1時間で30万円稼ぐ資産構築法プレゼント中!

SECがブロックチェーンによる資金調達が証券であると主張するのは?

web3の弁護士:ジェシーハインズ氏

SECがブロックチェーンによる資金調達の取り組みは一般的に証券であると主張する意味について、少しお話ししましょう。 A 🧵 1/7

基本を押さえよう。資金調達だけでは、証券にならない。

先行販売だけでは、証券にならない。

資金を運営費に充てることだけでは、証券にはなりません。

利益を期待する人、期待される人だけでも証券にはならない。

しかし、それらを一つの鍋に入れ、さらに他のものも加えると、証券になることがあります。

どのようにしてそうなるかという問題は複雑です。

SECの見解はこうです。 SECは正しいかもしれないし、間違っているかもしれない。

裁判所が決めることだ。

SECは、あなたが何か(たとえ現在の実用性があったとしても)より多くの実用性があることを約束し、その実用性を構築しているのはあなたであり、あなたがその実用性を構築するための費用を支払うために販売していると期待するのは妥当である、と言っています。

あなたからそれを買った人は、その追加された実用性が来るとき、あなたから買ったものがより多くの価値を持つことを合理的に期待している、あなたが持っているものは、投資契約、別名有価証券である。

この視点だけでも合理的である。

これは、一般的に投資家に与えられている保証や保護を購入者に実際に提供することなく、ただ投資を受けているに過ぎないのだから。

これは保護されなければならない。

しかし、今回の問題は、SECがこの合理的な信念を、全く新しいレベルの規制として、率直に言って、理不尽な方法で執行していることです。

とにかく、多くの混乱が見られるので、お役に立てれば幸いです。

弁護士デジタル資産愛好家ビル氏

このスレッドはとても楽しく、仕事で疲れていたため2週間ほど放置していたのですが、今日再び読み返しました。

SECが暗号をどう見ているか、なぜ実用性があるからといって暗号が証券でなくなるわけではなく、実用性の構築がHoweyの枠組みにおける「合理的努力」としてSECによってどう見られているかが、本当に明確になったと思っています。

リップル社の訴訟を深く考察すると、Howeyのテストが暗号の取り扱いに適していないことがわかる。

例えば、リップル社はXRPに実用性を与えたのではなく、XRPを活用したビジネスを展開しているに過ぎない。

XRPとXRPLの既存の(設立当初からの)実用性とDEXなどの機能的な特性。

アミカスブリーフを提出した団体を含む多くの団体が、XRPLとXRPを同じ実用性を活用した異なる実用性で使用しています。

XRPを証券化とし、その売却を投資契約の一部とするのは誰の共通事業なのか

リップル社がビジネスで使うから価格が上がるのか、それとも他の何百ものプロジェクトがXRPLでやっているから価格が上がるのか、どちらを期待すればいいのでしょうか。

その上で、XRPの有用性を利用し、使用例を拡張している事業者の努力を一人の投資家が主観的に知っていた証拠はないかもしれないのに、利益の期待は客観的な試算に基づくものである

この問題は、SEC対LBRYの判決において、裁判官が#LBRYに関連する6つの声明にようやく言及し、それが重要であると判断したが、LBCの単一の買い手がこれらの声明を聞いた、あるいは動機付けられた、あるいは購入する決定を根拠としたという証拠がわずかしかない、というややひねくれた結果になっていると私は考えている。

米国のSECなどは、Howeyテストとその公表された柔軟性の長所を賞賛しているかもしれない。おそらく、それは投資家保護のためのよいお手本であったのだろう。

しかし、米国と同様の証券制度を持つコモンローの法体系を含む他の法体系では、暗号を証券と見なすことは難しいのに、Howeyの枠組みを条件として、ほとんどの暗号を証券と言えるというのは不思議なことです。

しかし、米国と同様の証券制度を持つコモンローの法体系を含む他の法体系では、暗号を証券と見なすことは難しいのに、Howeyの枠組みを条件として、ほとんどの暗号を証券と言えるという事実は、(米国では)一歩を踏み出すきっかけとならなければならないでしょう。

SECが暗号にHoweyテストを適用しようとしたことで、米国がこれほど窮地に立たされた国は他にありません。

Howeyテストが暗号に対してうまく機能しない/できないことを示すもう1つの兆候は、SECが暗号資産の長年の世界的取引に共通事業などのテストの特定の部分を不条理に広く適用していることです。

SECが、世界のあらゆる場所でのXRPの販売は投資契約の一部であり、一つの継続的な提供の一部であると主張したことは、米国の主要機関からすれば、不合理なだけでなく知的にも恥ずべきことなのです。

他の管轄区域では、トークン化された株式などの証券に相当するものをデジタル証券と呼び、XRPのようなものをデジタル証券と呼ばないという違いがあることは明らかです。

暗号に適用されるHoweyテストは、SECが公言するような柔軟性はなく、不透明でわかりにくいものです。

残念ながら、この新しい資産分野を明確にするのには不向きですが、不確実性を優先し、執行の選択性を維持しようとする規制当局にとっては、理想的な武器となります。

米国には、Howeyタイプの枠組みを使わない新しい法律が必要である。

マニュアル

仮想通貨で2万円の元手に10カ月で500倍の1000万円突破!

月利20%以上で資産爆増中。

✅本当は教えたくない「ハイブリット資産運用術」
✅投資経験ゼロでも毎月10万円目指せる投資手法を限定公開
✅YouTubeでは言えない仮想通貨の裏情報

特に初心者だけど投資で毎月安定して「10万円目指したい」って人にはかなり有益な情報になると思いますので今後の配信をお見逃しなく!!まずはこちらをご覧くださいね!

やっさん公式ブログ
タイトルとURLをコピーしました