1時間で30万円稼ぐ資産構築法プレゼント中!

SECの強制執行は、投資家保護よりも、縄張りを拡大するためのものである

オールボー大学経済博士:ロズリン氏

SEC:進化に罰を与え、混乱に報いる

https://www.forbes.com/sites/roslynlayton/2022/12/19/sec-punishing-progress-while-rewarding-confusion/?sh=3bdfc443117a

リップル 強制執行による規制

もっとひどい例は、企業向けブロックチェーン企業であるリップル社が、銀行向けの国境を越えた決済ソフトウェア製品にXRPトークンを採用していることについて、SECが訴訟を起こしていることです。

SECの訴訟の核となる法理論は、すべての暗号資産は証券であるというSECの広範囲にわたる主張の縮図である。

SECは当初から、XRPの販売はすべてリップル社の投資契約であり、たとえトークン利用者が同社の存在を知らずに流通市場で販売したとしても、リップル社の投資契約であると主張していた。

リップル社は、XRPは分散型台帳上の商品であり、誰でも利用したり所有したり取引したりすることができ、彼らの努力はその価値や価格とはほとんど関係がないと反論した。

SECの主張は非常に弱く、リップル社の弁護士は法廷で規制当局を急速に逆転させ、SECそのものを裁判にかけました。

2年間の訴訟の末、弁論が終わる頃には、SECが保護するとされる75,000人以上のXRP保有者を含め、SECの法理論に反する前例のない数のアミカス・ブリーフが殺到していたのです。

結局、リップル社の事例は、SECの規制による強制執行が、投資家保護への配慮というよりも、縄張りを拡大するための薄っぺらいものであることを明らかにすることになりそうだ。

集団訴​​訟弁護士ジョンディートン氏

“結局、リップル社のケースは、SECの規制による執行戦略が、投資家保護への懸念というより、縄張りを拡大するための薄っぺらい試みであることを露呈したことになりそうだ。”

ロズリン・レイトン

レイトン博士のもう一つの素晴らしい記事です。

ゲイリー・ゲンスラーはアメリカの消費者を心から守ろうとしていない! 彼は、暗号市場の買収で「銀行屋」を助けているのです!

なぜ、そんなことを許すんだ!

リップル対SECの訴訟は、ゲイリーゲンスラーが腐敗した支配者であることと、SECのすべての腐敗を暴露した。

それは、規制と実際に投資家を保護することに関して、米国がいかに腐敗しているかを世界中に暴露したのです。

SECは強圧的な機関である。

納税者によって資金を供給され、彼らは法的制度を通じて脅しと威嚇を使用し、政府の財源に資金を追加しながら、屈服と降伏を強制します。

これが不正義の定義なのだろう。

投資家がヘッジファンドでない限り、SECGovが投資家保護を行っている証拠は全くない。

ゲンスラーの下で、証券取引委員会は、全く目的に適わない腐敗した存在であることが証明された。

何十年も同じ手法で、企業はただお金を払って先に進みます。

secの年間予算と、毎年徴収される数十億の罰金、このお金はどこに行くのでしょうか?

いつものようにお金を追いかけましょう。

secはそれでもトップに立ち、アメリカをはり倒すでしょう。

ジョンディートン新しい連邦議会金融委員会の委員長に電話して、ゲーリー・ゲンスラーとヒンマン電子メールを、編集せずに誰でも見られるように議会に提出するよう提案してください。

マニュアル

仮想通貨で2万円の元手に10カ月で500倍の1000万円突破!

月利20%以上で資産爆増中。

✅本当は教えたくない「ハイブリット資産運用術」
✅投資経験ゼロでも毎月10万円目指せる投資手法を限定公開
✅YouTubeでは言えない仮想通貨の裏情報

特に初心者だけど投資で毎月安定して「10万円目指したい」って人にはかなり有益な情報になると思いますので今後の配信をお見逃しなく!!まずはこちらをご覧くださいね!

やっさん公式ブログ
タイトルとURLをコピーしました