1時間で30万円稼ぐ資産構築法プレゼント中!

SECは、FTX破綻により仮想通貨取引所の取り締まり強化に直面

弁護人。元連邦検察官ジェームズ・K・フィラン氏

ご参考までに。

https://www.wsj.com/articles/sec-faces-calls-to-boost-crypto-exchange-enforcement-after-ftx-collapse-11670474070?st=95qwriim7lw9u2p&reflink=desktopwebshare_permalink

ウォールストリートジャーナル引用

ウォールストリートジャーナル・・・ダウ・ジョーンズ社が発行する国際的な影響力を持つ日刊経済新聞である。アメリカ版、アジア版、ヨーロッパ版(英語)の他、日本語版や中国語版のオンライン版が発行されている。

ブロックチェーン協会アドバイザー弁護士ジェイク・チェルヴィンスキー氏

暗号規制に関する首尾一貫した戦略を構築できなかったSECに対する批判の高まりと、執行をさらに強化する圧力の高まりについて、デイブ・マイケルズが重要な報道を行っています。

SECは、FTXの汚名を返上して米国企業を制裁しようとするのでしょうか?

フォックスビジネスジャーナリストエレノア・テレット氏

“暗号取引所の運営は証券取引所とあまりにも異なるため、SECの規則に従うことは不可能であると、これらの業界弁護士は述べています。”

Re @LBRYcomの指摘によると、現在、公開ブロックチェーン/トークンを登録するためのSECフォームは存在しないとのことです。

以下記事内容↓

FTXの破綻後、暗号通貨取引所の取締り強化を求める声に直面するSEC

当局は大手暗号取引所に対する監視役として行動を起こしていない

ワシントン-先月のFTXの破綻を受け、証券取引委員会は暗号業界の主要事業所への取締りを強化するよう圧力をかけている。

FTXの破綻により、暗号取引所に注目が集まりました。

暗号取引所は、デジタルコインの販売、融資、資産の保管などのサービスを提供する個人投資家の主要な拠点です。

6年以上にわたって業界の調査を続けてきたにもかかわらず、SECはまだ主要な暗号取引所を告訴していない。

SECは、コインベース・グローバル社を含む取引所に焦点を当てた調査を実施中です。

そして、バイナンスとFTXの米国事業に焦点を当てた調査を実施しており、過去6年間で数十のトークン開発者に罰金を科したり、訴えたりしていることが、この問題と規制に詳しい人々の情報によって明らかになった。

ゲイリー・ゲンスラー政権下のSECは、暗号取引所への登録方法について交渉を行なおうと試みている。

SECは、多くの暗号通貨が株式や債券の規則に基づいて販売されるべき証券としてみなされると述べています。

SECのゲーリー・ゲンスラー委員長は、取引所がそれらの未登録の証券を販売し、ナスダック株式市場やニューヨーク証券取引所が遵守している規則に従わないことで法律を破っていると述べています。

一部の弁護士は、そうした表明にもかかわらず、市場が主流になり、日常の投資家が貯金を暗号業者に託しているため、SECの執行努力は不十分だと述べている。

ゲンスラー氏は「物事を進めなければ、大きな批判を受ける危険性がある」と、元SEC執行弁護士のジョン・リード・スターク氏は述べた。

“これらの事業体を追わないのは、彼らの戦略の欠落だった “とスターク氏は言う。

7月にSECがコインベースの元従業員を訴え、同社が違法に発行された7つの証券を販売したと述べた後、取引所はそのうちの6つの取引を継続した。

SECはコインベースを提訴することもできたが、そうしなかった。

コインベースの広報担当者は、同社は6つのデジタルコインのいずれも証券ではないと考えていると述べた。

暗号取引所は、どの米国法が適用されるかについてSECは間違っていると言い、SECの警告に抵抗してきた。

この業界に詳しい弁護士によると、SECの暗号への対応戦略は、長年、執行部門を使って業界を監督下に置くよう働きかけてきた結果、疲弊しているとのことだ。

集団訴​​訟弁護士ジョンディートン氏

これはすべて戦略的で段階的な計画です。

彼は5ヶ月前に私が言ったように、取引所を訴えるつもりだったのです。

SECはコインベースを含む暗号取引所に焦点を当てた調査を実施中です。

FTXの破綻を受け、SECは警告を強めている。

ゲンスラー氏は最近のインタビューで、取引所がSECに登録し、ナスダック株式市場などの証券取引所が従わなければならないルールを導入するための「実行期間が短くなってきている」と述べた。

SEC執行部の暗号資産・サイバー部門のチーフであるデビッド・ハーシュは、先月のカンファレンスで「執行部は立ち上がる準備ができている」と述べ、その数日前の議長のコメントを繰り返した。

2017年以降、SECは公開向けに販売されたデジタルトークンの発行者を追及し、開発者は最低限、公開企業が新規株式公開を行うように販売を登録すべきだったと主張してきた。

場合によっては、発行者を詐欺で訴えたこともあった。

関係者によると、ゲンスラー氏は就任後、暗号取引所と仲介業者への取締りをより重視したとのことです。

取引所は活動の拠点であり、トークン発行者を個別に取り締まるよりも、SEC規則を遵守するよう説得する努力の方が人的資源を有効に活用できると考えたからだという。

規制当局は、強制執行の事例を作るには時間がかかることを承知していたと、関係者は述べています。

取引所に対するケースは、訴訟を必要とする可能性が高い、と彼らは付け加えた。

大手取引所は当局と和解する可能性は低い。

なぜなら、和解はSECの規則を全面的に適用することを意味し、利益を生む活動の一部を停止しなければならなくなる可能性が高いからである。

「取引所は登録はできても、取引するすべての資産を上場廃止にしなければならず、それは彼らのビジネスを破壊することになる」とチャービンスキー氏は述べた。

ゲンスラー氏の組織は、調査に加え、SECへの登録に関するモデルについて取引所と交渉を試みている。

コインベースは規制当局と会談したが、同社が有効と考える枠組みには近づいていないと、同社の交渉に詳しい関係者は述べている。

この問題に詳しい人物によると、FTXは破たんする前、デジタル資産を取引するためのSECの承認を得るための取り組みに参加していた。

この計画には、FTXが4月に少数株主となった証券取引所運営会社IEXグループとの提携が含まれていた。

IEXは今年、株式や債券、その他の有価証券の取引方法を規定する規則に違反することなく、デジタル資産を提供する方法についてSECと協議したと、この関係者は述べている。

FTXの創設者であるサム・バンクマン=フライドは、ウォールストリート・ジャーナルのインタビューに応じ、取引所の顧客から預かった数十億ドルに何が起こったのかについて語った。

もしこの計画が実現していれば、両社とゲンスラー氏にとって画期的な出来事となったかもしれない。

IEXとFTXは、いわゆる代替取引システム(価格を一般に表示せず、熟練した参加者のみと取引するため、取引所よりも軽い規制に面する取引プラットフォームの一種)の創設など、他の提案も行っていた。

ゲンスラー氏はこの案を拒否し、一般大衆と直接取引する暗号プラットフォームには証券取引所の規制モデルの方が適していると述べたという。

また、顧客の暗号通貨を保管する機能と顧客に貸し出す機能を分離することも求めている。

「金融の他のどこでも、これらの競合は許されず、それらは分離されている」と、彼は暗号取引所をカジノと言及したYahoo!ファイナンスのインタビューで水曜日に語った。

詳しい人物によると、コインベースは、SECなどの連邦規制当局に仲介業者として登録する場合、取引所としての役割をあきらめ、仲介サービスに専念する方法を検討しているとのことである。

コインベースの広報担当者は、同社が「ちょうど昨年の当社の上場過程でSECが検討したこの取引所の業務を変更する計画はない。もちろん、我々は常に追加のビジネスモデルの可能性について規制当局と議論することを望んでいるし、しばしばそうしている 」と述べた。

“我々が以前言ったように、我々は米国でデジタル資産証券を提供できるような規制の枠組みを望んでいます。”と彼女は付け加えました。

ゲンスラー氏は昨年SECを引き継いだ際、大きな仕事を任されたと、OTC Markets Group Inc.の最高責任者であるクロムウェル・コールソン氏は述べた。同庁は2017年から暗号会社を調査していたが、規制モデルの策定はほとんど進んでいない。

“規制された世界の外に存在し、より軽い監視で大金を稼ぐことが最良の選択肢である企業と交渉するのは非常に難しい “と、その会社が米国の証券取引所に上場されていない有価証券の取引システムを運営しているコールソン氏は言った。

マニュアル

仮想通貨で2万円の元手に10カ月で500倍の1000万円突破!

月利20%以上で資産爆増中。

✅本当は教えたくない「ハイブリット資産運用術」
✅投資経験ゼロでも毎月10万円目指せる投資手法を限定公開
✅YouTubeでは言えない仮想通貨の裏情報

特に初心者だけど投資で毎月安定して「10万円目指したい」って人にはかなり有益な情報になると思いますので今後の配信をお見逃しなく!!まずはこちらをご覧くださいね!

やっさん公式ブログ
タイトルとURLをコピーしました