1時間で30万円稼ぐ資産構築法プレゼント中!

フレアネットワークス(flarenetworks)FLR最新情報 12/15~

  1. 12月22日 全SGBの50%が反対票を投じない限り可決されるため、基本的にFF契約に参加しているWSGBはすべてこの提案に賛成票を投じることになります。
  2. 12月22日 ガバナンスの投票に参加するためには、委任されているかどうかに関わらず、トークンをラッピングすることが重要です。
  3. 12月22日 ポータルを使用する最初の機会は、Songbirdテスト提案01に投票することです。
  4. 12月22日 TDEに向け、ウェブサイトを更新しました。
  5. 12月18日 ガバナンス:STP-1:FTSOの投票力の上限を2.5%に引き下げる。50%以上の反対票と75%以上の投票がない限り、可決されます。
  6. 12月18日 Flareのメインネットでは、このようなことは起こりませんので、注意喚起をする良い機会です…90日後に未請求の報酬は焼却されます。
  7. 12月16日 SECのリップル訴訟はどうなっているのか、感想は?
  8. 12月16日 Ledgerのチームと話をして、委任をサポートするように提案したところ、非常に協力的であることが分かりました。
  9. 12月16日 これらの取引所の中には、配布だけでなく、取引機能を追加するところもあるのでしょうか?
  10. 12月15日 ウォレットに移動させ、そこから委任して残りを取得する「猶予期間」を持つチャンスはないのですか?
  11. 12月15日 すべてのプラットフォームがFLRエアドロップをサポートしているため、FLR+SGBがリストアップされます?
  12. 12月14日 アップホールドは、1/9/23のトークン配布イベントに続き、来たるFLRのエアドロップをサポートする予定です
  13. 12月14日 📢 Bitbns取引所は、2020年12月に取得したスナップショット通り、2023年1月に起こるFlare(FLR)エアドロップ配布をサポートします。

12月22日 全SGBの50%が反対票を投じない限り可決されるため、基本的にFF契約に参加しているWSGBはすべてこの提案に賛成票を投じることになります。

FLRファイナンスは、短い期間であるため、この特別な投票のために契約を調整することはないでしょう。

全SGBの50%が反対票を投じない限り可決されるため、基本的にFF契約に参加しているWSGBはすべてこの提案に賛成票を投じることになります。

ですから、もしあなたが反対票を投じたいのであれば、どのプールからも離脱する必要があります。

もしあなたがFFプールに留まりたいのであれば、少量のWSGBで投票に参加するのはおそらく良いアイデアでしょうし、将来の提案に備えてプロセスに慣れることができます。

12月22日 ガバナンスの投票に参加するためには、委任されているかどうかに関わらず、トークンをラッピングすることが重要です。

ガバナンスの投票に参加するためには、委任されているかどうかに関わらず、トークンをラッピングすることが重要です。

https://twitter.com/FlareNetworks/status/1605663104494346242?l

12月22日 ポータルを使用する最初の機会は、Songbirdテスト提案01に投票することです。

新しいFlareポータルは、スマートコントラクトと対話することなく、フレアのすべてのサービスにアクセスすることができます。

ポータルを使用する最初の機会は、Songbirdテスト提案01に投票することです。

土曜日までにトークンをラップして、参加してください。

https://flare.network/flare-portal/

12月22日 TDEに向け、ウェブサイトを更新しました。

TDEに向け、ウェブサイトを更新しました。

https://flare.network/

12月18日 ガバナンス:STP-1:FTSOの投票力の上限を2.5%に引き下げる。50%以上の反対票と75%以上の投票がない限り、可決されます。

ガバナンス:STP-1:FTSOの投票力の上限を2.5%に引き下げる。

50%以上の反対票と75%以上の投票がない限り、可決されます。

投票の準備のためにこの提案を読んでください。

https://github.com/flare-foundation/governance-proposals/blob/main/STP/STP_1.md

12月18日 Flareのメインネットでは、このようなことは起こりませんので、注意喚起をする良い機会です…90日後に未請求の報酬は焼却されます。

Flareのメインネットでは、このようなことは起こりませんので、注意喚起をする良い機会です…

90日後に未請求の報酬は焼却されます。

12月16日 SECのリップル訴訟はどうなっているのか、感想は?

私は、業界として、明確にしてほしいと思っています。

裁判が必ずしも明確にしてくれるとは限りませんが。

たとえ法律が、私たちの望まない方向に動いても、法律はあなたに明快さを与えます

12月16日 Ledgerのチームと話をして、委任をサポートするように提案したところ、非常に協力的であることが分かりました。

Songbirdのアプリをリリースしたばかりのレジャー。

Flare用のアプリをリリースする予定です 素晴らしい。

現在、これらのアプリはデリゲーションに対応していないと思いますが、Ledgerのチームと話をしたところです。

Ledgerのチームと話をして、委任をサポートするように提案したところ、非常に協力的であることが分かりました。

12月16日 これらの取引所の中には、配布だけでなく、取引機能を追加するところもあるのでしょうか?

これらの取引所の中には、配布だけでなく、取引機能を追加するところもあるのでしょうか?

>>

それについてはコメントできない。それは、取引所がどうするか次第です。

会社として、取引についてコメントしない方針です。

12月15日 ウォレットに移動させ、そこから委任して残りを取得する「猶予期間」を持つチャンスはないのですか?

ガバナンス提案はTDEの直後に施行されるわけではないので、ガバナンス提案が投票され、可決される可能性があるまで、希望すればトークンを移動させる機会があることは確かです。

12月15日 すべてのプラットフォームがFLRエアドロップをサポートしているため、FLR+SGBがリストアップされます?

そうとは限りません。取引所は、SGBをサポートする契約を結んでいなかったのです。

これでは、なぜsgbチームはプロジェクトをサポートしようとせず、上場するように圧力をかけないのか、なぜそのように(sgbプロジェクトが)怠けているのだろうか?

>>

Songbirdにはもっと多くの実用性があり、チームはSongbirdとFlareの両方を100%サポートしています。

SongbirdはFlareのすべてのコアプロトコルを持ち、Flareで展開する前に製品をテストすることができます。

また、SGBホルダーがトークンを使ってFlareのガバナンスに参加するための提案も進行中です。

さらに、クラウドファンディングプラットフォームも計画中で、ロードマップにはSongbirdとFlareの間のブリッジを開発する提案の概要が記されています。

12月14日 アップホールドは、1/9/23のトークン配布イベントに続き、来たるFLRのエアドロップをサポートする予定です

アップホールドは、1/9/23のトークン配布イベントに続き、来たるFLRのエアドロップをサポートする予定です。✅

12/12/20 0:00 UTC頃にアップホールドで$XRPを保有していた全ユーザーが対象です。

詳しくはこちら ⬇️

👉フレアネットワークは、開発者に相互運用性のためのシンプルでまとまった基準を与えるために構築された、新しいスマートコントラクトプラットフォームです。

$FLRの配布イベント、インフレ率&インセンティブプールの構造については、Flare改善提案書をご覧ください➡️。https://flare.xyz/fip01/

さらに#エアドロップについて質問がある場合は、メッセージを送ってくださいね。

フレアのTwitterもフォローしてください👇。

https://twitter.com/FlareNetworks/status/1597996405640921090

12月14日 📢 Bitbns取引所は、2020年12月に取得したスナップショット通り、2023年1月に起こるFlare(FLR)エアドロップ配布をサポートします。

📢 Bitbns取引所は、2020年12月に取得したスナップショット通り、2023年1月に起こるFlare(FLR)エアドロップ配布をサポートします。

マニュアル

仮想通貨で2万円の元手に10カ月で500倍の1000万円突破!

月利20%以上で資産爆増中。

✅本当は教えたくない「ハイブリット資産運用術」
✅投資経験ゼロでも毎月10万円目指せる投資手法を限定公開
✅YouTubeでは言えない仮想通貨の裏情報

特に初心者だけど投資で毎月安定して「10万円目指したい」って人にはかなり有益な情報になると思いますので今後の配信をお見逃しなく!!まずはこちらをご覧くださいね!

やっさん公式ブログ
タイトルとURLをコピーしました