訴請求に反対する。上訴の前にすべての当事者に関するすべての問題を解決しなければならないという規則から逸脱することを正当化するような特別な事情はここにはない。

8月10日 トーレス判事は公判前日程調整命令を出し、” 裁判所は陪審裁判を2024年第2四半期に予定するよう求める “と述べた。

弁護人。元連邦検察官ジェームズ・K・フィラン氏

トーレス判事は公判前日程調整命令を出し、” 裁判所は陪審裁判を2024年第2四半期に予定するよう求める “と述べた。

2023年7月16日

新しい最終的なビデオ!

私がこの美しい略式判決をコメントなしでスルーするとは思わなかったのですか?

休み中でも…

https://youtu.be/FKuKAmEraSw

とても楽しかったです – 皆さんありがとうございました!

リップル vs SEC: XRP 保有者の皆様、おめでとうございます!

ジェレミー&ティエン・ヴー・ホーガンより。そして、さようなら!

昨日7月13日、裁判官が略式裁判の申し立てに対する判決を下した。

そして、このビデオからひとつだけ受け取ってほしい。

昨日、私はXRPにとって、そしてリップルにとっても、この出来事は本当に良いことだと思った。

しかし、カリフォルニアへのフライトでじっくりと検討した結果

私は昨日この裁判官が言ったことをさらに理解した。

彼女は私よりとても賢く、次の10分で、私が話す前に、なぜ私が急ぐのかを話すよ。

あまりこういうことはしないんだけど、最終的な命令が7月中旬に出る時期について、ツイッターで私が予測しなかったことは以下の通りだ。

私は、他にもいくつかのことを1000パーセント間違えていて、裁判官はそれを正しく評価したと考えている。

だから、まずはそのことから始めよう。

私は、リップル社は購入者と何の義務も契約も結んでいなかったので、裁判官がxrpの販売はどれも証券ではないと裁定する可能性が高いと思った。

しかし、彼女はそのような判決を下さず、明確にその主張を否定した。

しかし、その主張を否定した直後、13ページを見て私は意表を突かれた。

引用によると、裁判所は、被告が投資契約としてXRPを提供または販売した各事例において、契約が存在したという被告の重要な第一条件に触れなかった。

私は彼女がこの議論を拒絶していると思った。

しかしその後、彼女は、どのような場合でも契約があったという事実に基づいて否定している。

彼女は命令の中で次のように説明している。

彼女は、リップル社が購入者と直接契約した販売や証券の販売は、ヘッジファンドのような機関投資家への販売であり、顧客はリップル社であり、合計で最大7億2800万ドル相当であったと認定しています。

リップル社がxrpに投機的な価値を提案し、リップル社の起業家精神と経営努力から利益を得る可能性があることを、機関投資家は理解していたはずだ。

次に挙げられるのは、主に取引所での個人購入者への販売であり、これらの販売は証券の販売ではないと判断しています。

そして、その売上は証券の売上ではないとした。

しかし、私の心を揺さぶったのは、トーレス判事の頭の良さを目の当たりにした23ページの「なぜそう判断したのか」だ。

裁判官は次のように述べています。

「プログラム販売の経済的な現実を考慮した結果、明らかな事実記録は、合理的な利益の期待(Howeyテストの第3要件)が成立していないことを示している」と結論づけています。

機関投資家はリップルが販売から得た資本をXRPエコシステムの改善およびXRPの価格の上昇に使用すると合理的に期待しましたが、プログラム的または取引所の購入者は同じことを合理的に期待することはできませんでした。

確かに、リップルのプログラム販売はブラインド入札の取引であり、プログラム的な購入者は自分たちの支払ったお金がリップルまたは他のXRPの販売者に渡ったのかどうかを知ることはできませんでした。

したがって、デジタル資産取引所からXRPを購入したほとんどの個人は、実際にはリップルに投資をしていなかったのです。

まあ、これは予期せぬ展開でした。

誰もこれが起こるとは思わなかったでしょう。

私たちがXRPを購入する際、Upholdで「購入」ボタンを押したとき、私たちは隣人から購入しているのか、UpholdでXRPをリストしている人から購入しているのか正確にはわかりませんでした。

したがって、私たちはリップルがXRPの価値を上げることを期待して購入したわけではありませんでした。

しかし、なぜこれが賢い判決なのか、簡単に説明しましょう。

トーレス裁判官は一審裁判官であり、法律のすべての分野で控訴裁判所の監督下にありますが、一般的には事実の問題ではありません。

これは、私が二度目に読んで気付いた重要な違いです。

もしトーレス裁判官がリップルと私たちが望んだ契約義務のテストに基づいて判決を下した場合、彼女はすべての販売が投資契約ではないと判断しなければならず、これはこのような未確定な法律の真の問題に判決を下すことと合わせて、控訴裁判所によって覆される可能性のある判決を残してしまったでしょう。

したがって、彼女は基本的には契約の要件を自分の意見に後退させ、それをハウイ・テストに関連する事実問題という形で提示することで、意思決定をより堅固にし、より控訴の証拠にできるようにしたのです。

一審裁判官が未確定な法律分野で判決を下すことは、よく覆されることがあります。

つまり、そのような問題は上位の控訴裁判所によって決定されるべきであるとされるからです。

ですから、トーレス裁判官の判断は非常に賢いものであり、少なくともこの意見では、取引所での暗号通貨の販売は投資契約ではないということになります。

これが私が指摘したい2つ目の重要な点であり、これはこのビデオを聴いているすべての個人にとってさらに重要です。

それは二次流通販売での販売に関連しています。

これは、あなたとあなたの隣人の間で行われるXRPの販売のことです。

なぜなら、SECはそのような販売が証券の指定を含むと考えていたからです。

これが取引所が販売を停止した主な理由です。

ただし、問題は、この二次市場でのXRPの販売については、裁判官には全く存在しなかったということです。

言い換えると、彼女が直接それに判決を下すと、彼女は自分の権限を越えることになります。

しかし、私はトーレス裁判官がアミカスブリーフを読んだ後、二次市場販売について判決を下さないとすると、何十万人もの人々を一種の規制の曖昧地帯に置いてしまうことになると気付いたのだと思います。

ですから、彼女は裁判においてその問題に判決を下すことにしました。

それは、裁判の本質とは直接関係のない方法で、まわりくどく判決を下したという意味です。

ただし、彼女がこれをやるために努力した唯一の理由は、あなたであるXRP保有者を助けるためだったのです。

彼女がこれを行うためにわざわざ手を尽くす理由はほかにはないのです。

ここで彼女が初めて述べたのは、以下のようなものです(15ページを参照)。

“XRPというデジタルトークン自体は、投資契約のHowey要件を具備した契約取引や仕組みではありません。

むしろ、裁判所は、被告の異なる取引やXRPの販売および配布に関わるスキームを取り巻く状況の全体性を検証します。”

そして、彼女はその分析を23ページで具体例として示し、次のように述べています。

「機関投資家は、契約に基づいて直接リップルからXRPを購入したのはもちろんだが、経済的な現実は、プログラム的な購入者が二次市場の購入者と同じ立場に立っていたことを示しています。二次市場の購入者は、自分が誰から何にお金を支払っているのかを知ることができなかったのです。

これはほぼ完璧な dicta(判例のない問題に関する意見)です。

私はいくつかの良い dicta を見たことがありますが、これはほぼ完璧です。

XRPに関して言えば、これが私が最後に指摘したいポイントです。

最後になりましたが、彼女が私たち個人を非常に助けようとしたのはなぜでしょうか。

なぜ単にLBRYの裁判官のように二次市場の問題を無視しなかったのでしょうか?

その答えは、2年前に言ったことにあると思います。

それを聞いてみましょう。

2年前の私の発言を再生してください。

最初に、私が数週間前に言ったことを覚えておいてください。

この裁判官は、この事件がリップル社や数百万ドルの会社のCEOに関するものだけでなく、数万人のXRPホルダーに対する壊滅的な影響を与えるについても理解する必要があります。

彼らは何年もの間、XRPの保有者であり続けており、中には自分の生活の貯金を文字通りXRPに投資している人もいます。

もしリップルが裁判官にそれを理解させることができれば、彼女はハウイテストを乗り越えて真実に迫る裁判官になると思います。

私は自分を鬼才と呼ぶことが好きですので、XRP保有者の個々の物語が裁判官の前に出る方法について考えました。

リップルがXRPの所有者からの宣誓供述書を提出するのは少なくともまずいでしょう。

したがって、個々の保有者を訴訟に関与させるためには、完璧であり、訴訟参加者であるとしての彼らの訴えに非常に説得力のある宣誓供述書を付け加えることができる訴訟弁護士デイトン氏が、全てのXRP保有者を代表して略式判決の動議を提出し、彼らの物語を伝えることができます。

そして、彼らはリップルの行動に基づいて利益を期待していないこと、投資契約がないことを主張し、さらに重要なのは、彼らがこの訴訟が彼らのXRP保有にどのような影響を与えたか、失われたお金、取引の不能性などを裁判官に伝えることができるということです。

彼らはSECが何をしているのかについて世論を見せることができるのです。

2年以上前の私が自分自身に言及しているのを見るのが面白いです。

なぜ彼女がこれを行ったのかは重要だったので、聞いてみました。

彼女がそれを行うことにした理由は、あなたと他のアミカスが彼女に何がかかっているのかを知らせたからです。

ジョン・デイトン氏と7万5000人のあなたたちが関わって、自分自身を救いました。

他のアミカスも同様ですし、リップルの弁護士による最高水準の法的業務を軽視するつもりはありませんが、私はこの場においてアミカスの参加がなければ、この判決は異なる結果になったと確信しています。

アミカスの参加なしでこの判決が下された場合、裁判官は二次市場の販売の問題を放置し、あなたを含む何十万人もの人々を状態の曖昧さの中に置いてしまうことになったでしょう。

これはあなたたちのおかげです。

まとめると、トーレス裁判官の判決はリップルを7000万ドル以上の罰金にする一方で、約10億ドル以上の要求については完全に逃れさせ、資産の買い手は投資契約を締結した相手を認識する必要があると結論付け、デジタル資産の二次市場販売は証券の販売ではないと述べています。

リップルは少し罰せられましたが、あなたと私は救われ、SECの訴訟はデジタル資産と取引所の制御に関する大きな穴を開けることになります。

これは最善の方法で控訴の証拠としての決定を作るためのものです。

最初は100%理解できませんでしたが、今ではそれが天才的だと思います。

最後に、次に何が起こるのかという点について、まずは個々の被告人が自分たちの裁判を受けることになります。

おそらく来年の初めになるでしょう。

どちらの側もこの判決を控訴することができますが、それは中間控訴の要求となり、それらは非常にまれに認められるものです。

代わりに、控訴はおそらく裁判の後に行われるでしょう。

裁判は2024年、早くても2024年初めに行われるでしょうし、控訴はもちろん時間がかかります。

したがって、この判決はおそらく2025年までしっかりとしたものになるでしょう。

それは長い時間です。多くのことが起こる可能性があります。

そして、おめでとうございます。

この判決を読んだときに、あなたのためにどれほど幸せだったか伝えられません。

なぜなら、あなたは今、規制上の明確さを持つ唯一の主要なデジタル資産の所有者です。

さようなら、そしてサポートありがとうございました。

旅の過程ではなく、途中でできた友達が大切です。

購読してください。長い間… ありがとう。あなたなしでは分からなかった。

2023年7月14日

弁護人。元連邦検察官ジェームズ・K・フィラン氏

XRPCommunity #XRP SEC v. Terraform Labs/Do Kwon 事件において、SEC は SEC v. リップル社に対するトーレス判事の判決について、”SEC 職員は更なる再審査に向けて利用可能な様々な手段を検討しており、SEC がそのような再審査を求めることを推奨する意向である。” とする答弁書を提出しました。 以下訴えの内容。

“SEC Says XRP Ruling Was Wrong, Signals It Will Appeal”

https://wsj.com/livecoverage/stock-market-today-dow-jones-07-21-2023/card/sec-says-xrp-ruling-was-wrong-signals-it-will-appeal-oCqi2N05kHNT7MqOkDev via
wsj

和解会議に向けて、控訴はまさにSECがリップル社に対して持っている唯一の切り札です。

もちろん、SECは控訴すると言っていますが…その発言を一方的に深読みする必要はないと思います。

私は、@CryptoLawUSと@FoxBusinessで、判決のずっと前に、SECが取引所での流通市場での販売で負けるだろうと予測し、また、トークンそのものについて、トーレス判事が、それは証券ではなく、証券を表すものでも象徴するものでもないと宣言するだろうと述べた。

私に反対した同じ人々が、今判事は間違っていたと言っている

トーレス判事は、ハウイー・テストを適用する以外の他の要素を考慮しなかった。

議論終了。

もし考慮していたら、彼女は間違っていたことになる。

SECは控訴すれば負けるだろう。

速報:トーレス判事は略式判決に対する両当事者の申し立てに対する判決を下した。

https://www.dropbox.com/scl/fi/bk1n1qn1tgscrcrrfldr8/SEC-v.-Ripple-Ruling-on-Motions-for-Summary-Judgment.pdf?dl=0&rlkey=cjyfdw5rl58diqxyi3qfgix7s

従って、略式判決に対するSECの申し立ては、機関投資家向け販売については承認され、それ以外は却下される

被告の略式判決申立は、プログラマティック販売、その他の販売、およびラーセンとガーリンハウスの販売については承認され、機関投資家向け販売については却下される

プログラマティック販売・・・プログラマティック販売とは、買い手と直接やり取りすることなく、媒体が在庫を販売すること。取引所を介した販売はこの定義に当てはまる。

ジョンディートン弁護士運営CryptoLaw

トーレス判事はリップル社、ブラッドガーリングハウス、クリスラーセンに機関投資家販売を除く全てのXRPの販売について略式判決を承認しました。それに対して彼女はSECへも認める

判決へのリンク:https://crypto-law.us/wp-content/uploads/2023/07/2023.07.13-Order.pdf

リップル社CEOブラッドガーリングハウス氏

小売業者の保護に関する重要な話題が持ち上がった。

SECは、法的管轄権がないにもかかわらず、暗号を取り締まる責任者であると宣言し、この混乱を引き起こしている。

SECが記者会見を開いている間、企業は破産裁判所で負債を抱えたままになっている。

法律を忠実に適用した裁判官を非難するのは馬鹿げている。

明確なルールを提供し、小売業者を保護するためには、施行による規制を強化するのではなく、法律を制定することが唯一の方法であることは誰もが知っている。

RepRitchieやPatrickMcHenryのような多くの議員がこの法案を支持していることを嬉しく思う。

チャーリー、いつでもスタジオに出向いて事実について話し合えることを喜んでするよ。

SECがこれを勝利のように見せかけようとするのは哀れなことだ。

(リップル社だけでなく、多くの弁護士が指摘しているように)彼らは重要なこと全てにおいて負けたのだ。

罰金の支払い義務についてのご質問ですが、それはSECではなく裁判所が決めることです。

あなたは、この訴訟が罰金や罰則についてではなかったことをよくご存知でしょう、

それは、XRPの非有価証券の地位を確立したかったということです。

我々は勝った。彼らは負けた。

昨日の判決が、議会に必要な目覚めの呼び水になることを願っている。

この判決は、ほぼすべてのトークンは本質的に有価証券であるというSECの主張を真っ向から否定するものであり、米国における他のデジタルトークンにとってポジティブな先駆けとなってくれるだろう。

裁判所の判断が何を意味するのか混乱があるようなので、我々の弁護士であるスチュワートが要約してみた。

法律上、XRPは証券ではない。法律上、XRPは有価証券ではない。役員による売却は有価証券ではありません。その他のXRPの配布-開発者、慈善団体、従業員への配布は有価証券ではありません。

この判決の最も重要な部分は

「デジタル・トークンとしてのXRPは、それ自体、投資契約のハウイー要件を具体化する “契約、取引、方式” ではない。

これは現在、法律上の問題である(裁判の対象ではない)。

私たちは2020年12月に、法律の正しい側におり、歴史の正しい側にいるだろうと言いました。

今日の決定に至るまで協力してくれたすべての人に感謝する。

まだまだ続きます。

(そして、ふさわしいパーティーの計画を始めましょう!)

リップル社の共同創設者兼会長クリスラーセン氏

私は、ブラッドガーリングハウスやスチュワートアルデロティーほど訴訟について声高に発言してこなかったけど、しかし、今日は米国における暗号にとって大きな勝利です。私たちを支援してくれたすべての人に感謝します。

リップル社法律最高顧問スチュワートアルデロティー氏

弁護士として30年以上、暗号は間違いなく、私が関わってきた中で最も魅力的な業界だ。

今回の訴訟が意味するもの、SECが管轄権を持つ場所(そしてより重要なのは、管轄権を持たない場所)などについて議論するために私を招待してくれたjacqmelinekに感謝する。

リップル社は、SECが連邦裁判所の判決を不服として控訴する可能性があることから逃げようとはしない。

“私は、控訴裁判所がそれを認めるだけでなく、おそらくそれをさらに大きく強化すると思う。”

リップル社の最高法務責任者s_alderoty氏は語った。

証券機関は証券しか管轄しない。有価証券の取り扱いがなければ、SECの役割もない。

管轄権がないのに管轄権があるふりをするのは、単なる政治的なパワープレイだ。誰も助けられず、誰もが損をする。

ケイティビバー氏の意見にこれ以上ないほど同意する。

今日のSECからの哀れな「声明」。

負けを認めろ。自業自得だ。

リップル社に関するSECの声明は、真実を語ることを求められる権力のある政府機関に対し、悪い事実を伝えようとする若い工作員のような雰囲気がある。もっとうまくやれ。

裁判所が、XRPトークンがリップル社によって投資契約として提供・販売され、特定の状況において証券取引法に違反していると判断したことを嬉しく思う。

裁判所は、Howeyテストが暗号取引の証券分析を支配することにSECと同意し、何が投資契約を構成するかについてのリップル社のでっち上げテストを却下し、代わりにHoweyとその後の判例が様々な有形・無形の資産が投資契約の対象となり得ると判示していることを強調した。

さらに裁判所は、Howeyのテストは明確であり、知らないという主張は証券取引法違反の弁明にはならないと指摘し、リップル社の公正通知の主張を退けた。

この判決については引き続き検討する。

今日、XRPは有価証券ではないことが法律上証明された。

法律上、XRPは有価証券ではない。

役員による売却は有価証券ではありません。

その他のXRPの分配-開発者、慈善団体、従業員への分配は有価証券ではありません。

裁判所が投資契約にあたると判断したのは、過去の機関投資家へのXRPの直接販売のみである。

裁判所の命令により、これらの機関投資家への販売に関してのみ、更なる裁判手続きが行われる。

何年にもわたってこの問題に精力的に取り組んできたチームに心から感謝する。

裁判官の決定は、この業界が闘っていることの多くを肯定し、SECが暗号に対して無限大の権限を持っていないことを示している。

これでこの国の暗号規制について、まともな話し合いができるかもしれない。

取引所コインベース

コインベース法律最高顧問ポール・グレワル氏

トーレス判事は、XRPが証券である場合もあれば、そうでない場合もあると裁定したと誤解しないでください。それは彼女が下した判決とはまったく異なるものです: XRP自体は決して証券ではありません。“XRPは、デジタル・トークンとして、それ自体が投資契約のHowey要件を具現化する “契約、取引、または方式 “ではありません。

トーレス判事の思慮深い決定を読んだ。我々は慎重に分析を見直した。 再上場の時が来た。

15ページ:「デジタル・トークンとしてのXRPは、それ自体、投資契約のハウイー要件を具現化する “契約、取引、スキーム “ではない。

25ページ:「(デジタル資産取引所における)リップル社のXRPのプログラム販売は、投資契約の提供・販売にはあたらない。

弁護士であることが好きな日がほとんどだ。

今日もそのうちの一日だ。

取引所コインベース

5.

リップルのため
業界のため。
開発者のため。
明確なルールブック。
制度改正。

そして、XRPの取引が開始された。

XRP (XRP)は現在、http://coinbase.com、CoinbaseのiOSとAndroidアプリでライブになっています。Coinbaseの顧客はログインして、この資産を購入、売却、変換、送信、受信、保存することができます。

リップル社CTO技術責任者デイビットシュワルツ氏

多くの詐欺師が、今回の良いニュースに便乗して、騙したり盗んだりしようとしている。この裁定に関連するエアドロップ、景品、特別オファーなどは一切ない。

私はここに7月13日を勝利の日と宣言する。

集団訴訟弁護士ジョンディートン氏

「私たちの裁判と(トーレス)判事が下した判決は、SECが見当違いをしているという事実を、他の判事たちに確信させるものだ」-スチュワート氏

リップルの最高法律顧問は間違っていない。

これまでのところ、LBRY訴訟の判事を除いて、SECと交流のあるすべての判事が、暗号に関するSECの立場を厳しく非難している。

2022年11月21日の審問記録を読むと、LBRY判事でさえデジタル資産に関してSECに非常に不満を抱いている。

控訴しても後退にすらならない。

まず、第2巡回区から判決が出るのは、上訴されたとしても今から2年後である。

それまではトーレス判決が法律である–少なくとも第2巡回区では。

第2巡回区が、トーレスが第3のハウイ要因の適用に関して間違っていたと述べたとしても(私はそうならないと予想している)、それはプログラマティック・セールス(取引所での販売)に関してSECが勝つことを意味しない。

トーレスが他の2つの要素を適用した場合、次のようなことが起こるだけです。

SECは第3の要因よりも満たすのが難しい要因である共通事業要因を満たしていないと結論づける可能性が高い。

この勝利がXRPとXRP保有者とリップルにとってどれほど重要か、誰にも過小評価させないでください。

トーレス判事によるリップルXRPの判決が発表された木曜日以来、私たちは、非常に賢く経験豊富な弁護士を含む、トーレス判決を分析する多くの人々から、※確証バイアスが高まっている様子を目の当たりにしてきました。

SECの完全勝利をほぼ確信していた人々(つまり、「SECは暗号訴訟で負けたことがない」「XRPは明らかに証券だ」という人々)は、今、トーレスが第2巡回区によって却下されるだろうと予測しています。

彼らが単純に見解を誤ったということはないだろう。しかし一方で、非常に賢く経験豊富な弁護士を含め、トーレスの判決を歓呼し祝福する人々の中には、この判決を控訴不可と評している者もいる。

この件に関する控訴審判決は2~3年先のことである(控訴審の前に裁判が予定されていることを忘れてはならない)。それまでは、トーレス判決がこの国の法律である。

控訴審判決が出るのは2〜3年先にもかかわらず、注目されているのは確かだ。

どちらが正しいのか?

CryptoLawUSは火曜日のライブストリームでこの問題に正面から取り組みます。確証バイアスは実在する。そのため、特別なゲストをお招きし、トーレス判決の客観的な分析と、控訴審での審議に勝ち残る可能性について解説していただきます。

※確証バイアス・・・認知心理学や社会心理学における用語で、仮説や信念を検証する際にそれを支持する情報ばかりを集め、反証する情報を無視または集めようとしない傾向のこと。認知バイアスの一種。また、その結果として稀な事象の起こる確率を過大評価しがちであることも知られている(※wikipedia引用)

XRPHolderの宣誓供述書が裁判官の判決に登場。トーレス判事は次のように書いています:

「事実、多くのプログラマティック購入者はリップル社の存在を全く知らなかった。

彼女は ECF 831-1-832-26 を引用している。

これらは私たちが提出した 3500 の XRPHolder 宣誓供述書です。

皆さんのおかげです。

プログラマティック販売・・・プログラマティック販売とは、買い手と直接やり取りすることなく、媒体が在庫を販売すること。取引所を介した販売はこの定義に当てはまる。

なぜなら、リップル社は誰がXRPを購入しているのかを知らず、購入者は誰がXRPを販売しているのかを知らなかったからです。SEC 56.1 Resp. ¶ 96; 被告 56.1 Resp. ¶¶ 652-54. 実際、多くのプログラマティック・バイヤーはリップル社の存在を全く知らなかった。SEC Add. 56.1 Resp. ¶ 1606, ECF No.
844; ECF No.831-1-831-26。

脚注16を見てほしい。トーレス判事は、1月30日のLBRYcomでの審理を引き合いに出している。
LBRYcomに私がnaomibrockwellの弁護人として出廷し、裁判官の裁定が二次市場販売には適用されないことを明確にしなければならないと主張したことを挙げている。

トーレス判事は、LBRY判事が自分の裁定が二次市場販売には適用されないことを明らかにしないと約束しているページを引用している。

トーレス判事がLBRYの裁判に注意を払っているのかと誰かが尋ねたとき、私は “もちろんそうだ “と答えた。

判事は記録上、私に約束した通りにすることを拒否しましたが、私たちは私たちの主張を主張しました。 だからこそ、私たちはあらゆる戦いに挑むのです

XRPの流通市場での売却が投資契約の勧誘や売却にあたるかどうかについては、当裁判所に与えられていない問題であるため、当裁判所は言及しない。

流通市場での売却が投資契約の勧誘や 売却にあたるかどうかは、状況や特定の契約、取引、スキームの経済的実態を総合的に判断することになる。

Marine Bank, 455 U.S. at 560 n.11; Telegram, 448 F. Supp. 3d at 379; See also ECF No.105 at 34:14-16, LBRY, No.21 Civ. 260 (D.N.H. Jan 30, 2023) (declining to extend holding to include secondary sales)。

彼女は実際に二次販売の状況についてコメントした。私は事実上決定したと言っている。

これが、この判決の最も重要な部分である。

プログラマティック・セールスは有価証券ではなく、プログラマティック・バイヤーは「流通市場の購入者と同じ立場に立った」のだから、流通市場のセールスは投資契約ではなく、有価証券ではない。

プログラム販売の経済的実態を考慮した結果、当裁判所は、議論の余地のない記録は3つ目のHoweyの要素を立証していないと結論付けています。

機関投資家バイヤーは、リップル社がその販売から得た資金をXRPのエコシステムを改善するために使用し、それによってXRPの価格を上昇させることを合理的に期待していたのに対し、Kik, 492 F. Supp.

実際、リップル社のプログラマティック・セールスはブラインド・ビッド/アスク取引であり、プログラマティック・バイヤーは自分たちの支払いがリップル社に渡ったのか、それとも他のXRPの売り手に渡ったのかを知ることはできなかった。

SEC 56.1 Resp. ¶96; 被告 56.1 Resp. ¶¶ 652-54. 2017年以降、リップル社のプログラマティック・セールスは世界のXRP取引量の1%未満でした。SEC 56.1 Resp. ¶¶ 77, 82. したがって、デジタル資産取引所からXRPを購入した個人の大多数は、リップルに資金を全く投資していない。

機関投資家バイヤーは、契約に従ってリップル社から直接XRPを購入したことを承知していましたが、しかし、経済的な実態としては、プログラマティック・バイヤーは、誰に何を支払うのか分からない2流通市場の購入者と同じ立場に立っていたのです。

ジェレミーが以下の多くの言葉で述べているように、彼女は流通市場におけるXRPの地位を事実上結論づけた。

トーレス判事は、私が初日から言ってきたことを言ったということだ。各取引についてHowey分析を行う必要があり、それがかつて投資契約として販売されたからといって、何の支配力にも決定力にもならない。

それゆえ、トーレス判事は、二次販売は対象外であり、別のHowey分析が必要であると言いました。

そして、我々が保有しているXRPは証券ではない。

私たちは皆、流通市場でXRPを購入しました。

それが事実上の決定ということです。

6予想通り、個々の被告の問題は裁判にかけられる。

7彼女は、流通市場での販売については言及していませんが、この命令書によれば、世の中に出回っているXRPのほとんどは証券ではありません。だから、流通可能なトークンでは、論理的にあり得ない……。

ジェレミーホーガン弁護士

リップル対SECの ” 控訴 ” について多くの質問を目にする。

以下は私の考えです。

(免責事項:私は控訴が嫌いです。それは負けたことを意味するからです。しかし、何度かやったことがある。)

まず、その時期について。ほとんどの控訴は訴訟が完全に終了した後に起こりますが、リップルの場合はそうではありません。

1/3k

「最終」判決が下された後、いずれの当事者も60日以内に控訴することができる。

まだ確定判決が出ていないので、トーレス判事の命令に対する控訴は「仮控訴」となります。ルールを見る限り、控訴の申し立てに与えられる猶予は10日間です。

仮控訴が認められることはめったになく、認められるとすれば、証拠開示によって”猫が袋から出される “ような状況(秘密が暴露されるような状況)である。

例えば、ヒンマンの電子メールが公表を命じられたとき、それは仮控訴が認められるかもしれない「種類」のものだった。

もしトーレス判事自身が、自分の判決が物議を醸すような、あるいは ” 世間を騒がせるような “ものであり、早急に見直す必要があると考えたのであれば、上訴裁判所に見直しを要求するよう証言することもできたはずだ。

トーレス判事はそれをしなかった。

つまり、仮控訴は自動的に認められるものではなく(認められることはあまりありません)、その権利はありません。

しかし、通常の上訴をする権利はあります。

この上訴は、裁判が終了し、最終判決が下された後、来年の裁判後の申し立ての後に行われます。

では、どちらかが控訴するのか、またする理由/しない理由は何か。

私が見たところ、ほとんどの弁護士はSECが控訴するだろうと考えている。もし私が推測するとしたら(実際、私がしているのはそうなのだが)、どちらの側も控訴しないに賭けるだろう。

まず、全ての資料を検討したのはトーレス判事であるため、控訴審で勝訴するのは難しい。

第二に、SECは上訴することで得るものより失うものの方が大きい。

上訴に勝てば、審判レベルでは不利な判決を引き下げることができる。

しかし控訴審で敗訴すれば、今度は第二地方控訴裁判所のすべての裁判所がその判決に従わなければならなくなる。

文字通り、※「モグラの塚を山に変える」ことができるのだ。

「モグラの塚を山に変える」・・・小さな問題を、大きな問題にすること

リップル社はおそらく、罰金を支払うことができ、判決のODL部分がビジネスを破壊しないのであれば、控訴しないだろう。どの点も、私にとっては「控訴しない」方向に向いているのではないかと思う。

加えて、リップル社は勝った。控訴するのは敗者だけだ。

(すみません、我慢できませんでした。)

最後に、SECは控訴審で、判事の判決文の言い回しから、二次市場販売の部分(SECにとって本当に重要な部分である)を争うことになるかもしれないが、その点についてはまだ考えが固まっていないので、この辺でやめておく。

長くなって申し訳ない!

すごい!おめでとう。

一読してわかったこと:

トーレス判事は結局….※splitting the baby! そう、彼女は、買い手がリップル社から直接XRPを購入した売上を有価証券の販売と認定した。

その額は7億2800万ドルとされている。

※split the baby・・・弁護士や法律評論家は、双方が部分的な勝利を主張できるような妥協や裁定を指して「split the baby」を使うことがある。

2彼女は、プログラマティック・セールスはHoweyの3番目の条項(利益の合理的な期待なし)を満たさないと判断した。( 7万5,000人のXRP保有者とディートンに祝福を)。
約7億5700万ドル相当だ。リップル社の勝利だ。

3彼女は “その他の “売上は実質的な売上ではないと判断している…そして、ハウイの最初の条項を満たしていない。約6億ドルだ。リップルの勝ち。

4彼女は「投資契約には契約が必要」という検証を採用しない(変な言い方だが)。

この点ではリップル社の負け。

5彼女は公正な通知による弁護の裁判続行を承認しなかった。

リップル社の負け。

※5に関してのジョンディートン弁護士の見解は下記↓

脚注は必ず読む。

まさにその通りだ。

多くの弁護士が、彼女は公正通知の抗弁を拒否したと言っていた。

それは真実ではない。彼女は機関投資家販売への適用を否定したのだ。

彼女は、過去にSECが行った強制捜査は機関投資家向け販売に関する公正通知を行ったが、それ以外の販売(例えば取引所での二次販売)を起訴することは過去の事例と「矛盾する可能性がある」とコメントした。

これは、被告が陪審員に対して公正告知を主張できることを意味する。

他の裁判官も同意すれば、SECにとっては悪いニュースだ。

6やはり、個々の被告の問題は裁判に持ち込まれるであろう。

7彼女は、流通市場での販売については言及していませんが、この命令によれば、世の中に出回っているXRPのほとんどは証券ではありません。

したがって、流通市場での販売は違法な販売ではありません。

したがって、二次市場での販売は違法な販売ではありません(反対なら言ってください)。

(次のページが最後です。)

そして余談だが、彼女はこうも言っている:

XRPは、デジタルトークンとして、それ自体、投資契約のHowey要件を具現化する “契約、 取引、または方式” ではない。

結論として、おめでとう。リップルは(おそらく)控訴するだろう。

しかし、絶対に生き残るだろう。

これが法律の好きなところだ。

判事は、私たちが考え、希望していたところにほぼ到着しましたが、彼女は予想とは異なる道を選びました。

一緒に旅をしてくれてありがとう!

アメリカニュースチャンネルフォックスビジネスのジャーナリスト:エレノアテレット氏

NEW:サラ・ネットバーン判事がリップル社とSECの双方に命令。
和解協議の日程について、”現時点で実りあるものと考えるなら “相互に都合の良い日を三つ決めておくよう命じた。

また、裁判所が多忙であるため、6~8週間前に予定を立てるよう推奨している。

明確にしておくと、ネットバーン判事は、双方が “現時点では実りあるものである” と信じるのであれば、和解会合の可能な日程について合意するよう提案している。

これは6~8週間で和解が成立するという意味ではない。もし日程が決まったとしても、裁判所が多忙なため、希望日の6~8週間前に日程を決めなければならないということです。

その間に、一方または双方が和解協議の開催を拒否したり、協議をしても合意に至らなかったりする可能性があります。あるいは、双方が和解合意に至る可能性もあるのでしょうか?弁護士に聞いてみましょう!

@FilanLaw

@JohnEDeaton1

@attorneyjeremy1

@Marc_Fagel

@JohnReedStark

@MetaLawMan

🚨 ゲイリー・ゲンスラーが先週の判決以来初めてリップル社の略式判決に言及:

…個人投資家について言われたことには失望しているが、我々はまだそれを検討し、評価をしているところだ。」

NEW: トーレス連邦地裁判事はリップル事件をネットバーン上級判事に委任し、一般公判準備(日程調整、証拠開示、非処分的公判前申し立て、和解を含む)を開始した。👇🏼

私が知っているあらゆる偉大な法律家たちに尋ねて回ったところ、ジェレミー弁護士が助けに来てくれた:

これは基本的に、個々の被告の裁判期日までネットバーン判事がこの事件を引き継ぐことを表明する書式に過ぎません。

和解」欄のチェックは重要ではありません(実際にはまだ和解が成立していないし、決定もしていないという意味です)。

2023年7月12日

やっさん
やっさん

要約まとめ

・SEC vs LBRYの最終判決が下り、今後数カ月かけてLBRY社は完全閉鎖

同社のトークンLBCトークンの二次販売について裁判官は判決をしなかった

ディートン弁護士はこれでSECが二次販売について主張することができなくなったと考える

・LBRY社CEOは「SECの誰も、連邦裁判官自身も、法律が何を許し、何を許さないかを私に教えてくれることはなかった。」とコメント

・ホーガン弁護士は一次販売差し止めはエスクローからの販売を差し止めることになるので、リップル社にとって大きな問題になるが、二次販売に及ばなければ今後のビジネスプランには影響せず、「現状維持である」と考える

裁判官はLBRY社を悪質とし、法手最高額の罰金を課すことが適切と判断

ホーガン弁護士とビル弁護士はこの判決は市場ガイダンスや解決も与えず、関係者全員を傷つけ、損害を与えたと意見を共有

 

LBRY社

SECに訴訟を起こされたLBRY社

SEC vs LBRYの最終判決が出ました。

裁判所の命令と我々の公約に従って、我々は今後数ヶ月かけてLBRY社を完全に閉鎖する予定だ。

今後LBRYがどうなるかについては、それは皆様次第です。

LBRYネットワークには

-30,000,000のコンテンツ

-1,700,000のオン・チェーンID

-有名なコンテンツクリエイター

毎月数百万人が利用するアプリ

高品質のオープンソース・コード

BTCとETH以外のトークンの中で最も明確な規制上の地位

もしかしたらこれからが最高潮かも?

ジェームズフィラン氏

LBRY 訴訟において、裁判所は本件の救済措置部分に関する判決を下した。

https://www.dropbox.com/scl/fi/9opwley51peioqzwgvlm8/US_DIS_NHD_1_21cv260_d19671166e199_MEMORANDUM_AND_ORDER_RE_89_Motion_to_Limit_the_Com.pdf?dl=0&rlkey=8ju1p2o7r3tb1dundhvclwv8x

ジョンディートン弁護士

集団訴訟弁護士ジョン・ディートン氏

私は、カステル判事がテレグラムで行なったように、トークンそのものが有価証券ではないことを明確にするよう判事に求めた。

判事は、そのような具体的な問題は議論されていなかったとし、司法の制限を守ることを重要視しているため、そうすることを拒否した。

単にLBCを保有したり、消費目的で購入したりするだけでは、第三者を(差止命令の)適用範囲に入れるには不適切である。

また、「差し止め命令の対象でない個人や団体によるLBCの流通市場での販売に登録義務が適用されるかどうかについては、私は何ら意見を述べない」と述べた。

と述べ、この問題を見送った。

私は、判事が11月と1月の公聴会のように積極的でなかったことに失望しているのだが、彼は超保守的であることを選んだ。

しかし、SECはこの判決が流通市場に適用されることを主張することはできない。何も言わないよりはましだ。

もし裁判官が何も言わなければ、SECは彼の決定が二次販売にも適用されると主張することができるからだ。これによって、同判事の判断が初回販売にのみ適用されることが明らかになった。SECはそれをネタにすることはできない。

SECに訴訟を起こされたLBRY社

SECは自分たちがやっていることをよく分かっていて、“ルールに従おう “とする優良な裁判官をうまく利用している。

LBRY社CEOジェレミーカウフマン氏

LBRY社CEOジェレミーカウフマン氏

私がこれまで望んできたのは、法律に従うことだけだ。

SECの誰も、連邦裁判官自身も、法律が何を許し、何を許さないかを私に教えてくれることはなかった。

もしアメリカ政府に法のルールがあれば、私はそれを尊重するだろう。だから、私はアメリカ政府を尊重しないし、謝罪するつもりもない。

集団訴訟弁護士ジョン・ディートン氏

これは私にとって問題だ。


Marc_Fagelさんは、このようなケースで両方の立場を取ってきた。

私には不当に懲罰的と思える。

もしあなたが2022年11月の公聴会の記録を読んだのなら、ジェレミーが裁判官に自分の考えを我慢せずに話したことを知っているはずだ。

同じ調書の中で、裁判官はSECに対して、公正通知の抗弁を否定したが、LBRYが行動を起こしたとき、市場には大きな混乱があったことを理解すべきだ、と述べている。

一貫性がなく、不適切で懲罰的だと思う。

つまり、あなたは私が法を犯したと判決した後も反省の態度を示さなかったので、私は最大限の処罰を下すということだ。

どう思う?

ジェレミーホーガン弁護士

弁護士兼ユーチューバー:ジェレミーホーガン氏

SEC対LBRY訴訟の最終判決が出た。

判事は流通販売(あるいは驚くことではないが重要疑問点ドクトリン)については判決を下さなかった。彼はさらなる違反を差し止め、ペナルティを科した。

リップル社訴訟でも同様の結果が出る可能性はあるのだろうか?

はい。可能性はあります。

しかし、裁判所は、この問題について裁判を行うには、公正通知の抗弁が不十分であると証明しなければなりません。

また、裁判所は、差止命令による救済措置を提供するためには、XRPの過去および現在の販売が投資契約であると認定しなければならない。

差し止めによる救済措置は、エスクローからの販売を差し止めることになるため、リップル社にとっては大きな問題となるだろう。

しかし、リップル社のビジネスプランに支障をきたす可能性のある問題を解決する可能性がある。

二次市場販売に関する裁定は「現状維持」である。

つまり、Coinbaseが再上場することはないが、他の取引所は上場廃止する可能性はないだろうということだ。

私が気に入らないのは、判事がこの最終段落でSECに示した信頼と、市場の混乱を理解していないことだ。非常に残念だ。

このような状況下、第一段階の罰金として法定最高額を課すことは適切であると判断する。

特に、LBRYの不正行為は、登録要件に関するSECの見解が明らかになった後も継続されたため、その違反は単なる無登録募集よりも悪質である。

罰則はまた、LBRYや他の者が無登録の募集を行うことを抑止するためにも必要であり、同時に以下の点も考慮に入れている。
LBRYは、大きな罰金を支払う資金がないと表明している。

弁護士兼ユーチューバー:ジェレミーホーガン氏

結論として、この判決(そして実際にこの訴訟)は市場ガイダンスをほとんど提供せず、誰も “保護 “しなかった。

実際、関係者全員を傷つけた。

SECの帽子にまた新しい飾りがついただけだ。それだけだ。

ビルモーガン弁護士

弁護士デジタル資産愛好家ビル氏

LBCトークンそのものが有価証券であるかどうかについて、この判決は市場に何の解決も与えない。

裁判官はこの問題を回避し、主要な疑問の考え方を検討しなかった。

この裁判は、一企業とその従業員に損害を与えただけで、何の成果もなかった。

法廷を通じた明瞭さとはこの程度のものだ。

SECはLBCの第三者購入者に対する救済を求めていないからである、

LBCの第三者購入者に対する救済を求めてはいないため、私はまた、LBRY社および法廷代理人からの、LBCの第三者購入者が以下のいずれに該当するかについて裁定するよう求める要請も辞退する。

LBC自体が証券である。この問題は本件では争われていない。従って、規則65(d)に従い、差止命令の対象とならない個人または法人によるLBCの流通市場での売出しに登録義務が適用されるか否かについて、私はいかなる立場もとらない。

トーレス判事は、リップル社の訴訟においてXRP自体が証券であるかどうかの問題にも対処しない可能性があります。

私は、彼女がバルバドーロ判事よりもそれを処理する可能性が高いことは認めますが、彼女がそうすることをずっと悲観してきました/2。

弁護士デジタル資産愛好家ビル氏

しかし、コインベース訴訟におけるSECの最近の提出書類から、トークンそのものが有価証券であるというのがSECの理論であることが分かっている。

彼らはLBRYとRippleの訴訟で、裁判所にこの問題について判決を下す機会を与え、市場に明確性を与えることを避けるために、この問題を争うことを避けた。

これらの原則を適用すると、裁判所は、暗号資産証券を含む取引の経済的現実は、Coinbaseのような取引プラットフォームで利用できるようになったからといって、取り消し不能に変更されるものではないことを認識している。例えば、SEC v. LBRY, 2022 WL 16744741, at *2 (D.N.H. Nov. 7, 2022)(暗号資産証券を発行者から直接購入した投資家と、二次取引プラットフォームで購入した投資家を区別しない)、Audet v. Fraser, 605 F. Supp. 3d 372, 397 (D. Conn. 2022)(関連暗号資産は「公開取引所で取引」されていても投資契約であるとした)を参照;

2023年7月11日

集団訴訟弁護士ジョン・ディートン氏

リップル問題に異常に時間がかかっているとして、多くの人々が何かがおかしすぎると主張している。

結論に飛びつく前に、ティンホイルハットをかぶる前に考慮すべき事実がある。

ティンホイルハット・・・アルミ箔の帽子(アルミ箔を数枚重ねてつくるヘッドギアの一種であり、電磁波やマインドコントロール、読心術から脳をシールドすることができるという考えや信念から身につける人がいることから陰謀論(=出来事や状況は権力者による秘密の計画の結果であるという信念)を信じる人々について話すときに使用される)

リップル社とSECは12月に回答書を提出した。

従って、トーレス判事の決定は現在7ヶ月目に入った。

しかし、待っているのはリップルだけではない。

トーレス判事が担当しているソー・エクイティーズ事件でも、回答準備書面は12月に提出された。トーレス判事はまだ判決を下していない。

ニューヨーク地区のカーペンターズ・ファンド事件では、トーレス判事の略式裁判判決までに、回答準備書面から8カ月を要した。

クイラー社 🆚 U.S.A.はトーレス判事の判決に7カ月かかった。

フィッツジェラルド事件や、他にもいくつか挙げることができるが、トーレス判事の判決には6ヵ月かかった。

要するに、私や他の人々は、今より前に判決が出るだろうと考えていた、

同等の時間を要した事例や ケースは他にもある。

トーレス判事も、自分の裁決の重大さを認識しているのだろう。

リップル社最高技術責任者(CTO)デイビットシュワルツ氏

待つのが煩わしいのはわかるし、一刻も早く略式裁判の申し立てに対する判決を出してもらいたいのは誰もが思うことだが、少なくとも9月末までは、何かおかしい、異常だ、奇妙だと思うことはないのだがね。

集団訴訟弁護士ジョン・ディートン氏

私もそう思います。

9月31日付けで、トーレス判事は初めて6ヶ月の不良判事リストに掲載され、彼女の判決は9ヶ月以上保留されたことになる。

彼女が担当したすべての案件を見直したわけではないが、9ヶ月を超える案件は見当たらなかった(1件は8ヶ月をわずかに超えたが)。

2023年7月8日

デジタルポンド財団

リップル社の政策責任者である スーザン・フリードマンが、イギリスでの活動と、デジタル通貨 の健全で活気に満ちたエコシステムの育成に ロンドン が最適な環境である理由について語ります。

やっさん
やっさん

要約まとめ

・リップル社の政策責任者であるスーザン・フリードマンは、中央銀行デジタル通貨(CBDC)を含む暗号通貨の信頼できる経済発展の促進における彼らの役割について説明する。

リップル社は、特に金融技術とCBDCにおける英国政府の積極的なアプローチに期待しており、ロンドンでの事業拡大を進めている。

フリードマン氏は、CBDCは個人や国が価値を交換する方法における自然な進化であり、法定通貨と同じ機能を提供できると考えている。

・リップル社は、民間企業の持つ知識やインフラを活用することで、中央銀行のそれぞれの課題への取り組みを加速させることができると考えている。

リップル社はデジタルマネーの机上の空論を検討するだけでなく、実際に具体的なアプリケーションに取り組んでいる

リップル社はイングランド銀行がデジタルポンドの導入に関する取り組みを継続するための新たな検討を行う中、今後1年間にわたって議論し、討論していく予定

 

本日はお集まりいただきありがとうございます。スーザン、まずはリップル社でのあなたの役割と、それが中央銀行のデジタル通貨とどのように関係しているのか、そして企業としてのデジタルポンドへの関心についてお聞かせください。

私はリップル社の政策責任者であり、私たちの目標は、中央銀行のデジタル通貨を含む暗号資産の信頼できる経済社会の発展を促進するために、世界的な政策枠組みを推進することです。

私たちはイギリスで起こっていることにとても期待しています。

ロンドンや政府は全体的に金融技術、特にCBDCに関して非常に前向きなアプローチを取っています。

イングランド銀行がデジタルポンドに関して行っている取り組みに代表されるように、その関係グループや業界との関わり、そしてデジタルポンドをいつ、どのように導入するかを検討する際のあらゆる視点を考慮に入れています。

リップルはロンドンにオフィスを構えており、ここでの拠点を拡大しており、皆さんの一員になれることを嬉しく思っています

暗号全般に関して本当に素晴らしい環境だと思います。

世界規模でのCBDCの展望をどう見ていますか。明らかに、さまざまな国で多くのことが起きており、それは確実に加速しているようです。

すなわち、私たちは中央銀行のデジタル通貨を目の当たりにしています。

これは、個人と国が価値を交換する方法の自然な進化です。

CBDCは、各国の規制や法律によって、法定通貨に与えられているのと同じ機能を提供できると考えています。

現在、CBDCを検討しているほとんどの国は、国内の特定の課題を解決するために動いています。

しかし最終的には、各国がCBDCを世界市場と効率的にやり取りできるようにするために、それぞれの国が全面的な戦略を実施する必要があると考えている。

そして、将来的なニーズに応えられるよう、規模を拡大し、進化できるようにしなければならない。

最終的には、中央銀行がそれぞれの課題に取り組む際に、相互に運用できるような共通の基準や 規則に取り組む必要があると考えます。

そして、我々は、民間企業の持つ知識やインフラを活用することで、こうした取り組みを加速させることができると考えている。

我々は世界的な規模で起こっていることに期待している。

CBDCもあるし、他にもステーブルコインやより広い意味での暗号貨幣など、新しい貨幣の形もある。

デジタル通貨は私たちの取引方法をどのように変えると思いますか?

私たちはどんな取引をしているのか、そしてデジタル通貨にはどんな意味があるのか。

中央銀行のデジタル通貨は、金融サービスに対する理解を深め、金融サービスへの関心を高めるのに役立つと考えます。

我々は、デジタル通貨が、銀行に口座を持たない人々の金融サービスへのアクセスを向上させ、また、個人間の直接決済を促進すると考えています。

この取り組みは、既存の決済基盤を強化するのに役立つと考える。

デジタル通貨は、決済のスピードと効率を向上させることができる。

この取り組みは一般的に、技術革新の促進に役立つと考えます。

スマートコントラクトやプログラマブルマネーのようなデジタル機能を活用することが、新しい金融サービスの基本となるでしょう。

また、デジタル通貨がエネルギー使用や環境資源の削減に貢献する機会もあると考えています。

コインの鋳造など、デジタル通貨にはさまざまな要素が含まれています。

私たちは、デジタル通貨の発展によって、さまざまなことが同時に起こりつつあると見ています。

中央銀行は、金融システムの安定と管理を維持しながら、どのようにしてこうした金融システムを導入するかに頭を悩ませている。

そしてこのことは、さまざまな国がさまざまな取り組みを行っている中で、次のようなことに結びついている。

私たちは壁に囲まれた施設を建設しているわけではない。

通貨間の相互運用性を確保し、通貨が国家間を自由に行き来できるようにする。

リップル社はデジタル・ポンド財団の創設メンバーの一人です。

企業として、あるいは個人として、財団のメンバーであることのメリットをどのようにお考えですか?

私たちは、財団がこの分野のさまざまな関係者を集め、アイデアを共有し、政策提案をまとめ、デジタル・ポンドの実際の導入について議論していることにとても勇気づけられています。

そこで、我々はデジタルマネーの机上の空論を検討するだけでなく、実際に具体的なアプリケーションに取り組んでいる。

イングランド銀行がデジタル・ポンドの形成に関する取り組みを継続するための新たな検討を行う中で、私たちは今後1年間にわたって議論し、討論していく予定です。

デジタル・ポンドに関する政策的枠組みに影響を与えるだけでなく、デジタル・ポンドの現実的で実践的な意味合いを現実のものにする手助けをする。

2023年6月29日

ジョンディートン弁護士運営メディア:クリプトロウ
集団訴訟弁護士ジョン・ディートン氏
やっさん
やっさん

要約まとめ

・LBRY社は1/3、リップルは全てを争っている

トーレス裁判官は500件以上の未解決事件を抱えていて、そのうち44件は刑事事件

過去の判決から平均すると6月の直前、6カ月後だった場合もあり、その場合9月

・この訴訟は彼女がこれまで担当したどの訴訟よりも、判決までに非常に時間がかかっている

彼女がSECに全面的に有利な判決を下せば、リップルは準備万端である

9月31日は、略式裁判の申し立てが6カ月以上係属中であることを報告しなければならない、裁判官はそのリストに載ったことがないため、載りたがらないだろう。したがって、今日から9月30日までに判決が出ることになる

 

wikipedia引用・・・係属(ある訴訟が裁判所で取扱い中であること。)

数ヶ月間、裁判所は動かず、和解会議も開かれなかった。

そう、そう、Covidが裁判所を閉鎖したんだ。

これは通常の事件であって、これは証券事件だ。

“この裁判は特別に時間がかかるのか?”と聞く人がいる

多くの人がLBRY社と比較して言うだろう。

LBRY社は後から提訴され、すでに略式判決に至っている。

それには多くの理由がある。まず、LBRY社はハウイーテストの3分の2に異議を唱えていない。

リップルは全てを争っている

もうひとつ、2億ドルは嘘ではない

リップル社に行く請求書は偽物ではない

ブラッド・ガーリンハウスが2億ドルが使われたと言っているのは、それはリップル社の裁判のために働いている人たちです。

それぞれの当事者が基本的に10回の供述調書を取られており、その数は20回にのぼる。

一例を挙げると、16人の専門家がいました。

ヒンマンの供述調書のページ数は418ページ。

これらの判例には20個の証拠があり、そのうち専門家は16人である。

供述調書だけでも15,000ページあり、事実証言者と鑑定人の証言を合わせると100万ページにもなる。

この事件の複雑さを考えてみてください。

この裁判が通常より長引いているかどうかは、ケースバイケースだ。

他の事例を見ると18カ月から3年という幅があり、この範囲に収まることもあれば、そうでないケースもある。

トーレス裁判官は何件の事件を抱えているのだろう。

500件以上の未解決事件を抱えている。

そのうち44件は刑事事件だ。

この事件が彼らにとってもっと重要かどうか、民事訴訟の被告に尋ねてみたらどうだろう。

彼らの生活全体がかかっているのだから。

XRPとリップルの裁判のほうが、自分たちの裁判よりも重要だと思うかどうか。

500件以上の裁判のうち44件が終身刑になる可能性がある。

トレス判事の関心を 自分たちにも向けさせたいんだ

だから一歩下がって

リップル社は略式裁判を申し立てた SECも略式裁判を申し立てた それぞれの側が略式裁判を申し立てた

その後、各側が相手側の略式判決申し立てに異議を唱える

そして、各側が他方に対して反論する

それぞれの側からの略式裁判の申し立てに対する異議申し立てをご覧ください。

これがどれほど複雑になるか

ブラッド・ガーリングハウスとクリス・ラーソンのための略式裁判の申し立てがあります。

SEC側の主張が多く、リップル側の主張が多いので、それぞれの準備書面は50ページ以上になります。

何百ページにも及ぶ弁論が必要です。

何百ページにもなる

しかし、答弁書の提出期限は12月2日で、半年前だ。

あと2週間で 6ヶ月だ だからもう半年になる

答弁書によると、ドーバート申し立てと専門家による申し立ては3月6日に見つかった。

タイミングについて話したときに戻ってほしい。

もしあなたが注意して聞いていたなら、私はいつ彼女の決定が下されると思ったか覚えているはずです。

ドーバート申し立てからそう言ったんだ。

私は彼女の過去の判決を見ました。

ドーバートと同じ日に略式判決を下した判決もあった。

ドーバートの2カ月後に下した判決もあった。

ドーバーから4カ月後の判決

ドーバー判決から6カ月後の判決もあった。

私はそのすべてを整理して、こう言ったんだ。

それをすべて足し合わせると平均すると5月6日のどこかで、6月の直前ということになる。

でも、ある事件で彼女は略式裁判の判決は、ドーバー判決の6ヵ月後に下された。

つまり、ドーバー判決から6ヵ月後ということになる。

もし3月6日での判決であれば、9月6日ということになる。

だから、これを誤解させたくなかったんだ。

この訴訟は、彼女がこれまで担当したどの訴訟よりも、判決までに非常に時間がかかっている。

それはつまり、44件を含む500件のうちの1件ということだ。

何十万人という人たちの注目を浴びることになるのだ。

控訴裁判所も含め、何十万人という人々がその判決を仰いでいるのだ。

この特別な裁判官が調べなければならない情報の量は、記念碑的なものだ。

そして、彼女が判決を下し次第、すぐに控訴する。

彼女がSECに全面的に有利な判決を下せば、リップルは準備万端である。

私は最初からリップル社の略式判決準備書面は控訴裁判所用に書かれていると言った

彼女はもしSECに有利な判決が出れば リップル社が控訴することを知っている

もしかしたら、SECは控訴状を提出し、控訴せずにリップル社と交渉するかもしれない。

このような大規模な訴訟となると、現実問題として、この訴訟は連邦最高裁判所に持ち込まれる可能性が高い。

もし上告されれば、誰もが最初から、ハウイー・テストを補足または修正するための新しい試験として、新しい起点となるテストについて話をしているでしょう。

もしあなたがこの報告書を書いている判事で、アメリカ合衆国と第2巡回区のトップ判事が、あなたが書いた一字一句をすべて見直し、解読することを知っているのであれば、時間をかけるかもしれない。

戦いがなくなるまで戦い、勝つまで戦う。

では、最後にタイミングについて考えてみよう。

私たちが見ている時期について、私は今日も話したように、9月を過ぎる可能性はあるのか、と人々に話してきた、もちろん可能性はある。

しかし、重要なのは、私が以前言ったように、歴史を見てみることだ。

ドーバート判決から6ヵ月後だったと申し上げた事例があります。

9月6日を過ぎるまで、彼女はこれまでと変わったことは行っていない。

だから最悪の場合、9月下旬になると言ったんだ。

9月31日には、この略式裁判の申し立てが6カ月以上係属中であることを報告しなければならないからだ。

彼女の名前はリストに載り、議会に報告される。

彼女はそのリストに載ったことがない

彼女はそのリストに載りたくないのだろう

したがって、今日から9月30日までに判決が出ることになる。

もどかしいが、それは決して悪いことを指しているわけでも、不吉なことを指しているわけでもない。

もう少しだ

また来週

2023年6月21日

チャンネル登録12万人Thinking Cryptoチャンネルユーチューバー
やっさん
やっさん

要約まとめ

・トーレス判事の判決への期待は大きい。

・元SEC職員のマーク・ファゴ氏は、SECは勝てるはずだが、負ける可能性もあると考えている。

・トーレス判事は今から9月の間に判決を下す予定だ。

・リップル事件におけるゲイリー・ゲンスラー氏の勝利は、SEC史上最大のものとなるだろう。

・SECが勝てば、ゲンスラー氏の立場と仮想通貨規制へのアプローチが正当化されることになる。

・SECが敗訴すれば、訴追は不当で同社に経済的損害を与えたと批評家が主張するだろう。

・ディートンはビットコインと暗号通貨の可能性のために戦い、分散型正義を支援することに引き続き取り組んでいます。

 

トーレス裁判官の判決に期待する声が高まっている。

それが今日起こるかもしれないし来週起こるかもしれない

あなたの考えは……近いうちに何かあると思いますか?

私の暗号法の番組にジェレミー・ホーガンと共に出演したマーク・ファゴは、元SECの支局長で、SECを知り尽くした人物ですが、興味深いことを2つ言っていました。

彼は2つの興味深いことを言いました。

1つは、SECが勝つはずだと思ったが、SECが負けるかもしれないと考えていると言ったことです。

SECが勝つべきだと思ったが、SECが負けるかもしれないと思ったという。

これは興味深いことです。

そして、彼は「今にも決定が出るだろうとも考えている」とも言った。

私は今日までに決定が下されると予想していたのだが、もし夏までかかっても驚かないと私は述べたはずだ。

しかし、6月になってもまだ審議中だとしたら、私は驚くだろう。

だから、私は、今日決定が出るかもしれないし、来週決定が出るかもしれないとも考えている。

私はxrpホルダーに、最悪の場合9月になることを確信していると話していますし、最悪の場合というのは、来年になると考えている人もいるからです。

もし9月30日になっても決まらなかったら、議会に報告して、この極めて重要な決定について9ヶ月間決定を待っていたが、まだ決定していない、と言わなければならない。

この件は、世間に恥をさらしているようなものだ。

裁判官は自分が無能だと思われるから、その候補には入りたくないだろう。

自分の仕事をしていない、勤勉でないと思われるからです。

だから私は、トーレス判事が自分がその対象になることを決して許さないと確信しています。

それが、クリスマスでもなく、1月でもなく、今から9月までの間だと言える自信につながっているんだ。

来週だといいんだけど……いいニュースだったら、明日だといいんだけど…..

今日中に彼女が何かしてくれるかもしれないって期待してる。

でも誰にもわからない

私は、正直なところ、この判決に腹を立てている人がいることは知っています。

しかし、私が感じたのは、この決定がアメリカの金融市場にとってどれだけ大きなものかということだ。

~~~

イーサリアム、XRPは暗号全般をカバーするものであり、非常に大きな決断である。

SECが勝てば、ゲイリー・ゲンスラーはこれをSEC史上最大の勝利とするつもりだろう。

SECが負けた場合は、LBRYで1勝し、XRPで1敗したことにするつもりでしょう。

そして、それを同一視して、大したことはないと言うでしょう

事実と状況がそれぞれのケースはで異なります

~~~

もしSECが全面的に勝利すれば、ゲーリー・ゲンズラーは正当性を証明することになる。そう、それらはすべて証券なのだ、と。

エリザベス・ウォーレンを想像できるか?エリザベス・ウォーレンがリップルの件に関して話すのを聞くことになる。ブラッド・シャーマンもそうだ

もしSECが勝ったらの話だが……

でもSECが負けたら、トム・エマーズやウォーレン・ダビッドソン、パトリック・メンリーやフレンチ・ヒルがこう言うでしょう

あなたはこの会社に2億ドルの損害を与えた、あなたはやり過ぎだ

詐欺事件ではなかったのに、不当に起訴してしまった

~~~

最初にピア・ツー・ピア(P2P)について読んだとき、私の母は、デトロイトのアメリカで最悪の都市の一つ、ミシガン州のインナーシティでシングルマザーでした。

私は生活保護で育ちました。

実際、母は40代になるまで銀行口座を持っていませんでした。

政府が生活保護のための直接入金を始めたときになって初めて口座を開けたのです。

インナーシティにチェックキャッシングの場所があるんですよ、そこに行って15%とか手数料を取られるんです。

そう、私の母は、チェック口座に50ドルも持っている余裕がなかったのです。

食べ物などに必要なお金を節約するためには、全てのお金が必要でした。

だから、私がビットコインを考えたとき、私は「うわー、アンバンクト(銀行口座を持たない人々)のためのもの、まさに私の母みたいな人、あるいはナイジェリアの誰か、ブラジルの誰かが帽子を作って、スマートフォンを手に入れてウェブサイトを作って経済や資本主義に参加できるんだ」と思ったんです。

だから、私はそのコンセプトに夢中になりました。

しかし、残念ながら現実はそうはなりませんでした。

まだですね。

でも、私はまだそれの一部の約束を信じています。

だから、闘い続けるつもりです。

2023年6月19日

暗号通貨メディア:コインデスク
やっさん
やっさん

要約まとめ

・リップル社の最高法務責任者であるスチュアート・アルダー氏は、ヒンマン文書の公開後、調査を呼びかけている。

・SECは2020年12月、XRPの配布が有価証券として登録されるべきであったとして、リップル社に対して強制執行を行った。

・リップル社はSECの内部メールや通信を入手し、ビル・ヒンマン前企業金融部長がデジタル資産に関する講演が法律に従っていないことを幹部から告げられたことを明らかにしました。

この文書は、SECが規制の混乱を助長し、意図的に悪化させたことを裏付けるものであり、リップル社の公正通知の抗弁を強化する可能性があります。

・文書の意義は議論されているが、裁判官は関連性があると考え、公開を命じている。

・リップル社は自社だけでなく、米国内の暗号業界全体を代表してこの訴訟を弁護し続けている。

リップル社は、この文書が自社の訴訟にとって重要であると考えており、透明性とSECの戦術を暴露することが、同様の法廷闘争に直面している他の業界関係者にとって利益となると信じている。

リップル社の最高法務責任者であるスチュアート・アルデロティ氏は、今年初めに待望のヒンマン文書が公開されたことを受けて、現在調査を求めている

2020年12月、SECはリップル社に対し、xrpというデジタル資産の配布は証券としてSECに登録されるべきであったとする強制訴訟を起こしました。

2020年12月、この件で私たちは孤独な戦いを強いられたと感じたかもしれません。

しかし、2023年になると、これは米国で解決しなければならない非常に重要な問題であることは、誰もが理解していることでしょう。

なぜなら私たちは彼らが間違っていると信じているからです、

我々はSECと懸命に戦ってきた、それは彼らが間違っていると信じているからです。

そして政策立案者たちが立ち上がって私たちに政策的解決策を与えないなら、私たちは解決策を得るには裁判所に訴える必要があるため、私たちはこの問題に関するSECの考え方と、2018年にコーポレート・ファイナンスの元ディレクターが行った独創的なスピーチについてSECの内部電子メールとコミュニケーションを入手するために戦った。

そこで彼は、彼が作成した基準に基づいてデジタル資産が有価証券から非有価証券に変化する可能性があると発表しました。

その演説が行われる前にSEC内の議論が行われていたことが今になって明らかになり、私たちが学んだことは、ビル・ヒンマン氏がSECの上級職員ら、自身の法務顧問や取引・市場責任者らから、彼の演説は法律に従っておらず、でっちあげであり、すでに混乱している市場にさらに大きな混乱を引き起こすだろうと言われてたことです。

彼はSECが対応できなかった法律の問題を明らかにしたのです

SECはこのスピーチを取り上げ、そのスピーチを宣伝し、現在もウェブサイトに掲載されています

そして彼らはそれを武器に一連の強制執行を行い、強制執行による規制によって、米国内の暗号経済を破壊し破壊しようとしたのです。

今、私たちはこの文書を確認したのです。昨年、裁判官も見た

新しいニュースは、裁判官が7回目の裁判所命令で、これらの文書に関連し、国民はこれらの文書を見るに値すると述べたことです。

これは非常に重要な、関連する多くの事柄に協力しています。

私たちの事件に関連するもの 1 つ目は、法律が忠実に適用され、法令が忠実に適用された場合、ハウイーと呼ばれる1946年の有名な最高裁のケースは、SECには当てはまらない。

2つ目は……SECが市場における規制の混乱を助長したことです。彼らは市場が混乱していることを知っていて、その混乱を意図的に悪化させる措置をとりました。

これは、公正な通知の防御として知られる、一般的な知識を持つ人々が、SECがこの業界にどのように法律を適用しようとしているのかについて、共通の通知を受けていなかったということにつながると思う。

最後に忘れてはならないのは、リップル社を想定した上で、2020年12月にSECが、リップル社がデジタル資産xrpを配布することを許可したのは不当であるとして、創業者とCEO個人を訴えたことです。

彼らはリップルが自分たちのやり方でデジタル資産xrpを配布することを許可したのは不当であり、不当を確立するには、その個人が法律が何であるかを知っていたか、不当に無視したことを証明する必要があり、今回確認したのは、それが法外な主張であることです。

よく言えば、SECは社内で法律がどうなっているか議論していた、悪く言えば彼らは法律が何であるかを知っていて、市場にこのような混乱をもたらすために法律を歪曲したのです。

そのため、スチュアートではこの件に対する反応はやや複雑で、市場もこの文書を決定的な証拠と見なしているわけではありません。

ツイッターで、これは何の証明にもならない、何も変わらないというコメントを見かけました。

これは、あなたが知っているように、実際には何の変化もありません。

そして、Xrpの価格は、あなたが意見を言おうと思ってここに来たのではないことは知っていますが、まだそれほどポジティブな反応をしていません。

批評家たちは何を見落としているのでしょうか?

なぜ、このようなことが起こるのでしょうか?なぜ、人々はこの文書の重要性をリップルと同じように見抜けないのでしょうか?

そうですね、これらの文書はちょっとしたロールシャッハ・テストだと思います

※wikipedia引用:ロールシャッハ・テスト(英: Rorschach test, Rorschach inkblot test)は、投影法に分類される性格検査の代表的な方法のひとつである。被験者にインクのしみを見せて何を想像するかを述べてもらい、その言語表現を分析することによって被験者の思考過程やその障害を推定するものである

人々はそれらを見て、欲しいものを見つけようとすると思います

私が最も懸念しているのは、裁判所がどう考えるか、裁判官がどう考えるかということで、最終的に裁判官がどう考えるかはわかりません。しかし、裁判官がこれらの文書がこの事件に関連していると信じていることはわかっています。

それが最初の訴訟で彼女がSECにそれらの文書の提出を強制した理由です。

彼女がこれらの文書を公衆に見てもらうことが重要だと感じていることを知っています。

なぜなら、彼女はこれらの文書を、判決文を書くときに彼女が信頼したり参照したりする可能性が高い、いわゆる司法文書と考えているからです。だから、それが私たちにとって重要なことなのです。

批評家についてですが、批評家はイーサリアムとxrpが同等に分散化されていると長い間主張してきました。

それは議論の余地がある議論だと思います。

xrpのLedgerはオープンな非中央集権型です。

それは問題ではありません。

問題は、分散化の概念が、SECが作り出そうとした法的な基準ではなく、技術的な基準であるかどうかだと私は考えています。

SECが分散化を法的基準にしようとするのは、法的基準だと面倒だからだと思う。

投資のために契約を証明しなければならないのは不都合だと思うのです。

一般的な企業を証明しなければならないのは不都合だと思う。

誰かが実際にお金を投資したことを証明しなければならず、デジタルエアドロップが与えられたり付与されたりしていることを証明しなければならないことさえ不便だと感じている。

ですから、技術標準としての分散化は、業界にとって重要な議論であると思います。

Ledgerのxrpでは、どのような分散化の定義であっても、法的な標準としての分散化であることを確認する必要があります。

私たちは法律を忠実に適用する必要があると思います。

リップル社はSECとの戦いの先駆者のようなものでした。今は多くの同志がいます。

多くのトークンがSECの標的にされていることをご存知でしょうか。

これらのプロジェクトがあなたに働きかけをしているのでしょうか?

アドバイスを求めるような協力関係はあるのでしょうか?

多くのトークンが存在する今、何か共同作業のようなものを見ていますか?

同じような状況に直面する可能性がある

2020年12月、クリスマスの数日前に訴えられたときに言ったように、これは大きな意味を持っていると思います。

SECから実に見事な個人攻撃を受けた。

私たちは初日から、自分たちのためだけでなく、米国の暗号業界全体を代表してこの裁判を守るつもりだと言っていました。

しかし、2020年12月の時点で、誰もが私たちを信じていたとは思えませんし、2020年12月の時点で私たちを信じていなかったと話す人もいます。

2023年6月にはここに座って言ったように、みんなが私たちを信じてくれるし、みんなも理解してくれている。

このサイトがいかに重要であるか、そして多くの点でリップル社の重要性を裏付けている。

SECが私たちを訴えたことで、私たちは実際に有益になったのです。

なぜなら、私たちは旅の終わりに、他の人たちはSECとの訴訟の旅の始まりにいるからです。

しかし、SECとの訴訟で不利な立場に立たされた人たちの言い分や 弁解を見てみると、彼らは「リップル」の流れから読み取っているように思います。

彼らはリップル社の教科書を読んでいるのですが、その話題については全く問題ありません。

この2週間話してきた最近の2つの訴訟を取り上げなければなりません。

SEC対coinbaseとbinanceの訴訟についてです。

結果はどうなるのでしょうか?

9月末までには結果が出ると思います。

リップル社の裁判の結果、あるいはヒンマン社の文書が公開されたことで、コインベースやバイナンスが自分たちの裁判を戦う上で、どのような助けになるとお考えでしょうか?

透明性というのは重要なことだと思います。

弁護士として、アメリカ人として、本当にがっかりすることです。

真実を隠そうと必死で、また意図的に混乱と混沌を作り出すことを武器にしている規制当局があるのです。

というわけで、このSECの戦術に警鐘を鳴らすことができるの なら、それはとても良いことだと思います。

SEC自身が、この分野における通常の規制の欠落を認識し、それを埋める権限がないと理解していたことを暴露することは、本当に重要なことだと思います。

これらの機関は議会から与えられた権限しか持たず、議会に答えるだけです。彼らは法律を作ることはできず、法律を適用しなければなりません。

そのため、SECとの法廷に立つことになった他の業界関係者にも、まずは足がかりを与えることができると思います。

そして、法律の現実的な適用が非常に重要であることは明らかです。

そして、裁判で明らかになるにつれて、このような立場に置かれた他の人たちにも恩恵をもたらすことが証明されると思います。

アメリカ人はあまり知らないと思いますが、XRPのファンは知っていると思います。しかし、海外市場でxrpがいかに大きな存在であるかということです。

韓国や日本には巨大なコミュニティがあります。そこで質問ですが、リップル社はアメリカ以外の国で法的な問題に直面したことはありますか?

つまり、この問題に直面しているのは、本当にアメリカだけなのでしょうか。

xrpは世界中にありながら、それはアメリカだけである。

実際、xrpを指摘した規制当局があるのは、世界でも1カ国だけです。

xrpを有価証券として登録すべきだと提案したのは、世界の一国だけで、それはアメリカのSECです。

私たちはリップル社に800人以上の従業員を抱えています

他の国はそのような立場を取っておらず、むしろ他の国は反対の立場を取っています。リップル社には800人以上の社員がおり、彼らはアメリカだけでなく、シンガポール、ロンドン、アイルランドなど世界中に散らばっています。

シンガポール、ロンドン、アイルランド、ブラジル、ドバイなど、あらゆる地域に分散しています。

ご存知のとおり、金融機関や銀行の国境を越えた支払いを促進することで、当社の顧客が安心して取引できるようにすることです。

規制当局と密接に連携し、適切なライセンスを取得し、我々のビジネスに対する適切な規制監督を行っています。

ご存知のように、金融機関や銀行の国境を越えた決済を促進する事業です。

当社の顧客は企業であり、小売業者ではありません。規制当局が関心を寄せるのは、消費者保護と市場の健全性です。

そして、この業界から悪質業者を排除することに全力を尽くします。

この重要な目標を、業界の根幹をなす技術やイノベーションを潰すことなく達成できるような規制の枠組みを作ることです。

残念ながら米国では、この規制当局がこの指導者の下、そして実際に以前の指導者の下、暗号経済を破壊することに固執しているのです。

何が起こったのか、私たちは見てきました。

過去2年半の間に、私たちは国外での事業拡大を余儀なくされました。

10年間の会社としての歴史の中で、最も成功したのはこの2年間で、その成長はすべてアメリカ国外からもたらされたものです。

そして、他の企業もその教訓を学び始め、このテクノロジー、イノベーション、起業家、起業家精神に目を向け始めています。

技術革新、起業家精神、そして税金を投入して雇用を創出する起業家たち、これらすべてが米国を離れていくのです。

そしてあなたは私たちが目を覚ます必要があることを知っていると思います、なぜなら今は2023年であり、今から10年か15年後にはおそらく私たちが米国に暗号通貨を戻そうとする動きが出てくるかもしれません。

2023年6月17日

リップル社CEO:ブラッドガーリングハウス氏

今週の出来事(特にヒンマン文書の公開)について、私なりの考えを述べてみます。

私にとっては、この出来事には個人的な要素が含まれており、私的なコメントが必要だと思ったからです。

やっさん
やっさん

要約まとめ

・ヒンマンスピーチ文書の公開

・SECの上級職員は仮想通貨の規制について合意することできず、混乱を引き起こしていた。

・ブラッド・ガーリングハウス氏は、ビル・ヒンマン氏が意図的に法律を無視し、新たな法律を作ろうとしたと主張。

・SECは仮想通貨企業に対して執拗に強制執行を行いながら、業界を支援していると偽り、ガイダンスについても嘘をついていた。

・リップルは積極的にSECと協力し、透明性を保った対応を行ったが、SECは証券法違反の訴訟を突然提起し、具体的な事実を明示しなかった。

・ガーリングハウス氏はSECがアメリカの仮想通貨イノベーションを抑えようとし、規制の曖昧さを利用して権力を行使していると非難。

「こんにちは、私はブラッド・ガーリングハウスです。

皆さんもご存知の通り、私はこのようなビデオを頻繁に作ることはありません。

しかし、毎週がこのような週ではありません。

数日前、2年間の間に7つの裁判命令と1億ドル以上の法的費用がかかり、ヒンマンメールがついに公開されました。

これには、内部のSECのメールやコメントが含まれており、この有名な2018年のスピーチへと繋がっています。

ヒンマンのスピーチは、トークンが十分に分散化されて有価証券とは見なされなくなるかどうかを判断する新たな要素を生み出しました。

これらの文書は、SECの上級職員が法律について合意できず、ビル・ヒンマンに直接、彼が仮想通貨のルールについて一般の人々をさらに混乱させるだろうと伝えています。

これらの文書は、ヒンマンが故意に法律を無視し、議会のみが行うことができる新たな法律を作ろうとしたことを示しています。

また、彼は公務員であるにもかかわらず、ヒンマンは自身の法律事務所から数百万ドルの支払いを受け取りました。

その法律事務所は、このスピーチに利害関係を持つ他の組織と提携していました。

この演説は、特定のトークンやブロックチェーンについてではなく、彼らのガイダンスと呼ばれる虚偽の公言をし、偽りの歓迎をした態度をとり登録を呼びかけながら、暗号関連の企業に対して執拗に強制執行を行っていることを示すものです。

皆さんもご存知かと思いますが、リップルは数年にわたり、SECと積極的に関与してきました。

私個人もジェイクレイトン氏とビル ヒンマン氏と弁護士なしで会いました。

私たちは善意で協力し、彼らはXRPを有価証券とみなすことを一度も示唆しませんでした。

私たちは完全に透明であり、彼らがこの情報を逆に利用するとは知らずにいました。

SECは突然にウェルズ通知を私たちに送り、証券法を破ったとして私たちを訴えることを検討していると発表しましたが、依然として具体的な内容を提供せず、最近ウェルズ通知や訴訟を受けた人々にも同様でした。

これはおそらく皆さんにとってもよく知られた状況です。

クリスマスの数日前に私たちに対する訴訟が提起された際には、しかもニヤニヤしながら、個人攻撃を行いました。

クリス・ラーセンと私自身を訴え、私たちがXRPが有価証券であることをずっと知っていたと主張しました。

今では明白ですが、彼ら自身の間でも合意に至らなかったようであり、私にはまだそう見えます。

私たちの訴訟で展開されたことは、まさに今も続いていることです。

SECは、アメリカでの仮想通貨のイノベーションを抑えようとしており、その現職の議長、選ばれていない官僚が、規制の明確さの欠如を武器にして、仮想通貨全体に管轄権を行使しています。

これは人々よりも政治を優先することの典型であり、健全な政策よりも権力を追求するものです。

SECは私たちを脅し、従わせようとしましたが、幸いにも私たちには戦うための体力がありました。

今や、彼らが隠すために苦労したことが明らかになりました。

彼らは意図的にルールに混乱をもたらし、その混乱を取り締まりに利用しました。

それは不誠実であり、明らかです。

最終的に、私たちの訴訟が終了することは、多くの他の人々にとっては始まりに過ぎません。

明確さのための闘いは続かなければなりません。

最後に、リップルの同僚、家族、友人、そして過去2年半にわたって私たちを支えてくれた全ての人々、そしてもちろんXRP軍団の皆さんに、心からの感謝と真心を込めてお礼申し上げます」

2023年6月14日

ヒンマンが、ETHの地位や現行法について、仲間の役人からもらったアドバイスのいくつかを無視していた

アメリカニュースチャンネルフォックスビジネスのジャーナリスト:エレノアテレット氏

全文 👇🏼

https://dropbox.com/s/rrnmfue6jf2ubuc/Hinman%20Emails..pdf?

アメリカニュースチャンネルフォックスビジネスのジャーナリスト:エレノアテレット氏

このヒンマンメールから私が得た最大の収穫は、この演説に意見を述べたSEC当局者は、その目的が市場指導にあると考え、それを伝えるような書き方をしようとしたようだということです。

したがって、リップル社の裁判で、演説はあくまでヒンマン氏の個人的な意見であり、市場指導を目的としたものではないというSECの弁護士の主張が、今度は根底から覆される可能性があります。

アメリカニュースチャンネルフォックスビジネスのジャーナリスト:エレノアテレット氏

さらに資料を読むと、ヒンマンが、ETHの地位や現行法について、仲間の役人からもらったアドバイスのいくつかを無視していたことがわかります。

では、この演説は結局のところ彼の個人的な意見だったのでしょうか?

もしそうなら、なぜそれが市場指導として公表されることが許されたのでしょうか?

頭が痛くなりそうです。😵‍💫

これは、今朝のヒンマンメールの中で、最も良い取り上げ方と思われる。これは「何もないわけではない」のですが、決定的なものでもありません。

弁護士:コリンズベルトン氏

これは、今朝のヒンマンメールの中で、最も良い取り上げ方と思われる。

これは「何もないわけではない」のですが、決定的なものでもありません。

かなり短いですが、コメントを読む価値があります。

リップル社のGCアルデロティが分析し、新しいヒンマン文書の情報提供ビデオを公開しました。

アメリカニュースチャンネルフォックスビジネスのジャーナリスト:エレノアテレット氏

リップル社のGCアルデロティが分析し、新しいヒンマン文書の情報提供ビデオを公開しました。

誰がヒンマンに影響を与えたのか、なぜ対立(あるいは少なくとも対立の外観)が無視されたのか、なぜSECは「より大きな混乱」を引き起こすと知りながらこの演説を公表したのかを理解するために調査を行う必要がある。

リップル社法律最高顧問・スチュアート・アルデロティー氏

ビル・ヒンマンが悪名高い演説をしてから5年が経ちました。

SECのリップル社に対する訴訟(および7つの裁判所命令)により、現在公開されている電子メールや演説の原稿を通して、舞台裏で何が起こったのかをようやく共有することができます。

2/ ヒンマンは、自分の演説が法律に基づかないでっち上げの分析結果を示し、Howey要素から切り離され、規制の隙間を露呈し、市場に混乱だけでなく、「より大きな混乱」をもたらすという複数の警告を無視したことが、今では皆わかる。

3/A再確認:ヒンマン氏はSECのCorp Finの責任者として2018年6月に講演を行い、トークンが「十分に分散化」した時点で証券ではないと宣言し、「十分に分散化」の判断をする際に考慮すべき要素を発案しました。

4/ヒンマン氏はこの演説は個人的な見解であると主張したが、同氏とSECは指導としてこれを公表した。

その後、SECのジェイ・クレイトン委員長がこの演説を公然と取り上げた。

SECは、訴訟におけるこの演説の重要性について何度も意見を変えているが、この演説はSECのウェブサイトに掲載されたままである。

5/ 次に、SECの上層部が、ヒンマンが演説を作成する際に、彼の演説について直接何を言ったかを見てみよう。

6/Head of Trading and Markets (T&M)は、「要因のリストが非常に広範囲であり、典型的なHowey分析を超えるものが含まれているように見えるため、何が証券であるかについてより大きな混乱につながるのではないかと懸念している」と述べた。ヒンマン氏はその懸念を無視した。

7/T&Mはヒンマンに、新たに考案した要因を「より密接かつ明確にHowey分析に結びつける」よう直接求めた。

ここでもヒンマン氏はその提案を無視した。

8/Office of General Counsel (OGC)とT&Mは、この要素を法的に無関係とした。

“この個人またはグループは、デジタル資産の価値の上昇を引き起こすための努力を費やす動機となるような、デジタル資産に対する利害またはその他の利害を持ち続けたのか?”

ヒンマンはそれを貫いた。

9/T&MとOGCは、ヒンマン氏が “デジタル資産が有価証券の法的基準を満たすかどうか” という重大な管轄権をめぐる問題をすっ飛ばしていることを指摘しました。

彼は、SECの監視が(ヒンマン氏の考えに)役に立つかどうかを尋ねることに飛びついた。

ヒンマン氏は、この “規制の乖離” を無視したのです。

10/ 6月4日、ヒンマン氏は「ETHを証券として規制する必要性」を感じず、その週のうちにブテリン氏に電話をして “我々の理解 “を確認する予定だと記した。

11/6月12日、OGCは「演説の中にイーサに関する直接の声明を含めることに懸念を示した。

…なぜなら、将来的にETHについて別の立場を取ることが困難になるからだ” と述べた。

ETHは引用例として残りました。

12/では、これからどうすればいいのか。

まず、SECのウェブサイトから演説を直ちに削除する…。

13/何が、あるいは誰がヒンマンに影響を与えたのか、なぜ対立(あるいは少なくとも対立の外観)が無視されたのか、なぜSECは「より大きな混乱」を引き起こすと知りながらこの演説を公表したのかを理解するために調査を行う必要がある。

14/ 最後に、トークンが有価証券であるか否かを真剣に議論する際に、ヒンマン氏の演説を二度と繰り返してはならない。

選挙で選ばれたわけでもない官僚は、その管轄の制約の中で法律を忠実に適用しなければならない。

ヒンマンが試みたように、新しい法律を作ることはできない。

リップル社の公正な通知に対する防衛策については、爆弾発言はなかったが有効であったというのが、私が法律関係者から聞いているヒンマン社の文書に関する意見の共通点のようである。

ヒンマンメールは、私たちがすでに知っていること、つまり汚職を示すだけだろうと考えていました。
私の心を揺さぶるような爆弾発言があると期待していたのですが、今のところ見当たりません。
Ripplesの公正な通知には大いに役立っています。
私たちは汚職政府に慣れきっているので、これには衝撃を受けなかった!

※公正通知の防御・・・SECから事前に何が違反であるか何が違反でないかを公平に通知がなかったという主張。これを切り札と出すときは、公平に通知がなかったから証券となってしまったと続いてしまうことが懸念されている

アメリカニュースチャンネルフォックスビジネスのジャーナリスト:エレノアテレット氏

リップル社の公正な通知に対する防衛策については、爆弾発言はなかったが有効であったというのが、私が法律関係者から聞いているヒンマン社の文書に関する意見の共通点のようである。

2023年6月12日

集団訴訟弁護士ジョン・ディートン氏

2023年6月14日(水)ヒンマン演説5周年記念 – 掘り下げます。

ブレット・レッドファーン前取引市場部長が、この演説が「市場の混乱」や「さらなる投機」を引き起こすと警告したことは知っています。では、なぜ演説をしたのか。

同時期のSECの情報によると、SECの幹部は、この演説が●●●●につながることをよく理解しており、「おそらく仲介者にゆとりを与えるために、業界参加者に●●●●を与えることを意図的に勧めた」という。

SECはまた、ヒンマンのスピーチがSECの公式ガイダンスを反映したものであるかどうかについても、あいまいな態度をとった。その

集団訴訟弁護士ジョン・ディートン氏

これは、12月に、2つの朱書きについて試行錯誤している場面です。

火曜日、私たちは皆、それを知ることになります。

ヒンマンメールについて、私は一つの確信的な予測を立てています:

そのメールは、ヒンマン氏の巨大な利益相反を浮き彫りにするだろう。

人々は問うだろう ” 何故演説をしたのか?” と。

※wikipedia引用:利益相反(りえきそうはん)とは、信任を得て職務を行う地位にある人物(政治家、企業経営者、弁護士、医療関係者、研究者など)が立場上追求すべき利益・目的(利害関心)と、その人物が他にも有している立場や個人としての利益(利害関心)とが、競合ないしは相反している状態をいう。

集団訴訟弁護士ジョン・ディートン氏

メールによってハウイー分析が変わることはないでしょうが、1930年代から40年代の判例を現代の技術に適用することの難しさを示すことになりそうです。

このメールは、コインベースとリップルを世論調査へ導き、うまくいけば議会での超党派の取り組みを促進することになるでしょう。

※wikipedia引用:超党派(ちょうとうは)とは、国会議員や地方議会の議員が、政党の枠組みを超え、共通の目標に向けて協力しあうこと。

2023年6月10日

ジョンディートン弁護士運営メディア:クリプトロウ

2018年、ウィリアム・ヒンマンがSECの法人金融担当ディレクターとして 説明のスピーチを行った。

「トークンのイーサリアムが有価証券でない理由 それはさておき、その会社の資金調達は?

イーサリアムの誕生 イーサリアムの現状を理解した上で、イーサリアムネットワークは分散型構造で当たると思います。

現在のイーサリアムの提供や販売は、有価証券ではないと考えています。

ヒンマン氏の講演は、トークンを有価証券とするか否かについて、SECの高官からのガイダンスと広く捉えられ、市場を動かした。

そして2020年12月。

SECは、ヒンマンのスピーチと矛盾するような、当行の主張でxrpが確実な有価証券であると主張し、数十万人の会社自体を知らないxrpホルダーは150億ドルの価値を失いました。

そして、取引所ではその持ち株はロックされました。

彼らは、なぜSECの役人がスピーチがあった上でそのようなことをしたのか、知ることを要求した。

そして、リップル社を訴え、保護するはずの人々に損害を与えたのです。

トークンを証券にするかしないかについて、SECの職員が話をしています。

そして、2020年12月、彼らはやってくる。

SECは2年間、これらの質問に答えることができるヒンマン講演の下書きに関する数十の内部電子メールを隠してきたのです。

それらのメールには何が書かれているのか。

私たちは、彼がSECに在籍していた時、次のことを知っています。

ヒンマン氏は、彼の古い法律事務所シンプソン・サッチャーから1500万ドルを集めました。

その会社はイーサリアムの普及を唯一の目的とする エンタープライズ・イーサリアム・アライアンスのメンバーでした。

市場参加者は、xrpが証券であるかどうかについてのガイダンスを繰り返し求められ、何の回答も得られなかったことが分かっています。

そのメールには何が書かれているのでしょうか?

ヒンマン氏はなぜあのようなスピーチをしたのでしょうか?

市場を動かすことについて助言されたのでしょうか?

その電子メールには何が書かれているのか そのスピーチは政治家の承認を得ていたのか?

イーサリアムの第三者推進者はどのような役割を果たしたのでしょうか。

下書きをしていたのか。

SECの幹部は、ゲイリー・ゲンスラーが暗号に関する規則が明確でないことを認めないように言ったのでしょうか?

これらの電子メールに何があるのか、2年間の裁判官との戦いの後、TorresはSECにHinmenの電子メールの封印を解くことを強制した。

SECは何を隠していたのでしょうか?

そのメールには何が書かれているのか?

6月13日、ついに判明する。

何時に公開されるのか、わかっているのでしょうか?

集団訴訟弁護士ジョン・ディートン氏

火曜日の午前9時から午後11時59分までの間に公開されるはずです。

もし双方が月曜日にトーレス裁判官の命令に従ったすべての削除を終えていれば、1日早く提出することに成功する可能性もある(しかし、それは期待しないほうがいい)。

2023年6月8日

SECの緊急停止命令の申し立てに対するバイナンスの回答は6月12日、審判は6月13日に予定されている。

暗号にとっては記念すべき日。

ヒンマン文書が公開される日、下院金融サービス委員会がデジタル資産の将来について議論する日、そして当日は他にも何かあると思う。全部を議論するメガTwitter空間が必要かもしれない

2023年6月7日
エイミー・バーマン・ジャクソン裁判官の下で行われた手続きの議事録:2023 年 6 月 7 日に開催された電話による日程調整のための電話会議。

緊急避難措置の申し立てに対する被告の回答は 6/12/2023 までに提出される;

4 の申し立てに関する公聴会は、2023 年 6 月 13 日午後 2 時、法廷 3 で裁判官エイミー・バーマン・ジャクソンの前で直接行われることになっています。

(法廷記者: Janice Dickman). (jth)

2023年6月7日

SECの主張

米国証券取引委員会

本日、我々はCoinbase, Inc.を、その暗号資産取引プラットフォームを未登録の国立証券取引所、ブローカー、清算機関として運営し、サービスプログラムとしての暗号資産ステーキングの提供および販売を未登録にしていた罪で告発しました。

https://sec.gov/news/press-release/2023-102

米国証券取引委員会委員長:ゲイリーゲンスラー氏

Coinbaseの違反とされる行為は、詐欺や操作を防止するルールブック、適切な情報開示、利益相反に対する保護措置、SECによる定期的な検査など、重要な保護を投資家から取り除いています。

Coinbaseの主張

コインベース共同創設者:ブライアンアームストロング氏

今日、私たちに対するSECの訴状について、私たちは業界を代表して法廷で、暗号のルールについて最終的に明確にすることを誇りに思っています。

覚えておいてください:

1SECは私たちのビジネスを審査し、2021年に公開企業になることを許可しました。

2「参入して登録する」という道はない-私たちは何度も試した-したがって、私たちは有価証券を登録することはありません。

私たちが審査する資産の大部分は却下されます。

3.SECとCFTCは相反する声明を出しており、何が証券で何が商品なのかについてさえ一致していない。

4このため、米国議会は事態を収拾するために新たな法案を提出し、世界中がこの技術をサポートするために明確なルールを整備しようと動き出しています。

SECは明確なルールブックを発行する代わりに、強制執行による規制というアプローチをとっており、アメリカに害を及ぼしています。

ですから、明確なルールを得るために裁判所を利用する必要があるのなら、そうすればいいのです。

Coinbaseの訴訟は、他の訴訟とは全く異なるものです。

そして、私たちは事実と法律に自信を持っています。

私たちは仕事をやり遂げます。

その間に、私たちは業界として前進し続け、築き上げましょう。

アメリカは最終的にこの問題を解決してくれるはずです。

コインベース最高法律責任者:ポールグライバル氏

今夜未明、第3巡回区は本日Coinbaseのマンダム訴訟で略式命令を出した。

裁判所は、今朝SECが私たちを訴えたことに注目し、SECが私たちの保留中の規則制定請願を拒否することを決定したことを意味するのかどうか、SECに質問しました。

SECは7日以内に回答する必要があります。

私たちは、SECが私たちの規則制定申請を却下することを決定していなければ、本日私たちに対して提起された訴訟のように、SECが私たちの業界に対して訴訟を進めることはできなかったと確信している。

私たちは、法律または規則制定、あるいはその両方から、強制執行の前に規則を制定する必要があると考え続けています。

これが、そもそも1年近く前にSECに規則制定を請願した理由です。

私たちの規則制定申請に対するSECの回答が「ノー」であれば、SECは私たちに伝えることが法律で義務付けられています。なぜなら、私たちにはその「ノー」を法廷で問う法的権利があるからです。

私たちは、この問題に対する第3巡回区の慎重な配慮に感謝しています。

私たちが裁判所に提出したこの要求を、小さい、あるいは不明瞭なものだと見なす人もいるかもしれません。

しかし、これは私たちの業界だけの問題ではなく、政府機関の適切な業務と国民との関わり方の核となるものなのです。

著名人の見解

弁護人。元連邦検察官ジェームズ・K・フィラン氏

SECがCoinbaseを提訴しました。

https://www.dropbox.com/s/52izwjjgg3xf7xd/SEC%20v.%20Coinbase.pdf?dl=0

仮想通貨インフルエンサー:ムーンチェイサー氏

米国政府による暗号に対するもう一つの嫌な動きです。

実は、暗号業界はコンプライアンスを求め、SECと協力し、すべての規制当局と協力しようとし、コンプライアンスを求め、規制の明確化を求めてきたのです。

しかし、その代わりに、暗号の息の根を止める作戦が本格化したのです。

もっと良い対処法があったはずです。この取り締まりは、単に政治的な議論を有利に進めるためのものだ。

絶対に卑劣だ。

アメリカニュースチャンネルフォックスビジネスのジャーナリスト:エレノアテレット氏

coinbaseの訴訟で重要な4つの訴え:

1Coinbaseは、少なくとも2019年から無登録ブローカーとして運営し、証券市場の開示制度を逃れてきた。

2Coinbaseは、投資家から登録から得られる開示と保護を取り除き、投資家を大きなリスクにさらしてきた。

3Coinbaseがそのプラットフォームで利用できるようにした暗号資産は、Coinbaseの業務を ” 有価証券法の範囲内に位置づけるもの ” です。

名前がついたトークンは以下の通りです:

sol ada matic fil sand axs chz flow icp near vgx dash nexo です。

4Coinbaseのステーキングプログラムには、ステーキング可能な5つの暗号資産が含まれており、ステーキングプログラムは投資契約であり、したがって証券となる。

リップル社CEO:ブラッドガーリングハウス氏

ゲンスラー議長の笑止千万な「革新推進」姿勢(今日の発言)は、正反対であることが、まだはっきりしていないのであれば、もはや明らかであろう。

このことからわかるのは、SECは訴訟を起こして、FTXの失敗から目をそらすことを望んでいるということです。

リップル社法律最高顧問・スチュアート・アルデロティー氏

これらの訴訟の容疑は、あくまでも立証されていないものです。

SECは、ゲンスラー議長がどう言おうとも、トークンが証券であると言えるような魔法みたいな規制の杖を持っているわけではありません。

裁判所と議会がこの件をどう受け止めるか、楽しみです。

ワイオミング州選出の米国上院議員:シンシア・ルミス上院議員

Coinbase, Inc.を訴えたSECに関する私の声明

SECは、デジタル資産取引所が登録するための道を提供することができず、さらに悪いことに、何が証券と商品とを区別するのかについて適切な法的指針を提供することができませんでした。

SECが強制執行による規制に依存し続けることは、消費者に害を及ぼし続けることになる。

真の消費者保護には、取引所が遵守できる強固な法的枠組みの構築が必要であり、業界を海外や日陰に追いやるようなことはしない。

だからこそ、議会は「ルミス・ギリブランド責任ある金融革新法」を可決する必要があるのです。

2023年6月6日

SECの主張

米国証券取引委員会

本日、当社は、Binance Holdings Ltd. (Binance)、Binanceとともにhttp://Binance.US を運営する米国に拠点を置く関連会社BAM Trading Services Inc.、およびその創設者であるChangpeng Zhaoを、さまざまな証券法違反で告発しました。

https://sec.gov/news/press-release/2023-101

SEC、Binanceの事業者と創業者のChangpeng Zhao氏に対して13件の告発を行う。

SECは、ZhaoとBinanceが公には米国の顧客がBinance.comでの取引を制限されていると主張しながらも、実際にはZhaoとBinanceが自らの管理を破って、高額資産を持っている米国の顧客がBinance.comプラットフォームで取引を継続できるよう秘密裏にコントロールしていたと主張しています。

~~~~~~~~~~~~

SECはまた、ZhaoとBinanceがプラットフォームの顧客資産を管理し、Zhaoが所有・管理するSigma Chainと呼ばれる事業体を含め、顧客資産の混合や顧客資産の流用を許可していると申し立てています。

~~~~~~~~~~~~

また、本訴訟では、連邦証券法の重要な登録関連条項の違反も告発しています:

●BinanceとBAM Tradingは、無登録の国内証券取引所、仲介業者、および清算機関を運営している;

●BinanceとBAM Tradingは、いわゆる取引所トークンであるBNB、いわゆる安定コインであるBinance USD(BUSD)、特定の暗号融資商品、およびサービスとしてのステーキングプログラムを含むBinance自身の暗号資産を無登録で提供および販売したこと;および

●BinanceとBAM Tradingによる未登録の国内証券取引所、仲介業者、清算機関の運営に対する管理者としてのZhao氏について説明します。

~~~~~~~~~~~~

SECのゲイリー・ゲンスラー委員長は、「13の告発を通して、我々は、ZhaoとBinanceの事業体が、詐欺、利益相反、開示不足、計算された法の回避の広範囲な網目構造を行ったと主張している」と述べた。

~~~~~~~~~~~~

未登録の取引所、仲介業者、清算機関

コロンビア特別区連邦地方裁判所に提出されたSECの訴状は、少なくとも2017年7月以降、Binance.comおよびBinance.USが、Zhaoに支配されている間、取引所、仲介業者、販売業者、および決済機関として運営し、米国の顧客からの取引手数料等から少なくとも116億ドルの収益を得ていたと主張しています。

SECの訴状では、(1)Binance.comに関して、Binanceは取引所、仲介業者、清算機関として登録すべきだった、(2)Binance.USに関して、BinanceとBAM Tradingは取引所として、清算機関として登録すべきだった、(3)BAM Tradingは仲介業者として登録すべきだったと主張している。

また、SECは、ZhaoがBinanceとBAM Tradingのそれぞれの登録違反に対して管理者としての責任を負うと主張しています。

暗号資産の無登録の提供および販売

SECは、BNB、BUSD、および “Simple Earn “と “BNB Vault “として知られる暗号貸し出し製品の未登録の提供および販売でBinanceを告発した。

さらに、SECはBAM TradingをBinance.USのステーキングサービスプログラムの無登録での提供および販売で起訴した。

訴状では、BAMのステーキングプログラムで米国の顧客がステーキングした資産を、Binanceが密かに管理していることも指摘されています。

米国投資家がBinance.comにアクセスすることを制限しなかったこと

SECの訴状では、ZhaoとBinanceは、BAM TradingがBinance.USプラットフォームを独立して運営し、米国の顧客はBinance.comプラットフォームを使用できないと主張することにより、米国の連邦証券法を回避する綿密な計画の一部として、2019年9月にBAM ManagementとBAM Tradingを創設したとされています。

訴状によれば、実際には、ZhaoとBinanceは米国法人の実質的な関与と支配を維持し、舞台裏では、ZhaoがBinanceに指示して、多くの高価値の米国顧客がBinance.comに引き続きアクセスできるようにし、隠していたとのことです。

ある例では、バイナンスの最高コンプライアンス責任者が同僚に「私たちは、米国で認可されていない証券取引所として運営されている」とメッセージを送っています。

投資家の誤解を与えた

SECの訴状によると、BAM TradingとBAM Managementは、Binance.USプラットフォームの暗号資産取引量における操作を検出し防止するための市場監視とコントロールの有無および適正さについて、Binance.USの顧客および株式投資家を欺きました。

さらに、本訴訟では、Binance.USプラットフォームの主要な非公開の「マーケットメイク」取引会社であるSigma Chain(同じくZhao氏所有)が行った戦略的かつ標的を絞った大掛かりな資金洗浄取引は、BAM Tradingが市場監視と管理について行った発言の虚偽性を示すものであると主張しています。

バイナンスの主張

SECの訴状に対する当社の対応。

https://www.binance.com/en/blog/ecosystem/sec-complaint-aims-to-unilaterally-define-crypto-market-structure-8707489117122437402

米国証券取引委員会が本日、緊急措置と称する是正措置を求めてバイナンスに対して告訴を提起することを選択したことには遺憾に思っております。

当社は当初から SEC の調査に積極的に協力し、彼らの質問に答え、懸念事項に対処するために懸命に取り組んできました。

つい最近、私たちは調査を解決するために交渉による和解に達するために広範な誠意ある話し合いを行ってきました。

しかし、私たちの努力にもかかわらず、本日の申し立てにより、SECはその過程を放棄し、代わりに一方的に行動して訴訟を起こすことを選択しました。

私たちはその選択に落胆しています。

私たちは SEC の申し立てを真剣に受け止めていますが、緊急措置はおろか、SECの強制捜査の対象となるべきものではありません。

私たちは自社のプラットフォームを強力に擁護するつもりです。

残念ながら、SEC が私たちとの生産的な関わりを拒否していることは、デジタル資産業界に必要とされている明確さと指針を提供することを委員会が誤って意識的に拒否していることのもう 1 つの例にすぎません。

本日の措置は、同様の訴訟に直面している他の暗号プロジェクトと同様に、同委員会が、この活発で複雑な技術に求められる思慮深い微妙な取り組みではなく、強制執行や訴訟という鈍器で規制することを決定した一連の例のうちの1つである。

特定のトークンやサービスを一方的に証券とすることは、たとえ米国の他の当局が管轄権を主張しているものであっても、こうした問題をさらに悪化させるだけです。

おそらく最も残念なのは、SECの行動が、金融イノベーションとリーダーシップの世界的な拠点としての米国の役割を損なうものであることです。

デジタル資産法は世界の多くの地域で未整備のままであり、執行機関による規制は最善の道ではありません。

効果的な規制の枠組みには、協力的で透明性のある思慮深い政策関与が必要ですが、SECはその道を放棄しました。

そして、明確にしておきたいのは、Binance.US プラットフォーム上のユーザー資産がこれまでに危険にさらされているという主張はまったくの間違いであり、職員が捜査を実施するのに十分な時間があったことを考えると、職員による行動の根拠付けは全く無いということである。

Binance および Binance.US を含む Binance アフィリエイト プラットフォーム上のすべてのユーザー資産は安全であり、当社はこれに反するいかなる申し立てに対しても精力的に弁護します。

むしろ、ここでのSECの行動は、他の規制当局から管轄権を急いで主張しようとする取り組みに役立っているように見え、投資家はSECの優先事項ではないようだ。

当社の規模と世界的な知名度により、バイナンスは現在、米国の規制上の綱引きの真っ只中に巻き込まれやすいターゲットとなっています。

これらの展開に基づくと、ここでの SEC の目的は決して投資家を保護することではなかったように思われます。

もしその目的が本物であれば、Binance.USプラットフォームの安全性とセキュリティを実証するために、スタッフは事実関係や我々の努力に思慮深く関与していたはずです。

むしろ、ここでの SEC の本当の意図は、見出しを飾ることにあるようだ。

私たちは、米国および世界中の規制当局や政策立案者と協力し続けるつもりですが、それは正しいことだからです。

そしてバイナンスは、重要な消費者保護を実装および確保しながら、次世代の暗号通貨規制がイノベーションを確実に促進できるよう、生産的な取り組みに引き続き取り組んでいきます。

バイナンスは米国の取引所ではないため、SECの行動の範囲は限られている。

それでも、私たちは米国のデジタル資産市場参加者とともにSECの最近の行き過ぎに対して反対しており、法の範囲内で全力で戦う用意がある。

私たちは業界パートナーと協力して、この重要なテクノロジーを誤った訴訟から守ります。

そして私たちは、お金の自由を促進するという当社の中核的価値観に忠実であり、安全で信頼できるプラットフォームをユーザーに提供するためのたゆまぬ努力を続けていきます。

著名者の見解

弁護士兼ユーチューバー:ジェレミーホーガン氏

ちょうど2年前、私たちはBinanceトークン(BNB)にSEC危険度10点満点中8.5点を付けました!

そして、今、当社はノストラダムスのような顔をしている。

ただし、私たちはTetherに10段階中11段階の危険度(スパイナル・タップ!)を与え、そして…Tetherは順調に推移している。

しかし、問題は全てBinance USだけではないのでしょうか?

アメリカニュースチャンネルフォックスビジネスのジャーナリスト:エレノアテレット氏

この訴訟が誰に適用されるのか、混乱があるようです。BinanceUSだけでなく、@binanceと@cz_binanceもです。

これに加えて、しかし…ここで使われている文言は、@BinanceUSと@binanceの両方で取引されているトークンを対象としているようですが、

この中には、” これが含まれるが、これに限定されるものではない” と、他のコインのための選択肢も残しています。

アメリカニュースチャンネルフォックスビジネスのジャーナリスト:エレノアテレット氏

SECGovが@binanceの訴訟で$XRPをセキュリティトークンとして挙げなかった理由について、いくつかの疑問があります。

私の法律関係者の何人かによると、それはいくつかの理由のうちの1つまたはすべてである可能性があります:

1.SECは、矛盾した判断のリスクを避けたいのです。

2.すでに他の訴訟で争われ、言及されている(なぜこの争いにXRPを投入し、証拠開示の問題を引き起こす可能性があるのか?)

3.リップルが勝てば、一般市民、議会、マスコミの目から見て、SECのバイナンスに対する訴えを戦略的に弱める効果がある。

アメリカニュースチャンネルフォックスビジネスのジャーナリスト:エレノアテレット氏

カルダノ創設者の@IOHK_Charlesは、@SECGovが証券トークンとして$ADAも掲載している@binanceを訴えたことに反論しています。

彼は$ADAに特に言及することなく、この訴訟は「米国でチョークポイント2.0を実装するための一連のステップの次のように思える」と述べています。

ADA創設者:チャールズホスキンソン氏

Binanceに関して130ページ以上ありますが、米国でチョークポイント2.0を実施するための一連のステップの次のステップのように思われます。
最終目標は、一握りの巨大銀行と提携した戦略的なCBDCで、金融生活のあらゆる側面を端から端まで支配することです。

規制関連事象は、法律や指針の遵守について議論する場面である。

この出来事は、暗号通貨の存在とそれが象徴するものに対する政治的な哲学的不一致であるように思われる。

選挙で選ばれたわけでもない人たちが、自己主権的なアイデンティティ、自分の財布を持つこと、自分の経済活動をコントロールする自由といった概念を、大衆から取り除いて少数の「熟練した」人たちに与えるべきだと決定したのです。

正直なところ、今起きていることは何も新しいことではありません。

自由と権威主義の戦いは、プレイヤーや技術、言葉が違うだけで、いつも同じなのです。

しかし、今回の出来事は、業界全体が分断された性質を捨て、常識的なルールやガイドラインのために団結し、米国が1984年の長期休暇を思わせるような悲惨な状態に陥るのを防ぐ絶好の機会であるように思えます。

もっと言いたいことがありますが、私たちは大丈夫ですと締めくくります。

この業界には明るい未来が待っている。

※チョークポイント2.0・・・米国政府が特定の業界の米国銀行サービスへのアクセスを制限するという考え

※Wikipedia引用『1984年』・・・(1984ねん、原題: Nineteen Eighty-Four)または『1984』は、1949年に刊行したイギリスの作家ジョージ・オーウェルのディストピアSF小説。全体主義国家によって分割統治された近未来世界の恐怖を描いている。

最新情報

6月9日 BinanceUSによると、米ドル預金を停止し、銀行取引先が早ければ6月13日にも法定通貨(米ドル)引き出し手続きを一時停止する準備をしていると顧客に通知しています。

🚨NEWです: @BinanceUSによると、米ドル預金を停止し、銀行取引先が早ければ6月13日にも法定通貨(米ドル)引き出し手続きを一時停止する準備をしていると顧客に通知しています。

彼らは顧客に、手持ちの米ドルで適切な行動を取るよう促しています。

声明の全文👇。

SECは、アメリカのデジタル資産業界に対する政治的キャンペーンを推進するため、非常に攻撃的で威圧的な戦術を用いるようになった。

その結果、当社の顧客とプラットフォームを保護するために、本日、当社は米ドルの入金を停止し、当社の銀行取引先が2023年6月13日に早くもフィアット(米ドル)の引き出し手続きを停止する準備をしていることを顧客に通知しています。

お客様には、お持ちの米ドルで適切な対応をされることをお勧めします。

私たちの優先事項は、これまでも、そしてこれからも、お客様です。

私たちは、暗号のみの取引所に移行するため、このような積極的な手順を踏んでいます。

明確にするために、当社はすべての顧客資産に対して1:1の準備金を維持しています。

出金処理の遅延は、取引量の増加や週末の銀行休業によるものである可能性があります。

さらに、暗号の取引、ステーキング、入金、出金は完全に稼働しています。

私たちは、アメリカにおけるデジタル資産市場の繁栄を可能にする生産的な解決策に前向きですが、Binance USは、SECの根拠のない攻撃から、私たち自身、顧客、そして業界を強力に守り続けるでしょう。

BinanceUSアカウント同上同内容

大切なお客様へ
ご存知のように、Binance.USは、同業他社とともに、米国証券取引委員会(SEC)による攻撃的な戦術のターゲットとなりました。

SECは私たちのビジネスに対して不当な民事請求を行いましたが、私たちは自分たち、お客様、パートナー、そして業界を強力に守っていきます。

根拠のない請求にかかわらず、またSECがますます攻撃的になっていることを踏まえ、当社の決済および銀行取引パートナーは、早ければ2023年6月13日に米ドル建ての口座取引を停止する意向を示しており、当社の米ドル建ての預金の受け入れおよび米ドル建ての引き出しの処理機能に影響が及ぶことを意味します。

つまり、米ドル建て預金の受け入れと米ドル建て引き出しの処理に影響が出るということです。顧客第一主義の一環として、当社はユーザーに速やかに通知し、暗号のみの取引所に移行する際に必要な行動を取れるようにしています。

明確にしておくと、当社はすべての顧客資産に対して1:1の準備金を維持しており、顧客資金は常に安全、安心、そして利用可能です。

プラットフォームに影響を与える以下の変更にご注意ください:

・銀行への出金:2023年6月13日までに銀行送金(ACH)で米ドルを引き出すようお客様にお勧めします。

出金量の増加や週末の銀行休業により、ACHでの出金は通常より時間がかかる場合があります(例:数日)ので、ご容赦ください。

米ドルでのご入金 米ドルの出金処理をタイムリーに行うため、当社は本日、米ドルの入金と定期的な買い注文を停止し、暗号専用取引所への移行を開始します。

すでに開始された入金はすべて処理されます。

・米ドルの取引ペア: 来週から、当社のプラットフォームで米ドルペア(例:BTC-USD)の上場廃止を開始する一方、ステーブルコインペア(例:BTC-USDT)のサポートは継続する予定です。

・USDの残高 2023年6月15日以降にプラットフォーム上に残っている米ドル残高は、オンチェーンで引き出し可能なステーブルコインに変換される場合があります。

・暗号取引、ステーキング、入金、出金など、暗号通貨サービスは引き続き完全に稼働しています。

より安定した銀行取引先を確保するまで、Binance.

USは、少なくともしばらくの間、暗号通貨のみの取引所として存続します。

私たちは、私たちの状況報告サイトを通じて、皆様に最新情報を提供し続けます。

アメリカでのデジタル資産市場の繁栄を望む人々のために前進する道を求めて戦う私たちを、引き続きご支援くださいますようお願いいたします。

Binance.USチーム

2023年6月5日

弁護士兼ユーチューバー:ジェレミーホーガン氏

先週、この連邦最高裁の判例が出たばかりです。スラック v. ピラニ

この裁判は、XRPが “投資契約 “として販売された場合/流通市場におけるXRPに相当するものです。

XRPは、最初の一連の “契約 “の範囲外では、不思議と “証券” としての地位を維持することはありません。

1933年法第11条により、原告は、重大な誤解を招くような有価証券届出書に基づき登録された証券を購入した旨を主張し、証明することを要求している。

大多数の裁判所は、長年にわたり、第 11 条(a)項の違反責任は、登録不備とされる株式から追跡可能な株式にのみ及ぶと判断してきた。

すべての二次市場販売を有価証券とみなすことはできないということです!👍

弁護士兼ユーチューバー:ジェレミーホーガン氏

私はそこまでは言いません。似たような事実関係で、デジタル資産販売に同様の結果を示唆するような判例があるのです。

Bitrueアンバサダー:クリプトウルフ氏

XRP訴訟への影響は?👀

弁護士兼ユーチューバー:ジェレミーホーガン氏

私は、(必要であれば)損害賠償に関するリップルの準備書面でこの事例を参照することを期待します。

あるいは、二次販売に言及するのであれば、裁判官の命令書に記載されるかもしれません。

証券弁護士:マークファゲル氏

申し訳ありませんが、私には全く理解できません。

裁判所は、資産が証券でなくなったとは言っておらず、ある時点で33年法のもとにおける不正行為の責任の対象ではなくなる(34年法の責任が残る可能性は認めている)、と言っているだけです。

また、この裁判は株式に関するもので、投資契約に関するものではありません。

弁護士兼ユーチューバー:ジェレミーホーガン氏

ロジックは同じです(ただ、Twitterでこの例えを全部説明するほどのスペースはありません…)。

元公認会計士、ビジネス戦略家:サイモンG氏

XRPがある段階で証券であったとされたとしても、それが二次市場である場合には、別の問題であると言えるでしょう。

これはXRPにとって有望です

今、XRPトークンに強い買いが入っています

XRPの噂🚨🚨🚨🚨。
一部の国・地域では、SWIFT銀行システムから大金をやり取りする国境を越えた送金にXRPが使われています。
⏬⏬⏬⏬⏬
要約の翻訳:この米国最高裁の裁判は先週出たばかりです。 Slack v Piraniは、XRPが「投資契約」として販売される場合、流通市場では同種のものとなります。 —–XRPは証券ではありません。

誰かトーレス判事にこれを見せて、引き延ばしをやめてリップルに有利な裁定を下せるようにしてくれないだろうか。

コンテンツを投稿したくても、そのたびに、私たち一般人のために内容を掘り下げるように要求されることを想像してみてください。 でも、本当にジェレミーは私たちのために説明してくれているんです!

XRPの証券としての地位について@Marc_Fagelと最後にやり合ったとき、この新しい事例について私がこの鋭い洞察力で武装していたらどうだっただろう。

https://twitter.com/Belisarius2020/status/1664779706003243009

XRPが証券とみなされれば、彼がすぐに姿を消すのを見ることができます。

弁護士デジタル資産愛好家ビル氏

あなたは、SECが、裁判官がXRPを証券とみなすことを必要とする是正を求めてないことに気づいていないはずです、それがどんな意味を持っているのかを。

証券弁護士:マークファゲル氏

さて、法的責任が認められるためには、何が証券であるかが必要です。

その商品が会社によって売却される状況では、証券であるに過ぎないかもしれません、

が、第5条では無登録で証券を販売することを条件と しています。

弁護士デジタル資産愛好家ビル氏

マークは理解しているが、XRPやXRPLのようなレイヤー1のブロックチェーン上の商品自体には、投資とは関係のない実用性がある。

レイヤー1の暗号は、取引手数料を支払ったり、ネットワークを保護するバリデーターに報酬を与えたりするものです。

提供したり、販売したりする必要性がないのです。

それらはすべて、発行者によって販売されるのではなく、配布される場合があります。

SECでさえ、その略式判決資料の中で、XRPのこのネイティブな(固有の)実用性を、「限定的な」実用性と呼びながらも認めています。

もし私がXRPで製品を購入した場合、例えば帽子のようなもので、私はそのスピードをテストするために一度購入しました

XRPの一部は燃えてしまい、それは永遠になくなってしまうことを意味します。それはXRPのほんの一部(一滴)(1セントのほんの一部)ですが、XRPのその部分は証券とは言い難いものです。

だから、売ったり提供したりしないXRPそのものが証券であるという考え方はナンセンスなのです

地面から拾った石のように、市場がなければ貨幣価値がないとは言えますが、機能的な有用性がないとは言えませんし(石は兵器化することで有用性を発揮します)、株式のようにそれ自体が証券であるとも言えません

XRP自体は一種の財産に過ぎず、英国の司法委員会がSECよりもはるかによく理解していることである

2023年2月2日

1月31日SEC対LBRY救済措置の適用について口頭弁論において

ジョン・ディートン 今日のLBRYの公聴会のまとめを聞いていて、裁判官があなたに良い話をしたことが印象に残りました。ひとつだけ明確にお願いします。

裁判官は次のようにおっしゃいましたか?

1) 判決は、LBRYから購入しなかった投資家に対する流通市場での販売には及ばない

2) トークンLBCは証券ではない

または 3) その両方。

1)だけだと、トークンが証券であるかどうかではなく、彼の判決が何にまで及ばないかについてなので、2)と3)には及ばないが、それでも良い結果であることに変わりはない。

あなたの努力は素晴らしい👍。

裁判官はこのように言ってはいない。

「トークンそのものは有価証券ではない」とまでは言いませんでしたが、確かにそれを示唆し、LBRYがそれを立証することはなかったと述べました。

裁判官は、当事者が目の前に置くものに制限されると述べました。彼は、記録として話しているとき、確かにそれを暗示していました。

彼は、自分の判決はLBCの二次販売には適用されないと明言しました。

もしトークン自体が証券であれば、トークンは常に証券であるため、彼の判決は二次販売に適用されることになります。

一番良かったのは、これだ。

彼は、SECに不満があることを認め、明確にしてくれるよう懇願しましたが、彼らはそうしないし、SECの方針を決定しSECの仕事をするのは自分の仕事ではないと言いました。

私は次のように答えました。

私は、SECの仕事をし、暗号を明確にするよう彼に頼んだのではなく、彼の判決について明確にするよう懇願したのです。

なぜなら、その判決は二次販売を含むと解釈されていたからです。

そして、自分の命令には二次販売は含まれていないことを明確にすると言った。

そして、SECがそのようなことを推し進めないことに同意するよう促したのです。

そして、裁判官は、それを明確にするために、例を挙げた。

彼は、#LBRYがFlipside Cryptoに直接販売し、そのFlipside Cryptoが#LBCをコールドウォレットに入れたと言いました。

裁判官は、彼の命令はその販売をカバーするが、Flipside Cryptoがその後誰かに販売する場合には適用されないと述べました。

※Flipside Crypto・・・ブロックチェーンスタートアップ企業

私は、原資産が証券とみなされることはなく、それを認めたケースは76年間で1件もないこと、テレグラムのカステル判事がグラムは証券ではないことを明らかにしたこと、ヒンマンの講演ではトークンそのものは証券ではないこと、などを論じました。

公聴会の最後に、彼はこれから行うことをまとめました。

そして、当事者に挨拶した後、私の方を見てこう言いました。

そしてアミーチ、私の命令は二次販売には適用されないということをはっきりさせておく。

私は立ち上がり、こう言いました。「トークンそのものが証券ではないという文言も加えていただければ、言うまでもないことですが、より明確になります」あるいはそのような趣旨の言葉を述べました。

彼は私に微笑みながら、自分は最小限にとどめているのだと言いました。

最前列に座っていた出席者が言うには、裁判官は記録上、トークンは証券ではないと言ったそうです。

私が書き留めたときに聞き逃した可能性もありますが、”LBRYはトークン自体が証券でないと立証したことはない “と言ったときではないかと思います。🤷♂️

判事はともかく同意しているようですが、すべては彼がどれだけ積極的になりたいかによるのです。

彼は、二次売買はSECの訴訟対象外であることを明確にしたうえで、だからこそ最初の判決で意図的に対処しなかったのでしょう。

次の判決が出たときに分かるでしょう。

2023年1月3日

弁護士デジタル資産愛好家ビル氏

いつものように、ジョン、それは非常によく考え抜かれ、理にかなったスレッドです。

私は、一部同意し、一部同意しません。

ヒンマンメールの開示がSECを和解に向かわせる大きな要因になると考えておられたので、SECが開示されることを受け入れるというあなたの考えは、和解の可能性についてのあなたの結論に影響を及ぼしていると思います。

ヒンマンの電子メールは、私たちが考えていたほどSECにとって不利なものではないと思いますが、SECは、この文書が略式判決準備書面の争点に関連しないため封印されることに期待している可能性があり、これはSECが12月22日に提出した封印申立書で主張していることです。

ヒンマン文書はSECにとってまだ悪材料かもしれませんが、リップル社がこの事実を和解協議に利用できるのは、封印問題がリップル社に有利に働く判決が出るまで、そして出ない限り、重要な意味を持たないかもしれません。

私は、リップル社が封印問題で勝つことはないと思っているので、ヒンマン文書が有害であったとしても、和解に与える影響はそれほど大きくはないのではないかと思っています。

とにかく私を含む多くの人が期待していたほどには損害を与えないかもしれないという点では同意見です。

しかし、このことが和解が成立しない、あるいはその可能性が低くなることを意味することには同意できません。

LBRYのケースはSECを強化するものかもしれませんが、このケースではLBRYはHoweyの第1、第2項を主張していません。

※1,投資契約が存在するか?2.共通企業が存在するか?

SECは、被告から(和解すれば必然的に争われないので)、あるいは(LBRYが争わなかったので)裁判所から問われない共通企業の拡大解釈でうまくいくことを当てにしているようなものです。

ブルースカイ事件の問題や共通企業に関するリップル社の主張がトーレス判事に受け入れられた場合、SECが失うものは大きいです。

※ブルースカイ法・・・一般市民を詐欺から守るために証券の募集と販売を規制する米国の州法

両当事者の利害は大きく、この点を考慮し、あるいは敗訴のリスクの大きさは、略式判決の申し立てが十分に準備されたことで、両当事者にとってより明確になるに違いありません。

SECが契約/ブルースカイ問題で負けた場合、SECは暗号だけでなく他の資産にも範囲を限定されるという点で影響があると思われます。

また、リップルに対する共通事業で負けると、トークンのすべての提供をカバーするために用語を非常に広くしたいので、暗号の流通市場取引に範囲を拡大するという計画が崩れます。

ヒンマン文書の最終的な公開の可能性は、SECが和解を決定する際のリスクの一部に過ぎず、文書に一つまたは複数の不利な内容があるかどうかは関係ない

私がこのコミュニティを愛し、尊敬する理由の一例です。

素晴らしい反論と推論。

🙏私の推理と意見はツイートしたものですが、直感はあなたの言うとおりで、判決まで行くだろうと思っています。

2023年1月2日

集団訴​​訟弁護士ジョンディートン氏

2023年SEC対リップル訴訟は

和解・・・59.2%

決定・・・40.8%

2023年 SEC 🆚 リップル 🧵

決着はつくのか?

18000票の投票の結果、👇の投票では59%の人が和解が起こると考えています。

実のところ、59%は私が想像していたよりも高い数字です。

1年前、私は、SECはヒンマン電子メールが公開されることを望まないので、和解がありそうだと信じていました

私の考えでは、もし電子メールがリップル社にとって非常に価値があり、かつSECにとって非常に不利であれば、SECは電子メール、原稿、データを提出する前に和解するだろうと思っていました。

しかし、そうはならなかった。

その代わりに、リップル社は異議申し立て準備書面の中でヒンマン氏の電子メールを引用しています。

SECは、裁判官に文書の封印を求めましたが、もし裁判官がヒンマン演説の電子メールを何らかの形で判断に考慮すれば、電子メールと文書は「司法文書」となり、裁判官は文書を編集せずに公開訴訟簿に提出するよう命ずるでしょう。

しかし、トーレス裁判官👩⚖️は、判決でヒンマンメールや原稿にこだわらず、封印を許可する可能性が高いです。

トーレス裁判官は、ヒンマンメール、原稿、コメントは反対尋問/弾劾の目的にのみ関連するとほのめかしている。

弾劾・・・大統領・大臣・裁判官などのように、特に身分保障を必要とする官吏の非行に対し、国会の訴追によって罷免あるいは処罰をする手続き。

ただし、メールに目を通す前に、そのような判断をしたのかもしれない。

このメールは現在、公式記録の一部となっており、リップル社によって引用されている。

もし、文脈の中で編集を再検討するならば、多くのことを推測することができます。

リップル社の異議申し立て準備書面では、4ページにわたって電子メールを引用しています👇。

修正箇所👇には、2つの単語が修正されています。

文脈から段落全体を読むと、そのうちの1つの単語は「混乱や憶測」だと言ってよいでしょう。

取引・市場担当役員のブレット・レッドファーンは、ヒンマン演説は「より多くの憶測を引き起こすだろう」と答えた。

私はもっと混乱すると予想したが、ニールは “より多くの憶測” と言う可能性が高いと示した。👇

修正箇所👇の中に

レッドファーン氏の電子メールから二番目に修正された単語がある。

それは、「おそらく当局に余裕を持たせるため、業界参加者に意図的に”[?]”を与えることを推奨した」と書かれています。

文脈からすると、「不透明さ」/「曖昧さ」等のように読めますね。

上記4ページはすべてリップル社の異議申し立て準備書面(Opposition Brief)に記載されています。

リップル社の最終準備書面(Reply Brief)では、ヒンマンの電子メールに1回だけ言及しています。

リップル社の反論書では、SECが裁判所に厳格な垂直的共通性を採用させようとしているため、電子メールを引用しています👇。

メールに実際に何が書かれていたかは読めませんが、資産やトークンを大量に所有するだけでは、Howeyの共通企業要因を満たさないという事実を述べたものであることは明らかです(SECは逆のことを主張していますが🆚)

トーレス裁判官は以前、ヒンマン氏の電子メールや 原稿などは反対尋問にのみ有効であり、XRP が証券として提供・販売されたかどうかについては無効であるとの判決を出していますので、リップル社の弁護士は裁判官を動かすと思われるものだけを参照したと推測しています。

過去2回のリップル ブリーフを読む前は、電子メールの中で#XRPが言及されている可能性が高いと信じていました。

ETHは規制上のフリーパスを得ていたので、可能性はないにしても、ヒンマンスピーチの電子メールで誰かが質問したのだろうと考えていました。

異論もあるかもしれませんが、私は今、#XRP が電子メール、コメント、原稿の中で言及されたとは思っていません。

もし #XRP 自体が電子メールで言及されていたなら、リップル社の弁護士は準備書面の中で確実に言及していたはずです(たとえ編集されていたとしても、文脈からそれを拾い上げることができるはずです)。

メールやコメントからSECの裏💩が見えてきそうですが、(私を含め)かつて人々が信じていたほどダメージはないと思っています。

もしそうなら、この件は今頃決着していただろうし、メールもリップル社に渡っていなかったと思う。

ブラッドと スチュワート(リップル社法律顧問)からのツイート👇は、電子メールは待つ価値と費用があり、SECの行為は衝撃的だったと述べていることは承知しています。

SECの元職員が不適切、不注意、あるいは悪い目的で行動したことを電子メールが証明したとしても、分析結果は変わりません。

SECは、なぜ訴訟が起こされたのかという理由は、#XRPが有価証券として提供/販売されたかどうかとは無関係であると主張しています(裁判官も同意していると思います)。

たとえ電子メールがヒンマン氏らが不適切な行動をとったことを示していたとしても、XRPを分析する裁判官の業務内容は変わることはないのです。

SECが他のトークンやプロジェクトの後を追って来ていることは明らかです。

それはdragonchainに対して、#DRGNs(ERC20トークン)を有価証券と呼ぶ裁判を起こしているのです。

SECは、いくつかのERC20トークンが証券であると主張し、Wahi訴訟を起こしました。

ERC20トークンはイーサリアム・ブロックチェーンによって管理されています。

ヒンマン氏は、イーサリアムは十分に非中央集権的であると述べています。

見てください👇 再編集されたものを

ヒンマンの新しい試みが参照されているのがわかりますか?

ヒンマンの電子メールは、他の訴訟当事者によって開示請求されることを確実にする。

彼らは、BlackberryXRPが提案したように、この証拠開示を受ける絶対的な権利を持っている。
👇

ERC20 トークンがイーサリアムのブロックチェーンによって管理されていることを考えると、これらの訴訟参加者は間違いなく、リップル社よりもこれらの電子メールを証拠開示で入手する権利を有しています。

言い換えれば、ヒンマンの電子メールと原稿は、XRP よりも ERC20 トークンに関連するものであると、確信を持って主張することができるのです。

もしリップル社が公正な通知の欠如を主張できるなら、これらの ERC20 トークンにも確実に主張できます。

さらに、これらの電子メールは審議過程秘匿特権や弁護士依頼者特権で保護されないというネットバーン裁判官の判決と分析がすでにあり、トーレス裁判官もそれを支持しています。

まとめると、SECは、いずれメールが公開されることを受け入れたということだと思います。

実際、ブラッドのツイートでは、いずれ真実が明らかになったとき、我々はショックを受けるだろうと言っています。👇

リップルの件はヒンマンメールのせいで決着がつかないというのが今の私の意見です。

私が思うに、ゲンスラーが和解する唯一の理由は、他のトークンに対抗して、SECにとって悪い前例となる判決を避けることです。

しかし、正直なところ、私は彼がそれをあまり心配していないように思います。

商品先物取引委員会が暗号を監督する動きがあるので、ゲンスラーは博打をするかもしれませんね。

LBRYcomの判決は、彼とSECを強化したと思う。

また、サムバンクマンフライド とFTXが暗号に対する彼の戦争で使用する弾薬をゲンスラーに与えたと信じています。

ご存知のように、6ヶ月前、私は彼が非常に近い将来、取引所を訴えると予測しました。

そして、それは近づいている。

まとめると、残念ながら、リップル社との和解はゲンスラー氏の頭の中にはないのだろうと思います。

彼が和解して、流通市場を含む現在および将来のXRP販売が非証券であることに公式に同意するとは思えません。

そして、SECがそう同意しない限り、リップル社は和解しないでしょう。

したがって、私は、トーレス裁判官の決定が下されると信じて投票に答えた39%の中にいます。

なぜ負けるという大きなリスクを負うのか理解できません。可能性は高いし、SECもそれを知っているはずだ!…なぜジョンはSECが和解するよりも、損失の高いリスクを好むと思うのだろう?確かに、負ければ彼は職を失い、その分費用がかかります。

まず、ゲンスラーは本当にSECが負けることはないと思っているのかもしれません。

リップル社が略式裁判で負けるだろうと考えている人はたくさんいます。

その意見を持っている人の中には、非常に賢い証券弁護士もいます。

第二に、商品先物取引委員会への働きかけがあるので、彼は博打をするかもしれません。

2022年12月29日

オールボー大学経済博士:ロズリン氏

SEC:進化に罰を与え、混乱に報いる

https://www.forbes.com/sites/roslynlayton/2022/12/19/sec-punishing-progress-while-rewarding-confusion/?sh=3bdfc443117a

リップル 強制執行による規制

もっとひどい例は、企業向けブロックチェーン企業であるリップル社が、銀行向けの国境を越えた決済ソフトウェア製品にXRPトークンを採用していることについて、SECが訴訟を起こしていることです。

SECの訴訟の核となる法理論は、すべての暗号資産は証券であるというSECの広範囲にわたる主張の縮図である。

SECは当初から、XRPの販売はすべてリップル社の投資契約であり、たとえトークン利用者が同社の存在を知らずに流通市場で販売したとしても、リップル社の投資契約であると主張していた。

リップル社は、XRPは分散型台帳上の商品であり、誰でも利用したり所有したり取引したりすることができ、彼らの努力はその価値や価格とはほとんど関係がないと反論した。

SECの主張は非常に弱く、リップル社の弁護士は法廷で規制当局を急速に逆転させ、SECそのものを裁判にかけました。

2年間の訴訟の末、弁論が終わる頃には、SECが保護するとされる75,000人以上のXRP保有者を含め、SECの法理論に反する前例のない数のアミカス・ブリーフが殺到していたのです。

結局、リップル社の事例は、SECの規制による強制執行が、投資家保護への配慮というよりも、縄張りを拡大するための薄っぺらいものであることを明らかにすることになりそうだ。

集団訴​​訟弁護士ジョンディートン氏

“結局、リップル社のケースは、SECの規制による執行戦略が、投資家保護への懸念というより、縄張りを拡大するための薄っぺらい試みであることを露呈したことになりそうだ。”

ロズリン・レイトン

レイトン博士のもう一つの素晴らしい記事です。

ゲイリー・ゲンスラーはアメリカの消費者を心から守ろうとしていない! 彼は、暗号市場の買収で「銀行屋」を助けているのです!

なぜ、そんなことを許すんだ!

リップル対SECの訴訟は、ゲイリーゲンスラーが腐敗した支配者であることと、SECのすべての腐敗を暴露した。

それは、規制と実際に投資家を保護することに関して、米国がいかに腐敗しているかを世界中に暴露したのです。

SECは強圧的な機関である。

納税者によって資金を供給され、彼らは法的制度を通じて脅しと威嚇を使用し、政府の財源に資金を追加しながら、屈服と降伏を強制します。

これが不正義の定義なのだろう。

投資家がヘッジファンドでない限り、SECGovが投資家保護を行っている証拠は全くない。

ゲンスラーの下で、証券取引委員会は、全く目的に適わない腐敗した存在であることが証明された。

何十年も同じ手法で、企業はただお金を払って先に進みます。

secの年間予算と、毎年徴収される数十億の罰金、このお金はどこに行くのでしょうか?

いつものようにお金を追いかけましょう。

secはそれでもトップに立ち、アメリカをはり倒すでしょう。

ジョンディートン新しい連邦議会金融委員会の委員長に電話して、ゲーリー・ゲンスラーとヒンマン電子メールを、編集せずに誰でも見られるように議会に提出するよう提案してください。

2022年12月27日

web3の弁護士:ジェシーハインズ氏

SECがブロックチェーンによる資金調達の取り組みは一般的に証券であると主張する意味について、少しお話ししましょう。 A 🧵 1/7

基本を押さえよう。資金調達だけでは、証券にならない。

先行販売だけでは、証券にならない。

資金を運営費に充てることだけでは、証券にはなりません。

利益を期待する人、期待される人だけでも証券にはならない。

しかし、それらを一つの鍋に入れ、さらに他のものも加えると、証券になることがあります。

どのようにしてそうなるかという問題は複雑です。

SECの見解はこうです。 SECは正しいかもしれないし、間違っているかもしれない。

裁判所が決めることだ。

SECは、あなたが何か(たとえ現在の実用性があったとしても)より多くの実用性があることを約束し、その実用性を構築しているのはあなたであり、あなたがその実用性を構築するための費用を支払うために販売していると期待するのは妥当である、と言っています。

あなたからそれを買った人は、その追加された実用性が来るとき、あなたから買ったものがより多くの価値を持つことを合理的に期待している、あなたが持っているものは、投資契約、別名有価証券である。

この視点だけでも合理的である。

これは、一般的に投資家に与えられている保証や保護を購入者に実際に提供することなく、ただ投資を受けているに過ぎないのだから。

これは保護されなければならない。

しかし、今回の問題は、SECがこの合理的な信念を、全く新しいレベルの規制として、率直に言って、理不尽な方法で執行していることです。

とにかく、多くの混乱が見られるので、お役に立てれば幸いです。

弁護士デジタル資産愛好家ビル氏

このスレッドはとても楽しく、仕事で疲れていたため2週間ほど放置していたのですが、今日再び読み返しました。

SECが暗号をどう見ているか、なぜ実用性があるからといって暗号が証券でなくなるわけではなく、実用性の構築がHoweyの枠組みにおける「合理的努力」としてSECによってどう見られているかが、本当に明確になったと思っています。

リップル社の訴訟を深く考察すると、Howeyのテストが暗号の取り扱いに適していないことがわかる。

例えば、リップル社はXRPに実用性を与えたのではなく、XRPを活用したビジネスを展開しているに過ぎない。

XRPとXRPLの既存の(設立当初からの)実用性とDEXなどの機能的な特性。

アミカスブリーフを提出した団体を含む多くの団体が、XRPLとXRPを同じ実用性を活用した異なる実用性で使用しています。

XRPを証券化とし、その売却を投資契約の一部とするのは誰の共通事業なのか

リップル社がビジネスで使うから価格が上がるのか、それとも他の何百ものプロジェクトがXRPLでやっているから価格が上がるのか、どちらを期待すればいいのでしょうか。

その上で、XRPの有用性を利用し、使用例を拡張している事業者の努力を一人の投資家が主観的に知っていた証拠はないかもしれないのに、利益の期待は客観的な試算に基づくものである

この問題は、SEC対LBRYの判決において、裁判官が#LBRYに関連する6つの声明にようやく言及し、それが重要であると判断したが、LBCの単一の買い手がこれらの声明を聞いた、あるいは動機付けられた、あるいは購入する決定を根拠としたという証拠がわずかしかない、というややひねくれた結果になっていると私は考えている。

米国のSECなどは、Howeyテストとその公表された柔軟性の長所を賞賛しているかもしれない。おそらく、それは投資家保護のためのよいお手本であったのだろう。

しかし、米国と同様の証券制度を持つコモンローの法体系を含む他の法体系では、暗号を証券と見なすことは難しいのに、Howeyの枠組みを条件として、ほとんどの暗号を証券と言えるというのは不思議なことです。

しかし、米国と同様の証券制度を持つコモンローの法体系を含む他の法体系では、暗号を証券と見なすことは難しいのに、Howeyの枠組みを条件として、ほとんどの暗号を証券と言えるという事実は、(米国では)一歩を踏み出すきっかけとならなければならないでしょう。

SECが暗号にHoweyテストを適用しようとしたことで、米国がこれほど窮地に立たされた国は他にありません。

Howeyテストが暗号に対してうまく機能しない/できないことを示すもう1つの兆候は、SECが暗号資産の長年の世界的取引に共通事業などのテストの特定の部分を不条理に広く適用していることです。

SECが、世界のあらゆる場所でのXRPの販売は投資契約の一部であり、一つの継続的な提供の一部であると主張したことは、米国の主要機関からすれば、不合理なだけでなく知的にも恥ずべきことなのです。

他の管轄区域では、トークン化された株式などの証券に相当するものをデジタル証券と呼び、XRPのようなものをデジタル証券と呼ばないという違いがあることは明らかです。

暗号に適用されるHoweyテストは、SECが公言するような柔軟性はなく、不透明でわかりにくいものです。

残念ながら、この新しい資産分野を明確にするのには不向きですが、不確実性を優先し、執行の選択性を維持しようとする規制当局にとっては、理想的な武器となります。

米国には、Howeyタイプの枠組みを使わない新しい法律が必要である。

2022年12月25日

暗号通貨ユーチューバーインフルエンサー:アームストロング氏

SECが訴訟で資産を証券と呼んだからといって、その資産が証券であるとは限りません。

そのためにはやはり裁判を起こし、裁判官が同意しなければならない。

集団訴​​訟弁護士ジョンディートン氏

ベンの指摘は、私たちが前進するにつれて、人々が十分に理解することがさらに重要になってきています。

SECは、私のマンダム判決に対する異議申し立て準備書面において、次のように述べ、このことを認めました。

「ニューヨーク州裁判所は、委員会の訴えの正当性を検証するための唯一の方法を提供するものである」。

何が証券であるか、証券でないかを決めるのは、SECではなく裁判所です。

SECが認めたように、トークンや資産(例えばXRP)に対するSECの訴訟は理論に過ぎず、その理論が妥当かどうかは裁判官が判断することです。

ジョンが陪審員は有価証券かどうか判断しないと言っている?

集団訴​​訟弁護士ジョンディートン氏

陪審員は、争われている事実を決定します。

🚦について考えてみましょう

当事者が信号が赤だったことに同意しているなら、裁判官は法律を適用して赤信号を無視した人が有罪か責任があるかどうかを決定します。

もし当事者が色について同意しないなら、陪審員は🚦が赤であったかどうかを決定する。

しかし、なぜコインベースは、SECが有価証券と呼んだXRPは上場廃止にしたのに、有価証券と呼んだERCトークンは上場廃止にしなかったのでしょうか? フェアじゃないよね?

集団訴​​訟弁護士ジョンディートン氏

大きな理由は、@コインベースがIPOの承認を求めていたことに加え、XRPだけの問題ではなく、SECが暗号に対して💯を進めようとしていることを見抜く先見性がなかったからだと思われます。

IPO・・・、Initial Public Offeringの略語で、日本語では「新規公開株」や「新規上場株式」と表します。

そうでないと証明されるまでは有罪。それだけです。

彼らは、暗号を支配する方法を懸命に考えようとしている。私たちは、あらゆる場面でこの活動に対抗する必要があります。

つまり、司法制度の信頼性が100%であればの話ですが。

私は、その裁判制度がSECのような機関からの巨大な圧力に弱いのではないかと危惧し始めているのです。

そうでなければ、なぜSECは秘匿特権の問題を再議論するのでしょうか。

トーレス裁判官は、証券取引委員会が何かを要求する手紙を送ると、85%の確率で許可しています。証券取引委員会がヒンマン文書の提出を求めるのに、1年どころか数カ月も待たされたのに。裁判官は彼らに甘すぎるのです。

議会は法律を制定しており、暗号やデジタル資産に関する法律は存在しません。ですから、本来、裁判官や裁判所が裁くべきことは何もありません。

裁判所は判決を下し、前例を作るのを嫌がっているようだ。
相変わらず、新しい技術は法律や規制に比べて光の速さで動いている。これは新しい資産分野であり、古い時代の人々はこの分野では頭が上がらないようである。議会が先か、裁判所が先か?

暗号通貨ユーチューバーインフルエンサー:アームストロング氏

これはデジタル銀行券であり、証券であり、通貨でもあります。

もし知らないのであれば、XRPの主要人物から退いた方がいいでしょう。

Web3 トークンや 暗号通貨と呼ばれるものは 証券取引法の適用を受けません。

理由は投資家を保護するためです。

確かにお役所仕事は腐敗も多くある。

しかし、それでもほとんどの場合、その目的は果たされている、なぜあなたはそれに反対なのですか?

率直に言って…

SECが何かを証券と呼ぶなら、それは証券と見なされるものです。

彼らは、伝統的な市場と暗号との関連性を規定する彼らの枠組みの中で働いています。

あなたの意見は無視されます。

つまり、世論が違うと言おうが関係ないのです。

彼らは定義を管理しているのです。

この制度の薄汚い権力者に振り回されない、評判の良い、賢い裁判官がまだいることを祈ります。

そして、最終的な上訴については、より多くの人が 合意しなければなりません。

そして、他の巡回区も合意しなければなりません。

そして、最終的には最高裁が同意するかしないかを決めることになります。

これは 短期的な問題ではありません。

問題は…彼らがシナリオを支配していることだ!

そして、やはり上訴手続きも必要なのではないでしょうか?

ゲイリー・ゲンスラーは辞任すべきだ。

ほとんどの裁判官は腐敗しており、そうやって今の地位を築いたのです。 ですから 裁判官で決着がつくというのは 全体に渡って最悪なのです

オレンジが証券であることに裁判官が同意しても、それは証券にはなりません。裁判官は神様ではありません。SECのような政府機関が関与している場合、裁判官は事実に関係なく政府に従うでしょう。

2022年12月23日

12月23日 SECは、略式裁判の申し立てに伴い提出された一部の文書の封印を求める申し立てを行いました。

弁護人。元連邦検察官ジェームズ・K・フィラン氏

SECは、略式裁判の申し立てに伴い提出された一部の文書の封印を求める申し立てを行いました。

https://www.dropbox.com/s/0uullf9dlvxz3lm/SEC%20Motion%20to%20Seal%20Summary%20Judgment%20Documents.pdf?dl=0

集団訴​​訟弁護士ジョンディートン氏

SECは、ヒンマン氏のスピーチに関する原稿と電子メールをすべて封印しようとしているが、裁判官は特権によって保護されないと宣言したのにもかかわらず。なぜだろう?

※ヒンマンの電子メールは、トーレス裁判官によって9月30日に電子メールはヒンマンの個人的見解を反映しているもので保護されないため提出を命じた。

11月1日に電子メールに編集を加える申し立てが認められ、12月3日にリップル社より編集された状態で提出。

編集されて公開されたヒンマン電子メールの一部
ユーチューバー兼弁護士ジェレミーホーガン氏

SECはヒンマン電子メールが秘匿されるとまだ主張している。

この問題ではすでに100回も負けているのに。驚きです。

そして、その中に何があるのかについて、私は好奇心を掻き立てられます。

SEC申し立て文書一部

SECは、ヒンマン スピーチ ドキュメントはこれらの特権によって保護されていると謹んで主張します。

しかし、これらの文書が公開記録の一部となった場合、SECは将来(この訴訟の上訴または他の訴訟で)そのような主張をすることを差し止められます。

ブロックチェーン法律事務所hodl law:フレッドリスポリ氏

SECがヒンマンの電子メール/文書を編集したままにしておきたいのは当然です。

現時点では、J.トーレスのこれまでの判決(電子メールは弾劾にのみ関係するという彼女の立場を含む)を考えると、おそらく彼女は電子メールを編集したままにしておくという判決を下すと思います。

悲しいことですが、理不尽ではありません。

弾劾・・・大統領・大臣・裁判官などのように、特に身分保障を必要とする官吏の非行に対し、国会の訴追によって罷免あるいは処罰をする手続き。

Bitrueアンバサダーインフルエンサー:クリプトウルフ氏

ゲイリー・ゲンスラーとSECが何を隠しているのか、気になる人はいませんか?🧐

シェリー、裁判官は、電子メールについてSECの要求を拒否することができますか?

さらに、なぜ12月5日に公開されなかったのでしょうか?

XRP情報をまとめてくれるシェリー氏

保護命令により、ヒンマン文書が自動的に公開されることはありません。従って、リップル社の反対回答に使われた文書だけが、公開されるおそれがあるのです。これが、トーレスが取り組む未解決問題の1つです。

SEC職員による議論と審議を反映したSECの内部文書”

スピーチを隠そうとする

今回の件は、あまりにも腐敗しており、茶番劇としか言いようがない。

政府機関は何も隠すべきではない。

職務の遂行中に行うことはすべて、公文書請求の対象となる。

そのような記録を隠したり、アクセスを拒否したりすることは、常に法律違反である。

SECがこれらの電子メールの公開を阻止するために多大な努力を払っていることを考えると、その中身を知りたいという欲求は高まるばかりです。

トークンが証券であることについて明確になっていないことを考えると、SECの考え方を透明化することは、幅広い暗号コミュニティに利益をもたらすでしょう。

そんなに重要な書類なら、和解を進めるために封印を許さないというのは、裁判官の考えでしょうか?彼女が判決のリスクを負うことを避けられます

SECは、この訴訟の結果を不服として上訴する用意があるようです。

>>

SECは、ヒンマン スピーチ ドキュメントはこれらの特権によって保護されていると謹んで主張します。 しかし、これらの文書が公開記録の一部となった場合、SECは将来(この訴訟の上訴または他の訴訟で)そのような主張をすることを差し止められます。

12月23日 リップル社は、略式裁判の申し立てに伴い提出された一部の文書の封印を求める申立てを行いました。

弁護人。元連邦検察官ジェームズ・K・フィラン氏

リップル社は、略式裁判の申し立てに伴い提出された一部の文書の封印を求める申立てを行いました。

https://www.dropbox.com/s/fprdrkzmkrgkfpl/Ripple%20Motion%20to%20Seal%20Summary%20Judgment%20Material.pdf?dl=0

Bitrueアンバサダーインフルエンサー:クリプトウルフ氏

リップル社は、すべてを隠そうとするSECとは異なり、ほとんど何も隠していない。

トーレス裁判官。

2年後、XRPの個人投資家はSECから課された損害賠償を受ける可能性があります。

これは止めなければなりません。

あなたは決断を下すための全ての証拠が揃っています。

私は年を取っているので、投資に対するリターンが必要なのです。

リップル社の弁護士の仕事ぶりは異常なほどです。

特に、SECは訴訟で言及されてもいない文書を含んでいましたから。裁判官が納得するとは思えません。よくやったリップル!

いつになったら終わるんだ。

資料が多すぎて追いつきません。

90%がXRPを支持しているにもかかわらず、いつの日か何か良い結果をもたらすかどうかさえもわからない。

XRP情報をまとめてくれるシェリー氏

フィランはすでに、略式裁判が2023年3月頃の時期になると見積もっている。

これは、判事がこの事件を裁判にかけないという前提での話だ。

ありがとうございます。裁判にかけるかもしれない。

しかし彼女は良い裁判官を演じているような気がするためやらないかもしれない。

まだ何か封印しているのか…。待ってたつもりが……。この状況は終わりがない……。悪夢

2022年12月22日

弁護人。元連邦検察官ジェームズ・K・フィラン氏

両当事者は、2022年12月19日の裁判所の封印裁定に沿った修正を加えた ドーバート申し立ておよび添付の証拠書類を公開訴訟用の記録簿に提出するため、2023年1月13日まで の時間延長を求める共同申し立てを提出した。

※ドーバート申し立て・・・専門家証人の意見を裁判所の審議から排除されることを申し立てるものであり、リップル社は裁判官より全て認められ、SECは一部認められ一部却下(専門家のコンサルタント会社を公開しなくてはならない)されました。

弁護人。元連邦検察官ジェームズ・K・フィラン氏

この申し立ては承認されました。 スケジュールは後日更新されます。

弁護人。元連邦検察官ジェームズ・K・フィラン氏

2022年12月21日時点の予定更新。

残りのスケジュールは以下のとおりです。

ㆍ略式裁判の申し立て完全に準備され、決定を待っている。

ㆍ専門家証言の排除を求める申し立て完全な準備書面を作成し、決定を待つ。

ㆍ2022年12月22日

当事者は、略式裁判の申し立てに関連するすべての資料(準備書面、規則56.1条に基づく声明と反対声明、宣言書、証拠書類を含む)を封印する総括申し立てを提出します。また、当事者はその時点でこれらの資料の修正案も提出しなければならない。

ㆍ2023年1月4日

両当事者が要求したものとは異なる封印処理または編集を求める限り、相手側当事者は略式裁判資料の封印に関する申し立てを提出しなければなりません。

2023年1月4日までに封印の申し立てが受領されない場合、当事者は略式裁判資料の封印または編集に対する当事者の申し立てに対する裁判所の最終判決に異議を申し立てる権利を放棄します。

ㆍ2023年1月9日

2022年12月22日に提出された封印に対する総括申し立てに対する当事者の異議申立書を提出する。

ㆍ2023年1月13日

当事者は、2022年12月19日の裁判所の封印判決に編集を加えたドーバート申し立てと添付の証拠書類を公開訴訟記録に提出する必要があります。

・2023年1月18日

当事者は、2023年1月4日に提出期限のあった相手方からの異議申立書に対して、異議申立書を提出する必要があります。

フォックスビジネスジャーナリストエレノア・テレット氏

リップル/SEC訴訟の今後の重要な日程について。

いつもタイムラインを把握してくれている フィラン に感謝です!

Bitrueアンバサダーインフルエンサー:クリプトウルフ氏

過去2年間、ジェームズさんはXRP訴訟の最新情報を欠かさず提供してくれているので、ありがとうございます🙏。

XRPインフルエンサー:ラーソフカーネマン氏

私たちのために盛りつけてくれてありがとう、フィランさん – 非常に感謝しています! メリークリスマス🎄

あと少し。たとえ上訴があったとしても、私は待ちたいのです。

最終的にはすべて価値あるものになるはずです。

カレンダーに日付を記入してください。

遅延の事例は後を絶たない…

ようやく訴訟に終止符が打たれることになった

お疲れさまでした

これは2023年12月/2024年初頭まで引きずるだろう。

間違っていればいいのですが 和解は一切なし😭。

早く1月が終わらないかな。

3月か4月までに判決が出る予定です。

彼女がすべてを否定して裁判になる可能性もあり、その場合は1年半かかるかもしれません。敗訴した側は控訴することができ、この場合はさらに2年かかる可能性があります。

多くの問題があります。すぐに和解が成立するとは思えません。

常に堂々巡りになっているように見えるのは私だけでしょうか。

なぜそうしないのか、これは現実だ、これらは議論されている、裁判官は決定を下さなければならない。

この事件、お笑い番組になってしまいましたね。なんて恥ずかしいんだ😳。

彼らはリップルをコントロールするのに必死でしたが、リップルは世界中に広がり続けています。

いつ終わるの?更新の計画は、移り変わる計画のようなものです。

3月まで待って、何もなかったら、私のXRPを全部売っちゃおうかな。

ああ、もうこの件は終わりにしてください。SECさん、本当に自分の思い通りにならないって自覚ありますよね……?

なぜ、このような漫画のような歌舞伎の演技が必要なのでしょうか?

何が目的なのだろうか?

そもそも起こるはずのないこの司法の茶番を、私たちはいつまで許容しなければならないのだろうか。

司法制度は富裕層を守るために作られ、大衆を操るために利用される。

それは最大の悪事であり、我々は羊のように盲目的に従わなければならないのである。

なぜこの訴訟は最初の2ヶ月でSECによって理由を示すことができなかったとして却下されなかったのでしょうか?

もしHoweyテストにおいて有価証券であったのがオレンジではなく契約であったなら、なぜ無実のXRP保有者の資産がこの哀れな茶番劇の裁判によって侵害されているのでしょうか?

これは嬉しくないが、9割方裁判になる。

その後、secはその評判を永久に落とすだろう。

リップルは控訴後に勝つだろう。

私はこの訴訟が2023年12月に終わっても驚かない。 しかし、リップルは勝つだろう。

2022年12月21日

弁護人。元連邦検察官ジェームズ・K・フィラン氏

両当事者は、2022年12月19日の裁判所の封印裁定に沿った修正を加えた ドーバート申し立ておよび添付の証拠書類を公開訴訟用の記録簿に提出するため、2023年1月13日まで の時間延長を求める共同申し立てを提出した。

※ドーバート申し立て・・・専門家証人の意見を裁判所の審議から排除されることを申し立てるものであり、リップル社は裁判官より全て認められ、SECは一部認められ一部却下(専門家のコンサルタント会社を公開しなくてはならない)されました。

親愛なるトーレス裁判官
原告証券取引委員会(以下「SEC」)および被告リップルラボ社、ブラッドリー・ガーリンハウス、クリスチャン・A・ラーセン(以下「当事者」)は共同で、両当事者が 2022 年 12 月 19 日の裁判所の封印判決に基づき、2023年1月13日に編集を加えたドーバート申し立てと添付の証拠書類を公開訴訟用の記録簿に提出しなければならないと裁判所が命ずることを要請します。

この日付は、今後の休日と弁護士のスケジュール、当事者および特定の第三者によって要求された複雑で多数の編集を考慮し、謹んで要請するものです。

また、両当事者の今後の封印手続きスケジュールも考慮し、この期日を要望します。

元々の日程↓

ㆍ2022年12月22日 両当事者は、以下を含む略式判決申立に関するすべての資料を封印した略式判決申立書を提出する。準備書面、規則 56.1 の声明と反対声明、宣言文、および証拠書類。また、当事者はこれらの資料の修正案も提出します。

. 2023年1月9日 当事者は、封印するための略式申し立てに対する反対意見を提出する。

弁護士デジタル資産愛好家ビル氏

笑 クリスマスにちゃんと休めるように、今週はずっと案件の延長を自分で希望しています

私は99.9999%の確率で、和解とは関係ないと思っています/2

XRPとSEC、1月13日に延長、これにより裁判の終了は2023年3月31日からずれ込む。

私たちが待ち望んでいる和解と混同しないように。

※3月31日は以前ジェームズフィラン氏が略式判決が決定されると予測した日付

もっとも、リップルとSECの訴訟ではもっと延長が必要です! 🙂

またもや延長の動き🤦♂️。
あぁ……もうちょっとだけXRPを貯める時間があるってことだ😜。

トーレス裁判官は、この封印の問題が解決される前に判決を下して公表することはない。

この期日を遅らせることが、交渉のための安全な機会を作る唯一の方法なのです。

心配なのは、Secがこの件をできるだけ引き延ばしながら、より手早く、より良いものを作成しているのではないか…ということです。

4月に報告があるのを楽しみに待ちます

この時点では、来年末までに解決することを期待している😏😏 そして、おそらく彼らは敗訴するだろう、政府にはあまりにも多くの悪人がいるので…。

何もかもが滞っているわけではありません ドーバート申し立てのどの部分を公開するかで 意見が割れているだけです 裁判所はすでに準備書面全体を入手しており、どの部分を見るべきかについて、両者の意見が一致していないだけです。

腐敗したSECの役人、アメリカ人の希望を壊すだけでなく、世界中の人々に影響を与えるとは、あきれるばかりです。

ゲンスラーは叩かれるべきですが、彼は昇進するだけでしょう。

これはもはや茶番劇であり、関係者全員にとって非常に恥ずかしいことです。

つまり、これは基本的に、提出のための編集や 書類作成を確認するための短期間の延長なのですね?

はい、しかし、判決とは無関係の延長です。

私たち(国民)が、すでに裁判所に提出されたいくつかの文書を見ることになるときだけです。

専門家の証人やその証言がまだ問題を残しているのに、どうして裁判官が略式裁判に取り組むことができるのでしょうか?

私は、裁判官がこの訴訟を決定するのに必要なものをすべて持っていると信じています。

このような未解決の問題や 内容は、彼女がすでに持っているものを公的に提出(私たちが見ることができるように編集されたバージョン)することにもっと 関与しているのです。

ドーバート申し立てのどの部分を公開しないかについて 意見が分かれているだけで、他には動きはありません。裁判所は既に準備書面全体を入手しており、どの部分を見るべきかについて意見が分かれているに過ぎません…

我慢我慢…もうすぐ… 報われる。3月4月に会いましょう👌

演劇の続き、情報でなく結果を出してくれ、無意味だ、もう待ちくたびれた。

SECも弁護団も、アメリカの投資家を守るというより、独りよがりの見栄で生まれている損害に全く関心がないようだ。
日が経つにつれ、XRP保有者は機会を失っていく。嫌な予感

アメリカの腐敗した国家は、無限の小切手帳と無限の時間を持っています。彼らは世界規模の戦争を行い、連邦訴訟を何年も継続させることができます。私の関心は、XRPを海外で儲けることです。

あるいは、この件で何百万も稼いでいる弁護士たちは、怠け者の高給取りの尻を叩いて、時間通りに仕事をするようになりなさい。というのが私の考えです。

2022年12月20日

弁護人。元連邦検察官ジェームズ・K・フィラン氏

トーレス裁判官は、専門家による異議申し立て(「ドーバート申し立て」)に関連する文書の封印に対する両当事者の申し立てに対する命令を発した。

https://www.dropbox.com/s/eksvf5c991qjtp8/Memorandum%20and%20Order%20on%20Motion%20to%20Seal%20Daubert%20Exhibits%2012.19.2022.pdf?dl=0

※ドーバート申し立て・・・専門家証人の意見を裁判所の審議から排除されることを申し立てるもの

SECは、この情報から各専門家証人の個人情報を得ることができないため、コンサルティング会社の名前を編集することが、証人の安全や司法の効率性をどのように促進するか説明していない。

6 専門家の個人情報および財務情報、非当事者とその代理人の名前に関しては、プライバシー上の利益により、この情報の編集が正当化されると当裁判所は判断しています。

当裁判所は、SECが提案した編集はこの利害に応えるために厳密に調整しており、この情報はドーバート申し立てに関する当裁判所の判断にほとんど関連性がないことに同意しています。

したがって、裁判所は、専門家証人を支援したコンサルティング会社の名前を編集するSECの要求を拒否し、それ以外はドーバート申し立てに関連して提出された文書を編集するSECの要求を承認します。

引用画像でツイートしてくれるシェリー氏

判事は、専門家証人の個人情報を封印する両当事者の権利を認めました。

裁判官が否定したのは、専門家証人を手助けするために使用されたコンサルティング会社の封印を求めるSECの要求でした。

引用画像でツイートしてくれるシェリー氏

両者とも専門家証人の個人情報を封印するよう要求しましたが、認められました。

SECは脅しなどを理由に一方、リップル社はビジネス上の取引の非公開を希望した。

唯一否定されたのは、SECの専門家証人に使用されたコンサルティング会社である。

※SECは、訴訟に関する情報を公に公開することは「言論を刺激し、さらなる嫌がらせや脅迫につながる」可能性があると主張

リップル社、クリス・ガーリンハウス、クリス・ラーセンが依頼した10人の専門家の証言を排除または制限したいと主張

ブロックチェーン法律事務所hodl law:フレッドリスポリ氏

彼女は他のSECの要請を容易に受け入れることができたにもかかわらず、受け入れなかったのです。

SECに対するある種の傾向が浮き彫りになったのではないでしょうか。

リップル社の要求が認められ、SECは一部認められ、一部否定されました。
チームリップルにもう1点入ったようです。

secは、専門家証人証言に協力したコンサルティング会社の名前を表示するよう命じられた。🤯🤯🧨🧨🤯🤯🧨🧨🤯🤯🧨🧨

ありがとう、ジェームス。

裁判所は専門家の名前と個人情報の編集を認めますが、コンサルティング会社の名前の編集は拒否します。

その他の編集要求(リップル、マネーグラムなど)はすべて許可される。

私には強気に聞こえます。証券取引委員会が公開を望まなかった書類は、トーレス判事が判決を下す理由の一部をなすからでしょう。

これが何を意味するのかわからない。。

>>

専門家の情報は封印される。

証券取引委員会を支援したコンサルタント、例えばシンプソン・サッチャーやパーキンス・クイーは名前とともに公開されます。

これは、トーレス判事がどの文書が審議に影響を与えたかをすでに決定しており、まもなく判決が出るということでしょうか?

トーレス判事はSECの証人の個人情報を、彼らが使用した会社を除いて封印することに同意しました。

彼女はリップル社が封印を望んでいたものを認めました。

SEC専門家証人の個人名は、編集されるなどして削除されます。

SEC専門家証人を支援したコンサルティング会社は対象外。編集は受け入れられます。

トーレス判事は、もう判決を下したんだと思うぞ!XRP🚀🚀🚀🌝

私はトーレスが好きです。

彼女は情報公開に全力を注いでおり、もしあなたが編集されている資料の正当な理由を提供できないなら、彼女は拒否します!

情報公開は常にリップルにとって有利に働きます!

SECの専門家を支援したコンサルティング会社だけ公開。

あとは秘密を語った人たちを第三者含め全員保護。

ほぼ互角だろうが、これに関してはトーレスはやはりリップルに友好的に見える。

ジョンディートン弁護士運営メディア:クリプトロウ

ドキュメント・ライブラリに追加されました。
SECGovとRippleの、専門家による異議申し立てに関連する文書の封印に関するトーレス裁判官の命令(ドーバート申し立て) 👇🏻。
リンク: https://crypto-law.us/wp-content/uploads/2022/12/Order-on-Parties-Motions-to-Seal-Documents.pdf

暗号通貨ポッドキャスター:ジェイブ氏

リップル社の封印案は認められ、証券取引所の封印案は一部認められ、一部否定された。

専門家を見ることはできないが、彼らの雇い主である会社を見ることができる。

封印された書類って、ある情報を流出させたくない人がいるみたいですね。

和解のジングルベルの歌が聞こえるか🎄?

“SECは、この情報から各専門家証人の個人情報を得ることができないため、コンサルティング会社名の編集が、証人の安全性や司法の効率性をどのように高めるのか説明していない “と述べています。

“したがって、裁判所は、専門家証人を支援したコンサルティング会社の名前を編集するというSECの要求を拒否し、それ以外は、ドーバート申し立てに関連して提出された文書を編集するというSECの要求を許可します。”

2022年12月19日

暗号通貨メディア:グッドモーニングクリプト

このスピーチは、Twitterで一部の保有者に侮辱されたから、#ビットコインの開発者も招待されるカンファレンスには二度と行かないと表明するのと似ている。

ADA創設者:チャールズホスキンソン氏

あなたの人生に有害なものを呼び込むのは無意味です。

それは罵声であり、無意味なことです。

今、それを言っても赤ちゃんだと馬鹿にする言葉があります。

人生はあまりにも短いです。

前に進み、それを断ち切るのです。

XRPはパートナーシップや技術的な価値を提供しません。

コミュニティは有害で小心者です。

私はそれなしで生きていくことができます。

まあ、カルダノを信じるXRPの仲間を孤立させるのは、あまり良いことではないのですが…。

暗号通貨メディア:グッドモーニングクリプト

私もその一人なのですが…。

仮想通貨ユーチューバー:ダレンムーア氏

Xrpコミュニティの誰か一人を追う必要はありません。

デイビットシュワルツ氏はxrpのメンバーと意見が合わないことがよくあります。

あなたは少数派に腹を立て、全員を見下すような書き方をしています。

暗号通貨ポッドキャスター:ジェイブ氏

くそー、本性を現したな… “xrpはパートナーシップも技術的価値も提供しない😮‍💨”…と。

彼は多くの人を見捨てるだけではありません。

彼はコミュニティと関わりたくないと言いながら、コミュニティの全員を繰り返し侮辱しているのです。

暗号コミュニティの尊敬されるメンバーでありながら、大きな失望を与え、彼の信用を失墜させました。

彼は、もう終わりだと言ったのに、まだ続けている。

彼は注目されるのが好きなんでしょうね。

残念なことに、彼はコミュニティを攻撃するまでは大丈夫でしたが、今はその様な総スカンを食らう「因果応報」に気づいているようです。

わかったよ……以前は君を優遇していた……だが、もう君とは終わりだ。

有害なのは今の君だけだ。フォローを解除します。

XRPに「パートナーシップや技術的な価値がない」と本気で言っていたのか?

あなたはXRP軍の怒りに値しますよ。

恥ずかしながら、私はADAのホルダーです

数人の個人のことでグループ全体を名指しで罵るなんて…🤦♂️。
あと、そう、私はADAとXRPを持っています。

チャールズ 悔しい気持ちはわかりますが、それはコミュニティ全体に対する批判です。

インターネットがどのように機能するか、もうご存知でしょう。

最も攻撃的な数パーセントが、最も注目を浴びるのです。

チャールズ・ホスキンソンは、ADAホルダーのほとんどが、私のようにXRPも保有していることを知らないのです。 👍

どうやら私は正しかったようだ。

自分のプロジェクトを良く見せるために、他のプロジェクトを引きずり降ろそうとしているのか?

またしてもひどい顔だ、チャールズ。

チャールズ Xrpの話はもうしないって言ってたよね!?

なぜまだ、些細なことについてコメントしてるんですか?

Xrpコミュニティが終わったのなら、すべてのTwitter投稿でXrpに言及するのをやめてください。

カルダノとADAの最新情報を教えてください!

sec/rippleの裁判の終了が近づくにつれ、著名な暗号関連のプレーヤーがxrpに対してとんでもない量の否定的な発言をしていますが、なぜ今、彼らは何を恐れているのでしょう🤔。

部外者から見ると、どちらもかなり小心者で幼稚に見える…あと、何度も「この件はこれで最後にします」と言ったにも関わらず、「XRPの件」をやめられないのもちょっとおかしい…この件を持ち出すのをやめれば、Twitterで「嫌がらせ」する事もなくなるかも🤷🏼♂️…。

ちょっと待てよ、たった48時間前に、もう二度とXRPのコミュニティには一切コメントしないって言ってなかったっけ?

さて、私はチャールズが最初に口を開いたとき、すべてのADAを保管していました。実際、もっと買ってしまった。

しかし、私はリーダーシップへの信頼を失い、技術が有望で分散型であることは理解しているが、文化はトップダウンであり、成功は疫病神のように卑怯なものを避けるべきである。

私のADAを捨てる

ツイッターでこんな雑魚はほとんど見たことない。

挑発するのは好きだが、逆風には耐えられないらしい。

私はチャールズのファンですが、この問題については、問題を持ち込まない、話さない方がはるかに建設的です。

宣言などしない。

コミュニティとの最初の論争のように、あなたはそれについて話し、自分の立場を再確認し続けなければならないのです。

それは弱々しく見え、より多くの批判を招くことになります。

悪い女の子みたいに、出て行くと脅しておきながら、実際にはドアから出て行かないような、最後の言葉を延々と言わなければならない。

0.03ドルからADAの保有者としてノードを稼働させています。

パートナーシップに対するあなたのコメントは正しくありません。

パートナーシップについてもっと研究し、XRPというコインではなくRippleを使いましょう。

チャールズが構築しているものを見るべきなのに、ADAは何のパートナーシップも結んでいないと言うのと同じです。

もしXRPに価値がなければ、ADAにも価値はありません。10日以上の断食の一部として、ソーシャルメディアを削除することを検討したほうがいいかもしれませんね、健康的な組み合わせとは思えません。

ブロックチェーン技術やデジタル資産の文脈における「技術的価値」とは何か?技術的価値とはどのように定義されるのでしょうか?

自分のコミュニティからは注目されず、私たちから注目されることを望んでいる。

この少年は偽物で卑劣であり、私たちはあなたのような偽物は必要ないのだ、二枚舌さんよ。

チャールズ、もしあなたがXRPについて話している時間の半分をADAに費やしていたら、あなたは実際に偉大なことを成し遂げた人として記憶されるかもしれませんね。

笑っちゃうくらい、赤ちゃんみたいな男ですね。

自分のエゴを確認して、セルフケアをしてください。

ツイッターをしばらくやめて、自分のことに集中するとか。今この瞬間を生きて、ツイートに集中するのをやめよう。

自分の感情をコントロールできなければ、プロジェクトをコントロールすることはできません。

このような些細な人種間の争いが、業界全体にどれだけダメージを与えるか、高度な専門家が気づいていないことに驚かされます。

罵倒は誰の役にも立ちません。ただ、成長すればいいのです。

2022年12月17日

ADA創設者:チャールズホスキンソン氏

XRPの解決について、私が聞いた噂が正しいかどうか見てみましょう。

恥をかくかもしれない。

XRPユーチューバー:ミックル氏

和解はあり得ると思いますし、略式裁判の可能性はほとんどないと思います(裁判官には十分な時間がありません)。

あなたの噂では、どちらかが起こる可能性があるようですね。

ユーチューバー兼弁護士ジェレミーホーガン氏

心配しないで、チャールズ。

私の「間違って予測したXRP和解」のガレージバンドには、ベースプレイヤーのための余裕があるんだ。

一緒にやろうぜ!

あなたはビールを持ってきてください…

だから、ジェレミーは今日和解することはありませんと。あなたの意見は?

ユーチューバー兼弁護士ジェレミーホーガン氏

SECが訴訟について議論するために会合を開いているのを見た人がいると思う。

そこから(概ね)今日和解するのでは?と推測した人がいたんでしょう。

だから、私は、そうとも思わない

引用画像でツイートしてくれるシェリー氏

定期的に起こるサンシャイン法会議だ😏。

サンシャイン法に関するお知らせ
証券取引委員会

サンシャイン法の会議

日時:2022年12月15日(木)午後2時。

非公開の会議の主題は以下の項目からなります。

差止命令の発動と和解
行政手続の開始と解決
訴訟請求の解決
審査および執行手続に関するその他の事項


委員会の優先事項の変更により、裁決、審査、訴訟、または規制事項からなる会合の議題のスケジュールを変更する必要が生じることがあります。

でも、ごくまれに週末に2つ、どちらかに入ることも……。

引用画像でツイートしてくれるシェリー氏

あまり期待しないほうがいいと思います。

このミーティングは和解の話だけではありません(保険の話などもされます)。

和解は、裁判が終わるまで、何月何日でも起こりうることだと理解してください。

考える価値なし🤷🏼♀️。

ということは、連日開催されることが多いのでしょうか?

過去のミーティングの履歴が見つからなかったのですが……(どこにアクセスできるかご存知ですか?)

引用画像でツイートしてくれるシェリー氏

リンク先では、2021年12月に、膨大な量のサンシャイン会議が行われたことがわかります。最初の方は12月7日、12月9日以降が表示されています😉。

https://www.federalregister.gov/documents/2021/12/03/2021-26423/sunshine-act-meetings

ありがとうございます…冷静に考えて、その時を待つしかないのでしょうね!

引用画像でツイートしてくれるシェリー氏

どちらかというと、リップル社やSECと直接コンタクトのない他者を信じてはいけないという教訓になるでしょうね。

そして、もしあなたの情報源が直接のコンタクトを持っているなら、私はその人に、「秘密」が守られなかったために職を失う覚悟が必要だと言うことをお勧めします 😉。

チャールズ→ルミス→ゲンスラー。可能性はあったのですが、数秒以上の期待はしなかったです。

※ルミス・・・米国上院議員

引用画像でツイートしてくれるシェリー氏

久しぶりに可能性のある説を詳しく聞いてみたいのですが、CHはルミスとどんなつながりがあるのでしょうか?

それと、別に議論を仕掛けているわけではありませんよ(念のため)😉。

チャールズは暗号規制について話し合うために、彼(ワイオミング州)の上院議員であるルミスと会っており、彼はワシントンでの様々な会合に出席することに同意を示しました。

彼がイベントに関して彼女と密接なコミュニケーションを取り続けることは不可能ではありません。

そしてルミスは明らかにゲンスラーと定期的に連絡を取り合っている。

引用画像でツイートしてくれるシェリー氏

そうなんですねー。ありがとうございます😊。

サンシャイン法のミーティングは定期的に行われ、希望者は自由に参加できることを誰かCHに説明し、SECと話をした方がいいかと思います

2022年12月16日

ゴークシュタインメディア創設者元共和党議員候補:デビット氏

リップル社には和解せず、この裁判に勝ってもらう必要があります。

最悪の場合、リップル社が和解することになりますが、その場合、業界全体に透明性が与えられるかどうかはわかりません。

和解したら、はっきりしないんですよね。

ゴークシュタインメディア創設者、元共和党元議員候補:デビット氏

そして、全体のポイントとなるのは、暗号業界全体を明確にすることです。

和解は私たちにとって損失です。

彼らはそれらの実行可能な資産を守るためだけに和解するかもしれません

しかし願わくば 彼らはそれをはるかに超えて この訴訟が私たちの暗号領域全体に与える影響に注目して欲しいです

ゴークシュタインメディア創設者、元共和党元議員候補:デビット氏

リップル社は、勝つための材料がそろっている唯一の企業です。

私は同意します。

そして、彼らはその主張を証明したと思います。

ただ、連邦判事には、そのすべてを理解してもらい、それが私たちの生活に与える影響を理解してもらいたいと願っています。

もし、証券取引委員会にその事実をはっきりと認識させることができれば、それは非常に大きな意味を持つことになるでしょう。

2年前、より広いコミュニティーのサポートがあればよかったのですが。

訴訟が発表されたとき、ほとんどの人は失敗を見ようと執行を期待して支持した。

他の人々はただ座って見ていた。しかし、リップル社の弁護士の略式判決意見書は、長期的なゲームの議論を果たしています、念のため。

米国連邦議会議員候補者:ウォーカー氏

こういうことが起こるのです。

人々は、それが自分たちに影響を与えないなら、行動しません。

そして、自分たちが結果から逃れられないと理解するまで、衰退を応援します。

団結し、できる限りの支援をすることが重要です。

暗号通貨ポッドキャスター:ジェイブ氏

勝訴も和解も、業界の透明性をもたらすことはない。

勝訴も和解も、リップルとxrpのためだけに用意されたものなのです…。

他のプロジェクトが訴えられた場合、彼らは自分たちの特定のトークンの訴えを証明するために1億ドルを費やす覚悟をしなければならないでしょう。

“業界のために戦う “というのは、人を味方につけるための戦略のひとつとしか思えません。

業界を敵に回したままです(笑)。

リップルやxrpに続いて、プロジェクトは訴えられ続けるでしょう。

物理学者、ユーチューバー、ガラミュージックアーティストマネージャー:レフティー氏

リップル社が業界のために戦おうとしている分

xrpが和解で明確になった場合、それを手にする可能性があることは保証します。

彼らは偉大な戦いをした。

私はイーサを目にすることはありません。

財団、ステラなどが彼らをバックアップしているとは思えません。

彼らの戦いに任せましょう。

デイビッドさん、申し訳ありませんが、リップル社にとって最善の方法を取らなければならない時期が来ているのかもしれません。

この法的判断は信用できない! 他のプロジェクトももっと汗をかくべきだよ。

どのプロジェクトもリップル社にお金を寄付して戦ったのではないのです。
すべてのプロジェクトが、リップル社を罵倒し、投げ捨て、倒れたところを蹴ったのです。

ゴークシュタインメディア創設者、元共和党元議員候補:デビット氏

10%を基準にするのはやめよう。

XRPLプロジェクトGlobalFCXFocus共同創業者

リップル社にとって明確なXRPの地位は優先事項です。

これは、良い和解の合意を意味しています。他の人たちにも戦いを挑んでもらいましょう。

暗号通貨市場は、XRPががらくたで詐欺だと言って、訴訟が起きたときには応援し、今では人々はリップル社が彼らのために戦ってくれると期待しているのですか?

最良の結果は、XRPが明確化され、デジタル商品として認識されることです。

SECはリップル社が勝つ見込みがあると思えば和解するでしょう。

彼らは「負ける」わけにはいきませんし、強制執行による規制は他のすべての資産や取引所に使われるものではないから。

私は、勝利が暗号業界にとってベストであることに同意しますが、それが起こるかどうかは疑問です。

同意しない – 勝利は高等裁判所まで上訴できる – 和解で終わらす 💯。

SECも悪い印象を与えたいと考えているので、和解の内容によっては勝利になる可能性もありますが、ここでは勝ち目がないことを受け入れなければなりません。それが、このような不幸なゲームのやり方なのです。

経済的には、和解しようが勝とうが、XRP ホルダーにとっては何の違いもありません。

また、暗号業界のために戦うのはリップル社の責任ではありません(彼らはこれまでそうしてきましたが)。

もしリップル社が15億ドルの罰金を科されたら、業界は彼らを助けると思いますか😂?

リップル社はリップル社の利益を守る必要があります。

業界全体の透明性を求めるのは議員や議会の仕事なのに、一企業が重荷を背負うのは公平ではないのです。

他のほとんどの暗号は、訴えられたときに歓声を上げた。リップル社は彼らに何の借りもありません。

私の推測では、リップル社が和解するのではと思います。

これによってSECは他のあらゆる暗号を追いかけ、業界を無力化させることができます。

また、標準石油、USスチール、アメリカン・タバコ・カンパニーのような独占を作り出すことで、陰謀論者たちを手玉に取ることになるでしょう

ここ数年、XRP とリップルを嫌っていた人は皆、気にならないはずです。

リップル社がすべきことは、XRPに透明性を持たせることだけです。

業界全体なんてどうでもいい…業界全体は決して助けてくれない!!!!

株主に対する忠実義務は、業界を助けることよりもずっと前にある。

まともな和解案に応じず、判決で負けたら?大口出資者は納得しないでしょう

そうすると、SECは弱すぎて、負けたときに私たちを守れないということになる。

SECは強さを示すために、和解せずに勝つ必要があるのです。

業界のほとんどがリップル社の擁護に回らなかったのに、なぜ他の業界のために戦い続けるのか?

和解は問題ないと思う。

小さな罰金を払い、米国での事業を縮小すれば、問題ないだろう。

リップルは和解することも、和解しないこともできます。

いずれにせよ、彼らは重要な役割を果たすでしょうし、彼らが何をしようが関係なく、XRPLは彼らなしでもうまくいくでしょう。

Xrpは有価証券です、市場は暴落します、だから我々は汚い安い価格で暗号のより多くの単位を蓄積することができます、なぜそうしないのですか?

もし和解すれば、XRPの売上の全てが有価証券とみなされないということになり、もう物凄いことになります。

早く終わってほしいのですが、この部分にはあと6ヶ月かかりそうで、その後、上告と最高裁が待っています。

今、人々はリップルに業界のために戦うことを求めている…最初に訴えたとき、どこにいたのだろう。人々は気まぐれです。

2022年12月15日

12月12日 リップルが沈めば、全世界とWEB3にとって損失となる。

米国連邦議会議員候補者:ウォーカー氏

リップルが沈めば、全世界とWEB3にとって損失となる。

※Web3(ウェブスリー)とは、次世代のワールド・ワイド・ウェブとして提唱されている概念である。分散化・ブロックチェーン・トークンベース経済などの要素が取り入れられており、一部の技術者やジャーナリストは、「ビッグ・テック」と呼ばれる大手IT企業にデータやコンテンツが集中しているとされるWeb 2.0とこれを対比させている。wikipedia引用

そして、米国政府が私たち一人をどのように扱うかによって、全世界の人々をどのように扱うかが決定されるのです。

ある特定のグループが他のグループより優れていると主張して互いに争うのではなく、正しい立法のために協力する必要があるのです。

そこで、なぜ彼らが和解せず、勝利を目指すべきなのか、その理由に戻ります。

彼らは何も悪いことはしていないのだから。🔄

ブロックチェーン投資家:アンダーズ氏

「全世界の損失」…その言葉を胸に刻みましょう。

しっかり決着をつけましょう・・・。

ブロックチェーンメディア社:ゴクシュテインメディア

ニュース更新しました。リップル / XRPの決着は「全世界&Web3」の損失となる、と米国の政治家ジャニュアリー・ウォーカー氏が語る。🚨

ブロックチェーンアナリストユーチューバー:エルモア氏

リップル社は自力で立ち上がり、長引く法廷闘争のために1億ドルを出費しなければならなかった。

米国政府の無制限の予算と資本主義に立ち向かった米国企業への支援はどうしたんだ?

暗号通貨ユーチューバー:デジタルアセットインベスター

ビットコインとEthが暗号の残りのすべてを犠牲にしてフリーパスを与えられた2018年以来、暗号の世界全体が損失を受けています。

これらは、Web3( A と Z の間) の人々であった。 彼らが今損失を出す場合、私は川で泣いているのを見ることになるだろう。

暗号通貨ユーチューバー:ダレン・ムーア・ジュニア氏

もしリップルが勝てば、暗号業界全体にとって大きな勝利になるでしょう。

リップル社が決済 XRPには明確さがあり、他にはなく、もはや野放しではない、これは勝利である

米国連邦議会議員候補者:ウォーカー氏

それは正しい結論なのでしょうか?

私はこれまでずっと、暗号は証券や商品であってはならない、暗号を既存の構造に合わせる方法を考えるのではなく、全く新しい分類を作るべきであると言ってきました。

今になって語りたがるなんて、(他の人が)この事件から利益を得ようとするのはおかしいですね。あなたはもっと他に優先すべきことがあるのでは?

米国連邦議会議員候補者:ウォーカー氏

6月にTwitterを始めた当初は、独占企業との戦いに100%集中していました。

今は時間があるので、自分が注目したい問題について話すことができます。

私の目標は、常に人々を結集し、腐敗を指摘し、それに対して皆で協力することです。

リップル社は訴えられた側であり、むしろこれを求めてはいなかった。じゃあどうしろというんだ?反撃できないのか?ethはフリーパスをもらったのに。明らかに意味不明な言動をしているので、筋を通してください 🫣

米国連邦議会議員候補者:ウォーカー氏

彼らは反撃に出るべきだし、政府による優遇措置をなくすべきだ

XRP保有者にとっては違う。 それに、負けが決定した方が悪い。和解は、勝利に比べれば、業界にとって良い結果だとは思わないが、勝利の保証はない。 そして、私が彼らの弁護士費用を負担する覚悟がない限り、私は彼らが和解することを責めない…。

米国連邦議会議員候補者:ウォーカー氏

リップル社は負けると思いますか?もし、SECがそのような鉄壁の体制であったなら、和解を申し出ないでしょうね。

私は絶対にリップル社が負けると思っています。 そして、リップル社はそれを知っています。そうでなければ、和解を検討することはないでしょう。もし略式裁判の申し立てが却下されたら、ほとんどの場合と同じように、もう1年か2年の訴訟になることを意味します。

米国連邦議会議員候補者:ウォーカー氏

そう、その可能性も常に残されているのです。

金融サービスバンクソーシャル創設者:ジョン氏

どのような損失が発生するのか?

米国連邦議会議員候補者:ウォーカー氏

WEB3 が必要としている第一のことは、規制に関する明確化です。

和解すれば、WEB3は政府の悪しき慣習に立ち向かう度量がない、という先例を作ることになります。

また、新技術を扱う上で、世界が従うべきテンプレートを作成することにもなります。

金融サービスバンクソーシャル創設者:ジョン氏

あなたは、彼らがやったことはどんな規制にも当てはまらないというスタンスなんですね。 オープンな台帳に書かれているからといって、状況が変わるわけではありません。

米国連邦議会議員候補者:ウォーカー氏

それが問題なのです。明確でないまま稼働している空間は、web3技術に悪いイメージを与えることを許してしまうのです

金融サービスバンクソーシャル創設者:ジョン氏

明確でないとはどういう意味ですか? 現在の規制では、リップルケースは明確にカバーされていますが、どの部分がカバーされていないとお感じですか?

米国連邦議会議員候補者:ウォーカー氏

暗号を見ると、ギャップやグレーゾーン、技術に合わない法律が目につきます。

さらに、人々を助けるというより、権力奪取のように感じられる奇妙な個人的悪意を持った人々がリーダーシップをとっている。

数日かかるかもしれないので、ここでは触れませんが

金融サービスバンクソーシャル創設者:ジョン氏

リップルがHOWEYテストに当てはまらないと感じるのは、どの項目でしょうか?

米国連邦議会議員候補者:ウォーカー氏

感じたものではありません。

SECはリップル社がハウェイテストに当てはまらないことを認めました。

和解を持ちかけているのは、SECが裁判で勝てないリスクがあると感じているからです。(口調が伝わっているかどうかわかりませんが、会話形式です)

金融サービスバンクソーシャル創設者:ジョン氏

SECはどこでそんなこと言ったんだ…ヒンマンが言ったのは知ってるが…公式の場でSECがそんなこと言ったか?

米国連邦議会議員候補者:ウォーカー氏

先週、資料を読み返していたら出てきました。

金融サービスバンクソーシャル創設者:ジョン氏

どちらとも言っていない

XRPは有価証券ではない、と公言されているのですか?

米国連邦議会議員候補者:ウォーカー氏

私は暗号が商品であるべきとも証券であるべきとも思っていません。

これは何度も言っていることです。

それは独自の分類を持つべきです。

事実ですが、ブロックチェーン・コミュニティは全体として、必要なときにその関心に団結することができなかったのです。

ブラッドは、これは暗号に対する攻撃だと言っていましたが、この業界の大多数は彼を無視し、自分たちはこれに値しないのだと言いました。

米国連邦議会議員候補者:ウォーカー氏

同意します。

あなたが代わりに裁判に勝つ手助けをしなかったのは残念です。

米国連邦議会議員候補者:ウォーカー氏

当選していない私にどうしろとおっしゃいますか?

12月13日 暗号コミュニティは、SECに対してXRPリップルの支持者として結集する必要があります。

米国連邦議会議員候補者:ウォーカー氏

暗号コミュニティは、SECに対してXRPリップルの支持者として結集する必要があります。

1社に起こる問題は、政府の行き過ぎた行為によって、全員に起こるでしょう。

弁護士デジタル資産愛好家ビル氏

そのとおりで、それは2年前に起こらなければならなかったはずです。

そうならなかったのは、ビットコインやイーサリアムの最大手や、業界の他の人々が、先を見通すことができなかったからです。

ツイートの「リップルが沈めば、全世界とWEB3にとって損失となる」とは何を意味するのでしょうか?

米国連邦議会議員候補者:ウォーカー氏

ベストシナリオは、リップルがSECに勝利し、ゲンスラーがゴリ押す暗号⇒悪のシナリオを斬り捨てることです。

リップル社が和解に持ち込めば、WEB3は世間に悪印象を与えることができます。

メディアと政府は、「暗号が良いものなら、なぜ彼らは和解しなければならないのか」と報道することでしょう。

テキサス・ブロックチェーン評議会の会長ブラッチャー氏

残念ながら、私たちの多くはXRPがHoweyテストに合格し、有価証券とみなされるべきだと考えているため、これは実現しないでしょう。

非中央集権化の分野には幅があり、XRPは中央集権的な側面があります。

米国連邦議会議員候補者:ウォーカー氏

リー 私が先週見た書類では、SECはリップル社がHowieテストで証券であることを証明できなかったようです。

さらに問題なのは、SECがリップルを証券化するためにテストを非合法に拡大しようとしているように見えたことです。

私たちは行き過ぎた行為を支持してはいけません。

2022年12月13日

https://www.youtube.com/watch?v=EW2QDxVlpIY&t=1148s

19:08

リップル社の裁判が12月15日に和解するという噂を聞きました

それは業界にとって破滅的な影響を与えるかもしれません しかしあなたは前進し続けるだけです

何が起ころうともそれは分散型エコシステムであり あなた方がコントロールするものであり、アメリカ合衆国ではありません

カルダノの生死を決めるのはあなたです

それが分散型エコシステムのポイントです

暗号通貨とNFTの投資家トレーダーユーチューバーメイソン氏

12月15日にXRPの訴訟が終わるかも?

チャールズ・ホスキンソン氏(カルダノ創業者)は、その可能性があると言っている!?

なぜ人々は証券取引委員会の訴訟を恐れているのでしょうか。ガーリングハウスは、アメリカにはリップルやそのトークンを倒す力はないとさえ言っています。彼らは、アジアや他の大陸でより多くのコネを持っています。しかし、彼らが負けたとき、規制の力は増大し、混乱をもたらすだろう。

私は法律の専門家ではありませんが、裁判官の略式判決、証拠、裁判所の仲間の数を考えると、これほど早く判決文を出すことはほとんど不可能だと思われます。私は間違っていることを願っています。

こんな機密情報を動画で公開するわけがない。騙されるな!これは偽りの絶望を拡散しているだけだ。

一粒の価値さえない。 どんな話題でも、毎日どれだけの噂を耳にするか……。

XRPはこの訴訟で数億ドルを費やした。このエネルギーを費やした訴訟の後、XRPは長期投資家を失望させないよう、市場価値運用をしっかりやってくれると信じるに足る理由があります。

暗号通貨ブロックチェーンメディア:U.Today

チャールズ・ホスキンソン氏は、#Ripple と#SECの法廷闘争が12月15日に終わる可能性があると共有しました

デジタル・パースペクティブの創設者公式アカウント

このクリップを聞いてください #チャールズ・ホスキンソン氏の発言、SECvsリップルの件は2022年12月15日に和解するという噂があるそうです。

その噂は嘘です。こいつはxrpコミュニティに対して辛口なので、”噂 “を信じてはいけない。
もし、来週に和解があるとしたら、そう言う兆候が市場に出ているはずだ

興味深い意見ですね。 チャールズがそのような深いことを言うために、自分の評判を犠牲にするとは思えません。

最悪なのは、もしそれが実現しなければ、彼はすべての信用を失い、その過程でカルダノのエコシステムに損害を与えることだ。

私の理解では、もしSECが和解すれば、XRPとBTCだけが明確になり、他の暗号はまだSECのターゲットになり、それは破滅的でしょう。

彼はXRPのコミュニティを大いに荒らしている…それが起こらなかったら、彼は大丈夫、それはただの噂だったと言うだろう😂😂😂。

暗号通貨ユーチューバー:デジタルアセットインベスター

12/10/22-チャールズ・ホスキンソン氏、12/15に和解の噂を聞いたと発言。

ビットコイン狂が最近よくXRPをバッシングしている+チャールズは次は自分だと怖がっているようだ

深刻なドル危機・流動性危機が起こるまで和解はできない。上告されて最高裁に行くかもしれないので、何年もかかるかもしれない。 私たちはまだ始まってもいない

2023年がトークンの強気な動きで始まるとしたらどうでしょう?ステラには、カンナコイン、アクア、ストロンゴールドなど多くのプロジェクトがネットワーク上にあります。xrpは言うまでもなく、フレア、ソングバード、カジノコインなどのトークンをネットワーク上に持っています。

価格が下がっている、和解の話が入って来ていない。私たちを落胆させるためのごまかしです。

自由のために戦うチャールズさん🤣🤣🤣🤣

彼は自分が次に来ることを恐れているとは言いませんが、間違いなく自分が候補に挙がっていることを自覚しています。

なぜまだそんなにネガティブなのか?

正直なところ、チャールズは米国史上初の暗号通貨を支持することを拒否しているのですか?それは、あなた自身のプロジェクトの整合性を脅かすことになるからではありませんか?現実を見ましょう。あなたも私もXRPが他のものよりも分散型であることを知っています。

初めてではないでしょう。EOSは数年前にSECと和解している。しかし、もちろん、和解は他の暗号業界にとって何の役にも立たないので、チャールズが安心することはないでしょう。XRPを助けるだけでしょう。SECはまだ、次に誰を狙うかを自由に選ぶことができます。

弁護士:シール氏

12月15日の #リップル決済 の噂を聞いた人いる?🤔

フォックスビジネスジャーナリストエレノア・テレット氏

それは真実ではない

集団訴​​訟弁護士ジョンディートン氏

エリーの情報源は 誰よりも早く知ってるはずだ 彼女は “違う” と言ってる

私の疑問は、何が真実なのかということです。

フォックスビジネスが、和解が予想されると言って、グラフィック担当者にそれを入力させ、ホスキンソンも非常に具体的に言っています。

このような具体的な噂はどこからともなく出てくるものではありません。 エレノア・テレットさん彼らに聞いてみたらどうでしょう?

暗号通貨ユーチューバー:Thinking Crypto

🚨 リップルxrpの訴訟は12月15日に決着とチャールズ・ホスキンソン氏が言っている!

リップルの和解は、cardano, xlm, algo, dgb, light coin, extraなどの様々な暗号に何らかの明確さを与えるかもしれません。私は真剣にSECがこの損失を受け止められるかどうか疑っています。

もし彼が間違っていたら、さらに彼の評判を落とすだけで、本当に不機嫌な気分になるでしょう…彼がそれを作ったのなら、彼の最終的なゲームが見えません…誰か彼の考えを知っていますか?

あくまでも噂です。

マジで言ってるのか?

チャールズは他の人と同じように、このことを知らないはずだ。
もし15日に和解が成立したら、私はすべてのXRPをADAに交換するつもりだ 笑

1 ADAはゴミです… 2つ目は、もしそれが本当なら、間違いなく数日前に大規模な動きが見られるでしょう…私はADAよりもCSPRを信頼しています

チャールスを信じてはいけない、彼は証拠を提供していない。少なくとも、イーサゲートの人々は記録と文書化された証拠を持っています。だから、彼は陰謀論者と呼ばれる人々よりも悪いです。

彼はXRPコミュニティをバカにしています。15日以降、あなたは再び彼のことを真剣に考えることなどできないでしょう。彼の身振り手振りが全てを物語っています。彼は、どんな理由であれ、演技をしているのです。

暗号通貨ユーチューバー:ジャングル株式会社

リップル対SECの和解。チャールズ・ホスキンソンは何に怯えているのか?

では、なぜチャールズ・ホスキンソン氏が15日にリップルが和解したら大惨事になると言ったのか、その理由はここにあります。

なぜなら、もし #XRP に透明性が与えられ、他の資産に同じものが与えられないとしたら。

そして、他のすべての資産は、リップル社が2年間経験したのと同じ地獄を経験しなければならなくなるのです。

チャールズ・ホスキンソン氏は、リップル社の件で今月15日に和解に至るだろうと聞いている。もしそれが本当なら、この理由で市場全体を吹っ飛ばすと思います。

チャールズ・ホスキンソン氏は、SECが12月15日に#XRPと和解するという「噂」をいくつか耳にしたと述べています。この男を信用せず、ただ何もしないことだ。

XRP案件が12月15日に終了?なぜチャールズがリップルについてそのようなコメントをしたのか、なぜそれが悪いことだと思うのか、誰か説明してくれませんか?

チャールズ・ホスキンソン リップル決済の噂、#XRP -0.78% 😂唯一XRPだけ

2022年12月10日

結論

訴訟予想は、50.12%の確率でリップル勝利 29.88%の確率でSECが勝つ。リップルが負ける可能性があるが、その中で勝つ可能性は19.11%で、これは引き分け。

YOUTUBEリンク

私の予想は結果の可能性に基づいて行われます。

私の予想は結果の可能性に基づいて行われます。

なぜなら、考えられる結果がいくつかあり、次の10分から15分で、それをすべて説明します。

この事件は正式にトーレス裁判官の手に渡った。

彼女はその気になれば明日にでも意見を述べることができるだろうが、それはしないだろう。

まず最初に言っておきますが、SECの準備書面は、以前の2通よりもはるかに優れています。

以前の2通は印象的ではありませんでしたが、この準備書面はずっと優れており、少なくとも、xrpが証券として販売されたという立場について、裁判官にまとまった考えを与えており、良い仕事をした思いました。

裁判所は、議論の余地のない事実と状況をすべて分析すべきです。

これには被告の発言と行動、xrpとリップルの経済実態、財務的要因と契約上の条件が含まれています。

xrpの販売に関する契約条件(投資意図を示す価格調整値引きなど)議論の余地のない事実は、投資家がxrpにお金を払い、リップル社はその資金をxrpの普及と利用価値の追求のために使用すると述べたこと。

リップル社はまた、投資家に対して、xrpが成功した場合の価値を見出すと述べたこと。

投資家に対して、もし成功すれば、xrpの需要は増加し、xrpの利益を得られるよう投資家の期待を集めていた。

機関投資家を含む投資家はxrpに20億ドル以上を投資し、彼らは期待をしていたので、リップル社とその主要株主はxrpの巨大な山を所有していた。

リップル社とその主要な意思決定者は巨額のxrpを持ち、彼らがした約束を守り、彼らが資金的に必要としたことを行うために売上金を大規模な取り組みに充てる、それはxrpの価値を高めることだと。

SECは以前に起訴して成功した事例をうまく利用していると思います。

テレグラムやLBRYの事例、そしてもちろんキック・インタラクティブの事例も説得力のある資料として使っています。

キック訴訟は、トーレス判事と全く同じニューヨーク南地区で判決が下されたため、リップル社にとって最も問題であった

しかし、リップルは私が前に見たことがないような戦いをした

私は感動した、私は簡単に感動しない

リップル社の最終準備書面を見ると、どの法的問題にも足を踏み入れていることがわかる。

第一に、SECはxrpのすべての販売行為が金銭的なものであることを証明できていないこと。

第二に、xrpは投資契約として販売されていないこと

第三に、共通の企業体は存在しないこと

第四に、xrp購入者は投資契約を締結していなかったこと

購入者はxrpの価格を上昇させるためにリップル社に頼ってはいなかった。

裁判所は、SECの権威を定義する法律を改正するよう求めている。

SECが反論を勝ち取るためには、裁判所が、投資契約が存在しうるというSECの理論を支持する必要がある。

SECが企業とは何かと言うことも、そのような企業を定義する要素のいずれかを証明することもできないとしても、引用された共通の企業が存在しうるという証券取引委員会の理論を支持しなければならないだろう。

リップル社は努力する約束をせず、その義務をはっきり表明しなかったにもかかわらず、また、

利益が圧倒的にリップル社の努力ではなく、市場の力によるものであるにもかかわらず、 リップル社の努力から利益を期待することは合理的であったとする証券取引委員会の説を支持する必要がある

法廷はまた、リップル社に参加しないと明言したすべての意見書が、リップル社に参加すると結論付けなければならないだろう。

彼らは共通の企業に参加したわけではなく、企業に参加し、そこから利益を期待したりすることはリップル社の努力に基づくというのは間違っている。

私は議論と事例について多くの時間を費やして考えてきた

私は今、非合法な準備書面を提出できることを誇りに思います

リップル対SEC事件の予想をするにあたり、この事件のすべての申し立てを読みました

すべての公聴会を聞きました

すべての問題を研究しました

彼女がどのように判断するのか見るために、トーレス判事の他の意見も読んだ。

引退した連邦判事とも相談したのだが、彼らは私を嫌っていた。

リップル社勝訴の可能性

私は、リップル訴訟には4つの可能性があると考える。

あなたが正確さを好むことを知っているので、私はそれぞれの可能性に正確に起こる確率を示した。

パーセントの確率で起こることであり、私が最も可能性が高いと思うものから始めることにします。

パーセントの確率で起こることであり、その結果は太鼓判です

私は正確に49.56パーセントだと思います。

その確率でリップル社が略式判決で勝利し、xrp が証券として販売されておらず、リップル社の勝利となる。

リップル社が勝つと思う理由は、リップル社はxrpの購入者に対して、販売後に法的義務を負わなかったからです。

この問題については、上訴ではリップル社が勝つかもしれないが、審判レベルでは勝てないと考えている弁護士もいる。

トーレス裁判官の他の意見も読んだが、彼女はまさにこのような勇気ある判決を下すような裁判官だと思うし、この問題ではリップルが勝つと思う。

リップル社がこの問題で勝つと思うのは、リップル社が正しく、先月にパラダ