1時間で30万円稼ぐ資産構築法プレゼント中!

フレアトークノミクス(FLRトークンの利用内訳)

元記事↓

フレアトークノミクス
トークンの大半は、直接的なトークン配布、ネットワーク・インセンティブ、Flare Foundationエコシステム・イニシアチブなどを通じて、コミュニティの所有となるよう運命づけられています。

2022年11月4日、ドバイ。

Flare mainnetは、公開されたトークン配布イベント(TDE)を控えています。このドキュメントでは、トークン配布とトークンエコノミクスの概要を説明します。

トークノミクスには、Flare Improvement Proposal 01 (FIP.01) が通過するかどうかに応じて、2つの可能なバージョンが存在します。

Flare の目的が XRP のみのスマートコントラクトレイヤーを提供することだった当時、異なった市場環境のために計画された当初の配布方法。

FIP.01の提案は、新しい市場環境と、開発者とユーザーに分散型相互運用性のためのシンプルで一貫したネットワークを提供するというFlareの大きなビジョンを考慮に入れています。

以下に、両バージョンのチャートと説明を掲載します。混乱を避けるため、FIP.01承認後のトークノミクスに関する図表は緑色の枠で、FIP.01否決に関する図表は赤色の枠で囲ってあります。

この文書では、それぞれを順番に説明しています。両バージョンの具体的な違いについては、FIP.01ブログの記事をご覧ください。

主な数値
詳細と権利確定情報は、さらに下の表にありますが、TL;DRで、知っておくべき最も重要な数値は以下の通りです。この数値は、配信可能な両方のバージョンで同じです。

最初の日にトークン総配布。
1,000億FLRトークン
コミュニティFLRの配布。
36ヶ月間で285億FLRがコミュニティメンバーに直接配布されます。

200億FLRは、Flareのクロスチェーンブリッジ(FAssetsとLayer Cake)を利用してFlareネットワークに価値をもたらすコミュニティメンバーに提供されます。

98億FLRは、Flare財団に割り当てられ、コミュニティとエコシステムの取り組みに使用されます。

合計583億FLR。
チーム、アドバイザー、出資者
57億FLRを早期投資家に提供し、6ヶ月目から権利確定。

既存および将来のチームメンバー、ならびにアドバイザーに135億FLRが割り当てられる。

チームは、最初の6ヶ月間はいかなるFLRも売却してはならず、最初の12ヶ月間は保有資産の10%以下、最初の18ヶ月間は保有資産の25%以下(最初の10%を含む)に制限されています。
合計192億FLR。
フレア事業体
125億FLRはFlare Networks Limitedに割り当てられ、Flareのネイティブ製品(Layer Cake bridges等)の開発を担当します。
100億FLRをFlare VCファンドに割り当て、有望なエコシステムのプロジェクトに投資する。
合計225億FLR。

概要

図表をご覧ください。 トークンの大半は、直接的なトークン配布、ネットワーク奨励金、またはFlare財団のエコシステム主導によるものなど、コミュニティ所有者に向かう予定になっています。これは、FIP.01が承認されるか拒否されるかによって影響を受けることはありません。

FlareはFlare Networkの取引用トークン
ネットワーク
:Flare
トークン名: Flare
ティッカー: FLR
発行元 :1,000億通貨
桁数: 18
発行日: 2022年7月14日
予想されるトークン配布イベント(TDE)。2023年1月9日までに

Flareトークン実用化
Flareは、すべてをつなぐために構築されたLayer-1ブロックチェーンです。

それを可能にする技術基盤を紹介します。

拡張性のあるEVMベースのスマートコントラクト
高度に分散化された価格配信
他のブロックチェーンからの安全なデータ取得
スマートコントラクトと非スマートコントラクトの資産の優れた連携。
安全なデータリレー
相互運用可能なマルチチェーンエコシステムによる全体的な拡張性。

Flare(FLR)はネットワークトークンであり、これらの各機能の支持を提供する予定です。

1.Flare Time Series Oracle(FTSO)への奨励的な委任により、信頼性の高い分散型価格データの提供をサポートします。

2.Flareの接続アプリケーションであるFAssetsとLayer Cakeの中で、それぞれエージェントと帯域幅プロバイダとして動作することによる担保。

3.データリレーを確保するための担保。

4.Flareブロックチェーン上に構築された第三者の分散型アプリケーション内の担保(クロスチェーンまたは単独ネイティブ)。

5.ネットワークガバナンスへの参加。

6.スパム攻撃を防止するための取引手数料。

定義

説明があります。

1.委任できる。Flare Time Series Oracleに委任することで、標準的なインフレ報酬を獲得できるトークン。

2.稼ぐことができる。委任の報酬として、配布されるトークンから利益を得ることができるトークン。これは、ガバナンス提案FIP.01がコミュニティによって可決された場合にのみ関連します。

3.投票できる。Flare改善提案に投票することで、ガバナンスに参加するために使用できるトークンです。

取引所によるトークン配布
どちらの配布方法の可能性においても、中央集権的な取引所は、FLR トークンを安全かつ効率的に顧客に提供する重要な役割を担っています。

Flareは、FLRの統合を支援するために取引所と連絡を取り、TDE日にできるだけ近い時期にFLRを配布する準備が整うよう確認を求めています。

更新された新しい配布方法の提案
これは、Flare Improvement Proposal 01 (FIP.01) がコミュニティガバナンスによって承認された場合の配布方法になります。変更の詳細については、FIP.01 ブログポストを参照してください。重要な点は以下の通りです。

28,524,921,372のFLRの公開配布は、2つの部分に分割される予定です。

最初の15%(4,278,738,206 FLR相当)は、12.12.20にXRPを保有していたウォレットに対してトークン配布イベント(TDE)中に配布されます。

その後、残りの85%にあたる24,246,183,166 FLRが、FLRをWFLRにラップしたトークン保有者に直接36ヶ月分ずつ分配されます。

毎月35回、全体の2.37%(676,040,637 FLR)が分配され、36ヶ月目に残りの2.05%(584,760,871 FLR)が最終分配される予定です。

年間のインフレ率は、TDE後の初期段階での過剰流動性を避けるため、総供給量ではなく、循環供給量に基づいて計算されます。

さらに、インフレ率は継続的に10%で推移するのではなく、1年目は10%、2年目は7%、3年目以降は5%になる予定です。

クロスチェーンインセンティブプールの支払い対象が、Flare上のすべてのクロスチェーン参加者(FAssetsだけでなくLayer Cakeも含む)に変更されます。

支給率は、120ヶ月に均等に分割されたものから、年間流通量の3%またはクロスチェーンインセンティブプールの残額の10%のいずれか低い方に調整されます。

これにより、参加者の増加に伴い支給額の均衡が保たれるとともに、支給額が高くなりすぎてプールが早く枯渇するのを防ぐことができます。

配布方法変更案の確定詳細

FIP.01がコミュニティによって承認された場合のトークン配布を視覚化したチャート

図表 Y1:トークン配布イベント(TDE)後、エアドロップの受領者が最大のトークン保有者グループとなっています。(なお、Flare財団とFlare Networks Limitedの金額は、6ヶ月目の配布開始前であるため、アンロックされた出資者のトークンも含まれています)。
図表 Y2: Flare のチームメンバーは、配布されたトークンを使ってネットワークに十分に参加し、信頼性の高い FTSO データの提供をサポートすることができますが、最初の 6 か月は受け取ったトークンの売却が制限されており、最初の 18 か月は 25%を超えることはできません(図表 Y1 と同様、FF と FNL の割合には、ロックされていないがまだ配布されていない出資者のトークンが含まれています)。
図表 Y3: 発生した総配分の19.8%は、ガバナンスにおける議決権が認められていない(Flare財団とFlare VCファンド)。
図表 Y4:36ヶ月間のトークン配布が完了すると、939億FLRの流動性が確保され、流通する。
図表Y5: 最初の15%の配布の後、大半の当事者は残りの割り当て分を36ヶ月にわたってスムーズに受け取っています。
わずかなデコボコは、6ヶ月目と13ヶ月目に始まる出資者トークンの配布の遅れに起因するものです。
図表 Y6:図表 Y2 で述べたチームによるトークン売却の制限により、19 ヶ月目までは、流動性のあるトークンが、ガバナンスに参加し FTSO に委任できるトークンの数より少なくなっています。
図表 Y7:36ヶ月後、FLRの85%が流通する(FLR総数1,101億枚のうち939億枚)。
図表 Y8: トークン配布後、Flare の投票力は常に 50%を下回り、配布期間中はさらに低下している。Flareの得票数は、Flare Networks Limitedが保有するアンロックトークンとチームおよびアドバイザーの合計から算出されています。

従来の配布方法
Flare Improvement Proposal 01 が可決されなかった場合、従来のトークン配布が継続されます。変更の詳細については、FIP.01 ブログポストを参照してください。重要な点は以下の通りです。

28,524,921,372のFLRの一般配布は、36ヶ月間にわたってエアドロップで実施される予定です。トークン配布イベント(TDE)において、最初の15%(4,278,738,206 FLR相当)が12.12.20にXRPを保有していたウォレットにエアドロップにより提供されます。

その後、全体の2.37%(676,040,637 FLR)を35回分配し、36ヶ月目に残りの2.05%(584,760,871 FLR)を、最初のTDE分配を受けた同じウォレットに最終分配する予定である。

年間インフレ率は完全に希釈された供給量の10%として計算され、FIP.01が成立した場合よりもフレアの成長の初期段階においてはるかに大きな流動性をもたらすことになります。

クロスチェーンインセンティブプールは、120ヶ月にわたって120等分され、1ヶ月あたり166,666,667FLRに相当する額が支払われます。

旧式配布方法の確定詳細

FIP.01がコミュニティによって否決された場合のトークン配布を視覚化した図表

図表N1: 0ヶ月目のトークン配布では、どちらのバージョンのトークノミクスでも配布は同じです。これは、FIP.01のガバナンス投票前に行われるため、納得のいくものです。
図表N2:図表Y2にある通り、FIP.01が通過しなかった場合でも、Flareのチームメンバーは最初の18ヶ月間はトークンの売却が制限されます。
図表N3:このバージョンとFIP.01が通過した場合の唯一の違いは、一般配布が純粋にエアドロップで行われるか、エアドロップに加えて委任による報酬が発生するかという点です。合計は同じです。
図表N4:インフレ率の上昇により、従来の方法では36ヶ月後にFLRトークンの流通量が263億枚増加することになります。これはFIP.01が可決された場合よりも28%高い。
図表 N5:この図表では、毎月のインフレのレベルがはるかに大きいことがわかります。わずかな変動は、6ヶ月目と13ヶ月目に開始された出資者向けトークンの配布が遅れたことによるものです。
図表N6:図表N2およびY2で述べたチームによるトークン売却の制限により、19ヶ月目までは、ガバナンスに参加しFTSOに委任できるトークンの数よりも流動的なトークンの数が少なくなっています。
図表N7:インフレ率の勾配が急であることと、全体的に流通量が多いことに注目。FIP.01が否決された場合、36ヶ月後にはFLRの89%が流通することになる(FLR総額1,348億枚のうち1,202億枚)。
図表 N8: ガバナンス提案が可決された場合と同様、Flare の投票力は 50%未満から始まり、分配期間中に減少する。

一般向けトークン配布方法の概要
一般配布に割り当てられるトークンの総量は、FIP.01が可決されるかどうかにかかわらず同じで、28,524,921,372 FLRです。

これらのトークンの最初の部分(15%)は、FIP.01のガバナンス投票が行われる前に配布されます。したがって、トークン配布イベントでは、取引所と自己保管ウォレットは、YESとNOの両方の投票権行使のトークノミクスで保有する1.0000 XRPにつき0.1511 FLRを受け取ることになります。

FIP.01が通過した場合、追加のエアドロップは行われません。残りの公式割り当て分24,246,183,166 FLRは、FLRをWFLRにラップしたトークン保有者に直接36ヶ月分ずつ配布されます。

FIP.01が通過しなかった場合、2020年12月のスナップショットに参加した各アドレスに、さらに36回の月次分配が行われる予定です。このうち最初の35回は、スナップショット時に保有していた1.0000XRPに対して0.0239FLRの割合で分配される予定です。最後の分配は、1.0000XRPごとに0.0206FLRの割合で行われます。

マニュアル

仮想通貨で2万円の元手に10カ月で500倍の1000万円突破!

月利20%以上で資産爆増中。

✅本当は教えたくない「ハイブリット資産運用術」
✅投資経験ゼロでも毎月10万円目指せる投資手法を限定公開
✅YouTubeでは言えない仮想通貨の裏情報

特に初心者だけど投資で毎月安定して「10万円目指したい」って人にはかなり有益な情報になると思いますので今後の配信をお見逃しなく!!まずはこちらをご覧くださいね!

やっさん公式ブログ
タイトルとURLをコピーしました