1時間で30万円稼ぐ資産構築法プレゼント中!

リップルSEC訴訟ホーガン弁護士が結果予想の動画をアップ最新情報

結論

訴訟予想は、50.12%の確率でリップル勝利 29.88%の確率でSECが勝つ。リップルが負ける可能性があるが、その中で勝つ可能性は19.11%で、これは引き分け。

YOUTUBEリンク

私の予想は結果の可能性に基づいて行われます。

私の予想は結果の可能性に基づいて行われます。

なぜなら、考えられる結果がいくつかあり、次の10分から15分で、それをすべて説明します。

この事件は正式にトーレス裁判官の手に渡った。

彼女はその気になれば明日にでも意見を述べることができるだろうが、それはしないだろう。

まず最初に言っておきますが、SECの準備書面は、以前の2通よりもはるかに優れています。

以前の2通は印象的ではありませんでしたが、この準備書面はずっと優れており、少なくとも、xrpが証券として販売されたという立場について、裁判官にまとまった考えを与えており、良い仕事をした思いました。

裁判所は、議論の余地のない事実と状況をすべて分析すべきです。

これには被告の発言と行動、xrpとリップルの経済実態、財務的要因と契約上の条件が含まれています。

xrpの販売に関する契約条件(投資意図を示す価格調整値引きなど)議論の余地のない事実は、投資家がxrpにお金を払い、リップル社はその資金をxrpの普及と利用価値の追求のために使用すると述べたこと。

リップル社はまた、投資家に対して、xrpが成功した場合の価値を見出すと述べたこと。

投資家に対して、もし成功すれば、xrpの需要は増加し、xrpの利益を得られるよう投資家の期待を集めていた。

機関投資家を含む投資家はxrpに20億ドル以上を投資し、彼らは期待をしていたので、リップル社とその主要株主はxrpの巨大な山を所有していた。

リップル社とその主要な意思決定者は巨額のxrpを持ち、彼らがした約束を守り、彼らが資金的に必要としたことを行うために売上金を大規模な取り組みに充てる、それはxrpの価値を高めることだと。

SECは以前に起訴して成功した事例をうまく利用していると思います。

テレグラムやLBRYの事例、そしてもちろんキック・インタラクティブの事例も説得力のある資料として使っています。

キック訴訟は、トーレス判事と全く同じニューヨーク南地区で判決が下されたため、リップル社にとって最も問題であった

しかし、リップルは私が前に見たことがないような戦いをした

私は感動した、私は簡単に感動しない

リップル社の最終準備書面を見ると、どの法的問題にも足を踏み入れていることがわかる。

第一に、SECはxrpのすべての販売行為が金銭的なものであることを証明できていないこと。

第二に、xrpは投資契約として販売されていないこと

第三に、共通の企業体は存在しないこと

第四に、xrp購入者は投資契約を締結していなかったこと

購入者はxrpの価格を上昇させるためにリップル社に頼ってはいなかった。

裁判所は、SECの権威を定義する法律を改正するよう求めている。

SECが反論を勝ち取るためには、裁判所が、投資契約が存在しうるというSECの理論を支持する必要がある。

SECが企業とは何かと言うことも、そのような企業を定義する要素のいずれかを証明することもできないとしても、引用された共通の企業が存在しうるという証券取引委員会の理論を支持しなければならないだろう。

リップル社は努力する約束をせず、その義務をはっきり表明しなかったにもかかわらず、また、

利益が圧倒的にリップル社の努力ではなく、市場の力によるものであるにもかかわらず、 リップル社の努力から利益を期待することは合理的であったとする証券取引委員会の説を支持する必要がある

法廷はまた、リップル社に参加しないと明言したすべての意見書が、リップル社に参加すると結論付けなければならないだろう。

彼らは共通の企業に参加したわけではなく、企業に参加し、そこから利益を期待したりすることはリップル社の努力に基づくというのは間違っている。

私は議論と事例について多くの時間を費やして考えてきた

私は今、非合法な準備書面を提出できることを誇りに思います

リップル対SEC事件の予想をするにあたり、この事件のすべての申し立てを読みました

すべての公聴会を聞きました

すべての問題を研究しました

彼女がどのように判断するのか見るために、トーレス判事の他の意見も読んだ。

引退した連邦判事とも相談したのだが、彼らは私を嫌っていた。

リップル社勝訴の可能性

私は、リップル訴訟には4つの可能性があると考える。

あなたが正確さを好むことを知っているので、私はそれぞれの可能性に正確に起こる確率を示した。

パーセントの確率で起こることであり、私が最も可能性が高いと思うものから始めることにします。

パーセントの確率で起こることであり、その結果は太鼓判です

私は正確に49.56パーセントだと思います。

その確率でリップル社が略式判決で勝利し、xrp が証券として販売されておらず、リップル社の勝利となる。

リップル社が勝つと思う理由は、リップル社はxrpの購入者に対して、販売後に法的義務を負わなかったからです。

この問題については、上訴ではリップル社が勝つかもしれないが、審判レベルでは勝てないと考えている弁護士もいる。

トーレス裁判官の他の意見も読んだが、彼女はまさにこのような勇気ある判決を下すような裁判官だと思うし、この問題ではリップルが勝つと思う。

リップル社がこの問題で勝つと思うのは、リップル社が正しく、先月にパラダイム・オペレーションのアミカスブリーフからこの問題で予想外の支援を受けた

パラダイム社は投資会社だが、その準備書面で、法律事務所の仕事を引き合いに出している。

その法律事務所の1つは、実際に非常に驚くべきことを行った。

それを行うには1年か2年かかったに違いないが、彼らは証券違反に関連する266の法的判断を検討し、その準備書面の2ページには、連邦政府を包括的に分析した結果、明らかにしたと書いている。

連邦法および上訴法を総合的に分析した結果、投資契約取引に関するHowayの分析を原資産に関する結論に変換しようとする証券取引委員会の試みを支持する根拠は存在しないことが明らかになった

投資契約は、発行者と投資資金を提供する投資家の間に何らかの明確な法的関係があるとされたが、リップルのケースでは、リップルとxrpの間に継続的な法的関係がないことが明らかである。

SECはそれに対処できていない

米国の最高裁判所がその準備書面において引用した判例はデイヴィス対リオランチョ・エステート事件で、裁判所は、原告と被告の間には業務委託契約はなく、被告は購入契約によってそのような業務を行う義務を負っていないと判断し、当事者間に共通の業務がない場合には、企業の利益を期待することはできないとしている。

当事者間に共通の企業がない場合、転売時の利益に対する期待は、本質的に単なる不動産の売却であるものを投資契約の売却に変えるには不十分である。

そうすると、今日のHoway社が全く同じオレンジ畑を売却するとしたらどうだろうか。

30年代に行ったのと全く同じオレンジ畑を、購入者に販売後の義務を負わせることなく販売したとしたら、その裁判でどうなっていただろう。

リップル社とコインベースでxrpを購入した人たちとの間に違いはありません 法律の基本的な解釈です 法律は販売契約ではなく、投資契約を要求していますリップル社はxrpを売っていて、それ以上何かをする法的な約束はしていません。

その通りです リップル社はXRPを販売しているのです さらに何かをするという法的な約束はしていないのです

私はあなたにそれを売って、あなたのお金を取ります。

それは資産の販売であって証券ではありません

私の一番の予想は、この問題ではリップル社が勝つということです。

しかし、私はこの問題にあまりに情熱的なので、話を進めます。

もうあなたを退屈させてしまったかもしれません。

Howayテストの2番目の要素である「企業」については、私より頭のいい人もいるので、このことについて話すのは問題だと思いますが、資産の売り手と買い手の間に共通の企業が必要で、私たちの事例があるニューヨーク州では、リビットの事例が法的拘束力を持ち、その定義によると共通の企業とは,投資家の資産がすべて一緒に集められ,投資家全員がその計画から生じる利益と損失のリスクを共有する企業であると定義しています。

企業とは、あるいは企業であったとは、おそらくこの事件の主要な問題であるが、SECは55ページ中5~6ページしか費やさず、この問題について話しています。

リップル社は資金を集め、それをデジタルエコシステムの構築を含む運営に使用することで、共通の企業を設立した。

その場合、SECは2つの大きな問題を抱えることになります。

1つは、xrp Ledgerは販売が行われるずっと前から存在していたため、販売された資金のどれもが実際にLedgerを構築するために使われたわけではありません。

第2に、もしトークン価値の上昇や下落を裁判の判断材料にするなら、それはRevit事件やそれらの事件で要求されるようなもので、そのトークン価値がリップル社の努力に関連していることを証明しなければならない

そうでなければ、共通の企業が存在しない

テストのもう一つの要素である利益に対する期待も存在しない。

この時点で実際に SEC はそれが期待できるものであると証明するだけでなく、実際にそれが起こったことを証明しなければならない。

SECはこの分野で4つの大きな問題を抱えています。

共通の企業に関する議論

第1に、どのような購入者がリップル社が価格を上げることを期待することができたのでしょうか。

リップル社が法的義務を負っていないのに、xrpの価格を上げるために、どのように信頼することができるのでしょうか。

それは、テスラを買って、その価値が上がらなかったときにイーロン・マスクを訴えるようなものです。

SECが抱えている2つ目の問題は、リップル社がジョン・ディートン弁護士を通じて、実際のxrp保有者から何百もの宣誓供述書を提出していることだ。

第3に、SECは明らかにリップル社の努力がxrpの価格に何らかの影響を与えたかどうかという問題についての専門家証人を見捨てたが専門家証人の分析は、ほとんどの場合、特に2018年から、xrpの価格は、おそらく皆さんもご存知のように、暗号市場に基づいて動くということであり、リップル社が行うビジネスの動きには連動しません。ということだ。

さて、これらの問題に対してSECが証明する証拠の一例です xrpの購入者が価格の上昇を理由にリップル社に 依存していたことを証明するものです

「私たちが関心を持っているのは、信頼の効用と流動性がネットワークを成長させることであり、xrpの価値と全体の組織にとって実際に最良のものになることなのです。」2014年クリスラーセン

このような発言はリップル社を不利にするものですが、これは裁判であり証拠です。

問題は、SECが誰かがYouTubeのインタビューを見て、それを見て、「クリス・ラーセンという人はいい人そうだし、xrpの価格を上げるために努力していると言っているからあのxrpを買いに行こう」と思わせたことを証明する責任を果たしたかということです。

つまりSECは証拠の未解決事項を解決しなければならないのです。

さあさあ、シャンパンを置いて、大事なところで話をしよう。

SEC勝訴の可能性

リップル社対SCC訴訟の結果、2番目に可能性が高いのは 私の予想では29.99%の確率でリップル社が負けることです

そう、これは明確な可能性であり、私はあなたに嘘をつくつもりはない、裁判が絶対勝利するとか、負けるはずがないと言う人の言うことを聞いてはいけないのです。

私は勝てるはずの裁判に負けたことがあります。

私は敗訴したはずの案件を略式判決で勝ち取ったことがあります。

私たちは一人の裁判官に、多くの複雑な新しい情報を読み解き、非常に難しい決断を下すように依頼しているのです。

これは簡単なケースではありませんし、どうしてリップル社が負けるのかと聞かれるかもしれませんが、実はリップル社が勝つという分析よりもずっと簡単なことなのです。

そのプロセスの第1段階は、トーレス判事が、基本的な法令上の分析として、以下のように判断することだと思います。

投資契約が販売後の義務を必要とするかどうかは、彼女が判断するには目新しすぎる問題で、この問題は上訴裁判所で判断されるべきです。

私は以前、そのような判断をする裁判官を見てきました。

そして、このような重大な決断を下すことは、トーレス裁判官にとって大きな決断であり、それは彼女の勇気を必要とします。

また、裁判官にとっては、上訴することを承知の上で不利な判決を下す方が簡単で、上訴裁判所でその問題に取り組めば、審判レベルの裁判官は、次に波及する損失に対処する必要がない場合があります。

トーレス判事はHowieテストの4つの要素を評価し、SECに同意すると思います。

なぜなら、リップル社は単にxrpの販売から得た資金を事業資金として使用しており、特に2013年から2018年はxrpの消費的利用があまりなく、投機目的のために購入されたに違いないと考えているからです。

リップル社の社員がxrpの価格について語った電子メールやYouTubeの動画は、8年分の仕事をしたことになります。

リップル社が潜在的な投資家にその努力から利益を得ることを期待させたかどうかが問題であり、それは経済的現実とリップル社の表現によって答えられるものであって、各個人がどのような動機を持っていたかは関係ない

もう一つ説明させてください。

リップル社が負ける確率は30.1%で、それは実際には損失ではない損失を含んでいます。

どういう意味かというと、ブラッド・ガーリンハウスが最近、リップル社は銀行に10億ドル持っていると言いました。

暗号技術の記録的な失望と罰金を支払うよう命じられる可能性があり、非常に大きな金額を支払うことで、おそらくそのビジネスを継続することができます。

そこで問題になってくるのが、リップル社の損失額はいくらになるのか、そしてリップル社は廃業に追い込まれるのか、ということです。

2013年から2020年の第3四半期までにリップル社が10億と3億8800万ドル相当のxrpを販売したとSECは主張しています。

これが想定される損害額と罰金です

この数字から私が言いたいのはたとえリップル社が100%の損失を出しても財務的に嵐を乗り切ることができるかもしれないということです

例えば裁判官がオンデマンド流動性の利用事例が生まれた2018年までのxrpの販売だけを違法販売と判断すれば 奨励額はそのほぼ半分になり リップル社はその損失をそのまま切り抜けられるでしょう

だから、私はこのような状況を損失として含めています

分割して判断すると、初期のxrpの販売は有価証券の販売でしたが、ある時点でその認定を失い、非有価証券となりました

この結果は、私は以前はそうなると思っていました

ジョン・ディートン弁護士も賛成していましたが、最近、私はその可能性が低いと思い始めています

なぜならば主にトーレス裁判官は理にかなった決定をしなければならないからです

彼女は自分の意見を書き出さなければならず、それはとても難しいことです。

リップル社のある売上は機関投資家向けに行われ、ある売上は公開市場で行われ、ある売上はリップル社の一般資金と別口座から隔離され、ある売上は米国市民向けに行われ、ある売上は米国市民以外向けに行われ、それらの売上は米国の連邦法では計上されないというものでした。

つまり、分割するためには論理的な切り口を考えなければなりませんが、裁判官はこれを理解することができません。

彼女は最初の判決を下し、その後、当事者がどの売上高が何であるかを伝えることに頼らなければなりません。これは非常に難しい状況ですが、とにかく詳細が多すぎる。

引き分けの可能性

リップル損失の話から、リップル事件の結果に関する第三の可能性へと進みましょう

最後の可能性は、19.14159の確率で発生します。

それは、すぐに勝者が決まらない驚きの判決です。

この訴訟の可能な結果について話してきましたが、ここで誰もが、公正な通知の抗弁はどうなのか、ヒンマン電子メールはどうなのか、と考えていたのではないでしょうか。

ヒンマン電子メールはリップル社の準備書面23ページに登場しますが、非常に特定の点を打ち消すためだけに使われ、見事に改ざんされています

私は前に、電子メールは、リップル社の公正通知の抗弁を裏付けるためだけに使われていると述べましたが、そうではありませんでした。

5条違反に関連すると思っていたので、たとえそれが編集されていても

何が書いてあるのかわかりませんが私の直感では、リップル社はこのメールへの言及を強制したのだと思います。

というのも、リップル社はこの準備書面において、裁判官の前で悪質な内容を明らかにしたかったからです。

この準備書面では公正通知の抗弁を主張しないので、この方法しかなかったのだと思います。

リップル社がとった大きなリスクにつながります。

そして、なぜ、この申し立てでは決着がつかないのか。

リップル社が公正通知の申し立てで行ったことは、賭けだったということです。

最初の準備書面では、裁判官が公正通知の主張を判断するのは適切ではなく、裁判では陪審員が判断すべきであると主張しました。

その後、それについて議論するのをやめました。

このような場合、SECからの反論が必要となり、裁判はさらに長引くことになります。

SECは、なぜ公正取引の主張が裁判に持ち込まれるべきではないと考えているのでしょうか。

31ページの一番下の脚注を読みました。

SEC の率直な発言に驚きました。実際的な理由があります。

なぜそのような弁護が陪審員によって審理されないのか、また審理されるべきではないのか?

SECの内部審議や無数の市場参加者の考えを証拠として提出することになり、SECからの反論が必要となり、さらに裁判が長引くことになります。

なぜなら、リップル社は私たちxrpが実際に行ったこと、行わなかったことについて証拠を提出することができ、その結果自分たちを弁護しなければならなくなるからです。

しかし、もし裁判官がリップル社に同意すれば、弁護側は陪審にかけるべきでしょう。

どうせ陪審裁判をするのなら、すべての問題を明らかにした方がいいというのが、一般的な司法の考え方かもしれません。

この難しい暗号技術について判決を下さなければならないという、裁判官のプレッシャーもなくなります。

今年、実際にあったことなのですが、明らかに裁判長が判断すべき問題なのに、裁判長がどうしても判断しようとしない

リップル社はこの裁判を決着をつけたくてたまらないのでしょうし、あなたも納得できないでしょう。

裁判は早くて2023年の夏まで、もしかしたらそれ以降も続くかもしれませんが、それはそれで仕方がありません。

考えもしなかった展開の可能性

4つ目の、そして この事件の結果について、最後の可能性を考えてみました。

それは、裁判官が、私が考えもしなかったような驚くべきことをすることです。

例えば、リップル社の公正な通知の弁護を認めたり、独断で何かしたりすることです。

その可能性は、5.3%、いや7%かもしれません。

私はそれが何であるか分からないので議論することはできませんが、4番目の可能性は、誰も本当に考えつかなかったことであり、それは時々訴訟で起こります。

結論として、法的概要公式訴訟予想は、リップルが勝つ確率が50.12%、SECが勝ち、リップルが負ける可能性もあるが勝つ確率は29.88%、そこに19.11%です。

このラウンドは引き分けで、2023年に裁判が行われる可能性があります。そして、5~7%の確率で予想外のことが起こります。

言い換えれば、110.6%の確率で何かがまもなく起こります。

最後に、この訴訟の結果はいつ分かるのでしょうか?

私の友人のジェームズ・フィラン弁護士は、2023年3月31日かそれ以前に起こるだろうと言っていますが、彼が言う通りならそれはそれとして、それはそれです。

マニュアル

仮想通貨で2万円の元手に10カ月で500倍の1000万円突破!

月利20%以上で資産爆増中。

✅本当は教えたくない「ハイブリット資産運用術」
✅投資経験ゼロでも毎月10万円目指せる投資手法を限定公開
✅YouTubeでは言えない仮想通貨の裏情報

特に初心者だけど投資で毎月安定して「10万円目指したい」って人にはかなり有益な情報になると思いますので今後の配信をお見逃しなく!!まずはこちらをご覧くださいね!

やっさん公式ブログ
タイトルとURLをコピーしました