【仮想通貨】大手銀行と地方銀行がブロックチェーンを利用した!?

こんにちは!

やっさんです。

さて、今回は仮想通貨に対する

大手銀行と地銀の施策について

解説していきたいと思います。

今、銀行は「仮想通貨」を

脅威としてとらえているところ

が大きいかと思います。

なぜなら、ブロックチェーンという

技術が銀行の存続すら脅かす

存在だからです。

なぜならブロックチェーンとスマートコントラクト

を応用すると、国家や金融機関に管理される

ことがなく、個人同士で送金や売買などが

可能になるからです。

ですが、そんな中でも積極的

に取り入れて、ピンチをチャンスとして

捉えている銀行もありますので、

紹介していきたいと思います。

●三菱東京UFJ銀行

三菱東京UFJ銀行は

2017年の5月にMUFGコイン

という独自の仮想通貨を発行する

ことを発表しました。

2018年には実際の運用が開始

されるようです。

●みずほ銀行

みずほ銀行は日本IBMと共同

開発をして、独自通貨

の「みずほマネー」なる

ものを運用することが発表されております。

三菱東京UFJ銀行もみずほ銀行も

ブロックチェーンを逆に利用して

他の銀行よりも手数料を割安で

提供することができることから、

顧客のニーズの獲得を目的

にしていると考えられます。

●地銀

地方銀行の施策としては、

横浜銀行などは、

「地銀47国内外為替の一元化検討に

関するコンソーシアム」

という団体をつくり、

ブロックチェーンの送金技術を

利用して、24時間365日手数料

割安で送金することができる

システムをつくることを発表して

おります。

また、静岡銀行は、

マネックスグループと富士市の吉原

商店街振興組合と提携をして

スマートフォンで利用することが

できる「necoban」というものを

制作しており、

それはブロックチェーン技術を

応用しているものであり、

実際にクーポンとして利用できる

とのことです。

地方銀行とこういった商店街

などと組んで地域活性化を

行うことが多く、今回のケース

もブロックチェーンを応用して

地域活性化をはかる見込みかと思われます。

【アイトレ】暗号通貨投資コミュニティ

~あなたの人生を劇的に変えてしまう最強の投資手法~

あなたの所持金を 数倍、数十倍と
爆発的に増やしませんか?

たった3ヶ月で、1億超を現実に稼いだ
阿部悠人さんがコミュニティを開設しました!

僕自身もこちらに参加しております^^

アイトレ体験版はこちらをクリックすると詳細が見れます↓

★LINE友達追加プレゼント企画★


初心者でも1000万円以上になれる 暗号通貨有料セミナー動画プレゼント中です。

さらに、

「実際に1000万達成した8銘柄」もこっそり教えます♪

プレゼントの受け取り方は簡単。
僕のLINE@に登録するだけで、 ”完全無料”でプレゼントいたします。

さらにさらに、、、

これだけではありません!

セミナーの感想を頂けた方には、

2018年爆上げ予想3銘柄リスト”


も すべてプレゼントしちゃいます! 感想もお待ちしてますね!
LINE友達登録は画像を↓クリック↓

LINEat_logotype-480×300
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。