ビットコイン 分裂の仕組み 決済時間の欠点よりsegwitの実装 

こんにちは!

やっさんです。

●スケラビリティの解決

スケラビリティとは電子工学でそのものが

対応できる仕事の能力のことを言います。

ビットコインはスケラビリティから決済の遅延

という問題が起きていました。

決済が遅延すると送金や入金などに時間

がかかってしまってシステムとして

成り立たなくなってしまいます。

そこで、考案されたのが、segwitに

なります。

●segwitとは?

segwitとはビットコインのスケラビリティから

決済の遅延が起きてしまうことに対して解決

する方法になります。

8月1日に行われたsegwitは、ビットコインは

ブロック「台帳のようなもの」に情報を記録して

それがチェーンのようにつながっているシステム

になっています。

そのブロックはサイズが決まっております。

そのサイズを大きくするか、それとも中の取引量

のデータを圧縮すれば理論上スケラビリティをアップ

させることが可能になります。

その取引量を半分に圧縮したものが8月1日の

ハードフォークでビットコインキャッシュが

誕生しました。

そしてブロックサイズを2倍にしたものが

10月24日に行われたハードフォークです。

そちらはビットコインゴールドが誕生しました。

●そもそもなんでハードフォークするの?

なぜsegwitが実装されるかはわかったと思います。

ビットコインの決済の遅延が原因ですね。

ではハードフォークはなぜ起こるのか?

それは原因は1つではないですが、

ビットコインの利便性の1つに

「非中央集権」

というものがあります。

非中央集権とはかんたんに言えば、管理している

人がいないというわけです。

管理している人がいないと言うと危ないと

思う方もいるとは思いますが、実際は所有している

全員がネットワークでつながって全員で管理

しているイメージになります。

ですが、それは建前もあって実際は

中国の企業が専有してしまっている

とも言われています。

それはマイニングするのに多大な電力と

専用マシーンが必要なので、一般の人が

マイニングできないためです。

相反して、ビットコインゴールドなどは

電力もそこまで消費しなかったり専用マシーン

も必要ないので、個人がマイニングできます。

個人がマイニングできるということは

再度非中央集権がなされるわけです。

という理由でハードフォークしているとも

考えられます。

本日は以上になります。

参考にしてみてください。

★LINE友達追加プレゼント企画★


1日2時間で月収30万円以上になれる メルカリビジネス有料セミナー動画(前半)プレゼント中です。

さらに、

「実際に儲かる商品リスト10個」もこっそり教えます♪

プレゼントの受け取り方は簡単。
僕のLINE@に登録するだけで、 ”完全無料”でプレゼントいたします。

さらにさらに、、、

これだけではありません!

セミナー(前半)の感想を頂けた方には、

セミナー動画(後半)と”補足も含めたマル秘ノウハウ教材”


も すべてプレゼントしちゃいます! 感想もお待ちしてますね!
LINE友達登録は画像を↓クリック↓

LINEat_logotype-480×300
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。