仮想通貨 暗号通過 ビットコイン アルトコイン 用語の解説

こんにちは!

やっさんです。

【泥縄式】

あなたは泥縄式にやっていますか??

泥縄というのは泥棒が入ってから縄を

準備する行為で、段取りができていない

ということで社会人としてはダメな行為

とされています。

しかし、商売は違います。

あれこれ準備をしていると失敗します。

どうやったらうまくいくか??

何を準備すれば良いか??

もう少し計画を立てよう!

それから準備をします。

まずはじめなければ何もわかりません。

それで改良に改良を重ねる。

そうすることで、どんどん完成に近づきます。

電車でもなんでもそうなんです。

電車がきて、ドアのところで乗ろうか乗らないか

なんて考えているうちに電車は行ってしまいます。

成功はスピードです。

スピードが重要なんです。

さて、今回は仮想通貨、暗号通貨の用語について

解説をしていきたいと思います。

●ハードフォーク●

2017年の8月1日にビットコインに

起きました。

今までのビットコインのシステムを緩和

することによるコインの分岐になります。

これによって新しいシステムの元に動き

だすと古いシステムは採用されません。

なので恒久的に分岐になります。

ハードフォークの反対にソフトフォークと

いうのがありますが、こちらは今までの

システムも利用するのでハードフォーク

と相対します。

●ビザンチン将軍問題●

ビットコインはp2p「peer-to-peer」

システムを導入していて個々の端末

が相互にやりとりをします。

この個々にやりとりをする場合に

なんらかのエラーで間違った情報を

送信してしまう場合に、どうやったら

全体として正しい情報を形成できるか

どうか?という問題のことを言います。

ビットコインは難しい計算を行うこと

でこれを解決します。

この方式をPOW「プルーフオブワーク」

と言います。

これを成功させることで、ビットコインの

送金や入金などの安全が保たれている

仕組みになります。

本日は以上になります。

参考にしてみてください。

★LINE友達追加プレゼント企画★


初心者でも1000万円以上になれる 暗号通貨有料セミナー動画プレゼント中です。

さらに、

「実際に1000万達成した8銘柄」もこっそり教えます♪

プレゼントの受け取り方は簡単。
僕のLINE@に登録するだけで、 ”完全無料”でプレゼントいたします。

さらにさらに、、、

これだけではありません!

セミナーの感想を頂けた方には、

2018年爆上げ予想3銘柄リスト”


も すべてプレゼントしちゃいます! 感想もお待ちしてますね!
LINE友達登録は画像を↓クリック↓

LINEat_logotype-480×300
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。