【仮想通貨】ソフトバンクの孫正義氏が暗号通貨の未来に言及!最新

こんにちは!

やっさんです。

6月20日の株式総会で

ソフトバンクの孫正義氏

がブロックチェーン技術について

と仮想通貨について言及されました。

「ブロックチェーンを使った

様々な暗号通貨や情報のやりとりは

重要な基幹技術として認識している。

われわれのグループの会社が

続々と(サービスを準備し)

開始している」

と発言。

ソフトバングは先日アメリカの企業の

クラウドマインズ社とともに、

「ブロックチェーンを用いた認証システム」

に取り組むなど、発言通りブロックチェーン技術を積極的

に利用していることがわかります。

また、次のようにも言及されています。

「ただ、

現在世の中にある暗号通貨は、

実態的価値よりも、

投機的価値が先行しているものが

多数ある。

それぞれの暗号通貨の

善しあしを付けるのは、

難しいが、技術そのものは

始まったばかり。

さまざまな形で進展すると思うし、

グループの会社で使っていく」

仮想通貨は、

開発がまだ始まっていない段階で

時価総額が大きくなっている

場合もあるため

「仮想通貨はまだこれからだ」

と一部では囁かれていますが、

孫氏も同意見であることが、

この発言から伺えます。

世界の孫正義氏が、

ブロックチェーン技術の未来に

確信を持っていることは、大変心強い

ですね!

孫正義氏が開発している

ブロックチェーン認証技術とは??

クラウドマインズ社の

「ブロックチェーンベースの

認証ソリューション」と

「モバイルキャリア認証の

プラットフォーム」

をかけ合わせたものです。

それは、モバイルデバイスの識別子(固有のID)

と所有者情報をブロックチェーン上の

IDに関連付けることによって、ユーザーは

IDやパスワードを入力することなく

様々なインターネットサービスにログインすること

ができるようになります。

今回開発された認証システムには、クラウドマインズ社

のCMPC技術が採用されており、

このCMPCという技術のコンセンサス方式として

LPOWという方式が使用されてます。

ソフトバンクがこの方式を採用したのは、

膨大な計算能力を必要とせずに

「51%攻撃」を防ぐためとされています。

また、SDPプロトコルを採用しており、

この技術により高セキュリティーな

ID管理基盤を提供することが

できると述べています。

ソフトバンクはID認証システムだけでなく

ブロックチェーン技術を活用した

国際送金や決済のシステムを作っていたり

自動車業向けの融資システムを

ブロックチェーンで開発するドイツの会社

に出資していたりします。

今、相場が低迷していますが、

こういった情報を入手していけば

仮想通貨の未来が明るいと容易に

理解することができますね。

日本人は悪い情報に影響されがち

ですが、たまには良い情報に目を

向けてみてはどうでしょうか?

本日は以上になります。

【アイトレ】暗号通貨投資コミュニティ

~あなたの人生を劇的に変えてしまう最強の投資手法~

あなたの所持金を 数倍、数十倍と
爆発的に増やしませんか?

たった3ヶ月で、1億超を現実に稼いだ
阿部悠人さんがコミュニティを開設しました!

僕自身もこちらに参加しております^^

アイトレ体験版はこちらをクリックすると詳細が見れます↓

 

★LINE友達追加プレゼント企画★


初心者でも1000万円以上になれる 暗号通貨有料セミナー動画プレゼント中です。

さらに、

「実際に1000万達成した8銘柄」もこっそり教えます♪

プレゼントの受け取り方は簡単。
僕のLINE@に登録するだけで、 ”完全無料”でプレゼントいたします。

さらにさらに、、、

これだけではありません!

セミナーの感想を頂けた方には、

2018年爆上げ予想3銘柄リスト”


も すべてプレゼントしちゃいます! 感想もお待ちしてますね!
LINE友達登録は画像を↓クリック↓

LINEat_logotype-480×300
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。