【仮想通貨】リップル(XRP)はなぜ上がらないのか?価格予想も!

BTCドミナンスが上昇しているから

CoinMarketcap引用

https://coinmarketcap.com/ja/

2018年仮想通貨の暴落とともに、BTCドミナンスが上昇し続けています。

BTCドミナンスというのは、仮想通貨全体の市場のうちビットコインが占める割合のこと。

2018年1月15日1BTC=147万円の時、ビットコインドミナンスは32.81%でした。

2020年5月27日現在1BTC=94万円で、ビットコインドミナンスは65.67%になります。

XRPは10.2%から3.49%に下落。

価格が下落したことにより、時価総額の低いマイナーな通貨は売られ、比較的価格の安定しているビットコインが買われている状況です。

資金がビットコインに集中しているため、

どうしてもアルトコイン全般上がりづらい状態になります。

リップル(XRP)は、今後1年で3021円まで上がる?

しかしながら、バルセロナに拠点を置く仮想通貨分析サイトのFXSTREETは面白い分析をしています。

XRPの価格が、ある決まった周期をもとに価格が上下していると分析されました。

2014年から1年の上昇期→2年の下落期→1年の上昇期→2年の下落期を繰り返していると。

2020年からは1年の上昇期に入り、価格は1XRP=3012円まで上昇すると分析。

同じく、FXSTREETのジョン・イシゲ氏は、2020年のXRPの価格は、

0.3ドルを超えて、1.0ドルを超える可能性があると。

リップル社の提供しているODL(旧Xrapid)は、MoneyGramなどの主要プレイヤーが参加することで勢いを増していく。

リップルとビットコインとのXRPの価格の相関は、2020年まで続くと予想。

同じくFXSTREETのグレゴール・ホルバート氏は、

「ビットコインの半減期が終わり、2020年末から2021年に相場が高騰する」

と指摘。

この方は、「エリオット波動理論」というテクニカル分析方法を使っていて、

2020年は第4波が来ていると分析して、0.3ドル~0.5ドルで取引されて年末に向かって1ドル以上に上昇して2021年には3ドルまで上昇する照準を定めると配信をされていますね。

ノーベル経済学賞受賞レベルの学者も1XRP=3521円

スーザン・エイシーがXRPの価格予想の論文を過去提出しています。

彼女は、2007年にアメリカで、

「ノーベル経済学賞」よりも受賞が難しいとされている「ジョン・ベイツ・クラーク賞」を女性として初めて受賞された方です。

そこには難しい計算式により算出されているようで、

2030年までには、その金額は6.37ドル~32.91ドル(日本円にして681.6円~3521円)ですね。

世界大手暗号通貨交換業者COINSWITCHは1XRP=1840円

海外の大手暗号通貨交換業者のCOINSWITCHは、

2020年0.78ドル〜1.2ドル(84円〜130円)

2021年2ドル(216円)

2023年3ドル(324円)

2025年4.52ドル(488円)

2030年17.0576ドル(1840円)

と予想。

2017年1月に1XRP=400円台にまで到達したリップル。

あの頃が懐かしい方も多いのではないでしょうか?

僕が初めて購入したのは、2017年の5月で1XRP=6円くらいでした。

あの頃から半年で67倍になったことを考えると、この予想も強ち当たらないとは言えないかもしれないですね。

今後に注目していきましょう!

仮想通貨【暗号通貨】

★LINE友達追加プレゼント企画★

0から30万円稼ぐ資産構築メソッドプレゼント中です。
プレゼントの受け取り方は簡単。
僕のLINE@に登録するだけで、”完全無料”でプレゼントいたします↓
さらに、感想を頂けた方に関しては、もっと短期間で爆益を手に入れる(ツール)について
こっそり教えちゃいます♪

スクリーンショット-2020-05-04-9.24.17-1024×450
リップル(XRP)最前線!やっさん公式ブログ
タイトルとURLをコピーしました