1時間で30万円稼ぐ資産構築法プレゼント中!

リップル社SEC訴訟問題進捗

SEC ファイル 略式判決の申し立て。

SEC Motion for Summary Judgment.pdf
Shared with Dropbox
  1. 最新情報
    1. 11月19日 ゲイリーゲンスラーはFTXに自由を与えたが、一方でキム・カーダシアンを追及した。SECの選択して実施する規制は、業界に害を与え、消費者を保護することができない。
    2. 11月19日 ニュースポーツエコノミー研究所(以下、「NSEI」)は、SECの略式判決に対する申し立てを支持するアミカス・ブリーフを正式に提出しました。
    3. 11月17日 第6回「#リップルスウェル」が開催されました!今朝、cnbcKarenと一緒に登壇し、暗号に影響を与えるマクロ経済要因など、リップルに関するあらゆることを話し合いました。スレッド…
    4. 11月17日 クリプティリアン・ペイメント・システムズLLCは、SECの略式判決申し立てに対するリップル社の異議告知書を支持するアミカス・ブリーフを正式に提出しました。
    5. 11月17日 ウィリアム・マイケル・カニンガムは、彼の個人の資格において、”公共の利益を支持 “するためのアミカスブリーフを提出する許可を要求します
    6. 11月16日 クリプトカウンシル・フォー・イノベーションは、リップル社の被告を擁護し、SECの略式判決申し立てに反対するアミカスブリーフィングを正式に提出しました。
    7. 11月16日 リーパー・ファイナンシャル・エルエルシーは、リップル社の略式裁判の申し立てを援護するアミカスブリーフを正式に提出しました。
    8. 11月16日 Veri DAOは、被告の略式判決申立を援護するアミカス・ブリーフを正式に提出しました。
    9. 11月16日 XRPホルダー6社は、SECの略式判決申し立てに対する反対意見として、正式にアミカスブリーフィングを提出しました。
    10. 11月16日 パラダイム・オペレーションズは、SECによる暗号資産自体の証券化に反対するアミカス・ブリーフィングを正式に提出しました。
    11. 11月16日 ブロックチェーン協会が正式にアミカスブリーフを提出しました。”SECの証券取引法の極めて広範囲にわたる規制の解釈は、業界(そして業界外にも)に壊滅的な影響を与えるだろう。”
    12. 11月16日 リップル社の スーザンフライドマン は2022年11月14日、英国議会財務省委員会で、暗号資産の本質的価値と使用事例、英国が暗号技術革新の拠点となるための道筋について証言しました。
    13. 11月15日 コインベースは、リップル社の公正通知による主張を支持するアミカス・ブリーフを正式に提出しました。
    14. 11月15日 トーレス裁判官は、アミーチ・ブリーフの提出のための申し立てを認めました。2022年11月18日までに、協会、XRP 所有者6名、Coinbase、CCI、Valhil、Cryptillian、Veri DAO、Reaper Financial、InvestReady、NSEI、Paradigmは、正式な準備書面を提出しなければなりません。
    15. 11月12日 パラダイム・オペレーションズ、SECによる暗号資産そのものの証券化に反対し、申し立て(Motion to File Amicus Brief)を提出。
    16. 11月12日 XRP_Productionsは、ミンガス&ミンガス法律事務所の協力を得て、SECを支持するアミカスブリーフを提出するための申し立てを作成しました。
    17. 11月12日 XRPを利用したオンラインデジタルウォレットサービスを提供するクリプティリアン・ペイメント・システムズ社は、SECの略式判決申し立てに対するリップル社の反対意見を支持し、提案書とともにアミカスブリーフを提出する動議を提出しました。
    18. 11月11日 ニュースポーツ経済研究所(以下「NSEI」)は、SECを支持するアミカス・ブリーフィングの提出を申請しました。
    19. 11月11日 この国の有益な規制よりもSECの権力追求を高めようとする彼の主張は、経済に深刻なダメージを与えている。
    20. 11月11日 InvestReadyは、SECを支持するアミカスブリーフを提出する申し立てを行いました。
    21. 11月10日 SECが暗号通貨プラットフォームFTXが今週突然崩壊したことを受けて、調査を行っていて、コインベースとバイナンスも調査していることをウォールストリートジャーナルが言及
    22. 11月9日 LBRY裁判がリップル裁判に影響してはいない10の理由(@JohnDeatonのライブキャスト順) 🧵(1/11)
    23. 11月8日 暗号弁護士John Deatonは、LBRYcomの判決がRippleの訴訟や #XRP に関して、「ほとんど心配する必要はない」と考えています。
    24. 11月9日 このような判決のために、18ヶ月の訴訟と数百万ドルの弁護士費用がかかるのです。
    25. 11月8日 【速報】ニューハンプシャー州裁判所、LBRYがLBCを担保として提供したことを認め、公正通知の主張は無効とする。
    26. 11月4日 ゲンスラー委員長は11月2日、SECが「国民の熱意と並外れた能力を一体化させている」と賞賛するスピーチを行ったが、我々はとうとう何かに気づいたようだ…。
    27. 11月4日  Veri DAO LLC は、Amicus Brief を提出するための申し立てを行いました。
    28. 11月4日 SECは、すべての当事者の回答ブリーフの提出期限を2022年11月30日まで延長する動議を提出し、追加のアミックスブリーフを2022年11月11日までに提出するよう裁判所に命ずるよう要請しています。リップル社は同意しています。
    29. 11月4日 2人の弁護士がVeri DAO LLCを代表してアミカスブリーフを提出できるよう、Motion to Appear Pro Hac Viceを提出しました。
    30. 11月3日  Cryptillian Payment Systemsは、SECの略式判決申し立てに対するリップル社の反対意見を支持するAmicus Briefを提出するよう要請しています。
    31. 11月2日 最近の報道では、SEC職員が「非通信」プラットフォームを使用して公務を行い、連邦記録保存法を遵守していないことが指摘されています。
    32. 11月1日 以下は、SEC v. LBRY事件の略式裁判の公聴会の記録です。
    33. 11月1日  Valhil Capital, LLC は、Ripple 社の被告による略式裁判の申し立てを支持するアミカス・ ブリーフを提出する許可を申請しました。
    34. 11月1日 Crypto Council for Innovationは、SECの略式判決申し立てに対するリップル社の被告側準備書面を支持するアミカスブリーフを提出する許可を要請しました。
    35. 11月1日 コインベースは、リップル社の公正通知に関する主張を支持するアミカスブリーフを提出するよう要請しています。
    36. 11月1日 ネットバーン連邦地裁判事は、2018年6月のヒンマン氏の講演のうち、SECに保留されている判断材料について述べた2つの原稿に修正を加えるというSECの要請を認めました。
    37. 10月29日 Spend The Bits Inc.は、リップル社を支持するAmicus Briefを正式に提出しました。
    38. 10月29日 Institor Choice Advocates Network(以下「ICAN」)は、リップル社を支持するAmicus Briefを正式に提出しました。
    39. 10月29日 本日、私たちは、@Ripple社に対するSECの2年にわたる法廷闘争において、Howeyの正しい解釈を支持するアミカスブリーフを提出したことを発表しました。
    40. 10月28日 SECの監察総監室はSECが暗号を管轄しているかどうか「不確かである」と結論づけています。これは、SEC自身の広報が打ち出している話である。
    41. 10月27日 SECは、Investor Choice Advocates NetworkおよびSpendTheBits, Inc.によるアミカスブリーフの提出の申し入れに対して何の見解も示しませんが、SECの略式裁判の申し立てを支持する回答準備書面で回答できるように要請します。
    42. 10月22日 Spend the Bitsは、アミカスブリーフの提出を申請しました。 申請書と準備書面案は以下の通りです。
    43. 10月22日 SECは、リップル社の被告による略式裁判の申し立てに対する反対意見書を提出しました。
    44. 10月21日 18ヶ月以上経過し、6つの裁判所命令を受けて、我々はついにヒンマン文書(SECの内部メールと悪名高い2018年のスピーチの下書き)を手に入れました。
    45. 10月19日 🚨 SEC v. Ripple に関する更新 (2) – 封印された今夜のさらなるファイリング (非公開):
    46. 10月19日 ドキュメント・ライブラリに追加されました。Phillip GoldsteinとInvestor Choice Advocates Network(ICAN)によるアミカスブリーフ提出のための添付書類
    47. 10月19日 🚨 SEC v. Ripple の更新:リップルとガーリングハウス、クリスラーセンは(封印された状態で) 覚書を提出しました
    48. 10月18日 JW VerretはSECの職員が議会からの監視を逃れるためにWhatsAppのようなシグナルアプリを使っていることを言及
    49. 10月16日 この訴訟が展開されるにつれ、私の怒りは大きくなっています。
    50. 10月15日 SECがJ・トーレスのヒンマンEメール引渡しの決定を不服としたのかどうか、誰か教えてください。確か、午後11時か真夜中まであったはずです。外出していて見逃しました。
    51. 10月15日 被告を支持する @TapJets が提出したアミカスブリーフ、および Exhibit A (Eugene Kesselman による専門家証言) 👇
    52. 10月14日 Torres判事はHinmanのメールを引き渡すことに対するSECの反対意見を覆したが、いつ引き渡すべきかは明言していない。したがって…
    53. 10月13日 I-Remitは、リップル社の略式判決に対する被告側申立てを支持するアミカスブリーフィングを正式に提出しました。
    54. 10月12日 SECの計画Kim Kardashian、Monkey JPEGsをターゲットにし、Gary GenslerをTVに送り込み、SECが投資家を保護することを宣伝する。
    55. 10月12日 【速報】Bored Ape Yacht Clubを作ったYuga LabsにSECが調査を開始。
    56. 10月12日 Torres判事は、SECの反対を押し切って、I-RemitとTapJetsの、Rippleを支持するアミカスブリーフの提出要求を認めました。
    57. 10月11日 いわれのない嫌がらせを続けるXRP荒らしの大半をブロックしたつもりです。これほど過激に言葉を拾って走る集団は見たことがない。
    58. 10月8日 カルダノ創業者、ヒンマン氏のイーサリアムとの利益相反に関するXRP保有者の主張は「大陰謀」であると発言
    59. 10月7日 SEC は、トレス判事が最初の要求を却下することを承知の上で、再検討の申し立てを既に行っていると思いますが、Sec はギリギリまでそれを保留し、可能な限り延期するためにファイルを提出しますか?
    60. 10月6日 リップル社は、SECと、I-RemitとTapJetsのアミカスブリーフ提出の申し立てに反対していることを非難しています。
    61. 10月5日 SECはI-RemitおよびTapJetsのアミカスブリーフ提出の動議に反対しています。
    62. 10月3日 SEC、暗号セキュリティの違法な売り込みでキム・カーダシアンを告訴
    63. 10月3日 I-Remitのアミカスブリーフは、数ページの短いものですが、強力なパンチがあります。
    64. 10月1日 HoweyテストはRippleテストに取って代わられるのでしょうか?
    65. 10月1日 誰もが今日までにSEC事件の判決が出ると思っていたが、判事は判決を出していない。
    66. 10月1日 プライベートジェットのチャーター会社である TapJets は、Ripple を支持するアミカスブリーフを提出するよう要請しています。
    67. 9月30日 RippleNet ソフトウェアを使用するグローバルな決済送金会社である I-Remit, Inc.は、Ripple 被告の略式判決申立を支持し、アミカスブリーフの提出を申請しています。
    68. 9月30日 速報:トーレス判事は証券取引委員会の異議を却下し、ヒンマン文書の提出を命じました。
    69. 9月30日 速報:トーレス判事は証券取引委員会の異議を却下し、ヒンマン文書の提出を命じました。
    70. 9月29日 今回、彼らは、誰も投資を行わず、金銭の授受がなくても、エアドロップはHoweyテストの「金銭の投資」の原則に合致すると言っている。
    71. 9月27日 裁判官の判決を待っている。LBRYの社員は皆、ただ待っています。
    72. 9月27日 「30分前のプレーにペナルティフラッグを投げるレフェリーの反応を想像してみてください。信じられないという気持ちと憤りが健全に混ざり合い、その審判が不合理かつ恣意的にゲームを台無しにしているという強い見方が生まれるのは間違いないでしょう」
    73. 9月26日 結論から言うと、新しい暗号化プロジェクトが2つの「ステップ」で設定されているのを見ると、不安になります。これは巧妙に見えますが、トークンが資産の売却であるというリップル社の主張と、トークンが「ユーティリティ」トークンであるというLBRY社の主張の両方を取り去ってしまう
    74. 9月26日 トーレス判事がリップル社の略式裁判の申し立てで明示された主張を全面的に採用するのは当然の結論だと考えているなら、あなたは過信している可能性があります。
    75. 9月25日 これは、XRPという資産がそれ自体で証券であるかどうかを決定する必要性を法廷に与えることを避け、誰によるものであれ、その販売または提供を投資契約の一部とするSECの悪賢い戦術を示すものです。
    76. 9月25日 以下は、私が解釈するSECの主張です。
    77. 9月24日 SECによると、もしあなたがXRPを買ったら、あなたがそれをどうしようと共通の企業に投資していることになるのです。
    78. 9月22日 ブラッドは、#XRPHoldersが聞きたくないことを言いました。
    79. 9月22日 判事が判決を下すまでにどれくらいの時間がかかるかです。2ヶ月かもしれないし、6ヶ月から8ヶ月、9ヶ月かもしれない。
    80. 9月22日 人々は、リップル社の略式裁判が成功すれば、すべての暗号資産に適用され、SECがその判決を尊重し、暗号に対する戦争を止めるだろうと考えています。彼はそうしないでしょう。
    81. 9月21日 SECは、外国の取引所が米国内で1つのサーバーを維持する場合、米国内のどこで行われた暗号販売に対してもSECの管轄権を与えると主張しています 🌎
    82. 9月21日 リップル社の被告は、他の裁判所に情報または意見を提出する第三者が準備書面を提出した場合、追加の時間やページを求めるというSECの提案に反対しています。
    83. 9月21日 私は今後2ヶ月以内に和解があるとは思っていない。
    84. 9月19日 欧州中央銀行、デジタル#ユーロのパートナー5社を最終決定、うち1社は#リップル社のパートナー
    85. 9月19日 私は見つける必要があります“被告の第一質問状に対する原告の異議申し立てと回答”
    86. 9月18日 ついにこの日がやってきました。私たちの略式裁判の申し立ては公開されており、こちらで見ることができます👇。
    87. 9月18日 【速報】リップルラボ、Brad Garlinghouse、Chris Larsenが略式判決を求める申し立てを行いました。
    88. 9月17日 ゲンスラーは、「投資家が一般企業の努力に基づく利益を期待している」場合、それは証券であると述べました。裁判所はすでにこれを否定しています。
  2. 今後のスケジュール

最新情報

11月19日 ゲイリーゲンスラーはFTXに自由を与えたが、一方でキム・カーダシアンを追及した。SECの選択して実施する規制は、業界に害を与え、消費者を保護することができない。

元陸軍特殊部隊隊員、オハイオ州第8区選出議員
ウォーレン・デビッドソン氏

左はFox Business Networkの金融ジャーナリストチャールズ・V・ペイン氏。

Foxの「Making Money with Charles Payne」の司会者

Fox Businessはアメリカのビジネス ニュース チャンネル

ゲイリーゲンスラーはFTXに自由を与えたが、一方でキム・カーダシアンを追及した。

SECの選択して実施する規制は、業界に害を与え、消費者を保護することができない。

私は、トークン分類法を制定し、規制を明確にし、この問題を解決します。

カーダシアンの件でSECの人手が2年かかるわけではありません。

LBRYとRippleに対するケースは、まさにそうでした。彼らは何を達成したのでしょうか。

XRPやLBCの投資家で、SECを支持したり、SECに守られていると感じている人は一人もいない。

彼らはSECに虐待されていると感じているのです。

本当の責任は議会にある。

なぜゲンスラーはFTXに優遇し、CoinbaseはSECが押し付ける規制上の不利益に苦しむのか?

>>

まさにその通り

ウォーレン・デビッドソンが@cvpayneに真実を語る。💯

気を付けてください、@CarolineDPham。

この記事によると、ゲンスラー議長は、FTXが “デリバティブ取引所 “だったという理由で、その失敗は、あなたがたに責任を負わせるつもりだそうです。

油断は禁物だ…

https://fortune.com/crypto/2022/11/16/sec-chair-gary-gensler-in-a-corner-as-congress-seeks-answers-over-ftx-mess/

ゲンスラーにとって不利な状況だが、だからといって彼が職を失うとは限らない

民主党の関係者は、ゲンスラーの戦略は、FTXと他の大きな暗号取引所を海外で維持したヒーローとして自分自身を演出することであり、暗号を嫌う影響力のある保守派は、このために彼を賞賛するだろうと教えてくれました。

方、ゲンスラーは、SECの姉妹機関であるCFTCがデリバティブを監督する責任を負っているため(FTXはデリバティブ取引所だった)、そちらの責任も問うと言われています。

ゲンスラーはSECに広範囲の暗号の管轄権を主張しているため、これは不誠実な対応です。

デリバティブ取引所が証券取引委員会と何を話し合っていたのか、教えてほしいものです。

>>

良い視点ですね

FT: ゲーリー・ゲンスラー氏が率いる証券取引委員会は、「市場の全体的なリスクに取り組むよりも、暗号を違法に宣伝したキム・カーダシアンを告発するなど、注目を集める執行措置に注力してきた」と述べている。

https://www.ft.com/content/b1d7ee93-8f4d-4050-98f3-84958267864a?shareType=nongift

※フィナンシャル・タイムズ・・・イギリスで発行されている経済紙。2015年11月30日、日本経済新聞社が当初の親会社ピアソンから1600億円で買収。2019年4月1日、有料購読者数が100万に同日達したと発表

今週行われた公聴会で、ある議員が、破綻した暗号通貨取引所FTXを監視する責任がどの機関にあるのか、規制当局に質問したところ、気まずい間が続いた。

サム・バンクマン=フリードの320億ドル規模の帝国が崩壊した後、ワシントンの議員や規制当局者は、FTXがうまくいかなかった責任をお互いに追及してきた。

独立系調査会社キャピタル・アルファ・パートナーズの金融政策アナリスト、イアン・カッツ氏は、「責任のなすりあいが起こっているのは確かで、今後も続くだろう」と述べた。

しかし、連邦準備制度理事会、連邦預金保険公社、通貨監督庁の主要な監督当局を含む全米トップの銀行規制当局は、議員の質問は、代わりに証券取引委員会や商品先物取引委員会などに向けられるべきだと主張し、そっぽを向きました。

FRBの監督担当副議長であるマイケル・バー氏は、火曜日、上院銀行委員会のメンバーに対し、市場規制当局は「この分野において最初に着手すべき場所」であると語った。

「市場規制当局には既存の権限があり、それを十分に活用できるようにしたい」。

SECの批評家は、ゲーリー・ゲンスラー委員長がかつて暗号市場を「荒野」と表現したが、同委員会は市場のシステムリスクに取り組むよりも、暗号を違法に宣伝した有名実業家キム・カーダシアンを告発するなど、注目を集める執行措置に注力していると反論した

また、ゲンスラー氏はデジタル資産に関する規則を明確にするべきだとも述べている。

しかし、SEC委員長は、既存の証券法は十分に明確であると主張し、ほとんどのトークンが証券として認められるという前提で、暗号プラットフォームがSECに登録することを繰り返し促してきた。

ゲンスラー氏は先週、CNBCにこう語った。

“暗号は “著しく法律に準拠していない分野ですが、それは規制を持っており、それらの規制はしばしば非常に明確です。”

彼はまた、暗号を監督するためにSECにもっと力を与えるように議会に要求しています。

SBFは詐欺師であり、犯罪者である。しかし、ゲンスラーはすべてのエネルギーをどこに注いだのでしょうか。彼は暗号執行のためにSECスタッフを倍増させ、以下のような非詐欺事件に焦点を当てました。

LBRYcom、リップル、ドラゴンチェーン、ブロックファイ

11月19日 ニュースポーツエコノミー研究所(以下、「NSEI」)は、SECの略式判決に対する申し立てを支持するアミカス・ブリーフを正式に提出しました。

ニュースポーツエコノミー研究所(以下、「NSEI」)は、SECの略式判決に対する申し立てを支持するアミカス・ブリーフを正式に提出しました。

https://www.dropbox.com/s/70qken00dj52egr/NSEI%20Amicus%20Brief%20in%20Support%20of%20SEC.pdf?dl=0

11月17日 第6回「#リップルスウェル」が開催されました!今朝、cnbcKarenと一緒に登壇し、暗号に影響を与えるマクロ経済要因など、リップルに関するあらゆることを話し合いました。スレッド…

※スウェルとは?・・・例年開催されている協議会でリップル社が年に1度開催する大型行事。

第6回「#リップルスウェル」が開催されました!今朝、@cnbcKarenと一緒に登壇し、暗号に影響を与えるマクロ経済要因など、リップルに関するあらゆることを話し合いました。

スレッド…

この数週間(そして今年の浮き沈みも含めて)で起こったすべてのことを考えると、暗号とブロックチェーンで現実世界の問題を解決することについて本音で語り合うために、私たちが直接集まることがより重要なことだと感じます。

ステージで言ったように、透明性と信頼に焦点を当て続ければ、その結果、暗号はより力強いものになると私は強く信じています。リップル社はこの点で先頭に立ち続けていますし、今後もそうし続けるでしょう。

とても喜ばしいことに、今週はいくつもの重大な発表がありました (その1)

-我々は、リップルネット上で300億ドルの支払いを行いました(現金と暗号の両方)

-私たちは、@MFS_Africaと提携し、アフリカにODLを導入することになりました。

https://ripple.com/ripple-press/ripple-expands-into-africa-partnering-with-mfs-africa-to-bring-the-benefits-of-crypto-enabled-payments-to-the-continent/

※ODLとは?・・・On-Demand-Liquidity(オンデマンド流動性)の略。リップル社が提供するXRPベースの決済ソリューション。XRPを2つの法定通貨間のブリッジ通貨として用いることで、送金先市場で事前に資金を保有することなく、即時かつ低コストでの決済を実現する。

やっさん
やっさん

ポイント

・サハラ以南のアフリカで3億2000万を超えるモバイルマネーウォレットと接続しているMFSアフリカと提携(サハラ以南のアフリカの60%を接続)

・アフリカの人口は急速に増加しており、2030年までには17億に達し、アフリカ自体が世界の1兆ドルのモバイルマネーの70%を占める(前年比で取引額7014億ドルの39%増)

・MFSのCEO は「リップルとのパートナーシップは、ブロックチェーン技術を活用してアフリカ大陸の顧客や 企業への影響を拡大していくという当社の暗号戦略に、確信と重要性と思い切った最初のステップを意味します。 新しい経済における成長」と述べています。

お知らせ(その2)と今後の予定

-外国為替市場の90%を占める約40カ国の払い出し市場がODLで稼動しました。

-全世界で19企業以上の新規および更新された法定通貨ベースのODL顧客

-@realsupermojoはETHを調達するために流動性供給源(Liquidity Hub)を使用して稼動しています。

https://ripple.com/ripple-press/ripple-expands-on-demand-liquidity-to-nearly-40-payout-markets-adds-machine-learning-capabilities/

やっさん
やっさん

ポイント

・ODLパートナーの拡大

・40カ国の市場に払い出しを提供(FX市場の約90%)

リップルネット内で人工知能を活用。顧客に変わりウォレット内の管理、最適化が可能に。

・今後さらに90%以上の手数料の削減を提供。

・今年だけでリップルネット上で数百億ドルの資金が通過

逆風が吹いていますが、送金、個人間決済、多額の資金調達、財務管理など、お客様が世界中で価値を移動させることに日々取り組んでいる @Ripple チームを、私は非常に誇りに思っています

XRPLプロジェクトXRdoge公式アカウント

XRP チェーンを利用している人、利用を考えている人は必読です。

ブラッドの言う通り、実世界の実用性を暗号の最前線にもたらすことが@Rippleの使命であり、私たちもこれを受け止めています。

XRDoge は実用的なトークンであると同時に #memecoin になる予定です – このスペースに注目してください。

現Ripple SF本社勤務ジェネラルエレクトリック最高財務責任者ジョージ・͡コダ氏
XRPLプロジェクトSVSToken公式アカウント

リップルスウェルの2列目にいる当社COO @JakeELeaver を見つけられてよかった💥 #SVSToken を招待した @Ripple に感謝!素晴らしい初日だった。🔵🟡

XRP YouTuberムーンランボ氏
ブロックチェーンソフトウェア企業musicia共同創業者アレックス・マローン氏

彼はここで、自分の仕事をしているのです

この件で、#Ripple と#XRP に対して今まで以上に強気になれました。

最高の仕事です。

また、彼自身に会えたのも素敵でした

Ripple/XRP/Flareのガイドと情報誌を作成しているXRP_Cro氏

XRP ODLのお客様

オンデマンド・リクイディティ(ODL)

リップルのオンデマンド・リクイディティ(ODL)サービスは、瞬時の決済を可能にし、事前に資金を用意する必要がないため、世界中の市場に最高クラスの払い出しを提供することができます。

✅リップルXRPの特徴

✅事前の資金準備の必要なし

✅リアルタイムの決済

✅世界市場への進出

11月17日 クリプティリアン・ペイメント・システムズLLCは、SECの略式判決申し立てに対するリップル社の異議告知書を支持するアミカス・ブリーフを正式に提出しました。

クリプティリアン・ペイメント・システムズLLCは、SECの略式判決申し立てに対するリップル社の異議告知書を支持するアミカス・ブリーフを正式に提出しました。

https://www.dropbox.com/s/kooissatieknimq/Cryptillian%20Payment%20Systems%20Amicus%20Brief.pdf?dl=0

やっさん
やっさん

ポイント

「購入したアイテムを使用または消費する願望」を持っているので証券ではない

顧客が支払う手数料のXRPは「消費」であり「投資」ではない

当社のカードを使用して商品を購入してもらうビジョンは、XRPの使用に関するリップル社とのビジョンとは異なり、「共有の企業」ではない

加盟店は、当社のシステムを利用して顧客に商品を購入してもらうことで利益を得ており、いかなる第三者からの利益を期待してはいない

主張

XRPは投資契約ではないため、被告の異議申し立ては認められるべきです。

クリプティリアンのカード保有者と加盟店は、毎日、XRPの非投資的利用の独自の例を何十件も実証しています。

各取引において、クリプティリアン社、商品またはサービスを購入するカード所有者、それらの商品またはサービスを販売する加盟店のいずれも、被告と共通の企業を構成せず、被告の努力に一切依存していません。

I. 証券取引法は適用されない

SECは1934年証券取引所法によって証券取引業を管理する権限を与えられていますが、「購入者が購入したアイテムを使用または消費したいという欲求によって動機づけられている場合、証券取引法は適用されない」と述べています。

United Hous. Found, Inc. v. Forman, 421 U.S. 837 (1975).

したがって、もし資産が「購入したアイテムを使用または消費する願望」を持って、使用、消費またはその他の方法で保有するために購入されたのであれば、証券法は適用されない。

Id. at 852-53

クリプティリアン社とそのユーザーによるXRPの使用は、被告による参加、監視、貢献とは無関係であり、商品やサービスの安全な取引方法としてXRPを使用したいという願望によって行われているので、XRPは商品として機能しており、証券法の対象ではありません。

米国最高裁によると、証券法は、「投資契約」が “人が自分の資金を共通の事業に投資し、宣伝者または第三者の努力のみから利益を期待させる契約、取引または仕組み” である場合に適用されるとのことです。

S.E.C. v. W.J. Howey Co., 328 U.S. 293, 298-99 (1946)

この基準は、現在、このHoweyテストとして知られているが、投資契約が存在するかどうかを判断するために用いられ、次の3つの要素で構成されている:

(1)共同の事業に(2)資金を投資したかどうか(3)他人の努力のみによる利益を期待しているのかどうか。

同上 II. HOWEYテスト クリプティリアンは、その手数料体系の一部として、プラットフォーム上の各取引に使用される暗号のわずかな部分を徴収しています。

この徴収は、サービスに対する手数料として、顧客の側での消費的な使用であり、投資とは見なされないため、前述に基づき、証券法は適用されないと思われます。

この取引が投資ではないにもかかわらず、Howeyの基準の下でも、第2項と第3項はこの問題では明らかに不成立です。

SECは、XRPの利用は被告の努力によるものであり、何らかの形で被告のコントロール下にあると主張していますが、単に共通の事業が存在しないだけです。

ECF 153 at 24.

SECは、被告を知らず、被告と連絡を取ったこともなく、被告の計画やプロジェクトとは無関係の目的で被告以外の関係者からXRPを購入したXRP購入者やユーザーを対象にすることはできないのです。

A. 一般的な企業ではありません

クリプティリアンは、カード所有者が商品やサービスの対価として暗号を加盟店に容易に送金できるようにする独自のプラットフォームで、送金時に金融機関を特に排除しています。

さらに、同社は複数のトークンタイプを許可していますが(相互変換はできません)、ユーザーにとってシームレスな送金を可能にしています。

さらに、決済方法は、あらゆる年齢層や技術レベルの人々が購入できる支払いカードの使用です。

これは、XRPの使用に関する被告のデザインとビジョンと「共通企業」ではありません。

被告が当初および現在計画しているXRPは、古典的な銀行送金方法、特に国際送金や「クロスボーダー」送金の追加、更新、代替となるものです。

ECF46の¶67、243、266、358、362を参照してください。

各クリプティリアンでの取引をさらに詳しく調べても、被告がデザイナースニーカーと引き換えにカード所有者がクリプティリアン経由でXRPトークンを加盟店に転送するのと共通の企業を形成したと想像するのは不合理です。

したがって、Howeyテストの2番目の要素である「存在する」は不適合とならざるを得ません。

B. リップル社の努力による利益の期待はない

クリプティリアン社は、そのプラットフォームで行われた各暗号取引(本件ではXRP)のわずかな部分を領得して、利益を得ています。

クリプティリアンの加盟店は、クリプティリアンのカード保有者に商品やサービスを販売することで利益を得ており、カード保有者は利益を全く期待していません。

これらのすべての例において、いかなる第三者の努力からも、そしてもちろん被告の努力からも、利益を期待することはありません。

クリプティリアンのカード保有者は、クリプティリアンのプラットフォームを使用して、クリプティリアンの加盟店に製品、商品、サービスの代金を支払うことを選択したに過ぎません。

従って、Howeyの第3の原則も不成立である。 結論 以上の理由により、当社は本法廷が被告の略式裁判の申し立てを承認することを謹んで要請します。

11月17日 ウィリアム・マイケル・カニンガムは、彼の個人の資格において、”公共の利益を支持 “するためのアミカスブリーフを提出する許可を要求します

ウィリアム・マイケル・カニンガムは、彼の個人の資格において、”公共の利益を支持 “するためのアミカスブリーフを提出する許可を要求します

https://www.dropbox.com/s/i5gv7nkwy3aisth/William%20Cunningham%20Pro%20Se%20Amicus%20Request.pdf?dl=0

22年11月15日付、非当事者の経済学者ウィリアム・M・カニンガムからアナリサ・トレス判事宛の手紙

私は、上記の訴訟等においてアミカスブリーフを提出する許可を裁判所に求めるため、自発的な立場で書きます。

ウィリアム・マイケル

カニンガムは、本事件におけるアミカス・キュリエの準備書面を提出する許可を得るための申し立てを行うにあたり、本覚書を提出する。

彼の知識と経験は、法廷に客観的で独特なリサーチと意見を提供するために重要な位置を占めている。

ちょっと独特な感じですが…リップル訴訟で提出されたアミカスブリーフの17回目の申請、遅かったですね。

また、$XRPについての言及はゼロで、リップル社については触れられていません。

今日はもう少し後で読むことにします。

これは興味深いアミカスブリーフです。

厳密には、5日遅れです。

彼はマクロ経済の議論を法廷に持ち込みたいのですが、これを個人でやろうとしています・・・。たとえ判事が許可したとしても、うまくいくとは思えない。

ELSアンバサダームーンチェイサー氏

あぁ、金融庁の回し者か…遅刻と暗号に関する知識のなさだけで、拒否されるはずだ。

>>

全く逆だ。彼は暗号の肯定派に見えるし、それを規制する上でのSECの限界を見ている。自国の政治的重要性と米国の国家安全保障の問題として、XRPや暗号一般に関連する米ドルの支配力について彼が何を言うのか、読むのが楽しみです👀。

※国家安全保障(こっかあんぜんほしょう、英語: National security)は、国家の独立や平和的生存権などに対して何らかの脅威が及ばぬよう手段を講じることで安全な状態を保障することである。また、その目的のための体制・組織などを指す場合もある。主として他国からの防衛をその主眼とするものである。

とは書いてない。そして、彼は暗号の専門家には見えません。むしろビットコインの専門家です。彼の主張(法的裏付けのない意見)は、論拠が乏しく、支離滅裂です。彼は文字通り、財務省に暗号を規制することを義務付けるよう裁判所に求めています – もちろん、財務省にはその権限はありません。

III. 結論 申立人は、このアミカスブリーフは、これらの問題に客観的で独立した視点をもたらすので、望ましいと主張する。

営利目的や政治的、組織的な関係に影響されず、公共の利益を直接的に訴えることができる。

現在のアミカスの大多数は、商業的、利益追求的な利害関係を持っており、訴訟当事者の利益追求のために、一般市民を保護することができないからである。

即ち、この訴訟の結果は、米ドルが世界の基軸通貨として支配的であり続けることができるかどうかに影響を与える可能性がある。

やっさん
やっさん

ポイント

今後提出される内容としては、リップル擁護、SEC擁護というアミカスというよりは、米ドルではなく仮想通貨がどのように経済に影響を与えていくかという展開が予想されます。

XRPが証券として判断されるかどうかが将来の法定通貨にも関与する可能性があるということも?

11月16日 クリプトカウンシル・フォー・イノベーションは、リップル社の被告を擁護し、SECの略式判決申し立てに反対するアミカスブリーフィングを正式に提出しました。

クリプトカウンシル・フォー・イノベーションは、リップル社の被告を擁護し、SECの略式判決申し立てに反対するアミカスブリーフィングを正式に提出しました。

https://www.dropbox.com/s/qy5om6jlm5ttsw0/Crypto%20Council%20for%20Innovation%20Amicus%20Brief.pdf?dl=0

I. デジタル資産に対する証券取引委員会の執行方針は、関係者から公正な通知を奪い、新たに出現したデジタル技術への投資と革新を阻害する危険性がある。

A. 行政法の原則は、特に新しく進化するテクノロジーの規制に関しては、公正な通知を要求する。

B. ここでのSECの措置は、予測可能性の追求や 公正な通知の原則に反するデジタル資産への取り組みを反映したものである。

C. SECの取り組みは、技術革新と投資を抑制する危険性がある。

D. 施行ではなく、規則制定が適切な道筋である。

II. 証券取引委員会を勝訴に導いた結果、執行に対する証券取引委員会の取り組みに重大な問題があることが浮き彫りになりつつある。

A. 既存の証券規制制度は、XRPのようなデジタル資産に機械的に適用することはできない。

B. リップル社が XRP を投資契約として提供・販売したという判断は、他のデジタル資産保有者や米国暗号産業全体に損害を与える可能性があります。

11月16日 リーパー・ファイナンシャル・エルエルシーは、リップル社の略式裁判の申し立てを援護するアミカスブリーフを正式に提出しました。

リーパー・ファイナンシャル・エルエルシーは、リップル社の略式裁判の申し立てを援護するアミカスブリーフを正式に提出しました。

https://www.dropbox.com/s/n3f93qq6uwqyrok/Reaper%20Financial%20Amicus%20Brief.pdf?dl=0

I. アミカスキュリエの関心ごと

1 Reaper Financial, LLC(以下「Reaper Financial」)のXRP Ledger(以下「XRPL」)の利用は、関係者や現・提案中のアミカスでは取り上げられてきませんでした。

以下にさらに説明するように、Reaper Financialは独自のデジタル通貨単位であるRPRを利用しており、

(i) XRPLに重なっている、

(ii) XRP自身を含む他のトークンの流通供給を削減するためのトークン投票に基づくプロジェクトであるという点でRipple Labsまたは他のアミカスとは完全に別の使用事例を持っている、また

(iii) XRPL使用時の「取引コスト」に関連して端数の多いXRPを使っている–。

XRPLとXRPが本質的に証券であると裁判所が認定すれば、Reaper Financialの能力(及び他の類似の立場にあるプロジェクト)が生き残るために深刻な打撃を受けることになります。

Reaper Financialの利益は、法廷からアミカスの地位を与えられた他の団体の利益と重なりますが、XRPLとXRPの使用事例は同時に斬新かつ独特であり、被告や他のアミカスによってその効果は十分に扱われることはないでしょう。

Reaper Financialは、XRPに加えて、 XRPLの構成要素であるソフトウェアコード自体があらゆる種類の証券であり、本件におけるSECの訴訟理論によれば、Reaper Financialは定義上、無登録証券の販売に従事しているというSECの明らかに数年来の立場に大きな懸念を抱いているのです。

しかし、そのような主張は、Microsoft ExcelやGoogle Sheetsのような他の電子台帳をそれ自体有価証券とすることを必然的に意味します。

このようなSECの求める過度に広範囲な、すべてを網羅するような基準は許されるべきではない。

BitrueアンバサダーXRPcryptowolf氏

XRP Ledger プロジェクトが #Ripple を支援するアミカス・ブリーフを提出したことは、とても素晴らしいことです。

11月16日 Veri DAOは、被告の略式判決申立を援護するアミカス・ブリーフを正式に提出しました。

Veri DAOは、被告の略式判決申立を援護するアミカス・ブリーフを正式に提出しました。

https://www.dropbox.com/s/u2bx1rlrdf4bjzc/Veri%20DAO%20Amicus%20Brief.pdf?dl=0

SECの立場が本当に「流通市場におけるXRP(VERIトークンのような)の全ての買い手と売り手に及ぶ」のであれば、この立場は法律とそれを支える規則の限界と衝突する。

さらに、デジタル資産(XRPやVERIトークンなど)が一般的に商品として扱われ、商品先物取引委員会(CFTC)の管轄下に置かれる場合、デジタル資産の下流保有者は、登録問題による取消しや罰則の対象となる売却に関わることを恐れることなく、デジタル資産の取引に関わることができるという大きな安心感を得ることができるようになります。

証券と異なり、商品は(本来)登録が必要ない。

このため、商品保有者は、(CFTCへの登録が必要な限られた役割の中で非常に特殊な役割に関与していない限り)規制の心配をせずに商品を取引することができる。

このような「証券」特有の配慮をしなければならないことは、デジタル資産の流通を大きく阻害する可能性があります。

特に、VERIトークンやXRPのように、デジタル資産の下流保有者が仲介者が得た利益を共有せず、個々の努力によってしか利益や価値を得られないような場合は、非常に困りものです。

もし、SECがこの巨大な市場をコントロールできるようになれば、XRPの多くの下流保有者は、VERIトークンの下流保有者と同じように、保有するデジタル資産から具体的な利益を得るための方法を探し求める状況に置かれることになるかもしれません。

Ripple 社の略式判決申立書、SEC の申立書に対する異議申立書、およびアミカス・キュリエの準備書面にも記載されているように、裁判所は SEC による「規制の土俵乗り」を拒否する必要があります。

結論 上記の理由により、裁判所はリップル社の略式裁判の申し立てを認め、SECの略式裁判の反対申し立てを却下すべきです。

また、裁判所は、無登録販売の禁止を法律の明確かつ限定的な指示を超えて拡大することを支持するいかなる判決も回避すべきです。

11月16日 XRPホルダー6社は、SECの略式判決申し立てに対する反対意見として、正式にアミカスブリーフィングを提出しました。

XRPホルダー6社は、SECの略式判決申し立てに対する反対意見として、正式にアミカスブリーフィングを提出しました。

ドキュメントライブラリに追加されました (1/2):✅JohnEDeaton1 によるアミーチキュリアーブリーフ。
XRPホルダーを代表して、@SECGovの略式裁判の申し立てに反対する👇。
リンク: https://crypto-law.us/wp-content/uploads/2022/11/11152022-Amicus-Brief-XRP-Holders-Copy.pdf

(2/2) @JohnEDeaton1 の宣言文と添付資料 (A-LL) 👇。
リンク: https://crypto-law.us/wp-content/uploads/2022/11/11142022-Amicus-Declaration-of-J-Deaton-and-Exhibits-Copy.pdf

XRPHolders Amicus Briefをクリックすると、私が引用した資料にハイパーリンクが張られていることを確認頂けます。ヒンマンのスピーチ、FinCENの和解案、政府の調査結果、@GaryGenslerのビデオクリップなど、裁判官はリアルタイムで直接ソースにアクセスすることができるのです。

「SECがXRPに対する申し立てに勝利した場合、SECはデジタル資産取引所、開発者、供給者、そしてXRPの一般ユーザーや保有者を含む膨大な数の非当事者を規制する権限を持つことになるため、我々アミーチ・キュリエは謹んでこの報告書を提出します。

これは、XRPの二次市場全体、そしておそらく暗号通貨市場全体に劇的な影響を与えることになります。SECがこの強制措置を司法権の範囲を拡大するための実験台として利用する一方で、何百万人もの無実の保有者が被害を被ることになります。”

XRP保有者報告書は、3回読んでさらに好きになりました。

シッカリしています。

B. SEC は XRP 自体が証券であると主張しています。

最初の訴状の提出から略式裁判の申し立て、その間の提出に至るまで、SECは一貫してXRP自体が証券であると主張してきました。

SECは、「Howeyは、裁判所が取引の経済的実態を見ることを要求している」「SECは、Rippleが提案した特定の取引が証券法第5条に違反していることを証明しなければならない」と認識していますが、SECは特定の取引を問題にしているのではありません。

その代わりに、すべてのXRP取引が5条違反であるか、4条の免責に該当するとの判決を裁判所に求めています。

SEC は、リップル社が 9 年間に及ぶ継続的な実質的に同等の行為を行っているという、その省略的で分析的に怠惰な主張を検証するよう、本法廷に求めています」)。

(「流通市場でも取引されているXRPは…今日、その投資契約を表しています。」) SECのXRP理論は非常に飛躍的で、時間と空間を越えて未来に移動し、遠い国であっても、将来可能なすべての販売を捕捉しています。

(「仮に将来のある時点でどこかの国がXRPを法定「通貨」として認めたとしても、それは被告のこれまでの(そしておそらく将来も)重要な起業的・経営的努力の結果であり、利益を期待する一般投資家は被告の共同事業への資金投資をする際にこれを信頼した。)

SECのHoweyの主張の範囲は、空間的にも時間的にも、本当に定義不可能なほど拡張されています。

23-24で議論したように、SECは、何年も前にリップル社の従業員が一握りの個人に対して行った私的な発言を、リップル社がXRPを世界に提供した証拠と見なすことを本法廷に求めています。

SECは、時間の始まりから世界の終わりまで、XRPの一つ一つの販売がHoweyの3つのプロングをすべて満たし、したがって、特定の取引の証拠を提供する必要がないと主張することによって、Howey分析を省略することは許可されていません。

Howeyテストは、各取引に適用され、”取引が行われた時点において検討されなければならない。

Howeyテストは各取引に適用され、「取引が行われた時点で検討」されなければならない。

代わりに、SECは次のように主張しています。

“流通市場であっても取引されるXRPは、それらの事実、状況、約束、期待の実現であり、今日、その投資契約を表している。”

この文の最後に、このような無条件の主張を支持する先例や権威の引用が1つもないのは注目に値します。

そしておそらくSEC自身も、この文章が法律の下で何を意味するのか、まったく理解していない。

SECの理論は、個々のオレンジがオレンジであるだけでなく、W.J. Howey Companyとの投資契約も表していると主張するのと同じである。

SECの理論は、無実の保有者が深刻な被害を受けなければ、少しは笑えるだろう。

C. SECは、その理論を支持する先例を提示せず、その経験者の意見を放棄している。

SECは、その理論的根拠となる判例を何ら提示していない。

先例が存在しないため、SECの当初目的は、意見を述べる前に一人のXRPホルダーにもインタビューしなかった専門家(”エキスパート・ワン”)の推測に依存することでした。

SEC は、流通市場で取引されている今日の XRP が Ripple 社との投資契約を表していることを証明しようと、エキスパート・ワン に依拠することを意図していました。

エキスパート・ワンに関する重要な訴訟の後

SECは、エキスパート・ワンの意見に依存しないことを選択しました。

SECの逆転劇は、そのことを物語っています。裁判所の日程指示書によると声明、証拠書類および補足文書は非公開とされたままです。

しかし、アミカスが入手できる証拠は、SECがこの専門家とされる人物を信頼しないことを選択した理由を明らかにしており、これはSECの訴訟に対する致命的な打撃となります。

SECは、法廷弁護士やXRP保有者に起因する情報や 行為に関する証拠を一切提供していません。

(SECの専門家は「(XRP)購入者にインタビューしていない」と証言しています)。

(SEC 専門家は、XRP ホルダーが「リップル社の言動ではなく、XRP が時価総額でトップ 10 の暗号通貨であり、他と比較して安い価格で上場していたから取得した」ことを知り、「もっとたくさん分析する必要がある」ことを認めています);

(SEC専門家は、XRP保有者が商品やサービスの支払いや法廷紙幣の代替品としての使用など、投資以外の目的でXRPを取得したことを知ると「異なる結論に達したかもしれない」と認めています)、XRP購入者の宣誓供述書も参照してください。

11月16日 パラダイム・オペレーションズは、SECによる暗号資産自体の証券化に反対するアミカス・ブリーフィングを正式に提出しました。

パラダイム・オペレーションズは、SECによる暗号資産自体の証券化に反対するアミカス・ブリーフィングを正式に提出しました。

https://www.dropbox.com/s/hxjev4dnwi4mr14/Paradigm%20Operations%20Amicus%20Brief.pdf?dl=0

意見書でも、トークン自体が証券であるというSECの見解が採用されているようだが、その提案に対する法的分析や裏付けはない。

KikとLBRYの裁判所は、暗号資産を証券として解釈することで、既存の控訴審の判例や法的指針の範囲を逸脱しています。

これらの事例のうち、1つは上訴審の審査を免れ、もう1つも免れる可能性がありますが、この事例に注目したことにより、この決定的に重要な区別についてより厳格な分析を行うことが強く求められます。

XRPトークンそのものの性質について論じる必要はありません。

既存の判例と法的ガイダンスの限界を超えてしまうことは、誤った判断であり、重大問題解決法(major questions doctrine)に反するため、そうでない場合でも弁護可能な判例が覆される可能性があります。

II. 連邦控訴裁の総合的な検討により、暗号資産そのものを「証券」として分類するために、Howey テストを使用することはできないことが確定している。

連邦控訴裁の法律を総合的に検討すると、Howeyテストは、投資契約の対象物(ここではXRPトークン)が証券であるという判断を裏付けるものではないことが確認されています。

したがって、暗号資産の二次取引が証券取引となるためには、

(i)資産自体が「証券」とみなされるに十分な価値ある権限や 義務を提供する必要があるか、

(ii)その取引に特有の状況に基づいて新たな投資契約取引が成立する必要があります。

この結論は、連邦控訴裁判所判決253件と最高裁判所判決13件を検討した結果、これらの判例は、「証券」を適用すると認定された関連控訴審の判例すべてを含むものであり、裏付けられるものである。

11月16日 ブロックチェーン協会が正式にアミカスブリーフを提出しました。”SECの証券取引法の極めて広範囲にわたる規制の解釈は、業界(そして業界外にも)に壊滅的な影響を与えるだろう。”

ブロックチェーン協会が正式にアミカスブリーフを提出しました。”SECの証券取引法の極めて広範囲にわたる規制の解釈は、業界(そして業界外にも)に壊滅的な影響を与えるだろう。”

https://www.dropbox.com/s/75hjj5b1ljhgulo/Blockchain%20Association%20Amicus%20Brief.pdf?dl=0

DustBC暗号ニュースメディア

SECは説明責任を果たす必要がある

BitrueアンバサダーXRPcryptowolf氏

ブロックチェーン協会は、以前は #リップル や #XRP が好きではなかったが、今は注目してる😂。

1933 年証券法第 5 条に基づき、SEC は、トークンを下流に売却する前に最初の購入者が(売却者に対 して)どのような権利を保持していたとしても、下流のユーザーがなぜそのトークンを購入し、そのトークンが どのように使用されても、その後の取引を通じてそのトークンが「証券」として残るものと考えているようである。

実際、SECのゲンスラー委員長は最近、大した説明もなく、「大半の」トークンは証券であるとの見解を示している。

トークンはソフトウェアの一種である。

投資契約の一部として、ソフトウェアであってもいかなるものも発行されうることは間違いない。

また、何の法的権利もなく提供されるソフトウェアそのものが、投資契約で あることも疑う余地はない。

SECの証券取引法の極めて広範囲な解釈は、業界(そして業界外にも)に壊滅的な影響を与えるだろう。

市場参加者は、さまざまな方法でトークンを取得し、さまざまな目的でトークンを使用します。

それらの方法や用途の多くは、商品やサービスの支払い、知的財産権の移転、棚卸資産追跡やその他の「バックオフィス」機能、あるいは特定のブロックチェーン・プロジェクトにおける特定の目的のためなど、トークンの一次販売や配布とは何の関係もないものです。

実際、業界の他の数多くの例は、投資契約とみなされる可能性があるものの範囲外で、トークンが実際にどのように使用されるかを示しています。

11月16日 リップル社の スーザンフライドマン は2022年11月14日、英国議会財務省委員会で、暗号資産の本質的価値と使用事例、英国が暗号技術革新の拠点となるための道筋について証言しました。

リップル社の スーザンフライドマン は2022年11月14日、英国議会財務省委員会で、暗号資産の本質的価値と使用事例、英国が暗号技術革新の拠点となるための道筋について証言しました。

リップル社公共政策責任者スーザンフライドマン氏

英国における #暗号 の転換期にあり、英国が責任ある暗号技術革新の拠点となるというビジョンを達成できるよう、国ごとの規制に基づく取り組みに時間をかける必要はない。詳しくは、こちらで公開されている私たちの#政策提言でお読みください➡️ https://ripple.com/files/Block_by_Block-UK_PolicyPaper.pdf

11月15日 コインベースは、リップル社の公正通知による主張を支持するアミカス・ブリーフを正式に提出しました。

コインベースは、リップル社の公正通知による主張を支持するアミカス・ブリーフを正式に提出しました。

https://www.dropbox.com/s/7eqw74edhhfqzzu/Coinbase%20Amicus%20Brief%20in%20Support%20of%20Ripple%27s%20Fair%20Notice%20Defense.pdf?dl=0

III. SECが暗号通貨に関する規則制定を行うまでは、公正通知の適用は、独占的で不意打ち的な暗号通貨の取締りに対する憲法上必要な防衛策です。

最高裁が明らかにしたように、公正通知の抗弁は、「少なくとも2つの密接な、しかし別々の適正処理の懸念」に対処することを目的としている。

第1に、規制対象者は、それに従って行動できるように、何が要求されているかを知るべきである。第2に、法律を執行する者が独断または差別的な方法で行わないように、詳細とガイダンスが必要とされる」。

Fox, 567 U.S. at 253-54. 暗号通貨の規制に関しては、規則制定よりも執行を優先するSECの手法は、この2つの懸念に関係している。

予期せぬ執行によって引き起こされる巻き添えの被害に対処するための通知と解説の規則作成がないため、公正な通知の防御は、デジタル資産に対するSECの現在の執行中心の手法に対する重要な抑止力となっています。

したがって、通知と解説の規則化の欠如は、特にSECが以前に合法であると示唆した行為に厳格な責任を負わせようとする今回のようなケースにおいて、裁判所は公正通知の防御を考慮して重きを置く必要があります。

コインベースは、SECが実用的な暗号通貨規制を策定するために、一般の投資家と協力する機会を得ることに期待を寄せています。

そのような規制がない場合、SECが訴訟を起こす前に、暗号通貨業界のどのような行為を違法と見なしているかを公平に通知することを求めることは、基本的な適正手続きの確認であることに変わりはない。

リップル社の公正な通知の抗弁を裁判で聞くことすら妨げることは、リップル社が適正手続きの基本原則によって与えられる抗弁を利用する能力を損なうだけでなく、SECに暗号通貨業界とその顧客が必要とする規則制定作業に従事する動機を与えないことになるのです。

BitrueアンバサダーXRPcryptowolf氏

Coinbaseが#XRPを再上場させない理由がわからない👀。

11月15日 トーレス裁判官は、アミーチ・ブリーフの提出のための申し立てを認めました。2022年11月18日までに、協会、XRP 所有者6名、Coinbase、CCI、Valhil、Cryptillian、Veri DAO、Reaper Financial、InvestReady、NSEI、Paradigmは、正式な準備書面を提出しなければなりません。

トーレス裁判官は、アミーチ・ブリーフの提出のための申し立てを認めました。2022年11月18日までに、協会、XRP 所有者6名、Coinbase、CCI、Valhil、Cryptillian、Veri DAO、Reaper Financial、InvestReady、NSEI、Paradigmは、正式な準備書面を提出しなければなりません。

ジェームズ、最新情報をありがとう。暗号市場は不安定ですが、訴訟だけは安定しています。

xrpcommunity
👊😎🥂
みんなおめでとう!!!

共同最高経営責任者:レジー・ミドルトン

SECGov v @Ripple事件において、@dao_veri et al.が、トーレス判事からアミカス・ブリーフの提出を要求され、認められました。
SECGov v @Ripple事件において、トーレス裁判官から法廷準備書面提出の要請を受けました。
今後、準備書面の全文が提出されれば、非常に興味深いものになるはずです。暗号コミュニティがSECに対して前例のないことを示したようです。

トーレス判事は、非常に寛大にこれらを認めています。当事者は、異議を申し立てるのに時間をかけてはならないことを心得ています。

彼女はすべてを見たいと言っています。

最終的な参加者リスト

11月12日 パラダイム・オペレーションズ、SECによる暗号資産そのものの証券化に反対し、申し立て(Motion to File Amicus Brief)を提出。

パラダイム・オペレーションズ、SECによる暗号資産そのものの証券化に反対し、申し立て(Motion to File Amicus Brief)を提出。

https://www.dropbox.com/s/ommsv9bt6rbar9o/Paradigm%20Operations%20Amicus%20Package.pdf?dl=0

アミカスキュリエの見解
パラダイムは、革新的な暗号/Web3企業やプロトコルを支援する投資会社です。

これらのプロジェクトの可能性を最大限に引き出すため、パラダイムは、技術から運用に至るまで、様々なサービスを提供しています。

当裁判所に提起された問題は、暗号/Web3 企業の設計と運用に劇的な影響を与える可能性があります。

パラダイムは、証券取引委員会(以下、「SEC」)が主張する文言を、その影響を評価することなく軽々しく採用する決定が下されることを懸念し、本件への参加許可を求めています。

米国および世界中の何百万人ものユーザーに利益をもたらす可能性のある方法で新技術を利用しようとするパラダイム社およびその他多くの企業に、広範囲かつ不本意な影響を与える可能性があるためです。

主張の概要 本件は、極めて重要な意味を持つわずかな違いが表面下に潜んでおり、暗号資産がどのように規制されるかを決定する上で、議会 の役割を奪う恐れがある。

表面上、本件はXRPトークンの特定の提供・販売が有価証券の販売にあたるかどうかについてのものである。

しかし、SECの主張は、要求されるもの、あるいは法律が立証するものよりもさらに踏み込んだものです。

それは、XRPトークン、ひいては他の多くの暗号資産自体が証券であると主張しているのです。

SECは、投資手法とその手法で販売される暗号資産を混同しようとしていますが、これは判例による裏付けがなく、既存の証券法とも根本的に矛盾しています。

このため、本報告書に参加した企業の1社が実施した包括的な調査では、Howeyテストを適用した関連する連邦控訴審の判例をすべて確認しました。

この調査では、連邦控訴裁判所は、投資契約取引の対象である資産自体が証券であるとしたものはなく、また、その資産のその後の譲渡が証券取引であるとしたものもない(SECもそのような権威を持ち出していない)ことが確認された。

Lewis Cohen et al., The Ineluctable Modality of Securities Lawを参照。Why Fungible Crypto Assets Are Not Securities, (“Why Fungible Crypto Assets Are Not Securities”) (Nov. 10, 2022), attached as Exhibit 1.をご参照ください。

提供・販売取引とその基礎となる暗号資産との区別は非常に重要です。SECは様々な資金調達方法を規制しており、裁判所はSEC v. W.J. Howey Co., 328 U.S. 293 (1946) (“Howey”) で示されたテストを使って何十年もそれらの方法を評価しました。

これは新しいものではない。しかし、SECが同じHowey分析をXRPトークン自体に適用しようとする試みは、根本的に新しく、それはSECが投資勧誘(その本来の法的役割)だけでなく、暗号資産の事実上の流通市場全体を規制する広範な新しい権限を主張するための基盤となっている。

SECの目的は理解できるかもしれないが、その手法は現行法に基づくものではない。連邦控訴法を総合的に分析すると、投資契約取引のHowey分析を原資産に関する結論に転化しようとするSECの試みを支持する権限は存在しないことが明らかとなっている。

投資契約が認められたHoweyのすべての適用例において、表向きの「発行者」と投資資金を提供する「投資家」の間には、何らかの特定可能な法的関係が存在した。

別の言い方をすれば、XRPトークンが所有者とリップルラボ社やいかなる個人・団体との間に法的関係を生じないにもかかわらず、XRPトークンを証券として解釈しようとするSECの取り組みは、議会から与えられた権限から解き放たれた新しい形の「発行者独立証券」を生み出しているのである。

例えば、リップルラボが倒産し、新しい法人を設立しても、XRPトークンの所有者には影響がありません。これは、証券取引法で知られている他のどのタイプの証券とも異なり、代わりに商品に似ています。

SECが裁判所を通じて新たな権限を得ようとするのは、規制の行き過ぎである。

SECは、誰かが暗号資産を規制すべきであると考えており、資産自体に「証券」のブランドを付けることで、議会を無視して暗号資産市場をその権限下に置こうとしているのです。

それはまさに、前期に最高裁がWest Virginia v. EPA, 142 S. Ct. 2587 (2022)で注意を促したことです。

SECも、裁判所も、議会の役割を奪い、Howeyをこじつけて、上訴権の範囲外で資金調達取引と原資産を混同して、暗号資産の規制機関を選ぶことは、適切な立場ではありません。

また、当裁判所における主張を解決するためにも、その必要はない。 被告によるXRPトークンの提供および販売に関して裁判所がどのような判断を下すとしても、XRPトークン自体の位置付けについて判断を下すことは控えるべきでしょう。

このような重要な問題に直面し、いかなる控訴審の判例や法的指針の範囲外であり、市場全体の規制がかかっている場合、その権限は議会にあります。

金曜日は #リップル のために準備書面を提出する日です。

いつもありがとう、@FilanLaw!

早速ですが、VCのパラダイム・オペレーションズは、原資産を証券として分類するためにHoweyを使用することはできず、そうすることによって、SECは議会の役割を奪って間違っていると主張している。

それは強固な主張であることを指摘している。
-特に二次市場において重要
-連邦裁判所は、投資契約が発行者との法的関係なしに存在すると 認めたことはない(!)
-Hinman、Kik、Libraryを挙げている。

彼らの視点が裁判官にとって十分に新しいものかどうかは分かりませんが、ここでもしっかりとした主張がなされています。

彼らのウェブサイト: https://paradigm.xyz
Coinbase, Bitso, Compound, OpenSea, TaxBit and (gulp) FTXを含む興味深い構成です。

証券法における避けられない道理。なぜ暗号化された資産は証券ではないのか?

大変な一日に素晴らしいニュースです。

11月12日 XRP_Productionsは、ミンガス&ミンガス法律事務所の協力を得て、SECを支持するアミカスブリーフを提出するための申し立てを作成しました。

XRP_Productionsは、ミンガス&ミンガス法律事務所の協力を得て、SECを支持するアミカスブリーフを提出するための申し立てを作成しました。 おじさんです。

https://cryptotowncrier.com/xrp-the-standard-productions-motion-to-file-amicus-brief-in-favor-of-the-sec/

XRP the Standard ProductionsのSECに対する支援申し立て(Amicus Brief)について

トーレス判事各位

ミンガスおよびミンガス法律事務所は XRP the Standard Productions(以下「XRPP」)を代表し、 SEC の略式判決に対する申し立てを支持するための法廷準備書面を提出する許可を謹んで要請します。

アミカスブリーフのコピーは添付書類Aとしてここに添付されています。

3年以上にわたって風刺の革新的存在として、XRPPは何度もSECとやり取りをし、主にでたらめな偽ツイートやインチキTwitter DMでそれらをパロディ化し、また人気の暗号風刺サイトCrypto Town Crierで時々鬼畜な風刺記事も書いています。

※風刺・・・社会や人物の欠点や罪悪を遠回しに批判すること。

XRP the Standard Productionsは、2019年後半から、風刺会社として活動してきましたが、ネタになりそうなバカバカしい現実世界の暗号のたわごとを探すのに常に苦心していました。

彼らのフォロワーは、初期のころはTwitterでわずか1万~1万5千人程度だった。

2020年12月のSEC訴訟以来、XRPPはフォロワーが爆発的に増えただけでなく(現在約8万8000人)、暗号通貨業界に対する証券取引委員会の滑稽で不条理で邪悪で過剰な権力奪取による終わりのないコンテンツで恥ずかしながら富を手に入れたのです。

万が一、SECがブロックチェーン決済企業に対する訴訟に敗れた場合、我々の顧客に底知れぬ悪影響が及ぶことになる。

理由は?

裁判官、我々の顧客はどこに行けばこのような金の固まりのような風刺を受けることができるのでしょうか?

XRPPは、彼のレベルのパロディを続けるために、SECが勝利し、間抜けで傲慢で無意味で腐敗した「執行による立法」の支配を続ける必要があるのです。

それから、あなたにはこの件に関して何の力もないだろうけど、一応言っておくよ。

ゲーリー・ゲンスラーをSECの会長に据えておいてくれないか。

我々の顧客は、彼を “熊に気をつけろ”と呼ぶことで、多くの利益を得ています。

正直言って、笑っちゃいましたね?その通りです

ありがとうございました

ここから得られるのは、SECとXRPPの「パロディ化」の相互作用です。XRPPは、” 富 “への期待があった点にも言及しています。

最大の収穫:SECが敗れた場合にXRPPが被る可能性のある影響。

11月12日 XRPを利用したオンラインデジタルウォレットサービスを提供するクリプティリアン・ペイメント・システムズ社は、SECの略式判決申し立てに対するリップル社の反対意見を支持し、提案書とともにアミカスブリーフを提出する動議を提出しました。

XRPを利用したオンラインデジタルウォレットサービスを提供するクリプティリアン・ペイメント・システムズ社は、SECの略式判決申し立てに対するリップル社の反対意見を支持し、提案書とともにアミカスブリーフを提出する動議を提出しました。

https://www.dropbox.com/s/45sqw4x76y9zrej/Cryptillian%20Motion%20to%20File%20Amicus%20Brief%20Package.pdf?dl=0

この法律文書は、被告 Bradley Garlinghouse、Christian A. Larsen、および Ripple Labs Inc.の、原告 Security and Exchange Commission (SEC) の略式判決申し立てに対する反対意見をさらに支持するために提出されたものです。

この訴訟における原告証券取引委員会(SEC)は、規制を制定する民主的な手続きに関わらないで、その意見を執行しようとしています。 カード保有者と加盟店の間の暗号の転送は、クリプティリアン独自の技術で実現されています。

クリプティリアンウォレットの中や外へのトークンの転送を容易にするために、各トークンの個々のブロックチェーンシステムを利用する必要があります。

被告が開発したトークンであるXRPはクリプティリアンがサポートするものであるため、XRP Ledger(「XRPL」)はクリプティリアンカード保有者と加盟店ウォレットにXRPを出し入れするために利用されるものである。

XRPLの開発、テスト、使用は、被告からの知識、サポート、指導なしに行われました。 被告はいかなる利益も得ておらず、実際にはこの方法で発生する取引を全く知りません。

背景

2021年9月1日、クリプティリアンは、その暗号基盤の支払いカードシステムのテストを開始し、選ばれた有志の商人やカード保有者とともに、6つのトークンの使用に対応しています。

2020年12月にSECが被告を提訴すると、多くのデジタル資産取引所や取引プラットフォームが懸念してXRPトークンの上場廃止を行いました。

このこと自体、政府の機関があらゆる市場に関与する場合、未確定事項であってもゾッとするような影響を与えることを示しています。

この申請とその後の上場廃止によって、XRPは間違いなく、あらゆるタイプの投資ツールとして取引されたり、投機されたりする可能性が最も低いトークンとなりました。

しかし、クリプティリアン社が提訴から約1年後にローンチしたとき、XRPはすぐに、そして現在も、カード保有者が使用する2番目に人気のあるトークンになりました。

興味深いことに、2018年6月14日の講演でヒンマン元SEC長官が証券ではないことを明確に示したトークンであるイーサは、Cryptillianのカードホルダーが使用する最も人気のないトークンです。

またまた #リップル の山盛り報告です。

簡単に説明します。クリプティリアンは、共通企業(たとえばPaceや LBRY)が存在しないことを主張する暗号通貨カードです。

主張はシンプルですが、Hinman のスピーチ以来 ETH よりも XRP が使用されていることや、SEC の規制強化が問題となっていることを指摘しています。
¯_(ツ)_/¯

その指摘は重要なのか?とはいいにくいですが、これもHinmanの参考文献が記録されています。
クリプティリアンは、21年9月からテストしていると言っていますが、彼らのホームページは未完成です。

しかし、彼らのウェブサイトは未完成です。裁判官が彼らの視点を認めるかどうか、見てみましょう。

修正! – を書き直します。 これは間違って発表された初期段階のものです。

(やっぱりホームページ見ました😂)

14

11月11日 ニュースポーツ経済研究所(以下「NSEI」)は、SECを支持するアミカス・ブリーフィングの提出を申請しました。

ニュースポーツ経済研究所(以下「NSEI」)は、SECを支持するアミカス・ブリーフィングの提出を申請しました。

https://www.dropbox.com/s/fci8alhbu0zv24e/New%20Sports%20Economy%20Institute%20Motion%20to%20File%20Amicus%20Brief%20in%20Support%20of%20SEC.pdf?dl=0

Torres 裁判官各位:Parlatore Law Group は New Sports Economy Institute(「NSEI」)を代表し、略式判決を求める SEC の申し立てを支持するため、敬 意を持って、アミカス・ブリーフを提出する許可を申請するものである。

アミカスブリーフのコピーは添付書類Aとして本書に添付されています。

NSEI は、10 年以上にわたり金融商品の技術革新に取り組んでおり、SEC、CFTC、オンタリオ証券委員会とやりとりをしてきました1 。

NSEI は、金融技術革新に対して常に慎重かつ協力的な姿勢で臨み、大衆に扉を開いて規制の不確実性の下で活動するよりも、まず規制を明確にすること を選んでいます。

NSEIは暗号業界では活動していません。

むしろ、その主な目標は、金融技術革新が尊重される環境を育むことですが、それは透明性が高く、公共の利益に役立つ範囲に限られます。

NSEIは法廷にも積極的に参加しており、これまでに、Murphy v. National Collegiate Athletic Association, No.16-476, 584 U.S. _ (2018) の米国最高裁判所への1件、White v. Cuomo, 2022 N.Y.Slip Op. 1954 (N.Y. 2022) のニューヨーク控訴裁への1件を含む4件のアミカス・キュリエを提出しました。

さらに、NSEIは、金融技術革新に関する意見書を規制当局に提出するなど、公共政策の議論に積極的に取り組んでおり、現在までに、商品先物取引委員会に2件、SECに1件の意見書を提出している。

本件は、歴史的・金融的背景を考慮した新しい事実関係に対する法原則の適用が必要なケースです。

このアミカスブリーフは、暗号通貨の主要な側面を特定し、従来の金融商品と対比させ、その観点から法令や判例を再検討することで、金融分野の重要な知見を提供するものです。

このような総合的、学際的な視点は、法廷に新しい独自の視点を提供することになると思います。

NSEIの立場は、一言で言えば、

i)暗号通貨は、単独ではキャッシュフローを生まない資産であり、

ii)その結果、単なる投機ツールであり、取引はできるが投資はできない、

iii)1933年証券法およびHowayは、当時使われていた金融商品を背景に解釈されるべきである(ただし両法とも暗号通貨に適用できる柔軟性はある)、である。

この一連の推論は、21世紀の金融はそれまでの金融とは全く異なる問題を提起している、という結論に自然に行き着く。

前世紀は、金融機関が持つ情報の多様性が問題であり、投資家は重要な情報を遮断され、十分な情報に基づいて投資判断をすることができなかった。

キャッシュフローを生まない資産は、投資対象として扱われるべきでないというのが、我々の考えである。

これは、本当の投資家保護には、”投資 “という言葉の合意形成が必要であることから、重要な指摘である。

NSEIは、暗号関連の訴訟を適切に解決するためには、このような独自の見識がすべての訴訟の最前線に立つべきであると考えています。

“アミカスブリーフは通常、…当事者の弁護士が提供できる以上の裁判所を助けることができる独自の情報や視点を持っている場合に許可されるべきです。

” Citizens Against Cas. Gam., Erie Co., 471 F. Supp. 2d 295 (W.D.N.Y. 2007) (internal citations omitted). “地方裁判所には、アミカスキュリエとしての出廷を許可または拒否する広範な裁量権がある。” Automobile Club of N.Y., Inc. v. the Port Auth. of N.Y. N.J., 11 Civ. 6746 (RJH) (S.D.N.Y. Nov. 23, 2011), Jamaica Hosp. Medical v. United Health Group, 584 F. Supp. 2d 489, 497 (E.D.N.Y. 2008) を引用しています。

以上の理由により、NSEI は、法廷に対し、別紙 A に添付するアミカスブリーフを提出する許可を 与えるよう謹んで要請する次第である。

ただ、NSEI の主張の根本的な前提が理解できないのです。暗号投資家は「そもそも投資していない」というが、暗号はHoweyが適用されるから証券であり、金銭の投資が第一条件の投資契約である。 /1

そして、暗号を証券である株式のようないわゆる資産と対比している。暗号が証券であるかどうかよりも、詐欺や投資家を騙すことの方が問題であるように思われる。本件では、詐欺の疑いはない /2

もう一つの問題は、キャッシュフローを生み出さない限り、資産は本当の金融資産ではなく、投機的でしかないという主張である。土地については、悪いニュースだと思う。農業など、キャッシュを生み出すために使われることはあるが、保有しているだけでは投機的とは言えない /3

※投資とは
何らかの付加価値を生み出す資産を購入し、長期的に保有し続けていくこと

投機とは
資産価格の動く方向を予測し、上がるか下がるかに賭けて売買を行うこと

なぜなら、土地は現金を生まない用途があり、有限の供給と希少性を持っているからです。これは暗号にも言えることで、@LBRYcomのトークンLBCや#XRPにも言えることです . /4

どのようにブリーフの15ページでこの典型的なについて ‘しかし、ユースケースかどうか利益は別の買い手を見つけることができる場合にのみ達成することができます”。それは、資本利益の観点からあらゆる資産に言えることであり、株式が配当金を支払うような方法で収入を得られない多くの商品にも言えることである /5

企業収益に貢献します。市場では、暗号の買い手を見つけることなく、暗号の金利を支払われたり、暗号の価格上昇に対して借り入れをする方法があります。/6

NSEIは、自分たちは暗号通貨業界の一員ではないと言いながら、なぜか「世紀の暗号通貨裁判」に関心を持っている。

>>

100点

NSEIがSECを支持するアミカスブリーフを提出。

NEISは、“…暗号業界で活動していない “と認めています。

では、どのような独自の視点を法廷に持ち込んでいるのでしょうか。 これは、Amicus Briefというより、研究論文です。

SECの代理人として提出された別のアミカス! 簡単に言うと、” 暗号通貨は収入を生まないから投機的だ ” ということです。彼らは実用性を理解していないようで、XRPの投資家が自分たちから「保護」する必要があると考えているようです。やけに一般的で、賛成派で、正直説得力に欠ける。

11月11日 この国の有益な規制よりもSECの権力追求を高めようとする彼の主張は、経済に深刻なダメージを与えている。

CNBCニュース通信社ダウ・ジョーンズとアメリカの大手テレビネットワークのひとつNBCが共同設立したニュース専門放送局。

使い古された(そして率直に言って間違った)SEC委員長@GaryGenslerのトークポイントだけが、使い尽くされている状況。

この国の有益な規制よりもSECの権力追求を高めようとする彼の主張は、経済に深刻なダメージを与えている。

ゲンスラー委員長は何度も何度も実際に保護することに失敗してきたが、倒産の法廷での行列が消費者にとって長くなる一方で、キム・カーダシアンのことを叫び続けているのである。

この狂気は止めなければならない。

s_alderotyが再び@GaryGenslerの過ちを訴えている。 「ゲンスラー委員長は何度も何度も実際に保護することに失敗してきたが、倒産の法廷での行列が消費者にとって長くなる一方で、キム・カーダシアンのことを叫び続けているのである。
この狂気は止めなければならない。

11月11日 InvestReadyは、SECを支持するアミカスブリーフを提出する申し立てを行いました。

Accredify, Inc., 略称:DBA InvestReadyは、SECを支持するアミカスブリーフを提出する申し立てを行いました。

https://www.dropbox.com/s/gni1hgbf54at5cp/Accredify%20Motion%20to%20File%20Amicus%20Brief%20in%20Support%20of%20SEC.pdf?dl=0

SECに有利なアミカス・ブリーフ!

インベストレディは、誰が認定投資家で、誰が認定投資家でないかを確認する会社で、SECに有利な判決が出れば、彼らのビジネスは利益を得ることができます。

このブリーフィングの最大の問題点は、新しい事実がないことである。

法的な議論はほとんどない。すべて意見と提案です。

“法律的な議論 “と言ったのは大げさだったかもしれませんね。 この弁護士は本当に裁判をしたことがあるようには見えない。

彼は連邦裁判所で認められているのでしょうか?

SECは基本的に自分たちに有利になるようにアミカスブリーフを提出するよう求めていたと推測されますか?準備書面の質からすると、どうなんでしょうね。

これは、普段このような仕事をしない人がパッと作ったものです。

昨日、FTXのニュースの後に書いたのだろう。

Co-Founder, CEO エイドリアン氏

私は、そんなことはありません。訴訟の専門家でもありません。ただ、数時間でこれをまとめるのに精一杯だったんだ。

なぜ、直前になってまとめることにしたのですか?

ふざけてやってるなら、やめた方が良いと思います

笑っちゃうね。裁判所にとって、なんと無駄な相手なのでしょう…。

“規制が明確でないことに憤慨していたので、何か投げやりになってしまいました…”

暗号市場の規制の明確性の無さをわざわざ作り出したSECを支持する男

リップル・アミカス コインベース(米国最大の取引所)、@JohnEDeaton1、この訴訟のために約2年かけて調査し、名前をまとめました。

SECアミカス:私の考えを投げかけてみた 🎩。

なんてこった マジかよ

これで、準備書面がなぜあんなに不自然で自分勝手なものだったのかがわかる👇。
もし私だったら、投げ返される前に取り下げると思います。

🤦🏻‍♂️

明日起きてから、アミカスブリーフを書こうかな。誰でもできますよ。

笑っちゃうね。 SECの 裏口からいくらもらったんだ?

まともな人間が生き残り、生活しようとしてるのに、反対してるんですから。あなたは悪役になりつつあるのです。それに、アミカスブリーフと利害が一致するのは、明らかにSECが勝てばあなたのビジネスが繁栄するからです。

私はFTXの破綻に腹を立て、合理的な規制と、証券から商品への法的な道筋を訴えたかったのです。その願いは、SBFが買収した議員たちが報酬を得られなくなり、鉄槌が下される前にそれを実現させることでした。

しかし、何かに動かされるのではなく、事実に基づいて議論を展開すべきではないでしょうか?

アミカスブリーフは決して良い出来ではありませんでしたが、彼が完全に衝動的にやったとは思えません。それをバラされて恥ずかしくなったのか、今頃になってこんなことを言っている😂。

FTXの腹いせにSECを支持してるのか? 連動していたんですね🤦🏻♂️。

判断の仕方が非常に悪い。

“FTXの崩壊にムカつく “とは、まさに本質的な矛盾を抱えているということですね。

あなたの言葉はリップルを支持し、あなたの動作はSECを支持する。このことを理解していますか?リップル社は、まるで銀行に命じられているかのように、イノベーションをもたらす小企業をつぶす機関と戦っているのです。マジで研究してください! 🤷♂️

あなたは、自分自身がどこまで愚かなのか分かっているのでしょうか?
これは、文字通り、あなたのおもちゃを乳母車から投げ出しているのです。 もっと良い子になりなさい、エイドリアン。

この人は自分の名前を上げたいとか、注目を浴びたいとか、そういう動機の人だ…無視するのが一番だよ…文章力やリサーチ力よりも大きな問題がある。

あなたの率直な意見には感謝しますが、多くの人々や企業がこの判決に生活を懸けています。

あなたは明らかにこの事件の事実も法律も理解していない。

準備書面を撤回するのが筋では?

この事件で多くの人の経済的生活が危ぶまれている。おそらく、ジェレミー のアドバイスを受けて、提出を取り下げた方が賢明でしょう。私たちは皆、法的な明確さを求めていますが、この訴訟ですでに傷つき、苦しんでいる多くの人々を犠牲にしてまで、この申請を行うべきではありません。

問題は、それを取り下げるかどうかだ。

この時点でみんなが知りたいのはこれだけで、あとはノイズでしかない。

あなたの考えをみんなに知ってもらうために、どちらか一方でもいいので、返答をお願いします

この事件を少しでも追っていれば、@SECGovが間違いであり、非常に腐敗していることが理解できるはずだ。もしあなたが自由市場とアメリカ人のことを考えるなら、注目を浴びるための哀れな行為をやめるべきです。もっとマシなことをやれ

この男は、SECのための主要な認定会社です。SECが彼に歩み寄って、「あなたが私たちの問題に取り組むなら、私はあなたの背中を押します」という取引を売り込んだことは間違いないでしょう。つまり、彼が撤退することはありえない。彼は気にしない

非常に興味深いことに、認定機関(提携しているのは証券会社)は、XRPとETHは証券であり、保有者がコンプライアンスに準拠するよう保護されるべきだと主張している。

また、彼らの望みは、商品への道(Hinmanのスピーチにもあるように、分散化を通じて…)と、認定投資家の規制の変更です。
つまり、彼らはSECの側にいながら、すべてを変更することを望んでいるのです。これはトロイの木馬ではなく、悪い偽装だ🤣。

私がリップル社の弁護士なら、このアミカスブリーフに対応するため、前回の準備書面を5ページ追加してもらい、そのまま無視して、さらに5ページ分の議論をするところです

解決策 C. リップルとETHの保有者をコンプライアンスに保護されるようにする XRPが証券であることを考えると、下流への影響も考慮しなければならない。

2017年の暗号の波にSECは圧倒され、XRPに対して2020年の訴訟を起こすために通常許容されるよりも多くの時間を取ることを彼らに許しましたが、XRPトークンの投資家は同様に責任から無罪であり、SECでさえ予測できなかった事象を予測できなかったために罰せられるべきではありません。

リップル社はこれらの初期投資家に対してその罪を償わせるべきですが、同時に、リップル社と XRP を厳格な懲罰で破滅させ、基礎となる事業と投資家の資本を破壊することは、これらの投資家の利益にもなりません。

この場合、SECはリップル社と和解し、トークンの取引継続を認め、事後的に証券とみなし、144条の適用除外で販売できるようにすべきです。

戻って Reg D 506c 州の適用を試み、投資家に認定を求めることもできますが、これはあまりにも面倒で、XRP を保有する非認定投資家を不当に苦しめる可能性が高いでしょう。

何年も前から存在し、Reg D資金調達の最初の保有期間が1年であることを考えると、これらの投資家は保護されるべきであり、売却は業界の混乱を最小限に抑える事後特別免除の対象とすべきです。

これと同じ分析がETHにも適用されるべきです。

D. Accredited Investorsの定義の拡大 現在、この定義には、膨大で安定した収入(2年間で20万ドル)、または多額の純資産(主要な家を除く100万ドル)を持つ個人のみが含まれています。

最近、SECは、シリーズ7、65、82のライセンス保持者も適格とすることを認めた。

しかし、これだけでは十分ではない。

初期段階の証券に参加したいという一般の人々の欲求は高まっています。

Reg CFとReg Aは、ある程度の参加を認めていますが、基本的に、これらの発行の1つを正式に立ち上げる手続きには時間がかかり、市場が小さいため、多くの投資可能な資産を除外しています。

SECは、必要な経済的手段や免許を持たずにリスクにオプトインしたい個人投資家が参加できるような、業界に定着する情報提供の文化ができるよう、定義を拡大する必要があります。

最も簡単な方法は、シリーズ65の「合格点」を投資家の認定資格に加えることです。

この試験はスポンサーなしで受験でき、SECが認定資格を得るためにライセンス取得者を認定できると判断した資料をすでに網羅しています。

SECは、この試験と数年ごとの継続教育要件を組み合わせ、この試験に合格する資力のある投資家なら誰でも参加できるようにすることができます。

SECは独自の試験を開発することもできますが、市場の動きの速さを考えると、少なくとも専用の試験が作られるまでは、シリーズ65を事実上の認定試験として使用するという、より迅速な解決策が良いと思われます。

11月10日 SECが暗号通貨プラットフォームFTXが今週突然崩壊したことを受けて、調査を行っていて、コインベースとバイナンスも調査していることをウォールストリートジャーナルが言及

やっさん
やっさん

世界トップレベルの取引所FTX崩壊事件とは?

要約

バイナンスCEOがFTXが発行するFTTトークンを全て売却すると発表(姉妹企業アラメダの財務状況が原因とされている)

FTXからステーブルコインやETHなどの引き出しが加速

ユーザーを守るためにバイナンスがFTXを買収することで合意

出金の遅延処理対応

財務状況およびSEC、CFTCの調査介入によりバイナンスは正式に買収を断念

米国司法省もFTXの調査を開始

そして、この1枚。

https://www.wsj.com/articles/sec-investigates-crypto-platform-ftx-11668020379?st=7r8by8ws2q6lcah&reflink=desktopwebshare_permalink

証券取引委員会と連邦法務省は、暗号通貨プラットフォームFTXが今週突然崩壊したことを受けて、調査を行っていると、この問題に詳しい関係者が述べました。

2つの法執行機関の職員は水曜日に密接な連絡を取り合っていたと、その人物は付け加えた。法務省は詐欺などの刑事犯罪を起訴し、SECは民事投資家保護法を執行する。

法務省とSECの広報担当者は、コメントを拒否した。FTX社は、コメントの要請に応じなかった。

SECの調査は数カ月間継続されており、数十の暗号トークンを掲載している同社の米国子会社、FTX.USに焦点が当てられている。

当局者は、これらの資産の一部とFTXの貸付商品が、米国の法律では、投資家に販売する前にSECに登録されるべきであった有価証券に該当する可能性があると考えていると、この人物は述べた。

もしそうであれば、同社の顧客資産の取り扱いは、米国の取引所に関する法律にも違反する可能性がある。

SECのゲンスラー委員長は、米国労働市場協会(Healthy Markets Association)が水曜日に開催したイベントで、「我々は、巡回中の警官として仕事をし続ける」と述べた。

「このような取引所にとって、逃げ道は短くなってきていると言わざるを得ない」。

拡大調査の一環として、SEC当局はFTX.USとカリブ海に拠点を置く親会社との関係について、より多くの文書を要求するために会社の弁護士に連絡を取った。

彼らはまた、FTXの暗号取引所とその創設者の取引会社であるAlameda Researchの間の関係についても情報を求めていると、その人物は言った。

金融部門の監視を支持する団体Better Marketsの代表であるDennis Kelleher氏は、「SECがこれらの取引所に対して、無登録証券の取引を促進したことを告発するのは過去のことだ」と述べた。

ゲンスラー氏は、FTXのような取引プラットフォームを同庁に登録し、従来の証券取引所と同じ規制に従うよう繰り返し要求してきた。

ゲンスラー氏と代理人たちは、FTXがこの要求に従わない場合、強制捜査に踏み切ると宣言している。

SECはまた、Coinbase Global Inc.とバイナンスを調査しているとThe Wall Street Journalは報じている。

ゲンスラー氏は、共和党が任命した前任者と同様に、ほとんどの暗号トークンは証券の定義、すなわち第三者の努力に基づく利益を期待して行われる投資に合致すると述べている。

この指定には、重要な要件があります。有価証券の発行者は、財務状況や事業に関する定期的な情報開示を行わなければならない。

取引所は、取引データを公表し、市場操作に対する強固な保護措置を維持することが求められる。

仲介業者は、投資家の売買注文を証券価格の良い取引所に誘導することが求められ、倒産した場合には顧客の資産を自分たちの資産から分離して保管しなければならない。

規制された証券市場では、これらの機能は別々の事業体によって行われます。

しかし、暗号取引所はこれらをすべて一つ屋根の下で処理するため、その結果、利益相反が生じる可能性があります。

米国の法律を遵守するためには、暗号プラットフォームは仲介業者的な業務と取引所的な業務を分離しなければならないとゲンスラー氏は指摘する。

しかし、これでは投資家の取引から利益を得る能力が低下する可能性が高い。

「そして、仲介者は、その多くが何百ものトークンを抱えており…証券取引法に非適合であり、伝統的な社会政策にも非適合である」とゲンスラー氏は水曜日に述べた。

彼の表現方法が暗号企業にSECとの関わりを納得させたという証拠はほとんどない。

ゲンスラー氏の呼びかけに耳を傾けたところはない。

その代わり、FTXの創業者であるSam Bankman-Fried氏は、政治キャンペーンに数千万ドルを費やし、SECが執行する法令を変更するよう米国議員を説得するために多くの時間を割いている。

ライバルのコインベースは、自社のプラットフォームに証券を掲載していることを否定し、ゲンスラー氏の暗号に対するアプローチを繰り返し批判している。

ご参考までに。

https://www.wsj.com/articles/binance-is-said-to-be-likely-to-walk-away-from-deal-to-buy-ftx-11668020963?st=btire32gmxfdlk7&reflink=desktopwebshare_permalink

バイナンス、FTXを救済するための取引から撤退
暗号取引所のこの決断により、FTXは数十億ドルの資金不足に直面し、先行き不透明となる。

サム・バンクマン・フリード、さらなる資金調達の交渉に入る

暗号取引所FTXの創設者兼CEOがWSJ Tech Liveで、同社の取引や 貸借対照表の活用に力を入れていることについて語った。

暗号取引所バイナンスは水曜日にFTXに対する救済提案を撤回し、最大80億ドルの資金不足に直面する著名な一流デジタル企業の将来が不透明なままになっていると、この問題に詳しい関係者は述べています。

バイナンスは、同社の財務状況を見直した結果、買収を行わないことを決定したという。

「当初は、FTXの顧客に流動性を提供できるようサポートできればと考えていたが、問題は我々のコントロールや能力を超えている」と、バイナンスは声明で述べた。

水曜日に行われたFTXの株主との電話会談で、創業者で最高経営責任者のサム・バンクマン=フリード氏は、ここ数日に寄せられた顧客の引き出し要求のために緊急資金が必要だと述べたと、この問題に詳しい関係者は述べている。

これらの要求は、衰弱した流動性危機に拍車をかけた。

FTXは出資者に対し、不足分を補うために最大40億ドルの資金調達を希望していると語ったと、関係者は語った。

バイナンスの救済措置の中止は、米中間選挙の結果をめぐる不透明感ですでに動揺している金融市場の重荷となった。

ナスダックは約2.5%下落し、ダウ平均とS&P500はともに約2%下落した。

最大かつ最も有名な暗号通貨であるビットコインは約16%下落し、2020年11月以来初めて16,000ドルを下回りました。2021年11月につけた史上最高値から約75%下落しています。

また水曜日には、証券取引委員会のゲーリー・ゲンスラー委員長が、1年以上にわたって暗号プラットフォームに対し、同委員会への登録を公に促してきたが、今回、厳重な警告を発した。

彼はまた、より広い暗号市場を、失敗するたびに貧弱になっていく積み重なったジェンガのブロックに例えています。

かつてFTXは、苦境にある業界の中で輝くような成長を遂げたと見られていましたが、その転落は暗号通貨業界にも衝撃を与えました。

わずか数カ月前、バンクマンフリード氏は苦境にある暗号通貨金融機関を救済するために約10億ドルを拠出し、ワシントンにおける暗号の顔として広く考えられている積極的な活動的な論客でもあった。

バイナンスの撤退により、FTXの運命は不透明になった。FTXの財務問題の理由と深刻度は不明である。FTXはコメントを控えている。

ウォール・ストリート・ジャーナルが確認したメッセージのコピーによると、FTXの内部スラックチャンネルで、バンクマン-フリード氏は水曜日に、「我々は当然ながらバイナンスの声明を目にしたばかりで、彼らは我々ではなくメディアに最初にそれを伝え、以前は我々に知らせたりそれらの懸念を表明したりしなかった」と書いています。

バンクマンフリード氏は、次のステップに進み、顧客、従業員、投資家を守るためにできることを行っていると書いています。

「このような事態に陥ったこと、そしてその中で私が負った役割について、深くお詫び申し上げます。

FTXの創設者で最高経営責任者のサム・バンクマン=フリード、顧客の最近の引き出し要求により、取引所が緊急の資金を必要としていると投資家に語った。

同社とバンクマンフリード氏のほか、取引所に投資した有名機関も大きな損失を被る可能性がある。

昨年の9億ドルの資金調達に参加した投資家には、ソフトバンク・グループ・コーポレーション、セコイア・キャピタル、ヘッジファンドのサード・ポイント、技術系プライベートエクイティ企業のトーマ・ブラボーが含まれている。

水曜日遅くに投資家への手紙の中で、セコイアは、暗号会社の「支払能力リスク」のために、そのファンドの1つがFTXに投資した1億5000万ドルを帳消しすると言いました。

「このリスクの全体像と程度は、現時点では不明です。”我々の現在の理解に基づいて、我々は投資を$ 0に下げている。”

個人トレーダーも資金を失う可能性がある。FTXは、公式テレグラムチャンネルのピン留めポストによると、取引所からの暗号通貨と法定通貨の両方の引き出しを停止しています。

ヨーロッパの暗号トレーダーであるミハエル・トゥルスキーは、水曜日の正午以来、FTXから彼の約11,000ドルを引き出すことができなかったと言いました。

それらの資金は、彼の流動的な純資産の約70%を占めていたという。

彼は何度も現金を引き出そうとしたが、無駄だったという。

「FTXのブランドと名前を知っていれば、数日で潰れるとは思わなかっただろう」とトゥルスキー氏。

「仮にそうだとしても、すべての引き出しをストップさせるとは思ってもみなかった」とトゥルスキー氏。

FTXに関連する損失は、同社以外にも広がった。株式投資家は、暗号通貨を保有している、あるいは暗号通貨の取引から手数料を得ている上場企業の株を投げ売りした。

コインベース・グローバル社の株価は、同社が顧客の引き出しに十分な資産を持ち、FTXへの重大なエクスポージャーはないとツイッターで最高経営責任者が保証したにもかかわらず、10%近く下落した。

※エクスポージャーとは、投資家や金融機関、企業が保有する金融資産のうち、市場の価格変動リスクや特定のリスクにさらされている金額や残高、その比率のこと。

コインベースは、850億ドルの評価を得た昨年の株式公開以来、最低の水準で取引を終えた。水曜日の時価総額は約100億ドルだった。

暗号の世界に最も近い米国の銀行であるSilvergate Capital Corp.の株式は12%下落し、今年に入ってから価値の約75%を失いました。ビジネス・ソフトウェアから、主にビットコインの購入・保有手段に軸足を移したマイクロストラテジー社の株価は、20%近く下落しました。

ブローカーアプリのロビンフッドマーケッツは、暗号以外の取引も提供しているが、大株主の一人であるバンクマンフリード氏が株を捨てなければならないのではという懸念から、炎上した。ロビンフッド株は水曜日に14%近く下落し、今週の損失は30%以上となった。

11月9日 LBRY裁判がリップル裁判に影響してはいない10の理由(@JohnDeatonのライブキャスト順) 🧵(1/11)

LBRY裁判がリップル裁判に影響してはいない10の理由(@JohnDeatonのライブキャスト順) 🧵(1/11)

12:12 – 事件は第1巡回区、リップルは第2巡回区なので、リップル訴訟の裁判官は事件に従う必要はない。 (2/11)

2.18:38 – LBRY事件で引用された法律(Warfield)は、リップル社の事例には当てはまらない。両者は異なる裁判所で発生している。(3/11)

3.18:52 – 共通事業を扱う幅広い縦の共通性を否定することはリップルに適用されるが、それはLBRYには当てはまらなかった。(4/11)

4.19:37 – 76年間の判例法において、購入者と販売者の間に関係がない場合に投資契約が成立したことはない。(5/11)

5.20:06 – トーレス判事は、@JohnDeatonが考えているように、別の議論をするには重大な問題があると判断する可能性があります。(6/11)

6.21:08 – XRPの台帳には実用性がある。Mastercard、Visa、Upholdが使用しています。法定通貨の代用品であり、一部の企業はそれを使って人々に支払っています。(7/11)

7.21:50 – 複数の海外司法当局がXRPは証券ではないと宣言 – アラブ首長国連邦、日本、英国、シンガポール、スイスなど (8/)

8.22:30 – 数多くの企業が、リップル社とは全く関係なくXRPを使用していることを、アミカス・キュリエに提出し、説明しています。(9/11)

9.23:28 – 2014年、2015年、2019年に様々な政府機関がXRPや類似の分散型コインは有価証券ではないことを挙げている。(10/11)

10.24:41 – SECは、XRPを国境を越えた決済手段として利用することを各企業から報告されました。(11/11)

11月8日 暗号弁護士John Deatonは、LBRYcomの判決がRippleの訴訟や #XRP に関して、「ほとんど心配する必要はない」と考えています。

暗号弁護士John Deatonは、@LBRYcomの判決が@Rippleの訴訟や #XRP に関して、「ほとんど心配する必要はない」と考えています。これ以上本当らしい言葉はない。本日午後5時(東部標準時)に@CryptoLawUSのライブストリームで説明する予定です。

11月9日 このような判決のために、18ヶ月の訴訟と数百万ドルの弁護士費用がかかるのです。

弁護士、デジタル資産愛好家ビル・モーガン氏

私は今、#LBRYの判決を何度か読みましたが、主な争点がいかに狭く、LBRYの弁護がいかにHoweyの問題に限定されていたかが印象に残っています。 主な争点は、8ページで裁判官によって明確にされています。 /1

争点は LBRYのLBCの提供を取り巻く経済的現実(4~5ページで確認)が、投資家に、【LBRY】の企業活動又は経営努力から得られる利益に対する相応の期待を抱かせたかどうか/2。

裁判官は、その問題に関係する証拠のみを検討し、2 つのカテゴリー(LBRY の表現方法とそのビジネスモデル)のみを見て、LBRY の使用に関する議論を検討した /3 。

以下は、法的または論理的推論における定番ではありません。 LBRY の販売促進に関する証拠は過大ではなく、LBC の購入者が販売促進を実際に認識し、影響を受けたという証拠が事実上存在しないからである /4

9 頁に記載の裁判官は、SEC が特定したとされる複数の LBRY の発言に言及しているが、ブログ記事、2016 年のある見込み投資家へのメール、2016 年の別のブログ記事、Reddit のスレッド、インタビュー、2018 年の記事、2020 年 10 月の記事のみを指している /5

裁判官は 14 ページで、これら 7 つの証拠は LBC の成長の可能性に関する LBRY の伝 達メッセージを象徴していると述べているが、その証拠は LBC に対する需要の伸びやブロック チェーンの利用について、価格や 金銭的価値の成長と同程度のものである/6。

私の考えでは、裁判官は、彼が言及したわずかな証拠の一部を誤解し、14ページで証拠から結論へと飛躍させている。「したがって、見込み客は、LBRYが思わせぶりな価値を提案していることを理解するであろうというSECの判断は正しい/7」。

そのデジタル・トークンを購入するよう誘導することだ。 このような特定の宣伝文句によって投資家が実際に誘導されたという、実際の誘導に関する証拠は挙げられていない。結論は証拠から導き出されたものではなく、直観的な推論の誤りを示している。/8

例:サンプル数が不十分であり、何が宣伝されたかについて証拠が極めて曖昧である。LBRYによる免責条項は、その本質上、その意図に間違いのないものですが、裁判官によって否定されました。/9

裁判官はまた、LBRY のネットワークが強化されるにつれて価値の上がる LBC を大量に保有するという LBRY のビジネスモデルに関する証拠(これも乏しい)も検討した。このことは明らかに投資家に LBRY の意欲を「示す」ものであったと判事は考えている/10。

LBRY は、自分自身と LBC の購入者のためにブロックチェーンの価値を向上させるためにたゆまぬ努力をし、その LBC 保有物から利益を得ることを期待し理解するであろう。実際の投資家がこのような理解を持ち、LBRYのビジネスモデルについてさえ知っているという証拠は引用されていない /11

これらは、乏しい証拠と明白でない証拠から、LBRYに対する非常に不利な判断である。 裁判官は、少ないサンプル数からこれらの結論に飛躍する傾向がある。 皮肉にも17ページで、彼はLBCが実用的であるという議論の余地のない事実から飛躍して、LBRYを批判している。

LBCは有価証券ではないという結論にいたるまでには、購入者はそれを消費的な目的で取得したことになる。 裁判官は、実際のところ、この訴訟において実際のLBC保有者が何をし、何を信じていたかを示す唯一の証拠であった消費的利用の証拠をあまり重視していないのである。/13

18ページの彼の推論は、消費的な使用は投資契約がないことを意味するのではなく、そうでなければどうなるか、ということを法律が認めているからだと考えているようです。 彼は、実際のLBCのユーザーが何をしたかという証拠は「限られた範囲での関連性」でしかないと考えている /14

LBRY の根拠の乏しい説明とビジネスモデルに関する知識(持っていたと仮定して)から、ある仮定 の投資家が何を客観的に期待したかという結論とは対照的である。

このような21ページの判決文のために、18ヶ月の訴訟と数百万ドルの弁護士費用がかかるのです。 それは基本的に、特定の(そして多くはない)LBRY 表現に関する証拠に基づく事実特定であり、Howeyテストの1部分についてである。/16

素晴らしい弁護士と完璧な男による見事な🧵展開。

11月8日 【速報】ニューハンプシャー州裁判所、LBRYがLBCを担保として提供したことを認め、公正通知の主張は無効とする。

【速報】ニューハンプシャー州裁判所、LBRYがLBCを担保として提供したことを認め、公正通知の主張は無効とする。

https://www.dropbox.com/s/f6tv8nh78s3gfqk/LBRY%20Ruling%20on%20Motion%20for%20Summary%20Judgment.pdf?dl=0

2/2 裁判所は、「いかなる事実の合理的な裁き手も、LBRYがLBCを証券として提供したというSECの主張を否定できず、LBRYには公正な通知を欠いたという立証可能な抗弁がないため、SECは判決を受ける権利を有する」と判断した。 SEC の略式判決に対する申立ては認められる。”

SECは、70年以上にわたって全米の何百もの連邦裁判所によって適用されてきた由緒ある最高裁判例を直接適用して、その主張の根拠としているのです。

これはICOを実施していないデジタルトークンの発行者に対して使われた初めての例かもしれませんが、LBRYは、その行為が違法であるという公正な通知を受け取っていなかったと主張する立場にはないでしょう。

IV. 結論 これまで説明してきたように、当事者の略式判決に対する交差申し立てによって提起された唯一の問題は、LBRY が LBC を証券として提供したかどうか、及び LBRY がその提供物を登録する必要があるという公正な通知を受けたかどうかという点であ る。

LBRY が LBC を有価証券として提供したという SEC の主張を事実に基づく合理的な裁判者が否定することはできず、また LBRY には公正な通知を欠いていたという判断できる反証がないため、SEC は判決を受ける権利を有している。SEC の略式判決に対する申し立て(文書番号 55)は認められ、LBRY の略式判決に対する申し立て(文書番号 61)は却下された。

書記官は、残りの問題を解決するためのプロセスについて協議するために、状況会議を予定するものとする。

以上、命令する。

LBRYは@SECGovに対して裁判で負けた。

CEOの@jeremykauffmanは@FoxBusinessに語っています。

“SEC vs. @LBRYcomのケースは、米国の暗号通貨業界全体を脅かす前例を作るものです。

SEC対LBRYの基準では、イーサリアムを含むほぼすべての暗号通貨と

ドージは証券である。米国における暗号通貨の未来は、今、SECよりもさらに最悪な機関である米国議会にかかっている。

まだまだ続きます。

LBRYは精一杯戦いましたが、略式判決で敗れました。

判事は、販売時にトークンの用途が本質的になかったという事実に主眼を置いています。

私は、この事件がリップル事件のSECの最終準備書面に入ってくることを想定します。

トークンそのものが有価証券であるという判決は出たのでしょうか?トークンの流通市場での販売についてはどうですか?

>>

判決は非常に大ざっぱなものでした。 裁判官は、”LBRYはLBCを有価証券として提供(販売)した “と言っただけです。

まだ読んでいませんが、@SECGovは2週間後に提出される答弁書でこの判決を引用し、@Rippleは事実関係からこれを区別すると思います。この判決は第1巡回区でのものです。Ripple XRPのケースは第2巡回区で、Uptonのケースのように別の判例を持っています。

第1~11巡回区控訴裁判所及びD.C.巡回区控訴裁判所は、地域によって管轄が定まる。

第1巡回区控訴裁判所(所在地: ボストン)

第2巡回区控訴裁判所(所在地: ニューヨーク)

つまり、トーレスは@LBRYcomの判決文を読む必要すらない。当然ながらLBRYの勝利が望ましかった。全体的な感想は、それを読むまで控えておきます。これだけは言える。#LBCは今日、LBRYが最初に販売したときがそうであったとしても、証券ではありません。

明日、@CryptoLawUSでライブ配信をするかもしれません。16-17ページ SECは一字一句間違いなく引用してきます。

「たとえLBRYがそれについて一言も言わなかったとしても…何億もの#LBCを自分たちのために保持することで、LBRYはまた、改善のためにたゆまぬ努力をする意欲があるというメッセージを発した。

LBCの購入者は、#LBRYの熱心な努力の結果、自分たちも#LBCの保有から利益を得られると期待するようになる。

さらにこう続く。

「簡単に言えば、LBRYの財務的な運命を、#LBRYに絡めることで

LBRYのビジネス的成功は、LBRYがLBCの価値を高めるためにネットワークの開発に熱心に取り組むことをその投資家に明らかにしました。

すべてのアミカスブリーフの後、私はSECが上記の言語を@ Rippleに適用される引用すると思います。

自己宣伝のようになるかもしれませんが、#XRPHoldersのアミカスブリーフはこれまで以上に重要なものになりました。私たちのブリーフは、他のブリーフとは異なり、この裁判官が依存している用語などの調整に対処しています。

まだ読んでいます…。

明日までに読ませていただきます😂。

負けました。皆さんごめんなさい。

LBRY CEO ジェレミーカウフマン

一回だけ叫ぶのを許す

FUUUUUUUUUUUUUUUUUUUUUUUUUUUUUUUUUUUUUUUUUUUUUUUUUUUUUUUUUUUUUUUUUUUUUUUUUUUCCCK

さて、仕事に戻ろう。

負けた後は、ビールを1本(または2本)飲むことを自分に許しています。

そして、また仕事に戻る、2倍頑張る。

私たちは少し傷をなめ合うことになりますが、あきらめることはありません。

優秀なチーム、何千万ものコンテンツ、何十万人ものクリエイター、そして世界で最も人気のあるWeb3アプリを獲得しています。

最高なのはまだこれからです🚀。

SEC vs LBRY事件の判決文全文はこちらでご覧いただけます。

ここで使用された文言は、米国内のすべての暗号通貨をイーサリアムを含む有価証券とする、非常に危険な前例となるものです。

https://odysee.com/@lbry:3f/secvslbrysummaryjudgementruling:a

この事態の最もヤバい部分は、5年間の戦いと裁判所の判決の後でも、正直なところ、米国で合法的に公にブロックチェーンを立ち上げる方法を未だに知らされていないことです。

どなたかご存知ですか?

11月4日 ゲンスラー委員長は11月2日、SECが「国民の熱意と並外れた能力を一体化させている」と賞賛するスピーチを行ったが、我々はとうとう何かに気づいたようだ…。

ゲンスラー委員長は11月2日、SECが「国民の熱意と並外れた能力を一体化させている」と賞賛するスピーチを行ったが、我々はとうとう何かに気づいたようだ…。

48歳の私は、かつてこんな映画を見たことがある。 金や権力に伴う傲慢さは、ゲーリー・ゲンスラーよりも立派な男を沈めてきた。 もう教訓を得たはずの大の大人が、炎上していくのを見るのは悲しいことだ。傲慢とエゴは強力な力です。

11月4日  Veri DAO LLC は、Amicus Brief を提出するための申し立てを行いました。

Veri DAO LLC は、Amicus Brief を提出するための申し立てを行いました。 提案されたブリーフは別紙Aです。

https://www.dropbox.com/s/jnzwa4h9eovg522/Veri%20DAO%20Amicus%20Brief%20Package.pdf?dl=0

2万種類以上流通している既存の暗号通貨のうち、Veri Tokenは、SECが中央当事者に対する訴訟を起こした数少ないものの一つに過ぎません。

XRPも今やその一つです。

Veri DAOのメンバーは、特定の中心人物がSECに訴えられたデジタル資産の末端に位置し、無関係であり、二次保有者であるという珍しい状況になっているのです。

このようなSECの訴訟の影響で、VERIトークンの末端、無関係の保有者は、デジタル資産で合法的に何ができるのかについて確信も指針も持てないままになっています。

VERIトークンの末端無関連保有者は、XRPの保有者と同様に、発行者と共通の事業を持たず、発行者のいかなる利益も共有しないため、かかる保有者は、価値や利益を得るために、自らのデジタル資産の使用と取引に目を向ける必要があります。

しかしながら、SECがデジタル資産分野に参入したことにより生じた不透明な規制面の影 響は、(Veri DAOのアミカス・キュリエ準備書面において説明されているように)明確性が求められる場 合にそれを提供しようとしないことと相まって、無関係な末端の保有者によるVERIトークンの使用と取引 を阻害してきました。

その結果、これらの保有者がデジタル資産から意図した実用性や価値を得ることが妨げられ ています。

本裁判 所における略式判決答弁書およびその他のアミカスフィリングにおいて、デジタル資産の保有者に対し て、当該デジタル資産の中心的関与者に対する否定的な証券判決によるより大きな影響について多くの議 論がなされてきました。

この判決は、XRPの末端の保有者だけでなく、可能性として他の暗号通貨の末端の保有者にも影響を与えるでしょう。

Veri DAOは、そのアミカスキュリエのブリーフを通じて、そのストーリーを伝え、裁判所が暗号通貨に関わる人々に対するその決定のより広い意味を理解するのを支援するために、ここにいます。

したがって、Veri DAOのアミカスキュリエブリーフは、デジタル商工会議所が本法廷に提出したアミカスキュリエブリーフで抽象的な意味で論じた市場参加者への「阻害効果」を具体的かつ現実の例で示すことになります。

(Doc. 649; See also Doc. 647 (Order granting motion to file amicus)を参照。

以上の理由により、Veri DAO は、本裁判所に対し、別紙 A に添付したアミカス準備書面を本件に提出するための許可を求める申し立てを行うことを謹んで要請します。

…と、もう一枚!

どんどん来るぞ!

SEC v. Ripple事件で、12番目のAmicus Briefが提出されました。XRP

11月4日 SECは、すべての当事者の回答ブリーフの提出期限を2022年11月30日まで延長する動議を提出し、追加のアミックスブリーフを2022年11月11日までに提出するよう裁判所に命ずるよう要請しています。リップル社は同意しています。

SECは、すべての当事者の回答ブリーフの提出期限を2022年11月30日まで延長する動議を提出し、追加のアミックスブリーフを2022年11月11日までに提出するよう裁判所に命ずるよう要請しています。リップル社は同意しています。 新たな日程で動きます。

親愛なるトーレス裁判官
裁判官の民事訴訟に関する個別規則の規則 I.C に従い、SEC は、下記の通り、当事者の略式判決申立に対する答弁書提出命令および略式判決資料の封印申立命令(D.E. 472, 620)を修正することを謹んで要請します。これは、これらの期限を延長する最初の要請である。被告は、保留中のスケジュール編成命令に対する以下の修正要求に同意する。

この要求は、最近行われたアミカスおよび提案されたアミカスによるファイリングに基づくものである。SE C は、D.E. 680, 685 に記載された申請中の申請者による準備書面提出に関して、いかなる立場も取らない。
687, 688, 689, 690において、弁護士と称する者による準備書面提出の申請に関して、SE Cは何ら立場を表明しない。

しかし、これらの申請中の案件および既に提出された準備書面(D.E. 691, 692 も参照)に照らして、SEC は以下を要請します。

(1) 当事者が回答書をファイリングする期日を11月15日から11月30日に延長し、当事者の回答書のページ制限を45ページから55ページに変更し、アミカスに対するあらゆる回答を回答書に記載するよう要請すること、

(2) 回答書の編集を確認するために当事者がミーティングおよび協議する期日を11月17日から12月2日に延長すること、

(3) 回答書の公文書を提出する期日を11月30日に延長し、アミカスに対する回答書のページ制限を55ページに修正し、回答書に記載すること、

(4) 当事者が回答書に記入する内容を修正し、アミカスへの回答書のページ制限を50ページから60ページに変更するよう求めること、

(5) 当事者が回答書に添付する内容を修正し、回答書に添付することを求めること。

(3)朱書きされた公開準備書面の提出日を11月21日から12月5日に延長すること。

(4)すべての略式裁判資料の朱書き案を押収する略式申し立て期日を12月9日から12月22日に延長すること。

(5)押収する略式申し立てに対する異議申し立て期日を、12月22日から2023年1月9日に延長することです。

追加の延長要請の必要性を防ぐため、SE C は、被告の同意の下、裁判所が追加のアミカス を 2022 年 11 月 11 日までに提出するよう命令することをさらに要請する。

予想通り!!(笑

企業、開発者、取引所、公益団体、業界団体、個人保有者など、12人の独立した声がSEC v Rippleに提出され、SECがいかに危険な間違いをしているかが説明されています。

SECの回答は?もっと時間が必要であるといいました。

私たちは、耳を傾けたり、関与したりするのではなく、やみくもにブルドーザーを進めていくのです。

アメリカの法律家として、また暗号保有者として、アメリカの主要機関が世界の聴衆の前で、アメリカの信用を失墜させるようないかがわしい行為を公にすることは、私にとってどれほど困惑しているかを表現することは難しいです。

数えてみると、12枚(!)の法廷準備書面が提出されています。 この段階でこのようなことが起こるのは前代未聞です(と私は聞いています)。それぞれ独自の視点で、SECが思い通りに動けば、米国の暗号経済のあらゆる側面に取り返しのつかない損害を与えることを説明しています。

予想通り、SECは様々な第3者から多数のAmicus Briefsが提出されたため、再度時間の延長を求めています。

アミカスブリーフの提出と回答に関する新しいタイムライン 👇🏼。

11月4日 2人の弁護士がVeri DAO LLCを代表してアミカスブリーフを提出できるよう、Motion to Appear Pro Hac Viceを提出しました。

2人の弁護士がVeri DAO LLCを代表してアミカスブリーフを提出できるよう、Motion to Appear Pro Hac Viceを提出しました。

https://dropbox.com/s/bdh0wvnl97vjffa/MOTION%20for%20Jeffrey%20Donoho%20to%20Appear%20Pro%20Hac%20Vice.pdf?dl=0

https://dropbox.com/s/0lfd83tg7nmje4c/MOTION%20for%20Benjamin%20Tompkins%20to%20Appear%20Pro%20Hac%20Vice.pdf?dl=0

ニューヨーク州南部および東部地区の米国裁判所ローカル規則の規則 1.3 に従い、私 Jeffrey Donoho はここに、上記の訴訟でアニカス・キュリエ Veri DAO, LLC の弁護士として出廷するため、弁護士資格免除の許可命令を本裁判所に申請します。

私はカンザス州およびミズーリ州の弁護士資格を有しており、いかなる州裁判所または連邦裁判所においても私に対する未決の懲戒手続きは存在しません。私は重罪で有罪判決を受けたことはなく、裁判所から問責、資格停止、資格剥奪、入会拒否、再入会の拒否を受けたこともありません。ローカルルール1.3に基づく私の宣誓書をここに添付します。

Motion to Appear・・・特別な状況で出廷する裁判官の許可を求めるために裁判所に提出される法的申立てです。

Pro hac vice・・・ある法域において、その法域では業務を行う資格を持っていない弁護士が、特定事件で業務を行うことをいう。

👇😎
参加希望の弁護士さん2名

11月3日  Cryptillian Payment Systemsは、SECの略式判決申し立てに対するリップル社の反対意見を支持するAmicus Briefを提出するよう要請しています。

XRPを使用する小売顧客や商業小売業向けのオンラインデジタルウォレットサービスを提供するCryptillian Payment Systemsは、SECの略式判決申し立てに対するリップル社の反対意見を支持するAmicus Briefを提出するよう要請しています。

https://www.dropbox.com/s/dxtyibpc790hyau/Cryptillian%20Payment%20Systems%20Amicus%20Motion.pdf?dl=0

我々は第三者である Cryptillian Payment System, LLC(以下「Cryptillian」)の弁護士であり、裁判長 の規則に従い、上記案件における原告の略式判決申し立てに対する被告の準備書面を支持するアミカス・キュリエの 準備書面を提出する許可を裁判所に謹んで要請するために本書面申請を提出する。

Cryptillianは外部関係者であり、被告とは金銭的またはその他の面で何の関係もありません。Cryptillianは、デラウェア州法の下で組織された営利企業です。

Cryptillianは小売顧客(「会員」)にオンラインデジタルウォレットサービスを、商業小売施設(「加盟店」)に商業ウォレットサービスを提供しており、両者(「顧客」)は、従来のクレジット、デビット、ストアドバリューカードを使用して購入するのと同様に、カードを読み取ることによってデジタル資産の暗号通貨(「暗号」)を転送できるようになっています。

Cryptillianの本件に対する関心は、同社がカード所有者に保管と加盟店への転送を許可している6つのデジタル資産の1つがXRPトークンであることに起因しています。

Cryptillianは、そのプラットフォーム上で通常のカード購入と変わらない方法でXRP取引の処理を可能にするために、多大な時間、努力、資金を投資してきました。Cryptillianは、XRPの台帳、ブロックチェーン技術を使用してこれを実装しており、これについて知識はなく、また、そのような技術もありません。

2021年9月にテスト用のプラットフォームとして設立されたCryptillianは、顧客と加盟店の間で何万ものXRPトークンを代表する何百もの取引を処理しました。

実際、XRPはCryptillianの顧客の間で2番目に人気のあるトークンです。”アミカスキュリエのブリーフを提出する許可を与える決定は、裁判所の確固たる裁量に委ねられている。

” Lehman XS Trust, Series 2006-GP2 v. Greenpoint Mortg. Funding, Inc., 2014 WL 265784, at *1 (S.D.N.Y. Jan. 23, 2014).

裁判所は、今回のように「『当事者の弁護士が提供できる支援以上に、アミカスが裁判所を支援できる独自の情報または視点を有している』場合、アミカスブリーフは”[u] 原則として[]許可されるべきである」と認識している

“SEC v. Ripple Labs, Inc,2021 WL 4555352, at *5 (S.D.N.Y. Oct. 4, 2021) (Citizens Against Casino Gambling in Erie Cnty. v. Kempthorne, 471 F. Supp. 2d 295, 311 (W.D.N.Y. 2007)) を引用したものである。

2021 WL 4555352, at *5 (S.D.N.Y. Oct. 4, 2021) (Citizens Against Casino Gambling in Erie Cnty. v. Kempthorne, 471 F. Supp. 2d 295, 311 (W.D.N.Y. 2007)) を引用したものである。

実際、「アミカス・キュリエのブリーフィングを許可する主な理由は、アミカス・キュリエが『当事者から得られない見識を提供』し、それによって法廷を助けることである」。

Andersen v. Leavitt, 2007 WL 2343672, at *2 (E.D.N.Y. Aug. 13, 2007) (Citizens Against Gambling, 4 71 F. Supp. 2d at 311 ) を引用している。

そして、アミカスの役割は、「一般大衆の利益に影響を及ぼす事件において、裁判所が正しい判断を下すことを支援すること」である。

Russell v. Board of Plumbing Examiners of Cnty. of Westchester, 74 F.Supp. 2d 349, 351 (S.D.N.Y. 1999); また、Automobile Club of NY, Inc.

SECがこの訴訟で勝訴した場合、Cryptillianのビジネスに大きな支障をきたすだけでなく、同社の顧客の多くが知らず知らずのうちに同法の違反者となる可能性があります。

Cryptillianは、裁判所が略式判決を求める対立意見の解決に役立つ独自の観点を共有できるため、裁判所が準備書面提出の許可を与える裁量権を実行することを謹んで要請します。

Cryptillianはデジタル資産技術の開発者として、また取引、投機、投資を伴わない暗号サービスのプロバイダーとして、この問題の結果に強い関心を持っています。

さらに、Cryptillianは、普通のアメリカ人や非オンラインの小売・サービス業による日常的な暗号通貨の使用に関する現実世界の資料を、またも証券関連の活動と一致しないような方法で法廷に提供できる唯一の立場にある。

SECは、2022年11月15日が期限の回答書で、Cryptillianのアミカスブリーフに対応する十分かつ公正な機会を持つことになり、この要請で救済が認められたとしても不利益を被ることはないでしょう。

したがって、Cryptillianは、本訴訟でアミカスブリーフを提出することを裁判所が許可するよう謹んで要請します。

どんどん来てください! 記録更新が楽しみ

準備書面はどうなっているんだ!

おい、@GaryGensler、寝る前にこれを読めよ。

SEC v. Ripple事件のAmicus Brief 11番です。

これだけ多くの第三者がSECに反論しているのは、トーレスにとっては衝撃的なことだと思われます。

最初の10のAmici briefsから、リップル社の反対ブリーフがなくても、裁判所がSECの略式判決申し立てを却下するのに十分な事実と法的論拠が組み合わせられているようです。

SECは、より多くのブリーフが後で来ると、その略式判決の返信ブリーフのための日付の延長とより多くの遅さと追加のページ増加のために、その根拠を明らかにする。

11月2日 最近の報道では、SEC職員が「非通信」プラットフォームを使用して公務を行い、連邦記録保存法を遵守していないことが指摘されています。

共和党下院司法委員会の公式ツイッター

最近の報道では、SEC職員が「非通信」プラットフォームを使用して公務を行い、連邦記録保存法を遵守していないことが指摘されています。Jim_Jordan、@RepJamesComer、@PatrickMcHenry、@RepTomEmmerは回答を求めています。

ミネソタ州第 6 区の下院議員トム・エマー氏

SECにおけるゲンスラー委員長の体制は、規制のあり方に関する不誠実さと一貫性のなさが特徴である。

ゲーリー・ゲンスラー(@GaryGensler)氏が、民間企業に課すのと同じ透明性の基準を自分自身に課さないのは許せない。

SECGovの元職員によると、この非公式のコミュニケーションは、何年も前から組織の文化の一部になっていたそうです。この人物によると、ジェイ・クレイトン前議長は「メール魔」であり、情報公開の抵触を避けるために個人アカウントを使用することを好んだという。

この件に関して、議長はどのような対応をされているのでしょうか?

アメリカのブロックチェーン業界を破壊するキャンペーンの一環として、SECは電話で、彼らと戦うなら「破産させる」と脅したのです。

SECは、電子メールでのビジネスも、通話を録音することも拒否しています。

私たちは文字通りの犯罪者たちから、より公平に扱われてきました。

11月1日 以下は、SEC v. LBRY事件の略式裁判の公聴会の記録です。

以下は、SEC v. LBRY事件の略式裁判の公聴会の記録です。

https://www.dropbox.com/s/q9ieulrmlkthopj/SEC%20v%20LBRY%20Transcript%20of%20Summary%20Judgment%20Hearing.pdf?dl=0

SEC vs LBRYの記録が公開されましたので、LBRYに公開しました。

https://odysee.com/@lbry:3f/0720LBRYTranscript:7です。

今、再読しているので、返信でいくつかの部分を強調する予定です。

裁判官は冒頭で、LBRYが時間を無駄にせず、私たちが提示した「練り上げられた真剣な議論」に対して、感謝の言葉を述べています。

バルバドーロ判事が繰り返し述べているのは、これは複雑で難しいテーマであるということです。

また、裁判官は序盤で、自分の仕事はこれまでの判例法に事実を当てはめ、新たな判例を作らないようにすることだと何度か繰り返していることを打ち明けている。

裁判官は、仮想証券取引所に関する事件であるSEC対SGを、最も近い事件の1つと見ている。

我々は時に政府の無知を嘲笑してきたが、バルバドーロ判事は明らかに問題を理解しようと努力している知的な人物であった。

この一節は、そのことをよく示している。

この記録には、LBCに消費的な用途があることを示す証拠が含まれていると思います。それは否定できないことで、入手可能な情報を総合的に判断し、状況の経済的現実を見極め、どの証拠も決定的なものとは見なさず、略式裁判の基準に合致しているかどうかを判断することが重要なのです。これは、私の知識のギャップを明らかにするための機会です。

バルバドーロ判事は、SECの立場がいかに不完全であるかを明らかにする、興味深い仮定を考案した。

裁判官:誰かがコインを発明して、それを決して宣伝したり改良したりしないと約束したらどうでしょう?それでも証券になりますか?

SEC:うーん

“LBRYはジョークコインではありません。実用性があるのです。”

SEC上級検察官のマーク・ジョーンズ @mjjesq この言葉を使った広告を出す必要がありますね😂😂😂。

裁判所:このコインの本質的な価値を高めるために何もしていない。市場が判断することです。

MR . JONES : いいえ、裁判長。確かに、ジョークコインとして作られたものでさえ、最初に作った人とそれをたくさん持っている人のプロモーションによって価値が上がったと思いますし、今回もそのような状況です。それはジョークコインではありません。それはいくつかの実用性があります。

SECは、ブロックチェーントークンが利用価値(実用性)を持つことは無関係ではないと明確に主張している。

SECが重要だと考えているのは、その値が上がったり下がったりすることだ。文字どおり、それだけです。だからこそ、先の仮説は彼らにとっても難しいのです。

裁判所 : 私はLBRYがLBCの消費的利用を指していると思うのですが、あなたはそれを認めますか?
MR . JONES : 認めます、裁判長

裁判所 : わかりました

この一節は、バルバドロ判事の考え方の本質を最もよく捉えている。

LBRYは、投資と使用目的の両方がある「混合動機」のケースであり、これまでの判例法とは一致しない。

裁判官は、LBRYが証券であることを避けるために何かできることはないかと尋ねました。

もちろん、SECは回答を拒否しました。

この記録を読み返すと、裁判官は全体として、多くのSECの立場には疑念を持っており、私たちの立場には好意的であるように見えました。

SECは何度も過剰にアピールしましたが、LBRYは基本的にそんなことはしませんでした。

さて、私たちは待つことに戻ります…ベストはまだ来ていません 🚀。

11月1日  Valhil Capital, LLC は、Ripple 社の被告による略式裁判の申し立てを支持するアミカス・ ブリーフを提出する許可を申請しました。

Valhil Capital, LLC は、Ripple 社の被告による略式裁判の申し立てを支持するアミカス・ ブリーフを提出する許可を申請しました。 提案された準備書面は別紙A

https://www.dropbox.com/s/ktd3mhwhupcrxcf/Valhil%20Capital%20Amicus%20Brief%20Package.pdf?dl=0

Valhilはテキサス州ヒューストンに拠点を置く未上場企業で、創業間もない企業、ブランド、代替資産などのポートフォリオを保有しています。

Valhilはデジタル資産市場に積極的に参加しており、その日常業務とポートフォリオ管理にXRPを組み込んでいます。

具体的には、ValhillはXRPで役員に報酬を与え、そのポートフォリオ投資はXRPを含むデジタル資産で余剰資金を維持します。

さらに、Valhilの最も重要な投資の1つは、その運営と構造がXRPに大きく依存している投資先企業であるDeltawave Energyにあります。

したがって、Valhilは本訴訟の結果に大きな関心を持ち、XRPの多くの使用例に関する実践的な視点を裁判所に提供することができます。

Valhil はまた、XRP に適用される規制の状況の劇的な変化に関する市場参加者の視点を説明するのに適しています。

Valhil と他の市場参加者は、連邦政府機関や当局(証券取引委員会(SEC)の職員を含む)からのガイダンスに特に依存し、XRPがその明白な機能と一致して通貨としての法的地位を得ているという誠実な信念を形成し行動していました。

SECがこの訴訟を起こすまで、政府から市場に提供された情報は、XRPが仮想通貨であり、SECの規制範囲内の証券ではないという考え方が大きく支持されました。

SECは、その方針を転換することで、市場に不確実性をもたらし、世界中の金融取引のスピード、効率、確実性を飛躍的に向上させることが期待されるデジタル通貨の利用拡大を脅かすことになりました。

SECによるこの不当な行動は、米国および世界中のXRPユーザーとホルダーの地位を曇らせています。

SECがこれらのデジタル通貨を有価証券に転化することが許されるならば、そのような規制は行き過ぎであり、適正手続きや正当な補償なしに奪うに等しいでしょう。

SEC v. を参照。W.J . Howey Co. 328 U.S. 293, 298 – 300 (1946)、United Hous . FOUNDATION, INC . Forman , 421 U.S. . 837, 852 – 53 (1975) (“[W] hen a purchaser is motivated by a desire to use or consume the item purchased … the securities laws do not apply “).

以下に詳述するように、XRPは中央銀行システムにとって基本的な役割を果たし、(主にその相互運用性により)国際間の支払いを改善し、また(他の仮想通貨よりもエネルギー効率、速度、コスト効率が高いため)個人間の支払いをマイクロレベルレベルで効率化することができます。

また、Valhilは、XRPのデジタル通貨としての独自の機能により、XRPを自社の業務や資産管理の重要な要素として利用することができることに信頼を寄せています。

当事者及び他の賛同者は、米国証券法の下で定義される「証券」と「投資契約」という用語が、Howeyとその前身の下でXRPと他のデジタル通貨を含むように適用され得るかどうかについて、幅広く議論を展開しています1。

これらの議論を繰り返す代わりに、ValhilはXRPの市場参加者とユーザーの実用的な議論に焦点を当てます。

XRPL プロジェクト アンバサダーJamesRuleXR

Valhilは役員や 組合員組織のCEOの1人にXRPで報酬を支払っており、彼らの多くは食料品やガスの購入といった日常の活動にXRPを使っています。

SEC v. Ripple訴訟のAMICUS BRIEFは、これで10通目となりました。

のうち、今日だけで4通が提出されました。

寝る前にもう一回アミカスブリーフを @GaryGensler

そしてもう一人! 今夜は寝られないかもしれないよ、ジェームス!私たちに教えてくれてありがとう、@FilanLaw !

11月1日 Crypto Council for Innovationは、SECの略式判決申し立てに対するリップル社の被告側準備書面を支持するアミカスブリーフを提出する許可を要請しました。

Crypto Council for Innovationは、SECの略式判決申し立てに対するリップル社の被告側準備書面を支持するアミカスブリーフを提出する許可を要請しました。 提案された準備書面は別紙Aです。

https://www.dropbox.com/s/re7wf9hiz3vtwdx/Crypto%20Council%20For%20Innovation%20Amicus%20Brief%20Package.pdf?dl=0

実際、CCI が説明するように、SEC がこの判決を下した場合、米国における暗号と Web3 の健全な成長、およびデジタル資産保有者を保護するために各州が進めている慎重な規制の取り組みを阻害する可能性がありま す。

また、このような決定は、これらの有望な新技術の開発を海外に押しやり、米国のデジタル資産保有者に損害を与え、この有望な産業に大きな打撃を与える危険性があります。

これらすべては、強制ではなく、政策立案によって策定することを支持するものである。

CCIの見解では、裁判所はリップル社に対する強制措置を、デジタル資産に対するSECの強制措置による規制のアプローチと、このアプローチが行政措置に適用される公正通知の基本原則に反し、イノベーションと投資に脅威を与えるという、より広い文脈で理解することが重要であると思われます。

A. 行政法の原則は、特に、新しく進化するテクノロジーの規制に関しては、公正な通知を要求する。

SECのデジタル資産規制に対する執行優先のアプローチは、行政法の基本的な考え方と相反するもので、国民が政策決定に関与する有意義な機会を与えられ、連邦機関が違法行為としているものを事前に明確にすることを意図した行政法の基本原則と矛盾している。

この要件は、「個人または団体を規制する法律は、禁止または要求される行為を公正に告知しなければならないという、我々の法制度の基本原則」に基づくものであるFCC v. Fox Televi sion Stations, Inc. 567 U.S. 239, 253 (2012) ( Fox II ).

公正な通知の評価において、裁判所は、法令文だけでなく、「法令を執行する責任を負う者による法令の解釈」を考慮する。

Cunney v. Board of T rs. of Vill. of Grand View , 660 F.3d 612, 622 (2d Cir. 2011) (quotation omitted).

したがって、公正な通知の欠如は、裁判所が法律の解釈を変更した場合(Fox II, 567 U.S. at 254)、または「裁判所の解釈の公表に先立ち、非常に長い期間、顕著な沈黙が続く場合」(Christopher v. SmithKline Beecham Corp. 567 U.S. 142, 158 (2012)」である。このような予告なしの変更は、「(最高裁の)判例が長い間避けてきた『不当な不意打ち』のようなもの」を引き起こす。

ジム、アミカスブリーフを提出した訴訟の最多記録はどれくらいだろう?私たちは今、確実にそれに近づいています。

私の知る限り、ABの数の記録は78件で、これは80年代に連邦最高裁まで行った妊娠中絶の事件で提出されたものです。

とはいえ、「試訴レベル」の事件で多数のABを見るのは普通なのでしょうか? 間違いなく違う。

すごい!アミカスブリーフがまた一つ増えました

XRPユーチューバーインフルエンサーMoon Lambo

証券取引委員会対リップル事件で提出された9つ目のアミカスブリーフです。

今日だけで3回目の提出です。

11月1日 コインベースは、リップル社の公正通知に関する主張を支持するアミカスブリーフを提出するよう要請しています。

コインベースは、リップル社の公正通知に関する主張を支持するアミカスブリーフを提出するよう要請しています。

https://www.dropbox.com/s/ac0tpzljfhau270/Coinbase%20Amicus%20Brief%20Package.pdf?dl=0

コインベースは、取引量において米国最大の暗号通貨取引プラットフォームとして、本件で問題となっている問題について独自の視点を持っています。

具体的には、本訴訟が提起された後、米国の複数の取引所がXRPの上場を廃止し、その市場価値が150億ドル減少し、コインベースの顧客は大きな損失を被ったのです。

コインベースは、市場参加者が今後の見通しを立て、本件のような損失を回避できるよう、米国のデジタル資産業界のルール作りに取り組むよう、SECに正式に申し入れました。

デジタル資産を管理する規制の枠組みがない中で、コインベースは、リップル社のような当事者が今回のような不意打ちの強制措置に直面した問題で、公正な通知の抗弁を追求することが認められなければならないと考えています。

我々は、Coinbaseが添付のアミカスブリーフを提出し、Coinbaseとその数百万人の顧客に影響を与えるこの問題の重要な法的問題に対する立場を検討することを裁判所が許可することを謹んで要請します。

要約:コインベースは、SECが暗号の世界に一切の通知を行わなかったこと、事実が問題であることを訴えます。興味深いことに、XRPに関する彼らの調査はありませんでしたが、彼らは公正な通知とSECの怠慢という体質の問題については厳しく追及しています。

私は2018年のCoinbaseの分析(その分析はXRPが証券ではないと結論づけたようです)について読むのを待っていました…が、それはどこにも見当たりませんでした。

しかし、明日XRPが再上場すれば、すべてが許されるのではないでしょうか?

>>

うんうん😁。
あまり言われてないのが面白い

暗号集まれー 👏👏👏

いよいよ勢いに乗ってきましたね

コインベース

アミカスブリーフです。

さて、ここでSECに反対を表明するならば、XRPを再上場させたほうがいいかもしれませんね。そう思いませんか?

xrpが証券であることを知らなかったということに焦点を当てただけで、「xrpは証券ではない」ということには焦点を当ててないように見えるが?

>>

Coinbaseは公正な通知による弁護に関してSECに反論している。

11月1日 ネットバーン連邦地裁判事は、2018年6月のヒンマン氏の講演のうち、SECに保留されている判断材料について述べた2つの原稿に修正を加えるというSECの要請を認めました。

ネットバーン連邦地裁判事は、2018年6月のヒンマン氏の講演のうち、SECに保留されている判断材料について述べた2つの原稿に修正を加えるというSECの要請を認めました。

SECは、2022年4月29日に、SECの2月17日提出の添付書類1の項目29および35にある2つの文書を編集する許可を申請しました。

裁判所は、SECに対し、2つの修正案をカメラで確認できる形で提出するよう命じました。

以下ツイッターコメント欄:

SECGov / @GaryGenslerを編集者と呼ぼう、もしすべてが真実であれば、何も編集する必要はないだろう。

なぜはっきりさせないんだ?隠さないでください @SECGov @billhinmanDC は大罪人です これはすぐに証明できます なぜ彼を守るのですか…?

特にSECの問題で、裁判所が許可したこのすべての編集行為にうんざりしている。オープンで透明性のあるものは、改ざんされたものではありません。

この件に関して、弁護士ジェレミー(@attorneyjeremy1)はお役に立てるでしょうか?

今朝もやってます!

10月29日 Spend The Bits Inc.は、リップル社を支持するAmicus Briefを正式に提出しました。

Spend The Bits Inc.は、リップル社を支持するAmicus Briefを正式に提出しました。

https://www.dropbox.com/s/flb1fl9p599tvk5/SpendTheBits%20Amicus%20Brief.pdf?dl=0

10月29日 Institor Choice Advocates Network(以下「ICAN」)は、リップル社を支持するAmicus Briefを正式に提出しました。

Institor Choice Advocates Network(以下「ICAN」)は、リップル社を支持するAmicus Briefを正式に提出しました。

https://www.dropbox.com/s/h49gd7unnl7wl9x/ICAN%20Amicus%20Brief%20in%20Support%20of%20Ripple%20Defendants.pdf?dl=0

10月29日 本日、私たちは、@Ripple社に対するSECの2年にわたる法廷闘争において、Howeyの正しい解釈を支持するアミカスブリーフを提出したことを発表しました。

Blockchain Association:暗号ネットワークのための公共政策環境の改善に取り組む、会員主導の組織であるブロックチェーン協会

1/本日、私たちは、@Ripple社に対するSECの2年にわたる法廷闘争において、Howeyの正しい解釈を支持するアミカスブリーフを提出したことを発表しました。

裁判官は今、Howeyがデジタル資産にどのように適用されるかについて実質的な意見を出す機会を得ている。

何が問題になっているかはこちら🧵🧵🧵🧵。

2/ ここ数年、SECは「強制による規制」によって暗号を標的にすることを選択しています。

業界メンバーとの共同解決に取り組むのではなく、霧の中で行き当たりばったりの正当化で暗号業者を罰することを求めてきたのです。

3/ 2020年12月、SECはリップル社に対して、トークンを証券として登録せずにデジタル通貨を取引したとして、SECのガイダンスがないにもかかわらず、同社を訴えたのである。

4/ 2019年以降、SECはガイダンスや ルール制定ではなく、強制措置を通じて、米国証券法がデジタル資産にどのように適用されるかを規制しています。

5/ SECの強制措置は、多くの場合、双方から裁判所に提出された固有の事実を考慮した司法意見ではなく、一方的な和解合意に終わる。

6/和解するのではなく、リップル社は裁判制度を通じて反撃しています。これは何を意味するかというと、裁判官が間もなくこの問題に関して判決を下すということです。

7/ もし、裁判所がSEC側の案を採用した場合、SECの管轄下に入る対象は、Howeyで最高裁が意図した以上に拡大することになる。

8/私たちは、成長する暗号エコシステムをサポートするために、今日、アミカスブリーフで戦いに参加しました。

いかなる規制機関も、時代遅れの基準で暗号を一方的に規制すべきではありません。その代わりに、今こそ議会が業界を導くための明確な規制の枠組みを定義する時です。

終了/当社のすべてのリリースをご紹介します。

https://theblockchainassociation.org/blockchain-association-files-amicus-brief-in-sec-lawsuit-against-ripple/

政策責任者 Blockchain Associationアドバイザージョージ ワシントン大学で学士号を取得し、ジョージ ワシントン大学ロー スクールで法学博士号を取得

1/ @BlockchainAssnがSECの@Rippleに対する裁判にアミカスブリーフを提出したことを発表できることを誇りに思います。

要するに、SECは法律に関して間違っており、その強制による規制のパターンは、米国の暗号業者と、それが保護することを意図している投資家の両方にとって有害である、ということです。🧵

2/序論と論旨のまとめより。

SECのGary Gensler委員長は最近、大した説明もなく、トークンの「大部分」は証券であるとの見解を示しました。簡単に言えば、その見解は本来法であるべきではなく、法であってはならないのです。

準備書面はこちら: https://theblockchainassociation.org/wp-content/uploads/2022/10/BA-Amicus-Brief-Ripple.pdf

3/ 何年もの間、SECは “投資契約 “の定義についてガイダンスを提供することを拒否してきた。

その代わりに、SECは法律が明確であるかのように振る舞い、今回のような訴訟で初めて自らの見解を表明するのである。これは、強制による規制である。

4/ またしても、SECは暗号に関する見解を、ガイダンスや 規則制定においてアメリカ国民に対してではなく、略式裁判の申し立てにおいて連邦裁判所 に表明したのである。

SECの見解は、法律上も政策上も間違っている。

私たちの準備書面では、その理由を説明しています。以下はそのハイライトである。

5/ SECの立場の致命的な欠陥は、一次販売と流通市場での流通取引とを区別していないことである。

SECは、トークン販売に伴う取引(証券かもしれない)とトークン自体(証券では決してない)の違いを無視しています。

6/ その結果、SECは、現在に至るまで違反を主張しているにもかかわらず、XRPの二次販売が証券取引に該当するかどうかを分析しようともしていないようです。

それどころか、SECは “一度証券になれば、何があっても証券になる “という立場をとっているようです。

7/ 一次販売と二次販売の区別は重要です。

流通市場に関するSECの申し立てにより、米国の取引プラットフォームは2020年12月にXRPを上場廃止し、劇的な価格暴落を引き起こし、SECが保護すべき同じXRP保有者を苦しめることになったのです。

8/ SECが一次販売と二次販売を区別していないことは、自身のガイダンスと矛盾している。

2018年6月、ヒンマン長官は、トークンが投資契約を通じて販売されたとしても、その後の販売で再確認することができると認めました。

SECは2019年4月の包括的な枠組みで再びそう述べている。

9/ ヒンマン局長がこの論争で物議を醸すようになったことは知っていますが、私はHoweyに関する彼の法律の声明は正しかったと思っています。

つまり、SECは、XRPが過去に証券であっただけでなく、現在も証券であることを証明する責任を負っています。それは試みさえしませんでした。

10/ SECは、その代わりに、法律が支持する範囲をはるかに超える、極めて広範なHoweyの見解に依存しています。

SECは、取引当事者間の特定の関係性を定義するためのテストを、市場価格を持つ世界中の基本的にすべての資産を対象として再構築しているのです。

11/ SECは、暗号に対する自らの権限を可能な限り拡大することを正当化するために、Howeyの4つの条項のすべてを論理と法律の判例の限界を超えて引き伸ばしているように見える。

まず、SECは、誰も実際にお金を投資していなくても、「お金の投資」がありうると言っています。

12/ SECは、無料で提供される資産であっても、受け取った人が価値を返してくれるという無形の期待から、「金銭の投資」を伴うと考えているようです。

それは法律ではありえない。さもなければ、あらゆるものがこの条項を満たすことになり、法律が意味をなさなくなる。

13/ Howeyにおける最高裁の文言は、文字通り解釈されるべきである:投資契約は、有形の対価の実際の投資を必要とする。

このテストは、「他人の金の使い道を求める」発行者が関与する販売に適用されることを意図しており、後からずっと販売されるものすべてに適用されるわけではない。

14/ 第二に、SECは、企業がなくても「共通企業」が存在しうると言っています。

SECは、「XRPの全部分の価格が等しく上下する」ため、横方向の共通性が存在すると言っています。

繰り返しになりますが、これはこの原則が無意味になります:今までのすべての交換可能な資産が満たされています。

15/ 換金可能な資産の保有者がすべて共通企業であるというのは、論理に反している。ビットコイン?金?

裁判例では、「共同事業」の定義をより狭く設定し、実際のビジネスのように、資産の共有と利益の比例配分を要求している。

16/第三に、SECは、流通市場の購入者が利益を期待していなくても、「利益の期待」があり得ると言っています。

記録には、利益以外の理由でXRPを取得した保有者が多数いることが示されていますが、SECは、まるで関係ないかのように、それらを却下しています。彼らは

17/ 第四に、SECは、買い手がなぜ資産を手に入れようと決めたかにかかわらず、そして、その “他人 “に関連する法的権利を持たない買い手にとってさえ、“他人の努力 “への依存があり得ると言っているのです。

私がXRPホルダーから何かを学んだとすれば、それは彼らが大きく多岐のグループであるということだ…。

18/ …そして、交換可能な資産を所有する人々のグループと同様に、彼らがすべて全く同じように考え、行動すると仮定するのは不適切なことです。

連邦政府の強制措置は言うに及ばず、このTwitterでさえも不平等なのだが、SECは略式裁判の準備書面において、まさにそれを行っている。

19/ 我々の準備書面は、公正な通知に関するSECの誤った議論にも言及している。

SECは、証券取引法の下でトークンがどのように扱われるかについて、市場参加者が「公正な通知」を受けていると主張していますが、市場が極めて基本的な点でさえ明確でない現状では、空虚と言わざるを得ません….

20/ そして、米国を拠点とするネットワークのみに基づいて管轄権を有するとするSECの見解を含む、治外法権について述べる。

「米国とのわずかな接触は、海外取引が米国内で活発に行われることを意味するのに不十分である。同じ規則をネットワーク・ノードにも適用すべきである。

21/SECが暗号に対してもっと賢明な立場を取ってくれればと思いますが、それまでは悲しいかな、裁判で争うしかありません。

この訴訟は、業界全体に影響を与える重要な判例になる可能性があります。私たちの準備書面が、裁判所が法律を正しく理解するのに役立つことを願っています。

以上

10月28日 SECの監察総監室はSECが暗号を管轄しているかどうか「不確かである」と結論づけています。これは、SEC自身の広報が打ち出している話である。

SECの監察総監室(OIG)の報告書は一読の価値があります。恥ずかしくなるほど悪い業績評価に加えて、OIGはSECが暗号を管轄しているかどうか「不確かである」と結論づけています。これは、SEC自身の広報が打ち出している話である。

https://www.wsj.com/articles/gary-genslers-bad-performance-review-sec-inspector-general-rulemaking-11666719584

そして、これがOIGの報告書です:https://sec.gov/files/inspector-generals-statement-sec-mgmt-and-perf-challenges-october-2022.pdf

SECが投資家保護のために人員を増やし、その他の措置を講じ続ける中、SECと商品先物取引委員会のどちらの機関が暗号市場に対する規制監督責任を負うのか、どのような法的手段や権限が利用できるようになるのか、不透明な部分があります。このような不確実性は、市場要因を不安定にし、メインストリートの投資家のリスクを増大させる可能性があります。

暗号に関する機関の管轄について、@SECGov監察総監がこんなことを言っています…🤔。

SECのOIGレポートが、SECが暗号を管轄しているかどうかさえ「不確実である」と結論付けていることについて @s_alderoty さん。👇

現在のリーダーシップの下にあるSECは、仮想通貨を規制することができず、パフォーマンスの悪い魅力のないリーダーとの悪い劇場を提供しています.

10月27日 SECは、Investor Choice Advocates NetworkおよびSpendTheBits, Inc.によるアミカスブリーフの提出の申し入れに対して何の見解も示しませんが、SECの略式裁判の申し立てを支持する回答準備書面で回答できるように要請します。

SEC は、Phillip Goldstein および Investor Choice Advocates Network (D.E. 666) および SpendTheBits, Inc (D.E. 676) による申し立て(「申し立て」)に対する回答を謹んで提出します。両出願は、アニカス・キュリエのブリーフ提出の許可を求めています。 SECはいずれの申し立てに対しても立場を表明しませんが、いずれかの申し立てが認められた場合、2022年11月15日の略式判決のためのSECの申し立てを支持する答弁書の一部として、これらの申し立てに反論できるようにすることを謹んで要請します。

リップル社を支持するこれらすべてのアミカスブリーフ。

SECには、一人でも賛同してくれる友人がいないのでしょうか?

10月22日 Spend the Bitsは、アミカスブリーフの提出を申請しました。 申請書と準備書面案は以下の通りです。

Spend the Bitsは、アミカスブリーフの提出を申請しました。 申請書と準備書面案は以下の通りです。

https://www.dropbox.com/s/qqc3xaeoq2wehek/Spend%20the%20Bits%20Amicus%20Package.pdf?dl=0

Torres 裁判官へ:

裁判長の民事訴訟における個別慣行第 I.B 項に従い、SpendTheBits, Inc.(以下「SpendTheBits」)は、被告 Ripple Labs, Inc の略式判決に対する申し立てを支持し、アミカス リサーチを提出する許可を要請します。

SpendTheBits は他のアミカスの提出を認識していますが、提案する準備書面は累積的ではなく、また、XRP を支払いとして受け入れる TapJets や ODL 顧客である iRemit とは異なり、SpendTheBits はリップル社の認識や同意なしに XRP と XRP Ledger(「XRPL」)を使用してビットコインを転送するように設計されたアプリケーションを作成し構築した民間企業であることから、他のアミカスとは容易に差別化された視点を持っていると言えます。

アミカスキュリエは誰ですか?

SpendTheBitsは、カナダのアルバータ州を拠点とし、間もなくエルサルバドルで始動する営利目的の外国企業で、XRPLのオープンソースブロックチェーン技術を活用し、数秒以内に簡単かつ安価にビットコインを送受信しています。

相互運用可能な多通貨決済ソリューションを世界中に提供することに主眼を置いています。

ビットコインネットワークでビットコインを送金する場合、ネットワークトラフィックに応じて10分から1時間かかることがあります。

SpendTheBitsを使えば、XRPLでの取引完了まで3~5秒です。

XRPとXRPLを事業の重要な一部として依存している企業として、SpendTheBitsはこの訴訟の結果に関心を持つだけでなく、その使用例は「XRPの投資家は、リップル社がXRPエコシステムの成長のために取った手順のほとんど、あるいはすべてを取ることができない」というSECの主張を反証するものでもあります。

また、XRPの投資家は、起業家的な努力によってトークンの「用途」を開発することによってXRPの「需要」や「価値」を著しく高めることができる立場にありません-少なくとも、リップル社の支援なしには。”。

アミカスキュリエの関心とは?

SEC は、XRP はセキュリティであり、リップル社に依存しないユーザーや開発者は XRP のエコシステムを成長させる能力やリソースを持っていない、リップル社の援助や努力なしにトークンの用途を開発することはできないと主張しています。

とあります。

しかし、これは単純に真実ではありません。

SpendTheBits の創設者兼 CEO である Jay Kambo は、2016 年にクリプトスペースに入門しました。

ITのバックグラウンドを持つジェイは、暗号通貨コミュニティで一般にビットコインのスケーリング問題と呼ばれているビットコインネットワークの転送速度の遅さをすぐに認識しました1。

いくつかの研究の後、ジェイは2019年9月にXRPL上でSpendTheBitsの構築を開始しました。SECは、被告が約束した努力こそがXRPを証券化するものだと主張していますが(2021年3月19日Hr’g Tr. at 51:15-21)、

Jayはそうした約束した努力を知らなかったばかりか、彼のアプリケーションを開発するのにそうした主張された努力に依存しなかったことは確かです。

実際、ジェイが自分のアプリを構築するためのトラストラインを確立するために最初にXRPを取得したとき、彼はリップル社やその幹部について知りませんでした。

SpendTheBitsはXRPをXRPL上のブリッジ通貨として使用し、ビットコインを5秒以内にピアツーピア決済で転送します。

このアプリケーションはリップル社がその存在すら知らないままXRPの実用性を生み出しています。

XRP の基礎技術は、リップル社の許可や知識なしに膨大な量の実用性を提供します。

ビットコインがビットコインネットワークのネイティブトークンであるように、XRPはXRPLのネイティブトークンです。

つまり、ビットコインでビットコインネットワーク上のものを動かし、XRPでXRPL上のものを動かすということです。

Jayはカナダ、そして米国でSpendTheBitsを立ち上げることを熱望していましたが、規制が明確でないことと本件の開始により、そのような計画は中止となりました。

SpendTheBitsは現在、ビットコインが法定通貨として認められているエルサルバドルで発売するために、スペイン語版のアプリに取り組んでいる。

明らかに、SpendTheBitsの利益はすでにこの訴訟によって影響を受けていますが、個々の被告が関与する特定の販売と流通市場でのXRPを区別することなく、SECはSpendTheBitsの実行可能性を脅かしています。

スペンドザビッツのユニークな立場は、本訴訟の問題に関連する有意義で重要な情報と文脈を本裁判所に提供することができます。そのため、スペンドザビッツは本法廷に対し、別紙Aとして添付されたアミカスブリーフ案を提出する許可を与えるよう、謹んで要請します。

アメリカはチャンスの国であり、イノベーションの場であり、人々のための国であるはずですが、リップルを迫害する努力を通じて、SECは機会を制限し、イノベーションを妨げ、主張するまさに人々に害を及ぼすために、より多くのことを行っているようです。

その影響は、アメリカの国境をはるかに超えて感じられます。 @Jay_SpendDBits と @Spend_The_Bits は、国際的な XRPHolders と開発者と企業のために声を上げます。

10月22日 SECは、リップル社の被告による略式裁判の申し立てに対する反対意見書を提出しました。

SECは、リップル社の被告による略式裁判の申し立てに対する反対意見書を提出しました。

https://www.dropbox.com/s/ps3kku4scxp3o9u/SEC%20Memorandum%20in%20Opposition%20to%20Ripple%20Defendants%E2%80%99%20Motion%20for%20Summary%20Judgment.pdf?dl=0

予備的見解

議論の余地のない証拠により、被告が一般投資家に対して無登録の証券の募集および販売を行 ったことが判明したため、裁判所は被告の申し立てを却下し、SEC の申し立てを認めるべきである。

被告は、支配的な法律(Howey テスト)の下では勝てないことを暗黙のうちに認めている。

その代わりに、被告は、Howeyの意見から2つの単語(「必須要素」)を文脈から取り出して、1933年以前の州法から独自のテストを構築しようとし、それが独自のテストに合格したことを示すと称しているのである。

被告の主張は創造的かもしれないが、彼らの捏造したテストは明らかに法律の裏付けがないため、全く役に立たない。

Howeyのテストとそれを適用した数十年にわたる連邦裁判所の判例の下では、SECは法律の問題として勝訴しています。

Howeyの2つの単語は、考案されたテストに作り替えられ、被告の申し立ての全重量に耐えることはできません。 この「本質的要素」テストは、Howeyに3つの新しい条項を読み込もうとするものである。

最初の項目は、コモンロー上の契約が存在することを要求しているが、被告は、それが書面でなければならないか、そうでないかを判断している。いずれにせよ、この条項は、Howeyの柔軟で適応性のあるアプローチと矛盾している。

また、何十年にもわたり裁判所が認めてきた、型破りで斬新な投資商品にも適用される証券取引法の広範な適用範囲とも矛盾している。

被告が主張する他の2つの要素、すなわち、契約には売り手に販売後の義務を課す条項利益を受け取る権利が明記されているという点は、Howeyを適用する裁判所によって明確に否定されている。

被告がHoweyを自分たちのニーズに合うように作り変えようとする試みは却下されるべきである。

本件を支配するHowyの適切な適用により、被告は投資契約を提供し、販売したことが分かる。まず、被告が異論を挟まないように、被告の圧倒的多数の案件は、Case 1:20-cv-10832-AT-SN Document 674 Filed 10

XRPの分配が無対価で行われたという主張は、そのような分配がXRPの公開市場への間接的な販売であり、Howeyを満たすために対価が現金である必要はないため、的外れなものとなっています。

第二に、議論の余地のない事実は、XRPの購入者は、XRPの価値の上昇を全員が比例的に共有するため、互いに、そしてリップル社と共通の事業に投資したことを立証している。

XRPが「株式と同等」ではないという被告の主張は、株式と投資契約の両方が証券であると規定する1933年証券法の平易な言葉を無視しています。

また、リップル社がXRPの市場や価格を「支配」していないため、共通企業が存在しないという主張も、裁判所が課すことのない余計な要素を分析に加えようとしています。

第三に、被告は、リップル社の経営努力や起業家精神に基づき、投資家が XRP の購入から利益を得ることを期待するよう誘導しています。

裁判所は、「免責事項」が投資契約の認定を妨げるとする被告の主張を日常的に退けています。

また、XRPがオレンジのような「普通の資産」であるという被告とその支援者の提案は、事実に反しています。

また、「普通の資産」であっても、投資契約として提供・販売される可能性があるため、法的にも無関係です。

最後に、個人被告のXRPの提供・販売の一部は「国内」ではないとの主張も失当です。

この主張は、最終的な売却が被告の専門家が「外国」であると主張する暗号プラットフォームのオーダーブックで照合されたオファーと売却を根拠にしています。

しかし、裁判所は、個人被告のオファーがすべて米国内で行われたことについて、すでにこの主張を退けています。

また、個人被告は米国内での販売を不可逆的に約束したことを示す証拠があります。

分析を無登録のオンラインプラットフォームの「場所」という単一の事実に還元しようとする彼らの試みは、第2巡回控訴裁判所によるモリソンの適用と異なり、これらの販売が実際に行われた方法を示す議論の余地のない証拠を無視したものとなっています。

本件では、SECは、被告がXRPの提供および販売を登録し、投資家に対してCase 1:20-cv-10832-AT-SN Document 674 Filed 10のような付随する開示を行うよう要求しています。

販売後の義務問題について、SECがあまりにも弱腰だったことに驚きました。 何か足りないような気がする。

SECは、リップル社が提起した「損失後の義務」の議論に適切に対処していません。

私は、上訴裁判所が義務は必要ないと判断した多くの事例を待ち続けましたが・・・・・・・何もありませんでした。

リップル社によるゲームを変える議論。

つまり、間違っていたら指摘してほしいのですが、唯一引用したのはKik Interactiveのケースで、これは:

1.拘束力のない判例であり

2.この問題が提起されていないケースです。

SECは “書面による契約 “について話し続けていますが、私は何かを見逃しているような気がします。

10月21日 18ヶ月以上経過し、6つの裁判所命令を受けて、我々はついにヒンマン文書(SECの内部メールと悪名高い2018年のスピーチの下書き)を手に入れました。

18ヶ月以上経過し、6つの裁判所命令を受けて、我々はついにヒンマン文書(SECの内部メールと悪名高い2018年のスピーチの下書き)を手に入れました。今のところ機密扱いのままですが(SECの意向で)、それを手に入れるために戦った価値は十分にあったと言えるでしょう。

私はいつも私たちの法的な議論に満足してきましたが、今はさらに気分が良くなっています.
私はいつもSECの戦術に嫌悪感を抱いていましたが、今ではさらに気分が悪いです。

速報:ヒンマン文書がリップルに引き渡される。
S_ALDEROTY

真実が隠されている時間は長いのです

ヒンマンスピーチ文書をめぐる争いは終わり、@SECGovはついに被告@Ripple@bgarlinghouse & @chrislarsensfにそれを引き渡したのです。詳細は以下👇。

SECは、情報開示、透明性、明瞭性に配慮していると思わせたいのです。しかし、それを信じてはいけません。いずれ真実が明らかになったとき、ここでの彼らの行動の恥ずかしさは、あなたにショックを与えるでしょう。

実はブラッドは、私たちが@SECGovにショックを受けないことに驚くでしょう。 XRPHoldersは今、かなりショックに強いです。

とんでもない

おやおや、これはこれは。

ヒンマン メールが作成されました。

誰も私たちを信じず、私たちはただの陰謀論者の一団だったとき、それは1年以上かかったが、私たちは正しかったし、公平な競争の場を望んでいるだけだと知っていた。 SECが隠してきたものにショックを受ける準備をしよう…もしそれを見ることができたらね。

10月19日 🚨 SEC v. Ripple に関する更新 (2) – 封印された今夜のさらなるファイリング (非公開):

🚨 SEC v. Ripple に関する更新 (2) – 封印された今夜のさらなるファイリング (非公開):
(1/3)
✅2022 年 9 月 13 日に提出された @Ripple の略式判決の申し立てに対する @SECGovreplying からの法律の覚書と、2022 年 9 月 14 日の @Ripple の規則 56.1 声明に対する反論

(2/3) (同じく封印)
✅被告が提出したクリストファー・S・フォードのSJに対するSECの動議に反対する宣言、および60の付随資料
✅SJ に対する SEC の動議に反対する、被告によって提出された Erol Gulay の宣言、および 138 の付属資料

(3/3) これらの文書はすべて、今夜早くに提出された封印文書と同じ命令で封印されました(封印については以下の @JohnEDeaton1 のメモを参照

https://twitter.com/JohnEDeaton1/status/1582535686913110018

また、✅リップル社のSJ申し立てに対するラダン・スチュワート(SEC弁護士)の反論と107点の証拠書類(すべて封印)。

10月19日 ドキュメント・ライブラリに追加されました。Phillip GoldsteinとInvestor Choice Advocates Network(ICAN)によるアミカスブリーフ提出のための添付書類

ドキュメント・ライブラリに追加されました。
Phillip GoldsteinとInvestor Choice Advocates Network(ICAN)によるアミカスブリーフ提出のための添付書類(アミカスブリーフ案)(下記をクリックしてアップロードされたドキュメントをご覧ください)👇。
https://crypto-law.us/wp-content/uploads/2022/10/10182022-Ltr-Motion-Amicus-ICAN.pdf

(2/2) ICANは、@SECGovを相手取って訴訟を行った「過小評価されている投資家や起業家による市場アクセスの拡大に焦点を当てた」非営利の法律事務所である。
👇

https://www.icanlaw.org/home

11番目は、2022年8月3日に提出された「2022年デジタル商品消費者保護法」で、CFTCにデジタル商品を規制する権限を与えるものである。

委員会で審議中の法案が多数あり、そのどれもが議会に提出される可能性があることから、議会がデジタル資産分野に強い関心を抱いていることがわかる。

コンセンサスが得られるまでは、SECには、空白と思われる部分を埋める権限はない。

IV. デジタル資産を規制しようとするSECの試みは、議会から事前に委譲された伝統的な権限を超えている

2022年10月12日の時点で、SECコミッショナーのHester Peirceは、デジタル資産という新しいクラスを規制する伝統的なSEC権限の欠如についてコメントしている。

Security Traders Associationのカンファレンスで、Peirce委員は、”cryptoは新しいものであり、議会が時間を費やす意味があるほど重大なものだと思う “と指摘しました。 SECのPeirceは、規制を導くための暗号法制を呼びかけ、Bloomberg Law、(2022年10月12日)。 また、2021年5月に行われた議会の公聴会で、SECのゲンスラー委員長は、デジタル資産取引所に対する規制の枠組みがないことについて懸念を表明しました1。

彼は、監視の欠如は、トレーダーの基本的な投資家保護を否定する「我々のシステムのギャップ」であると述べています。

Gensler氏は、伝統的な証券市場で見られるような保護をデジタル資産取引所にも導入することの重要性を強調した。

さらに、「暗号トークンを取引する取引所のうち、SECに取引所として登録したところはまだ一つもない。

このため、従来の証券市場よりも投資家保護が大幅に後退し、それに応じて詐欺や不正の機会も増えています “と述べた。

2021年5月の公聴会では、多くの記憶に残るやり取りがありました。

マクヘンリー:あなたが政府から離れたときに理解したことに話を移しましょう。

私たちが求めてきたのは、デジタル資産、特に暗号通貨に関する規制の枠組みについて、省庁間の協力体制を強化することだと思います。

これには、産業界や適切な規制当局からのより多くの関与が含まれます。

2019年、SECスタッフはデジタル資産の投資契約分析のためのフレームワークを作成しました。

それ以来、スタッフは多くの問題についてフィードバックを求め、最近では進化する基準やカストディのベストプラクティスについてフィードバックを求めています。

これは進歩ですが、暗号市場をさらに発展させるためには、より具体的な措置が必要だと考えています。この問題に目を向けるとき、正当なお金と法の支配のもとで活気のあるデジタル資産市場を実現できるよう、規制を明確にするためにどのようなステップを概説できますか?

ゲンスラー氏:ご質問ありがとうございます。

暗号資産市場は2兆ドル近い市場ですが、SECの現在の権限、証券に関する権限、そして暗号通貨に投資する資産運用会社や商品に関する権限において、投資家保護を強化することで利益を得ることができる市場であると私は考えています。

今お話があったように、10月か11月頃だったと思いますが、カストディに関する意見を求めるコメントを出しました。

今後、カストディをより明確にしていくことを期待します。

議会と協力して、この問題に対処できるのは議会だけだと思いますが、私の考えを言わせてもらえば、暗号取引所に投資家保護を強化するかどうかを検討するのは良いことだと思います。

そして、もしそうであれば、今現在、これらの暗号資産を取引する取引所には、SECでも、我々の姉妹機関である商品先物取引委員会でも規制の枠組みがないので、より大きな信頼を与えることができるのではないかと考えているのです。(と述べている(強調)。

このように、SEC委員長は、SECの「現在の権限」が何らかの指針を与えると認識しているものの、2兆ドル規模の暗号資産市場の側面を規制するための規制枠組みがSECにもCFTCにも(あるいは他の機関にも)存在しないことに対処できるのは(SECや裁判所ではなく)「議会だけ」なのである。

委員会の別のメンバー、ウォーレン・デビッドソンは、 “今、あなたがこの機関の舵取りをしているので、私はSECが超党派で明確であるこの規制の枠組みを作るために議会と協力する好機だと思います “と観察しました。

2021年10月5日に行われた下院金融サービス委員会の別の公聴会で、同委員会のランキングメンバーであるマクヘンリー議員はゲンスラー氏に次のように質問しています。

あなたは報道に対して恥ずかしがらないので、今日はここで率直で透明性のある会話ができることを期待しています。デジタル資産に関して、私の見るところ、あなたは多くのことを行ってきた。

そして、もうひとつ。

あるNPOがアミカスブリーフを提出し、SECのデジタル資産に対する管轄権を攻撃し、特にEPAの権限を制限した最近の連邦最高裁の判例を引用しています。

これらの法廷弁護士は、あらゆる角度からSECを攻撃しています。

10月19日 🚨 SEC v. Ripple の更新:リップルとガーリングハウス、クリスラーセンは(封印された状態で) 覚書を提出しました

🚨 SEC v. Ripple の更新:
✅被告 (@Ripple@bgarlinghouse@chrislarsensf) は今夜、2022年9月13日に提出された @SECGov の略式判決の申し立てと、2022年9月14日提出の@SECGov の規則 56.1 声明に対する反論に応じて、(封印された状態で) 覚書を提出しました

(2/2)これらの文書は、彼らが反論しているSEC提出文書と同様に封印されて提出されたため、現時点では公開されておらず、アクセスすることはできません。

来週10月24日(月)、一般市民は異議申立書の限定冗長版のみを読むことができます。残念ながら、一般市民が56.1声明、反論声明、展示物証言などを読むことができるのは、12月末から1月にかけてとなります。

10月18日 JW VerretはSECの職員が議会からの監視を逃れるためにWhatsAppのようなシグナルアプリを使っていることを言及

JW Verret は、ジョージ メイソン大学の法学准教授、Veritas Financial Analytics LLC のコンサルタント、元 SEC 諮問委員会のメンバー

「召喚状がゲイリー・ゲンスラーのところに飛んでくるぞ👀👀👀” 私たちが聞いたところによると、SECのスタッフの中には、私たちと同じようにSignalやWhatsAppのようなアプリを使って、通信を非公開にしようとしている人たちがいるそうです。彼らは同じことをやっている…それは違法である “👀👀👀👀

あなたは議会ができることがいくつかあることを知っています

1つは監視で 電子メールなどの情報開示請求があります 残念ながら、SECの職員がシグナルWhatsAppのようなアプリを使っていると聞いています。。

私たちが通信の秘密を守ろうとするのと同じように 彼らも議会の監視から秘密を守るために 同じことをしているのです

もし彼らが政府の倫理や監視の観点からそうしているならばそれは違法です

もしSECの倫理局がこれに歯止めをかけないなら(もしそれが本当なら)、彼らは全員共犯ということになる。なぜ政府の仕事についてメールを送らないのですか?もし、@GaryGenslerと@SECEnfDirectorがこの行為を許すなら(事実なら)、彼らはその宣誓に対する裏切り者です。

もしこれが、Torres判事がHinmanの電子メールの提出を命じたことに対する反応だとしたら、二つのことを意味している。

1)その電子メールは、SECの訴訟や象徴、あるいはその両方にとって不利になる可能性が高い。
2) 彼らは本当に誰のために働いているのか分かっていない。アメリカ国民だ。

最後に、それは裁判官の判決に対する未熟で愚かな反応です。

ネットバーン判事は 90% で SEC に有利な判決を下しました。

ヒンマンの演説メールを除いて、すべてが特権的であると宣言されました。

2018 年 6 月 13 日の XRP Howey Memo 📝 でさえ特権支配されました。

この人達は赤ちゃんです。

10月16日 この訴訟が展開されるにつれ、私の怒りは大きくなっています。

この訴訟が展開されるにつれ、私の怒りは大きくなっています。

この訴訟を起こした者には、何の救済も、何の結果もないのです。

SECが政策目標を追求するのは、「法律への忠実な忠誠心」のためではありません。 それは権力についてです。

このやり方によって損害を受けた企業や人々のことは全く考えていない。

私たちは皆、憤慨しなければならない。

SECは、政府が国民のために働くということを明らかに忘れている。

なぜ@RippleのCEOが引用符を使ったのか、疑問に思われた方のために説明させてください。ニューヨーク州南部地区に座る連邦判事👩⛩️は、@SECEnfDirectorやその非弁護士の会長@GaryGenslerのようなSEC弁護士は “法律に対する忠実な忠誠心 “を欠いていると述べている。

10月15日 SECがJ・トーレスのヒンマンEメール引渡しの決定を不服としたのかどうか、誰か教えてください。確か、午後11時か真夜中まであったはずです。外出していて見逃しました。

SECがJ・トーレスのヒンマンEメール引渡しの決定を不服としたのかどうか、誰か教えてください。確か、午後11時か真夜中まであったはずです。外出していて見逃しました。

別の可能性としては、SEC が電子メールを引き渡した可能性があります。 その場合、何も提出されないため、わかりません。

言ってるだけ。

しかし、もし電子メールを渡さなかったということは、SECは再考の申し立てをスキップしたと考えていいのでしょうか?

ビルにも同じことを聞いている。

SECは19日まで再審査を申請できると思っていましたが(私一人だったようです)、判断を与える新しいものは何もないので、時間枠がどうであれ、そうする意味はないでしょう。

新しいことは何もありません。

ということで、現時点では

1.SECが裁判官に再考を求める ❌。

2.SECが裁判官に控訴の認定を求める⌛️。

3.SECがマンダム令状を請求して控訴院に行く ⌛️。

2.と3.の期限は分かっているのでしょうか?

※マンダムス(令状)とは、裁判所から下級公務員に対して、公務の適切な遂行や裁量権の逸脱の是正を命じる命令

No.2の期限は9月29日から60日間ですNo.3の期限は決まっていないが、あまりに長く待つと控訴を危うくする(「あまりに長く」とは30日以上とか)。

https://law.cornell.edu/rules/frap/rule_21

🙏ジェレミー

というわけで、こんな感じです。

1.SECは裁判官に❌を再考するよう求める。

2.SECは裁判官に控訴を認めるよう要請 ⌛️⌛️11月28日

3.SECがマンダム令状を請求して控訴審へ ⌛️➡️ 10月29日

10月15日 被告を支持する @TapJets が提出したアミカスブリーフ、および Exhibit A (Eugene Kesselman による専門家証言) 👇

ドキュメント・ライブラリに追加した:✅ 被告を支持する @TapJets が提出したアミカスブリーフ、および Exhibit A (Eugene Kesselman による専門家証言) 👇。
https://crypto-law.us/wp-content/uploads/2022/10/10142022-Amicus-Brief-from-Tapjets-and-Expert-Testimony.pdf

はじめに

TapJets, Inc.(以下「TapJets」という)は、上記訴訟において被告が提出した略式判決 の申し立てを支持し、このアミカス・キュリエブリーフを謹んで提出するものである。

TapJets は、2022 年 10 月 11 日の裁判所の命令 [Dkt. 659] に従い、本アミカスキュリエブリーフを提出する。

当裁判所の個別規定第III.D項に従い、TapJetsは、本ブリーフで述べられた事実の裏付けとして、TapJets社の創設者兼CEOであるEugene Kesselmanの宣誓供述書を添付します(以下、「宣誓」と称します)。

TapJets は、本アミカスキュリエブリーフが裁判所の 2022 年 10 月 11 日の命令および規則 III.D を含む裁判所の個別実施規則に準拠していると考えています。

TapJets, Inc(以下「TapJets」)は、独自の技術を含むデジタル・プラットフォームを開発・運営し、業界内で差別化を図るプライベートジェット・チャーターサービスを提供しています。

Aff. at ¶ 1.

TapJetsは、北米と欧州のプライベートジェット便を瞬時に予約・派遣できる世界で唯一の企業です。

Aff. at ¶ 2.

TapJetsは、2015年12月8日にテキサス州の法律に基づいて正式に組織された営利法人であり、その主たる住所は3707 Cypress Creek Parkway, Suite 103, Houston, Texas 77068である。

また、TapJetsは、フロリダ州において外国営利法人として登録されています。

Aff. at ¶ 3.

ユージン・ケッセルマンは、TapJetsの取締役です。

Aff. at ¶ 1.

TapJetsとKesselmanは金銭的、その他の面で被告と何の関係もない。

Aff. at ¶ 26.

TapJets 社およびその弁護士以外の個人または法人は、本アミックスブリーフのいかなる部分にも資金を提供していません。

TapJetsの弁護士はこの準備書面全体を執筆しています。

この訴訟におけるTapJetsの唯一の利益は、不換紙幣が運用される銀行システムに内在する限界不換紙幣自体が破綻した場合に、不換紙幣の代替としての XRP の使用を維持することです。

TapJetsが不換紙幣の代替としての XRP を受け入れる能力を永久に失う場合、TapJetsは、支払い形態として XRP を受け入れるために開発した技術への投資、重要な事業成長の機会、さらに貴重な善意を含むがこれに限らない多額の利益を失うことになります。

Aff. at ¶ 6, 7, 10.

TapJetsの使命は、個人およびビジネスのニーズに応じてプライベートジェットを予約・利用する方法を変えることです。

Aff. at ¶ 2.

このミッションは、世界のどこにいても世界のどこへでもプライベートジェットを瞬時に予約できる機能など、革新的なテクノロジーの開発を通じて、空の旅人に飛行の力を取り戻すことで達成されます。

Aff. at ¶ 2, 10.

TapJetsは、FAR Part 135認定航空会社が運航する最も近い適切なプライベートジェット機と旅行者を接続することで運営されています。

Aff. at ¶ 2.

TapJetsがこの分野を革新する以前は、プライベートジェット旅行の予約には、トラベル・ファシリテーター(旅行代理店のようなもの)が見積もりを取り、交渉し、ブローカー、オペレーター、旅行者、空港、ハンドラー、その他プロセスに関わるすべての人々の間を行き来して調整することが必要でした。

Aff. at ¶ 9, 10.

TapJetsの独自技術により、このプロセスは、「Uberを呼ぶ」のと同じくらい簡単に、即座にオンラインで予約できるようになりました。

Aff. at ¶ 10.

このプロセスで最も重要な改善点は、旅行者がフライトを予約し、予約後数分で出発のためにプライベート空港に向かうことができることです。

Aff. at ¶ 10.

しかし、即時の航空旅行を販売するというTapJetsの革新は、TapJetsとその旅行者にビジネスのジレンマを生じさせる。

誰の定義によっても、TapJetsは高額なサービスを販売しているのである。

Aff. at ¶ 2.

プライベートジェットによる国内横断便は、6万ドル以上、大西洋横断便は数十万ドルの費用がかかることがある。

電信送金は数時間、時には数日かかり、クレジットカードは決済に時間がかかり、高い手数料とチャージバックの対象となるため、TapJetsが即座に利用できるようにフライト費用を支払う方法がジレンマである。

Aff. at ¶¶ 23.

フライト、サービス、航空機、燃料などを円滑に進めるために関係者全員に、フライトが離陸する前に支払いを行うのが業界の標準的な慣行となっています。

Aff. at ¶ 11.

そして、TapJets社が顧客に旅行の予約を確認する前に、TapJets社は直ちに支払いを行い、資金を清算することを要求しています。

Aff. at ¶ 9.

一般的に、銀行の営業時間内(月曜日から金曜日の午前9時から午後5時まで)は、電信送金による資金移動が可能であり、許容される支払形態です。

通常の銀行の営業時間外または営業時間前に旅行を予約した場合、または単に営業日が遅すぎる場合は、従来の不換紙幣では予約を確保できない場合があります。

Aff. at ¶13, 14, 15.

多くの銀行では、電信送金の決済は1日に1回、一般的にはその日の終わりに行われる。

したがって、同日午後3時のフライトを電信送金で予約したい旅行者は、銀行の電信送金の完了が遅れるため、購入を完了できない可能性が高い。

Aff. at ¶13, 14, 15.

さらに、銀行によっては、個人の口座所有者が直接銀行で電信送金を完了することを要求する場合があります。

つまり、銀行が電信送金の順番待ちをする前に、旅行者が電信送金を行う銀行の支店に出向き、身分証明書を提示し、電信送金の注文を完了させる必要があるのです。

Aff. at ¶ 16.

TapJetsは、支払いが完了してから旅行者のフライトを予約するため、電信送金に関する銀行の方針は、TapJetsの大きな障害となる。

Aff. at ¶ 16 .

TapJets はこれを「金曜日の夜の問題」と呼んでいます。

これは、金曜の夜など、旅行者が週末の旅行を予約したいときに、法定通貨と銀行システムの制限が最も問題になるためです。

電信送金の固有の制限により、金曜の夜の旅行者には対応できません。

Aff. at ¶ 15.

重要なのは、ここ数ヶ月、民間航空会社の信頼性が著しく低下し、しばしばフライトの遅延やキャンセルが発生するようになったため、フライデーナイト問題がより明白になったことである。

Aff. at ¶ 17.

目的地に着かなければならない旅行者がいる。

民間航空会社が故障すると、多くの旅行者が代替輸送手段としてTapJetsを利用する。

多くの人にとって、不換紙幣システムの限界は参入障壁となる。

Aff. at ¶ 8 – 16 .

重要なのは、TapJetsは医療輸送で活躍していることです。

Aff. at ¶ 8.

第一に、TapJetsは、死亡した人を死亡場所から選択された永眠場所まで輸送する役割を担っている。

Aff. at ¶ 8.

様々な理由から、民間の航空会社では不便な場合もありますが、宗教上の必要性や信念からすぐに埋葬する必要がある人たちの間では、このニーズが最も多く見られます。

Aff. at ¶ 8.

第二に、血液などの臓器移植やドナー輸送を目的とする旅行者の場合、予約から旅行完了まで、TapJetsの即時性が不可欠となります。

Aff. at ¶ 8.

逆に、個人が医療処置のために旅行する場合にも、TapJetsのサービスは不可欠です。

Aff. at ¶8 .

XRPを含むクリプトカレンシーは、フライデーナイト問題の解決策であった。

Aff. ¶にて

XRPは、TapJetsの顧客層に好まれる、実績と信頼のある暗号通貨の形態でした
(下記参照)。

Aff. at ¶ 18-20 .

XRPは、旅行者が航空券の代金を即座に支払う能力を提供し、フライデーナイトを解決しました。
金曜日の夜問題を解決し、即座に旅行代金を支払う能力を提供しました。

Aff. at ¶ 22-23.

旅行者が旅行のためにXRPを提供すると、TapJetsはその資金を不換紙幣と同じように扱います – そしてTapJetsはその資金を、提供されたサービスに対するベンダーへの支払いに使用します。


TapJetsはこの資金をベンダーへの支払いに使用しました。

Aff. at ¶ 21.

XRPが開発し採用した技術は、即時の支払い形態として使用するために高速で安全かつ確実であり、高額の取引を完了するのに十分な安定性があると信頼されていたのです。

Aff. at ¶ 6, 7, 18, 19, 22

フライデーナイト問題と暗号通貨の解決策を受けて、2018年5月15日、TapJetsのディレクターEugene KesselmanはTapJetsのTwitterフォロワーにTapJetsが受け入れる暗号通貨の形式を選択するように求めました

Aff. at ¶ 18-19.

TapJetsのTwitter Pollは、ポールがライブである間に合計57,054票を獲得し、43.9%、25,046のユニークで記録された票の圧倒的多数がXRPを支持したのです。

Aff. at ¶ 19.

XRPは、次の形態の暗号通貨で圧倒的に多くの票を獲得しましたが、XRPよりもかなり少ない票数でした。

Aff. at ¶ 18-19.

さらに、XRPは合理化されたクロスボーダー決済を提供したので、XRPはチャーター便のようなクロスボーダー購入の障壁となる従来の銀行システムに内在する大きな制限を簡素化しました。

Aff. at ¶ 18-19.

TapJetsは国際便を提供しているため、簡素化されたクロスボーダー決済を提供できることは、TapJetsのサービスにとって不可欠であり、その事業ミッションを支持しました。

Aff. at ¶ 8, 18-19.

このように、XRPの受け入れ停止を余儀なくされる前のTapJetsのXRPの受け入れは、従来の銀行システムの限界によって生じた問題を解決する不換紙幣の代替物としての旅行者の好みにのみ基づいていた。

TapJetsは、XRPを支払いとして受け入れた後、取引所を使ってXRPをフィアット通貨(USD)に交換しました。

Aff. at ¶ 5.

このインスタント訴訟がSECによって被告に対して起こされた後、取引所はXRPの受け入れを停止しました。

Aff. at ¶ 5.

2021年3月3日頃、TapJetsは不本意ながら、選択の余地なく、訴訟の結果が出るまでXRPの受け入れを停止した。

Aff. at ¶ 5.

TapJets は、この出来事について、そのサイト上で公に声明を発表しました。

Aff. at ¶ 5.

この訴訟の終結時に取引所がXRPを復活させることができない場合、XRPを受け入れるために特別に設計されたプラットフォームを構築するために行われたすべての技術投資は、TapJetsにとって完全な損失であり、TapJetsは損害を被ることになります。

Aff. at ¶ 5, 6.

要するに、TapJetsは、中央銀行システムによって不換紙幣に課せられた制限によってTapJetsが商取引に従事することができない場合に、XRPを含む先進技術を不換紙幣と同等のものとして導入することによって航空業界を混乱させるのです。

Aff. at ¶ ¶ 1-28.

2021年度には、TapJetsの予約総数の48%がデジタル通貨で支払われている。

Aff.at ¶ 23.

TapJetsは、デジタル通貨による収益は毎年10%の割合で増加し続け、2022年度にかけて増加すると予測している。

Aff. at ¶ 24.

しかし、TapJetsは、XRPを受け入れる能力を失ったことが、これらの数字と予測を下方に歪めていると考えています。

Aff. at ¶ 3-28.

法的主張の概要

TapJetsは、不換紙幣やクレジットカード取引が不十分または不可能な場合に商取引を促進するためにXRPの受け入れに依存しています。

Aff. at ¶ 13.

XRPは、TapJetsのサービスを消費する個人が選択した不換紙幣の代替物でした。

Aff. at ¶ 18-19.

XRPは、旅行者からTapJetsへ、またはTapJetsからそのベンダーへ、低コストで瞬時の資金移動を可能にしました。

Aff. at ¶ 10, 17 ,23.

XRPを受け入れるという選択は、Twitter Pollで証明されているように、有機的な市場の需要のみに基づいていました。

Aff. at ¶ 18-19.

TapJetsがXRPで支払いを受けると、TapJetsはXRPを投資として保有するのではなく、他の志を同じくする業者からの商品やサービスと交換する支払い形態として不換通貨と同様にXRPを使用するか、適格取引所で不換通貨に変換していました。

Aff. at ¶ 5, 21, 25, 26, 27.

したがって、TapJetsはXRPの受け入れにおいて利益を期待することはない。SEC v. W. J. Howey Co., 328 U.S. 293 (1946)です。

法的主張

はじめに – 「Howey」テスト SEC v. W. J. Howey Co., 328 U.S. 293 (1946)で発表されたテストでは、以下の場合に「投資契約」が存在するとされている。「(i)金銭の投資、(ii)共同事業への投資、(iii)他人の努力のみから得られる利益」である。Tcherepnin v. Knight, 389 U.S. 332 (1967).

TapJetsは、TapJetsが不換紙幣の代替物としてXRPを使用していることから、Howeyテストの第3項が満たされていないとして、このアミカスブリーフを執筆したものである。

TapJetsは、不換紙幣の使用と同じ方法でXRPを使用しました。

Aff. at ¶ 5, 21, 25, 26, 27; (1)

TapJetsはXRPに資金を投資したのではなく、その製品やサービスの支払い形態としてXRPを受け取りました。

Aff. at ¶ 23; (2)

TapJets は Ripple Laps や XRP と共通の企業ではなく、プロトコルや技術の使用は、XRP の形式での支払いを受け入れることができることに限定されていた。

Aff. at ¶ 25-26; (3)

TapJets は、XRP を受け入れることによって、XRP の利益を期待することはなかった。

Aff. at ¶ 21, 27.

具体的には、XRPプロトコルと基礎技術の使いやすさは、TapJetsが支払いを受け入れるために啓示されたコストを削減しました。

Aff. at ¶22, 23.

XRP決済の処理コストは、銀行やクレジットカードのプロセッサーが請求する同様の手数料が2.5%の範囲であるのに対し、取引コストの約0.3%でした。

Aff. at ¶ 23.

したがって、ここに説明するように、TapJetsはXRPを不換紙幣の代用品として受け入れ、TapJetsが将来のリターンを期待する投資としてXRPに依存したことは一切ありません。

Aff. at ¶ 6 – ¶ 28.

商業上の性格」テスト むしろ、決定的な論点は、SEC v. C. M. Joiner Leasing Corp, 320 U.S. 344 (1943) で発表されたテストにある。

「テストはむしろ、申し出の条件、販売計画、見込み客に提供される経済的誘因によって、商取引上、その商品がどのような性格を持つかである」。

352-53 に記載されている。(「商業上の性格テスト」を明確にした)。 TapJetsは航空旅行を販売している。

Aff. at ¶ 8.

旅行者は航空旅行を消費する。

航空機サービスの支払いにXRPを使用する旅行者は、航空旅行を使用または消費したいという欲求によって動機づけられています。

Aff. at ¶ 9.

一方、TapJets は、XRP を使ってベンダーに商品やサービスの代金を支払っており、購入した商品やサービスを使用したい、消費したいという欲求が動機となっています。

Aff. at ¶ 18-22.

“購入者が購入したアイテムを使用または消費したいという欲求によって動機づけられている場合、…証券法は適用されません。

” United Hous. Found, Inc. v. Forman, 421 U.S. 837 (1975)」とあります。

TapJetsの旅行者は、航空旅行を利用または消費したいという欲求を動機としています。

TapJetsは、サービスを販売し、会社を成長させたいという願望によって動機づけられています。

Aff. at ¶ 18-22.

Formanの判示によれば、TapJetsの取引に証券法は適用されません。

TapJetsは、受入後のXRPの損失リスクを考慮せずにXRPを受入ました。

Aff. at ¶ 22-28.

Marine Bank v. Weaver, 455 U.S. 551 (1982) (資産が証券であるために「投資家」が損失のリスクを引き受けなければならないというHoweyテストの制限).

Gary Plastic Packaging Corp. v. Merrill Lynch, Pierce, Fenner & Smith, Inc., 756 F.2d 230 (2nd Cir. 1985) のケースは示唆的である。

Gary Plastic では、Merrill Lynch が販売した譲渡性預金への投資プログラム(「CD プログラム」)が法律に基づく証券であるかどうかが争点となった。

Gary Plasticは、Merrill Lynchを支持する略式判決を不服として控訴した。

略式判決において、裁判所は CD プログラムは有価証券ではないとした。

略式判決を覆すにあたり、控訴裁判所は次のように述べています。

Gary Plastic のような投資家は、Merrill Lynchと銀行の努力のみから得られる利益を期待していた。原告のCDプログラムへの投資は、現金投資のリターンを期待することによって動機づけられていた…。

240頁。

裁判所は、問題の本質は CD プログラムに投資する際の Gary Plastics(および同様の立場にある他の人々)の期待であり、Merrill Lynch が CD プログラムを販売する際の意図ではないため、CD プログラムは Howey Test に基づく証券であると述べました。

“原告の投資に対する決定は、明らかに Merrill Lynch の努力、知識、技術に依拠してなされたものである。” (同 241 頁 Id. 241 で述べたとおりです。

ここで、TapJetsはXRPに投資しているわけではありません。

Aff. at ¶ 22-28.

TapJetsは、長期または短期のキャピタルゲインを得るためにXRPを保有していたわけではありません。

Aff. at ¶ 22-28.

TapJetsがサービスの支払いとしてXRPを受け入れたのは、XRPの発行者の「努力、知識、技術に依存して行われた」ものではありません。

TapJetsは、XRPの受け入れについて現金投資のリターンを期待することによって動機づけられた(あるいは、「銀行で」)わけではありません。

TapJetsのXRPの使用は、Howeyテストの第3のプロングを満たしていない。

実際、Howeyテストの第3のプロングを満たすことはできない。

さらに、TapJetsがXRPを受け入れた条件では、XRPの商業における特性は、有価証券の定義がどうであれ、有価証券に近いものではありません。

結論 上記で説明したように、TapJetsは、暗号通貨が従来の不換紙幣では本来提供できない柔軟性、利便性、安全性、使いやすさを旅行者に提供するため、XRPを受け入れることができた場合を含め、暗号通貨を受け入れています。

TapJetsは、XRPをベンダーが提供する商品やサービスの対価として使用したり、XRPを不換紙幣に変換したりしました。

TapJetsとユージン・ケッセルマンのいずれも、XRPの価値が、第三者の行動や技術に基づき、時間とともに上昇することを期待し、投資目的でXRPを保有または保有していません。

TapJetsは、2021年3月3日頃、10 SECから提起されたこの即時訴訟のため、同時期に取引所がXRPの受け入れを停止し、XRPを不換通貨に変換する能力がなければ、TapJetsにとってXRPは無価値となることを余儀なくされました。

しかし、TapJets社は、XRPを受け入れ、処理するための独自のプラットフォームを構築するために多大な資源を投入しており、本訴訟においてSECが勝訴した場合には、売上高の減少のみならず、プラットフォーム構築に要した費用の損失など、多大な経済的損害を被ることになる。

連邦地方裁判所ニューヨーク南部地区

「展示物A」

ユージン・ケッセルマン(TAPJETS, INC.創業者兼CEO)の宣誓供述書は以下の通りです。

IN SUPPORT OF AMICUS BRIEF EUGENE KESSSELMAN, being fully sworned, hereby deposes and say as follows:

1. 私は、独自の技術を用いたデジタル・プラットフォームを開発・運営するプライベートジェット・チャーター・サービス会社、TapJets社の創業者兼CEOです。

2. TapJets社のサービスは、北米およびヨーロッパにおけるプライベートジェット便の即時予約・配車を提供しています。これはTapJets独自のものです;

3.TapJetsは、2015年12月8日にテキサス州法に基づいて組織された営利法人で、その主たる住所は3707 Cypress Creek Parkway, Suite 103, Houston, Texas 77068、フロリダでは外国営利法人として登録されています;

4.TapJetsの収益の大部分はXRPなどのビットコイン、Etheriumなどの不換通貨代替によるものです;

5.デジタル通貨(XRPなど)からフラット通貨(米ドル)へは交換所を使って変換しています;。2021年3月3日頃、XRPに対するSECの訴訟を受けて、取引所はXRPの処理を停止し、TapJetsはこの訴訟の結果が出るまでXRPの受け入れを停止せざるを得なくなりました。TapJets 社は、この事象について自社サイト上で声明を発表しています。

この訴訟の終結時に取引所が「別紙A」のようにXRPを復活させない場合、XRP受け入れのために行った全ての技術投資は、TapJetsにとって完全な損失となります。

6TapJetsは、XRPを受け入れ、処理するための技術開発に多大な投資を行っています。

7.XRPを受け入れることができないため、(1)XRPで支払うことを選択した、または(2)XRPでTapJetsのサービスを購入することを望む可能性のあるXRP保有者のいずれかに該当する圧倒的に多くの潜在顧客を開拓するTapJetsの能力が損なわれていること

8.TapJetsのプライベートエアチャータースペースにおける中核的な競争優位性は、プライベートジェット旅行を即座に予約できることです。

9. 従来のプライベートジェット機の予約プロセスでは、旅行代理店が見積もりを取り、交渉し、ブローカー、オペレーター、旅行者、空港、ハンドラー、その他プロセスに関わるすべての人々の間で前後に調整する必要がありましたが、TapJetsの技術は、このプロセスをオンライン予約に短縮します。

10.最も重要な改善点は、旅行者が予約後数分で旅行を開始できるようになったことです。

11. 標準的な業界慣行では、フライトを円滑に進めるために必要なすべてのサービスは、フライトが離陸する前に支払われることになっています。

12.TapJetsは、業界全体と同様、旅行者の支払い方法、すなわち資金が、顧客に代わって旅行を予約する前に清算されることを要求しています。

13.通常の銀行営業時間外や営業時間前に旅行を予約した場合、従来の不換紙幣は多くの旅行者にとってタイムリーに決済されない可能性が高い。

14.銀行決済の代わりとして、クレジットカード決済は承認されても翌営業日まで決済されず、チャージバックや払い戻し手数料の対象となる。

15.当日の電信送金は、当日の予約に間に合わない可能性が高いです

16.TapJetsは、フライトが離陸する前にフライトオペレーターに支払いを送信する必要があります。

伝統的な銀行方法を含む上記の時代遅れのプロセスは、プライベートジェット旅行の即時予約の障害であり、まさにTapJetsが解決しようとしている問題であり、デジタル通貨を受け入れることによって解決できる問題である。

17.民間航空会社が信頼性に欠け、提供されるサービスに対して高価になったため、プライベートで信頼できる空の旅の需要が高まり、多くのプライベートチャーター旅行者となる人がサービスを利用するのを妨げている銀行制度による制限から解放された通貨システムの必要性が浮き彫りになっています。

18.2018年5月、TapJetsは、サービスの支払い形態としてどのデジタル通貨を受け入れるかを選択する際に、Twitterソーシャルメディアプラットフォームで200万人以上に投票し、投票者にTapJetsがどのデジタル通貨を製品に取り入れるかについて、完全に民主的方法でTapJetsを指導する能力を与えました。選択肢には、XVG、XRP、LTCが含まれています。

https://twitter.com/tapjets/status/997512392115343360

57,000人以上が希望する支払い方法について投票し、XRPとLTCが最も高い票を獲得しました。

TapJetsは、その両方を導入することを選択し、これらのデジタル通貨を受け入れるための技術に投資しました。

TapJetsにとって、LTCとXRPの違いは、人々がXRPでの支払いを希望し、XRPフォロワーの大きなコミュニティが存在する場合、そのコミュニティがTapJetsのサービスに対して支払いを行う可能性があるという事実に還元されるのです。

20.本宣誓供述書の日付時点では、デジタル通貨としてLTC(次点)が取引所でFIATに変換可能であり、TapJetsが取引所を利用してXRPをFIATに変換できないのは、このSEC訴訟によるものである。

21.TapJetsがXRPを支払いとして受け入れる場合、TapJetsはXRPを不換紙幣と同様に扱う-業者への支払いに使用するか、為替レートを気にせず取引所で不換紙幣に変換する。

22.TapJetsがXRPを好むのは、特に高価値の取引を完了する際に、その高速で安全かつ確実な技術や、大きなコミュニティーの支持(XRPのユーザー)に基づいています。

23.銀行やクレジットカードで決済した場合の手数料が約2.5%であるのに対し、XRP決済の処理コストは約0.3%であり、消費者に大きな節約を転嫁しています。

2021年度、TapJetsの予約総数の3分の1以上が暗号通貨で支払われている。

24.TapJetsは、デジタル通貨による収益は毎年10%以上の割合で成長し続け、2022年度にかけて増加すると予測しています。

25.TapJetsは金銭の投資を行わず、その代わりに製品やサービスの支払い形態としてXRPを受け取っている。

26.TapJetsは、リップルラップやXRPと共通の事業を行っていない。

27.TapJetsは、XRP を受け入れることによって XRP の利益を期待することはありません。

28.TapJets社及びユージン・ケッセルマン氏は、個人的にXRPの通貨を保有していません。

10月14日 Torres判事はHinmanのメールを引き渡すことに対するSECの反対意見を覆したが、いつ引き渡すべきかは明言していない。したがって…

Ripple v. SEC事件の簡単な最新情報。

「混乱が見られるので、ツイートします。」

9月29日、Torres判事はHinmanのメールを引き渡すことに対するSECの反対意見を覆したが、いつ引き渡すべきかは明言していない。したがって… 1/?

Hinmanの電子メール・・・イーサリアムが証券かどうかについてのSEC元ディレクターのウィリアム・ヒンマン氏の演説の草案を含む電子メール

…期限は、裁判官の判決に対する控訴の時になる。裁判所は、一度書類を渡したら「元に戻す」ことはできないので、このように甘く見ています。

だから、その期限は基本的に60日。彼らが再考を求めたら、もっと長くなるかもしれないが、それはしないだろう。

SECが判決を不服とした場合、その判断には長い時間-数ヶ月-がかかると思われます。

個人的には、SECが控訴することはないと思います。なぜなら、控訴することによって、拘束力のある判例権威に悪影響を及ぼすリスクがあるからです。 悪い事実=悪い法律。そして、これらは悪い事実です。

しかし、この点については、他の人たちは異なる意見を持っています。

しかし、これらの電子メールに書かれていることは、証券法第5条違反(XRPが証券であるかどうか)には関係ないことに留意してください。おそらく、公正な通知の防御 にのみ関連するものです。

また、SEC だけが 公正な通知の防御 の略式判決を求めており、リップル社は求めていないことも覚えておいてください。

公正な通知の防御・・・リップル社は、トークンの販売が証券法に違反しているという SEC からの「公正な通知」は一度も与えられていないと主張、裁判所がSECの反対を却下

したがって、リップル社は、証拠開示が完了していないため、公正な通知の防御の問題についての裁定に異議を唱えるものと思われます。それはその異議を勝ち取る。

ですから、SECがメール命令を不服としたとしても、5条違反の問題は前進し、11月15日までに完全なブリーフィングが行われるでしょう。

※ブリーフィング・・・簡単な報告、指令

今後のスケジュール

10月18日:異議申し立てに関する全ての資料を封印して提出
10月20日:異議申し立て資料に対する修正要求を確認する会合
10月24日:協議で要求された仮修正を行った公開版の書類を提出(一般公開)
11月15日:略式裁判の答弁書を封印して提出
11月17日:答弁書に対する修正要求を確認する会合
12月9日:申し立てを総括する全ての資料を提出。修正案も同時に提出。
12月22日:総括された申し立てに対する反対意見の提出。

ヒンマン電子メール問題で何が起ころうとも、遅れが生じようとも、本題は判決に進むでしょう。

もし、リップル社が条項5違反で勝訴した場合、公正な通知の防御は無意味になります。

もし、リップル社が条項5違反で敗訴しても、公正な通知の防御に関する略式判決を求めることは可能です。

つまり、基本的に #XRP の訴訟では、何があっても #リップル 社の勝利となる。

>>

いや、でも、証券法第5条違反で勝つチャンスはあるし、負けても公正な通知の防御でまた勝つチャンスはある。

証拠開示の作成期限を控訴期限60日と考える根拠は何でしょうか?

>>

判事は期限を定めなかったので、期限はないんだ。
だから、書類を出すか、控訴するかのどちらかになります。もしリップル社が文書提出を求めたら(また)、SECは60日間の控訴の権利があると主張すればいいだけです-実際そうしています。

略式裁判の日程は?

>>

2023年3月~4月…

私が言ったように、#XRPHoldersはTorres裁判官が公正通知の抗弁について判決を下すのを決して見たくありません。もしそうするならば、それはXRPが証券である、または証券であったと彼女が判断したためです。リップル社にとって、公正な通知の防御は保険に近いものです。それは、リップル社が有価証券の問題で負けた場合のみ、効力を発揮します。

現在、ほとんどの場合、それは起こりませんが、SECが勝つが、リップル社はあまり支払う必要がないというシナリオがありました。裁判官は、XRPは証券であったし、証券であるが、リップル社は公正な通知を受けていなかったので、支払う必要はないと言うことができる。#XRPの保有者は台無しになる。その恐怖が、私がSECを訴えた理由の1つです。

“保険契約” – 完璧な説明文です。

xrp ホルダーはどのようにねじ込まれますか?

まず、私はそれが起こるとは言っていません – 私はそうなるとは思っていません – 私はそうならないと予測しています。しかし、このシナリオでは、トークンはリップル社の証券とみなされますが、リップル社に対する権利や利益はゼロになります。どの取引所も再上場せず、販売するためにはディーラーブローカーになる必要があるなど。

10月13日 I-Remitは、リップル社の略式判決に対する被告側申立てを支持するアミカスブリーフィングを正式に提出しました。

I-Remitは、リップル社の略式判決に対する被告側申立てを支持するアミカスブリーフィングを正式に提出しました。

https://www.dropbox.com/s/xx79ytlwxi1tfo3/I-Remit%20Amicus%20Brief.pdf?dl=0

I-Remit, Inc.は、被告 Ripple Labs Inc.、Bradley Garlinghouse および Christian A. Larsen(以下、総称して「被告」)が提出した略式判決申立書を支持し、本アミックス キュリアブリーフを謹んで提出するものです。

1 i-remit, inc.の利益。AS AMICUS CURIAE2 2001 年に設立された I-Remit は、フィリピンに本社を置く世界的な決済送金会社です。

2001 年に設立された I-Remit は、フィリピンに本社を置く世界的な送金会社であり、海外 の送金者とフィリピンの受取人をつなぐ仲介業者として機能しています。

I-Remitは、フィリピン証券取引所に上場している唯一の送金事業者です。

I-Remitは、フィリピン証券取引所に上場している唯一の送金業者で、8カ国に拠点を持ち、100以上の金融機関と提携して、世界中の個人や企業にサービスを提供しています3。

リップルネットは、被告リップルラボ社(以下「リップル社」)が開発したもので、顧客は様々な方法で国境を越えた金融取引の決済を行うことができるようになります。

その方法の一つが、XRPと呼ばれる仮想暗号通貨を使用するOn Demand Liquidity(「ODL」)と呼ばれるソフトウェアを通じて行われるものです。

XRPは、「XRP Ledger」というオープンソース技術(リップル社の所有ではない)上で動作し、国際取引をほぼ瞬時に安全に記録することができます。

一般的に、フィリピンは暗号通貨利用の世界的な主要市場となっています。

Cryptocurrency Adoption Indexの2022年7月の調査では、暗号通貨を所有または使用している人口の割合で、フィリピンは世界各国の中で10位にランクインしています4。

したがって、I-Remitのようなフィリピン中央銀行(Bangko Sentral ng Pilipinas)認可の送金および仮想資産サービスプロバイダー企業は、その送金パートナーの大部分がデジタル通貨を使用しており、実際にデジタル通貨による支払いと受取を好むことから、暗号通貨と暗号通貨規制に強い関心を持っている。

ODLの主要顧客であるI-Remitは、XRPとXRL Ledgerに依存しているため、本訴訟の結果に関心を持っています。I-Remitはこれらの技術について深い知識を有しており、米国証券取引委員会(以下「SEC」)の主張に対する裁判所の評価を助けることになるでしょう。

背景

SEC は、“XRP は投資契約である”、”XRP を購入する主な理由は投資としての投機である “ことから、リップル社が1933年証券法に違反したと主張しています。(Amended Complaint, Dkt. 46, ¶ 230-232)と述べています。

I-Remit は、これは虚偽であると考えています。

I-Remit、そして日常的に国境を越えた資金移動のためにXRPを使用している無数の類似の企業がその証拠です。

I-Remitは、XRPを「投機するために」使用しているわけではありませんし、XRPを時間の経過とともに固有の価値が増加することが期待される「投資」であると考えていません。

確かに、I-Remitのような洗練された企業は、暗号通貨市場やその潜在的な変動について広く認識しています。

その変動は、ビットコインやイーサリアム、その他近年登場した無数の通貨の価値に同じように、ある日のXRPの価値にも当然影響を与えるかもしれない。

しかし、これらの変動は、それが何であれ、I-RemitがXRPを利用する理由ではなく、ましてや「主要な理由」でもない。

むしろ、先に説明したように、I-Remitはリップル社のODLというソフトウェア製品を使っているのだ。

ODLを通じて、企業は現地の不換紙幣(米ドルのような政府発行の通貨)をXRPに変換し、XRPを特定の法域に送金し、その後現地の不換紙幣に戻すことができます。

I-Remitの場合、その受取人の法域とはフィリピンのことです。

I-Remitの場合は、取引所を通じてリアルタイムで現地通貨(フィリピンペソ)に自動変換されるため、「投機的」な側面を排除して利用することができます。

ODLは、I-Remitとその送金パートナーにとって多くの利点があります。

例えば、ODLはクロスボーダー取引をXRP Ledgerに記録することにより、ほぼ瞬時に決済します5 。

また、ODLは非常に安全であり、I-Remitやそのユーザーのように国境を越えて通貨を送る事業者に保証を提供します。

ODLはまた、従来の不換紙幣と暗号通貨との間を非常に効率的に行き来することができます。

XRPが証券法の対象となる「投資」であるというSECの主張は、その用語を定義する米国最高裁の判例に照らしても正確ではありません。

I-Remitのような事業体が日常的にXRPを使用している方法は、SECの理論を根底から覆すものです。

以下の理由により、I-Remit は、リップル社の略式判決に対する申し立てを認め、規制権限の範囲を拡大しようとする SEC の試みを終わらせるよう、裁判所に謹んで要請します。

主張

I. XRPは1933年証券法の意味における「投資契約」ではなく、したがってSECの管轄外である。

SECの立場に反して、拘束力のある最高裁と第2巡回区の判例によれば、XRPは1933年証券法の意味における「投資契約」を構成できないため、被告の略式判決申立は許可されるべきである。

この定義上の問題は、単独で、本裁判の審理を終了させるべきである。

A. 適用される基準 証券法第5条は、いかなる有価証券の募集、販売、販売後の引渡しをも禁止している。

有効な、あるいは提出された登録届出書がない場合 15 U.S.C. § 77e(a)-(c) を参照のこと。

第 5 条の違反を示すために、SEC は、特に、被告人が実際に証券を提供又は販売した ことを立証しなければならない。

S.E.C. v. Cavanagh, 1 F. Supp. 2d 337, 361 (S.D.N.Y.), affd, 155 F.3d 129 (2d Cir. 1998); Owen v. Elastos Found., No. 5462, 2021 WL 5868171, at *9 (S.D.N.Y. Dec. 9, 2021) (reciting standard)を参照のこと。

証券法第2条(a)(1)の下、証券は、本訴訟に関連するように、「投資契約」を含む6 15 U.S.C. § 77b(a)(1); In re J.P. Jeanneret Assocs. 1946年、米国最高裁は「投資契約」を「人が自分の資金を一般的な事業に投資し、推進者や第三者の努力のみから利益を期待させられる契約、取引、スキーム」と定義した。

S.E.C. v. W.J. Howey Co., 328 U.S. 293, 298-99 (1946)がある。

裁判所が投資契約が存在するかどうかを評価するために、いわゆるHoweyテストを使っている場合、次の3つの要素が考慮される

(1) 他人の本質的な努力から利益を得ることを期待して、

(2) 共通の事業への資金投入があったかどうか

(3)。例えば、Gary Plastic Packaging Corp. v. Merrill Lynch, Pierce, Fenner & Smith, Inc., 756 F.2d 230, 239 (2d Cir. 1985) (citing Howey, 328 U.S. at 298-99) を参照。

B. Howeyの第3要因 Howeyテストの第3要因は、投資家が「プロモーターの努力のみから利益を期待するよう導かれた」場合に満たされる。

United States v. Leonard, 529 F.3d 83, 88 (2d Cir. 2008) (quotes W.J. Howey Co., 328 U.S. at 299).

仮に、SECがHoweyの最初の2つの要素-「偶発性」があること-を立証できたとしても、3 つ目の要因の立証は困難です。

I-Remit の XRP の使用状況から明らかなように、XRP は、①利益を期待して使用されておらず、②リップル社の XRP の価値を高めようとする努力に依存して使用されているわけでもない。

利益は期待できない

第3の要因を満たすには、「初期投資の発展から生じる資本増価」という形で、「利益に対する合理的な期待」を伴う投資である必要がある。

United Horn. Found., Inc. v. Forman, 421 U.S. 837, 852 (1975))。

I-Remit は、利益を期待して XRP を利用しているわけではありません。

むしろ、I-Remitがリップル社のODL製品(XRPを使用)の顧客であるのは、ODLがクロスボーダー決済を促進するためにスピード、容易さ、信頼性という実質的に有利な機能を備えているからです。

まず、ODLはほぼ瞬時に資金を移動させることができるのが特徴です。

従来の金融機関(商業銀行)は、国際送金の決済に3~5日かかることがあり、夜間や週末、祝日は利用できないことが多い。

ビットコインやイーサリアムのような暗号通貨でさえ、取引の記録に10分や15分かかることがあります。

しかし、XRP Ledger上で稼働するXRPは、1秒間に1500件以上の取引をサポートし、確認スピードは5秒以下です8。

簡単に言えば、ODLは顧客にとって飛躍的に速いということです。

第二に、ODLは非常に使いやすいということです。

従来の金融機関では、不換紙幣から別の不換紙幣への変換のたびに手数料を取られるなど、顧客が面倒な通貨交換を気にする必要がありましたが、ODLでは、I-Remitのパートナーが、不換紙幣をXRPに変換して、国境を越えて迅速に価値を移動させることができます。

第三に、ODLは安全で信頼性が高く、送金者・受取人双方に安心感を与えることができます。

ということである。

I-Remitは送金業者としてこのセキュリティに依存しており、実際、同社の信用はユーザーからの信頼に大きく依存している。

リップル社のODLは高い顧客信頼度を誇っている。

I-RemitがODLやXRPを利用する理由に、利益を期待することは含まれていない。

I-Remitは、XRPの価値がある日、週、月で変動する可能性があることを一般的に認識しています。

しかし、その有用性は、上記の理由により、純粋に価値交換の手段としてのものであり、将来のある時点でその固有の価値が高くなることを期待するためのものではありません。

XRPの「購入者はXRPの値動きから利益を得ようとする洗練された個人または団体である」というSECの主張は、I-Remitのような団体とそのエンドユーザーがODLとXRPを使う理由を正確に反映しているとは言えません。(Dkt. 640 at 37).

リップル社の「努力」に依存しない Howeyの第3要因を満たすもう一つの要件は、利益の期待が「他人の起業家的または経営的努力に由来する」ものでなければならないことである。

Forman, 421 U.S. 837, 839 (1975)がある。

Howeyは、投資家が「もっぱらプロモーターや自分以外の誰かの努力によって」利益を得られると期待するように仕向けることを想定している。

W.J. Howey Co., 328 U.S. at 298. 第2巡回控訴裁は、「『単独で』という言葉は、文字通りの限定として解釈されるべきではなく、むしろ、『あらゆる状況下で、そのスキームが主に投資として、あるいは参加者が自らの活動、資金、およびプロモーターの貢献を有意義にプールできる手段として推進されていたかどうかを検討する』」と明言している。

United States v. Leonard, 529 F.3d 83, 88 (2d Cir. 2008) (quotes SEC v. Aqua-Sonic Prods. Corp., 687 F.2d 577, 582 (2d Cir. 1982)を引用)。

I-Remit は、XRP の価値を高めるためのリップル社の「努力」と称するものに依存していません。

XRP の価値は、I-Remit のような企業にはほとんど関係ない。

上記で説明したように、I-Remitは、代わりにODLのスピード、容易さ、信頼性に焦点を当てています。

I-Remitが価値を意識するのは、XRP が有用な交換メカニズムであるためには、その価値を(成長させるのではなく)維持しなければならないという、最も一般的な意味においてのみである。

SECは、“XRP購入者の運命は、互いに結びついており、それぞれがリップル社のXRP戦略の成功に依存している “と主張しています。

XRP の価格は、”XRP の投資家が一緒になって、すべての投資家に等しく上昇し、下落します。

” (修正訴状、Dkt.46、¶291-292) と述べています。

XRPの価値が上昇すれば、XRPの保有者が経済的に利益を得ることは明らかですが、それはあらゆる価値交換の手段に当てはまることでしょう。

しかし、価値交換手段の中核的な機能は、単にそれが時間とともにその価値をおおよそ維持することである。

I-Remitのような事業者にとって、XRPが重要なのはその点である。

近年開発された多くの暗号通貨と同様に、XRPは従来の政府通貨では達成できなかった利点を持つデジタル通貨を提供します。

XRPは、投資ではなく、価値交換の手段として最もよく理解されています。証券法の下で投資として規制されるべきではない。

II. SECは、ODLの重要性を劇的に最小化し過小評価しています。

SECの訴訟は、ODLを本質的に邪魔なものとして描いており、XRPの利用方法の重要な側面ではありません。

SECの言い分では、XRPは主に投資手段として売買されています。

ODLの顧客はSECにとって重要ではないようです。

SECは、その説明を裏付けるために、金銭の移動を目的とした「普遍的なデジタル資産」としてのXRPの使用は、単に「実現しなかった」と主張しています。

(Amended Complaint, Dkt. 46, ¶ 358)と述べています。

さらに、「発売以来、ODL はほとんど普及していない」、「その利用は有機的または市場主導型ではなく、リップル社が補助している」と主張しています。

(と述べています(同上、¶364-365)。

SECは、リップル社が本質的にODLを使用する団体にお金を払っているとまで言っています。

“ODLの採用を促進するために、リップル社は製品をサポートした送金事業者と特定のマーケットメーカーの両方にXRPを支払い、その努力に報いました。

“。(同 ¶ 131)と述べている。

SECの主張は、ODLが投資としてのXRPの本質とは無関係であるということです。

どちらかというと、SECは、リップル社のODL製品は、実際にはほとんど使用されていないにもかかわらず、規制当局の注意をそらすための赤信号であると主張しているのです。

これは全く正確ではありません。

上記で説明したように、I-Remit は世界最大の暗号通貨の国内市場の1つにおいて ODL の重要な顧客です。

9 普遍的なデジタル通貨としてのXRPの人気は「現実化」しただけでなく、目を見張るほどの成功を収めました。

被告が申立書で指摘するように、ODLは2018年の開始以来、驚異的な成長を遂げ、これまでに100億ドル以上のODL決済が行われました。

別の言い方をすれば、100億ドル以上のXRPが国境を越えて交換されたことを意味します。

(Dkt. 643 at 22)。

I-Remit は、2019 年から ODL のアクティブ・ユーザーとなっています。

XRPとXRP Ledgerはリアルタイム決済のコストを下げ、高いレベルのスピードとセキュリティでより多くの顧客が通貨市場にアクセスできるようになるので、ODLはI-Remitにとって有用です。

I-Remitは、年間ベースで、数億米ドルに相当する送金取引の処理と支払いにXRPを利用しています。

SEC の訴訟(Dkt. 46 ¶ 364-365)および略式判決申し立て(Dkt. 640 at 41)における主張とは異なり、リップル社は I-Remit に ODL や XRP を使用させるためにお金を支払っていません。

簡単に言えば、SECの主張は、ODLの使用の範囲と機能を誤解しており、それによってXRPの目的も誤解しています。

結論

以上の理由により、I-Remit は謹んで被告の略式裁判の申し立てを承認するよう裁判所に要請する。

II. SECは、ODLの重要性を劇的に最小化し過小評価しています。SECの訴訟では、ODLは本質的に邪魔なものであり、XRPの利用方法の重要な側面ではないと描かれています。SECの言い分では、XRPは主に投資手段として売買されています。ODLの顧客はSECにとって重要ではないようです。

I-Remit Amicus Brief を正式に提出。

XRPユーティリティの貧弱な調査に基づく@SEC_Enforcementの誤算は明らかです。

恥ずべき税金の浪費と無謀な行動による投資家保護の失敗。

SEC は 100% 不安定で腐敗しています。 🧹ちり取りを準備します。

10月12日 SECの計画Kim Kardashian、Monkey JPEGsをターゲットにし、Gary GenslerをTVに送り込み、SECが投資家を保護することを宣伝する。

SECの計画

❌セルシオ・ネットワーク、ボイジャー、テラ・ルナを無視する。

✅ Kim Kardashian、Monkey JPEGsをターゲットにし、Gary GenslerをTVに送り込み、SECが投資家を保護することを宣伝する。

10月12日 【速報】Bored Ape Yacht Clubを作ったYuga LabsにSECが調査を開始。

【速報】Bored Ape Yacht Clubを作ったYuga LabsにSECが調査を開始。

我々はYuga Labsに100%賛同しているが、残念ながらSEC vs LBRY(係争中)で進んだ基準では、これらは有価証券とみなされることになる。

そうならないことを祈りましょう。

続いていきます。

10月12日 Torres判事は、SECの反対を押し切って、I-RemitとTapJetsの、Rippleを支持するアミカスブリーフの提出要求を認めました。

Torres判事は、SECの反対を押し切って、I-RemitとTapJetsの、Rippleを支持するアミカスブリーフの提出要求を認めました。

当裁判所は、2022 年 9 月 30 日付の I-Remit, Inc.および TapJets, Inc.によるアミカス・キュリエブリーフ提出の許可申請 を検討しました。

ECF 第 653 号、第 656 号、および 2022 年 10 月 4 日付の当事者の書簡。

ECF 第 657 号、および 2022 年 10 月 5 日。

ECF No.658。従って、この要請は承認される。

2022 年 10 月 14 日までに、I-Remit, Inc.および TapJets, Inc.は、準備書面を提出するものとする。

Torres 裁判官が両方の Amicus Briefs 申請を許可したため、私がどうするかについて 100% 絶対に間違っていたことを発表できることを嬉しく思います。

そして、両申請はSECの異議申し立てに関してコメントすることなく承認された。

素晴らしいニュースです。判事は全ての情報を持っていたいんだ 真実だけが必要なんだ

(2/2) 議事録には、2022 年 10 月 14 日が期限であるというメモも追加されています 👇

Torres判事は今回、SEC vs. Rippleの訴訟に参加する3つの第三者を承認しました。デジタルチャンバー(@DigitalChamber)は中立を保っていますが、業界にとってこの判決の重要性を強調しています。2つはリップル/XRP支持派で、少なくともあと3つの@Ripple/$XRP支持派が近々申請すると聞いています。

トーレス判事は、SECにタダでは済まさないようです。

アナリサ・トーレス判事は、I-Remitと@TapJetsにアミカスブリーフを提出する許可を与えた。

ブリーフの提出期限は10月14日(金)です。

https://crypto-law.us/wp-content/uploads/2022/10/10112022-Order-Granting-Leave-Amicus-IRem-TJs.pdf

10月11日 いわれのない嫌がらせを続けるXRP荒らしの大半をブロックしたつもりです。これほど過激に言葉を拾って走る集団は見たことがない。

いわれのない嫌がらせを続けるXRP荒らしの大半をブロックしたつもりです。これほど過激に言葉を拾って走る集団は見たことがない。味方をうんざりさせ、完全にチェックアウトさせた人物に変えたのは素晴らしい仕事だ。

ねえチャールズ、XRPとカルダノの大きな支持者である合理的な行為者はたくさんいる。最もクレイジーな声が常に最も大きく叫ばれています。あなたが @JohnEDeaton1 とそのような議論をしてくれるなら、それは素晴らしいことです。きっと、とても尊敬に値する、とても興味深いものになると思います。

全く敬意を払っていない。なぜこのような嫌がらせをするのでしょうか?この怒れるイナゴの大群を作り出したのは、100%ジョンに責任がある。もし私が彼の意見に反対すれば、さらに多くの人が私に襲いかかってくる。もし私が同意すれば、彼らを怒らせたことをひれ伏して謝らなければならない。うんざりだ。

私はTwitterを管理しているので、すべての人が移動することを要求します。

私は2年間、部族主義や分裂と戦ってきた。
IOHK_Charlesは敵ではない、政府の過剰な介入と腐敗が敵なのだ。

しかし、私は真実を守り、非営利団体 @EMPOWR_us の重要な仕事を守ります。
(xrpcommunityの一部ではない)。

チャールズ どうしてあなたが @JohnEDeaton1 に何人かの人々が無礼だと言ったことの責任を負わせるのかわからない. 彼が利益相反を示す事実を明らかにし、これらの事実についてのあなたの見解に異議を唱えたからといって、彼が彼自身のものではないコメントに責任があるという意味ではありません.

10月8日 カルダノ創業者、ヒンマン氏のイーサリアムとの利益相反に関するXRP保有者の主張は「大陰謀」であると発言

リップル(XRP)愛好家は、元SECの法人金融担当ディレクターであるウィリアム・ヒンマン氏が在職中に関与した利益相反があったと主張。

報道されているように、ヒンマン氏のイーサリアムプロジェクトへの所属は別として、彼はやはりEnterprise Ethereum Alliance(EEA)のメンバーであるSimpson Thacher & Bartlettの関係者と会議をしていました。

SEC時代のヒンマン氏のカレンダーには、ETHを非セキュリティと宣言した際にも、他の暗号企業よりもイーサリアムの関係者とのミーティングを予定していたことが明らかになっています。

これらの動きから、リップルコミュニティのメンバーは、ヒンマンが当時イーサリアム関係者と深刻な利益相反状態にあり、シンプソン・サッチャーから利益として900万ドル以上を受け取っていたと主張。

利益相反・・・当事者間の行為が、一方の立場では利益になるものの、他の立場では不利益になること。

カルダノ創業者、ヒンマン氏のイーサリアムとの利益相反に関するXRP保有者の主張は「大陰謀」であると発言 https://thecryptobasic.com/2022/10/07/cardano-founder-says-xrp-holders-claim-about-hinmans-conflict-of-interest-with-ethereum-is-a-grand-conspiracy/ via

IOHK_Charlesはいい奴だと思うが、これは間違えた。 タイムラインもある。ビデオもある。私たちには
JohnEDeaton1 Charlesはいつでも私のチャンネルで@JohnEDeaton1と一緒に、どの部分が陰謀で、どの部分が事実かを議論することを歓迎する。私はファンです。 私はADAを持っています。

陰謀であろうとなかろうと、私が言いたいのは、そんなことはどうでもいいということだ。私は、私たちがどのようにここまで来て、どのように抜け出す必要があるかを説明しました。XRPの件は起こってはならないことでした。業界にとって悪いことですし、強制による規制は誰にとっても良いことではありません。

より大きな点については@IOHK_Charlesに同意します。

米国では暗号をどのように分類し、使用するかについて規制が明確でないため、SECは執行による規制を行い、すべての暗号をその管轄下に置こうとしているのです。これは私たち全員に影響します。

それとは別に、ご存じない方もいらっしゃるかもしれませんが、チャールズは暗号+気候イニシアチブに尽力し、特にProof of Useful Work(ビットコインがカーボンネガティブなチェーンになるための方法)の研究・コード開発をしています。この重要な問題に取り組んでいただき、ありがとうございます。

クリスラーセンや他の人があなたを応援するツイートをしても、私はあなたの隣に立って、強制による規制や政府の行き過ぎた行為に対する戦いに肩を並べますが、あなたが “大陰謀” や “どうでもいい” と言ったことが💯間違っていたことは変わりません。

それは重要です。

とてもね。

あなたの指摘はまさに呆れるほどです。

うわー、かなりショックです。

私はあなたを別人と思っていました。

彼らがカルダノとADAを追いかけてきたとき、汚職と犯罪行為と嘘に裏打ちされていたとき

覚えておこう… そんなことはどうでもいいんです。

10月7日 SEC は、トレス判事が最初の要求を却下することを承知の上で、再検討の申し立てを既に行っていると思いますが、Sec はギリギリまでそれを保留し、可能な限り延期するためにファイルを提出しますか?

SEC関係者の発言ビデオの認証に関するネットバーン判事の判決を執行しようとするリップル社に対して、SECが1行の回答を提出したのを覚えていますか? SECはその1行の回答を提出するために、許された5日間をフルに使いました。

これを見れば、いかに執念深く、偽善的であるか、すべてわかるだろう。@SECGovはゲイリー・ゲンスラーの下で腐敗している。

10月6日 リップル社は、SECと、I-RemitとTapJetsのアミカスブリーフ提出の申し立てに反対していることを非難しています。

リップル社は、SECと、I-RemitとTapJetsのアミカスブリーフ提出の申し立てに反対していることを非難しています。 “SECがそのような主張の真偽を評価できないのであれば、そもそもこの訴訟を起こす必要がない。”

Torres 裁判官へ:被告 Ripple Labs Inc.、Bradley Garlinghouse および Christian A. Larsen は、ECF 第 653、656 号の I-Remit, Inc(「I-Remit」)および TapJets, Inc(「TapJets」)による amici curiae briefs の提出許可申請およびそれに対する SEC の返答として本書式を謹んで提出します。
ECF No.657。

SECは、I-RemitとTapJetsの提供したアミカスブリーフが「証拠開示の制限、証拠規則、および当裁判所の事前命令の制約の外で証拠を提供しようとする移動者の不適切な試みである」と主張しており(1)、準備書面と法律の両方を誤って解釈しています。

I-Remit と TapJets は独立した第三者であり、この訴訟とは無関係である。

彼らは、業界参加者がXRPに投資したかどうか、被告の努力から利益を期待したかどうか、SECの本件理論が(裁判所によって採用された場合)彼らのビジネスにどのような悪影響を及ぼすかについて、彼らの重要な視点を裁判所に提供するために準備書面の提出を許可することを求めています。

彼らは、彼らの視点を裏付けるために、彼らの事業活動や業界に関する情報を裁判所に提供します。

そのことに何ら問題はない。

実際、アミカス・ブリーフの主な目的は、当事者による法的主張を繰り返すことではなく、より広範な業界の視点を法廷に提供することである。

(アミカスブリーフを許可することを決定する裁判所は、特に、「ブリーフが、当事者のブリーフに見られないデータを提示することによって裁判官を支援するかどうかを検討すべきである)(強調)

SECは、その反対意見を支持するために2つの事例のみを引用しているが、いずれも適切ではない。

第1巡回控訴裁は(裁判所が特定のアミカスの参加を積極的に求めることの賢明さを疑問視し)、地方裁判所が「当事者の共同同意」を欠いている場合、「特別な利益」を有するアミカスのみが準備書面を提出することができると判断した。

第2巡回区ではそのような規則はなく、「通常、アミカス・キュリエの提出の根拠は、法廷への援助であり、当事者から得られない見識を提供するというものである。

また、Portland Pipe Line Corp. v. City of S. Portlandにおいて、裁判所は、SECがここで提示しているのと全く同じ主張を退けています。

最後に、SECは、“彼らの主張の事実上の真実性を評価するか、申立人の「事実」が論争されていることを示す “ことができないことによって偏見を受けるだろうと著しく示唆している

SEC は、XRP の購入はすべて「投資」であり、XRP の購入者はすべてリップル社の努力から利益を期待しているという議論の余地のない事実であると誤って主張し、略式判決を求めています。
リップル社の努力による利益を期待している。

この2つのアミカスブリーフが両点に反論(あるいは少なくとも異論)していることほど、的を射たものはありません。

もしSECがこのような主張の信憑性を評価できないのであれば、そもそもこの訴訟を起こす必要がなかったということです。

この@Rippleによる2ページの手紙の返信は非常に重要です。

しかし、リップル社は、この証拠を提出することができたにもかかわらず、提出しなかったという主張には答えていません。私は、戦術的な理由と商業的な理由の両方から、そうしなかったのだと思います。

10月5日 SECはI-RemitおよびTapJetsのアミカスブリーフ提出の動議に反対しています。

SECは、提案された準備書面は、証拠開示の制限、証拠規則および当裁判所の事前命令の制約の外で証拠を提供しようとする不適切な試みであると主張し、I-RemitおよびTapJetsのアミカスブリーフ提出の動議に反対しています。

親愛なるTorres判事
SECは、被告の略式判決(D.E. 653, 656)の申し立てを支持する準備書面を提出する許可を得るため に、2つのアミカス・キュリエ(I-Remit,Inc.)およびTapJets, Inc.(以下、「申立人」)によって提出さ れた申し立てに対する回答をここに謹んで提出するものである。

SECは、提案された準備書面が証拠開示の制約外で証拠を提供しようとする申立人の不適切な試みであるため、両動機に反対しています。証拠規則、および当裁判所の事前命令の制約の範囲外

証拠としての裏付けがないまま、申立人は彼らの準備書面を通じて、彼らが意図したXRPの使用に関する事実上の証拠を提供することを提案しています。

例えば、I-Remitは、「無数の同様の企業.が日常的にクロスボーダー資金移動にXRPを使用している」という「生きた証拠」を提供すると主張し、「XRPを『投機のために』使用しておらず、XRPが時間とともに固有の価値が増加すると期待される『投資』であると考えていない」と主張しています。D.E. 655-1 at 2.

タップジェッツは、「もしタップジェッツが不換紙幣の代替としてXRPを受け入れる能力を失えば、タップジェッツは、フライトの即時決済の形態としてXRPを受け入れるために開発された技術への投資、重要な事業成長の機会、および善意を含むがこれに限らず、多額の収入を失うだろう」と主張しています。D.E. 656 at
6-7.

申立人はその準備書面を証拠でサポートしていないため、SECは彼らの主張の事実上の信憑性を評価したり、申立人の「事実」に争いがあることを示すことができないため、不利益を受けることになります。

弁護士による議論を通じて証拠を適切に提示できないことはさておき、「事実を主張するアミカスはほとんど歓迎されるべきではない」ため、申立人の提案したアミカスブリーフと称する証拠提示の試みも不適切である。D.E. 372 at 10 (quoted Strasser “.Doorley, 432 F.2d 567, 569 (1st Cir. 1970)).

この法廷はすでに、「被告は、申立人が提供する証拠を取得する機会と動機を持っているため、申立人にそれを提示することを許可すると、「証拠開示の制限(および証拠の規則)を含む、裁判所が当事者に課した制限を回避することになる」ため、他の第三者が「法廷助言書として、証拠を提供したり証人を提示する」ことを許可しないことにしている。と述べています。(quoted Portland Pipe Line Corp. “. City of S. Portland, 2017 WL 79948, at *5 (D. Me. Jan.9, 2017).

従って、裁判所は、申し立てられた支援者の参加は、『事実上の問題とは対照的に法的な問題』に限定されるべきである」と判断した。

ここでも、申立人の参加は、事実上の問題とは対照的に、法律上の問題に適切に限定されるべきである。

その代わりに、I-Remit は Ripple のオンデマンド・リキディティ製品に関する「深い知識」に基づく証拠を提出しようとしています。

また、TapJets は「日常生活における不換紙幣の代替としての XRP の使用に関する重要な文脈を法廷に提供する」ことを求めています。D.E. 656 at

4.この訴訟における以前の第三者参加の試みと同様に、申立人が明示的に支持する立場にある被告が、申立人が今 提示しようとしている事実を提出できなかった正当な理由はない。

被告が申立人に宣言、宣誓証言、またはその他の証拠を求めることを妨げるものは何もない。

最後に、申立人は、被告の立場を擁護する主な正当化理由とされる根拠を提供していない。SECに勝利すれば、XRPを意図的に使用するために彼らのビジネスに害が及ぶという 申立人の信念です。

実際、申立人は、SECが強制しようとしている結果である、被告がXRP分配の登録を要求されることで、申立人がXRPを使用できなくなるか、または申立人のビジネスに影響を与えるかを説明しませんし、説明することもできません。

したがって、SECは、裁判所が申立人の準備書面案の提出を許可するための申立を拒否することを謹んで要請します。

@SECGov と @GaryGensler は、誠実さを欠いており、投資家を保護するというコアバリューから遠く離れていることを示し続けています。

実際、申立人は以下のことを説明しないし、できない。

SEC が強制しようとしている結果で、被告がXRPの分配金を登録することを要求された場合、SECが求めている結果はどのようになるのでしょうか?

>>

本日の SEC ファイリングに興味深い記載がありました。これは、被告の #XRP だけに議論を限定しているのか、そうであれば、明確な流通市場を肯定しているのか、それとも #Ripple が販売したすべての #XRP を弾劾しているのか。

弾劾・・・罪状を調べ、あかるみに出すこと。 罪過をあばき訴えること。

SECは、アミカスブリーフには証拠開示外の事実が含まれており、調査できていないとして反対しています。

私は訴訟当事者として、その痛みを感じています。法律の信条は、証人に反対尋問をする権利ですよね。そして、この準備書面には、新しい事実がこっそり書かれているのです。

反論は、ある程度の余裕を持たせるべきだというものです。

というのも、裁判官は事実を検討する際に、「通常の」証拠よりもアミーチの証拠は軽視されるからです。

そして最後に、本当に重要。

SECが裁判官に対してアミーチの見解の素晴らしい要約を提供するのはいつなのでしょうか?)

この反論は、裁判官に真実を考えて欲しくない、というものです。タイム誌やその他何千もの雑誌がXRPや他の暗号を支払いとして受け入れており、受け入れる際に投資とは考えていない。これは真実です。SECは裁判官から真実を隠したいのです。

10月3日 SEC、暗号セキュリティの違法な売り込みでキム・カーダシアンを告訴

SEC.gov | SEC Charges Kim Kardashian for Unlawfully Touting Crypto Security

SEC、暗号セキュリティの違法な売り込みでキム・カーダシアンを告訴
即時リリース用
2022-183

ワシントンD.C.、2022年10月3日-。
証券取引委員会は本日、Kim Kardashianが宣伝のために受け取った支払いを開示することなく、EthereumMaxが提供・販売する暗号資産証券をソーシャルメディア上で客引きしたことに対する告発を発表しました。カーダシアンは、告訴を解決し、126万ドルの罰金、和解金、利息を支払い、委員会の進行中の調査に協力することに同意しました。

SECの命令は、カーダシアンが、イーサリアムマックスが提供している暗号資産証券であるEMAXトークンに関する投稿を自身のInstagramアカウントで公開するために25万ドルを支払われたことを開示しなかったと認定している。カーダシアンの投稿には、イーサリアムマックスのウェブサイトへのリンクが含まれており、潜在的な投資家がEMAXトークンを購入するための指示が記載されていました。

“このケースは、有名人やインフルエンサーが暗号資産証券を含む投資機会を支持する場合、それらの投資商品がすべての投資家に適しているとは限らないことを思い出させるものです “と、SEC議長Gary Genslerは述べています。”我々は、投資家が自身の財務目標に照らして、投資の潜在的なリスクと機会を検討することをお勧めします。

「カーダシアンさんのケースは、著名人などに対して、証券投資を促進するためにいつ、いくら報酬を得たかを公開することが法律で義務付けられていることを思い出させるものでもあります」とゲンスラー委員長は付け加えました。

SEC執行部ディレクターのGurbir S. Grewalは、「連邦証券法は、暗号資産証券を宣伝する有名人やその他の個人は、宣伝と引き換えに受け取った報酬の性質、出所、金額を開示しなければならないことを明確にしています」と述べています。”投資家は証券の宣伝が不偏不党かどうかを知る権利があり、カーダシアンさんはこの情報を開示しませんでした。

SECの命令は、カーダシアンさんが連邦証券法の客引き防止規定に違反したことを認めるものです。SECの調査結果を認めることも否定することもなく、Kardashianは前述の126万ドルを支払うことに同意し、その中には彼女のプロモーション支払額に相当する約26万ドルの遺棄金と予断利息、100万ドルのペナルティーが含まれています。カーダシアンはまた、3年間いかなる暗号資産証券のプロモーションも行わないことに同意した。

SECの調査は継続中で、執行部暗号資産・サイバーユニットのJon A. Daniels、Alison R. Levine、Pamela Sawhneyと、ニューヨーク地域事務所のKerri Palen、Lisa Knoop、Victor Suthammanontが担当しています。この事件は、暗号資産・サイバーユニットのMark R. SylvesterとCarolyn Welshansによって監督されました。

SECの声明は、潜在的に違法な有名人支援型暗号資産提供に関する注意を促すもので、こちらでご覧いただけます。SECのゲンスラー委員長は本日、投資家が有名人やインフルエンサーの推薦のみに基づいて投資判断を行わないよう警告するビデオを公開しました。

本日@SECGovは、Kim Kardashianを暗号セキュリティの違法な売り込みで告発しました。

このケースは、有名人やインフルエンサーが暗号資産証券を含む投資機会を推奨する場合、それらの投資商品がすべての投資家に適しているとは限らないことを思い出させるものです。

SEC の動きで誰をより信頼しますか?

議会は規制を明確にする必要がある。SECGovには、革新者と投資家に力を与える明瞭な基準を正直に提供する意志、能力、適性がないことは明白であろう。
支離滅裂で一貫性のない施行による規制は、単に資本を海外に追いやるだけです。

ゲイリー・ゲンスラー(@GaryGensler)氏が暗号証券と表記していることに注目してください。これは、物語をコントロールすることの一部です。リップル社やLBRYcom社のケースのように「デジタル資産証券」とは言わなくなりました。 ゲンスラーは “暗号証券 “としか言わない。すべては物語のためなのです。

キム・カーダシアンが #SEC と和解したことは注目に値するが、同意命令が(再び)問題のトークンが証券であるという結論ありきの主張を含んでおり、SEC が発行者に対して請求することも、発行者に与えることもなかったことは、より興味深いことだ。

物語を作り、コントロールし、永続させる。@GaryGenslerはゼロサムゲームをやっている。もし誰かが@Rippleと#XRPに対する訴状を実際に読んだなら、SECがトークンそのものを攻撃していることに気づいたでしょう – Howeyのオレンジ🍊が証券だと言っているのと同じことです。

※「ゼロサムゲーム」とはゲーム理論のひとつで、参加者全員の合計得点が常にゼロとなる得点方式のゲームやその状況のことです。ゼロサムゲームでは一方が得点すると他方が失点することで、全体の持ち点の和は必ずゼロになります。

@GaryGenslerは、“法律では、証券への投資を促進するために、いつ、いくら報酬を得たかを国民に開示することが義務付けられている “と主張しています。

その引用に驚いたポッドキャスター、YouTuber、インフルエンサーがいると思います.

チャンネルやポッドキャストのスポンサーであれば、それは法律で決められていることではありません。Joeroganは、自分のポッドキャストのエピソードを「スポンサー」するために企業が支払った日付と金額を開示する必要はない。他の伝統的なスポンサーシップと同じです。

スポンサー(英語: Sponsor)とは、団体、個人、スポーツのチーム、イベント、施設、番組などに対し、金銭や物品、あるいはサービスを提供することにより支援する個人や企業、団体のこと

実際、スポンサーによっては、あなたの取引についてNDAや秘密保持契約書にサインするよう求めてくるところもあります。他の人がしているのと同じ契約を要求されるのを嫌がるのです。

キム・カーダシアンに対する今回のSECの措置は、間違いなく敷居が高いし、彼女の純資産とリスクを考えれば、なぜ25万ドルでそんなことをするのか、批判するのは難しい。

しかし、いつものように、Genslerは問題を混同し、混乱を招いている。

10月3日 I-Remitのアミカスブリーフは、数ページの短いものですが、強力なパンチがあります。

I-Remitのアミカスブリーフは、数ページの短いものですが、強力なパンチがあります。これは、Howeyの第3の原則に関するSECの議論に不利であり、デジタル商工会議所のアミカスブリーフよりもXRPにとって有用であると私は考えています /1。

I-RemitがXRPとXRPLを使用している証拠と、その技術に関する「深い知識」によって、ほとんど独立した専門家のように見えるのが印象的です /2。

最も重要なのは、ODLとXRPLがどのように使用されているか、両者が異なるものであることを、理論的な知識だけでなく実際に知っている市場参加者であることだ/3

これは、XRP が投資ではなく、決済のためのツールとして使用されていることを示しています。これは、リップル社が ODL によって作り出したユースケースですが、XRP の本質的な特徴が非常に適しています。SEC が XRPL と ODL を混同している問題を私に強調しています。/4

基本的に、ここが重要な点ですが、XRP の価値やその価値を高めるリップル社の努力ではなく、XRP の高速、簡単、信頼性という特徴に依存しています。Howey の第三の原則は、I-Remit 用 XRP には適用されない /5

10月1日 HoweyテストはRippleテストに取って代わられるのでしょうか?

なぜこれほど多くのアミカスブリーフがあるのか?この事件を1946年以来最も重要な非詐欺的SEC執行訴訟と呼ぶのは大げさではないからです。

HoweyテストはRippleテストに取って代わられるのでしょうか?

ご期待ください。

10月1日 誰もが今日までにSEC事件の判決が出ると思っていたが、判事は判決を出していない。

今、顧問弁護士と話したところだ。

誰もが今日までにSEC事件の判決が出ると思っていたが、判事は判決を出していない。

判事は自分の言ったスケジュールを超過しているが、それは彼の特権である。

それまでは、待ち続けるしかない。

判決が遅れると、裁判官が関心事を分割するか、事件を裁判にかける可能性が高くなると思います.

遅延により、裁判官またはその書記官がリップルの提出書類を読む時間も与えられます。

したがって、遅延は楽しいものではありませんが、必ずしも悪いものではありません。

私はこれが良い知らせだと信じることを選びます。 1 つ目は、裁判官が SEC の主張を承認していないことです。 第二に、彼はこの事件が表す公共の利益を認識しており、慎重かつ慎重に取り組んでいます。 第三に、上訴される可能性が高く、彼はそれを正しくしたいと考えています。

10月1日 プライベートジェットのチャーター会社である TapJets は、Ripple を支持するアミカスブリーフを提出するよう要請しています。

プライベートジェットのチャーター会社である TapJets は、Ripple を支持するアミカスブリーフを提出するよう要請しています。TapJets 社は、サービスの対価として XRP を受け入れています。”TapJets社にとって、サービスの対価としてXRPを受け入れることは不可欠です。”

https://www.dropbox.com/s/8n3hcsaeihg9saq/Tapjets%20Amicus%20Brief%20Package.pdf?dl=0

旅行者が即時の旅行を予約したいが、通常の銀行営業時間外に予約が発生するため、 従来の決済手段では支払いができない場合。

プライベートジェットのチャーター費用は、1回のフライトで数十万ドルに達することがあり、クレジットカードでの支払いは取引上の制限とリスクがあるため、TapJetsのサービスを利用する旅行者は電信送金で頻繁に支払いを行うことになります。

TapJetsのビジネスの性質上、支払いに即時性が求められるため、電信送金にしか頼れない旅行者は、TapJetsのサービスを利用することができない。

暗号通貨の性質上、金曜日の夜問題を回避できるため、TapJetsは暗号通貨を受け入れています。

多種多様な暗号通貨を考慮し、タップジェッツのCEOユージン・ケッセルマン氏は2018年5月にTwitter(https://twitter.com/tapjets/status/997512392115343360)で投票を行い、タップジェッツの旅行者が支払い形態として受け入れる暗号通貨を選択できるようにしました。タップジェッツの顧客に向けた公開フォムでは57000票以上が投票され、43%がフライト代金を支払うデジタル通貨の選択肢としてXRPに投票しました ….

その結果、TapJetsはXRPを採用し、このデジタル通貨を受け入れ、処理し、勘定するための技術に投資し、現在この訴訟の結果に関心を寄せています。TapJetsは、XRPを受け入れる能力を失うことにより、TapJetsのビジネスが金銭的損失と、XRPをデジタル決済の手段として使用する何千もの顧客との友好関係を失うことを当然に懸念しています。TapJetsは、航空機技術および決済サービスセクターにおける重要な企業です。

TapJetsは、プライベートジェットのチャターフライトの即時予約と確認が可能な、世界で唯一のプラットフォーマーです。したがって、TapJetsは、その性質上、旅行者に、わずか1時間の予告で、しかも、予約から出発までのリードタイムがほとんどないプライベートジェット・サービスを提供しなければならないのです。

もう1時間、もう1つのAmicus。

TapJetsはXRPを通貨として使っているようですが、これもHoweyの「利益期待」の原則に反する議論です。

積み重ねを始めましょう。 🙂

TapJets は、XRP と暗号が定着していることを示す例です。 XRP を使用すると、旅行代金をすぐに支払うことができます。 プライベート ジェット用の Uber を考えてみてください。 また、リップルのビジネスモデルを検証します。 TapJets は、Ripple が銀行業界に行っているように、Private Air 業界を崩壊させています。

大手プライベートジェット会社は、銀行が Nostro / vostro 口座を使用するように、顧客がジェットカード口座に多額の資金を入金することを要求しています。
XRPを使用することで、事前の資金調達が不要になり、その資金を他の用途に自由に使用することができます。

XRPと暗号はここにとどまる。

もう一枚!?驚くべきもの – TapJetsは#XRPを使って「金曜日の夜の問題」を解決、銀行が閉まっている時に即座に資金調達。 彼らのビジネスの48%は #XRP によって賄われています! 彼らはまた、XRPを投資ではなく、通貨として使用していることを示し、Howeyを覆しました。

9月30日 RippleNet ソフトウェアを使用するグローバルな決済送金会社である I-Remit, Inc.は、Ripple 被告の略式判決申立を支持し、アミカスブリーフの提出を申請しています。

RippleNet ソフトウェアを使用するグローバルな決済送金会社である I-Remit, Inc.は、Ripple 被告の略式判決申立を支持し、アミカスブリーフの提出を申請しています。

https://www.dropbox.com/s/dx3de7365lclyrq/I-Remit%20Amicus%20Brief%20Package.pdf?dl=0

アミカスブリーフ・・・当事者・参加人以外の第三者により、裁判所による判断の助けとなるように提出される意見書のこと

2019年にODLを導入し、現在もその技術を使い続けています。ODLがI-Remitに有用なのは、XRPと(ODLが使用する)XRP Ledgerがリアルタイム決済のコストを下げ、高いセキュリティで顧客が通貨市場にアクセスすることを可能にするためです。

今回の訴訟において、SECは、リップル社のXRPの配布は「未登録証券」の取引とみなされるべきであり、XRPの配布は1933年証券法にいう「投資契約」として機能し、XRPは連邦証券規制の対象となるとの立場を取っています。この見解は、XRPが実際にどのように利用されているかをひどく誤解しています。

実際、SECは、大規模かつ成長中の国際的な暗号通貨産業の重要な側面を誤解しており、従来の権限範囲とは関係のない市場に対して規制権限を拡大しようとしているように思われます。

I-Remitは、提案されているアミカスブリーフを通じて、XRPを使用している実際のODL顧客の視点という重要な視点を裁判所に提供します。

簡単に言えば、I-Remitのような市場参加者は、XRPをいかなる種類の「投資」としても使用していないのです。むしろ、決済のためのツールとして利用されているのです。スピード、効率性、安全性から利用されるのであって、その本質的な価値が時間とともに上昇することを期待しているわけではないのだ。

I-RemitがODLを利用し、XRPとXRP Ledgerを利用することは、これらがいかなる意味での「証券」でもないことを証明している。

まとめると、I-RemitのODL顧客としての視点は、SECの訴訟と被告の略式判決申し立てに対する裁判所の検討に役立つと思われます。

結論
上記の理由により、I-Remit は、添付の別紙 A のアミカスキュリエブリーフを本件に提出する許可を得るための申し立てを 裁判所が承認することを謹んで要求するものである。

I-Remit, Inc.はどこからともなくやってきて、アミカスブリーフを提出するよう申し立てを行いました。

この準備書面はI-Remitに非常に特化したもので、I-RemitがいかにXRPの価格が上がろうが上がるまいが気にしないかを裁判所に説明するものです。XRPは価値を移動させるために使用する媒体に過ぎないのです。

非常に素晴らしく、簡潔な準備書面です。

9月30日 速報:トーレス判事は証券取引委員会の異議を却下し、ヒンマン文書の提出を命じました。

1/4 ヒンマン文書の探求における次のステップに関するいくつかの考え。 SECは、ヒンマン文書の提出命令に従うのをさらに遅らせようとするために、いくつかの手続き上のカードを持っている。

2/4 第一に、彼らは Torres 判事に SEC の異議申し立てを却下した命令を再考するよう求めることができます。 第二に、彼らは再考のための動議を省略し、彼女が今日出した決定に対する控訴を認定するよう求めることができる。

3/4 3つ目は、マンダマス令状を請願して直接控訴院に行くという方法です。 前にも述べたように、これらはすべて成功確率の低い作戦である。

マンダマス令状・・・職務執行令状 申立人の利益を守るために上級裁判所が発する令状で、下級裁判所、政府、行政機関、公共団体に対して、法の定めるところによりある行為の履行または行為の履行の差し止めを命じるもの。

4/4 しかし、SECが文書の提出を遅らせたい場合、これらの作戦のいずれか、あるいはすべてを試す可能性があり、その場合、さらに2~3ヶ月の時間がかかる可能性があります。 しかし、これらの遅延の試みは、いずれも略式裁判のスケジュールに影響を与えるものではない。

9月30日 速報:トーレス判事は証券取引委員会の異議を却下し、ヒンマン文書の提出を命じました。

速報:トーレス判事は証券取引委員会の異議を却下し、ヒンマン氏の文書の提出を命じました。

https://www.dropbox.com/s/kqvgsumwmd9ap8c/Order%20Overruling%20SEC%20Hinman%20Objections.pdf?dl=0

SEC長官ヒンマン氏の発言・・・2018年6月に開催された「Yahoo Finance All Markets Summit」で行ったスピーチ「イーサの現状、イーサリアムネットワーク、およびその分散構造に関する私の理解に基づいて、イーサの現在のオファーと販売は証券取引ではありません。

2021年8月10日のことです。

被告は、被告が証拠開示中に要求した特定の文書に関するSECの特権の主張、主に審議プロセス特権(「DPP」)について、ローカルルール37.2会議を要求しました。

※DPP・・・政府機関が特定の決定に至ったプロセス、または特定のポリシーを作成したプロセスを示す情報を第三者への開示から保護する行政特権の一種。この特権により、政府は通常、機関の事前決定を反映する証言または文書を差し控えることができます。

ECF No.290。この問題に関するブリーフィングを受け、模範文書のインカメラレビューを行った後、2022年1月13日、サラ・ネットバーン名誉会長は、ここに関連して、SECの企業金融部門の当時のディレクターであるウィリアム・ヒンマンが行った2018年6月14日のスピーチに関するメールおよび草稿(「内部スピーチ文書」)はDPPで保護されていないとする命令を出した(「命令I」)。

2022 年 2 月 17 日、SEC は内部発言文書に関する Netburn 裁判官の判示に関して Order I の再考 または明確化を申請しました。

2022 年 4 月 11 日、Netburn 裁判官は SEC の再考の申し立てと明確化のための申し立てを却下しました

そして、2022年4月29日、SECは、内部演説文書を「弁護士・依頼者間の特権で保護されているという主張を新たにした」のです。

2022 年 7 月 12 日、Netburn 裁判官は、カメラで追加の文書を確認した後、弁護士・依頼者間の秘匿特権は 内部演説文書 を保護しないと判断し、その提出を命じた

2022年7月26日、SECは、(合わせて「DPP命令」)、および(合わせて「本命令」)に対する異議申し立てを行いました。

以下に述べる理由により、SEC の異議申し立てを却下する。

当裁判所は、内部演説文書のような非公開の文書は、本件のいかなる請求または防御にも直接関係しないことをSECと合意している

内部文書は、当事者が受けた通知や、個々の被告がリップル社のXRPの提供や販売に関する特定の事実を知っていたかどうかについては、関係がありません。

しかし、Netburn 裁判官は、これらの文書がこれらの問題に直接関連するとは判断していない。

「証拠開示の文脈における関連性の狭い見方」であり、証拠開示の申し立てを解決するために用いられる関連性の「極めて広い」概念の下では、これらの文書は関連性があると判断しています。

ここで、被告らは、ヒンマン氏が証言した場合、「潜在的な罪をあばく証拠を得るため、または裁判で証人の罪をあばくために使用される可能性がある」ため、内部スピーチ文書が関連していると主張します。

内部スピーチ文書は、Hinmanの個人的見解を反映しているため、保護されない。

(2) スピーチはSECの政策形成の本質的なものではない

上記の理由により、裁判所 は SEC の異議を却下し、SEC に対し本命令を遵守するよう指示する。

9月29日 今回、彼らは、誰も投資を行わず、金銭の授受がなくても、エアドロップはHoweyテストの「金銭の投資」の原則に合致すると言っている。

今日もまた、SECの取締りによる規制の一例である。

今回、彼らは、誰も投資を行わず、金銭の授受がなくても、エアドロップはHoweyテストの「金銭の投資」の原則に合致すると言っている。

ただ、SECの和解は法の解決ではないことを忘れてはならない。

https://www.sec.gov/news/press-release/2022-175

SEC、暗号資産証券の相場操縦でHydrogen Technology Corp.とその元CEOを起訴。
ハイドロゲンの「マーケットメーカー」CEOもスキームにおける役割で起訴される
即時リリース
2022-175

ワシントンD.C.、2022年9月28日-。
証券取引委員会は本日、The Hydrogen Technology Corporation、その元CEOであるMichael Ross Kane、および自称「マーケットメイキング」会社であるMoonwalkers Trading LimitedのCEOであるTyler Osternに対し、「Hydro」という暗号資産証券の無登録の提供および販売を効果的に行い、それらの証券の取引量および価格を操作するスキームを実行し、Hydrogenに2百万ドルを超える収益をもたらした役割について、起訴を発表した。

SECの訴状では、2018年1月から、ケインとニューヨークの金融テクノロジー企業であるハイドロゲンがそのハイドロ・トークンを作成し、その後、ハイドロを一般に配ることを本質とする「エアドロップ」、プロモーションと引き換えに個人にトークンを支払う報奨金プログラム、従業員報酬、暗号資産取引プラットフォームでの直接販売といったさまざまな方法を通じてトークンを公に配布したとされている。 訴状ではさらに、そうした方法でトークンを配布した後、KaneとHydrogenは2018年10月に南アフリカに拠点を置くMoonwalkersを雇い、カスタマイズした取引ソフトウェアまたは「ボット」の使用を通じてHydroの市場活動が堅調であるという誤った印象を作り、Hydrogenに代わって利益のためにその人工的に膨らんだ市場へHydroを販売したとしている。 Hydrogen社は、被告らの行為により、200万ドル以上の利益を得たとされています。

「SEC執行部副部長のCarolyn M. Welshhansは、「企業は、報奨金、報酬、またはその他の方法として未登録の提供および証券の販売を構成することによって、連邦証券法を回避することはできません。 “今回の強制捜査が示すように、SECは投資家保護のため、このような無登録の資金調達スキームを禁止する法律を執行する。”

“我々が主張するように、被告はハイドロの市場活動に関する誤解を招くようなイメージを作り出すことによって、その操作から利益を得ていた “と執行部市場乱用課の主任であるJoseph Sansoneは述べている。 「SECは、あらゆる種類の有価証券の公正な市場の確保に努めており、今後も市場操作者を摘発し、その責任を追及していく」と述べた。

SECの訴状はマンハッタンの連邦地方裁判所に提出され、Hydrogen、Kane、Osternを証券取引法の登録、不正防止、市場操作の各条項違反で告発し、恒久的な差止命令による救済、行為ベースの差止め、遺留分と予見利息、民事罰、Kaneについては役員および取締役の禁止を求めています。 Osternは、申し立てを認めることも否定することもなく、裁判所の承認を前提に、これらの条項への違反および今後の証券売り出しへの参加を永久に禁止し、36,750ドルの遺棄金および5,118ドルの判決前利息の支払いを命じ、民事金融罰は後日、裁判所が決定することに同意しています。 Osternはまた、付随的業界禁止令およびペニーストック禁止令を課す行政命令にも同意しています。

SECの調査は、Sonia G. TorricoとKathleen Hitchinsが担当し、市場濫用ユニットのJohn Marino、暗号資産・サイバーユニットのDavid Crosbie、ITフォレンジックのOlga Cruz-Ortizが協力しました。 この事件は、Paul Kim、Sansone、Welshansの3人が監督しました。 SECの訴訟は、Nick Margidaが指揮し、James Connorが監督する予定です。 SECは、ケイマン諸島通貨庁、南アフリカ共和国金融セクター行動庁、ノルウェー金融監督庁、シンガポール通貨庁の支援に感謝します。

明確にするために: これは苦情であり、和解ではありません。

SEC はエアドロップについて多くのことを話しますが、直接販売、報奨金プログラム、および従業員の補償による配布は証券取引であると主張しているようです。

そのため、エアドロップに関する彼らの斬新な理論をテストすることはできません。

1年前、私はこの最終的に奇妙な現実について@CryptoLawUSでビデオを撮りました。当時、私は #XRPHolders のための Flare エアドロップに焦点を当てていましたが、もし SEC がそれらのすべてを網羅するような言葉を撤回しなければ、エアドロップも含まれると警告しました。ゲンスラーは全てを欲しがっている。我々は団結しなければならない。

9月27日 裁判官の判決を待っている。LBRYの社員は皆、ただ待っています。

裁判官の判決を待っている
SECが学校に行くのを
バカばかりの議会でなく
政府が残酷でなくなることを

LBRYの社員は皆、ただ待っています。

LBRYcomのケースは、政府の行き過ぎた介入、規制権限の違憲な拡大を示す露骨な例として、全米の法律の学校で議論されるケースとなるでしょう。

LBRYのCEOジェレミーカウフマン氏

メインネットに到着

「Fuck the SEC」のシャツを着た男を見かけたら、声をかけてください 👋

9月27日 「30分前のプレーにペナルティフラッグを投げるレフェリーの反応を想像してみてください。信じられないという気持ちと憤りが健全に混ざり合い、その審判が不合理かつ恣意的にゲームを台無しにしているという強い見方が生まれるのは間違いないでしょう」

Rippleに対するSECGovの訴訟も同様に不合理で恣意的だ。

しかし、その利害関係者は、無実の#XRPユーザーと、連邦政府機関の行き過ぎた行為という大きな問題を含んでいます。

そして、その触手を気まぐれに自分の居場所でないところにまで伸ばす力を持つのです。

※恣意的・・・気ままな、自分勝手なさま。

“SECはXRPを無登録証券とし、過去7年間の取引はすべて、流通市場でも違法であったと遡及的に宣言した。

やっとみんなが理解した!?SECがリップル社の売り方を言っただけだと、どれだけの人&弁護士が主張したか?

※遡及・・・過去にさかのぼること。 過去にまで影響を及ぼすこと。

9月26日 結論から言うと、新しい暗号化プロジェクトが2つの「ステップ」で設定されているのを見ると、不安になります。これは巧妙に見えますが、トークンが資産の売却であるというリップル社の主張と、トークンが「ユーティリティ」トークンであるというLBRY社の主張の両方を取り去ってしまう

リップル社は、XRPは購入者に対して「販売後」の義務を負っていないため、証券ではないと主張した。

Howey における販売後の義務とは何だったのだろうか。

Howeyでは、被告は投資家に小さなオレンジ畑の区画を販売した。そして、それがすべてであれば問題なかったのです。

しかし、出資者は、区画を購入した後、一転して、被告の関連会社とオプションで10年間のリースサービス契約を結び、関連会社が果樹園全体を管理し、利益を出資者に還元することを認めました。

このように、資金をプールし、果樹園を一体として管理することが、Howey事件で言われる「プール」であり、共同事業であった。

しかし、売却後の義務はリース サービス契約でした。

Howey社の関連会社は、これらの果樹園を維持し、利益を投資家に還元しなければならないし、そうでなければ訴えられる危険性があったのである。

そして、その利益を分配する義務こそが、リップル社のケースに欠けているものなのです。

法律上の議論では、「効用」が問題になることがあります。これは、耕作限界の状況で、購入したもの(つまり、土地)が投資として購入されたのか、それとも使用するために購入されたのかを判断するケースがあるためです。

本当に夏にみかんを採りに行くために土地を買ったのか?

LBRY事件の裁判官と報告書は、100万人がLBRYトークンを買って利用し、1人が投資としてのみ購入したとしても=セキュリティだ!とSECが主張し、トークンの「効用」に非常にフォーカスしていたようです。

今週中にその判断が出ることを期待します。

結論から言うと、新しい暗号化プロジェクトが2つの「ステップ」で設定されているのを見ると、不安になります。

まず、NFTを販売し、購入者に第2段階への「アクセス」を与え、どうにかしてトークンを得てもらうようにする。

これは最近流行っていますね。

これは巧妙に見えますが、トークンが資産の売却であるというリップル社の主張と、トークンが「ユーティリティ」トークンであるというLBRY社の主張の両方を取り去ってしまうので、気になるところです。

子供が寝ている間の深夜の雑談です。おやすみなさい。

9月26日 トーレス判事がリップル社の略式裁判の申し立てで明示された主張を全面的に採用するのは当然の結論だと考えているなら、あなたは過信している可能性があります。

裁判官はリップルを認めるでしょうか?

私ほどSECとその主張に不信感を抱いている者はいないでしょう。

しかし、もし人々が、トーレス判事がリップル社の略式裁判の申し立てで明示された主張を全面的に採用するのは当然の結論だと考えているなら、あなたは過信している可能性があります。

略式裁判の申し立ては2つに分かれていることを忘れてはいけません。また、規則 56.1 の議論の余地のない事実および証拠開示中に集められた証言や証拠はまだ公開されていないことも忘れてはいけません。したがって、現時点では、法的な分析を行うことは不可能です。

しかし、Ripple の動きだけに注目すると、裁判官 👩‍⚖️ は間違いなく Ripple に同意するだろうと多くの人が言っています。

SEC が #XRP が証券であることを証明できないと主張することは、裁判官が略式判決に対するリップルの主張に完全に同意すると言うこととは大きく異なります。

リップル社の申し立てについて、私が最初に述べたことは、第2巡回区以上向けに書かれたものだということです。Ripple社は、Howeyのテストを適用する前に、買い手と売り手の間に基礎となる契約が存在しなければならないと主張しているのです。Howeyで使われている正確な文言を確認してみましょう。

“証券法上の投資契約とは、人が自分の資金を一般的な事業に投資し、発起人または第三者の努力のみから利益を期待させる契約、取引またはスキームを意味する。”

👆の引用は、Howey自身によるものです。

したがって、SEC は Howey の平易な言葉を主張します。 彼らは、この平易な言葉を適用した事例を引用します。 SEC は、法律は基礎となる契約を必要としないと主張します。 わかりやすい言葉で言えば、投資契約は「契約、取引、またはスキーム」です。

OR “を強調する。

http://Crypto-Law.us でHoweyを読むことができます。

Howeyはこうも言っている。

“投資契約は、このように、「その使用から収入または利益を確保することを意図した方法での資本の配置または資金の敷設」のための契約またはスキームを意味するようになった。”

要するに、Howie 以降は、テストの「または」の部分に着目した判例がある。

契約かスキームか

SECは、XRPの創造、XRPの流通市場の創造を含むXRPの価値を創造するリップル社の全ての努力、これら全てがスキームの一部であることを証明することに焦点を当てるでしょう。

※スキーム・・・計画、案

私は、SECが主張しそうなことを伝えているだけです。私がそれに同意しているわけでも、それが成功するというわけでもありません。私がSECの主張を明確にすると、それを誤解する人が時々います。

しかし、裁判官がリップル社の主張に同意するためには、彼女の尊敬する同僚であるカステル判事がテレグラムで間違っていたことに同意しなければならない。なぜなら、カステル判事は、その判決において、部分的にはスキームに着目していたからである(皮肉にもテレグラムには実際の契約が含まれていたが)。

これが、リップル社の申し立てが、第2巡回区または最高裁判所に対する上訴準備書面のように書かれていると述べた理由です。 リップル社の申し立ては、当然のことながら、第2巡回区に焦点を合わせています。なぜなら、Howey以降の第2巡回区の裁判はすべて実際の契約に関するものだからです(リップル社の準備書面では)。

トーレス裁判官に基本的な契約要件について 💯 同意してもらうのは難しいかもしれません。そのスキームは、契約が見つかった後にのみ適用されます。 私はこの動議が現在の最高裁判所、そしておそらく第 2 裁判所で勝訴すると思います。 トーレス判事が Ripple に同意する可能性があります。

トーレス裁判官はリップル社の主張に同意しないが、リップル社に有利な判決を下すことも可能である。彼女は、基本的な契約理論を否定しても、Howeyを適用し、SECがHoweyの共通企業原則を満たせないので、Rippleが略式判決を勝ち取ると言うかもしれません。反対尋問の準備書面には多くのことが書かれていることでしょう。

9月25日 これは、XRPという資産がそれ自体で証券であるかどうかを決定する必要性を法廷に与えることを避け、誰によるものであれ、その販売または提供を投資契約の一部とするSECの悪賢い戦術を示すものです。

これは大きなポイントであり、Jamesはよく言ったものです。これは、XRPという資産がそれ自体で証券であるかどうかを決定する必要性を法廷に与えることを避け、誰によるものであれ、その販売または提供を投資契約の一部とするSECの悪賢い戦術を示すものです。私は、リップル社の弁護士が、以下のように反論できると思います。

戦術。リップル社は、契約がなければ、投資契約も一般企業もあり得ないと言って反論しています。商工会議所の準備書面は、資産と資産を含む取引の区別を認めるよう裁判所に求めており、この点では有用である。

リップル社は、契約が存在しないか、あるいは共通事業が存在しないなどハウイーのいくつかの条項が満たされないため、投資契約が存在しないとの主張に勝利する必要があります。そうでなければ、XRPの地位はこの裁判の後、確かなものにならないかもしれません。

ビンゴです。だからこそ、商工会議所の準備書面は大いに役立つのです。

提出された商工会議所の準備書面は下記より↓

Amicus Brief of Chamber of Digital Commerce.pdf
Shared with Dropbox

※CDC商工会議所・・・米国の仮想通貨擁護団体

※W. J. Howey社事件・・・合衆国最高裁判所が、土地の販売及び業務委託契約は1933年証券法(合衆国法典第15編第77b条 15 U.S.C. § 77b)に定める「投資契約(investment contract)」に該当し、またこれらの販売勧誘のために郵便及び州際通商を用いることは1933年証券法第5条(合衆国法典第15編第77e条 15 U.S.C. § 77e)に違反すると判断した判決である。この判決は、連邦証券法の一般的な適用範囲を定めた重要な判決である。

※二時取引・・・すでに発行された証券などが投資家間で売買される市場のこと。流通市場(二次市場)とも呼ばれ、取引所取引と店頭取引がある。

III. デジタル資産の二次取引に関する法律は未確定である。

投資契約の分析は、原資産ではなく、投資取引に焦点を当てるため、特定のデジタル資産における異なる取引の規制上の特徴は、関連する事実や状況の変化に応じて変わる可能性がある。

例えば、Howeyの土地と木の最初の販売は、W.J. Howeyの管理サービスとの関連で考えると、投資契約を構成しています。

しかし、同じ土地とオレンジの木が、W.J. Howeyのサービスとは別に後で再販売された場合、そのような販売はもはや投資契約にはならないかもしれません。

Case 1:20-cv-10832-AT-SN Document 649 Filed 09/21/22 Page 11 of 18
8

実際、Howey分析の動的な性質は、動きの速い、常に変化するテクノロジービジネス、特にブロックチェーンネットワークの運用に不可欠なネイティブデジタルアセットを組み込んだビジネスに関わる二次取引に適用するには特に難しい枠組みである。

また、デジタル資産の二次取引に関する明確性の欠如は、ブロックチェーン業界全体(および潜在的にはより広い米国経済)にも影響を及ぼします。

本件では、すべての当事者が、「デジタル資産およびその取引への証券法の適用に関して、市場参加者にとって明確さが決定的に欠けている」というSEC委員2名の最近の公式声明についてコメントし、裁判所もこれに留意しています。(ECF No. 264-1 at 1) (「Coinschedule Statement」)と述べています。

SECは、事実を重視するHoweyテストが、法的訓練を受けない市場参加者はおろか、経験豊富な弁護士にとってさえ適用が困難な場合があることを認識し、デジタル資産への連邦証券法の適用に関するガイダンスを提供したことは称賛に値すると思います。

6 このガイダンスは、Howeyを適用する連邦政府や行政機関の先例に根ざしており、デジタル資産取引について証券法の適用を受けないことを明確に規定していると思われる。

しかし、SECの執行アプローチは、同様にHoweyに基づくものであり、異なる様相を呈しています7。

この矛盾とガイダンスの混乱のため、多くの市場参加者が、以前は投資契約の対象であったデジタル資産の二次取引に適用すべき法的基準に関する解釈上の救済または規則に基づくガイダンスを求めてSECにアプローチしてきましたが、成功には至りませんでした。

本件において、SECは、“追加的な文脈なしに、特定の金融商品がそれ自体として証券として適格であるかどうかを通常決定しない “と述べています。(ECF 6 参照)、SEC Release No.81207, Report of Investigation Pursuant to Section 21(a) of the Securities Exchange Act of 1934: DAO(2017年7月25日)。

また、Hinman Speech、FinHub Framework、およびデジタル資産の提供・販売に関連してスタッフが発行したノーアクションレターも参照のこと。

7 SEC v. Wahi, No.2:22-cv-01009 (W.D. Wash. July 21, 2022) 等を参照。

結論
当裁判所はこれまで、デジタル資産がデジタル形式で表現されていること又はブロックチェーン台帳に記録されていることのみをもって証券とすることはできないと、正しく主張してきた。

しかし、我々は、最初のオファーと販売を取り巻く事実と状況ではなく、二次的取引にHoweyテストを適用した裁判所を知らない。

さらに、SECスタッフが発行したガイダンスにもかかわらず、関連する事実関係の変化に基づき、デジタル資産の取引が証券取引であるかどうかを再評価した裁判所があることも承知しておりません。

当会議所は、デジタルアセットのような投資契約の対象は、契約自体とは別に分析されるべきであ り、投資契約の対象の二次取引は、関連する事実や状況に応じて、商取引または技術取引とみなされる 可能性があると考えている。

したがって、当会議所は、投資契約に適用される法律は、当該投資契約の対象に適用される法律と は別個のものであることを、改めて裁判所に要請するものである。

裁判所が意見書の中でデジタル資産の二次的取引を考慮する限りにおいて、我々は、法律が未確定であることに留意し、現在立法府で検討されているRFIAなどの法律案を考慮した適切な法的枠組みを検討するよう強く要請する。

私は、私が提出するものに加えて、さらに2-3件の法廷助言書が提出されるのを見ても驚かないだろう。

中間選挙と下院がひっくり返る可能性が高く、議会が立法によって明確さを提供することは、今後12-18ヶ月ではありえないし、Genslerは暗号戦争への道を歩んでいるので、このケースは巨大です。

※法廷助言書

被告のために法廷助言者(事件の当事者ではない第三者)が裁判所に提出する意見陳述書

9月25日 以下は、私が解釈するSECの主張です。

以下は、私が解釈するSECの主張です。

「私たちはXRPが証券であると言っているわけではありません。 私たちが言っているのは、経済的現実の問題として、XRPの購入は、他のXRP保有者やリップル社との共同事業への投資であるということです。」

2/3 水平的な共通性によるものであろうと、厳密な垂直的な共通性によるものであろうと、他の XRP 保有者や Ripple との共通の企業への投資です。 したがって、XRP自体は証券ではないかもしれませんが、XRPを証券として提供または販売する方法は他にありません。

3/3 そして、SECが言っていることを理解すると、どのようなフレームワークであっても、SECが望んでいる判断は、二次販売を組み込んだものであることがわかります。 SECが “a purchase “と “all units “という単語を使っている下のスクリーンショットをご覧ください。

a purchase・・・1つの購入

all units・・・全ての1個

9月24日 SECによると、もしあなたがXRPを買ったら、あなたがそれをどうしようと共通の企業に投資していることになるのです。

誰でもいつでもXRPを購入することができます。SECによると、もしあなたがXRPを買ったら、リップル社や私や@MoonLamboioや2016年にXRPを買って2018年に売った人と、あなたがそれをどうしようと共通の企業に投資していることになるのです。SECの定式は私のものではありません

納得はしているのですが、まだ何か理解が不十分なようです。

この意味を理解するのを手伝ってもらえますか?

SECの略式裁判の申し立てで、純粋にXRP=証券と露骨に書いていないから盛り上がったというのは理解できない。

私の推測では、人々はより強力な発表を期待していたのだと思います。私は、SECがあるレベルではできないと考える人たちとは違うのですが、SECは、XRPホルダーがリップル社の宣伝や約束などに頼っていることについて、何の証拠も示していません。私は、彼らの専門家がソーシャルメディアや事例などを議論することを期待していました。

その部分は完全に意味があります。

さらに、あなたはSECがXRPが証券であると主張していると言っているようですが、ホーガンはSECがXRPが証券であると主張しているのではないと言ってるようです。それが、私が混乱している点です。

私はお二人のどちらか(あるいは両方)の言っていることを誤解しているのかもしれません。

偉大なマスター、マシューに応答します。

私は、訴状が、XRP 自体が証券であるという議論を行うのに十分であると主張していることに同意します。 しかし、略式判決は、被告が第 5 条に違反して XRP を売却したという判決のみを求めています。

2/2 裁判官が、目の前の申し立てで要求されている以上の救済を、自発的に裁定できるとは思えません。

例えば、差止命令や宣言的判断の要求さえもありませんから、これは問題になるでしょう。

笑笑 ありがとうございます 😂

なるほど、つまり、SECが裁判官にそのような検討を求めなかったので、裁判官はXRPを有価証券とすることはできないということですね(と私は思っています)。そうなんですか?

そして、もしそうなら、XRPが証券であると認められないことを考えると、なぜ取引所は今、$XRPを再上場させないのでしょうか?

はい、基本的にはそうです。しかし、法律は解釈の余地があり、JohnとBillはそう考えていないようです(これは良いことで、常に議論の余地があります)。私は、訴状は一つのものであり、係争中の申し立ては関連するものであるが、それ自体も別のものであると区別している。

私は、Jeremyが略式判決をより支配的であるとすることに反対はしません。しかし、SJではまだXRPについて結論ありきの記述をしています。「XRPの購入は、他のXRP保有者やリップル社との共同事業への投資である”。

これは、裁判官がこう書いたと仮定した場合の見方です。「SECの略式裁判の申立てを許可する。(私は、裁判官がそうすると言っているわけではありません。) しかし、議論のために、彼女はそうします。もしあるとすれば、どのような明確さがあるのでしょうか?

技術的には、少なくとも金銭的な判決が必要なので、KIK の裁判官が行ったことに裁判官が従うと仮定すると、遺棄金が発生し、保留中のアクションはありません。 訴訟損失の汚名を除けば、明確さのないXRPに戻るでしょう。

すみません、悲観的な話をしているので、リップル社がXRPを売ることを差し止められる可能性を付け加えなければなりません。

エスクロー全体を政府によって事実上封鎖されることが何を意味するのか、私は知りません。

※暗号資産(仮想通貨)関連企業Kik社のKINトークンの有価証券問題を巡る裁判でニューヨーク南部連邦地区裁判所は2020年9月30日、米SEC(証券取引委員会)の勝訴判決を言い渡した。

9月22日 ブラッドは、#XRPHoldersが聞きたくないことを言いました。

ブラッドは、#XRPHoldersが聞きたくないことを言いました。彼は、裁判官からの決定は2-9ヶ月の間になる可能性があると言いました。彼は明らかに弁護士に依頼しています。2ヶ月で済むわけがない。早くて3月末。4月下旬から5月上旬までかかると思う。 😣

9月22日 判事が判決を下すまでにどれくらいの時間がかかるかです。2ヶ月かもしれないし、6ヶ月から8ヶ月、9ヶ月かもしれない。

SEC 🆚 リップル社
「11月中旬には、Motion for Summary Judgementのブリーフィングを完了し、ジャッジの前に提出する予定です。

問題は、判事が判決を下すまでにどれくらいの時間がかかるかです。2ヶ月かもしれないし、6ヶ月から8ヶ月、9ヶ月かもしれない。ブラッド・ガーリンハウス
リップル

9月22日 人々は、リップル社の略式裁判が成功すれば、すべての暗号資産に適用され、SECがその判決を尊重し、暗号に対する戦争を止めるだろうと考えています。彼はそうしないでしょう。

人々は、リップル社の略式裁判が成功すれば、すべての暗号資産に適用され、SECがその判決を尊重し、暗号に対する戦争を止めるだろうと考えています。彼はそうしないでしょう。SECは彼女の判決を不服として、訴訟を続けるでしょう。

SECは次のように主張するでしょう。1) 裁判官は間違っており、彼らは上訴で勝つことを期待している。2) この判決は#XRPにのみ適用され、他の暗号は適用されない。

もし#XRPが#Bitcoinと共に非セキュリティとされれば、XRPは規制が完全に明確な唯一の暗号トークンとなります。

9月21日 SECは、外国の取引所が米国内で1つのサーバーを維持する場合、米国内のどこで行われた暗号販売に対してもSECの管轄権を与えると主張しています 🌎

リップル嫌いな人も読んでね。

マイルスは💯です。
これはすべての暗号にとって非常に悪いことであり、戦わなければならない。リップルのケースでは、SECは、外国の取引所が米国内で1つのサーバーを維持する場合、米国内のどこで行われた暗号販売に対してもSECの管轄権を与えると主張しています 🌎。

次のような真相について考えてみましょう。

bgarlinghouseはリップル社のCEOであり、その事業の95%は米国外である。彼の役員報酬の一部として、彼は#XRPで支払われている。彼はその#XRPの一部を、日本で合法的に認可され運営されている取引所で売っています🇯🇵。

日本の金融庁は、日本の金融業界の最高監督機関であり、#XRP を非有価証券と宣言しています。

日本の金融機関である SBI はリップル社と提携しており、Esports チームへの報酬を #XRP で支払い、社員への配当を #XRP で提供しています。

実際、日本では#XRPの人気が高く、SBIホールディングスのCEOである北尾 吉孝は万博の公式通貨として使用する意向です。彼はこう宣言しています。“2025年までに日本の全ての銀行がリップル社のXRPを使用する” 👇👇

https://www.coinspeaker.com/sbi-bank-japan-ripples-xrp/

ブラッド・ガーリングハウスは、合法的に稼いだ#XRPを販売するために合法的に登録された日本の取引所を使用し、#XRPを非証券と明確に宣言した国でその#XRPを販売しています。

しかし、GaryGenslerとSECは、取引所が米国に1つのサーバーを持っているかもしれないと主張しています。

それは、ブラッドが日本で合法的に販売された、万博で使用されるかもしれないXRPをその販売がサーバーのSECの管轄下にあるという点で、違法な販売であったと主張することができます。

あなたがリップル社を憎み、ブラッド・ガーリングハウスを軽蔑していようとも、SECがやろうとしていることには憤りを感じなければなりません。この議論は文字通り、SECが外国自身の主権と規制の枠組みに取って代わろうとするものです。正気の沙汰とは思えませんし、議会は何もしていません。

9月21日 リップル社の被告は、他の裁判所に情報または意見を提出する第三者が準備書面を提出した場合、追加の時間やページを求めるというSECの提案に反対しています。

リップル社の被告は、他の裁判所に情報または意見を提出する第三者が準備書面を提出した場合、追加の時間やページを求めるというSECの提案に反対しています。“これは本件の解決をさらに遅らせようとするまた別の見え透いた試みであり、裁判所はこれを拒否すべきです。”

9月21日 私は今後2ヶ月以内に和解があるとは思っていない。

多くの人がリップル事件の和解について尋ねています。異例と思われることはすべて和解のサインと受け取る人もいる(土曜日の書類提出のように)。そうではありません。申し訳ないが、私は今後2ヶ月以内に和解があるとは思っていない。👩⚖️のルールの後、見ます。

これは単なる私の意見であり、何の意味もありません。明日、私が間違っていることが証明されるかもしれませんし、もしそうだとしても、それが#XRPHoldersの最善の利益となるのであれば、私はそれを歓迎します。決済に関する私の意見は他の誰よりも重視されるべきではありませんが、多くの人が尋ねているので、私はそれを共有しています。

9月19日 欧州中央銀行、デジタル#ユーロのパートナー5社を最終決定、うち1社は#リップル社のパートナー

欧州中央銀行、デジタル#ユーロのパートナー5社を最終決定、うち1社は#リップル社のパートナー

https://thecryptobasic.com/2022/09/19/european-central-bank-finalize-5-partners-for-digital-euro-including-one-ripple-partner/

9月19日 私は見つける必要があります“被告の第一質問状に対する原告の異議申し立てと回答”

私は見つける必要があります

“被告の第一質問状に対する原告の異議申し立てと回答”

SECが答えを迫られたところ

“投資契約は何だったのか?”

別に提出されたわけではなく、何かの添付書類に入っていたと思うのですが。

この部分のことでしょうか?

>>

リップル社の要求に対するSECからの回答でしょう。ありがとうございます!

9月18日 ついにこの日がやってきました。私たちの略式裁判の申し立ては公開されており、こちらで見ることができます👇。

ついにこの日がやってきました。私たちの略式裁判の申し立ては公開されており、こちらで見ることができます👇。

https://twitter.com/FilanLaw/status/1571277097322090496

私の熱い意見 -2年間の訴訟の後、SEC は投資のための契約を特定することができません (これは法律で要求されていることです)。 最高裁判所の Howey テストの 1 つの原則を満たすことができない。それ以外は雑音に過ぎない。

議会はSECに証券に関する管轄権を与えただけです。法律に書いてあることに戻ろう。

9月18日 【速報】リップルラボ、Brad Garlinghouse、Chris Larsenが略式判決を求める申し立てを行いました。

【速報】リップルラボ、Brad Garlinghouse、Chris Larsenが略式判決を求める申し立てを行いました。

https://www.dropbox.com/s/qnbvzhurmipkmto/Ripple%20Defendants%27%20Motion%20for%20Summary%20Judgment.pdf?dl=0

証券取引委員会(以下、SEC)は、2013年から2020年にかけて、XRPがリップル社または被告個人の手元から離れたときはいつでも(販売、景品、慈善寄付、または業者のサービスの対価として)、違法な「募集」の一部として行われたと主張します。

それは、無登録の “証券 “の違法な “提供 “の一部として行われましたと。実際、SEC はすべての XRP(リップル社が所有しなかった 200 億 XRP も)がリップル社が発行した証券であると主張しており、具体的には、すべての「XRP はリップル社の投資契約」であり、「したがって連邦証券法上の証券である」と主張しています。

” ECF No.46 (“Am. Compl.”) ¶ 231. 法律の問題として、SEC はその主張に勝つことはできません。また、SECは、その規制範囲を合法的に販売の申し出にまで拡大することはできません。

18p

最高裁は、75年以上前に、SEC v. W.J. Howey Co., 328で次のように説明しています。

U.S. 293 (1946)において、「投資契約」という法律用語の意味は、一連の州の判例によって「結晶化」されたと説明している。

投資契約を認定したすべての「ブルースカイ」事件には、3つの「必須要素」があり、Howey自身も含め、1933年以降のすべての最高裁と第2巡回控訴裁の事件には、この3つの「必須要素」があった。

同301頁。第一に、すべてのケースにおける投資契約は、投資に関する投資家の権利を確立する、プロモーターと投資家の間の契約であった。

第二に、この契約は、投資家の利益のために特定の行動を取るという販売後の義務をプロモーターに課している。

第三に、この契約は、投資家の資金を使用してリターンを生み出すプロモーターの努力から得られる利益を共有する権利を投資家に付与するものである。

よく知られたHoweyテストの言葉を借りれば、この3つの必須要素は、「他人の努力のみによってもたらされる利益を伴う共同事業への資金投資」を行うことの意味を明確にするものである。

” というものである。議論の余地のない事実が示すのは、これらの「投資契約の本質的な要素」が欠落している。

19p

米国財務省金融犯罪取締ネットワーク(「FinCEN」)による仮想通貨、商品先物取引委員会(「CFTC」)による商品、連邦税法上の「財産」、一般に認められた会計原則上の「無形資産」、などです。

しかし、いずれの当局からも「有価証券」には該当しない。

SECは、議会が設定した権限をはるかに超える規制の地上げを行っているのである。

SECは法律に従おうとしているのではなく、法律を作り変えようとしているのである。

21p

SECが本訴訟を提起し、XRP自体が “証券 “であると主張したことで、XRP市場は大きく阻害されました。
XRP の価格が約 70%下落するなど、XRP 市場に大きな支障をきたしました。

26p

最初の訴状提出から数日で、約150億ドルの市場価値を一掃しました。
そして、米国の関係者がアクセスできるほぼすべての取引所が XRP を非上場とするか、アクセスをブロックしました。
56.1 ¶ 85-86 (Long Decl. ¶ 5). それにもかかわらず、世界の XRP 取引市場は依然として活発です。
24時間の取引量は1,000,000,000ドルに近づいています

¶¶ 33, 35). SEC は、リップル社が少なくとも 39 億 XRP をプログラム的に販売したと申し立てています。Am. Compl. ¶ 91 & Tbl. 1.

卸売販売。Ripple 社は、独立企業間契約を通じて、特定の取引先(通常は機関投資家の買い手と ODL 顧客)に直接 XRP を販売してきました。

56.1 ¶ 105 (Ex. 40, A. Schwartz Rep. ¶ 18-31 & Ex. C). SEC は、リップル社がこのような取引で少なくとも 49 億 XRP を販売したと主張しています。

Am. Compl. ¶ 91 & Tbl. 1. これらの取引に適用される契約は、XRP の購入者にリップル社の事業に対するいかなる利益も与えず、リップル社に購入者の利益のためにいかなる行動をとる義務も課さず、購入した XRP の引渡し以上にリップル社から何かを要求したり受け取ったりする権利を購入者に与えるものではありません。

28p

Bradley Garlinghouse は、2015 年 4 月に Ripple 社の最高執行責任者として採用され、2017 年 1 月に CEO に昇格しました。

56.1 ¶140, 143 (Am. Compl. ¶17)。

彼は 2015 年 4 月以前は Ripple 社や XRP Ledger とは何の関係もなかった。56.1 ¶ 138 (Ex.17, Decl. of Bradley Garlinghouse (“Garlinghouse Decl.”) ¶ 2)。

Garlinghouseは、2017年4月までXRPを販売したことはありませんでした。

56.1 ¶ 303 (Garlinghouse Decl. ¶ 3)。
彼はリップル社からの全体的な報酬の一部としてXRPを受け取りました。

56.1 ¶ 145 (Ex. 80, RPLI_01708774).

Larsen と同様に、Garlinghouse は彼の XRP 販売による収益を Ripple の法人口座と混同したことはない。

56.1 ¶¶ 23, 305
(Garlinghouse Decl. ¶ 3). Garlinghouse の XRP 販売は、いずれも購入者との契約関係を伴わないものでした。

56.1 ¶ 96 (Ex. 41, Yadav Rep. ¶ 77).

GarlinghouseのXRPの販売はすべて取引所でのものであり、その販売による収益の約95%は米国外の取引所での取引によるものであった。

56.1 ¶ 310 (Ex. 82, Garlinghouse trading summary)。

29p

主張
I. 被告によるXRPの提供および販売は、投資契約の本質的要素を欠いていた。

A. 1933年証券法に基づく投資契約は、一定の本質的要素を備えていなければならない。
証券法における「投資契約」という用語は、1933年法以前のブルースカイ事件からその意味を引き出している
SECは、すべての関連する時間において、”XRPは投資契約であった “と主張しています。
「XRPは投資契約」であり、したがって証券であると主張しています。

Am. Compl.

¶ 231.
そこから、8年間にわたる被告によるXRPのすべての提供・販売は、15 U.S.C. § 77eの下でSECへの登録が必要な「証券」の提供・販売であったと主張しています。

SECがNetburn裁判官に対する最初の公聴会で認めたように、その理論は、流通市場におけるXRPの買い手と売り手が、たとえ被告と全く無関係であったとしても、すべての単一の買い手と売り手に及ぶものである。

2021年3月19日Tr.43:9-44:16を参照。これは、無数の個人や企業が証券取引法に違反したことを意味します。実際、SECの理論が他の暗号通貨に拡張された場合、その数は指数関数的に大きくなることでしょう。

SECは、これらの個人の中には、その取引について第4条(15 U.S.C. § 77d)に基づく登録からの法的免除を主張できるかもしれないという提案をしていますが、これは小さな慰めであり、SECの理論をその不可能な広がりから救うものではありません。

31p

第二に、SECは、Howeyの「証券法上の投資契約とは、契約、取引、スキームを意味する」という記述を誤解して、「投資契約」を形成するために「契約」は必要ないと主張している。

Howeyはその命題を支持することはできない。

Howeyが教えているのは、投資契約が存在するかどうかを判断する際、裁判所は個々の契約の四隅だけでなく、その商品が根拠とする幅広い文脈にも目を向けるべきだということである。

こうしてHoweyは、たとえどちらの契約書も単独で成立しない場合でも、土地の売買契約とサービス契約とが組み合わさって投資契約を形成しているという中心的な判示に至ったのである。

328 U.S. at 297-98を参照。
「スキーム」および「取引」という用語は、一つまたは複数の契約文書に基づく当事者間の完全な関係を指す。

42p

SEC は、以下のカテゴリーの取引について、リップル社が関与する契約を示すことができません(中略)。ファウンダーズセールス。200億XRPはMcCaleb、Larsen、Brittoによって保持され、決してRippleに属するものではありませんでした。

56.1 ¶ 22 (D. Schwartz Decl. ¶ 7)に記載されています。

リップル社が関与する契約の一部として販売されたものはありません。

取引所ベースの販売 修正訴状では、リップル社から少なくとも39億XRPがデジタル資産取引所で購入されたと主張しています(¶91)。

デジタル資産取引所での XRP の購入者は、リップル社と契約を結んでおらず、リップル社が契約した第三者マーケットメーカーの1人から XRP を購入しているのか、それとも無数の XRP 保有者のうちの別の人から購入しているのか知ることはできません。

56.1 ¶ 96 (Ex.11, Ferrell Rep. ¶ 143).

XRP が取引所で販売される場合、買い手と売り手の間には契約や私的関係が存在しません。むしろ、買い手はXRPを買いたいと取引所に伝え、取引所はブラインドセールオファーとブラインドバイオファーをマッチングさせるのです。同上。

(Ex. 41, Yadav Rep. ¶ 77)。

SECが主張する個人被告による20億5700万XRPの販売(Am. Compl. ¶ 91参照)のうち、GarlinghouseのXRPの販売とLarsenの販売の大部分は、デジタル資産取引所を通じて行われたものです。

したがって、これらの販売においてリップル社と最終的な購入者の間に契約がなかっただけでなく、個々の被告と購入者の間にも契約がなかったのです。

46p

9月17日 ゲンスラーは、「投資家が一般企業の努力に基づく利益を期待している」場合、それは証券であると述べました。裁判所はすでにこれを否定しています。

Genslerは、「投資家が一般企業の努力に基づく利益を期待している」場合、それは証券であると述べました。裁判所はすでにこれを否定しています。なぜなら、これは2つの別々のHoweyの原則を1つにまとめてしまうからです。Howeyのテストがそう簡単に満たされるとは解釈していない。

これは法律ではない

今後のスケジュール

10月18日:異議申し立てに関する全ての資料を封印して提出
10月20日:異議申し立て資料に対する修正要求を確認する会合
10月24日:協議で要求された仮修正を行った公開版の書類を提出(一般公開)
11月15日:略式裁判の答弁書を封印して提出
11月17日:答弁書に対する修正要求を確認する会合
12月9日:申し立てを総括する全ての資料を提出。修正案も同時に提出。
12月22日:総括された申し立てに対する反対意見の提出。

マニュアル

仮想通貨で2万円の元手に10カ月で500倍の1000万円突破!

月利20%以上で資産爆増中。

✅本当は教えたくない「ハイブリット資産運用術」
✅投資経験ゼロでも毎月10万円目指せる投資手法を限定公開
✅YouTubeでは言えない仮想通貨の裏情報

特に初心者だけど投資で毎月安定して「10万円目指したい」って人にはかなり有益な情報になると思いますので今後の配信をお見逃しなく!!まずはこちらをご覧くださいね!

やっさん公式ブログ
タイトルとURLをコピーしました