【仮想通貨】リップル証券化に伴うロゴ変更とブロックチェーンについて

こんにちは!

やっさんです。

さて、今回はリップルの証券化に伴う

ロゴ変更とパブリックブロックチェーン

とプライベートブロックチェーンについて

解説していきたいと思います。

ついにリップルのXRPの新ロゴが

決定しました。

こちらです↓

まずロゴ変更の目的のひとつに

最近騒がれていたリップルの証券化

問題に対して、リップル社とXRP

は別のものだとする主張意味が

あるようですね。

そして、xというのは数学的に

相乗効果を意味していて、

XRPとリップル社が開発した

分散型台帳のXRPレジャーが

相乗効果をはっきしてビジネスを

進展させていきたいという意味もあるようです。

また、チームリップルは

「このシンボルに対して誰も法的な権利を

所有していない」

と言っていて、

「シンプルなデザインは誰でも再現できる

意味がある」

とまさにリップルが誰でも扱えると例えて

言っているかのようです。

リップルのCEOは「法律に違反、対立するのではなく

共存してやっていきたい」

と言っているので僕個人的には

好感を持っていて頑張ってもらいたいですね!

そして、パブリックチェーンと

プライベートブロックチェーン

についてです。

パブリックブロックチェーンとは、

ビットコインやイーサリアムなどで

ブロックを生成しそこに改ざんされない

データを記録して、誰でも利用できる

特徴があります。

プライベートブロックチェーンは、

閉ざされたグループで利用できるもの

で誰でも利用することはできません。

内容はブロックチェーンを利用して

います。

このどちらかを国家が規制していくかに

よって今後の世の中が大きく分かれます。

パブリックブロックチェーンを

採用した場合、今までの大企業には

あまり意味がなくなってくるので、

分散化され、1個人が力を持っていく

時代になり、仕事もプロジェクトごとに

メンバーが集うようになるので、自由度

が大きくなります。

反対にプライベートブロックチェーンを

利用した場合、コストの削減や簡単な

事務作業などがブロックチェーンにとって

変わるので良い面がある反面、またコスト

をかけられる大企業が中央集権をにぎり、

より独占市場を強固のものとすることでしょう。

個人的にはパブリックブロックチェーンが

採用されればと良いと思っております。

本日は以上になります。

【アイトレ】暗号通貨投資コミュニティ

~あなたの人生を劇的に変えてしまう最強の投資手法~

あなたの所持金を 数倍、数十倍と
爆発的に増やしませんか?

たった3ヶ月で、1億超を現実に稼いだ
阿部悠人さんがコミュニティを開設しました!

僕自身もこちらに参加しております^^

アイトレ体験版はこちらをクリックすると詳細が見れます↓

★LINE友達追加プレゼント企画★


初心者でも1000万円以上になれる 暗号通貨有料セミナー動画プレゼント中です。

さらに、

「実際に1000万達成した8銘柄」もこっそり教えます♪

プレゼントの受け取り方は簡単。
僕のLINE@に登録するだけで、 ”完全無料”でプレゼントいたします。

さらにさらに、、、

これだけではありません!

セミナーの感想を頂けた方には、

2018年爆上げ予想3銘柄リスト”


も すべてプレゼントしちゃいます! 感想もお待ちしてますね!
LINE友達登録は画像を↓クリック↓

LINEat_logotype-480×300
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。