【仮想通貨】リップル(XRP)「口座削除」機能アップデート!

リップル(XRP)レジャー「口座削除」機能が実稼働

5月8日リップルの分散型台帳(XRPレジャー)に口座削除機能が有効化されて、実際に稼働されました。

XRPLEDGERはリップル社によって開発された分散型台帳になります。

2020年5月8日「口座削除」という機能が実装され、初めて1個のウォレットが削除されました。

なぜ機能を実装したのか?

今回の機能については2019年10月から提案されていて、XRPLedgerでウォレットを作成すると、「スパムアドレスの量産」を防止する意味も兼ねて、作成時に20XRPかかるようになっています。

不要な口座を削除することによって、作成時にかかった20XRPのうち、手数料として5XRPが差し引かれた15XRPが戻ってくるようになります。

削除しても送金履歴はそのままデータとして残るようです。

機能搭載はXRP爆上げの名残?

リップル(XRP)は2017年に1円くらいでしたが、2018年には400円近くまでになった仮想通貨です。

400倍。

返還される15XRPですが、2017年のままであれば15円にしかなりませんが、今のXRPの値段は、21円ですので、315円くらいになります。

さらに今後XRPが上昇していくのを考えれば、口座だけ作ったユーザーはXRPの返還を求めるでしょう。

それも1つの実装の背景になっています。

そもそもリップル(XRP)のウォレットってどうやって作成するの?

せっかくですので、今回はXRPのウォレットの作成までご紹介致します。

ゲートハブというオンラインウォレットになります↓

右上の「サインアップ」をクリックします。

Eメールアドレス、パスワードを入力して、□にチェックマークを入れて「サインアップ」を登録します。

これでアカウントは作成完了です。上記のように秘密鍵が生成されます。

これはとても大事な情報になりますので、必ずオフラインで(紙などにメモをとっておく)などして保管するようにしてください。

※忘れると資産がロックされてしまったり、また盗まれるとハッキングされたりしますので、十分注意してください。

上部の「リカバリーキーをダウンロード」をクリックするとテキストで秘密鍵をダウンロードすることができます。

登録したメールアドレスにメールが届きますので、「Activate account」をクリックしてください。

続いて、登録したメールアドレスとパスワードを入力して「サインイン」をクリックしてください。

個人、もしくは法人(会社の)を選択します

電話番号を入力します。

登録した携帯電話にSMSメッセージが届きますので、そちらの番号を入力するようにしてください。

各々必要事項を入力して「次へ」をクリックします。

氏名は、中間は不要です。ローマ字で入力してください。

他情報もローマ字にて入力してください。

空白などは半角英数字でお願いします。

出生地は本籍地をローマ字で入力してください。

下記のJudressというのに郵便番号を入力すると全てローマ字表記に変換してくれるので便利ですね↓

変換したらコピペで入力していきます。

続いて身分証と住所確認を提出します。

身分証明書の種類を選択してから、写真をアップロードしてください。

住所確認も3ヶ月以内のものをアップロードしてください。

そのあと「アップロードして終了」をクリックします。

XRPを選択します。

確認をクリックします。

先述しましたとおり、20のXRPが必要ですと記載がありますので、送金してからウォレットをご利用してください。

基本的には取引所でXRPを利用する方が多いと思うので、あまり利用される頻度は少ないと思いますが、オンラインウォレットを1つも持っていないという方は、利用する場面が今後あると思うので、作成しておくと良いかと思います。

本日は以上になります。

仮想通貨【暗号通貨】

★LINE友達追加プレゼント企画★

0から30万円稼ぐ資産構築メソッドプレゼント中です。
プレゼントの受け取り方は簡単。
僕のLINE@に登録するだけで、”完全無料”でプレゼントいたします↓
さらに、感想を頂けた方に関しては、もっと短期間で爆益を手に入れる(ツール)について
こっそり教えちゃいます♪

リップル(XRP)最前線!やっさん公式ブログ
タイトルとURLをコピーしました