1時間で30万円稼ぐ資産構築法プレゼント中!

リップル社SEC訴訟問題進捗

  1. 最新情報
    1. 10月3日 SEC、暗号セキュリティの違法な売り込みでキム・カーダシアンを告訴
    2. 10月3日 I-Remitのアミカスブリーフは、数ページの短いものですが、強力なパンチがあります。
    3. 10月1日 HoweyテストはRippleテストに取って代わられるのでしょうか?
    4. 10月1日 誰もが今日までにSEC事件の判決が出ると思っていたが、判事は判決を出していない。
    5. 10月1日 プライベートジェットのチャーター会社である TapJets は、Ripple を支持するアミカスブリーフを提出するよう要請しています。
    6. 9月30日 RippleNet ソフトウェアを使用するグローバルな決済送金会社である I-Remit, Inc.は、Ripple 被告の略式判決申立を支持し、アミカスブリーフの提出を申請しています。
    7. 9月30日 速報:トーレス判事は証券取引委員会の異議を却下し、ヒンマン文書の提出を命じました。
    8. 9月30日 速報:トーレス判事は証券取引委員会の異議を却下し、ヒンマン文書の提出を命じました。
    9. 9月29日 今回、彼らは、誰も投資を行わず、金銭の授受がなくても、エアドロップはHoweyテストの「金銭の投資」の原則に合致すると言っている。
    10. 9月27日 裁判官の判決を待っている。LBRYの社員は皆、ただ待っています。
    11. 9月27日 「30分前のプレーにペナルティフラッグを投げるレフェリーの反応を想像してみてください。信じられないという気持ちと憤りが健全に混ざり合い、その審判が不合理かつ恣意的にゲームを台無しにしているという強い見方が生まれるのは間違いないでしょう」
    12. 9月26日 結論から言うと、新しい暗号化プロジェクトが2つの「ステップ」で設定されているのを見ると、不安になります。これは巧妙に見えますが、トークンが資産の売却であるというリップル社の主張と、トークンが「ユーティリティ」トークンであるというLBRY社の主張の両方を取り去ってしまう
    13. 9月26日 トーレス判事がリップル社の略式裁判の申し立てで明示された主張を全面的に採用するのは当然の結論だと考えているなら、あなたは過信している可能性があります。
    14. 9月25日 これは、XRPという資産がそれ自体で証券であるかどうかを決定する必要性を法廷に与えることを避け、誰によるものであれ、その販売または提供を投資契約の一部とするSECの悪賢い戦術を示すものです。
    15. 9月25日 以下は、私が解釈するSECの主張です。
    16. 9月24日 SECによると、もしあなたがXRPを買ったら、あなたがそれをどうしようと共通の企業に投資していることになるのです。
    17. 9月22日 ブラッドは、#XRPHoldersが聞きたくないことを言いました。
    18. 9月22日 判事が判決を下すまでにどれくらいの時間がかかるかです。2ヶ月かもしれないし、6ヶ月から8ヶ月、9ヶ月かもしれない。
    19. 9月22日 人々は、リップル社の略式裁判が成功すれば、すべての暗号資産に適用され、SECがその判決を尊重し、暗号に対する戦争を止めるだろうと考えています。彼はそうしないでしょう。
    20. 9月21日 SECは、外国の取引所が米国内で1つのサーバーを維持する場合、米国内のどこで行われた暗号販売に対してもSECの管轄権を与えると主張しています 🌎
    21. 9月21日 リップル社の被告は、他の裁判所に情報または意見を提出する第三者が準備書面を提出した場合、追加の時間やページを求めるというSECの提案に反対しています。
    22. 9月21日 私は今後2ヶ月以内に和解があるとは思っていない。
    23. 9月19日 欧州中央銀行、デジタル#ユーロのパートナー5社を最終決定、うち1社は#リップル社のパートナー
    24. 9月19日 私は見つける必要があります“被告の第一質問状に対する原告の異議申し立てと回答”
    25. 9月18日 ついにこの日がやってきました。私たちの略式裁判の申し立ては公開されており、こちらで見ることができます👇。
    26. 9月18日 【速報】リップルラボ、Brad Garlinghouse、Chris Larsenが略式判決を求める申し立てを行いました。
    27. 9月17日 ゲンスラーは、「投資家が一般企業の努力に基づく利益を期待している」場合、それは証券であると述べました。裁判所はすでにこれを否定しています。
  2. 今後のスケジュール

最新情報

SEC ファイル 略式判決の申し立て。

SEC Motion for Summary Judgment.pdf
Shared with Dropbox

10月3日 SEC、暗号セキュリティの違法な売り込みでキム・カーダシアンを告訴

SEC.gov | SEC Charges Kim Kardashian for Unlawfully Touting Crypto Security

SEC、暗号セキュリティの違法な売り込みでキム・カーダシアンを告訴
即時リリース用
2022-183

ワシントンD.C.、2022年10月3日-。
証券取引委員会は本日、Kim Kardashianが宣伝のために受け取った支払いを開示することなく、EthereumMaxが提供・販売する暗号資産証券をソーシャルメディア上で客引きしたことに対する告発を発表しました。カーダシアンは、告訴を解決し、126万ドルの罰金、和解金、利息を支払い、委員会の進行中の調査に協力することに同意しました。

SECの命令は、カーダシアンが、イーサリアムマックスが提供している暗号資産証券であるEMAXトークンに関する投稿を自身のInstagramアカウントで公開するために25万ドルを支払われたことを開示しなかったと認定している。カーダシアンの投稿には、イーサリアムマックスのウェブサイトへのリンクが含まれており、潜在的な投資家がEMAXトークンを購入するための指示が記載されていました。

“このケースは、有名人やインフルエンサーが暗号資産証券を含む投資機会を支持する場合、それらの投資商品がすべての投資家に適しているとは限らないことを思い出させるものです “と、SEC議長Gary Genslerは述べています。”我々は、投資家が自身の財務目標に照らして、投資の潜在的なリスクと機会を検討することをお勧めします。

「カーダシアンさんのケースは、著名人などに対して、証券投資を促進するためにいつ、いくら報酬を得たかを公開することが法律で義務付けられていることを思い出させるものでもあります」とゲンスラー委員長は付け加えました。

SEC執行部ディレクターのGurbir S. Grewalは、「連邦証券法は、暗号資産証券を宣伝する有名人やその他の個人は、宣伝と引き換えに受け取った報酬の性質、出所、金額を開示しなければならないことを明確にしています」と述べています。”投資家は証券の宣伝が不偏不党かどうかを知る権利があり、カーダシアンさんはこの情報を開示しませんでした。

SECの命令は、カーダシアンさんが連邦証券法の客引き防止規定に違反したことを認めるものです。SECの調査結果を認めることも否定することもなく、Kardashianは前述の126万ドルを支払うことに同意し、その中には彼女のプロモーション支払額に相当する約26万ドルの遺棄金と予断利息、100万ドルのペナルティーが含まれています。カーダシアンはまた、3年間いかなる暗号資産証券のプロモーションも行わないことに同意した。

SECの調査は継続中で、執行部暗号資産・サイバーユニットのJon A. Daniels、Alison R. Levine、Pamela Sawhneyと、ニューヨーク地域事務所のKerri Palen、Lisa Knoop、Victor Suthammanontが担当しています。この事件は、暗号資産・サイバーユニットのMark R. SylvesterとCarolyn Welshansによって監督されました。

SECの声明は、潜在的に違法な有名人支援型暗号資産提供に関する注意を促すもので、こちらでご覧いただけます。SECのゲンスラー委員長は本日、投資家が有名人やインフルエンサーの推薦のみに基づいて投資判断を行わないよう警告するビデオを公開しました。

本日@SECGovは、Kim Kardashianを暗号セキュリティの違法な売り込みで告発しました。

このケースは、有名人やインフルエンサーが暗号資産証券を含む投資機会を推奨する場合、それらの投資商品がすべての投資家に適しているとは限らないことを思い出させるものです。

SEC の動きで誰をより信頼しますか?

議会は規制を明確にする必要がある。SECGovには、革新者と投資家に力を与える明瞭な基準を正直に提供する意志、能力、適性がないことは明白であろう。
支離滅裂で一貫性のない施行による規制は、単に資本を海外に追いやるだけです。

ゲイリー・ゲンスラー(@GaryGensler)氏が暗号証券と表記していることに注目してください。これは、物語をコントロールすることの一部です。リップル社やLBRYcom社のケースのように「デジタル資産証券」とは言わなくなりました。 ゲンスラーは “暗号証券 “としか言わない。すべては物語のためなのです。

キム・カーダシアンが #SEC と和解したことは注目に値するが、同意命令が(再び)問題のトークンが証券であるという結論ありきの主張を含んでおり、SEC が発行者に対して請求することも、発行者に与えることもなかったことは、より興味深いことだ。

物語を作り、コントロールし、永続させる。@GaryGenslerはゼロサムゲームをやっている。もし誰かが@Rippleと#XRPに対する訴状を実際に読んだなら、SECがトークンそのものを攻撃していることに気づいたでしょう – Howeyのオレンジ🍊が証券だと言っているのと同じことです。

※「ゼロサムゲーム」とはゲーム理論のひとつで、参加者全員の合計得点が常にゼロとなる得点方式のゲームやその状況のことです。ゼロサムゲームでは一方が得点すると他方が失点することで、全体の持ち点の和は必ずゼロになります。

@GaryGenslerは、“法律では、証券への投資を促進するために、いつ、いくら報酬を得たかを国民に開示することが義務付けられている “と主張しています。

その引用に驚いたポッドキャスター、YouTuber、インフルエンサーがいると思います.

チャンネルやポッドキャストのスポンサーであれば、それは法律で決められていることではありません。Joeroganは、自分のポッドキャストのエピソードを「スポンサー」するために企業が支払った日付と金額を開示する必要はない。他の伝統的なスポンサーシップと同じです。

スポンサー(英語: Sponsor)とは、団体、個人、スポーツのチーム、イベント、施設、番組などに対し、金銭や物品、あるいはサービスを提供することにより支援する個人や企業、団体のこと

実際、スポンサーによっては、あなたの取引についてNDAや秘密保持契約書にサインするよう求めてくるところもあります。他の人がしているのと同じ契約を要求されるのを嫌がるのです。

キム・カーダシアンに対する今回のSECの措置は、間違いなく敷居が高いし、彼女の純資産とリスクを考えれば、なぜ25万ドルでそんなことをするのか、批判するのは難しい。

しかし、いつものように、Genslerは問題を混同し、混乱を招いている。

10月3日 I-Remitのアミカスブリーフは、数ページの短いものですが、強力なパンチがあります。

I-Remitのアミカスブリーフは、数ページの短いものですが、強力なパンチがあります。これは、Howeyの第3の原則に関するSECの議論に不利であり、デジタル商工会議所のアミカスブリーフよりもXRPにとって有用であると私は考えています /1。

I-RemitがXRPとXRPLを使用している証拠と、その技術に関する「深い知識」によって、ほとんど独立した専門家のように見えるのが印象的です /2。

最も重要なのは、ODLとXRPLがどのように使用されているか、両者が異なるものであることを、理論的な知識だけでなく実際に知っている市場参加者であることだ/3

これは、XRP が投資ではなく、決済のためのツールとして使用されていることを示しています。これは、リップル社が ODL によって作り出したユースケースですが、XRP の本質的な特徴が非常に適しています。SEC が XRPL と ODL を混同している問題を私に強調しています。/4

基本的に、ここが重要な点ですが、XRP の価値やその価値を高めるリップル社の努力ではなく、XRP の高速、簡単、信頼性という特徴に依存しています。Howey の第三の原則は、I-Remit 用 XRP には適用されない /5

10月1日 HoweyテストはRippleテストに取って代わられるのでしょうか?

なぜこれほど多くのアミカスブリーフがあるのか?この事件を1946年以来最も重要な非詐欺的SEC執行訴訟と呼ぶのは大げさではないからです。

HoweyテストはRippleテストに取って代わられるのでしょうか?

ご期待ください。

10月1日 誰もが今日までにSEC事件の判決が出ると思っていたが、判事は判決を出していない。

今、顧問弁護士と話したところだ。

誰もが今日までにSEC事件の判決が出ると思っていたが、判事は判決を出していない。

判事は自分の言ったスケジュールを超過しているが、それは彼の特権である。

それまでは、待ち続けるしかない。

判決が遅れると、裁判官が関心事を分割するか、事件を裁判にかける可能性が高くなると思います.

遅延により、裁判官またはその書記官がリップルの提出書類を読む時間も与えられます。

したがって、遅延は楽しいものではありませんが、必ずしも悪いものではありません。

私はこれが良い知らせだと信じることを選びます。 1 つ目は、裁判官が SEC の主張を承認していないことです。 第二に、彼はこの事件が表す公共の利益を認識しており、慎重かつ慎重に取り組んでいます。 第三に、上訴される可能性が高く、彼はそれを正しくしたいと考えています。

10月1日 プライベートジェットのチャーター会社である TapJets は、Ripple を支持するアミカスブリーフを提出するよう要請しています。

プライベートジェットのチャーター会社である TapJets は、Ripple を支持するアミカスブリーフを提出するよう要請しています。TapJets 社は、サービスの対価として XRP を受け入れています。”TapJets社にとって、サービスの対価としてXRPを受け入れることは不可欠です。”

https://www.dropbox.com/s/8n3hcsaeihg9saq/Tapjets%20Amicus%20Brief%20Package.pdf?dl=0

旅行者が即時の旅行を予約したいが、通常の銀行営業時間外に予約が発生するため、 従来の決済手段では支払いができない場合。

プライベートジェットのチャーター費用は、1回のフライトで数十万ドルに達することがあり、クレジットカードでの支払いは取引上の制限とリスクがあるため、TapJetsのサービスを利用する旅行者は電信送金で頻繁に支払いを行うことになります。

TapJetsのビジネスの性質上、支払いに即時性が求められるため、電信送金にしか頼れない旅行者は、TapJetsのサービスを利用することができない。

暗号通貨の性質上、金曜日の夜問題を回避できるため、TapJetsは暗号通貨を受け入れています。

多種多様な暗号通貨を考慮し、タップジェッツのCEOユージン・ケッセルマン氏は2018年5月にTwitter(https://twitter.com/tapjets/status/997512392115343360)で投票を行い、タップジェッツの旅行者が支払い形態として受け入れる暗号通貨を選択できるようにしました。タップジェッツの顧客に向けた公開フォムでは57000票以上が投票され、43%がフライト代金を支払うデジタル通貨の選択肢としてXRPに投票しました ….

その結果、TapJetsはXRPを採用し、このデジタル通貨を受け入れ、処理し、勘定するための技術に投資し、現在この訴訟の結果に関心を寄せています。TapJetsは、XRPを受け入れる能力を失うことにより、TapJetsのビジネスが金銭的損失と、XRPをデジタル決済の手段として使用する何千もの顧客との友好関係を失うことを当然に懸念しています。TapJetsは、航空機技術および決済サービスセクターにおける重要な企業です。

TapJetsは、プライベートジェットのチャターフライトの即時予約と確認が可能な、世界で唯一のプラットフォーマーです。したがって、TapJetsは、その性質上、旅行者に、わずか1時間の予告で、しかも、予約から出発までのリードタイムがほとんどないプライベートジェット・サービスを提供しなければならないのです。

もう1時間、もう1つのAmicus。

TapJetsはXRPを通貨として使っているようですが、これもHoweyの「利益期待」の原則に反する議論です。

積み重ねを始めましょう。 🙂

TapJets は、XRP と暗号が定着していることを示す例です。 XRP を使用すると、旅行代金をすぐに支払うことができます。 プライベート ジェット用の Uber を考えてみてください。 また、リップルのビジネスモデルを検証します。 TapJets は、Ripple が銀行業界に行っているように、Private Air 業界を崩壊させています。

大手プライベートジェット会社は、銀行が Nostro / vostro 口座を使用するように、顧客がジェットカード口座に多額の資金を入金することを要求しています。
XRPを使用することで、事前の資金調達が不要になり、その資金を他の用途に自由に使用することができます。

XRPと暗号はここにとどまる。

もう一枚!?驚くべきもの – TapJetsは#XRPを使って「金曜日の夜の問題」を解決、銀行が閉まっている時に即座に資金調達。 彼らのビジネスの48%は #XRP によって賄われています! 彼らはまた、XRPを投資ではなく、通貨として使用していることを示し、Howeyを覆しました。

9月30日 RippleNet ソフトウェアを使用するグローバルな決済送金会社である I-Remit, Inc.は、Ripple 被告の略式判決申立を支持し、アミカスブリーフの提出を申請しています。

RippleNet ソフトウェアを使用するグローバルな決済送金会社である I-Remit, Inc.は、Ripple 被告の略式判決申立を支持し、アミカスブリーフの提出を申請しています。

https://www.dropbox.com/s/dx3de7365lclyrq/I-Remit%20Amicus%20Brief%20Package.pdf?dl=0

アミカスブリーフ・・・当事者・参加人以外の第三者により、裁判所による判断の助けとなるように提出される意見書のこと

2019年にODLを導入し、現在もその技術を使い続けています。ODLがI-Remitに有用なのは、XRPと(ODLが使用する)XRP Ledgerがリアルタイム決済のコストを下げ、高いセキュリティで顧客が通貨市場にアクセスすることを可能にするためです。

今回の訴訟において、SECは、リップル社のXRPの配布は「未登録証券」の取引とみなされるべきであり、XRPの配布は1933年証券法にいう「投資契約」として機能し、XRPは連邦証券規制の対象となるとの立場を取っています。この見解は、XRPが実際にどのように利用されているかをひどく誤解しています。

実際、SECは、大規模かつ成長中の国際的な暗号通貨産業の重要な側面を誤解しており、従来の権限範囲とは関係のない市場に対して規制権限を拡大しようとしているように思われます。

I-Remitは、提案されているアミカスブリーフを通じて、XRPを使用している実際のODL顧客の視点という重要な視点を裁判所に提供します。

簡単に言えば、I-Remitのような市場参加者は、XRPをいかなる種類の「投資」としても使用していないのです。むしろ、決済のためのツールとして利用されているのです。スピード、効率性、安全性から利用されるのであって、その本質的な価値が時間とともに上昇することを期待しているわけではないのだ。

I-RemitがODLを利用し、XRPとXRP Ledgerを利用することは、これらがいかなる意味での「証券」でもないことを証明している。

まとめると、I-RemitのODL顧客としての視点は、SECの訴訟と被告の略式判決申し立てに対する裁判所の検討に役立つと思われます。

結論
上記の理由により、I-Remit は、添付の別紙 A のアミカスキュリエブリーフを本件に提出する許可を得るための申し立てを 裁判所が承認することを謹んで要求するものである。

I-Remit, Inc.はどこからともなくやってきて、アミカスブリーフを提出するよう申し立てを行いました。

この準備書面はI-Remitに非常に特化したもので、I-RemitがいかにXRPの価格が上がろうが上がるまいが気にしないかを裁判所に説明するものです。XRPは価値を移動させるために使用する媒体に過ぎないのです。

非常に素晴らしく、簡潔な準備書面です。

9月30日 速報:トーレス判事は証券取引委員会の異議を却下し、ヒンマン文書の提出を命じました。

1/4 ヒンマン文書の探求における次のステップに関するいくつかの考え。 SECは、ヒンマン文書の提出命令に従うのをさらに遅らせようとするために、いくつかの手続き上のカードを持っている。

2/4 第一に、彼らは Torres 判事に SEC の異議申し立てを却下した命令を再考するよう求めることができます。 第二に、彼らは再考のための動議を省略し、彼女が今日出した決定に対する控訴を認定するよう求めることができる。

3/4 3つ目は、マンダマス令状を請願して直接控訴院に行くという方法です。 前にも述べたように、これらはすべて成功確率の低い作戦である。

マンダマス令状・・・職務執行令状 申立人の利益を守るために上級裁判所が発する令状で、下級裁判所、政府、行政機関、公共団体に対して、法の定めるところによりある行為の履行または行為の履行の差し止めを命じるもの。

4/4 しかし、SECが文書の提出を遅らせたい場合、これらの作戦のいずれか、あるいはすべてを試す可能性があり、その場合、さらに2~3ヶ月の時間がかかる可能性があります。 しかし、これらの遅延の試みは、いずれも略式裁判のスケジュールに影響を与えるものではない。

9月30日 速報:トーレス判事は証券取引委員会の異議を却下し、ヒンマン文書の提出を命じました。

速報:トーレス判事は証券取引委員会の異議を却下し、ヒンマン氏の文書の提出を命じました。

https://www.dropbox.com/s/kqvgsumwmd9ap8c/Order%20Overruling%20SEC%20Hinman%20Objections.pdf?dl=0

SEC長官ヒンマン氏の発言・・・2018年6月に開催された「Yahoo Finance All Markets Summit」で行ったスピーチ「イーサの現状、イーサリアムネットワーク、およびその分散構造に関する私の理解に基づいて、イーサの現在のオファーと販売は証券取引ではありません。

2021年8月10日のことです。

被告は、被告が証拠開示中に要求した特定の文書に関するSECの特権の主張、主に審議プロセス特権(「DPP」)について、ローカルルール37.2会議を要求しました。

※DPP・・・政府機関が特定の決定に至ったプロセス、または特定のポリシーを作成したプロセスを示す情報を第三者への開示から保護する行政特権の一種。この特権により、政府は通常、機関の事前決定を反映する証言または文書を差し控えることができます。

ECF No.290。この問題に関するブリーフィングを受け、模範文書のインカメラレビューを行った後、2022年1月13日、サラ・ネットバーン名誉会長は、ここに関連して、SECの企業金融部門の当時のディレクターであるウィリアム・ヒンマンが行った2018年6月14日のスピーチに関するメールおよび草稿(「内部スピーチ文書」)はDPPで保護されていないとする命令を出した(「命令I」)。

2022 年 2 月 17 日、SEC は内部発言文書に関する Netburn 裁判官の判示に関して Order I の再考 または明確化を申請しました。

2022 年 4 月 11 日、Netburn 裁判官は SEC の再考の申し立てと明確化のための申し立てを却下しました

そして、2022年4月29日、SECは、内部演説文書を「弁護士・依頼者間の特権で保護されているという主張を新たにした」のです。

2022 年 7 月 12 日、Netburn 裁判官は、カメラで追加の文書を確認した後、弁護士・依頼者間の秘匿特権は 内部演説文書 を保護しないと判断し、その提出を命じた

2022年7月26日、SECは、(合わせて「DPP命令」)、および(合わせて「本命令」)に対する異議申し立てを行いました。

以下に述べる理由により、SEC の異議申し立てを却下する。

当裁判所は、内部演説文書のような非公開の文書は、本件のいかなる請求または防御にも直接関係しないことをSECと合意している

内部文書は、当事者が受けた通知や、個々の被告がリップル社のXRPの提供や販売に関する特定の事実を知っていたかどうかについては、関係がありません。

しかし、Netburn 裁判官は、これらの文書がこれらの問題に直接関連するとは判断していない。

「証拠開示の文脈における関連性の狭い見方」であり、証拠開示の申し立てを解決するために用いられる関連性の「極めて広い」概念の下では、これらの文書は関連性があると判断しています。

ここで、被告らは、ヒンマン氏が証言した場合、「潜在的な罪をあばく証拠を得るため、または裁判で証人の罪をあばくために使用される可能性がある」ため、内部スピーチ文書が関連していると主張します。

内部スピーチ文書は、Hinmanの個人的見解を反映しているため、保護されない。

(2) スピーチはSECの政策形成の本質的なものではない

上記の理由により、裁判所 は SEC の異議を却下し、SEC に対し本命令を遵守するよう指示する。

9月29日 今回、彼らは、誰も投資を行わず、金銭の授受がなくても、エアドロップはHoweyテストの「金銭の投資」の原則に合致すると言っている。

今日もまた、SECの取締りによる規制の一例である。

今回、彼らは、誰も投資を行わず、金銭の授受がなくても、エアドロップはHoweyテストの「金銭の投資」の原則に合致すると言っている。

ただ、SECの和解は法の解決ではないことを忘れてはならない。

https://www.sec.gov/news/press-release/2022-175

SEC、暗号資産証券の相場操縦でHydrogen Technology Corp.とその元CEOを起訴。
ハイドロゲンの「マーケットメーカー」CEOもスキームにおける役割で起訴される
即時リリース
2022-175

ワシントンD.C.、2022年9月28日-。
証券取引委員会は本日、The Hydrogen Technology Corporation、その元CEOであるMichael Ross Kane、および自称「マーケットメイキング」会社であるMoonwalkers Trading LimitedのCEOであるTyler Osternに対し、「Hydro」という暗号資産証券の無登録の提供および販売を効果的に行い、それらの証券の取引量および価格を操作するスキームを実行し、Hydrogenに2百万ドルを超える収益をもたらした役割について、起訴を発表した。

SECの訴状では、2018年1月から、ケインとニューヨークの金融テクノロジー企業であるハイドロゲンがそのハイドロ・トークンを作成し、その後、ハイドロを一般に配ることを本質とする「エアドロップ」、プロモーションと引き換えに個人にトークンを支払う報奨金プログラム、従業員報酬、暗号資産取引プラットフォームでの直接販売といったさまざまな方法を通じてトークンを公に配布したとされている。 訴状ではさらに、そうした方法でトークンを配布した後、KaneとHydrogenは2018年10月に南アフリカに拠点を置くMoonwalkersを雇い、カスタマイズした取引ソフトウェアまたは「ボット」の使用を通じてHydroの市場活動が堅調であるという誤った印象を作り、Hydrogenに代わって利益のためにその人工的に膨らんだ市場へHydroを販売したとしている。 Hydrogen社は、被告らの行為により、200万ドル以上の利益を得たとされています。

「SEC執行部副部長のCarolyn M. Welshhansは、「企業は、報奨金、報酬、またはその他の方法として未登録の提供および証券の販売を構成することによって、連邦証券法を回避することはできません。 “今回の強制捜査が示すように、SECは投資家保護のため、このような無登録の資金調達スキームを禁止する法律を執行する。”

“我々が主張するように、被告はハイドロの市場活動に関する誤解を招くようなイメージを作り出すことによって、その操作から利益を得ていた “と執行部市場乱用課の主任であるJoseph Sansoneは述べている。 「SECは、あらゆる種類の有価証券の公正な市場の確保に努めており、今後も市場操作者を摘発し、その責任を追及していく」と述べた。

SECの訴状はマンハッタンの連邦地方裁判所に提出され、Hydrogen、Kane、Osternを証券取引法の登録、不正防止、市場操作の各条項違反で告発し、恒久的な差止命令による救済、行為ベースの差止め、遺留分と予見利息、民事罰、Kaneについては役員および取締役の禁止を求めています。 Osternは、申し立てを認めることも否定することもなく、裁判所の承認を前提に、これらの条項への違反および今後の証券売り出しへの参加を永久に禁止し、36,750ドルの遺棄金および5,118ドルの判決前利息の支払いを命じ、民事金融罰は後日、裁判所が決定することに同意しています。 Osternはまた、付随的業界禁止令およびペニーストック禁止令を課す行政命令にも同意しています。

SECの調査は、Sonia G. TorricoとKathleen Hitchinsが担当し、市場濫用ユニットのJohn Marino、暗号資産・サイバーユニットのDavid Crosbie、ITフォレンジックのOlga Cruz-Ortizが協力しました。 この事件は、Paul Kim、Sansone、Welshansの3人が監督しました。 SECの訴訟は、Nick Margidaが指揮し、James Connorが監督する予定です。 SECは、ケイマン諸島通貨庁、南アフリカ共和国金融セクター行動庁、ノルウェー金融監督庁、シンガポール通貨庁の支援に感謝します。

明確にするために: これは苦情であり、和解ではありません。

SEC はエアドロップについて多くのことを話しますが、直接販売、報奨金プログラム、および従業員の補償による配布は証券取引であると主張しているようです。

そのため、エアドロップに関する彼らの斬新な理論をテストすることはできません。

1年前、私はこの最終的に奇妙な現実について@CryptoLawUSでビデオを撮りました。当時、私は #XRPHolders のための Flare エアドロップに焦点を当てていましたが、もし SEC がそれらのすべてを網羅するような言葉を撤回しなければ、エアドロップも含まれると警告しました。ゲンスラーは全てを欲しがっている。我々は団結しなければならない。

9月27日 裁判官の判決を待っている。LBRYの社員は皆、ただ待っています。

裁判官の判決を待っている
SECが学校に行くのを
バカばかりの議会でなく
政府が残酷でなくなることを

LBRYの社員は皆、ただ待っています。

LBRYcomのケースは、政府の行き過ぎた介入、規制権限の違憲な拡大を示す露骨な例として、全米の法律の学校で議論されるケースとなるでしょう。

LBRYのCEOジェレミーカウフマン氏

メインネットに到着

「Fuck the SEC」のシャツを着た男を見かけたら、声をかけてください 👋

9月27日 「30分前のプレーにペナルティフラッグを投げるレフェリーの反応を想像してみてください。信じられないという気持ちと憤りが健全に混ざり合い、その審判が不合理かつ恣意的にゲームを台無しにしているという強い見方が生まれるのは間違いないでしょう」

Rippleに対するSECGovの訴訟も同様に不合理で恣意的だ。

しかし、その利害関係者は、無実の#XRPユーザーと、連邦政府機関の行き過ぎた行為という大きな問題を含んでいます。

そして、その触手を気まぐれに自分の居場所でないところにまで伸ばす力を持つのです。

※恣意的・・・気ままな、自分勝手なさま。

“SECはXRPを無登録証券とし、過去7年間の取引はすべて、流通市場でも違法であったと遡及的に宣言した。

やっとみんなが理解した!?SECがリップル社の売り方を言っただけだと、どれだけの人&弁護士が主張したか?

※遡及・・・過去にさかのぼること。 過去にまで影響を及ぼすこと。

9月26日 結論から言うと、新しい暗号化プロジェクトが2つの「ステップ」で設定されているのを見ると、不安になります。これは巧妙に見えますが、トークンが資産の売却であるというリップル社の主張と、トークンが「ユーティリティ」トークンであるというLBRY社の主張の両方を取り去ってしまう

リップル社は、XRPは購入者に対して「販売後」の義務を負っていないため、証券ではないと主張した。

Howey における販売後の義務とは何だったのだろうか。

Howeyでは、被告は投資家に小さなオレンジ畑の区画を販売した。そして、それがすべてであれば問題なかったのです。

しかし、出資者は、区画を購入した後、一転して、被告の関連会社とオプションで10年間のリースサービス契約を結び、関連会社が果樹園全体を管理し、利益を出資者に還元することを認めました。

このように、資金をプールし、果樹園を一体として管理することが、Howey事件で言われる「プール」であり、共同事業であった。

しかし、売却後の義務はリース サービス契約でした。

Howey社の関連会社は、これらの果樹園を維持し、利益を投資家に還元しなければならないし、そうでなければ訴えられる危険性があったのである。

そして、その利益を分配する義務こそが、リップル社のケースに欠けているものなのです。

法律上の議論では、「効用」が問題になることがあります。これは、耕作限界の状況で、購入したもの(つまり、土地)が投資として購入されたのか、それとも使用するために購入されたのかを判断するケースがあるためです。

本当に夏にみかんを採りに行くために土地を買ったのか?

LBRY事件の裁判官と報告書は、100万人がLBRYトークンを買って利用し、1人が投資としてのみ購入したとしても=セキュリティだ!とSECが主張し、トークンの「効用」に非常にフォーカスしていたようです。

今週中にその判断が出ることを期待します。

結論から言うと、新しい暗号化プロジェクトが2つの「ステップ」で設定されているのを見ると、不安になります。

まず、NFTを販売し、購入者に第2段階への「アクセス」を与え、どうにかしてトークンを得てもらうようにする。

これは最近流行っていますね。

これは巧妙に見えますが、トークンが資産の売却であるというリップル社の主張と、トークンが「ユーティリティ」トークンであるというLBRY社の主張の両方を取り去ってしまうので、気になるところです。

子供が寝ている間の深夜の雑談です。おやすみなさい。

9月26日 トーレス判事がリップル社の略式裁判の申し立てで明示された主張を全面的に採用するのは当然の結論だと考えているなら、あなたは過信している可能性があります。

裁判官はリップルを認めるでしょうか?

私ほどSECとその主張に不信感を抱いている者はいないでしょう。

しかし、もし人々が、トーレス判事がリップル社の略式裁判の申し立てで明示された主張を全面的に採用するのは当然の結論だと考えているなら、あなたは過信している可能性があります。

略式裁判の申し立ては2つに分かれていることを忘れてはいけません。また、規則 56.1 の議論の余地のない事実および証拠開示中に集められた証言や証拠はまだ公開されていないことも忘れてはいけません。したがって、現時点では、法的な分析を行うことは不可能です。

しかし、Ripple の動きだけに注目すると、裁判官 👩‍⚖️ は間違いなく Ripple に同意するだろうと多くの人が言っています。

SEC が #XRP が証券であることを証明できないと主張することは、裁判官が略式判決に対するリップルの主張に完全に同意すると言うこととは大きく異なります。

リップル社の申し立てについて、私が最初に述べたことは、第2巡回区以上向けに書かれたものだということです。Ripple社は、Howeyのテストを適用する前に、買い手と売り手の間に基礎となる契約が存在しなければならないと主張しているのです。Howeyで使われている正確な文言を確認してみましょう。

“証券法上の投資契約とは、人が自分の資金を一般的な事業に投資し、発起人または第三者の努力のみから利益を期待させる契約、取引またはスキームを意味する。”

👆の引用は、Howey自身によるものです。

したがって、SEC は Howey の平易な言葉を主張します。 彼らは、この平易な言葉を適用した事例を引用します。 SEC は、法律は基礎となる契約を必要としないと主張します。 わかりやすい言葉で言えば、投資契約は「契約、取引、またはスキーム」です。

OR “を強調する。

http://Crypto-Law.us でHoweyを読むことができます。

Howeyはこうも言っている。

“投資契約は、このように、「その使用から収入または利益を確保することを意図した方法での資本の配置または資金の敷設」のための契約またはスキームを意味するようになった。”

要するに、Howie 以降は、テストの「または」の部分に着目した判例がある。

契約かスキームか

SECは、XRPの創造、XRPの流通市場の創造を含むXRPの価値を創造するリップル社の全ての努力、これら全てがスキームの一部であることを証明することに焦点を当てるでしょう。

※スキーム・・・計画、案

私は、SECが主張しそうなことを伝えているだけです。私がそれに同意しているわけでも、それが成功するというわけでもありません。私がSECの主張を明確にすると、それを誤解する人が時々います。

しかし、裁判官がリップル社の主張に同意するためには、彼女の尊敬する同僚であるカステル判事がテレグラムで間違っていたことに同意しなければならない。なぜなら、カステル判事は、その判決において、部分的にはスキームに着目していたからである(皮肉にもテレグラムには実際の契約が含まれていたが)。

これが、リップル社の申し立てが、第2巡回区または最高裁判所に対する上訴準備書面のように書かれていると述べた理由です。 リップル社の申し立ては、当然のことながら、第2巡回区に焦点を合わせています。なぜなら、Howey以降の第2巡回区の裁判はすべて実際の契約に関するものだからです(リップル社の準備書面では)。

トーレス裁判官に基本的な契約要件について 💯 同意してもらうのは難しいかもしれません。そのスキームは、契約が見つかった後にのみ適用されます。 私はこの動議が現在の最高裁判所、そしておそらく第 2 裁判所で勝訴すると思います。 トーレス判事が Ripple に同意する可能性があります。

トーレス裁判官はリップル社の主張に同意しないが、リップル社に有利な判決を下すことも可能である。彼女は、基本的な契約理論を否定しても、Howeyを適用し、SECがHoweyの共通企業原則を満たせないので、Rippleが略式判決を勝ち取ると言うかもしれません。反対尋問の準備書面には多くのことが書かれていることでしょう。

9月25日 これは、XRPという資産がそれ自体で証券であるかどうかを決定する必要性を法廷に与えることを避け、誰によるものであれ、その販売または提供を投資契約の一部とするSECの悪賢い戦術を示すものです。

これは大きなポイントであり、Jamesはよく言ったものです。これは、XRPという資産がそれ自体で証券であるかどうかを決定する必要性を法廷に与えることを避け、誰によるものであれ、その販売または提供を投資契約の一部とするSECの悪賢い戦術を示すものです。私は、リップル社の弁護士が、以下のように反論できると思います。

戦術。リップル社は、契約がなければ、投資契約も一般企業もあり得ないと言って反論しています。商工会議所の準備書面は、資産と資産を含む取引の区別を認めるよう裁判所に求めており、この点では有用である。

リップル社は、契約が存在しないか、あるいは共通事業が存在しないなどハウイーのいくつかの条項が満たされないため、投資契約が存在しないとの主張に勝利する必要があります。そうでなければ、XRPの地位はこの裁判の後、確かなものにならないかもしれません。

ビンゴです。だからこそ、商工会議所の準備書面は大いに役立つのです。

提出された商工会議所の準備書面は下記より↓

Amicus Brief of Chamber of Digital Commerce.pdf
Shared with Dropbox

※CDC商工会議所・・・米国の仮想通貨擁護団体

※W. J. Howey社事件・・・合衆国最高裁判所が、土地の販売及び業務委託契約は1933年証券法(合衆国法典第15編第77b条 15 U.S.C. § 77b)に定める「投資契約(investment contract)」に該当し、またこれらの販売勧誘のために郵便及び州際通商を用いることは1933年証券法第5条(合衆国法典第15編第77e条 15 U.S.C. § 77e)に違反すると判断した判決である。この判決は、連邦証券法の一般的な適用範囲を定めた重要な判決である。

※二時取引・・・すでに発行された証券などが投資家間で売買される市場のこと。流通市場(二次市場)とも呼ばれ、取引所取引と店頭取引がある。

III. デジタル資産の二次取引に関する法律は未確定である。

投資契約の分析は、原資産ではなく、投資取引に焦点を当てるため、特定のデジタル資産における異なる取引の規制上の特徴は、関連する事実や状況の変化に応じて変わる可能性がある。

例えば、Howeyの土地と木の最初の販売は、W.J. Howeyの管理サービスとの関連で考えると、投資契約を構成しています。

しかし、同じ土地とオレンジの木が、W.J. Howeyのサービスとは別に後で再販売された場合、そのような販売はもはや投資契約にはならないかもしれません。

Case 1:20-cv-10832-AT-SN Document 649 Filed 09/21/22 Page 11 of 18
8

実際、Howey分析の動的な性質は、動きの速い、常に変化するテクノロジービジネス、特にブロックチェーンネットワークの運用に不可欠なネイティブデジタルアセットを組み込んだビジネスに関わる二次取引に適用するには特に難しい枠組みである。

また、デジタル資産の二次取引に関する明確性の欠如は、ブロックチェーン業界全体(および潜在的にはより広い米国経済)にも影響を及ぼします。

本件では、すべての当事者が、「デジタル資産およびその取引への証券法の適用に関して、市場参加者にとって明確さが決定的に欠けている」というSEC委員2名の最近の公式声明についてコメントし、裁判所もこれに留意しています。(ECF No. 264-1 at 1) (「Coinschedule Statement」)と述べています。

SECは、事実を重視するHoweyテストが、法的訓練を受けない市場参加者はおろか、経験豊富な弁護士にとってさえ適用が困難な場合があることを認識し、デジタル資産への連邦証券法の適用に関するガイダンスを提供したことは称賛に値すると思います。

6 このガイダンスは、Howeyを適用する連邦政府や行政機関の先例に根ざしており、デジタル資産取引について証券法の適用を受けないことを明確に規定していると思われる。

しかし、SECの執行アプローチは、同様にHoweyに基づくものであり、異なる様相を呈しています7。

この矛盾とガイダンスの混乱のため、多くの市場参加者が、以前は投資契約の対象であったデジタル資産の二次取引に適用すべき法的基準に関する解釈上の救済または規則に基づくガイダンスを求めてSECにアプローチしてきましたが、成功には至りませんでした。

本件において、SECは、“追加的な文脈なしに、特定の金融商品がそれ自体として証券として適格であるかどうかを通常決定しない “と述べています。(ECF 6 参照)、SEC Release No.81207, Report of Investigation Pursuant to Section 21(a) of the Securities Exchange Act of 1934: DAO(2017年7月25日)。

また、Hinman Speech、FinHub Framework、およびデジタル資産の提供・販売に関連してスタッフが発行したノーアクションレターも参照のこと。

7 SEC v. Wahi, No.2:22-cv-01009 (W.D. Wash. July 21, 2022) 等を参照。

結論
当裁判所はこれまで、デジタル資産がデジタル形式で表現されていること又はブロックチェーン台帳に記録されていることのみをもって証券とすることはできないと、正しく主張してきた。

しかし、我々は、最初のオファーと販売を取り巻く事実と状況ではなく、二次的取引にHoweyテストを適用した裁判所を知らない。

さらに、SECスタッフが発行したガイダンスにもかかわらず、関連する事実関係の変化に基づき、デジタル資産の取引が証券取引であるかどうかを再評価した裁判所があることも承知しておりません。

当会議所は、デジタルアセットのような投資契約の対象は、契約自体とは別に分析されるべきであ り、投資契約の対象の二次取引は、関連する事実や状況に応じて、商取引または技術取引とみなされる 可能性があると考えている。

したがって、当会議所は、投資契約に適用される法律は、当該投資契約の対象に適用される法律と は別個のものであることを、改めて裁判所に要請するものである。

裁判所が意見書の中でデジタル資産の二次的取引を考慮する限りにおいて、我々は、法律が未確定であることに留意し、現在立法府で検討されているRFIAなどの法律案を考慮した適切な法的枠組みを検討するよう強く要請する。

私は、私が提出するものに加えて、さらに2-3件の法廷助言書が提出されるのを見ても驚かないだろう。

中間選挙と下院がひっくり返る可能性が高く、議会が立法によって明確さを提供することは、今後12-18ヶ月ではありえないし、Genslerは暗号戦争への道を歩んでいるので、このケースは巨大です。

※法廷助言書

被告のために法廷助言者(事件の当事者ではない第三者)が裁判所に提出する意見陳述書

9月25日 以下は、私が解釈するSECの主張です。

以下は、私が解釈するSECの主張です。

「私たちはXRPが証券であると言っているわけではありません。 私たちが言っているのは、経済的現実の問題として、XRPの購入は、他のXRP保有者やリップル社との共同事業への投資であるということです。」

2/3 水平的な共通性によるものであろうと、厳密な垂直的な共通性によるものであろうと、他の XRP 保有者や Ripple との共通の企業への投資です。 したがって、XRP自体は証券ではないかもしれませんが、XRPを証券として提供または販売する方法は他にありません。

3/3 そして、SECが言っていることを理解すると、どのようなフレームワークであっても、SECが望んでいる判断は、二次販売を組み込んだものであることがわかります。 SECが “a purchase “と “all units “という単語を使っている下のスクリーンショットをご覧ください。

a purchase・・・1つの購入

all units・・・全ての1個

9月24日 SECによると、もしあなたがXRPを買ったら、あなたがそれをどうしようと共通の企業に投資していることになるのです。

誰でもいつでもXRPを購入することができます。SECによると、もしあなたがXRPを買ったら、リップル社や私や@MoonLamboioや2016年にXRPを買って2018年に売った人と、あなたがそれをどうしようと共通の企業に投資していることになるのです。SECの定式は私のものではありません

納得はしているのですが、まだ何か理解が不十分なようです。

この意味を理解するのを手伝ってもらえますか?

SECの略式裁判の申し立てで、純粋にXRP=証券と露骨に書いていないから盛り上がったというのは理解できない。

私の推測では、人々はより強力な発表を期待していたのだと思います。私は、SECがあるレベルではできないと考える人たちとは違うのですが、SECは、XRPホルダーがリップル社の宣伝や約束などに頼っていることについて、何の証拠も示していません。私は、彼らの専門家がソーシャルメディアや事例などを議論することを期待していました。

その部分は完全に意味があります。

さらに、あなたはSECがXRPが証券であると主張していると言っているようですが、ホーガンはSECがXRPが証券であると主張しているのではないと言ってるようです。それが、私が混乱している点です。

私はお二人のどちらか(あるいは両方)の言っていることを誤解しているのかもしれません。

偉大なマスター、マシューに応答します。

私は、訴状が、XRP 自体が証券であるという議論を行うのに十分であると主張していることに同意します。 しかし、略式判決は、被告が第 5 条に違反して XRP を売却したという判決のみを求めています。

2/2 裁判官が、目の前の申し立てで要求されている以上の救済を、自発的に裁定できるとは思えません。

例えば、差止命令や宣言的判断の要求さえもありませんから、これは問題になるでしょう。

笑笑 ありがとうございます 😂

なるほど、つまり、SECが裁判官にそのような検討を求めなかったので、裁判官はXRPを有価証券とすることはできないということですね(と私は思っています)。そうなんですか?

そして、もしそうなら、XRPが証券であると認められないことを考えると、なぜ取引所は今、$XRPを再上場させないのでしょうか?

はい、基本的にはそうです。しかし、法律は解釈の余地があり、JohnとBillはそう考えていないようです(これは良いことで、常に議論の余地があります)。私は、訴状は一つのものであり、係争中の申し立ては関連するものであるが、それ自体も別のものであると区別している。

私は、Jeremyが略式判決をより支配的であるとすることに反対はしません。しかし、SJではまだXRPについて結論ありきの記述をしています。「XRPの購入は、他のXRP保有者やリップル社との共同事業への投資である”。

これは、裁判官がこう書いたと仮定した場合の見方です。「SECの略式裁判の申立てを許可する。(私は、裁判官がそうすると言っているわけではありません。) しかし、議論のために、彼女はそうします。もしあるとすれば、どのような明確さがあるのでしょうか?

技術的には、少なくとも金銭的な判決が必要なので、KIK の裁判官が行ったことに裁判官が従うと仮定すると、遺棄金が発生し、保留中のアクションはありません。 訴訟損失の汚名を除けば、明確さのないXRPに戻るでしょう。

すみません、悲観的な話をしているので、リップル社がXRPを売ることを差し止められる可能性を付け加えなければなりません。

エスクロー全体を政府によって事実上封鎖されることが何を意味するのか、私は知りません。

※暗号資産(仮想通貨)関連企業Kik社のKINトークンの有価証券問題を巡る裁判でニューヨーク南部連邦地区裁判所は2020年9月30日、米SEC(証券取引委員会)の勝訴判決を言い渡した。

9月22日 ブラッドは、#XRPHoldersが聞きたくないことを言いました。

ブラッドは、#XRPHoldersが聞きたくないことを言いました。彼は、裁判官からの決定は2-9ヶ月の間になる可能性があると言いました。彼は明らかに弁護士に依頼しています。2ヶ月で済むわけがない。早くて3月末。4月下旬から5月上旬までかかると思う。 😣

9月22日 判事が判決を下すまでにどれくらいの時間がかかるかです。2ヶ月かもしれないし、6ヶ月から8ヶ月、9ヶ月かもしれない。

SEC 🆚 リップル社
「11月中旬には、Motion for Summary Judgementのブリーフィングを完了し、ジャッジの前に提出する予定です。

問題は、判事が判決を下すまでにどれくらいの時間がかかるかです。2ヶ月かもしれないし、6ヶ月から8ヶ月、9ヶ月かもしれない。ブラッド・ガーリンハウス
リップル

9月22日 人々は、リップル社の略式裁判が成功すれば、すべての暗号資産に適用され、SECがその判決を尊重し、暗号に対する戦争を止めるだろうと考えています。彼はそうしないでしょう。

人々は、リップル社の略式裁判が成功すれば、すべての暗号資産に適用され、SECがその判決を尊重し、暗号に対する戦争を止めるだろうと考えています。彼はそうしないでしょう。SECは彼女の判決を不服として、訴訟を続けるでしょう。

SECは次のように主張するでしょう。1) 裁判官は間違っており、彼らは上訴で勝つことを期待している。2) この判決は#XRPにのみ適用され、他の暗号は適用されない。

もし#XRPが#Bitcoinと共に非セキュリティとされれば、XRPは規制が完全に明確な唯一の暗号トークンとなります。

9月21日 SECは、外国の取引所が米国内で1つのサーバーを維持する場合、米国内のどこで行われた暗号販売に対してもSECの管轄権を与えると主張しています 🌎

リップル嫌いな人も読んでね。

マイルスは💯です。
これはすべての暗号にとって非常に悪いことであり、戦わなければならない。リップルのケースでは、SECは、外国の取引所が米国内で1つのサーバーを維持する場合、米国内のどこで行われた暗号販売に対してもSECの管轄権を与えると主張しています 🌎。

次のような真相について考えてみましょう。

bgarlinghouseはリップル社のCEOであり、その事業の95%は米国外である。彼の役員報酬の一部として、彼は#XRPで支払われている。彼はその#XRPの一部を、日本で合法的に認可され運営されている取引所で売っています🇯🇵。

日本の金融庁は、日本の金融業界の最高監督機関であり、#XRP を非有価証券と宣言しています。

日本の金融機関である SBI はリップル社と提携しており、Esports チームへの報酬を #XRP で支払い、社員への配当を #XRP で提供しています。

実際、日本では#XRPの人気が高く、SBIホールディングスのCEOである北尾 吉孝は万博の公式通貨として使用する意向です。彼はこう宣言しています。“2025年までに日本の全ての銀行がリップル社のXRPを使用する” 👇👇

https://www.coinspeaker.com/sbi-bank-japan-ripples-xrp/

ブラッド・ガーリングハウスは、合法的に稼いだ#XRPを販売するために合法的に登録された日本の取引所を使用し、#XRPを非証券と明確に宣言した国でその#XRPを販売しています。

しかし、GaryGenslerとSECは、取引所が米国に1つのサーバーを持っているかもしれないと主張しています。

それは、ブラッドが日本で合法的に販売された、万博で使用されるかもしれないXRPをその販売がサーバーのSECの管轄下にあるという点で、違法な販売であったと主張することができます。

あなたがリップル社を憎み、ブラッド・ガーリングハウスを軽蔑していようとも、SECがやろうとしていることには憤りを感じなければなりません。この議論は文字通り、SECが外国自身の主権と規制の枠組みに取って代わろうとするものです。正気の沙汰とは思えませんし、議会は何もしていません。

9月21日 リップル社の被告は、他の裁判所に情報または意見を提出する第三者が準備書面を提出した場合、追加の時間やページを求めるというSECの提案に反対しています。

リップル社の被告は、他の裁判所に情報または意見を提出する第三者が準備書面を提出した場合、追加の時間やページを求めるというSECの提案に反対しています。“これは本件の解決をさらに遅らせようとするまた別の見え透いた試みであり、裁判所はこれを拒否すべきです。”

9月21日 私は今後2ヶ月以内に和解があるとは思っていない。

多くの人がリップル事件の和解について尋ねています。異例と思われることはすべて和解のサインと受け取る人もいる(土曜日の書類提出のように)。そうではありません。申し訳ないが、私は今後2ヶ月以内に和解があるとは思っていない。👩⚖️のルールの後、見ます。

これは単なる私の意見であり、何の意味もありません。明日、私が間違っていることが証明されるかもしれませんし、もしそうだとしても、それが#XRPHoldersの最善の利益となるのであれば、私はそれを歓迎します。決済に関する私の意見は他の誰よりも重視されるべきではありませんが、多くの人が尋ねているので、私はそれを共有しています。

9月19日 欧州中央銀行、デジタル#ユーロのパートナー5社を最終決定、うち1社は#リップル社のパートナー

欧州中央銀行、デジタル#ユーロのパートナー5社を最終決定、うち1社は#リップル社のパートナー

https://thecryptobasic.com/2022/09/19/european-central-bank-finalize-5-partners-for-digital-euro-including-one-ripple-partner/

9月19日 私は見つける必要があります“被告の第一質問状に対する原告の異議申し立てと回答”

私は見つける必要があります

“被告の第一質問状に対する原告の異議申し立てと回答”

SECが答えを迫られたところ

“投資契約は何だったのか?”

別に提出されたわけではなく、何かの添付書類に入っていたと思うのですが。

この部分のことでしょうか?

>>

リップル社の要求に対するSECからの回答でしょう。ありがとうございます!

9月18日 ついにこの日がやってきました。私たちの略式裁判の申し立ては公開されており、こちらで見ることができます👇。

ついにこの日がやってきました。私たちの略式裁判の申し立ては公開されており、こちらで見ることができます👇。

https://twitter.com/FilanLaw/status/1571277097322090496

私の熱い意見 -2年間の訴訟の後、SEC は投資のための契約を特定することができません (これは法律で要求されていることです)。 最高裁判所の Howey テストの 1 つの原則を満たすことができない。それ以外は雑音に過ぎない。

議会はSECに証券に関する管轄権を与えただけです。法律に書いてあることに戻ろう。

9月18日 【速報】リップルラボ、Brad Garlinghouse、Chris Larsenが略式判決を求める申し立てを行いました。

【速報】リップルラボ、Brad Garlinghouse、Chris Larsenが略式判決を求める申し立てを行いました。

https://www.dropbox.com/s/qnbvzhurmipkmto/Ripple%20Defendants%27%20Motion%20for%20Summary%20Judgment.pdf?dl=0

証券取引委員会(以下、SEC)は、2013年から2020年にかけて、XRPがリップル社または被告個人の手元から離れたときはいつでも(販売、景品、慈善寄付、または業者のサービスの対価として)、違法な「募集」の一部として行われたと主張します。

それは、無登録の “証券 “の違法な “提供 “の一部として行われましたと。実際、SEC はすべての XRP(リップル社が所有しなかった 200 億 XRP も)がリップル社が発行した証券であると主張しており、具体的には、すべての「XRP はリップル社の投資契約」であり、「したがって連邦証券法上の証券である」と主張しています。

” ECF No.46 (“Am. Compl.”) ¶ 231. 法律の問題として、SEC はその主張に勝つことはできません。また、SECは、その規制範囲を合法的に販売の申し出にまで拡大することはできません。

18p

最高裁は、75年以上前に、SEC v. W.J. Howey Co., 328で次のように説明しています。

U.S. 293 (1946)において、「投資契約」という法律用語の意味は、一連の州の判例によって「結晶化」されたと説明している。

投資契約を認定したすべての「ブルースカイ」事件には、3つの「必須要素」があり、Howey自身も含め、1933年以降のすべての最高裁と第2巡回控訴裁の事件には、この3つの「必須要素」があった。

同301頁。第一に、すべてのケースにおける投資契約は、投資に関する投資家の権利を確立する、プロモーターと投資家の間の契約であった。

第二に、この契約は、投資家の利益のために特定の行動を取るという販売後の義務をプロモーターに課している。

第三に、この契約は、投資家の資金を使用してリターンを生み出すプロモーターの努力から得られる利益を共有する権利を投資家に付与するものである。

よく知られたHoweyテストの言葉を借りれば、この3つの必須要素は、「他人の努力のみによってもたらされる利益を伴う共同事業への資金投資」を行うことの意味を明確にするものである。

” というものである。議論の余地のない事実が示すのは、これらの「投資契約の本質的な要素」が欠落している。

19p

米国財務省金融犯罪取締ネットワーク(「FinCEN」)による仮想通貨、商品先物取引委員会(「CFTC」)による商品、連邦税法上の「財産」、一般に認められた会計原則上の「無形資産」、などです。

しかし、いずれの当局からも「有価証券」には該当しない。

SECは、議会が設定した権限をはるかに超える規制の地上げを行っているのである。

SECは法律に従おうとしているのではなく、法律を作り変えようとしているのである。

21p

SECが本訴訟を提起し、XRP自体が “証券 “であると主張したことで、XRP市場は大きく阻害されました。
XRP の価格が約 70%下落するなど、XRP 市場に大きな支障をきたしました。

26p

最初の訴状提出から数日で、約150億ドルの市場価値を一掃しました。
そして、米国の関係者がアクセスできるほぼすべての取引所が XRP を非上場とするか、アクセスをブロックしました。
56.1 ¶ 85-86 (Long Decl. ¶ 5). それにもかかわらず、世界の XRP 取引市場は依然として活発です。
24時間の取引量は1,000,000,000ドルに近づいています

¶¶ 33, 35). SEC は、リップル社が少なくとも 39 億 XRP をプログラム的に販売したと申し立てています。Am. Compl. ¶ 91 & Tbl. 1.

卸売販売。Ripple 社は、独立企業間契約を通じて、特定の取引先(通常は機関投資家の買い手と ODL 顧客)に直接 XRP を販売してきました。

56.1 ¶ 105 (Ex. 40, A. Schwartz Rep. ¶ 18-31 & Ex. C). SEC は、リップル社がこのような取引で少なくとも 49 億 XRP を販売したと主張しています。

Am. Compl. ¶ 91 & Tbl. 1. これらの取引に適用される契約は、XRP の購入者にリップル社の事業に対するいかなる利益も与えず、リップル社に購入者の利益のためにいかなる行動をとる義務も課さず、購入した XRP の引渡し以上にリップル社から何かを要求したり受け取ったりする権利を購入者に与えるものではありません。

28p

Bradley Garlinghouse は、2015 年 4 月に Ripple 社の最高執行責任者として採用され、2017 年 1 月に CEO に昇格しました。

56.1 ¶140, 143 (Am. Compl. ¶17)。

彼は 2015 年 4 月以前は Ripple 社や XRP Ledger とは何の関係もなかった。56.1 ¶ 138 (Ex.17, Decl. of Bradley Garlinghouse (“Garlinghouse Decl.”) ¶ 2)。

Garlinghouseは、2017年4月までXRPを販売したことはありませんでした。

56.1 ¶ 303 (Garlinghouse Decl. ¶ 3)。
彼はリップル社からの全体的な報酬の一部としてXRPを受け取りました。

56.1 ¶ 145 (Ex. 80, RPLI_01708774).

Larsen と同様に、Garlinghouse は彼の XRP 販売による収益を Ripple の法人口座と混同したことはない。

56.1 ¶¶ 23, 305
(Garlinghouse Decl. ¶ 3). Garlinghouse の XRP 販売は、いずれも購入者との契約関係を伴わないものでした。

56.1 ¶ 96 (Ex. 41, Yadav Rep. ¶ 77).

GarlinghouseのXRPの販売はすべて取引所でのものであり、その販売による収益の約95%は米国外の取引所での取引によるものであった。

56.1 ¶ 310 (Ex. 82, Garlinghouse trading summary)。

29p

主張
I. 被告によるXRPの提供および販売は、投資契約の本質的要素を欠いていた。

A. 1933年証券法に基づく投資契約は、一定の本質的要素を備えていなければならない。
証券法における「投資契約」という用語は、1933年法以前のブルースカイ事件からその意味を引き出している
SECは、すべての関連する時間において、”XRPは投資契約であった “と主張しています。
「XRPは投資契約」であり、したがって証券であると主張しています。

Am. Compl.

¶ 231.
そこから、8年間にわたる被告によるXRPのすべての提供・販売は、15 U.S.C. § 77eの下でSECへの登録が必要な「証券」の提供・販売であったと主張しています。

SECがNetburn裁判官に対する最初の公聴会で認めたように、その理論は、流通市場におけるXRPの買い手と売り手が、たとえ被告と全く無関係であったとしても、すべての単一の買い手と売り手に及ぶものである。

2021年3月19日Tr.43:9-44:16を参照。これは、無数の個人や企業が証券取引法に違反したことを意味します。実際、SECの理論が他の暗号通貨に拡張された場合、その数は指数関数的に大きくなることでしょう。

SECは、これらの個人の中には、その取引について第4条(15 U.S.C. § 77d)に基づく登録からの法的免除を主張できるかもしれないという提案をしていますが、これは小さな慰めであり、SECの理論をその不可能な広がりから救うものではありません。

31p

第二に、SECは、Howeyの「証券法上の投資契約とは、契約、取引、スキームを意味する」という記述を誤解して、「投資契約」を形成するために「契約」は必要ないと主張している。

Howeyはその命題を支持することはできない。

Howeyが教えているのは、投資契約が存在するかどうかを判断する際、裁判所は個々の契約の四隅だけでなく、その商品が根拠とする幅広い文脈にも目を向けるべきだということである。

こうしてHoweyは、たとえどちらの契約書も単独で成立しない場合でも、土地の売買契約とサービス契約とが組み合わさって投資契約を形成しているという中心的な判示に至ったのである。

328 U.S. at 297-98を参照。
「スキーム」および「取引」という用語は、一つまたは複数の契約文書に基づく当事者間の完全な関係を指す。

42p

SEC は、以下のカテゴリーの取引について、リップル社が関与する契約を示すことができません(中略)。ファウンダーズセールス。200億XRPはMcCaleb、Larsen、Brittoによって保持され、決してRippleに属するものではありませんでした。

56.1 ¶ 22 (D. Schwartz Decl. ¶ 7)に記載されています。

リップル社が関与する契約の一部として販売されたものはありません。

取引所ベースの販売 修正訴状では、リップル社から少なくとも39億XRPがデジタル資産取引所で購入されたと主張しています(¶91)。

デジタル資産取引所での XRP の購入者は、リップル社と契約を結んでおらず、リップル社が契約した第三者マーケットメーカーの1人から XRP を購入しているのか、それとも無数の XRP 保有者のうちの別の人から購入しているのか知ることはできません。

56.1 ¶ 96 (Ex.11, Ferrell Rep. ¶ 143).

XRP が取引所で販売される場合、買い手と売り手の間には契約や私的関係が存在しません。むしろ、買い手はXRPを買いたいと取引所に伝え、取引所はブラインドセールオファーとブラインドバイオファーをマッチングさせるのです。同上。

(Ex. 41, Yadav Rep. ¶ 77)。

SECが主張する個人被告による20億5700万XRPの販売(Am. Compl. ¶ 91参照)のうち、GarlinghouseのXRPの販売とLarsenの販売の大部分は、デジタル資産取引所を通じて行われたものです。

したがって、これらの販売においてリップル社と最終的な購入者の間に契約がなかっただけでなく、個々の被告と購入者の間にも契約がなかったのです。

46p

9月17日 ゲンスラーは、「投資家が一般企業の努力に基づく利益を期待している」場合、それは証券であると述べました。裁判所はすでにこれを否定しています。

Genslerは、「投資家が一般企業の努力に基づく利益を期待している」場合、それは証券であると述べました。裁判所はすでにこれを否定しています。なぜなら、これは2つの別々のHoweyの原則を1つにまとめてしまうからです。Howeyのテストがそう簡単に満たされるとは解釈していない。

これは法律ではない

今後のスケジュール

10月18日:異議申し立てに関する全ての資料を封印して提出
10月20日:異議申し立て資料に対する修正要求を確認する会合
10月24日:協議で要求された仮修正を行った公開版の書類を提出(一般公開)
11月15日:略式裁判の答弁書を封印して提出
11月17日:答弁書に対する修正要求を確認する会合
12月9日:申し立てを総括する全ての資料を提出。修正案も同時に提出。
12月22日:総括された申し立てに対する反対意見の提出。

マニュアル

仮想通貨で2万円の元手に10カ月で500倍の1000万円突破!

現在、専門知識経験不要の不労所得STARシステムを開発し、月利20%以上で資産爆増中。

①0から30万円稼ぐ秘密の裏技
②爆発的に増やす自動売買システム
③500倍に資産を増やしたメソッド

やっさんLINE公式アカウント登録者に全て無料プレゼント中!

やっさん公式ブログ
タイトルとURLをコピーしました