規制でメルカリは生年月日を適当がダメ!BASEも適当ではダメ!

こんにちは!

やっさんです。

 

さて、今回は本人認証について

話をしていきたいと思います。

 

 

メルカリが、12月に入ってから本人認証について

変更を行いました。

それは、

 

初出品時に本人の情報を登録する必要が

あるのと、登録した情報が振込申請の口座

名義と一致しないと出金ができないといった

ものになります。

 

メルカリで複数アカウントで転売を行って

いた人達は、従来ですと、売上申請までに

は本人の情報を登録せずに作業をして

売上申請の時にはじめて情報を登録しました。

 

登録する情報も銀行口座名義はしっかり本人の

実際の情報を登録しましたが、氏名、住所

などは偽名やでたらめの住所でも振込申請

することができました。

 

ですが、12月の規制によってこれは

不可能になりました。

 

●ではBASEではどうか?

BASEはアカウントを登録する際に

「特定商法取引法に基づく表記」

というものを登録しないとショップを

公開することができません。

内容は、

 

区分

 

事業者の名称

 

事業者の所在地

 

事業者の連絡先

 

その他

 

販売価格について

 

代金(対価)の支払方法と時期

 

役務または商品の引渡時期

 

返品についての特約に関する事項

 

などなどを登録する必要があります。

その他からはデフォルトでも構いません。

 

●そもそも特定商法取引に基づく表記

ってなに?

販売者と消費者を考えた時に

消費者のほうが弱者になります。

 

なぜかというと、お金を支払っても対価が

もらえる可能性は100%ではないからです。

悪い人もいてお金だけ騙し取ろうとする人もいます。

 

そういった弱者を守る法律として

考えてもらえばいいです。

 

しっかりと販売者の情報を開示すること

でお客様も安心して取引することが

できます。

 

●バーチャルオフィス

とは言っても個人でやられている場合は

不特定多数に自分の個人情報をさらしたくない

という方もいるかと思います。

 

そういった場合は住所などの情報を

会社としてレンタルしてくれる

「バーチャルオフィス」

というものがあります。

そちらを利用してみてください。

 

本日は以上になります。

 

メルカリ

★LINE友達追加プレゼント企画★

0から30万円稼ぐ資産構築メソッドプレゼント中です。
プレゼントの受け取り方は簡単。
僕のLINE@に登録するだけで、”完全無料”でプレゼントいたします↓
さらに、感想を頂けた方に関しては、もっと短期間で爆益を手に入れる(ツール)について
こっそり教えちゃいます♪

リップル(XRP)最前線!やっさん公式ブログ
タイトルとURLをコピーしました