1時間で30万円稼ぐ資産構築法プレゼント中!

ADAの創設者はリップル訴訟が12月15日に和解する噂を聞いたと発言

https://www.youtube.com/watch?v=EW2QDxVlpIY&t=1148s

19:08

リップル社の裁判が12月15日に和解するという噂を聞きました

それは業界にとって破滅的な影響を与えるかもしれません しかしあなたは前進し続けるだけです

何が起ころうともそれは分散型エコシステムであり あなた方がコントロールするものであり、アメリカ合衆国ではありません

カルダノの生死を決めるのはあなたです

それが分散型エコシステムのポイントです

暗号通貨とNFTの投資家トレーダーユーチューバーメイソン氏

12月15日にXRPの訴訟が終わるかも?

チャールズ・ホスキンソン氏(カルダノ創業者)は、その可能性があると言っている!?

なぜ人々は証券取引委員会の訴訟を恐れているのでしょうか。ガーリングハウスは、アメリカにはリップルやそのトークンを倒す力はないとさえ言っています。彼らは、アジアや他の大陸でより多くのコネを持っています。しかし、彼らが負けたとき、規制の力は増大し、混乱をもたらすだろう。

私は法律の専門家ではありませんが、裁判官の略式判決、証拠、裁判所の仲間の数を考えると、これほど早く判決文を出すことはほとんど不可能だと思われます。私は間違っていることを願っています。

こんな機密情報を動画で公開するわけがない。騙されるな!これは偽りの絶望を拡散しているだけだ。

一粒の価値さえない。 どんな話題でも、毎日どれだけの噂を耳にするか……。

XRPはこの訴訟で数億ドルを費やした。このエネルギーを費やした訴訟の後、XRPは長期投資家を失望させないよう、市場価値運用をしっかりやってくれると信じるに足る理由があります。

暗号通貨ブロックチェーンメディア:U.Today

チャールズ・ホスキンソン氏は、#Ripple と#SECの法廷闘争が12月15日に終わる可能性があると共有しました

デジタル・パースペクティブの創設者公式アカウント

このクリップを聞いてください #チャールズ・ホスキンソン氏の発言、SECvsリップルの件は2022年12月15日に和解するという噂があるそうです。

その噂は嘘です。こいつはxrpコミュニティに対して辛口なので、”噂 “を信じてはいけない。
もし、来週に和解があるとしたら、そう言う兆候が市場に出ているはずだ

興味深い意見ですね。 チャールズがそのような深いことを言うために、自分の評判を犠牲にするとは思えません。

最悪なのは、もしそれが実現しなければ、彼はすべての信用を失い、その過程でカルダノのエコシステムに損害を与えることだ。

私の理解では、もしSECが和解すれば、XRPとBTCだけが明確になり、他の暗号はまだSECのターゲットになり、それは破滅的でしょう。

彼はXRPのコミュニティを大いに荒らしている…それが起こらなかったら、彼は大丈夫、それはただの噂だったと言うだろう😂😂😂。

暗号通貨ユーチューバー:デジタルアセットインベスター

12/10/22-チャールズ・ホスキンソン氏、12/15に和解の噂を聞いたと発言。

ビットコイン狂が最近よくXRPをバッシングしている+チャールズは次は自分だと怖がっているようだ

深刻なドル危機・流動性危機が起こるまで和解はできない。上告されて最高裁に行くかもしれないので、何年もかかるかもしれない。 私たちはまだ始まってもいない

2023年がトークンの強気な動きで始まるとしたらどうでしょう?ステラには、カンナコイン、アクア、ストロンゴールドなど多くのプロジェクトがネットワーク上にあります。xrpは言うまでもなく、フレア、ソングバード、カジノコインなどのトークンをネットワーク上に持っています。

価格が下がっている、和解の話が入って来ていない。私たちを落胆させるためのごまかしです。

自由のために戦うチャールズさん🤣🤣🤣🤣

彼は自分が次に来ることを恐れているとは言いませんが、間違いなく自分が候補に挙がっていることを自覚しています。

なぜまだそんなにネガティブなのか?

正直なところ、チャールズは米国史上初の暗号通貨を支持することを拒否しているのですか?それは、あなた自身のプロジェクトの整合性を脅かすことになるからではありませんか?現実を見ましょう。あなたも私もXRPが他のものよりも分散型であることを知っています。

初めてではないでしょう。EOSは数年前にSECと和解している。しかし、もちろん、和解は他の暗号業界にとって何の役にも立たないので、チャールズが安心することはないでしょう。XRPを助けるだけでしょう。SECはまだ、次に誰を狙うかを自由に選ぶことができます。

弁護士:シール氏

12月15日の #リップル決済 の噂を聞いた人いる?🤔

フォックスビジネスジャーナリストエレノア・テレット氏

それは真実ではない

集団訴​​訟弁護士ジョンディートン氏

エリーの情報源は 誰よりも早く知ってるはずだ 彼女は “違う” と言ってる

私の疑問は、何が真実なのかということです。

フォックスビジネスが、和解が予想されると言って、グラフィック担当者にそれを入力させ、ホスキンソンも非常に具体的に言っています。

このような具体的な噂はどこからともなく出てくるものではありません。 エレノア・テレットさん彼らに聞いてみたらどうでしょう?

暗号通貨ユーチューバー:Thinking Crypto

🚨 リップルxrpの訴訟は12月15日に決着とチャールズ・ホスキンソン氏が言っている!

リップルの和解は、cardano, xlm, algo, dgb, light coin, extraなどの様々な暗号に何らかの明確さを与えるかもしれません。私は真剣にSECがこの損失を受け止められるかどうか疑っています。

もし彼が間違っていたら、さらに彼の評判を落とすだけで、本当に不機嫌な気分になるでしょう…彼がそれを作ったのなら、彼の最終的なゲームが見えません…誰か彼の考えを知っていますか?

あくまでも噂です。

マジで言ってるのか?

チャールズは他の人と同じように、このことを知らないはずだ。
もし15日に和解が成立したら、私はすべてのXRPをADAに交換するつもりだ 笑

1 ADAはゴミです… 2つ目は、もしそれが本当なら、間違いなく数日前に大規模な動きが見られるでしょう…私はADAよりもCSPRを信頼しています

チャールスを信じてはいけない、彼は証拠を提供していない。少なくとも、イーサゲートの人々は記録と文書化された証拠を持っています。だから、彼は陰謀論者と呼ばれる人々よりも悪いです。

彼はXRPコミュニティをバカにしています。15日以降、あなたは再び彼のことを真剣に考えることなどできないでしょう。彼の身振り手振りが全てを物語っています。彼は、どんな理由であれ、演技をしているのです。

暗号通貨ユーチューバー:ジャングル株式会社

リップル対SECの和解。チャールズ・ホスキンソンは何に怯えているのか?

では、なぜチャールズ・ホスキンソン氏が15日にリップルが和解したら大惨事になると言ったのか、その理由はここにあります。

なぜなら、もし #XRP に透明性が与えられ、他の資産に同じものが与えられないとしたら。

そして、他のすべての資産は、リップル社が2年間経験したのと同じ地獄を経験しなければならなくなるのです。

チャールズ・ホスキンソン氏は、リップル社の件で今月15日に和解に至るだろうと聞いている。もしそれが本当なら、この理由で市場全体を吹っ飛ばすと思います。

チャールズ・ホスキンソン氏は、SECが12月15日に#XRPと和解するという「噂」をいくつか耳にしたと述べています。この男を信用せず、ただ何もしないことだ。

XRP案件が12月15日に終了?なぜチャールズがリップルについてそのようなコメントをしたのか、なぜそれが悪いことだと思うのか、誰か説明してくれませんか?

チャールズ・ホスキンソン リップル決済の噂、#XRP -0.78% 😂唯一XRPだけ

マニュアル

仮想通貨で2万円の元手に10カ月で500倍の1000万円突破!

月利20%以上で資産爆増中。

✅本当は教えたくない「ハイブリット資産運用術」
✅投資経験ゼロでも毎月10万円目指せる投資手法を限定公開
✅YouTubeでは言えない仮想通貨の裏情報

特に初心者だけど投資で毎月安定して「10万円目指したい」って人にはかなり有益な情報になると思いますので今後の配信をお見逃しなく!!まずはこちらをご覧くださいね!

やっさん公式ブログ
タイトルとURLをコピーしました