【仮想通貨】有望ICO案件エナジーマインETKの現在のエネルギー節約について

こんにちは!

やっさんです。

さて、今回はエナジーマインの

現在のエネルギー節約の取り組み

について解説していきたいと

思います。

大まかに言えば、

実施可能な2つのタイプのエネルギー効率の

取り組みがあります。

既存のツールを使用するのと、

新しい機器や技術に投資したりすることができます。

しかし、

さまざまな取り組みが政治家によって

世界中で実施されてきたが、

ごく限られた成功しかしませんでした。

ますます多くの経済学者が、

エネルギー効率政策が

実際にうまく機能しないことを認識しています。

また、プログラムを導入するためのコストは

しばしば便益を上回り、

いくつかの節約の実態は、

具体的で明白ではありません。

払い戻しプログラム

今日まで、大きなスケールで達成し、

温室効果ガス総排出量の大幅な削減を実現をした

米国のエネルギー効率化プログラムはありません。

エネルギー効率変換プログラムは、

ビジネスを刺激する手助けにはなりますが、

それらは真の市場変換につながっていません。

太陽光発電補助金

英国政府は2010年に導入義務を開始し、

彼らが太陽電池パネルを通して生産した

エネルギーに対してお金を支払うように

しました。

ソーラーパネルを設置している住宅所有者には、

太陽光の固定価格買取制度が報酬を与えます。

政府は、ユーザーの設置したパネルが生成する

エネルギー1kWhあたりに支払いを行います。

ユーザーは、使用するエネルギー(世代の関税)と

使用しないエネルギー(輸出関税)

の両方から支払いを受けます。

ソーラーパネルが無料の電気を生み出すので、

電気代が大幅に下がります。

しかし、ソーラーパネルのコストが急落したことで、

政府は2015年に固定価格買取制度を87%削減する計画を発表した。

英国に取り付けられている太陽のパネルの数は激減し、

多くの解説者は、電気を生み出す最も安い装置

のうちの1つであるにもかかわらず

産業が政府の政策により締めつけられているこ

と言いました。

最近の政府発表の統計に基づくと、

家の上に太陽電池パネルを置く人々の数は

今や6年ぶりの低さとしています。

2017年1月から2017年3月までの間に、

1週間に約650件の屋上配備が行われました。

これは、2010年以来の週平均2,700件の

長期平均で75%以上の減少になります。

同じ期間に2017年には、

太陽電池パネルの数に大きな崩壊が見られました

実質的に全ての補助金の撤回に続いて事業に追い込まれ、

最高800%の驚異的なビジネス・レートの引き上げと

赤字の賦課。

ハードウェアの購入

市場調査によると、

米国の住宅所有者の3分の1は、

エネルギー効率の向上、例えば、 CFL(コンパクト蛍光灯)電球に切り替える、

またはエネルギースター家電(省エネ家電)を設置しても、

期待したエネルギー料金が減少していないと言われています。

これは、いったんエネルギー効率のよいものを購入しても、

以前と同じように行動するからです。

これはエネルギー効率のリバウンドと呼ばれています。

人々はコンパクト蛍光灯を利用しているので、

いつでもライトを消すことができると考えています。

これらの知見は、エネルギー効率の高い製品

だけでは十分ではないことを示唆しています。

本当に違いを起こさせる取り組みの導入には

私達が行動を変化させる方法です。

スマートメーター

最近明らかになった調査では、

一般市民の4分の3がスマートメーターを利用し、

エネルギー消費データを共有しています。

※電気量を見える化する検針装置

世界各国の政府は、

様々な時間軸のあらゆる家庭やビジネスに

技術を提供したいと考えています。

スマートメーターは、

正確なエネルギー使用データを

リアルタイムで提供することによって

人々がエネルギー使用を理解し

定量化するのを助ける貴重なツールです。

これは家庭内のディスプレイに表示し、

エネルギー供給業者が遠隔で読むこともできます。

エネルギー使用量と費用に関する過去の情報は、

消費者が現在および過去の使用量を比較することを可能

にします。

スマートメーターの目的は、

エネルギー消費を消費者に見やすくさせ、

実際に使用している量を理解させるのに役立ちます。

研究によると、人々がエネルギーを使用していることが多く、

使用されている方法にもっと関わっている場合、

人々はより少ないエネルギーを使用することが示されています。

消費者が毎日金銭的にどれだけ多くのエネルギーを使用しているか

を理解することで、消費者のエネルギー効率を高めることができます。

論評者は、スマートメーターの摂取量は高かったものの、

技術だけではエネルギーを消費する方法を変えるには十分ではありません。

スマートメーターは、私たちに行動を変えるための動機付けと

サポートシステムを伴う必要があります。

と言及しています。

スマートメーターは、

より大きなパターンに適合する必要があります。

エネルギー使用情報だけでは十分ではありません。

エネルギー消費は仕事、買い物、家庭生活に深く浸透している行動であるため、

変化するにはかなりの労力がかかります。

研究によると、成功した省エネルギープログラムは

達成感とアイデンティティーを養うとされてます。

供給業者は、ユーザーにエネルギー節約の技術や制度

を提供するための他の方法を検討しています。

エネルギー会社は人々のエネルギー消費削減を奨励するために

基本的な人間の行動を利用し始めています。

しかし、エナジーマインは、現在のデジタル世界を抱き、

新しいパターンを生み出すのではなく、

既存の生活パターンを取り巻く環境を作り出す

ソリューションを見つけることが重要だと感じています。

行動の変化は最終的には時間が経つにつれて起こります。

最初に早期採用者によって、次に一般市民によってこれを達成するために

必要な行動があまりにも多くの労力、

先行コストまたは人間の行動における大きな変化を必要

としないと理解されます。

エンドユーザーが必要とするアクションを

できるだけ簡単にすることで、

ユーザーが行動の小さな、

具体的なステップを使用できます。

これは、明確な金銭的な動機付けに結びつく必要があります。

このような動機付けは、SNSにや他のデジタル通信プラットフォームの使用を通じて、

このデジタル世界で明確に伝えられます。

★LINE友達追加プレゼント企画★


初心者でも1000万円以上になれる 暗号通貨有料セミナー動画プレゼント中です。

さらに、

「実際に1000万達成した8銘柄」もこっそり教えます♪

プレゼントの受け取り方は簡単。
僕のLINE@に登録するだけで、 ”完全無料”でプレゼントいたします。

さらにさらに、、、

これだけではありません!

セミナーの感想を頂けた方には、

2018年爆上げ予想3銘柄リスト”


も すべてプレゼントしちゃいます! 感想もお待ちしてますね!
LINE友達登録は画像を↓クリック↓

LINEat_logotype-480×300
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。