1時間で30万円稼ぐ資産構築法プレゼント中!

リップル社とSECは訴訟日程の延期の申し立てを行いました。

弁護人。元連邦検察官ジェームズ・K・フィラン氏

両当事者は、2022年12月19日の裁判所の封印裁定に沿った修正を加えた ドーバート申し立ておよび添付の証拠書類を公開訴訟用の記録簿に提出するため、2023年1月13日まで の時間延長を求める共同申し立てを提出した。

※ドーバート申し立て・・・専門家証人の意見を裁判所の審議から排除されることを申し立てるものであり、リップル社は裁判官より全て認められ、SECは一部認められ一部却下(専門家のコンサルタント会社を公開しなくてはならない)されました。

親愛なるトーレス裁判官
原告証券取引委員会(以下「SEC」)および被告リップルラボ社、ブラッドリー・ガーリンハウス、クリスチャン・A・ラーセン(以下「当事者」)は共同で、両当事者が 2022 年 12 月 19 日の裁判所の封印判決に基づき、2023年1月13日に編集を加えたドーバート申し立てと添付の証拠書類を公開訴訟用の記録簿に提出しなければならないと裁判所が命ずることを要請します。

この日付は、今後の休日と弁護士のスケジュール、当事者および特定の第三者によって要求された複雑で多数の編集を考慮し、謹んで要請するものです。

また、両当事者の今後の封印手続きスケジュールも考慮し、この期日を要望します。

元々の日程↓

ㆍ2022年12月22日 両当事者は、以下を含む略式判決申立に関するすべての資料を封印した略式判決申立書を提出する。準備書面、規則 56.1 の声明と反対声明、宣言文、および証拠書類。また、当事者はこれらの資料の修正案も提出します。

. 2023年1月9日 当事者は、封印するための略式申し立てに対する反対意見を提出する。

弁護士デジタル資産愛好家ビル氏

笑 クリスマスにちゃんと休めるように、今週はずっと案件の延長を自分で希望しています

私は99.9999%の確率で、和解とは関係ないと思っています/2

XRPとSEC、1月13日に延長、これにより裁判の終了は2023年3月31日からずれ込む。

私たちが待ち望んでいる和解と混同しないように。

※3月31日は以前ジェームズフィラン氏が略式判決が決定されると予測した日付

もっとも、リップルとSECの訴訟ではもっと延長が必要です! 🙂

またもや延長の動き🤦♂️。
あぁ……もうちょっとだけXRPを貯める時間があるってことだ😜。

トーレス裁判官は、この封印の問題が解決される前に判決を下して公表することはない。

この期日を遅らせることが、交渉のための安全な機会を作る唯一の方法なのです。

心配なのは、Secがこの件をできるだけ引き延ばしながら、より手早く、より良いものを作成しているのではないか…ということです。

4月に報告があるのを楽しみに待ちます

この時点では、来年末までに解決することを期待している😏😏 そして、おそらく彼らは敗訴するだろう、政府にはあまりにも多くの悪人がいるので…。

何もかもが滞っているわけではありません ドーバート申し立てのどの部分を公開するかで 意見が割れているだけです 裁判所はすでに準備書面全体を入手しており、どの部分を見るべきかについて、両者の意見が一致していないだけです。

腐敗したSECの役人、アメリカ人の希望を壊すだけでなく、世界中の人々に影響を与えるとは、あきれるばかりです。

ゲンスラーは叩かれるべきですが、彼は昇進するだけでしょう。

これはもはや茶番劇であり、関係者全員にとって非常に恥ずかしいことです。

つまり、これは基本的に、提出のための編集や 書類作成を確認するための短期間の延長なのですね?

はい、しかし、判決とは無関係の延長です。

私たち(国民)が、すでに裁判所に提出されたいくつかの文書を見ることになるときだけです。

専門家の証人やその証言がまだ問題を残しているのに、どうして裁判官が略式裁判に取り組むことができるのでしょうか?

私は、裁判官がこの訴訟を決定するのに必要なものをすべて持っていると信じています。

このような未解決の問題や 内容は、彼女がすでに持っているものを公的に提出(私たちが見ることができるように編集されたバージョン)することにもっと 関与しているのです。

ドーバート申し立てのどの部分を公開しないかについて 意見が分かれているだけで、他には動きはありません。裁判所は既に準備書面全体を入手しており、どの部分を見るべきかについて意見が分かれているに過ぎません…

我慢我慢…もうすぐ… 報われる。3月4月に会いましょう👌

演劇の続き、情報でなく結果を出してくれ、無意味だ、もう待ちくたびれた。

SECも弁護団も、アメリカの投資家を守るというより、独りよがりの見栄で生まれている損害に全く関心がないようだ。
日が経つにつれ、XRP保有者は機会を失っていく。嫌な予感

アメリカの腐敗した国家は、無限の小切手帳と無限の時間を持っています。彼らは世界規模の戦争を行い、連邦訴訟を何年も継続させることができます。私の関心は、XRPを海外で儲けることです。

あるいは、この件で何百万も稼いでいる弁護士たちは、怠け者の高給取りの尻を叩いて、時間通りに仕事をするようになりなさい。というのが私の考えです。

マニュアル

仮想通貨で2万円の元手に10カ月で500倍の1000万円突破!

月利20%以上で資産爆増中。

✅本当は教えたくない「ハイブリット資産運用術」
✅投資経験ゼロでも毎月10万円目指せる投資手法を限定公開
✅YouTubeでは言えない仮想通貨の裏情報

特に初心者だけど投資で毎月安定して「10万円目指したい」って人にはかなり有益な情報になると思いますので今後の配信をお見逃しなく!!まずはこちらをご覧くださいね!

やっさん公式ブログ
タイトルとURLをコピーしました