1時間で30万円稼ぐ資産構築法プレゼント中!

Flarenetworks6月7月情報まとめ

  1. pangolindexがFlareでローンチ + 460万トークンをエアドロップ7月28日
  2. メタバースプロジェクトとのパートナーシップ7月21日
  3. ステートコネクタで現実世界も統合7月12日
  4. フレアメインネットTLDR公開7月12日
  5. Flareに依存しない分散型データプロバイダーによってサポート7月6日
  6. ステートコネクタの認証アルゴ完了、ビットコイン85%完了7月6日
  7. songbirdとflarenetworksの最新NFTマーケットプレイスオープン6月26日
  8. FlareNetworksメインネットローンチ詳細公開6月25日
  9. SGBとFlareNetworksのすべてのNFTがSparklesで開くことができるように6月23日
  10. TrailofBits監査に成功6月17日
  11. ステートコネクタについて6月9日
  12. フレアが接続するもの6月9日
  13. フレアメインネットのローンチ後利用可能になるもの6月8日
  14. メインネット立ち上げとロードマップリマインド6月8日
  15. Best FTSOがソングバードとフレアで機能するNFTマーケットを公開6月5日
  16. レイヤーケーキについて6月4日
  17. FAssetsについて6月2日
  18. FBTCについて6月1日
  19. 最新情報
    1. 7月31日 Flare Networks – 3週間以上ダウンタイムなし、平均ブロックタイム4.2秒に短縮! いい感じです!
    2. 7月30日 フレアのパートナーシップを視覚化したものはありますか?
    3. 7月30日 bifrostにフレアトークンがリストされていません。
    4. 7月30日 ガバナンス提案の詳細はいつ公開されますか?
    5. 7月29日 2.5%は、個々の参加者が毎月受け取る金額を表しているわけではありません。
    6. 7月29日 エアドロップの報酬は36ヶ月目より1ヶ月目が最も高くなる
    7. 7月29日 本日、Songbirdのネットワークをアップグレードしています。
    8. 7月29日 Pangolin-FlareトークンがFアセットとして提案される可能性はありますか?
    9. 7月29日 フレアネットワーク高速化
    10. 7月28日 エアドロップは100%受け取れるのですか?
    11. 7月28日 pangolin DEXエアドロップの情報を探しています。
    12. 7月27日 メタマスクをフレアメインネットワークに接続するには?
    13. 7月27日 Flareネットワークでは、BTCをBitcoinネットワークからEthereumネットワークに移動させることができるのでしょうか?
    14. 7月26日 Flareが米国SECの標的になるかどうか、何か考えはありますか?彼らはますます取り締まりを強めているように見えます。
    15. 7月26日 メタマスクはラップできないので、Bifrostに移さなければならないでしょうか?
    16. 7月26日 FLR Financeを通して委任することは残りの85%の委任とみなされますか?
    17. 7月25日 トランザクション履歴のWNatは何を意味しますか?
    18. 7月25日 9月のエアドロップ配布後の次のステップは何ですか?
    19. 7月25日 今のところ最高のシグナルプロバイダー?アルファオラクルやFSTO AUは聞いたことがありますが、アメリカ向けはあるのでしょうか?
    20. 7月25日 bitrueではトークンがエアドロップされると同時に自動的にIOUからの変換が行われるのでしょうか?
    21. 7月25日 いつになったら取引所でflrを購入し、bifrostウォレットに送ってデリゲート報酬を得ることができるのでしょうか?
    22. 7月24日 FTSO報酬トークンを委任している場合…私は36ヶ月の終わりまでに100%以上のFLRトークンを取得しますか?
    23. 7月24日 FLR、SGB、XRP、Algo、QNT、hBarなどを使って、安全、安心、信頼、そして自分がコントロールできる場所で、投入した金額以上の収入を得ることができる
    24. 7月24日 xrpを取引所で保有する場合、自己ウォレットに移行し、flrをラップして委譲する必要がありますか? 自分の取引所でflrを保有し、15%のflrで何もしない場合、残りの85%は受け取れないのでしょうか?
    25. 7月24日 FLRトークンを自己管理するのに最適な場所はどこですか?
    26. 7月23日 続々とFTSOデータプロバイダーがフレアメインネットに送信
    27. 7月23日 観測モードは今のところ順調でしょうか?
    28. 7月22日 なぜラップする必要があるのか……。FLRはすでにFlareのチェーンにネイティブなのでは?
    29. 7月20日 システムは、30日ごとに3つのスナップショットの平均を取ります。
    30. 7月20日 エアドロップは毎月平均して3%では?
    31. 7月20日 FLRをラップして委譲することの長所と短所を教えてください。
    32. 7月20日 ガバナンス提案が可決されることのメリットを教えてください。
    33. 7月20日 スパークデリゲートの報酬はいつになるかわかっているのか、SGBのように毎週土曜日なのか?
    34. 7月20日 取引所でエアドロップされた場合、ユーザーがFLRを売ったことをどうやって確認するのですか?
    35. 7月20日 エアドロップを最大化させるには15%は36ヶ月間ステーキングしなければならないのですね?
    36. 7月20日 最初の15%を売却した人たちがいると、ホルダーは実際には85%より多く取得することができるのですね?
    37. 7月19日 Ledger NanoでのFlareアプリのローンチに関するニュースはありますか?
    38. 7月19日 FLRトークンが取引所に上場し始めるのはいつですか?
    39. 7月19日 SparkをFlare Networkでステークする場合、安全で盗まれる心配のない方法は何でしょうか?
    40. 7月19日 2020年12月にxrpを持っていなかった人は、9月にflrを買い、それを委任するかラップすれば、彼らも85%相当を受け取れるようになりますか?
    41. 7月19日 別の機会に購入し、その購入したフレアをエアドロップ・プールの報酬に委ねることはできるのでしょうか?
    42. 7月19日 メタマスクから直接デリゲートできますか?
    43. 7月18日 宣伝の部分が不足しているのでは?例えば、polkadotがローンチするとき、ローンチする前からすごく宣伝されていたんです。発売前から、人々はIOUを買うために殺到していました
    44. 7月18日 取引所でエアドロップを受け取ったら、Bifrostウォレットから委任できるようになるのでしょうか?それともmetamaskからだけか。
    45. 7月18日 フレアの報酬を計算することはできますか?
    46. 7月18日 フレアがローンチされたらsgbはどんな機能を持つのか
    47. 7月17日 スパークのFアセット報酬プールが枯渇した時に何が起こりますか?
    48. 7月17日 sgbトークンホルダーがFlrネットワークのガバナンスにどのように関与していくのか?
    49. 7月17日 デリゲート報酬の利回りはエアドロップと同じでしょうか?
    50. 7月17日 あるアドレス/コントラクトにあるwFLRトークンが、毎月の分配金をエアドロップされない状況はあるのでしょうか?
    51. 7月17日 ネットワークは稼働しているのだからFLRのIOUは自動的に変換されるのですか?
    52. 7月17日 Iousを売った場合、買い戻して包装しても、残りのFlrはもらえないんですか? これでは、フレアチームではなく、取引所ベースの判断のように思えますが…。
    53. 7月16日 Hugoが、委任する必要があるとコメントしたのを見ましたが、そのコメントはその後削除されています。そして、このたびのご指摘で、FLRをラップするだけでよいのか?ということを確認したいと思います。
    54. 7月16日 取引所を利用せず、直接 flr を配布したいと考えているのですね? その場合、bitrueにはどのような影響があるのでしょうか?
    55. 7月16日 ガバナンスの提案は主に取引所に向けられたもので、自己ウォレットには関係ないのでしょうか?どこかで、自己ウォレットの場合はこの提案は適用されず、15%+毎月の報酬はシグナルプロバイダーに委任することなく当初の計画通りに実行されると読みました。
    56. 7月16日 FアセットにXRPが追加されるのはいつか?
    57. 7月16日 flareはxrpにどのように役立つのでしょうか?
    58. 7月16日 Exodusで15%のエアドロップを受け取り、Bifrostに転送してラッピングとデリゲートする予定ですが、残りの85%のエアドロップはどこで受け取るのでしょうか?
    59. 7月16日 bitrueでFLR iouを購入したのですが、実際に1対1のFLRを手に入れることができるのでしょうか?
    60. 7月16日 FLAREは、ビットコインネットワークとイーサリアムのブリッジングを可能にするのでしょうか?
    61. 7月15日 もし、bitrueでスパークIOUを購入し、残りをftsoで稼ぐというガバナンスの投票が行われた場合。その場合、スパークは追加でもらえるのでしょうか?
    62. 7月15日 トークンはいつでも販売できますが、エアドロップ期間中のaidropの任意の部分を販売すると、受け取るエアドロップが減少します。
    63. 7月15日 bitrueやpoloniex以外のどこで誰かの売った15%のエアドロップを購入できるのでしょうか?
    64. 7月15日 フレアに新規参入する人は最初の15%のエアドロップの一部を購入し、その後の毎月のエアドロップをすべて委任すれば、残りのエアドロップをすべて受け取ることができる
    65. 7月15日 例えば、セルフミントを使ってFXRPを鋳造し、FLRを自分で担保に入れたとすると、その担保にしたFLRでFTSO報酬を獲得できるのでしょうか?
    66. 7月15日 メタマスクに追加する方法はありますか?
    67. 7月14日 取引所でのトークン配布の情報が見つかりません。
    68. 7月14日 FXRPを鋳造したとして、どの程度の期間、報酬としてスパークを得ることができるのでしょうか?
    69. 7月14日 誰かがFLRネットワークを訴えた場合、このプロジェクトは非常に危ういものになるでしょう。
    70. 7月14日 観察モードは最低でも8週間ではないのですか?
    71. 7月14日 フレアメインネットワークローンチ
    72. 7月14日 財団は提案に投票するのでしょうか?
    73. 7月14日 この提案は、もし受け入れられれば、参加者がエアドロップを信頼性の低い取引所から自己保管のウォレットに移行することを支援するものです。
    74. 7月14日 FLR配布ガバナンスの提案
    75. 7月13日 誰かが自分のトークンを売った場合、買い手は分配の分け前を受け取るためにそれを委任することができます。
    76. 7月13日 委任して、FTSOの報酬を売り払ったとすると、それまで受け取っていたFlareよりもはるかに多くのFlareを手にすることになるかもしれません
    77. 7月13日 もし100kのiou flrを買ってデリゲートしたら、100kの85%を受け取ることになる(提案が受け入れられた場合)?
    78. 7月13日 IOUを売却し、今度は取引所から買い戻すとどうなるでしょうか。
    79. 7月13日 CEXからさらにFLRを購入して委任した場合、購入したFLRの85%を受け取る権利がありますか?
    80. 7月13日 bitrueでIOUを売ったのですが、残りの85%は手に入らないということですか?
    81. 7月13日 配分案はいつから始まるのですか?参加者は誰ですか?配分の提案に参加することはできますか?
    82. 7月13日 Flareは、ADが受け取るトークンとFTSOデリゲーションから受け取るトークンをどのように分けるのでしょうか?
    83. 7月13日 配布をFLRではなくWFLRにすることは可能でしょうか?英国の税法では、WFLRとして受け取った場合は、売却するまでキャピタルゲイン税は発生しません。
    84. 7月13日 FTSO / Airdropの仕組みは、エポックとロックの間隔が別々になります
    85. 7月13日 flrを買った、ftsoから稼いだ、fassetから稼いだをflareはどのように区別するのでしょうか?
    86. 7月13日 デリゲートしたらエアドロップの分から手数料とられてしまうのではないか?
    87. 7月13日 もしガバナンス投票でこの案が可決されれば、委任の要件は成立し、その後まもなく開始されます
    88. 7月13日 最初の15%と毎月の増分を委任しても、毎週の報酬だけを販売すれば、ペナルティを受けることはなく、最終的に元のエアドロップ額の100%を手に入れることができるということですか?
    89. 7月13日 投票ですが、1FLRで1票ですか?
    90. 7月12日 受け取った金額の100%+毎月の3%を委任する必要があるとおっしゃっていますが、ガス代としてさらに数枚のFLRを購入する必要があるのでしょうか?
    91. 7月12日 この提案はDEFIに参加することができなくなることを意味しませんか?
    92. 7月12日 FLRをもっと買って、委譲すれば、結果的にエアドロップが増えるのでは?
    93. 7月12日 さらに、参加者は、100%を取得するために、毎月の増分も委任する必要があります
    94. 7月12日 ユーザーがエアドロップFLRのいずれかを販売した場合、時間の経過とともに受け取る金額は100%未満になります。
    95. 7月12日 もし満額を望むなら、3年間は一切売ることができないのですか?
    96. 7月12日 Bitrueでスナップショットを作成しましたが、FLRの最初の15%をデータプロバイダーに委任しないと、残りの85%を受け取ることができませんか?解決策は何ですか?
    97. 7月12日 ウォレットがないので、保持または販売することしかできません。85%を取得するにはどうすれば良いですか?
    98. 7月12日 10%分をデリゲートして、5%分売却したらどうなりますか?
    99. 7月12日 メインネットの立ち上げ後、今週中に発表してくれるのでしょうか?
    100. 7月12日 フレアを買った人がデリゲートしたらどうなるのでしょうか?15%委任されたと仮定してエアドロップを受け取るのでしょうか?
    101. 7月12日 エアドロップの提案にはもちろん、今年末のガバナンス投票期間中に、反対票を投じることも可能です。
    102. 7月12日 15%を売った人が受け取った85%の損失は、どこにいく?
    103. 7月12日 ジェネシスブロックはもう検証されましたか?
    104. 7月12日 売ったのかどうやって追跡するのか?
    105. 7月12日 最初の15%の分配金を売った人は、残りの85%の分配金を受け取ることはできません。
    106. 7月12日 デリゲートしない取引所で配布された場合残りの85%を失いますか?
    107. 7月11日 配布後すぐに売られますよね?
    108. 7月11日 15%配布後取引所への上場が始まりますか?
    109. 7月11日 oracleswapがフレアだけでなくSGBのDexになる場合、それはPROトークンとOracleトークンが2つの間で相互運用可能になることを意味しますか?
    110. 7月11日 観測とは、発端があり、ブロックが稼動し、最初の取引を観測することなのですね?
    111. 7月11日 なぜSアセットのテストが開始されないのですか?テストしないとFアセットはローンチできませんよね?
    112. 7月10日 Fassetプラットフォームはいつアクティブになりますか?
    113. 7月10日 現実世界の機関は、Flare Networkをどのように使うのでしょうか?Metamaskウォレットを使うようなことはないと思いますが。
    114. 7月9日 Bifrostウォレットには、F-assetsの一部がないことに気づきました。なぜでしょうか?FlareとF-assetsの公式ウォレットだったと思うのですが。
    115. 7月8日 フレアネットワークスCEO対談動画公開
    116. 7月9日 これだけ大きなチームでありながら、打ち上げに3年以上もかかるなんて、私の頭では理解できない。
    117. 7月8日 FLRを使ってステーキングすることはできますか?
    118. 7月8日 ユーザーは観測モードに参加することはできますか?
    119. 7月7日 フレアネットワークはどのようにXRPLと相互作用するのでしょうか?
    120. 7月7日 メインネットが立ち上がったらどこで確認するのか?
    121. 7月4日 f-assetsや鋳造など、どこで行うのでしょうか?
    122. 7月4日 ネットワークが11日にローンチで、トークン配布が9月だとしたら、デリゲーションはどうなるのか?
    123. 7月4日 フレアのガス料金は一定でしょうか?
    124. 7月2日 フレアはいつから取引所で買えるようになるのですか?
    125. 7月2日 flareのデリゲート報酬はsongbirdより%が高いのでしょうか?
    126. 7月1日 ガバナンス投票については、どうやって行うのですか?
    127. 6月30日 サポートウォレットのリンクは現在も有効ですか?
    128. 6月30日 Flareはブロックチェーンなのか、それともERC20トークンなのか?
    129. 6月29日 SGBを直接FLRに交換するためのスワッピングプラットフォームは用意されるのでしょうか?
    130. 6月29日 なぜs-assetsは遅れているのでしょうか?
    131. 6月29日 FTSOのデリゲートが可能になるのはいつなのか?
    132. 6月29日 Flare Networkはマルチチェーンウォレットを提供し、すべてのFアセットをそこに保存することができますか?
    133. 6月28日 仮に9月に15%がエアドロップされた場合、毎月のエアドロップは10月から開始されますか?
    134. 6月26日 ネットワークが立ち上がってから8週間後にエアドロップが届くということですか?
    135. 6月26日 どのようにして他のコインがS資産としてリストアップされるのですか?
    136. 6月25日 SGBトークンの使い道は何ですか?
    137. 6月25日 10%のインフレとはどういう意味ですか?
    138. 6月25日 観測モードのとき、どのユーザーもFLRを持っていません。観測モード時にFlareNetworkがFTSOに委譲しようとしても、誰がFLRを委譲するのか?
    139. 6月25日 スパークトークン(FLR)の公平なエアドロップについて
    140. 6月24日 デリゲート報酬はエアドロップのあとすぐにできるのか?それとも遅れるのか?
    141. 6月23日 エアドロップを正しいウォレットに登録したかどうか確認するにはどうしたらいいのでしょうか?
    142. 6月23日 UpholdがFLRのエアドロップサポートを発表
    143. 6月22日 監査報告書を公に共有しますか?
    144. 6月21日 FLRで得られる受動的な収入について
    145. 6月20日 State Connectorシステムは、外部ブロックチェーンとweb2データを検証することが可能
    146. 6月19日 Flare Tokenもデリゲートできるようになりますよね?
    147. 6月19日 FLRの配布はいつから開始してどれくらいかかりますか?
    148. 6月17日 エージェントはFLRだけでなくXRPも必要なのか?
    149. 6月16日 fアセットの作成にはどのようなリスクが伴いますか?
    150. 6月16日 FassetとFLRの担保はどのように管理する?
    151. 6月16日 Fassetは原資産に交換できるのか?
    152. 6月16日 相場変動によりFアセットとFLRの担保比率が変動した場合どうなる?
    153. 6月16日 f-assetの自己鋳造(セルフミント)について
    154. 6月15日 投票はいつからできるのか?
    155. 6月15日 Flareの550億FLRはどうなる?
    156. 6月15日 1000億FLRの配分の内訳
    157. 6月15日 Fassetの報酬プールの大きさ
    158. 6月14日 Fassetの支払い頻度
    159. 6月13日Bifrostについて
    160. 6月13日FLRのバーンについて
    161. 6月13日SGBは将来的にFLRに交換できるようになるのか?
    162. 6月13日Fアセットは流動性提供と同じなのか?
    163. 6月11日Sアセットで先に開始されないのか?
    164. 6月10日 ライトコイン、ステラルーメンへの配布は?フレアのトランザクション能力、監査状況について
    165. 6月9日 Bitrueでの配布、メインネットローンチ日、FLR担保率について
    166. 6月8日 セルフミントについて
    167. 6月7日 FLRのコントラクト番号とFXRPセルフミントについて
    168. 6月6日 FアセットとSアセットについて
    169. 6月5日 メタマスクについてと今後のSGBデリゲート報酬
    170. 6月4日 レイヤーケーキの現状
    171. 6月3日 FLRの取得方法と手数料

pangolindexがFlareでローンチ + 460万トークンをエアドロップ7月28日

pangolindexがFlareでローンチ + 460万トークンをエアドロップ

Pangolin Exchangeは、8月に#Songbirdでローンチし、メインネットが稼働し、最初のトークン配布イベントが完了次第、#Flareでローンチする予定です。

詳しくはこちら: https://bit.ly/3z6FT9Y

メタバースプロジェクトとのパートナーシップ7月21日

Flareが@metropolisworldを主要な相互運用性パートナーとして発表 – 近々ローンチ予定のキュレーション型メタバースプラットフォーム🌐。

FlareはMetropolis Worldのユーザーに異なるメタバースのエコシステムとブロックチェーン間をシームレスに移動する力を与える。

https://bit.ly/3J949wZ

ステートコネクタで現実世界も統合7月12日

Flareは#ステートコネクタの力で、現実世界や伝統的な企業🏦のデータを、ネットワーク上に構築された分散型アプリケーションに簡単かつ信頼できる形で提供します🌐

フレアメインネットTLDR公開7月12日

フレア打ち上げの詳細✨について

2週間前、私たちは来たるFlare Mainnetのローンチの詳細を説明するブログ記事を公開しました。https://flare.xyz/flare-launch-details/

見逃した方のために、TLDR👇🧵を紹介します。

※too long; didn’t readで「長すぎて読まなかった」という意味です。 ソーシャルメディアやインターネット上で使われるスラングで、必要以上に長い文章の投稿記事につけられる言葉

Flareに依存しない分散型データプロバイダーによってサポート7月6日

Flareのネイティブな分散型データ基盤です。

✔️外部ブロックチェーン取引や実世界のイベントが起こったかどうかをYes/Noで証明する
✔️変動するデータ、すなわち #暗号通貨 の価格に関する迅速な更新を提供する
✔️#Flareに依存しない分散型データプロバイダーによってサポートされます。

ステートコネクタの認証アルゴ完了、ビットコイン85%完了7月6日

StateConnectorの認証クライアントを動かすためにノードをスピンアップする忙しい数日間☀️。

Algorand ✅は〜2.5週間同期なので1ヶ月前に終わっていた。
Litecoin ✅
Dogecoin ✅
XRPL ✅
Bitcoin … 85%完了、午前中には完了予定。🌄

songbirdとflarenetworksの最新NFTマーケットプレイスオープン6月26日

🚨🚨🚨巨大な発表! 🚨🚨🚨

Songbirdの最新#NFTマーケットプレイスがついに登場!

@NFTSO_ へようこそ🚀

👉 https://nftso.xyz

@FlareNetworksも近日公開予定です!

FlareNetworksメインネットローンチ詳細公開6月25日

ここでフレアの起動の詳細に関するブログを読んでください👉https://ja.flare.xyz/flare-launch-details/

Flare起動の詳細
Trail of Bitsが実施したFlare Networkの監査が完了し、脆弱性がないことを確認し合格しました。

Trail of Bits社によれば、以下の通りです。

“監査では、Flareノードやネットワーク全体の機密性、完全性、可用性に影響を与えるような重大な欠陥や不具合は発見されませんでした。”

このマイルストーンにより、Flareのメインネット生成は、7月4日の週に行われるトークン配布スマートコントラクトコードの最終監査に続いて、2022年7月11日またはその直後に行われることになります。

観測モード
ネットワークは「観測モード」で起動され、その間にテストが行われ、完全に分散化されます。

開始当初は、Flare Foundationがすべてのネットワーク・バリデーターを操作します。

次に、SongbirdのFTSOと新しいFTSOがFlareに参加し、FTSOデータの提出を開始できるようになります。

このように、Flare財団からバリデーターを運用するFTSOプロバイダーへと検証の権限が移っていきます。

観測モードが終了すると、FTSOデータプロバイダーはネットワークの検証を行い、検証報酬を得ることができます。

観測モードは、Flare財団がネットワークを制御できなくなるような十分な検証力が外部バリデ ータに移転する時点(すなわち、Flareが制御する検証力が33%を超えない時点)まで、最低8週間 続くものとする。

観測モードの間、参加者を不利にしないために、インフレと報酬はゼロとする。

さらに、ネットワークの状態はいつでもロールバックすることができる。

最初は、すべての初期トークン残高が作成されます。

Flare Foundationは、すべてのFlare関連団体とチームに帰属するすべてのトークンを保有します。

これらのトークンは、公開トークン配布イベント(下記参照)で配布されます。

この間の唯一のトークン取引は、FTSOへの資金提供や委任を含む運用目的、およびシステムテスト目的にのみ行われます。

各Flareアドレスは公開される予定です。

公開トークン配布イベントとさらなる配布
観測モードを終了すると、15%の初期トークン配布が行われます。

この時点で、セルフ・カストディ・トークンの受領者は自分のトークンにアクセスして使用できるようになり、取引所はそのユーザーにトークンを配布することができます。

残りの配布は、Flareのロールアウト文書でFL02として言及されている、配布の実施方法に関するガバナンス投票後に開始される予定です。

ガバナンスの提案は、メインネット創世記の前か、それ以前に公開される予定です。

投票は、初期配布分の75%以上が投票可能であるか、公開トークン配布から6ヶ月が経過した時点の早い方でFlare上で行われます。

トークンが取引所に渡った場合は、取引所がトークンを配布し、ユーザーが出金できるようになったことを意味します。

インフレは観測モード終了後に開始され、アンロックされた総供給量に対して毎月年率10%で計算されるように設定されます。

その後、ガバナンスの投票により、将来のインフレが決定されます。

SGBとFlareNetworksのすべてのNFTがSparklesで開くことができるように6月23日

Sparklesチームは、BifrostWalletと協力して、NFTをお客様の財布に直接お届けできることを大変嬉しく思います。SGBとFlareNetworksのすべてのNFTは簡単にリンクしてSparklesで開くことができ、将来的にはさらに多くの機能を予定しています✨。

TrailofBits監査に成功6月17日

監査に成功。発売の詳細は来週末に。先へ! #フレア

ステートコネクタについて6月9日

ステートコネクター☀️を理解する

📤 State Connector (SC) に送られたリクエストは、多くの独立した認証プロバイダ(AP)に転送される。

APsは情報を取得し、SCに提出する。

✅ SCは返信に対してコンセンサスを行い、合意された回答を作成する。

フレアが接続するもの6月9日

Flareすべてを接続します:

1スマートコントラクトブロックチェーン

2非スマートコントラクトブロックチェーン

3トラストレスなWeb2 ⏩ Web3

フレアメインネットのローンチ後利用可能になるもの6月8日

フレアメインネットのローンチ後、何が期待できるでしょうか?

トークン保有者であれ、dAppビルダーであれ、あなたは参加することができます。

1ガバナンス
2FTSOへの委譲
3FTSOとState Connectorを使ったアプリケーションの構築

メインネット立ち上げとロードマップリマインド6月8日

🗺️ Flare Mainnetのローンチが近づいてきたので、ロードマップの計画についてお知らせします。

📍詳細はFlareロールアウトの記事をご覧ください。

bit.ly/3wLLEu3

Best FTSOがソングバードとフレアで機能するNFTマーケットを公開6月5日

🚨重大発表! 🚨

今日は、私たちが以前から取り組んできたことを明らかにしたいと思います…。

#Songbirdと@FlareNetworksの完全に新しい#NFTマーケットプレイス(先駆的な機能を備えた)、

紹介するのは…@NFTSO_!

レイヤーケーキについて6月4日

LayerCakeは、すべてのスマートコントラクトネットワークをつなぐFlareのブリッジシステムです。

これによって
🔒高速、分散型、完全保証のブリッジを構築する。
✅宗主国の異なるゾーンで安全に運用すること
🔗流動性を分断することなく、全てのチェーンを繋ぐ

FAssetsについて6月2日

FAssetsは、非スマートコントラクトトークンを#Flareに橋渡しします。

🔐アンロックユーティリティ。
1⃣ Flare上のdAppsで$BTC $XRP $ALGO $DOGE…を使用する。
2⃣ DeFi / NFTs / Metaverseのユースケースが可能になる。
3 ⃣ Flare上で#FAssetsを鋳造すると、ユーザーが報酬を得ることができる。

FBTCについて6月1日

Algorandブリッジの発表でも触れましたが、もう一度言っておきます… $BTCはFlare上のFAssetとして確認されています。

つまり、$BTCホルダーは、#DeFi、#NFT、#metaverse、その他の#Web3アプリケーションを#Flare上で動作させることができるようになるのです。
1/2🧵

また、FlareのLayerCakeアプリケーションを通じて、FBTCを他のスマートコントラクトネットワークにブリッジすることができます🍰高速、分散型、完全保険付きです。

コネクトエブリシング2/2🧵

最新情報

7月31日 Flare Networks – 3週間以上ダウンタイムなし、平均ブロックタイム4.2秒に短縮! いい感じです!

Flare Networks – 3週間以上ダウンタイムなし、平均ブロックタイム4.2秒に短縮! いい感じです!

>>

💪

7月30日 フレアのパートナーシップを視覚化したものはありますか?

いいえ、ありません。まだないと思います。

これは有望だと思いますし、パートナーシップを含むようになるかもしれません。

https://twitter.com/flarepedia

7月30日 bifrostにフレアトークンがリストされていません。

今のところウォレットで使えませんが、待ってください。

トークンは利用可能になり次第、ウォレットに追加されます。

7月30日 ガバナンス提案の詳細はいつ公開されますか?

今後数週間以内に

7月29日 2.5%は、個々の参加者が毎月受け取る金額を表しているわけではありません。

2.5%は毎月エアドロップ・プールから支払われ、対象者に比例配分されます。

2.5%は、個々の参加者が毎月受け取る金額を表しているわけではありません。

7月29日 エアドロップの報酬は36ヶ月目より1ヶ月目が最も高くなる

2.5%になるということは、毎月トークンのエアドロップ量が増えるということですか?

>>

なぜそう思うのでしょうか?

プールはFLRの量が決まっているので、毎月少しずつ減っていきます🕵🏼♂️。

エアドロップの報酬は36ヶ月目より1ヶ月目が最も高くなる

7月29日 本日、Songbirdのネットワークをアップグレードしています。

本日、Songbirdのネットワークをアップグレードしています。ノードが不健全になった場合、サービスを再起動する必要があるかもしれません

7月29日 Pangolin-FlareトークンがFアセットとして提案される可能性はありますか?

現在その予定はない。ガバナンスとコミュニティのサポートによって、他の資産を追加することは可能ですが。

7月29日 フレアネットワーク高速化

この前の金曜日まではFlareに全くデータを送信していませんでした。

しかし、今は送信しています。

そして、ブロックタイムも短縮されています(高速化)。

ネットワークは、トランザクションの数が増えるとパフォーマンスが上がるように設計されているんです。

Twitterの投稿は、ネットワークが高速化していることを指摘したものです。

そして、FTSOをさらに増強し始める数週間後には、さらに高速化することでしょう。

現時点では、FlareとSongbirdでは状況が少し異なるので、システムをテストしているところです。

7月28日 エアドロップは100%受け取れるのですか?

今のところ、そうですね。もしこの案が通れば、あなたが受け取る金額は、ユーザーと個人の参加者の合計に依存します。もっと多いかもしれないし、少ないかもしれない。チームでさえも知らないことです。なぜなら、もし最初がほんの数パーセントのデリゲーターの参加であれば、報酬はもっと高くなる可能性があるからです。

7月28日 pangolin DEXエアドロップの情報を探しています。

pangolin DEXエアドロップの詳細は、数週間後に発表されます。pangolinによる

7月27日 メタマスクをフレアメインネットワークに接続するには?

FTSOを除いて、誰もできない
9月頃のFLRトークン配布開始まで

7月27日 Flareネットワークでは、BTCをBitcoinネットワークからEthereumネットワークに移動させることができるのでしょうか?

Flareのf-assetシステム、Layer Cake、FTSO、State Connectorのプロトコルは、確実にこれを可能にします。

7月26日 Flareが米国SECの標的になるかどうか、何か考えはありますか?彼らはますます取り締まりを強めているように見えます。

ICOも公開プレセールもなく、SGB/FLRはエアドロップで参加者に配布されている。

営利目的のFlareの事業体が米国外で登録されていることは言うまでもありません。

また、コアチームの一員として米国の法律顧問がおり、私たちの活動はすべて彼らを通して行われています。

7月26日 メタマスクはラップできないので、Bifrostに移さなければならないでしょうか?

メタマスクからブロックエクスプローラーやFTSOデータプロバイダーのウェブサイト上のdAppを使用してラップすることができます。

またはBifrostに移動する、どちらかやりやすい方を選んでください👍🏼。

7月26日 FLR Financeを通して委任することは残りの85%の委任とみなされますか?

フレアのエアドロップ契約を製品に組み込んだ場合のみ。 彼らは特定のものを計画していると思いますが、FFサーバーでフォローアップするのが最善です👍🏼

7月25日 トランザクション履歴のWNatは何を意味しますか?

W – Wrapped(ラップ), Nat – Native(ネイティブ), Wrapped Native = Wrapped SGB/FLR(ラップされたSGBおよびFLR)

7月25日 9月のエアドロップ配布後の次のステップは何ですか?

ガバナンスを有効にする必要があり、その後、ガバナンスの提案に対して投票する機会が与えられます。

7月25日 今のところ最高のシグナルプロバイダー?アルファオラクルやFSTO AUは聞いたことがありますが、アメリカ向けはあるのでしょうか?

https://flaremetrics.io

7月25日 bitrueではトークンがエアドロップされると同時に自動的にIOUからの変換が行われるのでしょうか?

すべてBitrue次第です。最短で9月頃です。

7月25日 いつになったら取引所でflrを購入し、bifrostウォレットに送ってデリゲート報酬を得ることができるのでしょうか?

早くて9月くらいかな👍🏼。

7月24日 FTSO報酬トークンを委任している場合…私は36ヶ月の終わりまでに100%以上のFLRトークンを取得しますか?

正確な数字を知るには変数が多すぎるし、全体的な参加人数との相対的な関係にもよるだろう。詳細については、今後の提案で発表します。

7月24日 FLR、SGB、XRP、Algo、QNT、hBarなどを使って、安全、安心、信頼、そして自分がコントロールできる場所で、投入した金額以上の収入を得ることができる

私にとっての最大の勝利は、銀行からお金を取り出して、Flare上に構築された製品で、または製品と共に使用できる、安定した、統制のとれた、安全で堅牢なネットワークを見ることです。

FLR、SGB、XRP、Algo、QNT、hBarなどを使って、安全、安心、信頼、そして自分がコントロールできる場所で、投入した金額以上の収入を得ることができるのです。

これは、私にとってエアドロップよりもはるかに大きな意味を持ちます。

また、自分のお金がどこでどのように使われるかを選択することができ、私の子供たちのようなものです。

ぼったくり料金もなく、遅延もなく、ネットワークを使っている間はずっと稼ぎ続けることができます。

7月24日 xrpを取引所で保有する場合、自己ウォレットに移行し、flrをラップして委譲する必要がありますか? 自分の取引所でflrを保有し、15%のflrで何もしない場合、残りの85%は受け取れないのでしょうか?

取引所がラップやデリゲート機能を提供している場合は、そこに保管することができます。

15%をウォレットに入れたまま何もしない場合、残りの85%を受け取ることはできません。

この提案の目的は、取引所でXRPを保有している人が、エアドロップの分配を自己保管に移行する機会を提供し、残りを受け取ることができるようにすることであることを心に留めておいてください。

最近のCEXの状況を見ると、デジタル資産を取引所に置いておくのは現実的ではありません。

7月24日 FLRトークンを自己管理するのに最適な場所はどこですか?

Bifrost wallet, Ledger, Metamask, Math wallet, Brave wallet, D’cent, Ellipal, SafePal, Trezorなどがあります。

Bifrostウォレットの使い方は上記にて解説。

7月23日 続々とFTSOデータプロバイダーがフレアメインネットに送信

インフラを構築し、コードの変更を行い、Flareのメインネットでデータを送信するようになった 🙂。

@AureusOxプロバイダーは現在、一貫して #flarenetwork に価格シグナルを送信しています。

SignalChampが@FlareNetworksのメインネットに価格提出を開始しました。

未来は今から☀️。

Flare Oracleは、金曜日の23:00 UTC頃にFlare Networksへの価格送信を開始しました。送信エポック4391。コントラクトとエクスプローラの大幅な改善について、Flare Networksチームに大きな賞賛を送ります。

LightFTSOは、Flare Network Mainnetに最初の価格設定を提出しました。

ありがとうございました。TomT_Crypto HugoPhilion
他フレアネットワーク☀️🌞☀️

FTSO AU が #Flare メインネット で価格提示に成功しました。

@FlareNetworksで楽しい時間を過ごしましょう!

7月23日 観測モードは今のところ順調でしょうか?

今のところ順調です。

FTSOがFlareでライブになるのは、次のステップです。もう間もなくです…。

7月22日 なぜラップする必要があるのか……。FLRはすでにFlareのチェーンにネイティブなのでは?

FLRをラッピングすることで、ERC20トークン(wFLR)となり、スマートコントラクトにアクセスできるようになります。

FlareにERC20トークンとしてラッピング…FlareはEVMを統合しているので

すべてのERC20標準は、FlareとSongbirdの両方でサポートされています。

7月20日 システムは、30日ごとに3つのスナップショットの平均を取ります。

エアドロップの報酬は、30日ごとに3つのスナップショットがあります。

ユーザーはエアドロップの報酬、FTSOの報酬、そして後のF-Assetの報酬を将来のエアドロップの配分に向けて複合的に利用することができます。

システムは、30日ごとに3つのスナップショットの平均を取ります。

7月20日 エアドロップは毎月平均して3%では?

新提案では2.5%に近くなります。

これは、ネットワーク上のwFLRの総量と比較した保有量に比例して、参加者全員に支払われるエアドロップ報酬プールからの月額の額です。

7月20日 FLRをラップして委譲することの長所と短所を教えてください。

長所

ネットワークの拡大

報酬/受動的収入

FTSOの強化とFlare Networkのセキュリティの向上

リスクゼロ(トークンはあなたの財布に還元されます)

FTSOプロバイダーが提供する追加的なメリット

固定されたロックアップ期間がない

トークンは他のアプリケーションで使用可能

TX手数料がほとんどかからない

短所

税金の影響がある可能性がある

ウォレットの設定に失敗する可能性がある。

報酬は90日後に失効します。請求するのを忘れないようにする必要がある。

最高の結果を得るためには、FTSOのパフォーマンスを監視する必要がある。

7月20日 ガバナンス提案が可決されることのメリットを教えてください。

初期の報酬ははるかに高く、そして、初回とその後の毎月のエアドロップに複利の収益を加えれば、最初のエアドロップの何倍もの報酬を受け取れるということになるでしょう。

さらに、ネットワークが強化され、利用することで、Flareとそれに付随するすべての利点に、より多くの開発と注目が集まるはずです。

7月20日 スパークデリゲートの報酬はいつになるかわかっているのか、SGBのように毎週土曜日なのか?

FlareのFTSO報酬エポックは3.5日と短くなります。

ソングバード 7日

フレア – 3.5日

今後数ヶ月の間に、さらに多くの情報が公開されるでしょう、皆さん、最初のFLR配布までには十分な時間があります。

7月20日 取引所でエアドロップされた場合、ユーザーがFLRを売ったことをどうやって確認するのですか?

AirDrop契約はwFLR残高のスナップショットを定期的に取得します。

正確には30日に3回

7月20日 エアドロップを最大化させるには15%は36ヶ月間ステーキングしなければならないのですね?

追加したり削除したりすれば、その時点からシェアが比例して変化します。つまり、例えば、f-asset報酬、self-minting報酬、vote power報酬、FTSO報酬など、すべてエアドロップのデリゲーションに追加して、プールのシェアを増やすことができるのです

7月20日 最初の15%を売却した人たちがいると、ホルダーは実際には85%より多く取得することができるのですね?

その通りです。プールの報酬は、参加した人たちの間で分配されます。

7月19日 Ledger NanoでのFlareアプリのローンチに関するニュースはありますか?

Flareファームウェアのアプリは、9月頃の最初のFLR配布までにLedgerユーザー向けに提供される予定です👍🏼。

7月19日 FLRトークンが取引所に上場し始めるのはいつですか?

配布の頃をめどに。

9月くらいになれば、取引所も準備が整い次第、上場させることができるはずです。

7月19日 SparkをFlare Networkでステークする場合、安全で盗まれる心配のない方法は何でしょうか?

FLRをFlareのデータプロバイダーに預けて、利回りを稼ぐ方法が一番安全です👍🏼あなたのトークンはあなたの財布から離れないので

7月19日 2020年12月にxrpを持っていなかった人は、9月にflrを買い、それを委任するかラップすれば、彼らも85%相当を受け取れるようになりますか?

新提案では参加型なので、いくらもらえるのか正確に把握するのはほぼ不可能です。

たくさん買えば、毎月の報酬が増える

売れば売るほど、毎月の報酬が減る

7月19日 別の機会に購入し、その購入したフレアをエアドロップ・プールの報酬に委ねることはできるのでしょうか?

はい、可能です。ただし、エアドロップの報酬プールは有限であり、時間とともに減少していくことに留意してください。そのため、参加者は早い段階でより多くの報酬を受け取ることになります。

7月19日 メタマスクから直接デリゲートできますか?

はい、MMからブロックエクスプローラーまたはFTSO dAppsのいずれかを使用して委任することができます。

7月18日 宣伝の部分が不足しているのでは?例えば、polkadotがローンチするとき、ローンチする前からすごく宣伝されていたんです。発売前から、人々はIOUを買うために殺到していました

ありがとうございます。Flareはマーケティングに力を入れていて、最近チーム内で検討しているところです。

7月18日 取引所でエアドロップを受け取ったら、Bifrostウォレットから委任できるようになるのでしょうか?それともmetamaskからだけか。

もし、取引所から参加した場合、FLRを自分の選んだフレアがサポートされたウォレットに転送し、自分自身でラップ/デリゲートすることができます。

または、取引所やプラットフォームが独自のラッピング/委任サービスを提供していることを期待する。

7月18日 フレアの報酬を計算することはできますか?

できません。変数が多すぎます。

7月18日 フレアがローンチされたらsgbはどんな機能を持つのか

Songbirdでの取引手数料の支払い、ネットワーク上での商品やサービスの購入、DeFiアプリケーションへの参加、ガバナンス事項への参加(Flareに関連するものまで)、FTSO報酬のシェアを得るためのデータプロバイダーへの委任。

完全に述べるのには長すぎます。

自分で調べる必要があります。

ソングバードはどこにも行かない

7月17日 スパークのFアセット報酬プールが枯渇した時に何が起こりますか?

プールは固定されており、時間の経過とともに徐々に小さくなっていきます。

日単位ではなく年単位で考えてください。

補充されることもない。

その頃には、DeFi製品や他のdAppが、製品にF-Assetを使用する参加者に独自の報酬やインセンティブを提供するようになっているはずです。

一般報酬プールの正確な規模はまだ公表されていません。

7月17日 sgbトークンホルダーがFlrネットワークのガバナンスにどのように関与していくのか?

SongbirdはFlareのすべてのコアプロトコルを持ち、Flareで展開する前に製品をテストすることができます。

また、SGBの保有者がトークンをFlareのガバナンスに参加するための提案も進行中です。

さらに、クラウドファンディングのプラットフォームも計画されています。

ロードマップには、SongbirdとFlareの間のブリッジを開発する提案もまとめられています。

ロードマップの段階が近づくにつれ、より多くの情報が入手可能になります。

7月17日 デリゲート報酬の利回りはエアドロップと同じでしょうか?

いいえ、ラップされた総残高と比較して、個人の保有量に比例しています
エアドロップ契約では、毎月約2.5%またはプール内の残高に応じた金額が支払われます。
参加者の保有残高に比例して支払われる

7月17日 あるアドレス/コントラクトにあるwFLRトークンが、毎月の分配金をエアドロップされない状況はあるのでしょうか?

DeFiアプリケーションに参加している場合、そのアプリがFlare Airdropスマートコントラクトと互換性があるか、統合されているかを確認する必要があります。

そうでない場合、毎月のAD割り当てを受け取ることができません。

FLRがラッピングされているかどうかによります。

Flare上のDeFiアプリがairdrop/FTSO/F-Assetの報酬をユーザーに配布する予定があるかどうか、どのように扱うか確認するのがベストです。

7月17日 ネットワークは稼働しているのだからFLRのIOUは自動的に変換されるのですか?

最初の配布の後、取引所が対処することになり、私たちではありません。

IOUはFlareネットワークとは関係ない。

7月17日 Iousを売った場合、買い戻して包装しても、残りのFlrはもらえないんですか? これでは、フレアチームではなく、取引所ベースの判断のように思えますが…。

買い戻すことはできるかもしれませんね👍🏼。

毎月のエアドロップの最初のスナップショットの前に買い戻します。

配布イベントが行われた時にIOUを持っている人が毎月の配布の対象となります(ラッピングされた後)。

7月16日 Hugoが、委任する必要があるとコメントしたのを見ましたが、そのコメントはその後削除されています。そして、このたびのご指摘で、FLRをラップするだけでよいのか?ということを確認したいと思います。

ラッピングのみ必要ですが、ラッピングと委任は報酬を最大化するためにほとんどの参加者にとって理にかなっています。
Airdrop契約は、委任された金額ではなく、wFLRの残高を読み取ります。

7月16日 取引所を利用せず、直接 flr を配布したいと考えているのですね? その場合、bitrueにはどのような影響があるのでしょうか?

BitrueのIOUは、実際のFLRと1対1で交換される。

参加者は、毎月の追加割り当てを受けるために、FLRをラップする必要があります。

そのためには、FLRを自己保管用の財布に移して自分でラップするか、Bitrueが顧客のためにラップサービスを提供するかどうかを確認する必要があります。

7月16日 ガバナンスの提案は主に取引所に向けられたもので、自己ウォレットには関係ないのでしょうか?どこかで、自己ウォレットの場合はこの提案は適用されず、15%+毎月の報酬はシグナルプロバイダーに委任することなく当初の計画通りに実行されると読みました。

すべての参加者に一律に適用される
FLRをwFLRにラッピングすることだけが要件です。
委任は必須ではありませんが、報酬を最大化するために、ほとんどの参加者が委任することは理にかなっています。

7月16日 FアセットにXRPが追加されるのはいつか?

F-AssetはまずSongbirdでテストを開始します。

その他、観測モードのFlareで先に達成したい技術的なマイルストーンがあります。

例えば

a) FlareでFTSOを立ち上げ、データの提出を開始させる。

b) 検証の大部分をFTSOに任せ、ネットワークの完全な分散化を図る。

これが現時点での最優先事項です。

7月16日 flareはxrpにどのように役立つのでしょうか?

Flareは、F-AssetプロトコルとSolarisブリッジを使って、XRPLと双方向ブリッジを行う。

XRPはFlareの最初のF-Assetの一つでもある。

7月16日 Exodusで15%のエアドロップを受け取り、Bifrostに転送してラッピングとデリゲートする予定ですが、残りの85%のエアドロップはどこで受け取るのでしょうか?

Bifrostです。

7月16日 bitrueでFLR iouを購入したのですが、実際に1対1のFLRを手に入れることができるのでしょうか?

はい、Bitrueに保管されているIOUは、分配開始後、実際のFLRと1対1で交換されます。

7月16日 FLAREは、ビットコインネットワークとイーサリアムのブリッジングを可能にするのでしょうか?

F-AssertシステムとLayerCakeを介して可能です。

7月15日 もし、bitrueでスパークIOUを購入し、残りをftsoで稼ぐというガバナンスの投票が行われた場合。その場合、スパークは追加でもらえるのでしょうか?

IOUが実際のFlareと交換された後、ラップ/デリゲートする限りは可能です。

7月15日 トークンはいつでも販売できますが、エアドロップ期間中のaidropの任意の部分を販売すると、受け取るエアドロップが減少します。

トークンはいつでも売却できますが、エアドロップ期間中に一部でも売却すると、受け取れるエアドロップが減ってしまいます。ただし、委任やf-assetsなどを通じて獲得した報酬で上乗せすることは可能です。

7月15日 bitrueやpoloniex以外のどこで誰かの売った15%のエアドロップを購入できるのでしょうか?

9月頃に最初の15%が取引所やウォレットに配布されるのを待つ必要があります。

もしdexが利用可能であれば、人々はそれを代わりに使うことができるかもしれません。

7月15日 フレアに新規参入する人は最初の15%のエアドロップの一部を購入し、その後の毎月のエアドロップをすべて委任すれば、残りのエアドロップをすべて受け取ることができる

現在製作中のガバナンス案が受け入れられれば(重要)、フレアに新規参入する人は最初の15%のエアドロップの一部を購入し、その後の毎月のエアドロップをすべて委任すれば、残りのエアドロップをすべて受け取ることができるようになるのです。

エアドロップ・トークンの一部を売却すると、それ以降に受け取るエアドロップ・トークンは比例して減少します。

上記の理由でFlareを購入される方は、必ず上記をご理解の上、ご購入ください。

7月15日 例えば、セルフミントを使ってFXRPを鋳造し、FLRを自分で担保に入れたとすると、その担保にしたFLRでFTSO報酬を獲得できるのでしょうか?

はい。

FLRを担保としてF-Assetを鋳造/作成し、そのFLRをデータプロバイダーに同時に委任することができます。

また、自己鋳造オプションで担保違反にならないように、FLRの担保残高を監視する唯一の責任を負います。

7月15日 メタマスクに追加する方法はありますか?

RPCはまだ出されていない。

Flareは、ネットワーク電源がバリデータに移行するまでの約8週間、監視モードとなる。

観測期間終了後、トークンが配布される予定です。

メタマスクとの接続の詳細については、配布までの期間にお知らせします。

7月14日 取引所でのトークン配布の情報が見つかりません。

観測期間終了後、いつか取引所のタイミングで発表されるでしょう。

観測期間の間に準備する時間はたっぷりありますよ☺️。

7月14日 FXRPを鋳造したとして、どの程度の期間、報酬としてスパークを得ることができるのでしょうか?

持っている間だけ。

報酬は時間の経過とともに少しずつ減少していきます

7月14日 誰かがFLRネットワークを訴えた場合、このプロジェクトは非常に危ういものになるでしょう。

このチームが行うこと、すべてのツイートは、まず法務チームを通ります。

Flareは、真剣勝負のプロジェクトです。

7月14日 観察モードは最低でも8週間ではないのですか?

これは推定値であり、この中で更新されている

4~8週間程度 💪🏼.

7月14日 フレアメインネットワークローンチ

こんにちは、世界よ

Flareは現在打ち上げられ、観測モードになっています。以下の内容を解読できますか?https://flare-explorer.flare.network/tx/0xf4183eab3de0e8ca2af2a681ab0ba2f992967e5c5f3a4f9d06dff4abeac29601/internal-transactions

7月14日 財団は提案に投票するのでしょうか?

財団は決して投票することができません。

7月14日 この提案は、もし受け入れられれば、参加者がエアドロップを信頼性の低い取引所から自己保管のウォレットに移行することを支援するものです。

この提案は、もし受け入れられれば、参加者がエアドロップを信頼性の低い取引所から自己保管のウォレットに移行することを支援するものです。

これにより、ネットワークの参加者が増加します。

参加者が増えれば、FTSO、f-assets、レイヤーケーキなどのコアプロトコルのストレステストに役立ち、Flareがネットワークを改善・最適化できるようになります。

このネットワークの成長と実用化により、Flareに開発者が集まり、新しい革新的な製品を作ることができ、Flareがさらに成長することになります。

7月14日 FLR配布ガバナンスの提案

コミュニティは提案についてもっと知りたがっていることを理解していますが、まだ公開されていないことに注意してください。混乱を解消するために、次の点に注意してください。

1.これは単なる提案であり、コミュニティは、今年後半または来年初めに、wFLRを使用してガバナンスを介して投票する機会があります。提案を有効にするには、合格する必要があります

2.提案は、投票が開始されるかなり前に公開され、十分な時間をかけて検討できるようになります。

3.適格な参加者は、2020年12月12日にXRPが開催されたプラットフォーム/取引所または自己保管ウォレットから最初の15%のエアドロップを受け取ります。したがって、これに変更はありません

4.この提案により、参加者が元々XRPを取引所で保有していた場合、参加者が自己管理方法を利用しやすくなり、残りの85%を毎月の分配で受け取ることができます。

5.残りの85%を受信するには、ネットワーク上のFTSOデータプロバイダーにFLR/wFLRのラッピングと委任の要件が提案されます。

6.委任は、Songbird canary-netでSGBを使用する場合と同様に、いくつかの変更を加えて同様に機能します。ガイドの委任に慣れていない方は、この投稿の下部にあります

7.毎月の割り当ては、ネットワーク上で委任された合計金額と比較して、保有量に比例して委任者に約2.5%の増分で支払われます。

8.参加者は、新たに取得したFLRを引き続き追加/ラップ/委任して、エアドロップ報酬の金額を増やすことができます

9.委任された残高を観察するために、30日ごとにいくつかのスナップショットが作成されます

10.エアドロップ報酬プールは固定されており、FTSOインフレ報酬とは別のものです。

11.提案が通過すると、エアドロップ報酬プールの全額が36か月の期間にわたって分配されます。

FLRの配布は、9月頃まで開始されないため、現在は何もする必要はありません。

お待ちいただいてありがとうございます!! 🙏🏼

https://medium.com/flarenetwork/songbird-delegation-how-to-put-your-sgb-to-work-5206a33a7064

7月13日 誰かが自分のトークンを売った場合、買い手は分配の分け前を受け取るためにそれを委任することができます。

ガバナンスの提案では、85%はFTSOを通じて委任した人にのみ分配されます。したがって、誰かが自分のトークンを売った場合、買い手は分配の分け前を受け取るためにそれを委任することができます。

7月13日 委任して、FTSOの報酬を売り払ったとすると、それまで受け取っていたFlareよりもはるかに多くのFlareを手にすることになるかもしれません

委任して、FTSOの報酬を売り払ったとすると、それまで受け取っていたFlareよりもはるかに多くのFlareを手にすることになるかもしれません。他の人が何人委任しているかによるでしょう。ガバナンスの提案では、2~3倍以上になることもあり得ますね。

7月13日 もし100kのiou flrを買ってデリゲートしたら、100kの85%を受け取ることになる(提案が受け入れられた場合)?

もっと単純に

ある人が最初に15FLRを購入または受け取り、すべて+毎月の各増分を委任する。

3年後には約100FLRになる。

7月13日 IOUを売却し、今度は取引所から買い戻すとどうなるでしょうか。

最初の毎月の割り当ての前に取得した場合は多かれ少なかれ…。すべてを委任し、毎月の金額を委任し、36ヶ月以上売らない。

7月13日 CEXからさらにFLRを購入して委任した場合、購入したFLRの85%を受け取る権利がありますか?

最初の15%から購入し、それらを委任する場合、はい。

上記のメッセージに加え、これはその後の毎月のエアドロップの前に行う必要があります。

これは確認済みで、提案が受け入れられることを条件としています。


7月13日 bitrueでIOUを売ったのですが、残りの85%は手に入らないということですか?

提案が受理された場合のみです。しかし、私たちはIOU(借用書)についてのアドバイスはしていませんので、そのような方法を取りたいのであれば、Bitrueに条件を確認する必要があります。

7月13日 配分案はいつから始まるのですか?参加者は誰ですか?配分の提案に参加することはできますか?

ガバナンスの提案については、準備が整い次第、Flare Networkの立ち上げ後に発表される予定です。

wFLRの保有者は参加者となりますが、Flare財団は除きます。

7月13日 Flareは、ADが受け取るトークンとFTSOデリゲーションから受け取るトークンをどのように分けるのでしょうか?

このシステムは、あるエポック(異なる間隔のFTSO報酬エポックとは別に)中に特定のウォレットに保持されたwFLRの特定の量を追跡し、それに応じてエアドロップを支払うものです

7月13日 配布をFLRではなくWFLRにすることは可能でしょうか?英国の税法では、WFLRとして受け取った場合は、売却するまでキャピタルゲイン税は発生しません。

AirdropとFTSOの報酬はFLRになります。

それによる税金の影響については、お住まいの地域の認定税理士にご相談ください👍🏼。

7月13日 FTSO / Airdropの仕組みは、エポックとロックの間隔が別々になります

FTSO / Airdropの仕組みは、エポックとロックの間隔が別々になります

全ては提案書の中で説明されます👍🏼。

7月13日 flrを買った、ftsoから稼いだ、fassetから稼いだをflareはどのように区別するのでしょうか?

これらの報酬は、別の契約のセットで来ます👍🏼。

7月13日 デリゲートしたらエアドロップの分から手数料とられてしまうのではないか?

エアドロップの報酬とFTSOの報酬は別物です

エアドロップの報酬をしっかり受け取るためのFTSO手数料は不要

7月13日 もしガバナンス投票でこの案が可決されれば、委任の要件は成立し、その後まもなく開始されます

もしガバナンス投票でこの案が可決されれば、委任の要件は成立し、その後まもなく開始されます

7月13日 最初の15%と毎月の増分を委任しても、毎週の報酬だけを販売すれば、ペナルティを受けることはなく、最終的に元のエアドロップ額の100%を手に入れることができるということですか?

週の報酬というと、FTSO報酬を指しているのであれば、答えはイエスです。

7月13日 投票ですが、1FLRで1票ですか?

1wFLR=1ガバナンス票、ですね。

7月12日 受け取った金額の100%+毎月の3%を委任する必要があるとおっしゃっていますが、ガス代としてさらに数枚のFLRを購入する必要があるのでしょうか?

ラッピング、リワードの請求、委任のためのガス代のための十分なFLRは絶対に必要です👍🏼。

7月12日 この提案はDEFIに参加することができなくなることを意味しませんか?

いいえ、必ずしもトークンを使えないというわけではありません。例えば、エアドロップを取得しながらDEXに流動性を提供することができるかもしれません(取引手数料+エアドロップ+ftso報酬というわけです)。

7月12日 FLRをもっと買って、委譲すれば、結果的にエアドロップが増えるのでは?

はい、可能です。ただし、エポック/ロック期間によります。

FTSOの仕組みに非常に似ている

7月12日 さらに、参加者は、100%を取得するために、毎月の増分も委任する必要があります

さらに、参加者は、100%を取得するために、毎月の増分も委任する必要があります

7月12日 ユーザーがエアドロップFLRのいずれかを販売した場合、時間の経過とともに受け取る金額は100%未満になります。

ユーザーがエアドロップFLRのいずれかを販売した場合、時間の経過とともに受け取る金額は100%未満になります。

7月12日 もし満額を望むなら、3年間は一切売ることができないのですか?

100%受け取るためには、何も売ることができないのです。

参加者が少しでも売ると、時間の経過とともに受け取る額が少なくなる。

7月12日 Bitrueでスナップショットを作成しましたが、FLRの最初の15%をデータプロバイダーに委任しないと、残りの85%を受け取ることができませんか?解決策は何ですか?

取引所が委任サービスを提供することは可能ですが、それは個々のプラットフォーム次第です。そうでなければ、ユーザーはトークンを提供する取引所に移したり、自己保管のウォレットに移したりして、自分自身を委任することができます。

7月12日 ウォレットがないので、保持または販売することしかできません。85%を取得するにはどうすれば良いですか?

売却して別の場所で購入することができます。

7月12日 10%分をデリゲートして、5%分売却したらどうなりますか?

一部を売却した場合、毎月の額は少なくなります。

7月12日 メインネットの立ち上げ後、今週中に発表してくれるのでしょうか?

もちろんです。ジェネシスブロックの直後に発表される予定です。

※ジェネシスブロックとは、ブロックチェーンの最初のブロックのことです。

7月12日 フレアを買った人がデリゲートしたらどうなるのでしょうか?15%委任されたと仮定してエアドロップを受け取るのでしょうか?

提案の公表を待ってください。

それまでは、これ以上の詳細は提供されません。

7月12日 エアドロップの提案にはもちろん、今年末のガバナンス投票期間中に、反対票を投じることも可能です。

エアドロップの提案にはもちろん、今年末のガバナンス投票期間中に、反対票を投じることも可能です。

7月12日 15%を売った人が受け取った85%の損失は、どこにいく?

それは、企画書が出た時に全て説明します。しばらくお待ちください。

7月12日 ジェネシスブロックはもう検証されましたか?

まだです。今週中です。

7月12日 売ったのかどうやって追跡するのか?

データプロバイダーへの委任を通じて(本質的にはステーキング)。

例えば、最初に15FLRを委任した場合、システムは、あなたが約34/35ヶ月の間に85FLRを支払う義務があることを認識します。

今言えるのはこれだけです。

7月12日 最初の15%の分配金を売った人は、残りの85%の分配金を受け取ることはできません。

発売と同時に最初の15%の分配金を売った人は、残りの85%の分配金を受け取ることはできません。

ユーザーは、残りの85%を受け取る資格を得るために、最初の15%の分配をFTSOに委任しなければなりません。

詳細は、今後のガバナンス提案に記載される予定です。

7月12日 デリゲートしない取引所で配布された場合残りの85%を失いますか?

いいえ。ユーザーは、FLR を他の取引所に移動するか、セルフカストディウォレットを使用して 15% を自分でデリゲートすることになります。

最初の15%を委任することで、毎月のエアドロップのアドレスが提供されます。

また、これは提案であり、まだ何も確定していないことを忘れないでください。

7月11日 配布後すぐに売られますよね?

ホルダーにインセンティブを与えるための提案が行われています。

7月11日 15%配布後取引所への上場が始まりますか?

取引所は観察期間終了後にFLRを受け取りますが、取引所がFLRを上場させる時期によって取引は異なります。

観察期間が終了した後、取引所は配布を開始することができます。

これは各自のタイミングで行うことになります。

7月11日 oracleswapがフレアだけでなくSGBのDexになる場合、それはPROトークンとOracleトークンが2つの間で相互運用可能になることを意味しますか?

おそらく2つの間に橋が架けられた後。

時期は未定

7月11日 観測とは、発端があり、ブロックが稼動し、最初の取引を観測することなのですね?

ジェネシスブロック(ブロックチェーンの最初のブロック)とブロックチェーンが稼働します。

7月11日 なぜSアセットのテストが開始されないのですか?テストしないとFアセットはローンチできませんよね?

メインネットの立ち上げが第一の焦点です。

FTSOのFlareへのセットアップはその次です。

検証をFTSOに引き継ぐのは3番目です。

F-Assetsはローンチの要件ではありません。SongbirdでF-Assetsをテストするのはそのうちに来るでしょう👍🏼

7月10日 Fassetプラットフォームはいつアクティブになりますか?

今年の後半。

メインネットの立ち上げが、現時点では100%我々の焦点です

7月10日 現実世界の機関は、Flare Networkをどのように使うのでしょうか?Metamaskウォレットを使うようなことはないと思いますが。

彼らは、ビジネス要件に応じて、企業のクライアントアプリケーションを使用してFlare Networkに接続します。

7月9日 Bifrostウォレットには、F-assetsの一部がないことに気づきました。なぜでしょうか?FlareとF-assetsの公式ウォレットだったと思うのですが。

BifrostはすでにF-Assetsになるいくつかのチェーンに対応しています。

時間が経てば、もっと追加されるでしょう。

SongbirdかFlareのどちらかにF-Assetが展開されるまでには、十分な時間があります。

彼らに作らせましょう。

彼らは24時間体制で仕事をしています。

7月8日 フレアネットワークスCEO対談動画公開

インタビュー
フレアネットワーク

HugoPhilion
ライブ配信中!!!

あなたの好きな質問にすべて答えました☀️。

コミュニティのために時間を割いていただき、ありがとうございます

動画の内容は上記にてまとめております。

7月9日 これだけ大きなチームでありながら、打ち上げに3年以上もかかるなんて、私の頭では理解できない。

Flareネットワークは、3年どころか5年近く開発中です。

State Connectorなど、私たちが市場に出している製品のいくつかは、ブロックチェーン業界では初めてのものです。

ブリッジングや相互運用性プロトコルの場合、多くの価値がかかっている以上、何かを急いで市場に出すわけにはいきません。

この分野では、すでにハッキングや脆弱性の例が多すぎるのです。

私たちは、どんなに時間がかかっても、それを正しく理解するつもりです。

7月8日 FLRを使ってステーキングすることはできますか?

FLRを使って自己鋳造することはできますが、Proof of Stakeのようなステーキングではありません。

これはF資産の鋳造と同じですが、自己鋳造の場合、手数料はかかりません。

ネットワークが始まったら、たくさんのガイドとサポートがあります。一歩ずつ進んでください。

Flareの立ち上げは時期をずらしているため、プロトコルが利用できるようになるまでに十分な時間があります。

7月8日 ユーザーは観測モードに参加することはできますか?

ブロックエクスプローラーでネットワークアクティビティを観察する以外にはない

そしてFTSOのパフォーマンスを監視する

7月7日 フレアネットワークはどのようにXRPLと相互作用するのでしょうか?

Flareは、F-AssetシステムとSolarisブリッジを介してXRPLと2ウェイブリッジを持つことになります。

XRPLはEVMスマートコントラクトにアクセスすることができません。

Flareはそれを変えます

7月7日 メインネットが立ち上がったらどこで確認するのか?

ネットワークはまだ開始されていませんが、開始されるとこのSongbirdようなブロックエクスプローラーが表示されるようになります。

https://songbird-explorer.flare.network

7月4日 f-assetsや鋳造など、どこで行うのでしょうか?

f-assetsや鋳造など、どこで行うのでしょうか?

>>

詳細はfassetsのローンチが近づくと発表されるでしょう。

しかし、私は、鋳造の選択肢の1つは、bifrostwalletによるものだと信じています。

7月4日 ネットワークが11日にローンチで、トークン配布が9月だとしたら、デリゲーションはどうなるのか?

ネットワークが11日にローンチで、トークン配布が9月だとしたら、デリゲーションはどうなるのか…。

>>

観測モード中のエンドユーザーには何もありません。
その間Flareは、FTSOが適切に機能するよう、データプロバイダーに委任する予定です。

7月4日 フレアのガス料金は一定でしょうか?

フレアネットワークのガス料金は、ethのようなネットワークアクティビティによって増加するのか、それともsgb/flr値で一定のガス料金なのか?

>>

Flareのガス料金は、EthereumのLondon Hardfork(※EIP-1559)と同様です。

※ロンドン(EIP-1559)は、ネットワークの拡張性を高め、取引手数料を安定。

イーサリアムを取引上の「高速道路」と考えると、効果的にいくつかの車線を追加して、交通量を減らし、料金を標準化。

7月2日 フレアはいつから取引所で買えるようになるのですか?

フレアはいつから取引所で買えるようになるのですか?

>>

各取引所がFLRを上場するのは、配布後しばらくしてからです。

観察期間終了後となります。

なお、上場日については、弊社ではコントロールできません。

ただし、一部の取引所ではFlareのサポートが早いようです。

>>

つまり、観測期間中は取引所もFlareの売買に応じることができるのでは?

>>

いや、誰もできない。

観測期間というのは、その名の通り、観測です。

内部取引も行われ、すべてロールバックされる可能性があるので、取引は絶対にできません。

7月2日 flareのデリゲート報酬はsongbirdより%が高いのでしょうか?

flareのデリゲート報酬はsongbirdより%が高いのでしょうか?

金額は忘れましたが、songbirdは週2%だったと思います。flareは4-5%だと聞いています。

>>

Flare mateのコミュニティ・デリゲーションが始まるまでわからない。

参加費は大きな要因です。

Reward Rate - Songbird Data - Jeen Lolkema
Dive into the Reward Rate of the top STSO's in different Epochs. Giving you more insight in how different STSO's performed throughout time.

上記より引用

7月1日 ガバナンス投票については、どうやって行うのですか?

ネットワーク上のガバナンス投票については、どうやって行いますか?

>>

ガバナンスは、ブロックエクスプローラーを介して実行できます

6月30日 サポートウォレットのリンクは現在も有効ですか?

https://ja.flare.xyz/wallets/

上記のリンクは現在も有効ですか?

>>

はい、それは有効です-12.12.20のスナップショットにユーザーが参加するために使用したウォレットのリスト。

FASSETの鋳造、メインネットをサポートするウォレットなどに関する詳細は、今後提供される予定です。

6月30日 Flareはブロックチェーンなのか、それともERC20トークンなのか?

Flareはブロックチェーンなのか、それともERC20トークンなのか?

>>

Flareは独自のレイヤー1スマートコントラクト対応ブロックチェーンです。

FLRはFlareのネイティブアセットですが、ERC20ではありません。ただし、FlareとSongbirdの両方ですべてのERC20標準がサポートされています。

6月29日 SGBを直接FLRに交換するためのスワッピングプラットフォームは用意されるのでしょうか?

SGBを直接FLRに交換するためのスワッピングプラットフォームは用意されるのでしょうか(※その他あたりは…?)

>>

その可能性は高いが、これはサードパーティが提供するものであるため

私は知りません。

Flr FinanceやOracle Swapは、FLRが利用できるようになれば、そのペアが含まれるかもしれません。

6月29日 なぜs-assetsは遅れているのでしょうか?

なぜs-assetsは遅れているのでしょうか?

f-assetsのテストはどのように行うのですか?

>>

現在、Flare Networkの立ち上げ(2022年7月11日目標)が優先されています。

S-AssetsはSongbird Networkで後ほどテストされます。テストが成功したら、FlareネットワークにF-Assetsを配備します。

それがSongbirdとしてのカナリアネットワークの目的です。

6月29日 FTSOのデリゲートが可能になるのはいつなのか?

Flare netwrokの開始日(7月11日)から8週間経過すると、FTSOのデリゲートが可能になるのでしょうか。

>>

はい、参加者は最初のFLR公開配布イベントとほぼ同時にFlareでFTSOへの委任を開始できます

6月29日 Flare Networkはマルチチェーンウォレットを提供し、すべてのFアセットをそこに保存することができますか?

F-Assetが登場した場合について質問です。

Flare Networkはマルチチェーンウォレットを提供し、すべてのアセットをそこに保存することができますか?

>>

Bifrostはマルチチェーンウォレットで、Fアセットに対応する予定です👍🏼

6月28日 仮に9月に15%がエアドロップされた場合、毎月のエアドロップは10月から開始されますか?

仮に9月に15%がエアドロップされた場合、毎月のエアドロップは10月から開始されますか?

>>

トークンの仕様に関するガバナンスの投票が完了した後、段階的なドロップが開始されます

残りの配布は、Flareのロールアウト文書でFL02として言及されている、配布の実施方法に関するガバナンス投票後に開始される予定です。

ガバナンスの提案は、メインネット創世記の前か、それ以前に公開される予定です。

投票は、初期配布分の75%以上が投票可能であるか、公開トークン配布から6ヶ月が経過した時点の早い方でFlare上で行われます

FL02:トークン配布に関するガバナンスの最新情報。チームはトークン配布に関するガバナンスの提案に取り組んできました。この提案は3つのことを実現しようとするものです。

1) 取引所が将来のトークン分配を受け継げないリスクを取り除く。

2) ネットワークに参加するインセンティブを大幅に増加させる。

3) トークンの割り当てを請求してシステムから引き出すまで、大多数の受給者が課税対象イベントの発生を回避できるような、ポジティブな税務上の意味を提供する。

これにより、受給者はいつ課税イベントを発生させたいかについて自律性を持つことができます。

6月26日 ネットワークが立ち上がってから8週間後にエアドロップが届くということですか?

ネットワークが立ち上がってから8週間後にエアドロップが届くということですか?

>>
最低でも8週間です。

バリデーターへの電源供給時間など、変動要因によります。

また、観測には、ブロックへのロールバックも含まれる場合があります。

6月26日 どのようにして他のコインがS資産としてリストアップされるのですか?

どのようにして他のコインがS資産としてリストアップされるのですか?

どのコインが投票にかけられるかは誰が決めるのですか?

また、どの通貨が投票にかけられるかの基準は何ですか?

>>

コミュニティによるガバナンスの提案で決めます。

ありません。

どんな資産でも、ガバナンスとコミュニティのサポートによってFlare/Songbirdと統合することができます。

6月25日 SGBトークンの使い道は何ですか?

SGBトークンの使い道は何ですか?

>>

基本的に、SongbirdトークンはFlare上でガバナンスの質問をするために使用することができます。

例えば、Flare上の新しい資産やブリッジに投票するなど。

Songbirdでは、次のようなことにも使用されます。
取引手数料に。
s-assetシステムにおける担保として。
SongbirdでNFTを鋳造するため。
ネットワークのセキュリティのため。

6月25日 10%のインフレとはどういう意味ですか?

10%のインフレとはどういう意味ですか?

>>

最初の1年間は、トークンの供給量が10%増加します。

これは、FTSOシステムのバリデーターをいち早く利用したユーザーに、報酬という形でインセンティブを与えるために使われます。

これは、ガバナンスによって減らすことができます。

現在、5%に減らす案が検討されています。

6月25日 観測モードのとき、どのユーザーもFLRを持っていません。観測モード時にFlareNetworkがFTSOに委譲しようとしても、誰がFLRを委譲するのか?

観測モードのとき、どのユーザーもFLRを持っていません。
観測モード時にFlareNetworkがFTSOに委譲しようとしても、誰がFLRを委譲するのか?

>>

観測モードの間、一般ユーザーはトークンにアクセスすることができません。

私たち(Flare)は、その期間中に検証制御をFTSOに引き継ぐときに、内部的にFTSOに委任することになります。

6月25日 スパークトークン(FLR)の公平なエアドロップについて

もう一つ言っておかなければならないのは、ほとんどの取引所は、財団がコンセンサスの大部分を失うまでFlareに関わらないということです。

したがって、ローンチしてから多くの人がトークンを受け取るまで長い待ち時間が発生します。

この方法であれば、より多くの人がほぼ同時にトークンを手にすることができるため、取引所も参加しやすく、より公平になります。

6月24日 デリゲート報酬はエアドロップのあとすぐにできるのか?それとも遅れるのか?

デリゲート報酬はエアドロップのあとすぐにできるのか?それとも遅れるのか?

>>

FTSOの委任は、最初のエアドロップがコミュニティに配布された時点で行われると思っています。

受け取った人が少ない状態で委任を開始するのは不公平なように思うからです。

しかし、これは確認が必要です。

ですから、flareチームが更新のアナウンスをするまで待つ必要がありますね。

6月23日 エアドロップを正しいウォレットに登録したかどうか確認するにはどうしたらいいのでしょうか?

エアドロップを正しいウォレットに登録したかどうか確認するにはどうしたらいいのでしょうか?メタマスク、MEW、BiFrostのいずれかに設定したつもりです。

>>

EthまたはXRPのアドレスを使って、このツールで確認してください。

https://spark.towolabs.com

※取引所の場合、正確ではないとのこと。

公開されている XRP または FLR のアドレスを https://spark.towolabs.com に入力することで、Spark (FLR) の請求をダブルチェックすることができるようになりました。このツールは、非保護ウォレットユーザー(Xumm、Ledger、…)および取引所運営者向けです。このツールは、取引所ユーザー(Binance、Bitstamp、…)向けではありません✨。

6月23日 UpholdがFLRのエアドロップサポートを発表

Uphold は常に #XRPC コミュニティをサポートしてきましたので、新登場の #FlareAirdrop 🪂をサポートするのは当然のことです。

詳細は近日公開予定です👀。

6月22日 監査報告書を公に共有しますか?

監査報告書を公に共有しますか?

>>

はい

6月21日 FLRで得られる受動的な収入について

FLRで得られる受動的な収入について何か手がかりがあれば教えてください。

>>

ユーザーは、SGB同様FlareでもFLRを委任できます

6月20日 State Connectorシステムは、外部ブロックチェーンとweb2データを検証することが可能

もし、不動産の土地がnftとして表現され、または証書がブロックチェーン上にあった場合、レイヤーケーキを使用したweb2はftsoが、不動産価格を追跡するために使用することができますか?

>>

State Connectorシステムは、Flare上のコンセンサスを使用して、外部ブロックチェーンとweb2データを検証することができます。

これは、あなたがあげた例のように、不動産価格のサイトやデータベースへのAPIを含む可能性がある

6月19日 Flare Tokenもデリゲートできるようになりますよね?

Songbird NetworkやSGB Tokenと全く同じように、Flare Tokenもデリゲートできるようになりますよね?

>>

はい、FLRの分配が始まると

6月19日 FLRの配布はいつから開始してどれくらいかかりますか?

FLRの配布はいつから開始してどれくらいかかりますか?

>>

メインネットの立ち上げ後、しばらくして配布を開始する予定です。

6月末までに、配布開始時期に関する追加情報を公開する予定です。

トークン生成イベントを開始すると、それほど時間はかかりません。

しかし、それはメインネットの立ち上げと同じ日には起こりません。

これに関する追加情報は、今後数週間で公開されます

6月17日 エージェントはFLRだけでなくXRPも必要なのか?

エージェントはFLRだけでなくXRPも必要なのでしょうか?

>>

初期のF-Asset(a)ローンチでは、エージェント/セルフミンターは両方を担保として保有することが求められます…が、特にFLR担保残高の監視も必要となります。

6月16日 fアセットの作成にはどのようなリスクが伴いますか?

fアセットの作成にはどのようなリスクが伴いますか?

>>

FXRPを保有し、FLRで日々のF-Assetの報酬を得ているだけであれば、清算のリスクは全くありません。

Flare FinanceのようにFlareの上に構築された他のDeFiアプリケーションでFXRPを使用する場合は、はい、リスクがあるかもしれません。

非常に低い可能性ですが、他に起こりうる唯一の問題は、FXRPをXRPに戻したいときに償還に失敗することです。

償還に失敗した場合、償還者はXRPではなくFLRのポジションの全価値(プラスアルファ)を全額償還されます。

前述のように、償還に失敗することは稀です。このような場合、エージェントは大きなペナルティを受けるからです。

エージェントは、それによって、ネットワーク上で責任ある行為者となるインセンティブを与えられます。

6月16日 FassetとFLRの担保はどのように管理する?

担保をどのように管理するか、メインアセットを追加するかFLRを追加するか?

>>

自己資金でF-Assetのポジションを一部解消したり、FLRの担保を追加して担保割れを解消することができる。

6月16日 Fassetは原資産に交換できるのか?

XRPを供給した人は、XRPを取り戻せるのでしょうか?それともやはりF資産なのでしょうか?

>>

ユーザーがF-Assetを保有している場合、価格に関係なく、いつでも1:1で原資産に引き換えることができます。

6月16日 相場変動によりFアセットとFLRの担保比率が変動した場合どうなる?

自己鋳造中に価格が変動したために担保比率が不足した場合はどうなりますか?

>>

初期担保比率は公表されていませんが、f-assetの値の2.5倍より低くなります。

これに続いて、f-asset Bのローンチにより、担保比率は値の2.5倍になります。

これは、ガバナンスを通じて変更できます。

エージェントが担保比率を超えて担保を維持できず、その後、担保が担保コールバンド内(<= 2.45〜 <2.5)にあるときに担保を追加できない場合、システムはエージェントの担保を使用してエージェントの発行したFXRPを買い取ります。

6月16日 f-assetの自己鋳造(セルフミント)について

エージェントを通じてのf資産の鋳造の前に、自己鋳造のf資産が利用できるようになるのでしょうか?

>>

f-asset A起動は、f-asset起動の最初の段階です。

これはセルフミントに使用されるバージョンである可能性が高いので、f-assetシステムのローンチ時にはセルフミントのオプションが利用できるはずです。

詳細については、発売前に公開される予定です。

6月15日 投票はいつからできるのか?

投票はどうすればできますか?

>>

投票は3ヶ月後か、75%の保有者がFLRの最初の配布で投票できるようになった時点で行われます。どちらか早い方です。

6月15日 Flareの550億FLRはどうなる?

1点目 – Flareは1000億トークンを作成しました。

2点目:エアドロップは450億XRPに

3点目:エアドロップ450億のうち、フレアは15%しか分配しない。

残りの300億は、毎月3%の分配のために保留される。

4点目 – Flareで550億トークンとなった。

問題は、Flareが550億トークンを固定するか、市場に投棄するかだ。

>>

簡単な答えは「はい」です。Flareのトークンは、エアドロップと一緒にロックを解除するようなエスクローになります。

6月15日 1000億FLRの配分の内訳

1000億FLRの配分の内訳はどうなっているのでしょうか?

>>

450億FLRは請求可能

フレア・ネットワークス社に250億FLR

フレア財団に200億FLR

ライトコイン報酬プールへ50億FLR

一般報酬プールへ50億FLR

**未請求の自己管理FLRは、一般リワードプールに追加されます

6月15日 Fassetの報酬プールの大きさ

f-assetの報酬プールの大きさはどうなんでしょう。200億以上でしょうか?

>>

一般報酬プールとLTC報酬プールがあります。

一般プールは50億FLR+未請求のセルフカストディFLR額

LTCプールは50億FLR

6月14日 Fassetの支払い頻度

Fアセットはどれくらいの頻度で支払われるのでしょうか。

>>

FTSOの報酬請求と同様の頻度である可能性が高い

6月13日Bifrostについて

Bifrostはフレアネットワークですか?

>>

BifrostはSongbirdとFlareに対応したネイティブなウォレットです。

6月13日FLRのバーンについて

FLRは燃やすことは可能ですか?

>>

SGBとFLRは両方とも、ネットワーク上の取引手数料で燃やされます

6月13日SGBは将来的にFLRに交換できるようになるのか?

将来、ソングバードトークンをフレアネットワークに交換できますか?

>>

SGBとWSGBをフレアにブリッジするオプションとその逆のオプションは理論的には可能です。

これはすべてガバナンスの一部です。

6月13日Fアセットは流動性提供と同じなのか?

つまり、1:2,5でF Assetsを追加するのですか?LPを追加するのと同じようなプロセスです。

ただ、その資産が安全か、担保を失う可能性があるのかを知りたいだけです。

>>

F Assetsプロトコルは、Defiの流動性プールとは異なります。

もしあなたが担保(sgbやfr)を提供するエージェントであれば、それを維持する必要があります。

もし担保を維持できなければ、ペナルティを受ける可能性があります。

F Assetsプロトコルの詳細については、時期が来ればお知らせします。

6月11日Sアセットで先に開始されないのか?

Songbirdがカナリアネットワークの場合、FlareNetworkの立ち上げに備えて、LTC、XLM、DOGE、XRP、ALGO、BTCなどがこのネットワークを使用しないのはなぜですか?

>>

おそらく。

SongbirdをFlareNetworkの下院にするというガバナンスの提案があるはずで、FlareNetworkのガバナンスの決定のためにSGBがステークされなければならなくなることを意味します。

しかし、人々はS-Assetを保有することで、F-Assetを保有する場合のような報酬は得られないでしょう。

6月10日 ライトコイン、ステラルーメンへの配布は?フレアのトランザクション能力、監査状況について

ライトコイン、ステラルーメン保有者へのスパークトークンの配布に関してはどちらかに記載はありますでしょうか?

>>

XLMやLTCの保有者にはエアドロップはない。

今年末にFlareでF-Assetプロトコルが稼動した後、それらのコインのFlareバージョンを鋳造/保有するための参加型報酬のみ。

1秒当たりのフレアのトランザクションは?

>>

4500TPS以上です

実際の発売時期については確定しているのでしょうか?

>>

TrailofBits監査はまだ進行中です

トークンの配布は、起動時に15%、その後3%のままですか?

>>

はい

6月9日 Bitrueでの配布、メインネットローンチ日、FLR担保率について

bitrueでの配布はどうなりますか?

>>

FLR IOUを保有している場合、メインネットローンチ後、分配が始まると完全に1対1でスワップされます。

スナップショット時にBitrueでXRPを保有していた場合、毎月3%の時差式FLR分配が適用されます。

フレアはいつローンチするの?

>>

監査の終了は6月中旬に予定されており、すべてが順調であれば、FlareNetworkは7月4日に開始されます。

基本的に、1000ドルのFXRPを作成したい場合、私自身、2500ドルのflrを作成する必要がありますか?そして、その変換には手数料はかかりませんか?

>>

はい、XRPの1,000ドルとFLR担保の両方を用意する必要があります(担保比率は2.5倍未満になる可能性があります)。

これには手数料はかかりません、正しい

6月8日 セルフミントについて

セルフミントオプションとは正確には何ですか?

>>

ユーザーが原資産と必要なFLR担保の両方を提供し、F-Assetを鋳造/保有すること。

セルフマイニングの利点は、手数料がかからないことです。👊🏻

しかし、ユーザーは自身の担保残高を監視する必要があり、担保違反の場合はペナルティーが課せられます。

6月7日 FLRのコントラクト番号とFXRPセルフミントについて

トークンをメタマスクに追加するためのコントラクト番号は?

>>

チェーンIDなどは発売間近に提供されます

質問です。もし私たちがfxrpをセルフミントして、自分たちで担保を提供するとしたら、flrの担保はロックされているか何かだと想像しています。ロックされたflrでも報酬を受け取ることができるのでしょうか?

>>

FXRPを保有することで毎日FLR利回りを受け取ることができ、FLR担保をFlare上のデータプロバイダーに同時に委任することで追加のFLR利回りを受け取ることができます。

6月6日 FアセットとSアセットについて

ソングバードのFアセットが最初で、次はフレアネットワークになりますか?

>>

F-Assetプロトコルは、Flareに展開する前に、まずSongbirdでテストされます…はい。

どちらにも時間枠はありません。

Sアセットが起動されますか?または、Fアセットのみが起動されましたか?

>>

Songbirdネットワーク上のF-Assetsは、監査が終了すると実装されます。監査結果の発表は、監査が終了すると、今月中に行われます。

6月5日 メタマスクについてと今後のSGBデリゲート報酬

sgbを要求するには、mewウォレットキーをメタマスクにインポートする必要がありました。フレアエアドロップ時に、キーをMEWからメタマスクに再度インポートする必要がありますか?

>>

いいえ、何もインポートする必要はありません。同じキーがFLRとSGBの両方、さらにはETHにも使用されます。

FLR配布後も、SGB委任報酬を引き続き受け取りますか?

>>

もちろん。

SongbirdとFlareは、それぞれ独自のレイヤー1メインネットとして共存します。

6月4日 レイヤーケーキの現状

Hugoは、上位100のブロックチェーンでLayer Cakeスマートコントラクトを構築するのにかかる時間の見積もりを提供したことがありますか?

各レイヤーケーキ契約のテストまたは監査が必要ですか?

それほど時間はかからないと思いますが、私は開発者ではありません。

>>

良い質問。

LayerCakeはまだ開発中であり、準備ができたらコードを監査する必要があります。

LayerCake WPはまだ完成中です。

今後数か月のうちに、その進捗状況に関する最新情報を確実に提供します。

6月3日 FLRの取得方法と手数料

私の無知をお詫びします。私のソングバードが私のBifrostにエアドロップされた場合、私のFLR / SPRKが私のBifrostウォレットにもエアドロップされると思いますか?

>>

はい、メッセージキーとして使用したのと同じETHスタイルのアドレスに送信します。

これをBifrostにインポートすると、FLRの準備が整います。

スパークトークンを保管していて、スパークトークンを販売したいとします。

イーサリアムガス料金を支払う必要がありますか?

>>

いいえ。FlareはEVMを使用しますが、Sparkは独自のネットワーク上にあり、ステーキングを使用しないため、料金が削減されます。

取引手数料は通常約0.003SGBです。

マニュアル

仮想通貨で2万円の元手に10カ月で500倍の1000万円突破!

現在、専門知識経験不要の不労所得STARシステムを開発し、月利20%以上で資産爆増中。

①0から30万円稼ぐ秘密の裏技
②爆発的に増やす自動売買システム
③500倍に資産を増やしたメソッド

やっさんLINE公式アカウント登録者に全て無料プレゼント中!

やっさん公式ブログ
タイトルとURLをコピーしました