【仮想通貨】有望ICO案件エナジーマインETKのトークンの活用事例について

こんにちは!

やっさんです。

さて、今回はエナジーマインの

トークン化について解説していきます。

 

A)エネルギー料金の決済

消費者は、以下に示すさまざまな省エネ活動からETKを収集し、

供給者とともに普段の電気料金の決済に活用します。

 

B)ピアツーピアエネルギー取引プラットフォームへのアクセス

顧客Aは、太陽光発電施設から発生する余剰エネルギーを持っています。

彼らはエネルギー会社へ販売する代わりに、

発電能力のない顧客Bに直接販売します。

取引先にアクセスするには、顧客AとBの両方にETKが必要です。

C)エネルギー消費量削減に対する報酬

A社は、昨年と比較して

エネルギー消費量を100,000kWh削減し、

1000 ETKが与えられました。

ETKの使い道は、交換所での販売、電気料金の支払いや

インセンティブとして従業員に提供することができます。

D)公共交通機関や低炭素輸送の利用に対する報酬

現在、Aさんは自動車で通勤しています。

Aさんの住む地方自治体は、

公共交通機関の利用を奨励するために、

インセンティブを実行しており、

100,000のETKを購入して、

公共交通機関を利用している住民に配布しています。

公共交通機関での1マイルの移動ごとに、

地方自治体はETKをAさんに提供します。

E)EV(電気自動車)充電ステーションでの利用

Aさんは、ETKを購入します。

そして、購入したETKを使用して国内のEV充電ポイントにアクセスし、

EV(電気自動車)を充電します。

ETKは、すべてのEV(電気自動車)充電ポイントにおいて共通の通貨です。

F)省エネルギー製品(IoTデバイスを含む)

製造業者は、エネルギー効率の高い電気製品を販売するために、

大量のETKを購入します。

顧客は、エネルギー効率の高い製品を購入すると、

インセンティブとしてETKを受け取ります。

それは割引されたことを意味します。

G)ETKを購入しているエネルギー会社

エネルギー会社は、

カスタマーエンゲージメント

(購入や取引時点を超えたブランドや企業との関係)

と顧客囲い込みを高めようとしており、

「報酬/ロイヤリティ制度」として

ETKを購入する大きなバイヤーかもしれません。

これらのETKは、現金に交換されるか、

または将来の電気料金を支払うために使用されます。

H)電池取引交換(エネルギー貯蔵)

エネルギートークン(ETK)は、

エネルギー貯蔵分野でも使用されます。

バッテリー技術は、

電気をどのような規模でも保存することができます。

コストが下がっていますので、家庭と企業の両方において、

バッテリー装置の普及が進んでいることを意味します。

エネルギートークンは、

energimineのバッテリー取引プラットフォームに

アクセスするための通貨として使用されます。

私たちはエネルギー管理協会と協力して、

英国のマーケッターのElexonと

プロジェクトを実施します。

これにより、新しい市場の構成が見られます。

新しい市場とは、バッテリーが流通市場へ参加するために

P&Lセンターとして使われることが許可されている市場です。

エナジーマインはこのプラットフォームを構築し、

ETKでこのプラットフォームにアクセスします。

【アイトレ】暗号通貨投資コミュニティ

~あなたの人生を劇的に変えてしまう最強の投資手法~

あなたの所持金を 数倍、数十倍と
爆発的に増やしませんか?

たった3ヶ月で、1億超を現実に稼いだ
阿部悠人さんがコミュニティを開設しました!

僕自身もこちらに参加しております^^

アイトレ体験版はこちらをクリックすると詳細が見れます↓

★LINE友達追加プレゼント企画★


初心者でも1000万円以上になれる 暗号通貨有料セミナー動画プレゼント中です。

さらに、

「実際に1000万達成した8銘柄」もこっそり教えます♪

プレゼントの受け取り方は簡単。
僕のLINE@に登録するだけで、 ”完全無料”でプレゼントいたします。

さらにさらに、、、

これだけではありません!

セミナーの感想を頂けた方には、

2018年爆上げ予想3銘柄リスト”


も すべてプレゼントしちゃいます! 感想もお待ちしてますね!
LINE友達登録は画像を↓クリック↓

LINEat_logotype-480×300
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。