1時間で30万円稼ぐ資産構築法プレゼント中!

リップルSEC訴訟の新しいスケジュールが公開(12/21日更新)

弁護人。元連邦検察官ジェームズ・K・フィラン氏

両当事者は、2022年12月19日の裁判所の封印裁定に沿った修正を加えた ドーバート申し立ておよび添付の証拠書類を公開訴訟用の記録簿に提出するため、2023年1月13日まで の時間延長を求める共同申し立てを提出した。

※ドーバート申し立て・・・専門家証人の意見を裁判所の審議から排除されることを申し立てるものであり、リップル社は裁判官より全て認められ、SECは一部認められ一部却下(専門家のコンサルタント会社を公開しなくてはならない)されました。

弁護人。元連邦検察官ジェームズ・K・フィラン氏

この申し立ては承認されました。 スケジュールは後日更新されます。

弁護人。元連邦検察官ジェームズ・K・フィラン氏

2022年12月21日時点の予定更新。

残りのスケジュールは以下のとおりです。

ㆍ略式裁判の申し立て完全に準備され、決定を待っている。

ㆍ専門家証言の排除を求める申し立て完全な準備書面を作成し、決定を待つ。

ㆍ2022年12月22日

当事者は、略式裁判の申し立てに関連するすべての資料(準備書面、規則56.1条に基づく声明と反対声明、宣言書、証拠書類を含む)を封印する総括申し立てを提出します。また、当事者はその時点でこれらの資料の修正案も提出しなければならない。

ㆍ2023年1月4日

両当事者が要求したものとは異なる封印処理または編集を求める限り、相手側当事者は略式裁判資料の封印に関する申し立てを提出しなければなりません。

2023年1月4日までに封印の申し立てが受領されない場合、当事者は略式裁判資料の封印または編集に対する当事者の申し立てに対する裁判所の最終判決に異議を申し立てる権利を放棄します。

ㆍ2023年1月9日

2022年12月22日に提出された封印に対する総括申し立てに対する当事者の異議申立書を提出する。

ㆍ2023年1月13日

当事者は、2022年12月19日の裁判所の封印判決に編集を加えたドーバート申し立てと添付の証拠書類を公開訴訟記録に提出する必要があります。

・2023年1月18日

当事者は、2023年1月4日に提出期限のあった相手方からの異議申立書に対して、異議申立書を提出する必要があります。

フォックスビジネスジャーナリストエレノア・テレット氏

リップル/SEC訴訟の今後の重要な日程について。

いつもタイムラインを把握してくれている フィラン に感謝です!

Bitrueアンバサダーインフルエンサー:クリプトウルフ氏

過去2年間、ジェームズさんはXRP訴訟の最新情報を欠かさず提供してくれているので、ありがとうございます🙏。

XRPインフルエンサー:ラーソフカーネマン氏

私たちのために盛りつけてくれてありがとう、フィランさん – 非常に感謝しています! メリークリスマス🎄

あと少し。たとえ上訴があったとしても、私は待ちたいのです。

最終的にはすべて価値あるものになるはずです。

カレンダーに日付を記入してください。

遅延の事例は後を絶たない…

ようやく訴訟に終止符が打たれることになった

お疲れさまでした

これは2023年12月/2024年初頭まで引きずるだろう。

間違っていればいいのですが 和解は一切なし😭。

早く1月が終わらないかな。

3月か4月までに判決が出る予定です。

彼女がすべてを否定して裁判になる可能性もあり、その場合は1年半かかるかもしれません。敗訴した側は控訴することができ、この場合はさらに2年かかる可能性があります。

多くの問題があります。すぐに和解が成立するとは思えません。

常に堂々巡りになっているように見えるのは私だけでしょうか。

なぜそうしないのか、これは現実だ、これらは議論されている、裁判官は決定を下さなければならない。

この事件、お笑い番組になってしまいましたね。なんて恥ずかしいんだ😳。

彼らはリップルをコントロールするのに必死でしたが、リップルは世界中に広がり続けています。

いつ終わるの?更新の計画は、移り変わる計画のようなものです。

3月まで待って、何もなかったら、私のXRPを全部売っちゃおうかな。

ああ、もうこの件は終わりにしてください。SECさん、本当に自分の思い通りにならないって自覚ありますよね……?

なぜ、このような漫画のような歌舞伎の演技が必要なのでしょうか?

何が目的なのだろうか?

そもそも起こるはずのないこの司法の茶番を、私たちはいつまで許容しなければならないのだろうか。

司法制度は富裕層を守るために作られ、大衆を操るために利用される。

それは最大の悪事であり、我々は羊のように盲目的に従わなければならないのである。

なぜこの訴訟は最初の2ヶ月でSECによって理由を示すことができなかったとして却下されなかったのでしょうか?

もしHoweyテストにおいて有価証券であったのがオレンジではなく契約であったなら、なぜ無実のXRP保有者の資産がこの哀れな茶番劇の裁判によって侵害されているのでしょうか?

これは嬉しくないが、9割方裁判になる。

その後、secはその評判を永久に落とすだろう。

リップルは控訴後に勝つだろう。

私はこの訴訟が2023年12月に終わっても驚かない。 しかし、リップルは勝つだろう。

マニュアル

仮想通貨で2万円の元手に10カ月で500倍の1000万円突破!

月利20%以上で資産爆増中。

✅本当は教えたくない「ハイブリット資産運用術」
✅投資経験ゼロでも毎月10万円目指せる投資手法を限定公開
✅YouTubeでは言えない仮想通貨の裏情報

特に初心者だけど投資で毎月安定して「10万円目指したい」って人にはかなり有益な情報になると思いますので今後の配信をお見逃しなく!!まずはこちらをご覧くださいね!

やっさん公式ブログ
タイトルとURLをコピーしました