【仮想通貨】有望ICO案件エナジーマインETKの技術仕様書について

こんにちは!

やっさんです。

さて、今回はエナジーマインの

技術仕様書について解説していきます。

【取引のプラットフォーム】

・コミュニティメンバー同士が容易に

エナジートークンを交換できる

プラットフォームの実現。

・顧客が入札のために契約書を提出できるように、

スマートコントラスト(効率的な合意)の自動生成。

・AIプラットフォームによる

消費パターンを変えるために

消費者へのアドバイス(以下参照)

・第三者とのやり取りを可能にするREST API※

(※RESTful API(REST API)とは、

Webシステムを外部から利用するためのプログラム

の呼び出し規約(API)の種類の一つ)です。

・ますます報酬を与える

やりがいのあるエネルギー源に

優しい非炭素化/低炭素化。

・エナジーマインの管理

・ トークンの管理

・ スマートコントラクトの管理

【主な特徴】

低炭素化への報酬は、

規制当局、供給者そして消費者が使用可能な

報酬のプラットフォームにより

自動的に配布されます。

スマートコントラクトによる報酬の配布は、

グローバルなスケーラビリティ※を実現します。

(※スケーラビリティとは、一般的には、

将来想定されるシステム規模の増大に対して

対応可能であるように設計されたシステムを指します。)

消費者に入札の選択肢を与えると、

エネルギー仲介業者なしにエネルギー会社が直接競争できます。

これは、消費者が契約の最低基準を設定できることを意味します。

【結合プラットフォーム】

・個々レベルでの※スマートメーターの統合

※(スマートメーターは、

毎月の検針業務の自動化やHEMS等を通じた

電気使用状況の見える化を可能にする電力量計です。)

・データの自動取り込みし、

時系列データで重複しないように

データを保存。

・シンプルな統合と多数のコード例を重視した

第三者のプラットフォームのための※SDK作成

(※SDKとは、ソフトウェアを開発するために

必要な技術文書やツールなど一式のことです。)

・IoTデバイスのための一般化されたAPI

【差別化】

・シンプルな統合は集まりを採択するキーポイントです。

コード例と迅速な技術提供のサポートで、

摩擦を低下させることにより結合の成功を支援します。

・メータリング※データの統合により、

AIプラットフォームによる幅広い分析が可能です。

(※メータリングとは、クライアントのIT資産

(PCのソフトウェア)の使用状況をデータとして収集し、

分析/評価を行うことで、IT資産の有効活用を図ることを

目的とした機能のことです。)

リモートセンサーの現実世界の実装で、孤立したネットワーク接続

も巻き込みます。

本日は以上になります。

【アイトレ】暗号通貨投資コミュニティ

~あなたの人生を劇的に変えてしまう最強の投資手法~

あなたの所持金を 数倍、数十倍と
爆発的に増やしませんか?

たった3ヶ月で、1億超を現実に稼いだ
阿部悠人さんがコミュニティを開設しました!

僕自身もこちらに参加しております^^

アイトレ体験版はこちらをクリックすると詳細が見れます↓

★LINE友達追加プレゼント企画★


初心者でも1000万円以上になれる 暗号通貨有料セミナー動画プレゼント中です。

さらに、

「実際に1000万達成した8銘柄」もこっそり教えます♪

プレゼントの受け取り方は簡単。
僕のLINE@に登録するだけで、 ”完全無料”でプレゼントいたします。

さらにさらに、、、

これだけではありません!

セミナーの感想を頂けた方には、

2018年爆上げ予想3銘柄リスト”


も すべてプレゼントしちゃいます! 感想もお待ちしてますね!
LINE友達登録は画像を↓クリック↓

LINEat_logotype-480×300
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。