1時間で30万円稼ぐ資産構築法プレゼント中!

リップルのエアドロップ、Sparkトークンの受け取り方法や最新情報

Sparkの受け取りサポートします!

スパークトークンの受け取りをLINEで徹底サポートします!

不明点があれば、どんどんメッセージください~^^

最新情報

2020年11月27日追記

2020年11月26日追記

まずは15%付与。

なぜこのようになっているかは、

なぜディストリビューションがこのように構成されているのですか?配信構造は、ネットワークの立ち上げを成功させ、ユーティリティを構築するネットワーク参加に強力なインセンティブを提供するように設計されています。

√https://blog.flare.xyz/further-information-on-the-spark-token-distribution/

売却されて、急激な価格変動を起こしてプロジェクトが失敗しないようにですね。

・株式会社bitFlyer
・QUOINE株式会社
・ビットバンク株式会社
・SBI VC トレード株式会社
・株式会社ビットポイントジャパン
・株式会社DMM Bitcoin
・株式会社Xtheta
・コインチェック株式会社
・株式会社ディーカレット
・LVC株式会社
・その他2社

以上が現在付与について協議を行っているとのこと。

2020年9月21日追記

2020年9月20日追記

カナダの取引所NDAXもスパークトークン付与決定。

2020年9月17日追記

ディーカレット取引所スパークトークン付与検討。

CRED、コインスポット付与確定

2020年9月13日追記

過去ADAカルダノも上場したAltcointraderもスパークトークンサポートを決定。

2020年9月12日追記

GMOコインもスパークトークン付与検討を発表。

2020年9月5日追記

Sparkトークン付与もう1社追加されました。Gatehub。

9月4日、SBI傘下のSBI VC Tradeもスパークトークンの付与について検討を発表。

すでに、15000アカウント、合計9億XRP分のスパークトークンの申請が完了してる様子。

2020年9月3日追記

Sparkトークン付与取引所、2社追加されました。

AnchorUSDとupholdです。

2020年9月1日追記

私たちのテストネットは、海で信号を送るための装置であるコストン「フレア」を発明したマーサ・ジェーン・コストンにちなんで名付けられました。彼女の誕生日から194回目の記念日である2020年12月12日に、#Spark配信用のXRP台帳のスナップショットを撮影します。

付与される数量が決定されるスナップショットの撮影日が確定しました。

2020年12月12日です。

海で信号を送るための装置であるコストン「フレア」を発明したマーサ・ジェーン・コストンさんからFLAREプロジェクトは名前をとっていたんですね〜。知らなかった笑

今回は、日付も決まったところでですね。

しっかりスパークトークンをもらうためにどうすれば良いか?ざっくり解説致します。

2020年8月24日追記

リップル社のロックアップにより毎回大量のXRPを売却していたリップル共同創業者のジェド・マケーレブ氏もSPARKTOKENをもらうために売却を一時停止している情報がはいりました。

2020年8月23日追記

そもそもSPARKトークンとは?

SPARKトークン概要

・発行枚数:1000億枚
・FXRPトークンの発行の担保として利用

SPARKトークンは、Flareというプロジェクトを運営するFlare Networksが発行している独自トークンです。

今回XRPの量を反映する1000億SPARKが生成されます。

リップル社が保有していない450億SPARKが、XRP保有達に付与されます。

250億SPARKがFlareの営利組織Flare Networks limitedに付与。

300億SPARKがFlare財団に付与。

Flare Networksとは?

・リップル社が2019年12月より出資しているスタートアップ企業
・ホワイトペーパー:https://flare.ghost.io/
・公式ツイッター:https://twitter.com/flarenetworks?lang=ja
・CEO:Hugo Philion氏

ホワイトペーパー内容の説明動画

Flare networksとはどんなビジネスモデルなのか?XRPとどのような因果関係があるのか?

技術的な内容など知りたい方は動画をご確認ください。

※英語ですので、youtubeの右下の歯車マークー字幕英語(自動生成)ー日本語

で翻訳して字幕で内容を確認してください。

FXRPとは?

・FXRPはXRPの信頼できない発行、利用、返却をより安全にする「プロトコル」
・そのFXRPはFlareの独自トークン「Sparkトークン」によって担保される
・FXRPはXRPと1:1の価値を持つペッグ通貨
・XRPに交換する際はスマートコントラクトに送金することで交換可能

FXRP、XRP、Sparktokenの計算式

XRPとFXRPは同じ価値、1XRPは10SPARK。FXRPとSPARKは2.5の担保比率。

よって、
・XRP:FXRP=1:1
・1XRP=10SPARK
・1FXRP=1XRP=10SPARK
・FXRP:SPARK=1:2.5

仮に5000SPARKを保有していた場合、

5000SPARK=5000×FXRP/10/2.5=200FXRP=200XRP=6000円

5000SPARKだと200XRP(約6000円)に換算できますね。

SPARKtokenはいつ付与される?

1) 冗談を言っても、暗号をどこかの住所に送ってほしいと頼むことはない。 これにより、即時禁止となります。 (警告)

2) ネットワークがいつ立ち上げられるかはまだわかりません。 分かりましたらお知らせします。 (警告)

3) トークンの請求方法に関する詳細情報を公開します。

4)Sparkトークンをお客様にお渡しする予定の全ての取引所をお知らせします。

5) Sparkを請求するためにトークンを交換に出す必要はありません。

6) スナップショットの作成日は、少なくとも 2 週間前にお知らせします。(警告)

7) 私達が知らない価格予測を我々に求めないでください。また、我々は法的にあなたに意見を述べることはできません。 (警告)

6番の注意事項にあるように、スナップショット(保有額決定)の作成日は、2週間前にお知らせするとのこと。

8月23日現在まだ発表がないので、はやくとも9月6日以降になりますね。

スパークトークンの上場は?

ユーティリティフォークも現在の日付は決まっていません。開発中です。付与とそれの証拠のスナップショットの両方が、事前に伝えられます。参加したいすべての人が参加するための十分な時間と明確な方法で行います。

先程でも述べましたが、付与日はまだ確定してはおりません。

ですので、上場の予定や日程などもまだ不明確になります。

しかしながら、上場というよりもむしろ「XRPに交換できる」可能性も高いのでは?

上記は公式サイトからの引用になりますが、SPARKを手に入れることによってFXRPを入手することができます。

それは1:1の割合でXRPに交換することができますね。

FXRPをXRPに交換する方法に関しましては、上記のようにFlareのFXRPスマートコントラクトで送金すれば可能とのこと。

永久的に稼げる?

先程も解説した計算式をもう一度持ってきますが、

・XRP:FXRP=1:1
・1XRP=10SPARK
・1FXRP=1XRP=10SPARK
・FXRP:SPARK=1:2.5

仮に5000SPARKを保有していた場合、

5000SPARK=5000×FXRP/10/2.5=200FXRP=200XRP=6000円

5000SPARKだと200XRP(約6000円)に換算できますね。

FXRP:SPARK=1:2.5

こちらの比率は常に守られるわけです。

もしSPARKトークンの価値が需要と供給の関係で2倍になったとします。

すると、同じ比率にするためには、

2FXRP:SPARK=1:2.5

2倍のFXRPを発行することができるというわけです。

ですので、SPARKトークンの価値が上がれば上がるほど、XRPを手に入れられるということになります。

2020年8月22追記

以前紹介したリップルのウォレットXUMMでSPARKトークンの申請ができるようになりました。

今回は申請方法について解説していきます。

XUUMウォレットSPARKトークン申請方法

「Continue」をクリックします。

「Continue」をクリックします。

QRコードが表示されますので、XUMMのアプリを立ち上げて読み取りします。

アプリの下の真ん中のアイコンで読み取りを行います。

「受け入れる」をタップします。

指紋認証をします。

これで署名が完了しますので、次をタップします。

自動で3番に進んでいるので、「I created my new, own ETH compatible account.Proceed」をクリックします。

続いてあなたのマイイーサウォレットの受信アドレスを入力します。

マイイーサウォレットをまだ持っていない方は作成をしてからアドレスをコピペしてください。

マイイーサウォレット作成方法は下記の記事で解説しております。

マイイーサウォレットにログインすると、あなたのアドレスが表示されておりますので、そちらをコピーして先程の欄に貼り付けを行ってください。

続いて「Next」をクリックします。

再度QRコードを読み取ります。

黄色いボタンを押してください。

QRコードが表示されますので、そちらをまたXUMMのアプリを立ち上げて読み取りを行います。

「受け入れる」をタップ。

指紋認証。

以上で申請は完了です。

あとは付与されるのを待つだけです。

また、申請した後にXRPの枚数を増やしても再申請する必要はありません。

スナップショットの日までに増やしておけば良いだけですね。

申請できたか確認する方法

「イベント」ー「アカウント設定」をタップ。

このトランザクションは成功しましたと記載されていればOK。

2020年8月21追記

2社目として、ビットバンクも浮上。

海外の仮想通貨取引所「Bitrue」でXRPをホールドしておくと、SPARKトークンの
・申請
・スナップショット
・配布
を自動で行ってくれると配信がありました。

Sparkトークン付与!Bitrue口座開設方法、入金方法

Bitrue口座開設方法

Claim Nowをクリック。

メールアドレスを入力。

続いて「送信」をクリックします。

するとbitrueより6桁の数字が送られてくるので、そちらをメール確認コードに入力。

パスワードを入力。

再度同じパスワードを入力。

招待コードは上記より口座開設して頂ければ、デフォルトで入力されていると思いますので、そのままで良いです。

サインアップをクリック。

これで口座開設は完了です。

Bitrue2段階認証方法

右上の人形アイコンをクリックして「アカウント」をクリック。

Google Authenticatorの「Bind」をクリック。

すでにグーグルオーセンティケーターのアプリをダウンロードしている場合は、「I’ve Installed」をクリック。

すると、2段階認証のQRコードと文字列が生成されますので、グーグルオーセンティケーターでQRコードを読み取るか、文字列をアプリに保存するようにしてください。

保存し終わったら「I’ve bind」をクリックします。

次に、保存したアプリに表示されている6桁の数字を入力して「Submit」をクリック。

「Finish」で2段階認証は完了です。

Bitrue本人確認方法

左上の「My Info」をクリック。

ID Verificationの「Verify」をクリック。

Issuing Countryは+81 Japanを選択。

ID Typeは提出する身分証を、パスポート、運転免許証などから選択。

First Nameは名、Last Nameは姓をローマ字で入力、Birthdayは誕生日を選択。

ID Numberはパスポートなら旅券番号、運転免許証であれば運転免許証番号を入力。

ID Expiration Dateは有効期限の日付を選択します。

入力したら「Next」をクリック。

住所を記載していきます。

ローマ字で入力します。

大変ですので、下記のjudressというサイトを利用していきましょう。

郵便番号を入力するだけで全てローマ字に住所を変換してくれます。

住所の入力が終わりましたら、+のマークをクリックして公共料金の控えをアップロードします。

住所の確認ですね(※3ヶ月以内のもの必須)

続いて身分証明書もアップロードします。パスポートの例ですと、1枚目はパスポートの表紙の部分。

2枚目は顔写真が移っているページをアップロードします。

続いてIDセルフィーをアップロードします。
・あなたの顔
・身分証明証
・Bitrue 2020年○月○日と手書きした紙
の3点を同時に撮影したものをアップロードします。

終わりましたら「Next」をクリックします。

これで本人確認は完了です。

Bitrue入金方法

続いて入金方法です。

右上の人形マークをクリックして「入金」をクリック。

入金するコイン名を検索窓から検索します。

今回はXRPと入力しました。

タグを入力しないことで〜〜というところの項目のところにチェックを入れて「預金を続行」をクリックします。

するとあなたのXRPの入金アドレスおよびタグが生成されますので、そちら宛に他の取引所ないしはウォレットより送金してください。

Bitrue出金方法

続いて、出金方法です。

左上の出金をクリックします。

アセットパスワードを設定しないと出金ができないので、「Go to Settings」をクリックします。

パスワードは6桁以上の数字で設定をします。

2回同じパスワードを入力して「Confirm」をクリック。

パスワードは忘れないようにしてください。

またグーグルオーセンティケーターの入力が求められますので、アプリを開いて表示されている6桁のパスワードを入力します。

これで完了です。

また出金のところにいくと、宛先を入力できるようになっていますので、送り先の情報を入力して、送る量を入力、先程設定したパスワードをPINコードのところに入力。

「出金XRP」で送金することができます。

2020年8月17日追記

リップル社のwietsewind氏に質問をしてみました。

私はウォレットを開設してユーチューブに開設方法の動画を投稿しました。

最新情報はありますか?

やっさん

ありがとうございました!!驚くばかり!プロセスに関する新しい情報はありませんが、@FlareNetworksより多くの情報をすぐに提供します。 XUMMを使用して申し立てを簡単にできるかどうかを確認するために彼らと協力します。

wietsewind氏

今のところ最新情報はないですが、今後FlareNetworksと強力して情報を提供してくれるようですね。

2020年8月15日追記

XUMMのアカウントのスマホ端末を紛失してしまった時

別の端末にアプリをインストールします。

新しいアカウントから「アカウントを切り替える」をタップ。

「+アカウントを追加・・・」をタップ。

「既存のアカウントをインポート」をタップ。

「全権アクセス」をタップ。

「秘密の数字」をタップ。

以前入力した数字をA〜Hまで入力します。

そのあと指示通り進めていけばアカウントが復旧できます。

今回、XRPを保有している方を対象にエアドロップが行われることが、2020年8月10日に公開されました。

詳細は来週ということですが、XUMMのウォレットが必要な可能性がありますので、

アカウント開設方法、入金方法、アクティベート方法などもろもろ開設しております。

ぜひ最後まで閲覧頂ければと思います。

リップル社出資のFlareNetworks、XRP保有量に1:1のSparkトークンを配布

1,000億のSparkトークンは、存在するXRPの量を反映するように作成されます。リップルラボに属していない約45BnのXRPトークンが存在します。

配布の目的は、リップル以外のXRP保有者が自分のXRP保有量に対して約1:1の量のSparkを請求できるようにすることです。45Bn SparkはXRP保有者が請求できるようになります(既知のRipple labsのアドレスを除いたもの)。

250Bn SparkはFlare Networks Limited(Flareの営利組織)に送られます。300億スパークはフレア財団に寄付されます。

多くのXRP所有者が実際に取引所を利用してXRPトークンを保有しているため、取引所がSparkを主張して保持するか、または全く主張しないため、Sparkを主張したいXRP所有者がSparkトークンを主張できない可能性があります。

XRPの所有者がSparkトークンを配布するように取引所に圧力をかけたり、配布する取引所に移動したりすることで、配布に参加できるようにするために、XRPの元帳のスナップショットは発売日に近い日に撮影される予定です。

参加している取引所のリストは、Flareのウェブサイトに掲載され、定期的に更新されます。スナップショットの元帳番号は、スナップショットが撮影された時点でウェブサイトに掲載されます。

https://flare.ghost.io/

8月10日にリップル社が投資しているFlare NetworksがXRPの保有量に応じたトークンの配布計画について発表しました。

XRPの保有者は1:1の割合でSparkトークンを受け取れます。

「多くのXRP所有者が実際に取引所を利用してXRPトークンを保有しているため、取引所がSparkを主張して保持するか、または全く主張しないため、Sparkを主張したいXRP所有者がSparkトークンを主張できない可能性」

>>取引所で持っている人が多いので、取引所がエアドロップをしていることを主張しなかったら、Sparkを欲しい人が手に入れられないかもしれないと。

XRPの所有者がSparkトークンを配布するように取引所に圧力をかけたり、配布する取引所に移動したりすることで、配布に参加できるようにするために、XRPの元帳のスナップショットは発売日に近い日に撮影される予定

>>XRPの保有者が取引所にSparkトークンを配るように訴えかけたり、配布が確定している取引所にXRPを送金したりする時間があるので、配布対象者の記録は直前に撮影すると。

2種類のトークン

Sparkトークン

Sparkトークンは、既存のXRPの数を反映して、1000億Sparkが作成される。

またもうひとつのトークン「FXRP」の発行の担保して利用でき、スマートコントラクトの手数料(イーサリアムで言うガス)としても利用可能とのこと。

FXRPトークン

「FXRP」はXRPの価値にペッグ(連動)された相互運用可能なトークン。

FXRPとSparkトークンの価値は相互に担保される。

技術仕様などの詳細含め来週8/16日以降に発表される予定。

@wietsewind XUMMウォレットはトークンドロップを受け取ることができますか?

@Gators_Doug

はい、XUMMは管理されていないので、あなた自身のアカウント、あなた自身の資金、それらのスナップショットを自分で管理してください。また、XRPLウォレットを使用して申し立てを行うことはできないため、資格を得ることができますが、後で申し立てを行う方法を彼らが発表すると確信しています。

@wietsewind

XRPのウォレットのXUMMはマイイーサウォレットと同じように、分散型ウォレットになります。

ですので、自分で秘密鍵なども管理することが必要。

「申請なども全部自己管理ですよ」といった感じですね。

「資格を得ることはできる」

と言っているので、申込み方法などは来週あたり発表かと。

要調整といったところですね。

また場合によっては、取引所などでももらえるかもしれませんが、念の為XUMMのアカウントは作成しておいた方が良いですね。

XRPのウォレット「XUMM」作成方法

XUMM公式サイト

XUMM IOS版ダウンロード

XUMM Android版ダウンロード

あなたのスマホに対応しているアプリを上記よりダウンロードしてください。

「入手」よりダウンロード。

「Start」をタップ。

パスコードを設定。

数字6桁で入力。

忘れないようにメモをしておいてください。

入力をしたら、「Next」をタップします。

再度同じパスコード6桁を入力します。

入力したら「Save」をタップ。

続いて、指紋認証を登録します。

「Yes」をタップ。

指紋認証を開始します。

終わったら「Yes」をタップ。

確認事項が表示されますので、「Confirm」をタップ。

続いて「Close」をタップ。

アプリにログインできましたので、右下の歯車マーク「Setting」をタップ。

「General」をタップ。

「Language」をタップ。

「日本語」をタップ。

「Yes、Im sure」をタップ。

また指紋認証が現れるので指をボタンにあてつけ認証します。

これで、日本語になりました。

「+アカウントを追加する」をタップ。

「新しいアカウントを作成する」をタップ。

「次に、わかりました」をタップ。

続いて秘密番号を登録します。

必ず設定した番号はメモをとっておくようにお願いいたします。

A、B、C・・・行全部に対して6桁の番号を登録する必要があります。

登録し終えたら「できた」をタップ。

再度、設定した6桁の番号を入力します。

A、B、C・・・行全部入力します。

入力し終えたら「次」をタップ。

「すごい!」と表示が出ますので、さらに「次」をタップ。

20XRPを入れないとアクティブにならないよという文言が表示されますので、

「次にわかりました」をタップします。

次に追加のセキュリティ画面。

こちらは特別な理由がなければ「標準」で問題ないかと思います。

続いて「アカウントラベル」を設定します。

これは、財布の名前のようなものなので、何でも良いですが、「普通預金」などで良いかと思います。

複数作成できますので、1、2という名前をつけても良いかもしれないですね。

入力したら「次へ」をタップ。

おめでとうと表示されれば、完了です。

「さあ、行こう!」をタップすれば、ウォレットに移動します。

最初あなたの受け取りアドレスが表示されていますが、目のマークをタップすれば、隠すこともできます。

そちらが受信アドレスになりますので、そちらにXRPを入金すれば反映されます。

XRPのウォレット「XUMM」入金方法アクティベート方法

ウォレットのアドレスをコピーします。

右の図はHuobiの取引所になりますが、今回はそちらから送金を行います。

コピーしたアドレスをペーストします。

XRPは通常宛先タグというものが必要なのですが、XUMMは宛先タグが不要なので、こちらは0を入力します。

出金数量を入力します。

アクティベートに必要な数量は20XRPですが、念の為多く25XRP送金します。

再度内容を確認して「出金内容を確認する」をタップ。

だいたい2秒くらいで届きました。早いですね。

送った数量から20XRPを引いた数量がトップに表示されています。

ですが、20XRPは無くなったわけではなく預けている形になります。

本日は以上です。

また新着がありましたらその都度記事公開していきますので、よろしくお願い致します。

マニュアル

仮想通貨で2万円の元手に10カ月で500倍の1000万円突破!

現在、専門知識経験不要の不労所得STARシステムを開発し、月利20%以上で資産爆増中。

①0から30万円稼ぐ秘密の裏技
②爆発的に増やす自動売買システム
③500倍に資産を増やしたメソッド

やっさんLINE公式アカウント登録者に全て無料プレゼント中!

やっさん公式ブログ
タイトルとURLをコピーしました