1時間で30万円稼ぐ資産構築法プレゼント中!

フレアネットワークスCEOが対談!スパークトークンはどうなる?

フレアネットワークとは何なのか?

フレアネットワークとは何か?

>>

フレアには2つのコアプロトコルがネットワークに直接統合されています。

FTSOと呼ばれるカナリアネットソングバードで使用している価格オラクルです。

現在は非常に分散化されており、データプロバイダーの数は約100ほどあります。

もう1つはステートコネクタです。

これはブロックチェーンが別のブロックチェーンの状態、または別のシステムの状態を理解するための最も早くて安全な方法です。

例えば、ウェブAPI、ネットワークの外部からの価格だけでなく、他のブロックチェーンに何が起こったのか理解することができます。

これはスマートコントラクトがフレアに基づいて構築されることを可能にします。

ブリッジングとFアセット。

あなたはすでに知っているかもしれません。

ビットコイン、ライトコイン、ドージコイン、XRP、ステラなどの非スマートコントラクトプラットフォームトークン用の準合成ブリッジプロトコルであるものをFアセットと呼ばれ、ブリッジプロトコルは、スマートコントラクトベースのアセット用のレイヤーケーキと呼ばれます。

代替え可能でないトークンとレイヤーケーキは、フレアを利用して業界全体の多国間ブリッジソリューションを作成します。

これにより、他のスマートコントラクトチェーンからのスマートコントラクトの変更を他のチェーンへの変更からブリッジできます。

フレアネットワークとソングバードネットワークがあります。

ステートコネクタが行っていることは各チェーンで発生したイベントを取得して各チェーンで確認ができるため、フレアでソングバードで発生したイベントをソングバードでフレアで発生したイベントを確認できます。

これにより両方でこれらの2つのネットワーク間の相互運用性を実現するための非常に堅牢で安全な方法が提供できます。

つまりフレアのアプリケーションはソングバードからの情報を使用することができます。

ソングバードの将来はどうなるのか?

カナリアネットワークの仕組みは天才的だと思いました。

ソングバードの将来はどうなりますか?

>>

FTSOについて多くのことを学びました。

FTSOが何か知らない人のために、2021年9月から公開されているオラクルのフレア時系列です。

コミュニティの関与、報酬、価格の質などについて学びました。

ありがたいことに、価格の質は他のオラクルと比較して非常に優れていて私たちに刺激を与えています。

チームとして、私たちは将来のある時点でFTSOのアップデートを発表します。

現在も非常にうまく機能しています。

ソングバードの最初の長期的なポイントは、人々にテストするネットワークを提供するだけでなく、人々がフレアが理解できなくなることなく学ぶことができるようにプロトコルと統合するネットワークを提供することでした。

それからアップグレードするために変更を加えたと仮定した場合ソングバードで変更をテストします。

つまり、ソングバードは私たちのプロトコルの長期的なテストネットです。

次に、ソングバードをコミュニティガバナンスの開始にしたいとコミュニティに何度か言及したと思います。

その考え方については、すぐに提案をリリースする予定です。

ローンチの真っ最中でブロックチェーンを使用しているので、どれくらいになるかは分かりませんが、私が知ってもらいたいのはフレアでガバナンスの変更を行う可能性があるということです。

ポートが支払う報酬の金額を変更したい、またはこのアセットをFアセットとして追加したい、

またはこの特定のチェーンをレイヤーケーキチェーンとして追加したいなど

ソングバードのガバナンスの役割について考えれる方法はたくさんあります。

時間があるときに提案を出します。

それをクリーンアップして、人々の考えに適しているかをよく確認します。

トークン監査は終了したと思いますが、多くの人は現在何が起こっているのか理解できていないと思います。

7月4日のトークン配布の公式監査が終わったと思うのですが、多くの人は現在何が起こっているのか理解できていないと思います。

>>

ネットワーク監査に合格したので、トークンの配布方法を編集しました。

安全にそれらをネットワークに配置するために。

これは非常に長い間行われるトークンでありかなり大規模の配布になることを忘れないでください。

私たちは少数の人々に配布しているだけではありません。

ソングバードウォレット自体35万のアドレスがあります。

それらのアドレスの100以上が取引所に属しており、これらの取引所の背後に何人の人がいるかは分かりません。

推定はできます。

おそらく10~20万人の非自己管理者がいるので35万のアドレスなので、おそらく350~700万のトークン所有者が発生すると思います。

これは潜在的に非常に大きな配布になる可能性がありますので、エラーやトラブルが起こらないように私たちは慎重になっています。

4日に開始し、金曜日に終了するように監査人に配布コードを送信しました。

11日からメインネット起動できるように指定したのは、つまりそのレポートの結果が何であるかを11日に知る必要があったからです。

観察期間とは正確には何を意味するのですか?

観察期間とは正確には何を意味するのですか?

>>

FTSOデータプロバイダーが検証を引き継ぎます。

FTSOデータプロバイダーがチェーンに参加してデータの提供を開始し、そのデータを使用してネットワーク内のデータプロバイダーにパワーを与えることができる期間が必要なのです。

フレアファンデーションのバリデーターを減らして、彼らが本質的に力を得ます。

トークン配布は非常に大規模になります。

トークンが公に配布され、取引所に上場できるように分散ネットワークによって配布が行われるようにしたいのです。

私たちのネットワークの運用方法は、バリデータがFTSOからのものであるため、FTSOがバリデータを実行する権利を持ち、彼らのデリゲートと彼らの価格のパフォーマンスの両方に彼らがどのくらいの頻度で報酬を受け取れるのか、それはバリデーターのパワーに関連しています。

そして私たちはFTSOに基づいてFTSOからいくつかのデータを取得するためにこの期間が必要なのです。

すべてのバリデーターを実行する基盤から始まり、観察中に私たちは、検証者を実行して財団から、ネットワークが運営されなくなった時点で、財団を運営しているFTSOに移動します。

これで観測期間から抜け出し、公開配布を行うことができます。

検証ツールに問題が発生した場合にメインネットワーク全体が停止する可能性があるため、配布の時点でメインネット自体がネットワークを制御することを望まなかったことを人々に理解してほしいです。

分散型ネットワークの全体的なポイントは、検証を分散しているため、堅牢で安全であるということです。

分散型ネットワークを利用する非常に大きなポイントです。

セキュリティの問題についてはどうですか?

分散化の問題を解決し、潜在的にも解決したように感じますが、セキュリティの問題については?

>>

2020年にホワイトペーパーを公開しました。ホワイトペーパーを公開したとき私たちは非常に単純なプロジェクトでした。

それはスマートでないコントラクトにスマートなコントラクトのプラットフォームを提供しようとしただけでした。

私たちはそのビジョンを劇的に拡張しました。

不可能性を橋渡しし、ウェブ2.0をウェブ3.0の構成可能性に中継して、次にマルチのコンステレーションを中継する4つの柱を知っています。

大規模なエンジニアプロジェクトになり、より多くの監査を行う必要があり時間がかかりました。

今からもう一度監査をスケジュールするのであればおそらく約9カ月から10カ月で足りるでしょう。

私たちは本当に安全を優先します。

信頼性を他の何よりも優先します。

それが私たちのモットーです。

配布の日付を発表しましたが、されは最良の概算です。

それによって人々がイライラする可能性はありますが、私たちは常に私たちが考えることを見ます。

弱気市場にフレアのローンチは影響を受けますか?

弱気市場にフレアのローンチは影響を受けますか?

>>

コミュニティにとっては本当に大きな質問ですが、私たちのチームの観点から言えば、私たちは長期的なので気にしません。

私たちは非常に長い間取り組んできました。

私たちは私たちが本当に好きです。

プロジェクトがコミュニティのために非常に成功することを望んでいることは明らかです。

問題は全ての人にとって暗号のより良い経験を生み出し、したがって暗号の使用を拡大します。

ローンチした後価格が大幅に下がった場合に、人々はイライラすると言うと思いますが、それは現実的ではありません。

私たちが提供しているユーティリティに基づいてフレアのユーティリティがあります。

そこから構築できる製品に基づいて、これらの相互運用性品を構築できるのは私たちだけではないことを忘れないでください。

リレーなどのレイヤーケーキなどの独自のアイデアがありますが、誰でもフレアを使用して外部システムを参照するものを構築することができるため、私たちの仕事の一部はその方法を人々に教えて、その方法を教育することになるでしょう。

取引所についての配布はどうですか?

取引所についての配布はどうですか?

>>

ありがたいことに、最大の取引所はおそらく大丈夫でしょう。

私たちが配布している間、それらのほとんどは次の数か月間で大丈夫になるでしょう。

今はトークンの配布方法を変更してFTSOを介して配布されるようにするガバナンスの提案を提出しているのです。

最初の15%。そのあとの残りの配布です。

FTSOを通じて配布されるため、ガバナンスの提案はすぐに発表されます。

その提案の背後にある核のアイデアの1つは、3年以上にわたって毎月取引所に直接配布する必要がないことを意味します。

最初の配布までに取引所が破産していないのを願っています。

FTSOで取引所に直接配布することで、その後安全なトークンを取得し、安全な取引所からトークンを取得してデリゲートできます。

取引所が破産することからのリスクも取り除きます。

それが採用されることを願っています。それはすぐに発表されます。

マニュアル

仮想通貨で2万円の元手に10カ月で500倍の1000万円突破!

月利20%以上で資産爆増中。

✅本当は教えたくない「ハイブリット資産運用術」
✅投資経験ゼロでも毎月10万円目指せる投資手法を限定公開
✅YouTubeでは言えない仮想通貨の裏情報

特に初心者だけど投資で毎月安定して「10万円目指したい」って人にはかなり有益な情報になると思いますので今後の配信をお見逃しなく!!まずはこちらをご覧くださいね!

やっさん公式ブログ
タイトルとURLをコピーしました