1時間で30万円稼ぐ資産構築法プレゼント中!

リップル社は米国ではなくMiCA暗号規制を見越し欧州やイギリスで展開

やっさん
やっさん

ポイント

・リップル社は現在米国でなく欧州で展開

・アイルランドでサービスができるようにライセンスを求めている

・リップル法律顧問はSEC訴訟問題が2023年前半に出ると予想

・リップル社は欧州連合のMiCA暗号規制を見越している

・現在イギリスにも重要視している

リップル社法律顧問スチュワート氏

ロンドンにいる間、ライアン・ブラウンと楽しくおしゃべりした。私たちが話したように、FTXの倒産は、世界中の責任ある経済拠点が、規制の枠組みを正しく作るために努力するよう求めるものなのです。

CNBCでテクノロジー業界を担当する記者ライアン氏

暗号弱気相場にもかかわらず、リップル社はヨーロッパで活動を倍増し、欧州全域でサービスを売り込むことができるようにアイルランドでVASPライセンスを求めています。

SECからの訴訟の後、「事実上、リップル社は米国外で活動している」とスチュワート氏は私に言いました。

https://www.cnbc.com/2022/11/18/crypto-startup-ripple-seeks-license-in-ireland-to-drive-eu-expansion.html

※VASP・・・Virtual Asset Service Providersの略で、仮想通貨などのデジタル資産に関するサービスを提供する業者や団体。マネーロンダリングやテロリストへの資金が流れないような対策などを行う政府間機関FATFによって定義される。

アメリカに拠点を置く暗号企業リップルは、もはやアメリカからその収入のほとんどを得ておらず、ヨーロッパでその範囲を拡大しようとしていると、その幹部の弁護士が述べました。

今週初め、CNBCとのインタビューで、リップル社の法律顧問スチュアート・アルデロティ氏は、証券取引委員会との膨大な法的闘争からの影響により、今日「事実上、リップル社は米国外で活動している」と述べました。

” 我々はまだ米国内に多くの従業員を抱えているにもかかわらず、本質的に、その製品と収益はすべて米国外で消費されています “と彼は付け加えました。

同時に、リップル社はヨーロッパでの存在感を高めています。

この新興企業は現在、アイルランド共和国に2人の従業員を抱えている。

アルデロティ氏がCNBCに語ったところによると、リップル社はアイルランドに拠点を置く企業を通じて欧州連合全域でサービスを「売り込む」ことができるよう、アイルランド中央銀行から仮想資産サービスプロバイダー(VASP)ライセンスを取得しようとしているとのことです。

リップル社はまた、アイルランドで電子マネーのライセンスを「間もなく」申請する予定です。

ヨーロッパへの投資の決意は、”暗号の冬 “と呼ばれている暗号市場の深い落ち込みにもかかわらず行われます。

ダブリンのデイム街にあるアイルランド中央銀行本店
暗号資産取引所GEMINI

アイルランドの中央銀行は以前、暗号取引所ジェミニにVASPライセンスを渡しています。

ブロックチェーン技術を使って金融機関が世界中でお金を動かすのを助けるリップル社は、世界で750人以上の従業員を抱え、その約半数は米国に拠点を置いています。

約60人はロンドンオフィスに拠点を置いており、今週アルデロティが年次スウェルイベントのためにイギリスを訪問していた際に、そのオフィスを訪れています。

2023年にSECの判決が出る見込み
2020年、米国証券取引委員会はリップル社に対し、同社と同社の幹部が2012年に作った暗号通貨XRPを有価証券として登録せずに投資家に違法に販売したとして訴訟を開始しました。

リップル社は、このトークンは投資契約とみなされるべきではなく、銀行やその他の金融機関間の国境を越えた取引を行うために事業で使用されているとし、この主張に反論している。

アルデロティ氏は、この件に関する判決は2023年前半に出るだろうと述べた。

最終的な法的準備書面の提出期限は11月30日で、その後、裁判官は判決を下すか、あるいは議論の余地のある事実があると判断した場合には陪審裁判に委ねることができる。

※陪審制・・・陪審員が判決や事実認定を行う合法的な手続きのこと。陪審員は陪審制度を採用している裁判手続きにおいて、一定の基準と手続きにより一般市民の中から選ばれ、その審判に立ち会う人。

「私たちの訴訟は、今が最終段階の入り口の段階だ」とアルデロティは言う。

訴訟の過程で、リップル社は2018年6月の元SEC職員ビル・ヒンマン氏の講演に関連する文書を入手するために戦い、それが訴訟に役立っていると述べています。

講演の中で、ヒンマン氏は、イーサーの販売というライバルトークンの販売は、”証券取引ではない “と述べている。

SECとの厳しい争いにもかかわらず、リップル社は「米国の政策立案者と非常によく協力し合っている」とアルデロティは述べています。

XRPはかつて第3位の暗号通貨で、2018年初頭には1200億ドルの市場価値を誇っていました。

しかし、米国の規制当局の監視とビットコインや他のデジタル通貨のより広範囲の低迷の中で、それ以来、急激に下落した。

先週は、サム・バンクマン-フリード氏の暗号取引所FTXの衝撃的な破綻により、暗号通貨は大暴落した。

バンクマン-フリード氏の投資会社は、FTXの顧客資金を使ってリスクの高い取引を行ったとされ、CNBCが以前報じた。

顧客が出金を要求し、ライバル取引所バイナンスが同社を買収するための不確定な合意を破棄したため、同社は流動性危機に陥った。

バンクマン=フリード氏は、FTXを320億ドルの大企業に成長させるにあたり、「過信」「不注意」をしてしまったと述べている。

同氏は、自分の知る限りでは、FTXは50億ドル程度の負債を抱えていると思っていたが、実際には130億ドル程度であったと述べている。

アルデロティ氏は、FTX社の倒産は、”責任ある経済拠点が正しい方向に向かうための行動要求 であると述べた。

水曜日、リップルCEOのブラッド・ガーリンハウス氏は、暗号が規制されていないという考えは ” 言いすぎ ” であるとCNBCに語った。

しかし、彼は、”透明性は信用を築く “と付け加えました。

“暗号は決して晴れやかなバラだけでなく、業界として、それは成長する必要があります。”

ガーリングハウス氏はCNBCの “Squawk Box Europe” で述べました。

リップル社はFTXの破綻とその際の規制当局の対応に言及する可能性は低いとアルデロティ氏は付け加えました。

XRPをめぐる論争の中には、同社がトークンの一部を保有していることに原因があるものもあります。

リップル社は以前、流通するXRPトークンの60%もの株式を保有していました。

アルデロティ氏によると、同社はその後、その量を半分以下の49%に減らしたという。

リップル社は、供給するXRPを公開市場に放出することで、売上の大半を稼ぎ出している。

過去3年間、同社は個人トレーダーではなく企業顧客にのみXRPを販売してきたと、アルデロティ氏は述べています。

非公開企業であるリップル社は、その収益を公にはしていない。

今年、同社は決済事業者や他の金融機関との間で、同社と密接に結び付いたトークンであるXRPを用いて、100億ドルの国境を越えた取引を処理した。

リップル社は、投資家から直近で150億ドル規模と評価されていた。

CoinMarketCapのデータによると、XRPの時価総額は190億ドルです。

ヨーロッパでの展開
リップル社のヨーロッパ展開の推進は、欧州連合のMiCA暗号規制が今後数年で発効されることを見越してのものです。

MiCAは、27の加盟国全体で暗号資産に関する規則を揃えることを目的としています。

これは、今年初めに欧州連合の国会議員によって可決されました。

MiCA暗号規制・・・MiCAは、EU(欧州連合)の暗号資産サービスプロバイダーに向けて暗号資産市場規制を示す法案。

2020年9月に原案が提出され、その後いくつかの要件を追加し、2022年6月に欧州理事会にて暫定合意に達した。

現在立法化が進められており、10月10日の欧州議会での承認を経て、早ければ2024年初頭に法律として制定される。

欧州連合は、ブロックチェーン上のアートや その他の資産の所有権を記録するデジタル資産の特殊なタイプであるNFT(nonfungible tokens)のための別の規制をまだ考え出す必要があるかもしれないと述べている。

「MiCAは非常に良いスタートだと思います」と、アルデロティは述べています。

イギリスも重要視しています。

リップル社は月曜日、イギリスがどのように暗号を規制すべきと考えるかをまとめたガイドラインを発表しました。

英国議会では、金融規制当局に暗号のより大きな権限を与える法案が作成されていますが、これはまだ法律にはなっていません。

暗号の専門家は、暗号といわゆる「Web3」のファンであるリシ・スナク首相が、この国を企業が進出するためのより魅力的な場所にするために、規制の明確化を発表することを期待しています。

集団訴​​訟弁護士ジョンディートン氏

リップル社は、(あなたがそれを認めるかどうかにかかわらず)非常に重要な会社ではありますが、1つの会社に過ぎません。

#XRPは10年後もトップ10の暗号であり、過去10年と同様です(あなたが好むと好まざるとに関わらず)。

そして、デジタル資産は、米国があろうとなかろうと、前進していくでしょう。

Ripple/XRP/Flareのガイドと情報誌を作成しているXRP_Cro氏

“暗号新興企業リップル…” 😂

10年以上の事業実績があり、100億ドル以上の評価額を持つ新興企業。

いいですよ。

新興企業・・・新しく設立された企業。 設立から間もなく、規模や経営基盤などが小さい企業。 特に、ベンチャー企業をさす。

マニュアル

仮想通貨で2万円の元手に10カ月で500倍の1000万円突破!

月利20%以上で資産爆増中。

✅本当は教えたくない「ハイブリット資産運用術」
✅投資経験ゼロでも毎月10万円目指せる投資手法を限定公開
✅YouTubeでは言えない仮想通貨の裏情報

特に初心者だけど投資で毎月安定して「10万円目指したい」って人にはかなり有益な情報になると思いますので今後の配信をお見逃しなく!!まずはこちらをご覧くださいね!

やっさん公式ブログ
タイトルとURLをコピーしました