【仮想通貨】リップルが証券として認められない3つの理由!最新情報

こんにちは!

やっさんです。

さて、今回はリップルが証券で

ない3つの理由について解説していきたい

と思います。

その理由は、イーサリアムワールドニュース

というウェブサイトにて公開

されました。

1、リップル社がXRPを発行していない

証券として疑われているのが、

約半数以上のXRPをリップル社が

保有しているからと言われていますが、

XRPはリップル社が設立される前から

存在しているとし、

CEOのブラッド氏も

「明日会社を畳んだとしても

XRPは存在し続けるとされて

います」

2、連邦準備制度理事会の過去の発言

既存の法律では、XRPを規制すること

ができない。その手段がないとされていて

規制するには新しい法律をつくるしかない

としてます。

3、FinCENによるXRPの定義

FinCENとは1990年の4月に設立

されたマネーロンダリングの対策

を目的として財務省がつくった機関

になります。

FinCENは2015年にすでに

リップル社がXRPを利用して

ビジネスを展開させていくことを

認めていたようです。

ただ、その際に

マネーサービスビジネス

という取り決めをしていたのですが、

リップル社の過去の活動がこの

取り決めに違反していて、

(銀行秘密法とマネーロンダリング)

7700万円の罰金の支払いを命じました。

このときの事実記載書には、

「XRPはリップルネットワークの通貨」

と記載があり、XRPが証券ではなくて

通貨として認められていた事実が

伺えます。

以上が理由になるのですが、

もしXRPが有価証券として

認められた場合、アメリカでは

XRPを取引することができなく

なります。

なぜなら証券を取引するためには

SEC「証券取引委員会」

に認められた取引所でしか扱え

ないのですが、現状1つもありません。

日本では金融庁に問い合わせた人

がによると「リップルは有価証券ではない」

と返答があったようです。

今後どうなるかまだ定かではないですが、

情報にアンテナを張っておきたいですね!

本日は以上になります。

【アイトレ】暗号通貨投資コミュニティ

~あなたの人生を劇的に変えてしまう最強の投資手法~

あなたの所持金を 数倍、数十倍と
爆発的に増やしませんか?

たった3ヶ月で、1億超を現実に稼いだ
阿部悠人さんがコミュニティを開設しました!

僕自身もこちらに参加しております^^

アイトレ体験版はこちらをクリックすると詳細が見れます↓

★LINE友達追加プレゼント企画★


初心者でも1000万円以上になれる 暗号通貨有料セミナー動画プレゼント中です。

さらに、

「実際に1000万達成した8銘柄」もこっそり教えます♪

プレゼントの受け取り方は簡単。
僕のLINE@に登録するだけで、 ”完全無料”でプレゼントいたします。

さらにさらに、、、

これだけではありません!

セミナーの感想を頂けた方には、

2018年爆上げ予想3銘柄リスト”


も すべてプレゼントしちゃいます! 感想もお待ちしてますね!
LINE友達登録は画像を↓クリック↓

LINEat_logotype-480×300
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。