1時間で30万円稼ぐ資産構築法プレゼント中!

フレアネットワーク(FlareNetworks)最新情報まとめ

@FlareNetworks

  1. F-Assetsとは?
    1. オリジネーター
    2. エージェント
    3. セルフミンター
  2. songbirdとflarenetworksの最新NFTマーケットプレイスオープン6月26日
  3. FlareNetworksメインネットローンチ詳細公開6月25日
  4. SGBとFlareNetworksのすべてのNFTがSparklesで開くことができるように6月23日
  5. TrailofBits監査に成功6月17日
  6. ステートコネクタについて6月9日
  7. フレアが接続するもの6月9日
  8. フレアメインネットのローンチ後利用可能になるもの6月8日
  9. メインネット立ち上げとロードマップリマインド6月8日
  10. Best FTSOがソングバードとフレアで機能するNFTマーケットを公開6月5日
  11. レイヤーケーキについて6月4日
  12. FAssetsについて6月2日
  13. FBTCについて6月1日
  14. 最新情報
    1. 7月2日 フレアはいつから取引所で買えるようになるのですか?
    2. 7月2日 flareのデリゲート報酬はsongbirdより%が高いのでしょうか?
    3. 7月1日 ガバナンス投票については、どうやって行うのですか?
    4. 6月30日 サポートウォレットのリンクは現在も有効ですか?
    5. 6月30日 Flareはブロックチェーンなのか、それともERC20トークンなのか?
    6. 6月29日 SGBを直接FLRに交換するためのスワッピングプラットフォームは用意されるのでしょうか?
    7. 6月29日 なぜs-assetsは遅れているのでしょうか?
    8. 6月29日 FTSOのデリゲートが可能になるのはいつなのか?
    9. 6月29日 Flare Networkはマルチチェーンウォレットを提供し、すべてのFアセットをそこに保存することができますか?
    10. 6月28日 仮に9月に15%がエアドロップされた場合、毎月のエアドロップは10月から開始されますか?
    11. 6月26日 ネットワークが立ち上がってから8週間後にエアドロップが届くということですか?
    12. 6月26日 どのようにして他のコインがS資産としてリストアップされるのですか?
    13. 6月25日 SGBトークンの使い道は何ですか?
    14. 6月25日 10%のインフレとはどういう意味ですか?
    15. 6月25日 観測モードのとき、どのユーザーもFLRを持っていません。観測モード時にFlareNetworkがFTSOに委譲しようとしても、誰がFLRを委譲するのか?
    16. 6月25日 スパークトークン(FLR)の公平なエアドロップについて
    17. 6月24日 デリゲート報酬はエアドロップのあとすぐにできるのか?それとも遅れるのか?
    18. 6月23日 エアドロップを正しいウォレットに登録したかどうか確認するにはどうしたらいいのでしょうか?
    19. 6月23日 UpholdがFLRのエアドロップサポートを発表
    20. 6月22日 監査報告書を公に共有しますか?
    21. 6月21日 FLRで得られる受動的な収入について
    22. 6月20日 State Connectorシステムは、外部ブロックチェーンとweb2データを検証することが可能
    23. 6月19日 Flare Tokenもデリゲートできるようになりますよね?
    24. 6月19日 FLRの配布はいつから開始してどれくらいかかりますか?
    25. 6月17日 エージェントはFLRだけでなくXRPも必要なのか?
    26. 6月16日 fアセットの作成にはどのようなリスクが伴いますか?
    27. 6月16日 FassetとFLRの担保はどのように管理する?
    28. 6月16日 Fassetは原資産に交換できるのか?
    29. 6月16日 相場変動によりFアセットとFLRの担保比率が変動した場合どうなる?
    30. 6月16日 f-assetの自己鋳造(セルフミント)について
    31. 6月15日 投票はいつからできるのか?
    32. 6月15日 Flareの550億FLRはどうなる?
    33. 6月15日 1000億FLRの配分の内訳
    34. 6月15日 Fassetの報酬プールの大きさ
    35. 6月14日 Fassetの支払い頻度
    36. 6月13日Bifrostについて
    37. 6月13日FLRのバーンについて
    38. 6月13日SGBは将来的にFLRに交換できるようになるのか?
    39. 6月13日Fアセットは流動性提供と同じなのか?
    40. 6月11日Sアセットで先に開始されないのか?
    41. 6月10日 ライトコイン、ステラルーメンへの配布は?フレアのトランザクション能力、監査状況について
    42. 6月9日 Bitrueでの配布、メインネットローンチ日、FLR担保率について
    43. 6月8日 セルフミントについて
    44. 6月7日 FLRのコントラクト番号とFXRPセルフミントについて
    45. 6月6日 FアセットとSアセットについて
    46. 6月5日 メタマスクについてと今後のSGBデリゲート報酬
    47. 6月4日 レイヤーケーキの現状
    48. 6月3日 FLRの取得方法と手数料

F-Assetsとは?

Flare Network上でXRP,BTC,LTC,XLM,DOGE,ALGO,FILのスマートコントラクト利用を可能にしたもので、

FXRP,FBTC,FLTC,FXLM,FDOGE,FALGO,FFIL

上記の資産が現在公式で発表されているものになります。

オリジネーター

F-AssetsによるFLR報酬の受け取り

担保予約手数料(0.1%)と作成手数料(5%)をエージェントに支払いXRPを1対1の比率でFXRPに交換してもらう

エージェント

手数料収入とアービトラージの機会

オリジネーターから担保のXRPと手数料を受け取る代わりに、FXRPシステムに担保比率の2.5倍以上の価値のFLRを提供・維持する事で、FXRPの発行を許可される

オリジネーターからの償還依頼の際には、システムからFLRを受け取りXRPを返金する必要があります。

セルフミンター

F-Asset-aで公開予定。発表まだ(6/17日時点)

songbirdとflarenetworksの最新NFTマーケットプレイスオープン6月26日

🚨🚨🚨巨大な発表! 🚨🚨🚨

Songbirdの最新#NFTマーケットプレイスがついに登場!

@NFTSO_ へようこそ🚀

👉 https://nftso.xyz

@FlareNetworksも近日公開予定です!

FlareNetworksメインネットローンチ詳細公開6月25日

ここでフレアの起動の詳細に関するブログを読んでください👉https://ja.flare.xyz/flare-launch-details/

Flare起動の詳細
Trail of Bitsが実施したFlare Networkの監査が完了し、脆弱性がないことを確認し合格しました。

Trail of Bits社によれば、以下の通りです。

“監査では、Flareノードやネットワーク全体の機密性、完全性、可用性に影響を与えるような重大な欠陥や不具合は発見されませんでした。”

このマイルストーンにより、Flareのメインネット生成は、7月4日の週に行われるトークン配布スマートコントラクトコードの最終監査に続いて、2022年7月11日またはその直後に行われることになります。

観測モード
ネットワークは「観測モード」で起動され、その間にテストが行われ、完全に分散化されます。

開始当初は、Flare Foundationがすべてのネットワーク・バリデーターを操作します。

次に、SongbirdのFTSOと新しいFTSOがFlareに参加し、FTSOデータの提出を開始できるようになります。

このように、Flare財団からバリデーターを運用するFTSOプロバイダーへと検証の権限が移っていきます。

観測モードが終了すると、FTSOデータプロバイダーはネットワークの検証を行い、検証報酬を得ることができます。

観測モードは、Flare財団がネットワークを制御できなくなるような十分な検証力が外部バリデ ータに移転する時点(すなわち、Flareが制御する検証力が33%を超えない時点)まで、最低8週間 続くものとする。

観測モードの間、参加者を不利にしないために、インフレと報酬はゼロとする。

さらに、ネットワークの状態はいつでもロールバックすることができる。

最初は、すべての初期トークン残高が作成されます。

Flare Foundationは、すべてのFlare関連団体とチームに帰属するすべてのトークンを保有します。

これらのトークンは、公開トークン配布イベント(下記参照)で配布されます。

この間の唯一のトークン取引は、FTSOへの資金提供や委任を含む運用目的、およびシステムテスト目的にのみ行われます。

各Flareアドレスは公開される予定です。

公開トークン配布イベントとさらなる配布
観測モードを終了すると、15%の初期トークン配布が行われます。

この時点で、セルフ・カストディ・トークンの受領者は自分のトークンにアクセスして使用できるようになり、取引所はそのユーザーにトークンを配布することができます。

残りの配布は、Flareのロールアウト文書でFL02として言及されている、配布の実施方法に関するガバナンス投票後に開始される予定です。

ガバナンスの提案は、メインネット創世記の前か、それ以前に公開される予定です。

投票は、初期配布分の75%以上が投票可能であるか、公開トークン配布から6ヶ月が経過した時点の早い方でFlare上で行われます。

トークンが取引所に渡った場合は、取引所がトークンを配布し、ユーザーが出金できるようになったことを意味します。

インフレは観測モード終了後に開始され、アンロックされた総供給量に対して毎月年率10%で計算されるように設定されます。

その後、ガバナンスの投票により、将来のインフレが決定されます。

SGBとFlareNetworksのすべてのNFTがSparklesで開くことができるように6月23日

Sparklesチームは、BifrostWalletと協力して、NFTをお客様の財布に直接お届けできることを大変嬉しく思います。SGBとFlareNetworksのすべてのNFTは簡単にリンクしてSparklesで開くことができ、将来的にはさらに多くの機能を予定しています✨。

TrailofBits監査に成功6月17日

監査に成功。発売の詳細は来週末に。先へ! #フレア

ステートコネクタについて6月9日

ステートコネクター☀️を理解する

📤 State Connector (SC) に送られたリクエストは、多くの独立した認証プロバイダ(AP)に転送される。

APsは情報を取得し、SCに提出する。

✅ SCは返信に対してコンセンサスを行い、合意された回答を作成する。

フレアが接続するもの6月9日

Flareすべてを接続します:

1スマートコントラクトブロックチェーン

2非スマートコントラクトブロックチェーン

3トラストレスなWeb2 ⏩ Web3

フレアメインネットのローンチ後利用可能になるもの6月8日

フレアメインネットのローンチ後、何が期待できるでしょうか?

トークン保有者であれ、dAppビルダーであれ、あなたは参加することができます。

1ガバナンス
2FTSOへの委譲
3FTSOとState Connectorを使ったアプリケーションの構築

メインネット立ち上げとロードマップリマインド6月8日

🗺️ Flare Mainnetのローンチが近づいてきたので、ロードマップの計画についてお知らせします。

📍詳細はFlareロールアウトの記事をご覧ください。

bit.ly/3wLLEu3

Best FTSOがソングバードとフレアで機能するNFTマーケットを公開6月5日

🚨重大発表! 🚨

今日は、私たちが以前から取り組んできたことを明らかにしたいと思います…。

#Songbirdと@FlareNetworksの完全に新しい#NFTマーケットプレイス(先駆的な機能を備えた)、

紹介するのは…@NFTSO_!

レイヤーケーキについて6月4日

LayerCakeは、すべてのスマートコントラクトネットワークをつなぐFlareのブリッジシステムです。

これによって
🔒高速、分散型、完全保証のブリッジを構築する。
✅宗主国の異なるゾーンで安全に運用すること
🔗流動性を分断することなく、全てのチェーンを繋ぐ

FAssetsについて6月2日

FAssetsは、非スマートコントラクトトークンを#Flareに橋渡しします。

🔐アンロックユーティリティ。
1⃣ Flare上のdAppsで$BTC $XRP $ALGO $DOGE…を使用する。
2⃣ DeFi / NFTs / Metaverseのユースケースが可能になる。
3 ⃣ Flare上で#FAssetsを鋳造すると、ユーザーが報酬を得ることができる。

FBTCについて6月1日

Algorandブリッジの発表でも触れましたが、もう一度言っておきます… $BTCはFlare上のFAssetとして確認されています。

つまり、$BTCホルダーは、#DeFi、#NFT、#metaverse、その他の#Web3アプリケーションを#Flare上で動作させることができるようになるのです。
1/2🧵

また、FlareのLayerCakeアプリケーションを通じて、FBTCを他のスマートコントラクトネットワークにブリッジすることができます🍰高速、分散型、完全保険付きです。

コネクトエブリシング2/2🧵

最新情報

7月2日 フレアはいつから取引所で買えるようになるのですか?

フレアはいつから取引所で買えるようになるのですか?

>>

各取引所がFLRを上場するのは、配布後しばらくしてからです。

観察期間終了後となります。

なお、上場日については、弊社ではコントロールできません。

ただし、一部の取引所ではFlareのサポートが早いようです。

>>

つまり、観測期間中は取引所もFlareの売買に応じることができるのでは?

>>

いや、誰もできない。

観測期間というのは、その名の通り、観測です。

内部取引も行われ、すべてロールバックされる可能性があるので、取引は絶対にできません。

7月2日 flareのデリゲート報酬はsongbirdより%が高いのでしょうか?

flareのデリゲート報酬はsongbirdより%が高いのでしょうか?

金額は忘れましたが、songbirdは週2%だったと思います。flareは4-5%だと聞いています。

>>

Flare mateのコミュニティ・デリゲーションが始まるまでわからない。

参加費は大きな要因です。

Reward Rate - Songbird Data - Jeen Lolkema
Dive into the Reward Rate of the top STSO's in different Epochs. Giving you more insight in how different STSO's performed throughout time.

上記より引用

7月1日 ガバナンス投票については、どうやって行うのですか?

ネットワーク上のガバナンス投票については、どうやって行いますか?

>>

ガバナンスは、ブロックエクスプローラーを介して実行できます

6月30日 サポートウォレットのリンクは現在も有効ですか?

https://ja.flare.xyz/wallets/

上記のリンクは現在も有効ですか?

>>

はい、それは有効です-12.12.20のスナップショットにユーザーが参加するために使用したウォレットのリスト。

FASSETの鋳造、メインネットをサポートするウォレットなどに関する詳細は、今後提供される予定です。

6月30日 Flareはブロックチェーンなのか、それともERC20トークンなのか?

Flareはブロックチェーンなのか、それともERC20トークンなのか?

>>

Flareは独自のレイヤー1スマートコントラクト対応ブロックチェーンです。

FLRはFlareのネイティブアセットですが、ERC20ではありません。ただし、FlareとSongbirdの両方ですべてのERC20標準がサポートされています。

6月29日 SGBを直接FLRに交換するためのスワッピングプラットフォームは用意されるのでしょうか?

SGBを直接FLRに交換するためのスワッピングプラットフォームは用意されるのでしょうか(※その他あたりは…?)

>>

その可能性は高いが、これはサードパーティが提供するものであるため

私は知りません。

Flr FinanceやOracle Swapは、FLRが利用できるようになれば、そのペアが含まれるかもしれません。

6月29日 なぜs-assetsは遅れているのでしょうか?

なぜs-assetsは遅れているのでしょうか?

f-assetsのテストはどのように行うのですか?

>>

現在、Flare Networkの立ち上げ(2022年7月11日目標)が優先されています。

S-AssetsはSongbird Networkで後ほどテストされます。テストが成功したら、FlareネットワークにF-Assetsを配備します。

それがSongbirdとしてのカナリアネットワークの目的です。

6月29日 FTSOのデリゲートが可能になるのはいつなのか?

Flare netwrokの開始日(7月11日)から8週間経過すると、FTSOのデリゲートが可能になるのでしょうか。

>>

はい、参加者は最初のFLR公開配布イベントとほぼ同時にFlareでFTSOへの委任を開始できます

6月29日 Flare Networkはマルチチェーンウォレットを提供し、すべてのFアセットをそこに保存することができますか?

F-Assetが登場した場合について質問です。

Flare Networkはマルチチェーンウォレットを提供し、すべてのアセットをそこに保存することができますか?

>>

Bifrostはマルチチェーンウォレットで、Fアセットに対応する予定です👍🏼

6月28日 仮に9月に15%がエアドロップされた場合、毎月のエアドロップは10月から開始されますか?

仮に9月に15%がエアドロップされた場合、毎月のエアドロップは10月から開始されますか?

>>

トークンの仕様に関するガバナンスの投票が完了した後、段階的なドロップが開始されます

残りの配布は、Flareのロールアウト文書でFL02として言及されている、配布の実施方法に関するガバナンス投票後に開始される予定です。

ガバナンスの提案は、メインネット創世記の前か、それ以前に公開される予定です。

投票は、初期配布分の75%以上が投票可能であるか、公開トークン配布から6ヶ月が経過した時点の早い方でFlare上で行われます

FL02:トークン配布に関するガバナンスの最新情報。チームはトークン配布に関するガバナンスの提案に取り組んできました。この提案は3つのことを実現しようとするものです。

1) 取引所が将来のトークン分配を受け継げないリスクを取り除く。

2) ネットワークに参加するインセンティブを大幅に増加させる。

3) トークンの割り当てを請求してシステムから引き出すまで、大多数の受給者が課税対象イベントの発生を回避できるような、ポジティブな税務上の意味を提供する。

これにより、受給者はいつ課税イベントを発生させたいかについて自律性を持つことができます。

6月26日 ネットワークが立ち上がってから8週間後にエアドロップが届くということですか?

ネットワークが立ち上がってから8週間後にエアドロップが届くということですか?

>>
最低でも8週間です。

バリデーターへの電源供給時間など、変動要因によります。

また、観測には、ブロックへのロールバックも含まれる場合があります。

6月26日 どのようにして他のコインがS資産としてリストアップされるのですか?

どのようにして他のコインがS資産としてリストアップされるのですか?

どのコインが投票にかけられるかは誰が決めるのですか?

また、どの通貨が投票にかけられるかの基準は何ですか?

>>

コミュニティによるガバナンスの提案で決めます。

ありません。

どんな資産でも、ガバナンスとコミュニティのサポートによってFlare/Songbirdと統合することができます。

6月25日 SGBトークンの使い道は何ですか?

SGBトークンの使い道は何ですか?

>>

基本的に、SongbirdトークンはFlare上でガバナンスの質問をするために使用することができます。

例えば、Flare上の新しい資産やブリッジに投票するなど。

Songbirdでは、次のようなことにも使用されます。
取引手数料に。
s-assetシステムにおける担保として。
SongbirdでNFTを鋳造するため。
ネットワークのセキュリティのため。

6月25日 10%のインフレとはどういう意味ですか?

10%のインフレとはどういう意味ですか?

>>

最初の1年間は、トークンの供給量が10%増加します。

これは、FTSOシステムのバリデーターをいち早く利用したユーザーに、報酬という形でインセンティブを与えるために使われます。

これは、ガバナンスによって減らすことができます。

現在、5%に減らす案が検討されています。

6月25日 観測モードのとき、どのユーザーもFLRを持っていません。観測モード時にFlareNetworkがFTSOに委譲しようとしても、誰がFLRを委譲するのか?

観測モードのとき、どのユーザーもFLRを持っていません。
観測モード時にFlareNetworkがFTSOに委譲しようとしても、誰がFLRを委譲するのか?

>>

観測モードの間、一般ユーザーはトークンにアクセスすることができません。

私たち(Flare)は、その期間中に検証制御をFTSOに引き継ぐときに、内部的にFTSOに委任することになります。

6月25日 スパークトークン(FLR)の公平なエアドロップについて

もう一つ言っておかなければならないのは、ほとんどの取引所は、財団がコンセンサスの大部分を失うまでFlareに関わらないということです。

したがって、ローンチしてから多くの人がトークンを受け取るまで長い待ち時間が発生します。

この方法であれば、より多くの人がほぼ同時にトークンを手にすることができるため、取引所も参加しやすく、より公平になります。

6月24日 デリゲート報酬はエアドロップのあとすぐにできるのか?それとも遅れるのか?

デリゲート報酬はエアドロップのあとすぐにできるのか?それとも遅れるのか?

>>

FTSOの委任は、最初のエアドロップがコミュニティに配布された時点で行われると思っています。

受け取った人が少ない状態で委任を開始するのは不公平なように思うからです。

しかし、これは確認が必要です。

ですから、flareチームが更新のアナウンスをするまで待つ必要がありますね。

6月23日 エアドロップを正しいウォレットに登録したかどうか確認するにはどうしたらいいのでしょうか?

エアドロップを正しいウォレットに登録したかどうか確認するにはどうしたらいいのでしょうか?メタマスク、MEW、BiFrostのいずれかに設定したつもりです。

>>

EthまたはXRPのアドレスを使って、このツールで確認してください。

https://spark.towolabs.com

※取引所の場合、正確ではないとのこと。

公開されている XRP または FLR のアドレスを https://spark.towolabs.com に入力することで、Spark (FLR) の請求をダブルチェックすることができるようになりました。このツールは、非保護ウォレットユーザー(Xumm、Ledger、…)および取引所運営者向けです。このツールは、取引所ユーザー(Binance、Bitstamp、…)向けではありません✨。

6月23日 UpholdがFLRのエアドロップサポートを発表

Uphold は常に #XRPC コミュニティをサポートしてきましたので、新登場の #FlareAirdrop 🪂をサポートするのは当然のことです。

詳細は近日公開予定です👀。

6月22日 監査報告書を公に共有しますか?

監査報告書を公に共有しますか?

>>

はい

6月21日 FLRで得られる受動的な収入について

FLRで得られる受動的な収入について何か手がかりがあれば教えてください。

>>

ユーザーは、SGB同様FlareでもFLRを委任できます

6月20日 State Connectorシステムは、外部ブロックチェーンとweb2データを検証することが可能

もし、不動産の土地がnftとして表現され、または証書がブロックチェーン上にあった場合、レイヤーケーキを使用したweb2はftsoが、不動産価格を追跡するために使用することができますか?

>>

State Connectorシステムは、Flare上のコンセンサスを使用して、外部ブロックチェーンとweb2データを検証することができます。

これは、あなたがあげた例のように、不動産価格のサイトやデータベースへのAPIを含む可能性がある

6月19日 Flare Tokenもデリゲートできるようになりますよね?

Songbird NetworkやSGB Tokenと全く同じように、Flare Tokenもデリゲートできるようになりますよね?

>>

はい、FLRの分配が始まると

6月19日 FLRの配布はいつから開始してどれくらいかかりますか?

FLRの配布はいつから開始してどれくらいかかりますか?

>>

メインネットの立ち上げ後、しばらくして配布を開始する予定です。

6月末までに、配布開始時期に関する追加情報を公開する予定です。

トークン生成イベントを開始すると、それほど時間はかかりません。

しかし、それはメインネットの立ち上げと同じ日には起こりません。

これに関する追加情報は、今後数週間で公開されます

6月17日 エージェントはFLRだけでなくXRPも必要なのか?

エージェントはFLRだけでなくXRPも必要なのでしょうか?

>>

初期のF-Asset(a)ローンチでは、エージェント/セルフミンターは両方を担保として保有することが求められます…が、特にFLR担保残高の監視も必要となります。

6月16日 fアセットの作成にはどのようなリスクが伴いますか?

fアセットの作成にはどのようなリスクが伴いますか?

>>

FXRPを保有し、FLRで日々のF-Assetの報酬を得ているだけであれば、清算のリスクは全くありません。

Flare FinanceのようにFlareの上に構築された他のDeFiアプリケーションでFXRPを使用する場合は、はい、リスクがあるかもしれません。

非常に低い可能性ですが、他に起こりうる唯一の問題は、FXRPをXRPに戻したいときに償還に失敗することです。

償還に失敗した場合、償還者はXRPではなくFLRのポジションの全価値(プラスアルファ)を全額償還されます。

前述のように、償還に失敗することは稀です。このような場合、エージェントは大きなペナルティを受けるからです。

エージェントは、それによって、ネットワーク上で責任ある行為者となるインセンティブを与えられます。

6月16日 FassetとFLRの担保はどのように管理する?

担保をどのように管理するか、メインアセットを追加するかFLRを追加するか?

>>

自己資金でF-Assetのポジションを一部解消したり、FLRの担保を追加して担保割れを解消することができる。

6月16日 Fassetは原資産に交換できるのか?

XRPを供給した人は、XRPを取り戻せるのでしょうか?それともやはりF資産なのでしょうか?

>>

ユーザーがF-Assetを保有している場合、価格に関係なく、いつでも1:1で原資産に引き換えることができます。

6月16日 相場変動によりFアセットとFLRの担保比率が変動した場合どうなる?

自己鋳造中に価格が変動したために担保比率が不足した場合はどうなりますか?

>>

初期担保比率は公表されていませんが、f-assetの値の2.5倍より低くなります。

これに続いて、f-asset Bのローンチにより、担保比率は値の2.5倍になります。

これは、ガバナンスを通じて変更できます。

エージェントが担保比率を超えて担保を維持できず、その後、担保が担保コールバンド内(<= 2.45〜 <2.5)にあるときに担保を追加できない場合、システムはエージェントの担保を使用してエージェントの発行したFXRPを買い取ります。

6月16日 f-assetの自己鋳造(セルフミント)について

エージェントを通じてのf資産の鋳造の前に、自己鋳造のf資産が利用できるようになるのでしょうか?

>>

f-asset A起動は、f-asset起動の最初の段階です。

これはセルフミントに使用されるバージョンである可能性が高いので、f-assetシステムのローンチ時にはセルフミントのオプションが利用できるはずです。

詳細については、発売前に公開される予定です。

6月15日 投票はいつからできるのか?

投票はどうすればできますか?

>>

投票は3ヶ月後か、75%の保有者がFLRの最初の配布で投票できるようになった時点で行われます。どちらか早い方です。

6月15日 Flareの550億FLRはどうなる?

1点目 – Flareは1000億トークンを作成しました。

2点目:エアドロップは450億XRPに

3点目:エアドロップ450億のうち、フレアは15%しか分配しない。

残りの300億は、毎月3%の分配のために保留される。

4点目 – Flareで550億トークンとなった。

問題は、Flareが550億トークンを固定するか、市場に投棄するかだ。

>>

簡単な答えは「はい」です。Flareのトークンは、エアドロップと一緒にロックを解除するようなエスクローになります。

6月15日 1000億FLRの配分の内訳

1000億FLRの配分の内訳はどうなっているのでしょうか?

>>

450億FLRは請求可能

フレア・ネットワークス社に250億FLR

フレア財団に200億FLR

ライトコイン報酬プールへ50億FLR

一般報酬プールへ50億FLR

**未請求の自己管理FLRは、一般リワードプールに追加されます

6月15日 Fassetの報酬プールの大きさ

f-assetの報酬プールの大きさはどうなんでしょう。200億以上でしょうか?

>>

一般報酬プールとLTC報酬プールがあります。

一般プールは50億FLR+未請求のセルフカストディFLR額

LTCプールは50億FLR

6月14日 Fassetの支払い頻度

Fアセットはどれくらいの頻度で支払われるのでしょうか。

>>

FTSOの報酬請求と同様の頻度である可能性が高い

6月13日Bifrostについて

Bifrostはフレアネットワークですか?

>>

BifrostはSongbirdとFlareに対応したネイティブなウォレットです。

6月13日FLRのバーンについて

FLRは燃やすことは可能ですか?

>>

SGBとFLRは両方とも、ネットワーク上の取引手数料で燃やされます

6月13日SGBは将来的にFLRに交換できるようになるのか?

将来、ソングバードトークンをフレアネットワークに交換できますか?

>>

SGBとWSGBをフレアにブリッジするオプションとその逆のオプションは理論的には可能です。

これはすべてガバナンスの一部です。

6月13日Fアセットは流動性提供と同じなのか?

つまり、1:2,5でF Assetsを追加するのですか?LPを追加するのと同じようなプロセスです。

ただ、その資産が安全か、担保を失う可能性があるのかを知りたいだけです。

>>

F Assetsプロトコルは、Defiの流動性プールとは異なります。

もしあなたが担保(sgbやfr)を提供するエージェントであれば、それを維持する必要があります。

もし担保を維持できなければ、ペナルティを受ける可能性があります。

F Assetsプロトコルの詳細については、時期が来ればお知らせします。

6月11日Sアセットで先に開始されないのか?

Songbirdがカナリアネットワークの場合、FlareNetworkの立ち上げに備えて、LTC、XLM、DOGE、XRP、ALGO、BTCなどがこのネットワークを使用しないのはなぜですか?

>>

おそらく。

SongbirdをFlareNetworkの下院にするというガバナンスの提案があるはずで、FlareNetworkのガバナンスの決定のためにSGBがステークされなければならなくなることを意味します。

しかし、人々はS-Assetを保有することで、F-Assetを保有する場合のような報酬は得られないでしょう。

6月10日 ライトコイン、ステラルーメンへの配布は?フレアのトランザクション能力、監査状況について

ライトコイン、ステラルーメン保有者へのスパークトークンの配布に関してはどちらかに記載はありますでしょうか?

>>

XLMやLTCの保有者にはエアドロップはない。

今年末にFlareでF-Assetプロトコルが稼動した後、それらのコインのFlareバージョンを鋳造/保有するための参加型報酬のみ。

1秒当たりのフレアのトランザクションは?

>>

4500TPS以上です

実際の発売時期については確定しているのでしょうか?

>>

TrailofBits監査はまだ進行中です

トークンの配布は、起動時に15%、その後3%のままですか?

>>

はい

6月9日 Bitrueでの配布、メインネットローンチ日、FLR担保率について

bitrueでの配布はどうなりますか?

>>

FLR IOUを保有している場合、メインネットローンチ後、分配が始まると完全に1対1でスワップされます。

スナップショット時にBitrueでXRPを保有していた場合、毎月3%の時差式FLR分配が適用されます。

フレアはいつローンチするの?

>>

監査の終了は6月中旬に予定されており、すべてが順調であれば、FlareNetworkは7月4日に開始されます。

基本的に、1000ドルのFXRPを作成したい場合、私自身、2500ドルのflrを作成する必要がありますか?そして、その変換には手数料はかかりませんか?

>>

はい、XRPの1,000ドルとFLR担保の両方を用意する必要があります(担保比率は2.5倍未満になる可能性があります)。

これには手数料はかかりません、正しい

6月8日 セルフミントについて

セルフミントオプションとは正確には何ですか?

>>

ユーザーが原資産と必要なFLR担保の両方を提供し、F-Assetを鋳造/保有すること。

セルフマイニングの利点は、手数料がかからないことです。👊🏻

しかし、ユーザーは自身の担保残高を監視する必要があり、担保違反の場合はペナルティーが課せられます。

6月7日 FLRのコントラクト番号とFXRPセルフミントについて

トークンをメタマスクに追加するためのコントラクト番号は?

>>

チェーンIDなどは発売間近に提供されます

質問です。もし私たちがfxrpをセルフミントして、自分たちで担保を提供するとしたら、flrの担保はロックされているか何かだと想像しています。ロックされたflrでも報酬を受け取ることができるのでしょうか?

>>

FXRPを保有することで毎日FLR利回りを受け取ることができ、FLR担保をFlare上のデータプロバイダーに同時に委任することで追加のFLR利回りを受け取ることができます。

6月6日 FアセットとSアセットについて

ソングバードのFアセットが最初で、次はフレアネットワークになりますか?

>>

F-Assetプロトコルは、Flareに展開する前に、まずSongbirdでテストされます…はい。

どちらにも時間枠はありません。

Sアセットが起動されますか?または、Fアセットのみが起動されましたか?

>>

Songbirdネットワーク上のF-Assetsは、監査が終了すると実装されます。監査結果の発表は、監査が終了すると、今月中に行われます。

6月5日 メタマスクについてと今後のSGBデリゲート報酬

sgbを要求するには、mewウォレットキーをメタマスクにインポートする必要がありました。フレアエアドロップ時に、キーをMEWからメタマスクに再度インポートする必要がありますか?

>>

いいえ、何もインポートする必要はありません。同じキーがFLRとSGBの両方、さらにはETHにも使用されます。

FLR配布後も、SGB委任報酬を引き続き受け取りますか?

>>

もちろん。

SongbirdとFlareは、それぞれ独自のレイヤー1メインネットとして共存します。

6月4日 レイヤーケーキの現状

Hugoは、上位100のブロックチェーンでLayer Cakeスマートコントラクトを構築するのにかかる時間の見積もりを提供したことがありますか?

各レイヤーケーキ契約のテストまたは監査が必要ですか?

それほど時間はかからないと思いますが、私は開発者ではありません。

>>

良い質問。

LayerCakeはまだ開発中であり、準備ができたらコードを監査する必要があります。

LayerCake WPはまだ完成中です。

今後数か月のうちに、その進捗状況に関する最新情報を確実に提供します。

6月3日 FLRの取得方法と手数料

私の無知をお詫びします。私のソングバードが私のBifrostにエアドロップされた場合、私のFLR / SPRKが私のBifrostウォレットにもエアドロップされると思いますか?

>>

はい、メッセージキーとして使用したのと同じETHスタイルのアドレスに送信します。

これをBifrostにインポートすると、FLRの準備が整います。

スパークトークンを保管していて、スパークトークンを販売したいとします。

イーサリアムガス料金を支払う必要がありますか?

>>

いいえ。FlareはEVMを使用しますが、Sparkは独自のネットワーク上にあり、ステーキングを使用しないため、料金が削減されます。

取引手数料は通常約0.003SGBです。

マニュアル

仮想通貨で2万円の元手に10カ月で500倍の1000万円突破!

現在、専門知識経験不要の不労所得STARシステムを開発し、月利20%以上で資産爆増中。

①0から30万円稼ぐ秘密の裏技
②爆発的に増やす自動売買システム
③500倍に資産を増やしたメソッド

やっさんLINE公式アカウント登録者に全て無料プレゼント中!

やっさん公式ブログ
タイトルとURLをコピーしました