この手法を使って平均月利17.5%で資産爆増中!

リップル社CEOが米商品先物取引委員会(CFTC)委員とダボスで登壇

リップル社

リップルCEOのbgarlinghouseは、火曜日午後4時20分(中央ヨーロッパ標準時)にダボスで開催されるBloombergHouseで、CFTC委員のCarolineDPhamとともに「Crypto at a Crossroads」に登壇します: デジタル資産の将来性

ライブ中継をご覧ください:https://www.youtube.com/channel/UC7UFcUbAd8oyCBWCogVpJ6g

※ブルームバーグ(Bloomberg L.P.)は、経済、金融情報の配信、通信社、放送事業を手がけるアメリカ合衆国の大手総合情報サービス会社

リップル社ブラッドガーリングハウスCEO

いくぞ! 2024年は大きくなる

多くの場合、投機的な事例が目立つのですが、投機的でない暗号資産の利用事例にはどのようなものがあると思いますか?

方針を作成する際に、どのように明確にするんですか?

>>

新しいルールの立案について話すことがあります。

技術に関するルールを作ることはあまりない。

一般的には、機能をめぐるルールや法律を策定することが多い。

例えば、KYCはお客様のことをよく知るということですが、それは変わりません。

暗号を使用しているからといって、マネーロンダリング防止法が変わるわけではありません。

暗号を使用しているからといってこのような法律を別個のものとして考える必要はないと思います。

率直に言って、バイナンスの和解で見られたように、それが適用されているかどうかを確認する必要があります。

米国では裁判所が動き出した。

米国の裁判所は規制当局よりも早く動いている。

そんなの普通じゃない。

つまり、私は裁判所が実際に動いていることをうれしく思っている。

でも、もっといい方法があるはずだ。

SECのことを主に言っているのですが、SECが実際に時間をかけて、訴訟を起訴するための新しい求人や仕事内容をウェブサイト上で公開したのを覚えています。

なぜ、英国がそうであるように、欧州連合(EU)がそうであるように、UAEがそうであるように、ヴァラもそうであるように、実際にどのように動くべきかを体系化するために人を雇わないのか。

ご存知のとおり、私たちはSamのOpenAIに「アメリカをどのように規制すべきか」と入力して、SECから得るよりも優れた回答を得ることができるかもしれません。

実際、まだ試していないかもしれませんが、とにかく試してみるべきです。

とにかく、驚くべきことは、私が本当に感じているのは、アメリカがこの市場でリーダーになり、多くの企業が先駆者である一方で、アメリカ政府がまだこの市場を支えるためのフレームワークを提供していないということです。

リップル社は、現在世界中で使われているものを大幅に改善するブロックチェーン基盤の金融インフラを構築することで、決済の近代化に着手した。 

暗号資産にとって決済は依然として最良の使用例なのか?

そして、他の使用例という点で、決済は何につながるのだろうか?

>>

私が入社した9年前には、社内に3つの異なるグループがあり、個人情報ソリューションと決済ソリューションに取り組んでいました。

そして3つ目はずいぶん前のことなので今は忘れてしまいましたが、私たちは本当に明確な、本当の問題を解決しているものに集中しようということになりました。

我々はその市場においてほんの少しだけ前進できたかもしれないが、それは巨大な市場だ。

今日、スイスのこの部屋に座っている多くの人が、海外送金を経験したことがあると思う。

しかし、海外送金はまだ摩擦が多く、エラー率も高い。

しかし、こうしたテクノロジーを活用すれば、KYCやAMLなどの基本原則を犠牲にすることなく、海外送金をよりシンプルに、より迅速に行えるようになります。

ですから、決済の機会は依然として非常に大きいと思います。

私が言いたいのは、リップル社も業界全体も、他にもさまざまなアプローチをしているということです。

ある者は消費者ベースのソリューション

リップル社は企業とそのインフラに非常に力を入れています 素晴らしい活用事例が他にもあると思います

米国でETFが承認され、Black Rockのような大手金融機関も参入していることは、それを後押しするものだと思います。

しかし、私たちは確実に実用性を重視する必要があると思います。

現実世界の資産をトークン化し、市場参加への機会を大衆化するという話は、この会場にいる皆さんも耳にしたことがあると思います。

それが商業不動産であろうと、私は非常に現実的だと思う。

また、IDベースのソリューションや、投票ベースのソリューションに取り組んでいるところもあります。私はそれらの専門家ではありませんが、ブロックチェーンベースのソリューションは今後も注目されるでしょう。

今後数年間で、より多くの現実的な使用例が普及すると思う。

AIに関して、お二人はAIがこの業界の発展にどのような影響を与えるとお考えですか?

>>

その件から始めようと思うのだが、私が思うに、非常に重要な技術を持っている場合はいつでも、その技術に注目する必要がある。

そして、これはダボス会議での暗号の例でも同じだ。

ダボス会議ではAiの話題で持ちきりだから、暗号はダボス会議ではつまらなくなった。

私はそれが実際、非常に有望で非常に興奮する新技術の自然な成り行きだと思う。

AIはその旅を始めている。

そして、そこには規制上の障害やハードルがあるだろう。

そして、何が本当の実用性なのか、どのようなビジネスモデルなのかを明確にする必要があると思います。

そして、そのビジネスモデルはどのように適用されるのか。

しかし、明らかに AIは非常に有望な技術だと思う。

私は、AIは「旅」のようなものだと考えている。

そして、テクノロジーの流行サイクルのようなものを、我々はまだその初期段階にいる。

そして、それこそが興奮とチャンスの一部なのだ。

昨年、それぞれの立場から私たちが学んだ最大の教訓は何だと思いますか?

>>

暗号を取り巻く状況は、リスク管理の面で自業自得と言わざるを得ません。

しかし、私は、暗号をめぐる今後の好機と、明確な道しるべを得ることの両方を考えています。

しかし、それは遅くて辛いもので、苛立ちを伴うものです。

米国で選挙が行われれば、何らかの変化が起こると思います。

私は、SECの現議長は政治的な権力を行使していると思う。

私は、政治的な課題を遂行してきたのであって、良い政策課題を遂行してきたのではないと思う。

そして、私は、それがいつ、どのように変化するかが問題なのだと思う。

xrp

特に初心者だけど投資で毎月安定して「10万円目指したい」って人にはかなり有益な情報になると思いますので今後の配信をお見逃しなく!!まずはこちらをご覧くださいね!

やっさん公式ブログ
タイトルとURLをコピーしました