1時間で30万円稼ぐ資産構築法プレゼント中!

リップル社には和解せず、この裁判に勝ってもらう必要があります。

ゴークシュタインメディア創設者元共和党議員候補:デビット氏

リップル社には和解せず、この裁判に勝ってもらう必要があります。

最悪の場合、リップル社が和解することになりますが、その場合、業界全体に透明性が与えられるかどうかはわかりません。

和解したら、はっきりしないんですよね。

ゴークシュタインメディア創設者、元共和党元議員候補:デビット氏

そして、全体のポイントとなるのは、暗号業界全体を明確にすることです。

和解は私たちにとって損失です。

彼らはそれらの実行可能な資産を守るためだけに和解するかもしれません

しかし願わくば 彼らはそれをはるかに超えて この訴訟が私たちの暗号領域全体に与える影響に注目して欲しいです

ゴークシュタインメディア創設者、元共和党元議員候補:デビット氏

リップル社は、勝つための材料がそろっている唯一の企業です。

私は同意します。

そして、彼らはその主張を証明したと思います。

ただ、連邦判事には、そのすべてを理解してもらい、それが私たちの生活に与える影響を理解してもらいたいと願っています。

もし、証券取引委員会にその事実をはっきりと認識させることができれば、それは非常に大きな意味を持つことになるでしょう。

2年前、より広いコミュニティーのサポートがあればよかったのですが。

訴訟が発表されたとき、ほとんどの人は失敗を見ようと執行を期待して支持した。

他の人々はただ座って見ていた。しかし、リップル社の弁護士の略式判決意見書は、長期的なゲームの議論を果たしています、念のため。

米国連邦議会議員候補者:ウォーカー氏

こういうことが起こるのです。

人々は、それが自分たちに影響を与えないなら、行動しません。

そして、自分たちが結果から逃れられないと理解するまで、衰退を応援します。

団結し、できる限りの支援をすることが重要です。

暗号通貨ポッドキャスター:ジェイブ氏

勝訴も和解も、業界の透明性をもたらすことはない。

勝訴も和解も、リップルとxrpのためだけに用意されたものなのです…。

他のプロジェクトが訴えられた場合、彼らは自分たちの特定のトークンの訴えを証明するために1億ドルを費やす覚悟をしなければならないでしょう。

“業界のために戦う “というのは、人を味方につけるための戦略のひとつとしか思えません。

業界を敵に回したままです(笑)。

リップルやxrpに続いて、プロジェクトは訴えられ続けるでしょう。

物理学者、ユーチューバー、ガラミュージックアーティストマネージャー:レフティー氏

リップル社が業界のために戦おうとしている分

xrpが和解で明確になった場合、それを手にする可能性があることは保証します。

彼らは偉大な戦いをした。

私はイーサを目にすることはありません。

財団、ステラなどが彼らをバックアップしているとは思えません。

彼らの戦いに任せましょう。

デイビッドさん、申し訳ありませんが、リップル社にとって最善の方法を取らなければならない時期が来ているのかもしれません。

この法的判断は信用できない! 他のプロジェクトももっと汗をかくべきだよ。

どのプロジェクトもリップル社にお金を寄付して戦ったのではないのです。
すべてのプロジェクトが、リップル社を罵倒し、投げ捨て、倒れたところを蹴ったのです。

ゴークシュタインメディア創設者、元共和党元議員候補:デビット氏

10%を基準にするのはやめよう。

XRPLプロジェクトGlobalFCXFocus共同創業者

リップル社にとって明確なXRPの地位は優先事項です。

これは、良い和解の合意を意味しています。他の人たちにも戦いを挑んでもらいましょう。

暗号通貨市場は、XRPががらくたで詐欺だと言って、訴訟が起きたときには応援し、今では人々はリップル社が彼らのために戦ってくれると期待しているのですか?

最良の結果は、XRPが明確化され、デジタル商品として認識されることです。

SECはリップル社が勝つ見込みがあると思えば和解するでしょう。

彼らは「負ける」わけにはいきませんし、強制執行による規制は他のすべての資産や取引所に使われるものではないから。

私は、勝利が暗号業界にとってベストであることに同意しますが、それが起こるかどうかは疑問です。

同意しない – 勝利は高等裁判所まで上訴できる – 和解で終わらす 💯。

SECも悪い印象を与えたいと考えているので、和解の内容によっては勝利になる可能性もありますが、ここでは勝ち目がないことを受け入れなければなりません。それが、このような不幸なゲームのやり方なのです。

経済的には、和解しようが勝とうが、XRP ホルダーにとっては何の違いもありません。

また、暗号業界のために戦うのはリップル社の責任ではありません(彼らはこれまでそうしてきましたが)。

もしリップル社が15億ドルの罰金を科されたら、業界は彼らを助けると思いますか😂?

リップル社はリップル社の利益を守る必要があります。

業界全体の透明性を求めるのは議員や議会の仕事なのに、一企業が重荷を背負うのは公平ではないのです。

他のほとんどの暗号は、訴えられたときに歓声を上げた。リップル社は彼らに何の借りもありません。

私の推測では、リップル社が和解するのではと思います。

これによってSECは他のあらゆる暗号を追いかけ、業界を無力化させることができます。

また、標準石油、USスチール、アメリカン・タバコ・カンパニーのような独占を作り出すことで、陰謀論者たちを手玉に取ることになるでしょう

ここ数年、XRP とリップルを嫌っていた人は皆、気にならないはずです。

リップル社がすべきことは、XRPに透明性を持たせることだけです。

業界全体なんてどうでもいい…業界全体は決して助けてくれない!!!!

株主に対する忠実義務は、業界を助けることよりもずっと前にある。

まともな和解案に応じず、判決で負けたら?大口出資者は納得しないでしょう

そうすると、SECは弱すぎて、負けたときに私たちを守れないということになる。

SECは強さを示すために、和解せずに勝つ必要があるのです。

業界のほとんどがリップル社の擁護に回らなかったのに、なぜ他の業界のために戦い続けるのか?

和解は問題ないと思う。

小さな罰金を払い、米国での事業を縮小すれば、問題ないだろう。

リップルは和解することも、和解しないこともできます。

いずれにせよ、彼らは重要な役割を果たすでしょうし、彼らが何をしようが関係なく、XRPLは彼らなしでもうまくいくでしょう。

Xrpは有価証券です、市場は暴落します、だから我々は汚い安い価格で暗号のより多くの単位を蓄積することができます、なぜそうしないのですか?

もし和解すれば、XRPの売上の全てが有価証券とみなされないということになり、もう物凄いことになります。

早く終わってほしいのですが、この部分にはあと6ヶ月かかりそうで、その後、上告と最高裁が待っています。

今、人々はリップルに業界のために戦うことを求めている…最初に訴えたとき、どこにいたのだろう。人々は気まぐれです。

マニュアル

仮想通貨で2万円の元手に10カ月で500倍の1000万円突破!

月利20%以上で資産爆増中。

✅本当は教えたくない「ハイブリット資産運用術」
✅投資経験ゼロでも毎月10万円目指せる投資手法を限定公開
✅YouTubeでは言えない仮想通貨の裏情報

特に初心者だけど投資で毎月安定して「10万円目指したい」って人にはかなり有益な情報になると思いますので今後の配信をお見逃しなく!!まずはこちらをご覧くださいね!

やっさん公式ブログ
タイトルとURLをコピーしました