1時間で30万円稼ぐ資産構築法プレゼント中!

リップル社有利か?SECの専門家証人関連の情報編集を裁判所が一部却下

弁護人。元連邦検察官ジェームズ・K・フィラン氏

トーレス裁判官は、専門家による異議申し立て(「ドーバート申し立て」)に関連する文書の封印に対する両当事者の申し立てに対する命令を発した。

https://www.dropbox.com/s/eksvf5c991qjtp8/Memorandum%20and%20Order%20on%20Motion%20to%20Seal%20Daubert%20Exhibits%2012.19.2022.pdf?dl=0

※ドーバート申し立て・・・専門家証人の意見を裁判所の審議から排除されることを申し立てるもの

SECは、この情報から各専門家証人の個人情報を得ることができないため、コンサルティング会社の名前を編集することが、証人の安全や司法の効率性をどのように促進するか説明していない。

6 専門家の個人情報および財務情報、非当事者とその代理人の名前に関しては、プライバシー上の利益により、この情報の編集が正当化されると当裁判所は判断しています。

当裁判所は、SECが提案した編集はこの利害に応えるために厳密に調整しており、この情報はドーバート申し立てに関する当裁判所の判断にほとんど関連性がないことに同意しています。

したがって、裁判所は、専門家証人を支援したコンサルティング会社の名前を編集するSECの要求を拒否し、それ以外はドーバート申し立てに関連して提出された文書を編集するSECの要求を承認します。

引用画像でツイートしてくれるシェリー氏

判事は、専門家証人の個人情報を封印する両当事者の権利を認めました。

裁判官が否定したのは、専門家証人を手助けするために使用されたコンサルティング会社の封印を求めるSECの要求でした。

引用画像でツイートしてくれるシェリー氏

両者とも専門家証人の個人情報を封印するよう要求しましたが、認められました。

SECは脅しなどを理由に一方、リップル社はビジネス上の取引の非公開を希望した。

唯一否定されたのは、SECの専門家証人に使用されたコンサルティング会社である。

※SECは、訴訟に関する情報を公に公開することは「言論を刺激し、さらなる嫌がらせや脅迫につながる」可能性があると主張

リップル社、クリス・ガーリンハウス、クリス・ラーセンが依頼した10人の専門家の証言を排除または制限したいと主張

ブロックチェーン法律事務所hodl law:フレッドリスポリ氏

彼女は他のSECの要請を容易に受け入れることができたにもかかわらず、受け入れなかったのです。

SECに対するある種の傾向が浮き彫りになったのではないでしょうか。

リップル社の要求が認められ、SECは一部認められ、一部否定されました。
チームリップルにもう1点入ったようです。

secは、専門家証人証言に協力したコンサルティング会社の名前を表示するよう命じられた。🤯🤯🧨🧨🤯🤯🧨🧨🤯🤯🧨🧨

ありがとう、ジェームス。

裁判所は専門家の名前と個人情報の編集を認めますが、コンサルティング会社の名前の編集は拒否します。

その他の編集要求(リップル、マネーグラムなど)はすべて許可される。

私には強気に聞こえます。証券取引委員会が公開を望まなかった書類は、トーレス判事が判決を下す理由の一部をなすからでしょう。

これが何を意味するのかわからない。。

>>

専門家の情報は封印される。

証券取引委員会を支援したコンサルタント、例えばシンプソン・サッチャーやパーキンス・クイーは名前とともに公開されます。

これは、トーレス判事がどの文書が審議に影響を与えたかをすでに決定しており、まもなく判決が出るということでしょうか?

トーレス判事はSECの証人の個人情報を、彼らが使用した会社を除いて封印することに同意しました。

彼女はリップル社が封印を望んでいたものを認めました。

SEC専門家証人の個人名は、編集されるなどして削除されます。

SEC専門家証人を支援したコンサルティング会社は対象外。編集は受け入れられます。

トーレス判事は、もう判決を下したんだと思うぞ!XRP🚀🚀🚀🌝

私はトーレスが好きです。

彼女は情報公開に全力を注いでおり、もしあなたが編集されている資料の正当な理由を提供できないなら、彼女は拒否します!

情報公開は常にリップルにとって有利に働きます!

SECの専門家を支援したコンサルティング会社だけ公開。

あとは秘密を語った人たちを第三者含め全員保護。

ほぼ互角だろうが、これに関してはトーレスはやはりリップルに友好的に見える。

ジョンディートン弁護士運営メディア:クリプトロウ

ドキュメント・ライブラリに追加されました。
SECGovとRippleの、専門家による異議申し立てに関連する文書の封印に関するトーレス裁判官の命令(ドーバート申し立て) 👇🏻。
リンク: https://crypto-law.us/wp-content/uploads/2022/12/Order-on-Parties-Motions-to-Seal-Documents.pdf

暗号通貨ポッドキャスター:ジェイブ氏

リップル社の封印案は認められ、証券取引所の封印案は一部認められ、一部否定された。

専門家を見ることはできないが、彼らの雇い主である会社を見ることができる。

封印された書類って、ある情報を流出させたくない人がいるみたいですね。

和解のジングルベルの歌が聞こえるか🎄?

“SECは、この情報から各専門家証人の個人情報を得ることができないため、コンサルティング会社名の編集が、証人の安全性や司法の効率性をどのように高めるのか説明していない “と述べています。

“したがって、裁判所は、専門家証人を支援したコンサルティング会社の名前を編集するというSECの要求を拒否し、それ以外は、ドーバート申し立てに関連して提出された文書を編集するというSECの要求を許可します。”

マニュアル

仮想通貨で2万円の元手に10カ月で500倍の1000万円突破!

月利20%以上で資産爆増中。

✅本当は教えたくない「ハイブリット資産運用術」
✅投資経験ゼロでも毎月10万円目指せる投資手法を限定公開
✅YouTubeでは言えない仮想通貨の裏情報

特に初心者だけど投資で毎月安定して「10万円目指したい」って人にはかなり有益な情報になると思いますので今後の配信をお見逃しなく!!まずはこちらをご覧くださいね!

やっさん公式ブログ
タイトルとURLをコピーしました