1時間で30万円稼ぐ資産構築法プレゼント中!

リップル社とSECは略式判決の申し立てに追加の封印の申し立て実行

12月23日 SECは、略式裁判の申し立てに伴い提出された一部の文書の封印を求める申し立てを行いました。

弁護人。元連邦検察官ジェームズ・K・フィラン氏

SECは、略式裁判の申し立てに伴い提出された一部の文書の封印を求める申し立てを行いました。

https://www.dropbox.com/s/0uullf9dlvxz3lm/SEC%20Motion%20to%20Seal%20Summary%20Judgment%20Documents.pdf?dl=0

集団訴​​訟弁護士ジョンディートン氏

SECは、ヒンマン氏のスピーチに関する原稿と電子メールをすべて封印しようとしているが、裁判官は特権によって保護されないと宣言したのにもかかわらず。なぜだろう?

※ヒンマンの電子メールは、トーレス裁判官によって9月30日に電子メールはヒンマンの個人的見解を反映しているもので保護されないため提出を命じた。

11月1日に電子メールに編集を加える申し立てが認められ、12月3日にリップル社より編集された状態で提出。

編集されて公開されたヒンマン電子メールの一部
ユーチューバー兼弁護士ジェレミーホーガン氏

SECはヒンマン電子メールが秘匿されるとまだ主張している。

この問題ではすでに100回も負けているのに。驚きです。

そして、その中に何があるのかについて、私は好奇心を掻き立てられます。

SEC申し立て文書一部

SECは、ヒンマン スピーチ ドキュメントはこれらの特権によって保護されていると謹んで主張します。

しかし、これらの文書が公開記録の一部となった場合、SECは将来(この訴訟の上訴または他の訴訟で)そのような主張をすることを差し止められます。

ブロックチェーン法律事務所hodl law:フレッドリスポリ氏

SECがヒンマンの電子メール/文書を編集したままにしておきたいのは当然です。

現時点では、J.トーレスのこれまでの判決(電子メールは弾劾にのみ関係するという彼女の立場を含む)を考えると、おそらく彼女は電子メールを編集したままにしておくという判決を下すと思います。

悲しいことですが、理不尽ではありません。

弾劾・・・大統領・大臣・裁判官などのように、特に身分保障を必要とする官吏の非行に対し、国会の訴追によって罷免あるいは処罰をする手続き。

Bitrueアンバサダーインフルエンサー:クリプトウルフ氏

ゲイリー・ゲンスラーとSECが何を隠しているのか、気になる人はいませんか?🧐

シェリー、裁判官は、電子メールについてSECの要求を拒否することができますか?

さらに、なぜ12月5日に公開されなかったのでしょうか?

XRP情報をまとめてくれるシェリー氏

保護命令により、ヒンマン文書が自動的に公開されることはありません。従って、リップル社の反対回答に使われた文書だけが、公開されるおそれがあるのです。これが、トーレスが取り組む未解決問題の1つです。

SEC職員による議論と審議を反映したSECの内部文書”

スピーチを隠そうとする

今回の件は、あまりにも腐敗しており、茶番劇としか言いようがない。

政府機関は何も隠すべきではない。

職務の遂行中に行うことはすべて、公文書請求の対象となる。

そのような記録を隠したり、アクセスを拒否したりすることは、常に法律違反である。

SECがこれらの電子メールの公開を阻止するために多大な努力を払っていることを考えると、その中身を知りたいという欲求は高まるばかりです。

トークンが証券であることについて明確になっていないことを考えると、SECの考え方を透明化することは、幅広い暗号コミュニティに利益をもたらすでしょう。

そんなに重要な書類なら、和解を進めるために封印を許さないというのは、裁判官の考えでしょうか?彼女が判決のリスクを負うことを避けられます

SECは、この訴訟の結果を不服として上訴する用意があるようです。

>>

SECは、ヒンマン スピーチ ドキュメントはこれらの特権によって保護されていると謹んで主張します。 しかし、これらの文書が公開記録の一部となった場合、SECは将来(この訴訟の上訴または他の訴訟で)そのような主張をすることを差し止められます。

12月23日 リップル社は、略式裁判の申し立てに伴い提出された一部の文書の封印を求める申立てを行いました。

弁護人。元連邦検察官ジェームズ・K・フィラン氏

リップル社は、略式裁判の申し立てに伴い提出された一部の文書の封印を求める申立てを行いました。

https://www.dropbox.com/s/fprdrkzmkrgkfpl/Ripple%20Motion%20to%20Seal%20Summary%20Judgment%20Material.pdf?dl=0

Bitrueアンバサダーインフルエンサー:クリプトウルフ氏

リップル社は、すべてを隠そうとするSECとは異なり、ほとんど何も隠していない。

トーレス裁判官。

2年後、XRPの個人投資家はSECから課された損害賠償を受ける可能性があります。

これは止めなければなりません。

あなたは決断を下すための全ての証拠が揃っています。

私は年を取っているので、投資に対するリターンが必要なのです。

リップル社の弁護士の仕事ぶりは異常なほどです。

特に、SECは訴訟で言及されてもいない文書を含んでいましたから。裁判官が納得するとは思えません。よくやったリップル!

いつになったら終わるんだ。

資料が多すぎて追いつきません。

90%がXRPを支持しているにもかかわらず、いつの日か何か良い結果をもたらすかどうかさえもわからない。

XRP情報をまとめてくれるシェリー氏

フィランはすでに、略式裁判が2023年3月頃の時期になると見積もっている。

これは、判事がこの事件を裁判にかけないという前提での話だ。

ありがとうございます。裁判にかけるかもしれない。

しかし彼女は良い裁判官を演じているような気がするためやらないかもしれない。

まだ何か封印しているのか…。待ってたつもりが……。この状況は終わりがない……。悪夢

マニュアル

仮想通貨で2万円の元手に10カ月で500倍の1000万円突破!

月利20%以上で資産爆増中。

✅本当は教えたくない「ハイブリット資産運用術」
✅投資経験ゼロでも毎月10万円目指せる投資手法を限定公開
✅YouTubeでは言えない仮想通貨の裏情報

特に初心者だけど投資で毎月安定して「10万円目指したい」って人にはかなり有益な情報になると思いますので今後の配信をお見逃しなく!!まずはこちらをご覧くださいね!

やっさん公式ブログ
タイトルとURLをコピーしました