1時間で30万円稼ぐ資産構築法プレゼント中!

Lucretius(LUC)をXUMMにエアドロップ最新情報

Lucretius(LUC)

プロジェクト Lucretius
対象者XRPホルダー、LUCホルダー、ツイッターフォロワー
エアドロップ配布日XRPホルダー分は 2022年6月~6カ月 5%づつ20回に分割配布
LUCホルダー分2022年6月~6カ月
5%づつ20回に分割配布
ツイッターフォロワー分はLUCホルダー分配布後
スナップショット日XRPホルダー
2022年6月1日22時(日本時間)

参加資格:200LUC保持
1000XRPまでの残高に応じて


LUCホルダー
2022年 2月25日LUC残高の20%
2022年 3月5日 LUC残高の 20%
2022年 4月10日 LUC残高の 20%
2022年 4月20日 LUC残高の 10%
2022年 5月5日 LUC残高の 10%
2022年 5月15日 LUC残高の 10%
2022年 5月25日 LUC残高の 20%
ICO&IDO&IEO LUC残高の 10%


ツイッターフォロワー
2022年6月15日締め切り5万フォロワーまで

5000万LUCを5万人に分配
公式サポートアカウントにXUMMの受け取りアドレスをツイッターで送信が必要
トラストラインの設定直リンク
公式サイトhttps://lucretius.games/
対応ウォレット・XUMM WALLET
上場取引所Bitrue、Crypto.com

購入できる取引所(Bitrue)

SologenicDexとXUMMを接続して購入する方法

上記の公式サイトへアクセス

先に公式サイトの「SET TRUSTLINE」でトラストラインを引いておいてください。

「BUY NOW」をタップ

右上の「Skip」をタップ

左上の3本線をタップ

「CONNECT WALLET」をタップ

「XUMM App」をタップ

「CONNECT XUMM WALLET」をタップ

「XUMM Wallet」をタップ

XUMMのパスコード数字6桁を入力

「スライドして承認する」を左から右にスライド

XUMMのパスコード数字6桁を入力

「閉じる」をタップ

購入枚数を入力

「CONFIRM」をタップ

「Didn’t receive a notification? Click here!」をタップ

「Didn’t receive a notification? Click here!」をタップ

「XUMM Wallet」をタップ

XUMMのパスコード数字6桁を入力

「スライドして承認する」を左から右にスライド

「続ける」をタップ

XUMMのパスコード数字6桁を入力

「閉じる」をタップ

LUC残高が増えているのを確認してください。

Xrptoolkit とXUMMを接続して購入する方法

XRP Toolkit
XRP Toolkit is a platform for managing crypto assets on the XRP ledger.

上記よりXrptoolkitにアクセス。

「三本線」をタップ

「Connect Wallet」をタップ

「Xumm App」をタップ

「Connect XUMM」をタップ

「Open XUMM」をタップ

XUMMのパスコード数字6桁を入力

「スライドして承認する」を左から右にスライド

XUMMのパスコード数字6桁を入力

「閉じる」をタップ

「三本線」をタップ

「Trade」をタップ

「XRP-USD」をタップ

「USD(Bitstamp)」をタップ

「LUC」をタップ

「Switch」をタップ

「Place sell order」をタップ

市場価格(Market)か指値価格(Limit)が選択出来ます。市場価格だと失敗しやすいので、今回は指値価格で購入します。

「Limit」をタップ

購入するLUCの枚数を入力

指値のXRP価格を入力

注意:価格は1枚の価格です。購入する合計枚数の価格を入力するととんでもない価格になる可能性があるのでよく確認してください

Totalで合計金額を確認

「Place buy order」をタップ

XUMMのパスコード数字6桁を入力

「スライドして承認する」を左から右にスライド

「続ける」をタップ

XUMMのパスコード数字6桁を入力

「閉じる」をタップ

トランザクションが処理されます

「Transaction succeeded」と表示されれば完了です。

XUMMの取引履歴で残高を確認してください

最新情報

3/18~3/24

3/15~3/18

エアドロップ情報

5/25日更新。6/16日にツイッターフォロワーリスト閉鎖。

ロードマップ

2022年第1四半期

1月15日

Lucretiusサイト仮バージョン開設、LUCトークン発行、Lucretiusコミュニティーの構築とニュース拡散開始

2月5日

ウェブサイトでのプライベートセール第1ラウンド開始(2月5日午前10時UTC~2月7日午前10時UTC) Lucretiusウェブサイトのアップデートをリリース

2月7日

Lucretiusホームページにて第2次プライベートセール開始(2月7日~10日)

2月10日

IDO(2月10日午後2時(UTC)から2月14日午後2時(UTC)まで

2月15日

個人売買のための配信

2月25日

LUCトークンをCEXに上場 リリースサイト更新

3月5日

Lucretiusのマップと構想を公開

2022年第2四半期

3月25日~4月25日
LUCトークンを主要5社に上場する
取引所(CEX)


4月20日
Lucretiusのゲームの紹介


4月25日~6月25日
暗号インフルエンサーを活用し、主要な取引所(CEX)でAMAセッションを複数回開催してニュースを広める


5月~9月
エアドロップによるトークン配布で流動性を計画的に倍増

2022年第3四半期

グローバルにコミュニティを拡大し続ける

Lucretiusシステム内で全資産をNFTとして造幣する

さらなる流動性の創出

ブロックチェーンAPIを完成させる

2022年第4四半期

デモの起動(テストネット)

Lucretiusゲームと統合するブロックチェーンAPIの完成

ゲームのテスト

2023年第1四半期

Lucretius システムの最初のバージョンを発売

ユーザーへの報酬

分散型金融システム

ウェブ版のLucretiusゲームを開発

2022年第2四半期

Lucretiusのios版とandroid版の開発・発売

機能追加、システムの拡大

2023年第3四半期

メタバースにゲームをさらに追加して交流をより深める

メタバースシティに商業組織を展開

トークン情報

名称Lucretius トークン
ティッカーシンボルLUC
ブロックチェーンネットワークXRPL
トータル供給10億枚
最大供給10億枚
目的LUCトークンの割り当て
初期費用2億枚
ユーザー報酬5000万枚
プラットフォーム報酬1億枚
エコシステム1億5000万枚
エアドロップ1億枚
エアドロップ(Twitter)5000万枚
チームとアドバイザー1億5000万枚
ステーキング報酬用2億枚

LUCトークンの総供給量は10億枚です。

1.2億万枚(20%)は、初回提供イベントの合計です。

合計で 2月に4回の販売イベントを開催します。

2月5日-7日 2500万枚(2.5%)LUCトークンのプライベートセール(第1回)を各0.008XRPで提供。

2月7日-10日 2500万枚(2.5%)LUCのプライベートセール第2弾を各0.01XRPで提供。

2月10日~3月14日 5000万枚(5%)のIDOを各0.012 XRPで提供。

1億枚(10%)はIEO(Initial Exchange Offering)実施日および 取引所の詳細については、確定次第お知らせします。

2.5000万枚(5%)は、当社の各種ユーザー報酬に充当します。

ユーザー参加とゲーム牽引力の維持のため。

3. 1億枚(10%)は、プラットフォームリワードプログラムに使用されます。

このプログラムは大会に参加したプレイヤーに報酬が支払われます。

4.1億5000万枚 (15%)はLucretiusのエコシステムに使用されます。

これらのトークンは、以下の用途に使用されます。

エコシステム開発の様々な取り組み、新機能、アップデート、その他関連すること

5.1億枚(10%)は、エアドロップのためのものです。

エアドロップは複数回に分けて開催する予定です。

市場の流動性を高めるため、数回に分けて実施します。

市場が流動性を必要としていることをチームが検知するたびに、LUCトークンをトラストラインに送信します。

合計10万のトラストラインがLUCトークンを受け取る資格があります。

XRPとLUCトークンの保有量に応じて、エアドロップのイベントを開催します。

7500万LUCトークンはLUC保有者に配布され、2500万LUCトークンはXRP保有者に配布します。
エアドロップ・イベントのスナップショットは2022年4月25日に行われます。

配布は2022年5月から3~6ヶ月の間に行われる予定です。

また、市場の流動性需要に応じて配布が行われます。

注:LUC保有者数が10万人を超えた場合、Lucretiusはトラストラインの数を変更する権利を有します。

6.5000万枚(5%)は、当社のTwitterエアドロップ・イベントのためのものです。

このイベントで、最初の5万人のTwitterフォロワーに1000LUCトークンを配布します。

7. 1億5000万枚 (15%) は、Lucretiusチーム(創業メンバー、非創業メンバー)およびアドバイザーに割り当てる予定です。

2億枚(20%)は、ステーキング・プログラムの報酬として確保されます。
どのユーザーもトークンをステークしてプログラムに参加し、流通量を減らし、見返りとして報酬を得ることができます。

ホワイトペーパー

概要

Lucretiusは、無限の楽しさと冒険に満ちた完全分散型メタバース・ウェブベース・ゲームです。

他のユーザーとつながり、新しい友人を作り、コミュニティイベントに参加し、コンテストに勝ち、マーケットプレイスでNFTを交換するなど、さまざまな楽しみがある、素敵な新しい複合施設です。

Lucretiusでは、楽しみが尽きることはありません。

オークションイベント、美術展、コンサートなどに参加できるほか、Play & Earnでは、楽しむことで報酬を得ることも可能です。

2つの世界のいいとこ取りをしたような、ウェブベースのゲームとして際立っているのです。

NFTが何か分からなくても、爽快なゲーム体験と、NFTを入手・取引したいプレイヤーにプラットフォームを提供します。

Lucretiusは、ブロックチェーンプレーヤーだけのためのゲームとして作られたわけではありません。

他の主流なゲームプラットフォームからすぐに乗りかえれるようなゲームコミュニティーの構造をしています。

それらのユニークな切り口は、魅力的なゲームストーリーをメタバースやブロックチェーン技術の基礎につなげる素晴らしい方法を提供します。

これらの特徴により、Lucretiusは何百万人ものゲーマーをブロックチェーンシステムに引き付け、その過程で複数の収入の流れを生み出すことができます。

このプロジェクトでは、XRPLを活用していて、それは高度なゲーム内DeFi機能を容易にします。

Lucretiusの紹介

ゲーム概要

Lucretiusシステムへようこそ!

このシステムでは、オークション、展示会、コンテストなどのコミュニティイベントを開催し、仲間を作り、協力し合うことができます。

他のプレイヤーと交流し、コミュニティイベントに参加することで、報酬を獲得することができます。

プレイヤーはこの報酬を使って、ゲーム内の資産と交換することができます。

Lucretiusシステムは、ゲームコミュニティ、ブロックチェーン愛好家、DeFiオタクの大部分を魅了する素敵な構想を持つアプリケーションを作るための試みです。

Lucretiusシステムのマップは、XRPのロゴから着想を得ています。

ゲームの最初のバージョンは、ほぼ30万平方フィートのスペースでローンチされる予定です。

複合施設は2つのフロアに広がり、27の店舗が入る予定です(1階に27店舗、2階に3店舗。このゲームは、流動的で直感的、かつ魅力的なインターフェイスを備え、多くの機能を探索することができます。

プレイヤーであるあなたは、ゲームの分散型機能やDeFiを完全にコントロールすることができます。

さらに、Lucretiusプロジェクトは、終わることのない物語で構築されており、それは継続的で永遠に生き続けるものです。

Lucretiusの事業目的、市場、ターゲット層は、ブロックチェーンプレーヤーだけではありません。

暗号通貨やブロックチェーン技術全般に関する予備知識は一切必要ありません。

メインターゲットは、ゲームコミュニティの冒険好きな層です。

私たちのターゲット層は、ブロックチェーンゲームコミュニティよりもやや大きく、ひいては収益の可能性も高いです。

Lucretiusシステムのゴールは、感動的な背景ス物語、素敵な構想、楽しい機能などの特徴を持つユニークなゲームです。

これらの特質を踏まえ、このゲームがターゲットとするゲーム業界の顧客層を考慮すると、私たちは次のように確信しています。

Lucretiusは、短期間で100万人のプレイヤーを獲得し、グローバルに活躍することができます。

その最大の理由は、ゲームを楽しむために、この種のゲームへの興味や知識、経験を一切必要としないことです。

XRPLブロックチェーン技術の力を十分に引き出しながら、それに伴うあらゆる複雑さからプレイヤーを解き放ちます

主な特徴

Lucretiusには、楽しく、簡単に操作しやすい多くの機能が搭載されています。

Lucretiusは、以下の3つのエリアで構成されています。

プレイエリア。

他のプレイヤーと一緒に、ビリヤード、ボーリング、ポーカーなど、さまざまなゲームを楽しむことができます。

今後のバージョンアップで、さらに多くのゲームが追加される予定です。

子供用の遊び場、ラリーレース場、アドベンチャーゲーム、ゴルフコースなどがあります。

コミュニケーションエリアには、コミュニケーション、トレード、オークション会場があります。

ここでは、すべてのプレーヤーが真の意味で交流し、つながることができます。

アバターアイテムやゲーム内資産を他のプレイヤーと交換することができます。

また、ギャラリーでは、クリエイターによるオークションや先行販売会、プレゼント企画などを実施することができます。

クラブ/コンサート/カンファレンスエリア:あらゆる種類のソーシャル活動に利用できる多目的エリアです。

プレイヤーはこのエリアを借りて、クラブ活動、カンファレンス、AMAセッションなど、さまざまな活動を行うことができます。

大物DJ、レコードプロデューサー、音楽アーティストなどは、このスペースを借りてコンサートを開き、その場でチケットを販売することも可能です。

中央のエリア。

第1弾では、中層部に27のショップがあり、プレイヤーや他のユーザーが商品を購入したり、展示に利用することができます。

このうち24店舗は1階に、残り3店舗は2階にあります。

これらのショップはNFTとして鋳造されるため、すべてのショップに対して27個のトークンが存在することになります。

トークンの所有者はショップを所有し、ショップの貸し出し、商品の販売、使用に関するすべての権限を持ちます。

プレイヤーや他のユーザーは、ショップとそのオーナーに関するすべての詳細を確認することができます。

また、下部にある詳細ページでは、ショップのウェブサイトやソーシャルメディアへのリンクが表示されます。

注:Lucretiusでは、27店舗のうち6店舗がムーンライトナイトのプラットフォームで予約されています。

2階:複合施設の2階は、ホールがある場所です。デフォルトでギャラリーとして機能する大広間です。

壁には精巧なアート作品が飾られており、誰でもクリックすることで作家の情報を見ることができる。

MLNで認定されたすべてのアーティストは、ここで作品を展示し、マーケットプレイスに作品集のリンクを貼る権利を有します。

また、作家の制限を設けており、発売時に発表する予定です。

また、このホールでは、展示イベントも開催される予定です。

展示会の運営は、クリエイターが担当します。

その他、ゲームに欠かせない要素は以下の通りです。

アバター:ゲーム内では、すべてのプレイヤーがアバターで表現されます。

アバターは、他のプレイヤーと交流する際に使用するものです。

アバターには、様々な資産を追加することで、見た目を変えることができます。

プロジェクトクリエイターは、NFTアバターを注文してゲームに追加することができます。注文時の価格は、注文時期によって異なります。

ゲーム内資産:システム内で購入し、配置することができるアイテム。

ゲーム内で購入できるものには、アバター、ショップ、コンサートチケット、ギャラリー/展示ホールのアート作品などがある。

これらのアセットはNFTとして鋳造され、Lucretiusのシステム内でプレイヤー同士が交換することができます。

ただし、コンサートチケットなど一部の資産には有効期限があり、施設外での使用はできません。

評判の良いアクティブなプレイヤーには、参加・活動レベルに応じて特別な特典が与えられるシステムも導入されます。

例えば、3段階のシステムを導入し、システム内での活動や他のプレイヤーとの交流によって、ステータスをアップさせることができます。

冒険の共有とコミュニティイベント:Lucretiusシステムの第一の目的は、すべてのプレイヤーの間でコミュニティ意識を育む雰囲気を作り出すことです。

この施設では、プレイヤーが集まり、コミュニティイベントを開催することが可能になります。

その他、今後のバージョンアップで登場する素晴らしい機能は以下の通りです。

ゲーム内クロスチェーンマーケットプレイスNFTのマーケットプレイスは、Lucretiusの主要な役割を担います。

このマーケットプレイスはXRPL台帳をベースとし、プレイヤーが購入した資産に不変の所有権を付与します。

このマーケットプレイスは、Lucretiusでの体験の一部としてプレイヤーが集まる中心的な活動拠点となることが期待されています。

プレイヤーは、XRPL、イーサリアム、ソラナといった異なるブロックチェーンネットワークでNFTを売却することができます。

複合施設に追加される多くのゲーム:複合施設に多くのゲームが追加され、その提供内容に多様性が加わります。

ラリーレース、ゴルフ、その他のアドベンチャー/ミステリーゲームなどのゲームが追加される予定です。

そのため、ゴルフ場、ラリーレース場、子供の遊び場などを複合施設の外に作る予定です。

それと同じように、各ゲームの周辺にお店を増やして、複合施設の周りの町も発展させていきます。

ブロックチェーン機能

ゲームのネイティブ通貨はLUCトークンです。

これは、XRPLネットワーク上で動作する暗号通貨としてミラーリングされています。

これにより、遊んだり、投資などシステムを利用することができます。

LUCトークンの総供給量は10億枚であり、以下はその用途の一部です。

プレイヤー間の交換媒体として使用することができます。

NFTやその他のデジタルアセットをLUCを使用して購入することができます。

LUCステーキングは、プレイヤーに報酬を提供することができます。

複合施設は、タスクを完了したり、コンペティションに勝利したりすると、アクティブなユーザーにLUCトークンを報酬として与えることができます。

XLS-20/XRPLの互換性イーサリアムは、NFTの機能性をサポートした最初のブロックチェーンネットワークです。

つまり、イーサリアム上では、NFTを簡単に鋳造、取引、さらに燃焼することができます。イーサリアムのネットワークの欠点は、トラフィックが多いときに混雑しやすいことです。

この混雑により、取引速度が非常に遅くなり、取引手数料が非常に高くなります。

一方、XRPLは超効率的なブロックチェーンベースの決済処理プラットフォームで、高速での取引(3~5秒)と低い取引手数料を保証しています。

つまり、極めて高速で信頼性が高く、最小限のエネルギーしか必要としない分散型パブリックブロックチェーンなのです。

XRPL固有の利点(スピードとコスト)により、NFTの鋳造、取引、燃焼のためのプラットフォームとしてイーサリアムネットワークに代わる完璧な存在となっています。

XRPLは、イーサリアムのブロックチェーン・ネットワークのように混雑することなく、数千の取引を同時に処理することができます。

NFT産業は急速に拡大しており、その成長はXRPLネットワークにも及んでいます。

2021年9月、XRPLの親会社であるRipple Labsは、開発者、コンテンツクリエイター、アーティスト、ブランド向けに、XRPLの新しいユースケースを開発・実装するための2億5千万ドルのファンドを公開しました。

さらに最近では、2022年1月12日にRippleXが、XRPLのブロックチェーンのNFTの能力をテストするために、XLS-20ベースのNFT-Devnetをユーザー向けにリリースしました。

これで、開発者やXRPLコミュニティの他のメンバーは、ブロックチェーン上で初めてNFTを鋳造することができるようになりました。

Lucretiusのシステムは、XLS-20に対応しています。

つまり、LucretiusはNFTの全能力と機能をXRPLに実装する。

ゲーム資産

コレクションと希少性

希少価値やコレクション性はゲームの基本であり、Lucretiusシステムも同様です。

Lucretiusシステムも同様で、いくつかの限定アイテムや希少なNFTなどが含まれています。

また、ユーザーが作成したコンテンツも多数含まれます。

このシステムは非常に透明性が高く、例えば、エコシステムに存在する資産の数など、あらゆる関連情報が表示されます。

このゲームは分散型構造を採用しており、全体的な体験を向上させるのに役立ちます。

完全に分散化された資産

ブロックチェーンベースのゲームのほとんどは、資産の所有権を意味する少量のバイナリデータとしてNFTを配備しています。

Lucretiusでは、NFTはより多くの機能性と特性を持つことになります。各NFTの見た目、非物理的性質(スピード、強さなど)、資産を実装するゲームロジックを完全にコントロールすることができます。

多くのブロックチェーンゲームでは、この情報はプレイヤーの管理下ではなく、ゲーム会社の完全な管理下にある別の場所に保存されていることが多いのです。

Lucretiusでは、これを可能な限り改善するように努めています。

Lucretiusでは、オンチェーンにあるアイテムについて、より多くのデータを保存しています。また、物事のロジックは、無料/自由/オープンソースのゲームで定義され、オンチェーンで実行されることになります。

マーケットプレイスと取引

システムにおける資産の分散所有の結果として、異なるマーケットプレイスで保有資産をシームレスに取引することができます。

この機能はゲーム内で購入したものをより多く獲得するための報酬系になります。

これらのアイテムは、複数のマーケットプレイスで販売することができます。

拡張し続ける世界

NFTクリエーター

Lucretius NFTクリエーターは、プレイヤーが図形で定義された特定の制約に基づいてゲーム内資産を構築できるユニークな機能です。

デザインの独自性によっては、NFTの作成に多くの材料が必要となる場合があります。図形が大きいほど、NFTの作成に使用される材料も多くなります。

Lucretiusは、悪用を防ぐため、NFTの作成に制約的なルールと審査手順を課す権利を有します。

NFT作成機能は、コンペティションやLUCトークンでの販売を通じて、徐々にユーザーに提供される予定です。

ゲームクリエイター

Lucretiusのゲームクリエーターは、ミニゲーム、冒険、コンテストなど、ユーザーが自由に作成することができる機能です。

主な機能は以下の通りです。

地形。障害物コースを作成することができます。地形にアイテムを配置するだけなので、とても簡単です。

プレイヤーは、地形を作り、それを利用することで、迷路の障害物コースを発展させていきます。

ゲームの最初のバージョンでは、迷路、レース場、ダンスホール、パーティーなど、コミュニティが作成したイベントを開催します。

参加するためにゲーム内資産を必要とする抽選会やコンペティションを開発することができます。

収益化のチャンスは無限にあります。

現実世界と同じように、コンサートを開催してチケットを販売することも可能です。

プログラマーインターフェースとスクリプト:開発者向けにAPIを公開し、スクリプト言語を統合することで、ゲームを拡張可能にすることを検討しています。

これにより、ルクレチウス内のプレイヤーや開発者の創造的な可能性が広がるかもしれません。

ゲームコア

バックエンド:XRPL

Lucretiusプロジェクトの最初のレイヤーは、ゲームのためのバックエンドインフラです。エコシステムのあらゆる部分が、XRPL上で動作するように開発されました。

言い換えれば、このエコシステムはXRPLを利用して、ユーザーアカウント、トークン転送、リレーショナルデータ、プレイヤーの進捗状況など、超高速のネットワークを受け継いだゲームとなります。

プレイヤーは、シームレスな没入感を味わうことができます。

XRPLのユニークな特質がもたらすものLucretiusは、ブロックチェーン上の複雑なバックエンドロジックを光速で実行することができます。そのため、プレイヤーは毎回、没入感、応答性、シームレスなゲームプレイを楽しむことができます。

フロントエンド:Unity

クライアント領域は、Lucretiusの2番目のレイヤーで、unityで開発されています。

このレイヤーの主な事は、ゲームプレイの反復性や日々の活動など、長期的にプレイヤーの定着を促進するような側面が中心となっています。

そのため、このレイヤーでは、あらゆるタイプのプレイヤーが楽しめるように、また、最も評価の高いゲームになるように設計されています。また、バックエンドとフロントエンドをつなぐレイヤーでもあります。

ログイン・登録の問題や、マルチプレイ機能の安定性の確保する機能もあります。

ゲームエコノミー

Lucretiusの3つ目の領域は、経済インフラです。NFT取引、ショップの販売とレンタル、LUCトークンの取引など、ゲームに関わる部分をカバーしています。

バックエンド:XRPL

Lucretiusシステムの体験全体(ゲーム、NFTマーケットプレイス、オークションロジック)は、XRPL上で行われます。

フロントエンド:ウェブとUnity

マーケットプレイスやオークションのフロントエンドは、ゲームに組み込まれたウェブアプリケーションとしてアクセスすることができます。

また、ユーザーエクスペリエンスの一部は、Unityで直接行われることもあります。

ガバナンスDAO

Lucretiusプロジェクトは、ゲームだけでなく、ゲームに付随する様々な仕組みを構築していきます。 Lucretius評議会と呼ばれる本格的な分散型自治組織です。

バックエンド :XRPL

Lucretius評議会の投票やガバナンスのルールは、XRPL上で簡単に実装することができます。

このネットワークは、ガバナンスに関連するすべてのタスクを迅速に処理することが可能です。

フロントエンド :ウェブ

DAOのインターフェースは、Lucretius システムの外側のWebアプリケーションとなる予定です。

トークンの実用性
LUCトークンはLucretiusのエコシステムで幅広い実用性を享受することができます。

いくつかのは、以下のとおりです。

支払いLUCトークンは、すべてのユーザーがLucretiusのシステムでアイテムを購入するための通貨です。
分散型金融Lucretiusシステムは、ユーザーがステーキングに参加することができます。

LUCトークンを貸し出し、その利息を受け取ることができるプログラムです。

また、ステーキングプログラムに参加したユーザーには収益が発生すると、その一定割合が報酬として支払われます。

ステーキングリワードとして配布されます。

言い換えると、 ステーキングプログラムに参加したユーザーに 取引手数料、ショップ販売等の資産売却による収益の一部を分配します。

また、システム内のすべてのNFTには、DeFi機能が搭載されます。
買い戻しや担保設定など。
プレイして稼ぐまた、ユーザーはタスクを完了したり、勝利することでLUCトークンを獲得することができます。。

Lucretiusシステム内で行われるコンテストやその他の活動に参加することができます。

これにより、ユーザーの参加意欲を刺激し、牽引力を維持することができます。

分散型金融要素

報酬

私たちの戦略の一つは、最もアクティブでやる気のあるプレーヤーに豊富な金銭的報酬を提供することです。

私たちは、そのようなプレイヤーに対して、多大な報酬を与えます。

ステーキング収量
ステーキングと報酬の予測に基づき、ステーキング報酬用に相当量のLUCトークンを確保する予定です。
この報酬は、プレイヤーがトークンを保持する動機付けになります。
特に、プロジェクトの初期段階では、ほとんどの機能がまだ開発中です。
ステーキングプログラムは、これらの機能が完成し、リリースされるにつれて減少していきます。

NFTの担保
プレイヤーがLucretiusシステムでNFTを購入すると、価格の一部がNFTと連動した特定の担保口座に入る仕組みになっています。
これにより、プレイヤーはロックされた担保の価値(またはその一部)と引き換えに、NFTをシステムに売却(焼却)することができるようになります。

NFTのレンタル
Lucretiusシステムでは、スマートコントラクトを利用して、自分のNFTを他のプレイヤーに貸し出すことができます。スマートコントラクトは、NFTが所有者に戻り、借りたプレーヤーがオブジェクトを再販売したり破壊したりできないようにします。

Lucretiusは、プレイヤーのコミュニティによって統治されるLucretius評議会と呼ばれる独自の分散型組織を持つ、真にプレイヤーが所有するゲームになることを目指しています。
この評議会は、ゲーム内の意思決定権の大部分を引き継ぐことになります。
Lucretius評議会は、ゲーム内の問題だけでなく、複雑な開発や将来の資金調達に関連する提案の両方に対処する、ゲーム生態系の重要な要素になる予定です。

まとめ

Lucretiusプロジェクトは、ユニークな機能を満載した素晴らしい新しいメタバースです。

このような素晴らしい機能の一例として、ゲーム内のクロスチェーンNFTマーケットプレイスがあり、プレイヤーは様々なブロックチェーンネットワークでNFTを取引することができます。

このゲームには大きな報酬があり、アクティブで熱心なプレイヤーはポイントやLUCトークンで報酬を得ることができます。

LUCトークンはLucretiusシステムのネイティブ通貨であり、唯一の支払い手段として認められています。プレイヤーはLUCトークンを使って、LucretiusシステムでNFTやその他のゲーム内資産を獲得することができます。

このゲームは、超効率的なXRPL台帳をベースに構築されており、プレイヤーは驚くほど没入感のあるゲームプレイを体験することができます。

インターフェースは視覚的に魅力的で また、操作性も非常に良く、いつでもどこでも楽しめるゲームとなっています。

共同創業者のメッセージ

本日は、私たちの今後の計画や開発プロセスについてお話したいと思います。また、皆さんからたくさんの質問をいただきましたので、そのすべてにお答えしようと思います。

しかし、多くの質問が私たちの開発プロセスやメタバースについてで、LUCトークンについての質問もあり、大変うれしく思います。

まずはLUCトークンについて、そしてメタバースについて、その仕組みと今後の展開について説明します。

そもそも3月はLUCトークンの時期で、4月はLucretiusの時期です。

ですから、3月は開発プロセスに集中する一方で、LUCを取引所に上場させるための作業も行っており、LUCを上場させるための他の最良の選択肢を交渉し、探しているところです。

BinanceやKucoin、そういった取引所への上場について、多くの方が質問しています。

これは私たちだけでなく、私たちも好きな場所に上場することを決めることはできません。

これらの取引所の中には、取引量などいくつかの要件を必要とするところもあります。例えば、何百万、何千万という取引量を要求してくる取引所もあるんですよ、上場申請する前に。

ですから、まず自分たちで準備をし、一歩一歩進んでいく必要があります。

もちろん、Binanceにすぐに上場するというわけにはいきません。

そして、上場にはコストがかかりますので、そのコストも考えなければなりません。

開発費をリスクにさらすわけにはいきませんし、上場のためにすべての資金を支払うことはできませんので、まずは開発費を確保し、安全に動く必要があります。

ですから、一流の取引所への上場も検討しますが、一歩一歩進む必要があります。

XPRLトークンをサポートしていない取引所もありますので、希望する取引所に上場することはできませんが、投資家が私たちのトークンに投資できるよう、流動性を提供できる最適な取引所を選択するため、現在もいろいろと検討しています。

現在、Bitrue、Probit、XTの3つの取引所に上場するための交渉を終えています。

ProbityとXT取引所については、現在XPRLネットワークと取引所を統合しているため、上場は数日後になりますが、おそらく今週中に行われると思われ、これらの取引所がどのように統合を迅速に行うことができるかを検討しています。

現在、さらに多くの取引所と交渉中であり、取引所からの確認が取れ次第、発表する予定です。この3社は私たちの第一候補であり、上場は継続されます。

私たちはLUCトークンのために多くのマーケティングを計画しています。

LUCトークンの大きなマーケットを作ろうと思っています。現在、4番目と5番目の取引所を探しており、どこかの取引所から確認が取れれば発表する予定です。

今日、私は私たちのメタバースについてもっと話したいと思います。

多くの皆さんが、メタバースがどのように見えるのか、どのように機能するのか、どれくらいの数のゲームやゲーム会社との提携など、多くの質問を持っているからです。

まず、私たちの開発について説明したいと思います。このゲーム、メタバースは私たちのチームによって開発されており、このバージョンのメタバースの開発には提携はありません。

メタバースにゲームを追加するために他社と提携する予定ですが、この最初のバージョンではありません。

現在、メタバース第2弾を計画中です。第1弾はすでに計画済みで、開発中ですので、4月2日以降に開発に関するすべてを発表する予定です。3月はLUCの時期、4月はLucretiusの時期です。

4月2日からは、私たちの開発、タスク、デザイン、ショップ、そしてメタバースにおけるゲームのすべての活動についてのニュースを広めることを期待しています。

まず、最初のバージョンのメタバースについて説明します。

メタバースの最初のバージョンは、ホワイトペーパーで紹介したような複合施設になります。

この複合施設では、27のNFTショップからなる1つのショッピングモールを構築します。

このNFTショッピングモールにある27のNFTショップは、他のプロジェクトからの購入やレンタルが可能です。NFTを展示・販売することができます。NFTショップのうち6店舗はMLNトークンで予約済みで、21店舗が利用可能です。

複合施設内には主に3つのエリアがあります。

最初のエリアは、コンセプトとカンファレンスホールです。

すべてのプロジェクトやプロジェクトクリエーターは、そのエリアを借りて、カンファレンスやAMA、プレゼントなどのイベントを行うことができ、このコンセプトホールでは、多くのDJを呼んでイベントを立ち上げることができます。ユーザーはすべてのイベントに参加することができます

もう一つのホールは、トレードエリアとオプションエリア
トレードエリアでは、ユーザー同士がNFTを交換したり、ショップで購入したり、複合施設内の他のプロジェクトで購入したり、ショップを訪れてNFTを購入したりすることができます。

メタバースは、最初のバージョンではエクセレンス・トレーニングと統合され、2番目のバージョンでは、イーサリアムなどの他のネットワークとの統合を図り、メタバース内で多くのNFTを表示し、他のネットワークからのNFTを取引できるようにしようとしています。


オプションエリアとトレードエリアでは、すべてのユーザーがお互いのNFTや資産をトレードすることができ、メタバース内のすべての資産はNFTとして鋳造されるため、誰もが簡単に自分の資産をトレードすることができます。

また、オプションエリアでは、プロジェクトクリエイターがICOやIDOを行ったり、トークンセール用のオプションを作ったりすることができます。

プレイエリアでは、たくさんのゲームが登場します。最初のバージョンでは、まず3、4種類のゲームを追加する予定です。

実は、メタバースには、たくさんのゲームを追加する予定です。

最初のバージョンアップでは、ゲームによって1カ月から2カ月に1回程度、また、他の企業を招いてパートナーシップを結び、メタバースにゲームを追加していく予定です。

また、ギャラリーや展示のための別のスペースも用意される予定です。

プロジェクトは、このスペースを展示やイベントのために利用することができます。

このエリアの一部は、MLNトークンのために確保され、アーティストのためのギャラリーを作るために使われる予定です。

これは、ゲームの最初のバージョンで、メタバースがどのように見えるかの最初のバージョンです。

セカンドバージョンでは、多くの方からショップについての質問があります。

27店舗しかありませんが、将来的には他のプロジェクトやその争奪戦と連動させたい場合。

この複合施設はあくまでメタバースの第1バージョンで、第2バージョンでは複合施設の周辺に街を作り、そこにたくさんのゲームを追加していく予定です。

その中には、お店や家、車など、あらゆるものが入っています。

ユーザー向けの割引やタスク、プレイタスクがあり、ゲームをプレイしてイベントなどに参加すれば、収入を得ることができるようになります。

第2弾のコンセプトは現在検討中で、実現に向けて情報やアイデアを集めているところです。

最初のバージョンは、エクセレンス・トレーニングと統合される予定です。

ウォレットを接続すると、ゲームはあなたのウォレットにあるすべてのNFTを読み取ります。そのスペースでNFTをトレードすることができますが、NFTの一部は私たちのゲームエリアやメタバーススペースで有用な、デザインされたものになる予定です。

その資産で、お互いに取引することができ、その領域で使用することができます。

もうひとつお話させてください。

4月前半から、毎週、あるいは2週間ごとに、開発過程をすべて公開する予定です。

4月後半から開発プロセスの詳細を公開する予定ですが、最高の品質と最速の方法で加工できるように努力しています。

LUCの価格について

LUCの価格が上昇し、連日、史上最高値(ATH)を更新していることについて、多くの皆様からお声を頂いております。LUCトークンの価格はどうなるのか、という質問もあります。

私たちは市場をコントロールしたいわけではなく、他の人や私たちのサポーターをサポートしたいだけなのです。私たちは、LUCとは何か、どのように成長できるかを投資家に明らかにしたいのです。説明しましょう。


現在、10万件のトラストラインがあり、約2000人のホルダーがいます。

もし、ホルダーが1万人になったら、あるいは5万人になったら、どのようなことを期待しますか?私たちはそれを可能にしようとしているのです。


だから、LUCのキャパシティの1〜2%でいいと思うし、キャパシティのすべてを使わなければならない。

私たちのエアドロップの詳細 アンセムは、トークンの流動性を確保せずに配布することはなかったため、変更を行いました。私たちのエアドロップには、独自の条件とポリシーがあります。私たちはすべてのウォレットからスナップショットを取ります。

Bitrueが私たちのエアドロップに含まれているかどうか尋ねている人がいますが、私はほぼイエスと言うことができますが、私たちは確信していません。BitrueのLUC保有者のスナップショットを提供してもらえるよう、Bitrueと交渉中です。

方法は2つあります。

Bitrueが私たちに協力し、BitrueウォレットのLUCホルダーのスナップショットを提供してくれるなら、すべてのLUCホルダーがエアドロップの対象となります。

実は、Bitrueアカウントで行われたすべての取引のスナップショットはすでに取得しているのですが、XUMMウォレットに戻ってきた金額を確認する必要があります。

もしBitrueからスナップショットを取得できない場合は、4月10日から20日の間に日付またはパーセンテージを変更します。

今のところ、イールドファーミングへの参加について心配する必要はありません。

全ホルダーがイールドファーミングに参加できます。ビットリュウがLUCの保有者のスナップショットを取引所に提供してくれることは90%確実ですが、提供できない場合は、スナップショットの日付やパーセンテージを変更する予定です。

20日後にLucretiusのマップを共有し、我々のタスクの1つを表示します。

そして、メタバースが立ち上がるまでの間、私たちのウェブサイトで1つの活動を計画し、それをきちんと行い、それについて発表を行います。

多くの活動、多くのマーケティングキャンペーンが準備されていますが、あなた方はLUCに集中するだけです。

市場規模は今のところ2,000人強ですが、今後2〜3ヶ月で5万人、最低でも5万人のホルダーを獲得できるよう取り組んでいます。ですから、先ほど申し上げたように、マーケットはキャパシティの1〜2%で動いているに過ぎません。

私たちはLucretiusを巨大化させようとしており、チーム全員で1日約20時間、懸命に働いています。少なくとも16時間、17時間、18時間、でも私は20時間以上です。そして、最高の品質でより速くするために、たくさん働いています。

ニュース

仮想通貨で2万円の元手に10カ月で500倍の1000万円突破!

現在、専門知識経験不要の不労所得STARシステムを開発し、月利20%以上で資産爆増中。

①0から30万円稼ぐ秘密の裏技
②爆発的に増やす自動売買システム
③500倍に資産を増やしたメソッド

やっさんLINE公式アカウント登録者に全て無料プレゼント中!

やっさん公式ブログ
タイトルとURLをコピーしました